campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    2021年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    登山地図GPSアプリYAMAP」を運営する株式会社マップ福岡市、代表取締役 春山慶彦、以下ヤマップ)は、遭難発生時における位置情報の照会・お問い合わせ数が、前年比300%となりました※1ので、お知らせいたします。
    ※1【遭難対応件数】2020年1~9月:15件 ⇒ 2021年1~9月:45件

    マップでは2019年9月よりWEBサイト上に「遭難者情報提供フォーム」を設置。遭難者のご家族や警察などから遭難者に関する情報照会依頼を常時受け付け、対象アカウントの特定から、軌跡ログの取得、最新位置情報の確認まで、臨時での人命救助対応を無償で行っています。
    関連記事URLhttps://yamap.com/magazine/25649

    近年、情報照会依頼が増加する中、YAMAPの位置情報をもとに捜索を行った結果、遭難者の居場所の特定および人命救助に貢献するケースも増えています。
    • 利用者が増えるほど「安全」が広がる仕組みをサービスに実装
    電波の届かない山の中でも、家族や友人など大切な人たちと位置情報を共有できるYAMAPの「みまもり機能」は、利用者が増えるほど登山者の安全に繋がる、登山のDX(デジタルトランスフォーメーション)です。
    YAMAPは累計270ダウンロード、国内登山人口(680万人※2)の3人に1人が利用する規模に成長し、利用者の拡大が、登山者の安全を支え、山の安全網形成に繋がっています。
    コロナ禍における新規ユーザー数はコロナ禍以前の1.7倍に伸長し、うち2人に1人以上が登山経験年数「1年未満」と、初心者の増加が顕著となっています。
    ※2 出典:レジャー白書
    2021年9月「YAMAP」のMAU(月間アクティブユーザー数)は56万1000人(iOSAndroidを合算/Webは除く/前年同月比123%)と過去最高を記録しました。
    「YAMAP」MAU数推移(アプリのみ)
    また、主要な登山アプリとの比較調査においてもMAU数は最多※3を占め、 10月以降は、緊急事態宣言解除直後の行楽・紅葉シーズンとなり、さらなるユーザー増加が予見されています。
    ※3 2021年8月 登山アプリ利用者数調査(App Ape調べ/調査期間:8月1日~31日)
    2021年8月 登山アプリ利用者数調査(App Ape調べ)
    • 低山での道迷い・早まる日没に一層の注意を
    標高1,000メートル以下の低山の中には、たくさんの道があちこちに入り組み、本来歩むべき登山道が分からず「道迷い」に繋がりやすいところがあります。
    特に、夏に登山を始めた初心者の方は、日没が早まる秋の特性を考慮し、ヘッドランプを持参しましょう。
    また、歩き慣れた道でも、暗くなってしまうと、ベテランの方であっても遭難リスクは高まります。準備の不足や軽率な行動に注意が必要です。

    今後もヤマップでは、事前準備や現在地の把握、経験に見合った登山の大切さを改めて周知するとともに「登山地図GPSアプリ」並びに「遭難予防」へのさらなる理解促進を図ってまいります。

    【参考情報】
    ◯「YAMAP」の位置情報を起点とした遭難救助実例
    URLhttps://yamap.com/magazine/feature/539
    ◯ 登山者の安全を守る「みまもり機能」
    URLhttps://corporate.yamap.co.jp/news/archive/2019-07-16/

    YAMAPについて】
    電波が届かない山の中でも、スマートフォンGPSで現在地と登山ルートがわかる、登山を楽しく安全にするアプリ。山行の軌跡や写真を活動記録として残したり、山の情報収集に活用したり、全国の登山好きと交流したりすることもできる、日本最大の登山・アウトドアラットフォームです。
    2021年9月に累計270ダウンロードを突破。
    URLhttps://yamap.com/

    株式会社マップ 会社概要】
    会社名 株式会社マップ
    本社所在地 福岡市博多区博多駅前3-23-20 博多AGビル6F
    資本金(資本準備金含む) 1億円
    事業概要
     1. 登山・アウトドア向け WEB サービススマートフォンアプリYAMAP」の運営
     2. 登山・アウトドア用品のセレクトオンラインストア「YAMAP STORE」の運営
     3. これからの登山文化をつくるメディアYAMAP MAGAZINE」の運営
     4. 1日単位で入れる登山保険「YAMAP登山保険」の販売
     5. 山・自然を活用したコンテンツ開発・コンサルティング・プロモーション
    URLhttps://corporate.yamap.co.jp/

