campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    2022年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    株式会社ビッグウイング(本社:大阪府大阪市城東区)が展開するオリジナルアウトドアブランドasobito(アソビト)』
    asobitoは、ビッグウイングプロデューサーたちが企画・開発から手掛けています。
    自然を愛する人のギアとして、天然素材である綿100%の帆布にパラフィン加工を施した防水帆布製品を多数生み出してきました。そのasobitoから、火の粉を気にせず、焚き火と向きあえる新素材takibi hamp」を使用した、「焚き火軍幕」、「焚き火バッグ」、「ブッシュクラフトツールケース」、「焚き火トリガーミトン」、「カーミットジャケット」、「CB缶ジャケット」 6製品を2022年4月下旬より発売いたします。
    先行予約をビッグウイングオンラインストアにて、2月3日(木)より開始いたします。



    自然と一体となり、火とともに生きる
    “火を熾す”という行為は、はるか昔から人類にとってなくてはならないもの。
    獣から身を守る、闇夜を照らす、調理に使う、冷えた身体をあたためる・・・
    現代のアウトドアライフでも変わらず、欠かせない存在です。
    「自然の中に身をおき、火と向きあう安らぎの時間」のため、『takibi hamp』 は生まれました。

    難燃加工には難しいとされる、100%天然素材×撥水性を実現。
    防水帆布シリーズと同じように、自然と一体となる天然素材、綿100%の帆布にこだわり、できる限りシンプルデザインに。
    ですが、天然素材に難燃加工と撥水加工を施すことは難しく、開発は難航。諦めずに試行錯誤を重ね、独自の加工により、天然素材×難燃×撥水を実現することができました。
    takibi hamp」は、帆布独自の素材感と難燃機能を損なうことなく、撥水機能を兼ね備えています。

    消防庁試験(注)の厳しいハードルクリアした強靭な難燃性
     100%綿帆布に独自の難燃加工をすることで、自己消化性に優れ、焚き火時の万が一の炎や火の粉の接炎からしっかりガードします。
      注:消防庁試験45度ミクロバーナー法に基づき試験済み

    10秒間ライターで燃焼テスト

    火の粉を気にせず、焚き火と向きあえる
    takibi hamp”シリーズなら、火の粉を気にせず、焚き火と向きあえる。
    火と距離を縮め、ただただ、向き合う。
    より自然と一体化した時間を。
    複数使いの展開性や使いやすさを考慮した180cm×180cmのサイズ
    四方の二辺にはタックボタンを6箇所、残りの二辺にはボタンホールを施すことで複数の幕を使用し様々な形状で張ることが可能。
    1枚で張るとタープ、2枚で張るとティピー型のテント、3~4枚で張るとパップ型のテントにすることも可能。
    裏面にハンギングループを取り付ける事で、様々なギアの吊り下げが可能。
    1枚張り
    オリーとキャメルの2色展開
    使用枚数により多彩な設営が可能に

    【商品スペック
    サイズ:幅180cm×高さ180cm
    ●重量:約 1,440g
    ●材質:本体:コットン100%(難燃加工)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)、ボタン:鉄
    ●価格:18,700円(税込)

    1泊2日に最適な薪の量を想定し、最大8kgの薪を横に並べて収納可能。
    サイドには焚き火時に使う道具を収納可能な2ポケットと、グローブ等を収納可能な大型のホック付きポケットを装備。
    短長の2WAY持ち手は薪の量やシーンによって使い分けをすることが可能。肩掛け時にフロントハンドルも一緒に使用する事で快適な運搬を実現。
    オリーブとキャメルの2色展開

    【商品スペック
    サイズ:幅42cm×高さ30cm×奥行29cm
    ●重量:約 660g
    ●材質:本体:コットン100%(難燃加工)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)
    ●価格:7,700円(税込)

