campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    2021年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンプの荷造りをしていると、いつの間にか増えていく荷物。もう車のトランクはパンパンだけど、ハンモックも釣り道具も、ちょっと大きめのバーベキューコンロも、大人の外遊びには全部外せないんだよ…と途方に暮れたこと、ありますよね。

    そんな時の救世主といえば、車の屋根に取り付けられるルーフデッキです。カーメイトのルーフキャリアブランド・INNO(イノー)より新発売の「INNO ルーフデッキ120(INA515)」(7万7000円)は、欧米で人気のオーバーランダースタイルイメージした、まさにアウトドアにぴったりなデザインフラットデッキ

    これまでラインナップされていた、ライズなどの小型SUVに対応した1000mm幅の「INNO ルーフデッキ100」、ランドクルーザーなどのクロスカントリー4WDに対応した1400mm幅の「INNO ルーフデッキ140」に加え、要望の多かったRAV4CX-5などのミドルサイズSUVに対応した、1200mm幅のルーフデッキが今回登場しました。。


    あとちょっと荷物積みたい?やっぱりルーフデッキでしょ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    あとちょっと荷物積みたい?やっぱりルーフデッキでしょ

    この気持ちわかりますね!!

    キャンプ道具ってだんだん増えると気づいたら車にいっぱいで
    乗るスペースが狭くなってしまいますね!!

    これならちょっと荷物増えても大丈夫ですね!!

    うちはBOXタイプですがルーフタイプも魅力的ですね!!




    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【あとちょっと荷物積みたい?やっぱりルーフデッキでしょ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    初夏を迎え、ファミリーキャンプのハイシーズンが到来! 家族の水分補給や食材の保管など、クーラーボックスの重要性がグッと増す季節です。

    そこで人気のアウトドアショップ4店に、おすすめのクーラーボックスを紹介してもらいました。第2回となる今回は、アウトドアギアの使用感を実際に体験できるショップAlpen Outdoors(アルペンアウトドアーズ)」の港北ノースポートモール店。おすすめクーラBEST3をカウントダウン形式で発表します!

    アルペンアウトドアーズ港北ノースポートモール店のおすすめクーラーBEST3

    スタッフからレクチャーしてもらいながら、実際に店内でテントを張ってみることもできるアルペンアウトドアーズ港北ノースポートモール店。「今年からファミリーキャンプやってみたい」という方にも安心の体験型ショップです。センスよく展示された店内の品揃えは、なんと5万アイテム

    そんな同店を代表して、こちらの記事でもお世話になった犬塚さんにおすすめのクーラーを教えてもらいました。

    アルペンアウトドアーズ港北ノースポートモール店 犬塚智仁さん

    職業柄、短日の休暇が多く、仕事終わりにそのままキャンプ場に向かってキャンプをしているとのこと。ここ最近は、季節の音をキャンプ場で聴くのが最高の楽しみだそうです。好きなギア、ランタンに囲まれたキャンプは至福の時間なのだとか。

    03.スタンレーのクーラーボックス15.1L

    クーラーボックス 15.1L ¥12980

    大きなハンドルが目を引くスタンレーのハードクーラー。歴史と信頼のあるスタンレー製だけあって、保冷力と耐久性は十分。家族全員分の食材やドリンクを入れておくには物足りない容量だが、2Lのペットボトルも横向きに入り、350mlの缶なら21本も収納できる。40L~の大型クーラーをメインに、ドリンク用のサブクーラーとしてチェア横に置いて活用したい。

    ショップのおすすめポイント

    ド定番のクーラーボックス! 非常に軽い上に、フタには便利なゴムバンドがついていて、ウォータースポーツを楽しむシーンでも活躍します。見た目もお洒落ですし、お弁当を入れてピクニックや海遊びをするのにおすすめ。丁度いい大きさ、重さです。

    アイテムページ:https://store.alpen-group.jp/f/dsg-110850-

     

    02.コールマンのホイールクーラー60QT

    ホイールクーラー60QT ¥8980

    約56Lと、たっぷりの容量を誇るクーラーボックス。保冷力も約3日と頼もしく、家族4人の一泊キャンプで余裕をもって使うことができる。中身を一杯に入れればかなりの重量となるが、ハンドルとホイールによって移動もラクラク。女性でも難なく持ち運べる。カップホルダー付きのフタは汚れを掃除しやすい素材を採用するなど、利便性も隙なしだ。