    配信元企業:株式会社マップ

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    #登山の日 スマホのGPSで人命救助。遭難対応件数が前年比300%に増加。宣言解除後、秋の行楽シーズン前に注意を呼びかけ / ヤマップ

    これ私も最近山登りよく行くのでこれ使っています!
    すごく便利で助かっています笑笑



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【#登山の日 スマホのGPSで人命救助。遭難対応件数が前年比300%に増加。宣言解除後、秋の行楽シーズン前に注意を呼びかけ / ヤマップ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    スマホLEDライトはもちろん、扇風機や電気ブランケットの充電など、モバイルバッテリーは快適なキャンプに欠かせないアイテム。ですが、水や砂塵で汚れる可能性の高いアウトドアで使うのに、普段使ってるフツウのモバイルバッテリー大丈夫なのかなって心配になりません?

    その点、ELECOM(エレコム)がクラウドファンディングサイト・Makuakeにて先行販売中のアウトドア特化型モバイルバッテリーNESTOUT」(7200円~/5000mAh×2台 10月1日現在)なら、水や塵、衝撃に強い設計で安心です。

    しかもこのバッテリーハードな環境に強いだけでなく、用意されている専用ギアを取り付けることで、ただのバッテリーから高性能なアウトドアギアに変身する優れモノなんです。


    専用ギア付きアウトドア系モバイルバッテリーって今までなかったかも!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    専用ギア付きアウトドア系モバイルバッテリーって今までなかったかも!

    専用のギアを付けれるって最高のアイテムですね!

    しかもELECOMなんで安心ですよね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【専用ギア付きアウトドア系モバイルバッテリーって今までなかったかも!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新型コロナ渦でリモートワークを実施する企業が増え、これまでの「仕事は会社でするもの」だった働き方はかなり多様になった。

    たとえば、プライベートな空間で密も避けられることから、クルマの中を快適空間にして、車中でのリモートワークが新しい働き方のひとつとして話題となっている。その発展型がクルマで各地を移動しながら仕事+休日を楽しむワーケーションだろう。

    ■フレキシブルさがクセになる「車中泊」のワーケーション

    となると、がぜん注目されるのが「車中泊」だ。『やってみよう!車中泊』(大橋保之著、中央公論新社刊)は、リモートワークアウトドア生きる車中泊イロハを教えてくれる。リモートワーク、ワーケーション、そしてもちろんアウトドアでも活用できる車中泊。どんなメリットがあるのか。

    車中泊の魅力でいちばん大きなものは「フレシキブルさ」だ。旅館やホテルではチェックアウトの時間や食事の時間が決まっていることが多いが、車中泊ではそこは「お好みに合わせて好きな時間に」ということになる。深夜、早朝の移動もOKだ。

    なので、旅の予定に合わせてプランニングの幅が広がり、一日を有効に使える。旅先で上手く時間を活用して仕事をしながらのワーケーションにもってこいだ。

    ただし、注意点は睡眠時間を削らないこと。時間を節約しようとすると、睡眠時間から削りがちになるが、クルマを運転することを考えると、睡眠時間をしっかりとることは鉄則だ。

    またペットを飼って人にとっても、一緒に旅ができる車中泊は魅力的だ。最近では、愛猫や愛犬と宿泊できる宿もあるが、まだ数は少なく、注意や準備が必要。それに対し、車中泊ならば、ペットと一緒に就寝する場所に困ることはない。もちろん宿泊費を削減できることも大きいだろう。

    一方、デメリットもある。非日常ということは、いつもと異なる就寝環境でもある。「枕が変わると眠れない」という神経質な人もいるだろうし、周囲の音が気になる人もいるはず。特に車中泊をする場所選びはかなり重要で、車中泊専用駐車場ともいえるRVパークなど、車を停めることが可能な場所のチェックが必要だ。

    また、春夏秋冬、それぞれの季節で対策も必要。長時間同じ態勢で過ごしたあと、急に呼吸困難やショックを起こすエコノミー症候群の予防法の知識も学んでおかなければならない。安全に車中泊を楽しむためにも、デメリットの面の対策もしっかりしておくことも忘れないようにしたい。

    子どもの頃に押し入れで遊んだなど、秘密基地的な要素があるのも、楽しめるところだ。もし所有の自動車がミニバンやステーションワゴン、SUVの車種ならキャンピングカーを購入しなくても、シートアレンジして気楽に始められる。ソロキャンプリモートワーク、ワーケーションとさまざまな活用法がある車中泊を試してみてはどうだろう。良い気晴らしにもなるはずだ。

    (T・N/新刊JP編集部)

    ワーケーションで活きる「車中泊」の魅力とは(*画像はイメージです)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ワーケーションで活きる「車中泊」の魅力とは

    これキャンプ絡めてワーケーションしたくなりますね!





