テントや車中泊の必須アイテムシュラフ」。有名なアウトドアブランドのハイエンドモデルから、低価格で購入できるものまで、さまざまなシュラフが販売されています。

【もっと見る】内部はこんな感じ!おすすめ「シュラフ」フォトギャラリー

今回は、家族でのおでかけに気軽に持っていけるコスパの良いシュラフを3つ購入して比較してみました。

一番安いものはなんと1,000円以下!予想以上に満足度の高いアイテムばかりでしたよ。

シュラフとは?

シュラフとは寝袋のこと。袋状の人の大きさの寝具で、最近では小さく収納でき、かつ薄いのに温かい機能的なシュラフが増えてきています。

外気から身を守り、アウトドアで疲れた体を癒してくれる、キャンプの必須アイテムです。

シュラフの種類

シュラフと一口に言っても、形や大きさ、機能性によってさまざまな種類があります。

マミー

マミー」とはミイラのこと。その名の通り、ミイラが包帯でぐるぐる巻かれたような形のシュラフを「マミー型」といいます。

体の形に合わせて上は広く、下は狭く作られています。そのため、密着性が上がり温度を保って体を守ってくれます。なるべく温かく過ごしたい方や、高山などで使うのに向いています。

布面積が少ないため、コンパクトに持ち運べる利点もあります。ただ体に密着しすぎるため、慣れないと寝返りが打ちにくいです。

封筒型

長方形の形状のシュラフを「封筒型」といいます。

マミー型に比べると密着度が低いので保温性はすこし劣りますが、幅にゆとりがあるので寝返りも打ちやすく、家庭での寝具に近い感覚で使えます。

ファスナーをすべて開ければブランケットのような使い方もできたり、連結させて大きいサイズにすることも可能です。

家族でのキャンプには封筒型をおすすめします。

安くておしゃれ!機能的な「シュラフ」徹底レビュー

KoiHouse 封筒型シュラフ 価格:2,180(税込)

KoiHouse」の封筒型シュラフです。

外の生地は軽くて柔らかい感触の230ポリエステル。防水にも優れているので、朝露や少し湿っている地面の上での使用にも適しています。

内生地はポリエステルマイクロファイバー生地。肌触りが良く、入ってすぐ温かさを感じることができます。

また、中綿には中空化学繊維を使用していて、空洞があり、クッション性が高いのも魅力です。

こちらは2つ連結可能で、家族で使うのにも最適です。最低使用温度は-5度、快適使用温度は0度、と寒い中でも快適に使うことができます。

頭のフード部分にヒモがついていて、絞るとパーカーのように頭を保温してくれます。

頭まですっぽりかぶれて温かいので、寝るとき以外にも、外で星空を見たり、焚火を見ながらリラックスしたりと、いろんなシーンで活躍しそうです。

グレーオレンジ色の差し色という元気なカラーが魅力。

足元が広いため、寝返りも楽々で蒸れも防止できて快適なアイテムです。

驚きの「お値段1000円以下」シュラフ

CuteeFox 封筒型シュラフ 価格:1,800円(税込)

「CuteeFox」の封筒型シュラフは、表地はナイロン生地190Tタフタシェルというもので、耐水性、耐引裂性が高く大変丈夫な生地です。

触った感じも、1,800円という値段の割にしっかりしていて、長く使っても破れなさそうな印象でした。

シュラフは、せっかく保温性があっても、触り心地が良くなければ快適に眠ることができません。

こちらの裏地は綿100%で化学繊維に比べて肌触りが大変良く、さらさらとして汗もよく吸ってくれそうです。

ファスナーを全部開ければ掛け布団としても使えるので、防災グッズブランケットとして使うのもよさそうです。色はオレンジグリーンブルーの3色展開。

どれもはっきりした色合いです。

快適使用温度は約10度。最低使用温度は5度です。

キャプテンタッグ(CAPTAIN STAG) シュラフ 価格:992円(税込)

リーズナブルな価格でアウトドア用品が手に入ると人気の「キャプテンタッグ」。

なんとこちらのシュラフは価格が992円。1,000円を切る驚きの価格となっています。(※記事執筆当時)私のイメージだとシュラフは大体5,000円くらいの印象だったので、今回紹介している低価格のシュラフには驚きました。

こちら、安いだけあって作りはかなりシンプルです。フードがついておらず完全な長方形型で、かなりシンプルです。

シンプルな分、中綿が底まで入っておらず、かなり薄手です。寝る際には下にマットを敷かないと腰のあたりが痛そうです。薄手のため、快適使用温度は約15度から。

ほかのシュラフに比べると、大分高い温度での仕様を想定されています。

秋や冬での使用というよりは、春や夏に使用するか、開いて掛け布団として使うか温かい室内で使用するか、といった使い方が良いと思います。

今回紹介したシュラフ、お値段がすべて2,500円以下という驚きの低価格アイテムばかりでした。

低価格でも、中綿がしっかりしていたり、連結できたり、フードつきだったりと快適な寝心地をサポートしてくれる商品ばかりでしたよ。

これから家族でのキャンプにお得なシュラフ、導入してみては?

※値段はセールなどで変動します。
※数に限りがあります。商品入れ替えや売り切れの場合はご容赦願います。
デザイン・価格・種類数は変更となる場合があります。



(出典 news.nicovideo.jp)

【キャンプ・車中泊】安くておしゃれ!機能的な「シュラフ(寝袋)」3枚がっつり比較【最安1000円以下】

この金額の商品ってなかなかリサーチできないので
この記事助かりますね!!
私も格安のシュラフ買っていますが今のところ満足な商品多いですね!!




<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村