    ショップのおすすめポイント

    ホイール付きのクーラーで、重いドリンク類をびっしりと入れても安心です。大人数でのBBQ食材やお酒、飲み物を入れてキャンプをするにはもってこいの商品!フタにロックがないのでお子様が飲み物を取り出しやすい、家族全員にとって使い勝手のいいモデルです。 価格的にもお手頃です。

    アイテムページ:https://store.alpen-group.jp/f/dsg-81108-

     

    01.ロゴスのハイパー氷点下クーラーL

    ハイパー氷点下クーラーL ¥10890

    使わないときは薄くコンパクトになる、ロゴスのロングセラー。ソフトクーラーという位置づけではあるが、ボディは衝撃から内部を守るシェルプロテクト構造だ。容量は20Lと、ファミリーキャンプではサブクーラーのポジションとなるが、道中はコンパクトにしておけるので、現地で購入した食材を入れるのに最適。表面のシルバーカラーも保冷力に一役買っている。

    ショップのおすすめポイント

    ロゴスの名作クーラーボックス! キャンプ界の王様とも言える保冷剤「氷点下パック」がジャストフィットし、なおかつ保冷力も非常に強い商品です。保冷力が強いにも関わらず、使用しないときには非常にコンパクトになるのが魅力! キャンプ以外でも、お子様とのちょっとしたお出かけに便利だと好評です。

    アイテムページ:https://store.alpen-group.jp/f/dsg-53169-

     

    以上、犬塚さんのおすすめクーラーは、メインありサブありとメリハリの効いたラインナップ。共通しているのは「子どもと過ごすときに使いやすいクーラー」であること。キャンプだけでなく、BBQや公園ピクニック、日常的なショッピングでも活躍しそうなアイテムが目立ちました。


    (問)アルペンアウトドアーズ港北ノースポートモール店 https://store.alpen-group.jp/outdoors/overview/kohoku/

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    人気アウトドアショップがおすすめする、ファミリーキャンプ向けクーラーボックスBEST3【アルペンアウトドアーズ編】

    これからの季節クーラーBOX必須ですよね!!

    特に2泊3日とかなら本当に選ばないとダメですよね!!

    うちもクーラーBOXとポータブル冷蔵庫と併用しています!




    欲しくなりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【人気アウトドアショップがおすすめする、ファミリーキャンプ向けクーラーボックスBEST3【アルペンアウトドアーズ編】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドア銘品図鑑】

    2021年の夏は猛暑になりそう、そんな長期予報が発表されています。

    真夏日猛暑日はあたりまえ、その上をいく酷暑日という俗称すら耳にするようになり、少しでも涼を求めて高原のキャンプ場にいくわけですが、蒸し暑さに包まれた日本列島は高原であっても暑い!

    年々厳しくなる夏のキャンプ対策として、日光を遮る遮光加工を施した製品が続々誕生しています。その筆頭がコールマンの「ダークルームテクノロジーシリーズデビュー2018年で、3年目を迎えた今年、新たに加わったのが「パーティーシェードライト/360+」(3万4800円)です。

     

    日光90%ブロックするコールマンのシェードで真夏のキャンプを快適に!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    日光90%ブロックするコールマンのシェードで真夏のキャンプを快適に!

    これテントにもありますが、真夏には最高にいいですね!!

    夏のキャンプに日差しきついとたまりませんよね笑



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【日光90%ブロックするコールマンのシェードで真夏のキャンプを快適に!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     梅雨が明ければ、本格的なアウトドアシーズンの到来だ。そんな中、アウトドア好きの芸能人YouTuberたちが自身のチャンネルで活発な動きを見せている。

    (参考:【写真】よゐこ濱口が一目惚れ&衝動買いした、渋すぎる軽キャンピングカー

     よゐこ濱口優6月23日、公式YouTubeチャンネル濱口優秘密基地」で、キャンピングカーを購入する模様を公開した。同チャンネルでは、これまで“秘密基地”となる活動拠点を見つけるべく、千葉県一宮町で海の見える家を内見したり、ウッドハウスを訪れたりしていたものの、これといった物件に巡り合えずにいた。