    <このニュースへのネットの反応>

    【ワーケーションで活きる「車中泊」の魅力とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ファミリーキャンプや山登りなど、さまざまなシーンで楽しみたいのは、やっぱり「外ごはん」。しかし、これから外ごはんにチャレンジしたいと思っても、どんな道具を使えばいいのか、どんなレシピが簡単でおいしくできるのか、わからないことも多いはず。そこでアウトドア料理のプロに、それぞれのシーンに適した道具の選び方と、初心者でも簡単に作れる外ごはんレシピを紹介してもらいました!

    簡単なだけじゃない「山ごはん」を食べよう!

    【外ごはんを教えてくれるのは】
    料理研究家・山戸ユカさん

    アウトドア料理が得意な料理研究家・山戸ユカさん。旬の食材を使った循環型レストラン「DILL eat, life.」のオーナーシェフをつとめるかたわら、レストランクオリティの無添加トレイルフード「The Small Twist Trailfoods」の製造も手がけています。

    【外ごはん作りを教えてもらうのは】
    登山YouTuber・かほさん

    チャンネル登録者数17万人を超える人気登山YouTubeチャンネル「かほの登山日記」を運営するかほさん。自身のチャンネルでは、手軽に作れる山ごはんを紹介していますが、今回は料理研究家の先生に、ひと味違った料理を教えてもらいます。

    山歩きに選びたいアイテムと注意点をチェック!

    今回は「山ごはん」をご紹介します。前回の「ファミキャンごはん」と違って、山歩きで食べるごはんなので、よりコンパクトに、より簡単にという点が重要になってきます。

     

    山戸さんファミリーキャンプと違って、山歩きはバックパックを担いで荷物を運ばなければいけないので、アイテムもできるだけ軽くしたいですよね?ですから使うバーナーコンパクトな「シングルバーナー」を使います。

    かほさん:これもツーバーナーとおなじで、燃料が「CB缶」のモデルと「OD缶」のモデルがありますよね?

    山戸さん:はい!一般的には、高山にはOD缶が向いていると言われていますが、どちらも簡単に扱えるので、自分の登山道具や好みに合ったモデルを選べばいいと思います。

    ▲CB缶タイプ

    ▲OD缶タイプ

    ガスカートリッジとの接続は、それぞれ方法が異なりますが、どちらも簡単に取り付けられますよ。

    かほさん:あと大事なのは「PSLPGマーク」ですよね!

    山戸さん:その通り!シングルバーナーにも「PSLPGマーク」が付いているので、安全に山ごはんを楽しむためにも、購入時には必ず確認してください。

    かほさん:ツーバーナーと違って、こんな札に「PSLPGマーク」が付いているんですよね。私が使っているシングルバーナーにも付いています!

    山戸さん:あとはツーバーナー同様、Oリングの確認も忘れないように。ヒビ割れたり、ささくれたりしていないか、きちんとチェックしておきましょう!

    クッカーセットはコンパクトなモデルがおすすめ

    調理をするためのクッカーセットは、持ち運びやすい軽量でコンパクトモデルがおすすめです。

    コンパクトにパッキングできるように、シングルバーナーと燃料を入れることができるモデルが便利。これなら荷物もかさばりません。

    油を使わず調味料は塩だけ!「トマトとチョリソーのクスクススープ」

    続いて山戸さんに作ってもらうのは「山ごはん」。インスタントやレトルトもいいですが「ちょっと味気ないな」と思っている人におすすめしたい一品です!

    かほさん:チョリソーとかクスクスとか、なんだかオシャレで山ごはんっぽくないレシピですね。

    山戸さん:でもクスクスって、水で戻すと2倍ぐらいになるので腹持ちがよく、山向きの食材なんですよ。今回選んだキャベツタマネギも、山では傷みにくい食材ですし。

    かほさん:山には生野菜を持っていったことがないので、なんだか新鮮です!

