音響機器メーカーオーディオテクニカ5月12日、新規事業としてアウトドア用品ブランドを立ち上げると発表した。たき火台を含む複数のキャンプギアを初夏に発売する。

【その他の画像】

 新ブランドは「AUTEC CAMP」(オーテックキャンプ)。たき火台の「COOK PIT」(コックピット、型番はPV01)など近日中に3商品の情報を公開する。

 流行とはいえ、なぜ音響機器メーカーキャンプ用品を作るのか。担当者によると、直接のきっかけは福井県にある工場「オーディオテクニカフクイ」(福井県越前市)と取引のある板金業者が、仕事が減り苦しんでいたことだという。

 発注できる仕事を検討していたところ、同じく付き合いのあるデザイン会社から新商品に挑戦したいという相談があった。それがキャンプ用品で、工場内にもキャンプ好きが多かったことも手伝い企画がスタートした。以来、1年以上をかけて準備してきた。

 こうした経緯のため販売を予定している製品は全て日本製だ。デザインはもちろん収納時のサイズや品質にもこだわった。「1年以上かけてテストを繰り返してきた。品質チェックは(ヘッドフォンなど)民生機と同レベルでやっている」。

 4月にはTwitterなどに公式アカウントを作り、細々と情報発信を始めた。ただしこの時点ではオーディオテクニカの名前は出していない。担当者は「会社として非公開としていたわけではないが、“隠し気味”にやっていた」と笑う。

 しかし5月にブランドサイトを立ち上げた際には少数ながらも気付いた人たちもいた。理由はブランドロゴが、寿司ロボットを展開している「AUTEC」とかなり似ていたためだった。

 5月12日にプレスリリースを出し、晴れてオーディオテクニカの新ブランドとして認知されるようになったAUTEC CAMP。今後は3商品の情報を順次公開しつつ発売の準備を進める。

 オーディオテクニカ1962年創立の老舗オーディオ機器メーカーレコードプレイヤーカートリッジで成功を収めて成長し、現在では業務用マイクヘッドフォン、寿司ロボットなどの分野で独自の地位を築いている。創業60周年となる今年のキャッチフレーズは「もっと、アナログになっていく」。

「AUTEC CAMP」(オーテックキャンプ)


(出典 news.nicovideo.jp)

オーディオテクニカがキャンプ用品ブランドを立ち上げた意外な理由 たき火台など初夏発売へ

あのオーディオメーカーが笑笑
すごいですね!



“"





<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村