     今回、濱口は「秘密基地、このパターンもあるやんけと気づきまして」と言い、名古屋の軽キャンピングカー専門店「JP STAR」へとやってきた。濱口は、とあるYouTuberの動画で「JP STAR」の存在を知り、同店への訪問を熱望。念願叶って実現したロケだけに、「欲しい熱がもう高くなっています」とテンションが高い。このチャンネルでは、5月5日に公開した動画でもハンターカブを衝動買いしているが、「これちょっと、ハンターカブに続いての衝動買いをしてしまう可能性もあります」と、二度目の大盤振る舞いを匂わせた。

     そんな濱口の期待を、軽キャンピングカーは裏切らない。濱口は実物を一目見るなり「かわいい!」と声を弾ませ、車内に乗り込むと「これはめちゃくちゃ秘密基地やな。あがるなぁ!」「超快適!」と大興奮。おまけにシャワーまで内蔵されていることを知ると、「なんで『黄金伝説』の時に出会えへんかってん! どれだけこういうのに困ったか!」と漏らした。

     一通り物色し終えると、濱口は「買っちゃう?」と一言。このまま買うか買わないかを保留にしてロケを終えたとしても、おそらく“欲しい熱”が冷めないと確信したらしく、「よし!これを俺らの秘密基地にしよう!」と購入を決断した。

     ほぼ時を同じくして、オリエンタルラジオ藤森慎吾も、自身のYouTubeチャンネルでキャンピングカーの購入を報告した。

     藤森は同チャンネルにて、自費で購入した広大な土地にサウナ村を建設するプロジェクトを進めている。6月25日に「藤森慎吾サウナ村作り!佐田総長がキャンピングカーを運んでくれました。」と題して公開された動画では、その私有地へ、マイクロバスほどのサイズ感のある巨大なキャンピングカーを、バッドボーイズ・佐田正樹が運転して搬入。藤森はこのキャンピングカーをすでに購入していたらしく、その場でキーを渡され、納車を済ませていた。

     キャンピングカーでいうと、ロンドンブーツ1号2号YouTubeチャンネルでも、淳は約180万円で購入したスズキ・エブリイワゴンを、亮は自動車販売店から譲り受けた軽トラックダイハツ・ハイゼットトラック」をそれぞれキャンプ仕様にカスタムしており、それら自家製キャンピングカーで、芸人仲間とともにキャンプに興じる動画を度々公開している。

     キャンピングカーは一人で楽しむものではなく、友人や家族、仲間と楽しむ乗り物だ。今夏、新たにキャンピングカーオーナーとなった濱口と藤森が誰とどのように、この“移動する秘密基地”を活用していくのか。引き続き注目していきたい。

    (こじへい)

    動画サムネイルより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    よゐこ濱口、オリラジ藤森、ロンブー淳&亮……人気芸人が「軽キャンピングカー」を続々購入&カスタム中

    軽キャン最高ですね!!

    欲しくなりますね!!
    カスタムして自分仕様にできれば最高ですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【よゐこ濱口、オリラジ藤森、ロンブー淳&亮……人気芸人が「軽キャンピングカー」を続々購入&カスタム中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     キャンプ料理レシピサイト「ソトレシピhttps://sotorecipe.com/)」を運営する株式会社ソトレシピ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:千秋広太郎)は、ソトレシピが開発したキャンプギアブランド『ソトレシピプロダクツ』のベストセラー商品、どんぶり型のシェラカップシェラどんぶり」専用ヒノキのフタ「お釜ヘッド」を新商品として開発し、「シェラどんぶり」や「タオル巾着」などとセットにして、2021年6月25日(金)より、クラウドファンディングサイト・マクアケにて先行販売いたします。

    【MakuakeページURL】 https://www.makuake.com/project/sotorecipe/
    【掲載期間】2021年6月25日(金)~7月30日(金)

    • 開発背景

    『ソトレシピプロダクツ』のコンセプトは「日本の食道具を、キャンプギアに」です。キャンプギアは海外で生まれたものが多いことに気づき、素晴らしい技術をもった日本の製造メーカーや職人さんたちと、商品への想いやその技術を一緒に伝えていきたいと思い、ブランドを立ち上げました。