    山戸さん:野菜は炒めるんですけど、山に油は持っていきたくないので水で炒めます。

    かほさんえっ?水で炒めるんですか!?

    山戸さん:少ない水で炒めると、早く炒まるんです。でも、水を入れすぎると100度以上にならないので入れすぎないでくださいね

    かほさんクスクスは、火が通るまでに時間がかかったりしないんですか?

    山戸さん:「火を通す」というより「戻す」感じなので、ごはんを炊くほどの時間はかかりませんよ。そんなところも山向きですよね。

    <レシピ>
    トマトとチョリソーのクスクススープ

    ●材料(2人分)
    タマネギ(スライス)…1/4個
    キャベツ(ざく切り)…1枚
    ライス干し椎茸…4~5枚
    チョリソーまたはウインナー(スライス)…2~3本
    濃縮トマトピューレ…1本
    マッシュポテトフレーク(あれば)…大さじ1
    インスタントクスクス…大さじ2
    塩…適量
    水…2カップ

    (作り方)
    クッカーにタマネギと大さじ1の水(分量外)を加えて火にかける。
    キャベツも加えて炒め、野菜がしんなりしてきたらチョリソーも加えて炒め合わせる。
    ③濃縮トマトピューレと干し椎茸、塩少々と水を加える。
    ④沸騰したら弱火にして2~3分煮る。
    マッシュポテトフレークとクスクスを加えてかき混ぜ、フタをして火を止める。
    ⑥5分ほど蒸らしてから再度火にかけて温め、塩で味を調えれば完成。

    味付けが塩だけとは思えないほどのおいしさ!

    かほさん:野菜やチョリソーの旨みがスゴく出ていますね。味付けは塩だけだなんてウソみたいです!

    山戸さん:チョリソーのスパイシーさが出ているから、味に深みも出るんですよ。もっと腹持ちさせたいと思ったら、クスクスマッシュポテトフレークを増やすといいですよ。

    かほさん:これにパスタを加えてもおいしそう!

    山戸さん:いろいろなアレンジをしてもおいしく食べられるので、いろいろと工夫してみてください!

    どんな場合でも車内は火気厳禁!

    山戸さん:山歩きの場合でも、調理する場所は必ず屋外ということを忘れないでくださいね。テント内はもちろん、山歩きへ出かける前や帰ってきたあと、車内で調理をする人もいるようですが、これもやってはいけません!

    かほさん一酸化炭素中毒や火災になって、最悪の場合は大事故になってしまうかもしれませんからね。

    山戸さん:車は燃料を積んでいますから、引火したら大爆発です。考えただけで恐ろしいですね……。

    かほさん:みなさん!料理を作るときは絶対に屋外でお願いしますね!

    BBQなどで活躍する「トーチバーナー」の注意したいこと

    トーチバーナーを使うときはココに注意!

    炙り料理などで活躍する「トーチバーナー」は、炭や薪に着火する際にも非常に便利。しかし使い方を間違えると危険なので、正しい使い方を覚えておきましょう。

    山戸さん:「ファミキャンごはん」を作ったときに使った「トーチバーナー」ですが、使い方を間違えると危険なので、これについても正しい使い方を紹介しておきますね。

    かほさんBBQオートキャンプで、使う人が多いですもんね。ぜひ教えてください!

    ▲火口を下に向けて使用しない

    山戸さん:まず気を付けたいのが、トーチバーナーを大きく傾けて使用しないこと。製品によっては、火口が下に向くなど大きく傾けすぎたり、逆さにして使うと、ガスが液体のまま出てきて大きな炎が出てしまいます。ゴジラが吐き出す炎みたいなので「ゴジラ火」なんて呼ばれたりしています。

    ▲木製テーブルの上などでの使用はNG

    山戸さん:トーチバーナーを使うとき、周りに燃えやすいものがないかを確認しておきましょう。プラスチック製の食器が近くにあったり、木製テーブルの上で使うと、溶かしたり焦がしたりしてしまいます。枯れ葉が多い場所では、火が燃え移らないようにしてから使ってください。

    ▲トーチバーナーやガスカートリッジが加熱されると危険

    山戸さん:炭や薪の火おこしにトーチバーナーを使うことがありますけど、なかには焚き火台やBBQグリルに突っ込んだまま放置する人がいます。炭や薪に火がおきてきて、その熱がトーチバーナーに伝われば、最悪の場合ガスカートリッジが爆発する可能性もあります。くれぐれも放置しないでください。

