二輪パーツメーカーが手がけるキャンプツーリング用テント

バイクを手に入れたらやってみたいことのひとつとして多くのライダーたちがその実現を楽しみにしているキャンプ。その際、最も必要であり、最も迷うのがテント。現在、山岳用からキャンプツーリング用まで幅広く、様々なモデルが登場しており、正直なところどれを選んだら良いか分からなくなっている人も多いかもしれない。

オートバイでのキャンプは、クルマと比べると荷物の量をかなり制限しなくてはならない。ただ最低限の用意であるとキャンプ自体は楽しめるものの余裕はない。テントキャンプを楽しむライダーにとっても大切なスペースで、狭いテントが好き、とにかく荷物を少なくしたいという人は別として、できることなら居心地をよくしたいものだ。

せっかく行くのだから、ちょっとくつろぎたいという人にオススメしたいのが、二輪のパーツやウェア等さまざまなアイテムを扱うメーカー、プロトが登場させた大型テント「モトテント」。このアイテムの最大のポイントバイクをまるごと格納可能ということ。盗難はもちろん、愛車を雨風から守り、バイク旅を盛り上げてくれる。バイクとの一体感、愛車とのひとときを大切にしたいライダーにはおすすめのテントとなっている。

人とバイクの快適な“住”空間を確保!ガレージ気分を味わえる

このテントの最大のポイントとなるのは、バイクを余裕で格納できる広いスペース。前室が広く作られていて、バイクをまるごと格納することができるようになっている。間口は120cm、奥行きは250cmとなっていて、大型のバイクでも格納可能。

車両を完全に格納することができるため、愛車と自分だけの空間を実現。キャンプ場においても、ちょっとしたガレージ気分を味わうことができる。もちろん、キャンプ中の盗難やいたずら対策にも効果的。設営サイズとしては長さ440cm×幅250cm×高さ185cmと広々とした空間を確保し、ゆったり愛車とのキャンプを楽しめる。

テントの内側も広々とした快適空間に

インナーテントも大人2人がゆったりと過ごせるサイズとなっていて、パートナーとのタンデムツーリングも楽しむことが可能。ドアは3箇所あり出入りもスムーズ。フロアと底面の保護とフロアの浸水を防ぐグランドシートロゴス製)も付属。

3箇所の出入口と天井はメッシュ仕様となっているので、蒸し暑さの軽減と換気、そして軽量化に寄与している。インナーテントは吊り下げ式の脱着可能タイプとなっていて、フライシートのみでのライトな使用も可能。コットを活用したシンプルキャンプスタイルも楽しむことができるようになっている。

収納サイズは長さ60cm×幅30cm×高さ20cm 重量8kgとなるが、バイクであればそれほど問題のあるサイズ&重量ではなく、現地での快適性を重視したいというライダーであれば、ぜひ購入を検討してみて欲しいアイテムだ。

PLOT(プロト)/モトテント

価格:¥36,300
カラーグレー
設営テントサイズ(cm):長さ440×幅250×高さ185
インナーテントサイズ(cm):長さ200×幅200×高さ175
収納サイズ(cm):長さ60×幅30×高さ20

【問い合わせ】
プロト TEL.0566-36-0456

公式ホームページ 
https://www.plotonline.com/motor/plot/mototent/

取材・文/安室淳一 写真提供/プロト

【別注コールマン、サバティカルのテントほか】目利きが唸った傑作アウトドアギア6選!


(出典 news.nicovideo.jp)

バイクと一緒に泊まれるテントでキャンプツーリングを満喫!

バイクでキャンプ最高ですね!




<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村