    そんな想いから生まれた商品の一つが「シェラどんぶり」です。有難いことにたくさんの方に注目していただきましたが、さらに良くしたいと思っておりその一つが「フタ」でした。「シェラどんぶり」には取手付きのステンレスのフタが付いてきますがかなりシンプルな作りにしていたため、フタが軽く炊飯時には蒸気で少し開いてしまうため、重しを置いていただくようなイメージでした。しかし、お客様からのご意見で「シェラどんぶりで美味しいご飯を炊きたい!」というニーズがあり、今回の「お釜ヘッド」の開発に至りました。

    この「シェラどんぶり&お釜ヘッド」が、皆さんのキャンプライフを楽しくするきっかけのひとつになると嬉しいです。HAVE A DELICIOUS CAMP!
    代表 千秋広太郎

    シェラどんぶり&お釜ヘッド」の魅力を簡単に6つ紹介します!

    1.フタとして使って料理の幅が広がる
    炊飯や煮物など、フタが付いていることで料理の幅が広がります。日本の伝統的な炊飯道具である「お釜」に着目しデザイン。一回り大きい鍋やダッチオーブンで落しブタとしても使えます。

    2.和食にも洋食にも合う木皿に
    お釜ヘッドを裏返すと木皿として使えます。外縁に出っ張りがあるので、汁のこぼれを防いでくれたり、お皿を別で持っていく手間が省けたり、洗い物の削減になったりもします。和食にも洋食にも合う雰囲気ですよ。

    3.ちょっとした食材をカットするまな板
    まな板としても利用可能。オピネルなどの小ぶりのナイフであれば、食材を切るには十分なサイズです。直径約160mmなので、ちょっとした食材カットはお手の物。ただし、刃物を当てるとお釜ヘッドに傷は付いてしまいますのでご了承ください。

    4.鍋や炊飯器などのクッカーに
    鍋として使えたり、1.5合まで炊飯できたり、クッカーとして調理しやすい「シェラどんぶり」。容量は900ml。ありそうでなかったサイズと形が一人分のご飯を作るのに最適です。

    5.調理のあとはそのままどんぶりに
    調理したあとは、そのままどんぶりになります。お皿に移し変えなくても食べやすい、どんぶり型がポイント。見た目通り、ラーメンや丼ものが特におすすめです。

    6.食材を混ぜるボウルに
    キャンプで、実はあると便利なのがボウル。「シェラどんぶり」はボウルとしても使えるので、サラダを和えるなど、食材を混ぜるときに重宝します。

    「お釜ヘッド」をデザインしたのはガレージブランド「Peregrine Design Factory」。
    ぬくもりのある木製のキャンプギアを数多く販売し、アウトドア界で注目を集めています。
    ”日本の食道具を、キャンプギアに”を合言葉にしているソトレシピプロダクツと、ユニークな視点と機能性で支持を集めるガレージブランド「Peregrine Design Factory」がコラボし、キャンプをもっと楽しめるギアを検討していくなかで、この「シェラどんぶり&お釜ヘッド」ができあがりました。


    「Peregrine Design Factory」代表 見城了さんコメント
    こんにちは。

    楽しい外遊びをもっと楽しく出来たらと思い、今回ソトレシピさんと組んでオカマヘッドを作らせていただきました。美味しいレシピと一緒に沢山の笑顔が生まれてくれたら光栄です!


    <お釜ヘッドの魅力>
    ヒノキ香る炊飯がアウトドアを楽しくする

    シェラどんぶり&お釜ヘッド」が実力を発揮するひとつのシーンが炊飯です。ヒノキ香るふっくらしたご飯が炊けるんです。もちろん炊き込みご飯とも相性抜群!キャンプ飯をさらに楽しませてくれますよ。

    ※ヒノキの香りは使い込むうちに消えていきます。ご了承ください。

    ほどよい重量と吸水性でふっくらと仕上がる
    「お釜ヘッド」は重量が約230gあるため、炊飯での吹きこぼれでフタが持ち上がりづらくなっています。程よく密閉することで、「シェラどんぶり」の内部を高温に保ち、お米を炊き上げます。
    さらに、フタの内側に付く蒸気を吸水する性質があるので、蒸らす際に余分な水分がなくなり、お米が水っぽくなるのを緩和してくれます。

    自宅でアウトドア気分を味わえる
    なかなか外出する機会がないときは、この「シェラどんぶり&お釜ヘッド」で炊飯することで、気軽に自然の香りを楽しめます。自宅でもアウトドア気分を味わえるのも魅力のひとつ。