    内装には防刃素材を使用し、刃物なども安心して収納することが可能。
    内装には収納物の飛び出しを防ぐフラップを装備し、フラップには火ばさみの収納スペースがあり他のギアと干渉せずに収納できる。
    メッシュポケットにはトーチ等の小物を、ホック付きのオープンポケットにはナイフ等も収納可能。
    フ牛革スエードのハンドルカバーを取り付ける事で手への負担を和らげたり、安定感のある持ち運びを実現。
    オリーブとキャメルの2色展開

    【商品スペック
    サイズ:幅47cm×高さ17cm×奥行15cm
    ●重量:約880 g
    ●材質:本体:コットン100%(難燃加工)、内生地1.:リサイクルナイロン100%、内生地2.:防刃素材(コーデュラ420)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)、ハンドルカバー:革(スエード)
    ●価格:8,800円(税込)
    手の甲側はtakibi hamp、手のひら側は牛革スエードを使用し耐熱性とグリップ性を実現。
    焚き火の動作を考慮し、トリガーフィンガー仕様。親指は手のひら側に向け縫製し、ミトンにはない動作性と掴みやすさを追求。
    スリットを採用することで薪をくべる、火ばさみを掴む等の動作をストレスなく行えます。
    裾部分を長めにすることで手首や袖を火の粉からガードサイドループを使用し、両手をまとめてハンギングが可能。
    オリーブとキャメルの2色展開

    【商品スペック
    サイズ:幅16cm×高さ31cm
    ●重量:約 240g
    ●材質:本体:コットン100%(難燃加工)、革(スエード)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)
    ●価格:7,150(税込)
    CB缶にフィットするサイズ感と、無駄なステッチが裏面に見えないように細部まで拘った縫製。
    吊り下げ用のループを装備し、ハンギングが可能。
    オリーブとキャメルの2色展開

    【商品スペック
    サイズ:幅25cm×高さ15cm
    ●重量:約 45g
    ●材質:本体:コットン100%(難燃加工)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)
    ●価格:2,200円(税込)
    付属のシートを取り外すことなく取り付けて固定するだけの簡単に取り付けることが可能。
    椅子の形状に合わせた縫製を施すことで元々の座面と違和感のない見た目を、座面部分のダーツを取ることで安定感のある座り心地を実現。
    背面にはA4サイズのポケットとハンギングループを装備し、様々な小物の収納に最適。
    オリーブとキャメルの2色展開

    【商品スペック
    サイズ:幅48cm×高さ75cm
    ●重量:約 490g
    ●材質:本体:コットン100%(難燃加工)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)
    ●価格:8,800円(税込)

    2022年2月3日(木)12:00~ ビッグウイングオンラインストア( https://bigwing.shop-pro.jp/)にて予約開始(各商品、予定数に達し次第、予約受付は終了いたします)
    2022年4月下旬より順次発売予定



    asobito(アソビト)】
    ビッグウイングオリジナルブランドasobito(アソビト)』
    asobito のはじまりは、ダッジオーブン用のケースを作ること。
    ソトアソビを楽しむためのギアとして、2016年に生まれました。
    重厚なダッヂオーブンアウトドアシーンで運べるケースを、丈夫でデザイン性の高いギアとして開発したのがきっかけです。
    丁寧な加工を施した帆布に独自のアイデアを加え、妥協しないクオリティで、使い込むほどに愛着が湧く商品を提供していきます。

    株式会社ビッグウイング
    ビッグウイングは、STANLEY,Snugpak,AO Coolers,KAMMOKなどをはじめとする海外ブランドから、自社ブランドasobitoまで、個性豊かなアウトドアブランドを展開しています。
    BIGWING https://www.bigwing.co.jp/
    ONLINE STORE https://bigwing.shop-pro.jp/
    Instagramアカウント https://www.instagram.com/bigwing1995/

    配信元企業:株式会社ビッグウイング

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    “火の粉を気にせず、焚き火と向き合える”「takibi hamp」シリーズが新登場!2022年4月下旬発売予定。2月3日より予約受付開始

    この火の粉を気にせず使えるって最高のアイテムですね!
    特にタープは重宝しますよね!