    ▲使用直後は非常に高温なのでヤケドに注意

    山戸さん:使っているときは注意している人も多いと思いますが、使用後のトーチバーナーにも気を付けてください。使った直後のトーチバーナーは非常に高温なので、誤って触ってしまったらヤケドしてしまいます。使い終わったら周りの人にひと声掛けて、トーチバーナーが熱いこと、そして置いた場所を確認してもらいましょう。

    ガス器具を安心・安全に使って楽しい「外ごはん」を

    かほさんアウトドアではとっても便利なガス器具ですけど、間違った使い方をすると危険なものでもあるんですね。

    山戸さん:そうですね。だからガス器具は正しく使って、おいしい外ごはんを楽しく食べたいですね!

     

    YouTubeチャンネル「かほの登山日記」にて動画配信!

    この記事の撮影の様子は、YouTubeチャンネル「かほの登山日記」にて動画で見ることができます。気になる人はチェックしてみてください!

    ■撮影協力
    富士満願ビレッジファミリーキャンプ
    https://fuji-manganvillage.com/

    ■監修
    日本ガス石油機器工業会
    https://www.jgka.or.jp/

    【ランドネオンライン2021秋】イベント当日より取り扱い開始! 小さくて丈夫なミニ財布


    (出典 news.nicovideo.jp)

    山で、キャンプで作りたい!プロが教えるシーン別「簡単外ごはん」|山ごはん編

    これ最高のキャンプ飯の知識ですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【山で、キャンプで作りたい!プロが教えるシーン別「簡単外ごはん」|山ごはん編】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    有限会社楽らく(所在地:三重県南牟婁郡紀宝町成川1071-1 代表:野口幸子)が運営する「飛雪の滝キャンプ場」では、ワーケーションに対応できるキャンプ場として環境を整備しました。

    • 新着情報
    吉野熊野国立公園に位置する、飛雪の滝キャンプ場は、日本で一番、滝が近いキャンプ場です。この全国でも唯一のキャンプ場から、「仕事」「休暇」に「アウトドア」を加えた、新しいワーケーションのスタイルを提供します。
    • 社会的意義
    各地で推進されているワーケーションには、家族、お子様が楽しめないという問題があります。ワーケーションをしたけれども、家族が楽しめなかったというケースは多々あります。
    そこで、当キャンプ場は、お子様連れなど家族が楽しめる環境(バケーション)に、仕事(ワーク)の環境を整備することで、「新しい生活様式」相応しいワーケーションを展開します。
    • 施設概要
    飛雪の滝キャンプ場は、三重県最南端の紀宝町にあります。高さ30m幅12mの滝は、その名のごとく雪のようにしぶきが舞うことから「飛雪の滝」と呼ばれております。これほど近くに、滝があるキャンプ場は全国でも珍しく、毎日多くの方が飛雪の滝を訪れています。
    • ワーケーション設備
    全天候型ワーキングステーション(大型タープ使用)
    無料Wi-Fi ワーキングデスク チェア 電源
    • 将来に向けて
    新型コロナウイルス感染症による、ウィズコロナの世界は避けられず、リモートワークなどの新しい生活様式への移行は急速に進んでいきます。リモートワークやワーケーションの普及による、地方への移住や定住、二地域居住などが進めば、限界集落・限界自治体救世主になる可能性を秘めています。当キャンプ場のワーケーション事業が、地域の救世主になることを我々は目指します。
    • 運営情報
    名称      :飛雪の滝キャンプ場(有限会社楽らく)
    所在地     :三重県南牟婁郡紀宝町浅里1409-1
    宿泊施設    :テントサイト10区画 コテージ8棟
    ワーケーション :9:0017:00 料金1,100円(器具レンタル代)
             定員20名様(要予約)
    ホームページ  :https://hisetsu.jp/main/
    • 本件に関するお問い合わせ
    有限会社楽らく 広報担当:岩間
    電話 :0735-21-1333
    FAX :0735-30-1319
    メール:pr@hisetsu.jp

    配信元企業:有限会社楽らく

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    吉野熊野国立公園 飛雪の滝キャンプ場「ワーケーションの新たなる拠点として」


    キャンプ場でのワーケーション最高ですね!
    私もGWに実施しましたが、楽しくできましたよ!
    今後いろんなとこでできれば最高ですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【吉野熊野国立公園 飛雪の滝キャンプ場「ワーケーションの新たなる拠点として」】の続きを読む

    このページのトップヘ