    • Ponit3 燕三条の金物技術と旭川の木工技術を集結

    シェラどんぶり」は新潟県燕三条エリア、「お釜ヘッド」は北海道旭川市で丹精込めて製作しています。人の手が作り出す作り出す、温かみのあるプロダクツにこだわりました。

    ・品質と信頼性を追求する街・燕三条で製造
    シェラどんぶり」の製造を依頼しているのは、シェラカップの生産が盛んな燕三条にある「せきかわ工芸」様。長年培った職人の技によって生み出される信頼のプロダクトです。

    ・国産ヒノキで旭川の職人が手作り
    「お釜ヘッド」に使われているヒノキは北海道産。その素材を北海道の木工職人が丹精込めて、ひとつひとつ手作りしています。日本の産業を応援したいという想いから素材も国産にこだわりました。

    大量生産、大量消費の時代だからこそ、できるだけ長く愛着を持って使ってもらえるような商品を目指しています。

    • 商品概要
    この度ご予約いただいた方には、カラマツを使用し、素朴で木のぬくもりを感じられる「なべしきコースター」をマクアケ限定アイテムとしてご用意しています。コースターにも鍋敷きにもなるサイズ感です。キャンプでも自宅でも使えます!
    ・「なべしきコースターサイズ(9×9cm 厚さ約9mm

    ■お釜ヘッド【マクアケ限定コースター付】 6,680円(税込)
    ※超早割!超早割限定50個 6,380円(税込)

    「お釜ヘッド」単品と、マクアケ限定の「なべしきコースター」のセット
    ・お釜ヘッド×1個
     サイズ:外径160mm、内径152mm、厚さ20mm、高さ45mm(取手含む)
     重量 :約230g
    ・なべしきコースター×1個


    シェラどんぶり+お釜ヘッド【マクアケ限定コースター付】 9,980円(税込)
    ※超早割!早期限定50個 9,500円(税込)
    ※早割! 早期限定100個 9,800円(税込)

    「お釜ヘッド」と「シェラどんぶり」のセット
    ・お釜ヘッド×1個
    シェラどんぶり(ステンレス蓋付き)×1個
    ・なべしきコースター×1個
    シェラどんぶり(蓋付き)
    サイズ:φ148×74H
    重量 :255g
    素材 :18-8ステンレススチール
    容量:すり切りで900ml。白米炊飯時は1.5合まで。


    シェラどんぶり+お釜ヘッドタオル巾着【マクアケ限定コースター付】 12,780円(税込)
    ※超早割!超早期限定30個 11,500円(税込)

    シェラどんぶり&お釜ヘッド」と「タオル巾着」をセットにしたフルバージョン
    ・お釜ヘッド×1個
    シェラどんぶり(ステンレス蓋付き)×1個
    タオル巾着(カーキorベージュを選択)×1個
    ・なべしきコースター×1個

    タオル巾着
    素材:綿100%
    内側はタオル生地なので炊飯時の蒸らしの際にも活用可能。熱が逃げにくくふっくらとご飯を炊き上げることができます。


    ■【限定3個】オリジナル刻印セット 300,000円(税込)
    今回ご紹介した「シェラどんぶりお釜ヘッド」のフルセットに加えて、お釜ヘッドに応援者さまのオリジナル刻印を入れる特別なリターンオリジナル刻印は、焼印を特別に制作して「お釜ヘッド」に焼き付けます。数回デザインのやり取りを行った上で、刻印を確定させ、生産に移る流れとなります。
    ・お釜ヘッド×1個
    オリジナル刻印製作
    シェラどんぶり(ステンレス蓋付き)×1個
    タオル巾着(カーキorベージュを選択)×1個
    ・なべしきコースター×1個

    ※8月上旬より順次発送いたします。
    ※すべて送料込み

    配信元企業:株式会社ソトレシピ

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ソトレシピ×燕三条!アウトドア料理で6WAYな「シェラどんぶり&お釜ヘッド」マクアケにて6月25日(金)より先行販売開始

    このセットご飯がうまく食べれそうですね!!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【ソトレシピ×燕三条!アウトドア料理で6WAYな「シェラどんぶり&お釜ヘッド」マクアケにて6月25日(金)より先行販売開始】の続きを読む

    このページのトップヘ