    冬のキャンプに最高ですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【“火の粉を気にせず、焚き火と向き合える”「takibi hamp」シリーズが新登場!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    食はアウトドアの楽しみのひとつ。ここはひとつ、おいしいエスプレッソが飲みたい、焼きたてピザが食べたいなど、自分なりのこだわりポイントを徹底的に追求してみよう。アウトドアライフがグッと豊かになるはずだ。

    ※こちらは「GetNavi」2021年12月号に掲載された記事を再編集したものです。

     

    私が選びました!

    キャンプ好きライター

    澄田直子さん

    キャンプ歴15年。体力の衰えとともにミニマルキャンパーに移行中。最近は車中泊が定番スタイル

     

    アイテム選びのアドバイス

    調理グッズの質は、キャンプ料理のでき上がりを大きく左右する。壊れて買い替えるということが少ないので、少し高くても長く使えて愛着の持てそうな品を手に入れるのが◎。

     

    【その1】ピザや燻製も作れる折りたたみ式スモーカー

    コールマン

    キャンピング オーブンスモーカー

    5889円

    バーナーなどの上に乗せて使うスモーカーオーブン。燻製作りが楽しめるほか、オーブンとしてピザやロースチキンなども作ることができ、これ一台あればキャンプ料理の幅がグンと広がる。

     

    ↑扉に温度計が付く。庫内の温度が分かるので火加減の調節が簡単だ

     

    ↑未使用時は折りたたんで、付属のケースコンパクトに収納できる

     

    【澄田’s Point】熱源がバーナーという手軽さも魅力的!

    「ダッチオーブンを出すのが面倒なときに重宝しています。スモーカーとしても優秀。温度計が付いているので温度が管理しやすく、自宅でもこれを使ってよく燻製を作っています」(澄田さん)

     

    【その2】電源不要! いつでもどこでも淹れ立てエスプレッソを堪能

    WACACO

    Nanopresso

    1万36円

    特許を取得した独自のポンプシステムを搭載する、電源不要のエスプレッソメーカーコーヒーの粉とお湯を入れてポンピングすると圧力がかかり、エスプレッソが抽出できる仕組みだ。

     

    ↑NSアダプター(別売り)。ネスプレッソのカプセルを使うなら必須

     

    ↑高さ15.6cm、質量336g。カバンに入れて持ち運べるサイズ

     

    ↑本体のキャップはちょうど一杯ぶんのデミカップとして使える

     

    【澄田’s Pointアウトドアだけでなく旅行にも携行しています

    エスプレッソが電源不要で抽出できるなんて本当に驚きました。別売のアダプターを取り付けてネスプレッソカプセルも使えます。後片付けもラクなので気に入っています」(澄田さん)

     

    【その3】IH対応で自宅でも使えるミニダッチオーブン

    ロゴス

    SLダッチオーブン8inch

    5478円

    直径約18.5cm、容量1.7Lと、少人数にピッタリなミニサイズのダッチオーブン。使用前のシーズニング作業が不要で、すぐに使える手軽さも魅力。質量3.7kg。

     

    ↑IHで使用可能。自宅でも活躍する

     

    【澄田’s Point】他であまり見かけない8インチのダッチオーブン

    キャンプ料理のレベルがグッと上がるダッチオーブンは、大きくて重いのが難点。本製品は2~3人に最適なミニサイズで使いやすいです。IHやガスコンロで使えるのも便利」(澄田さん)

     

    【その4】ダッチオーブンも置ける五徳付きのガスストーブ

    コールマン

    シングルガスストーブ120A

    7621円

    脚を伸ばすと高さ23cm、たたむと15cmと、地面置きと卓上の2Wayで使えるガスストーブ。このサイズストーブには珍しく、8インチのダッチオーブンなど、大きめの鍋を置いて調理できる。

     

    ↑470gのガス缶で約3時間の燃焼が可能だ

     

