詳細画像はこちら

ベースキャンプに、オフロード仕様

世界を見に行く冒険者のために用意されたエアストリームの「ベースキャンプ」に“16X”が登場。

【画像】全長5m未満のエアストリーム【最高級トレーラー】 全64枚

エアストリームジャパンの手により、日本初上陸を果たした。

詳細画像はこちら
エアストリームの「ベースキャンプ16X(2022年モデル)」は、全長4940×全幅2140×全高2750mmのトレーラー。OPを含めた撮影車両の価格は1105万5000円。    高桑秀典

ボディサイズは、全長4940mm、全幅2140mm、全高2750mmで、車体重量は1580kg。就寝定員は2人だ。

ベースキャンプといえば、軽量かつ小型となったボディが、ユーザーにエアストリームのまったく新しいスタイルを提案。同ブランド史上最高のアドベンチャーツールとして、どんな道でも突き進んでくれることで知られている。


これまでは車両サイズが16フィートで、タイヤの銘柄がグッドイヤー・エンデュランスとなる「ベースキャンプ16」が定番モデルだった。

そのラインナップに、オールレインのグッドイヤー・ラングラーを履き、3インチほどリフトアップされるなど、各部がオフロード仕様となったベースキャンプ16Xも設定されたのだ。

エアストリームジャパンスタッフによると、車両サイズが少し大きい「ベースキャンプ20X」もバックオーダーが可能とのこと。気になる方は連絡してみてほしい。

内装/オフロード装備/牽引について

ベースキャンプ16Xのエクステリアは、オーストラリアなどにある過酷な悪路を突き進むイメージセットアップされており、牽引車が跳ね上げた泥・石がボディに当たってもいいようにストーンガードまで装備しているという本気ぶり。

タフな牽引車と組み合わせることで、岩がゴロゴロしていたり、泥んこ遊びを楽しめそうなヌタヌタ状態だったりする道を通過し、より大自然の中に分け入ることができる。

詳細画像はこちら
エントランスは最後尾と右側面にある。室内をダイニングにした状態をリア側から撮影。フルベッドにするときは、左右のソファの間をマットでつなぐ。    AUTOCAR JAPAN編集部

牽引車は連結検討950登録(上限1990kg)をして、そのときに算出された重量範囲内のキャンピングトレーラーであれば引っぱることが可能だ。

まだ愛車を950登録していないという方は、すぐさま手続きし、エアストリームを購入する前に車検証に記載しておいていただきたい。


リアのエントランスからさまざまなレジャー用品を積み込めるインテリアは、2021年から新色のグリーンが追加設定されており、カラーバリエーションは、ブルーレッドロックグリーンという3色展開となる。

ソファをつないだダブルベットで、冒険旅行で疲れた身体を癒すといいだろう。

親から孫まで 一生モノ以上の価値

いつの時代にもアウトドア好きが憧れ、ステータス・カーとして認知されている「エアストリーム」は、1931年にワーリー・バイアム氏によって生み出されたアメリカン最高級キャンピングトレーラーだ。

オールアルミ製ボディの修理/メンテナンス性のよさと内装のリフォームが可能というサステナビリティから、一生モノ以上の製品として、長きにわたって愛用するユーザーがたくさんいる。

詳細画像はこちら
車体前方がキッチンとなるレイアウト。2口のコンロ、シンク冷蔵庫(12V)、OPの電子レンジを装備。左に少し見えているのがユニットバスの入口だ。    高桑秀典

その圧倒的な耐久性から、キャンピングカー界のロールス・ロイスと例えられることもあり、実際にエアストリームを購入したユーザーが愛息や愛娘とアウトドアを楽しみ、その後、孫と一緒にアメリカン最高級キャンピングトレーラーで出かけるようになったというエピソードを耳にする機会も多い。

ベースキャンプ16Xは、給水タンク(容量83L)、排水タンク(コンビネーション)、温水シャワー、外部電源(30A)、トイレマリン110L)、ガスコンロ(2口)、FFヒーターなどが標準装備で、税込価格は960万円。


ジャパンキャンピングカーショー2022で披露されたのは、オプションのルーフエアコン、ソーラーパネル、電子レンジ、Xパッケージを装備している仕様で、この参考出展車の税込価格は1105万5000円だ。

孫の世代まで使える“一生モノ以上の製品”として考えれば、納得できる適正な金額ということになるだろう。


ジャパンキャンピングカーショー2022の記事
悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー
キャンピングカー用「240回払」オートローンが誕生したワケ ターゲットや金利は?
「対面ダイネット」の軽キャンパー 車中泊が広がる、新型アトレー版ラクネル JCCS2022
車中泊は新型アトレーで 軽キャンパーに充実のADAS ミニチュアクルーズが進化 JCCS2022

■キャンピングカーの記事
悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー
キャンピングカー用「240回払」オートローンが誕生したワケ ターゲットや金利は?
遂にワーゲンバス復活 フォルクスワーゲンID. Buzz(バズ) 試作車へ試乗 後編
遂にワーゲンバス復活 フォルクスワーゲンID. Buzz(バズ) 試作車へ試乗 前編

■エアストリームの記事
悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー
【キャンプは豪華に】内装を一新 エアストリームの主力、フライング・クラウド ジャパンキャンピングカーショー2021
【最高級のキャンプを】エアストリーム 日本向け最上位モデル、ついに上陸 ジャパンキャンピングカーショー2021
【新フラッグシップ 日本へ】最高級キャンピングトレーラー、エアストリーム 2021年の動きは?

悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー


(出典 news.nicovideo.jp)

悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー

これ欲しくなりますね!
トレーラーも最高ですよね!
FFヒーターもついてて最高ですね!




<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村