    【澄田’s Pointキャンプフェスで映えるレトロデザインも◎

    「収納時はW31.5×H12.5×D25cm、質量2.9kgと軽量で、ソロキャンプにもオススメ。20cmの五徳が風から守ってくれるので、屋外でも安定した火力が得られます」(澄田さん)

     

    【その5】細部にまでこだわりが光るメイド・イン・ジャパンの技

    村の鍛冶屋

    ワンタッチチタン

    3520円

    ワンタッチで取り外せてコンパクトに収納できる箸。先端部分は丈夫で高温にも強い64チタン製だ。テーブルに置いたときに転がらないよう、キャップ部分が六角形になっているのも便利。

     

    ↑同メーカーステンレスカトラリー3本セットも展開(1705円)

     

    ↑すべてのパーツが分解できるので衛生的。食器洗浄機にも対応する

     

    【澄田’s Point】末永く使いたい丈夫で機能的なカトラリー

    「従来のネジ式と異なりワンタッチで素早く着脱できるのがポイント。分解すると同シリーズのカトラリーの袋にぴったり収納できるので、併せていつも携帯しています」(澄田さん)

     

    【その6】定番クーラーボックスのAmazon限定グリーンカラー

    コールマン

    Amazon限定色 スチールベルトクーラー54QT

    2万6800円

    厚さ3cmの発泡ウレタンが高い保冷力を発揮する、同社の人気クーラーボックス。2ℓのペットボトルが縦に置ける大容量で、2泊3日程度のファミリーキャンプにもオススメだ。

     

    【澄田’s Pointクラシカルなグリーンがサイト全体の雰囲気をUP!

    ハードクーラーの代名詞とも言える同社のスチールベルトクーラー。最大4日の強力な保冷力で頼りがいがあります。レトロな渋いグリーンカラーもたまりません」(澄田さん)

     

    【その7】炭酸飲料も入れられる密閉力の高い保冷ボトル

    Stanley

    真空グロウラージャグボトル 1.9L

    7499

    グロウラーとはアメリカで生まれた、ビールなどの炭酸飲料の持ち運びに使えるボトルのこと。密閉力の高い掛金式のキャップが炭酸を逃さず、本体の真空断熱構造が冷たさをキープする。

     

    【澄田’s Pointビール愛好家に捧げる機能的なグロウラー

    100年以上の歴史を誇る同社が作る製品だけあって、耐久性、保冷力とも言うことなし。量り売りのビールはもちろんのこと、お茶やジュースを入れてもスタイリッシュです」(澄田さん)

     

    ※本稿の価格は2021年10月13日時点のもの(編集部調べ)

    アウトドアでも妥協なし! 本格外ごはんを叶えるギアはコレ!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アウトドアでも妥協なし! 本格外ごはんを叶えるギアはコレ!

    キャンプ飯に最適なギア、アイテムですね!
    ピザとかダッチオーブンで料理すると最高ですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【アウトドアでも妥協なし! 本格外ごはんを叶えるギアはコレ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    質の高い個性派ギアを展開するCAMPOOPARTS(キャンプオーパーツ)が、なんとも味のあるテーブルを発売。天板にはウィスキー樽に使われていたウィスキーオーク材を再利用し、長年使い込まれたような風合いを演出している。

    オーク&ウォールナットフォーディング テーブル(脚一体型)W1200 ¥46800

    キャンプオーパーツが手がける、フォーディンテーブルシリーズの新作。実際にウィスキー樽で使われていたオーク材を再利用して集成材にし、ウォールナットとストライプ状にレイアウトした天板が特徴だ。サイドに取り付け可能な、レッグバッグが付属するバージョンも用意される。

    サイズは、天板の長辺が1200mmで高さ390mmのファミリーサイズ、長辺600mmで高さ200mmのソロサイズラインナップ。

    残念ながらオンラインストアでは販売されず、愛媛県新居浜市のOOPARTSショップで販売開始。店舗の詳細はブランド公式サイトチェック


    (問)キャンプオーパーツ https://www.campooparts.com

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    キャンプオーパーツの新作テーブルは、ウイスキー樽を再利用した味わい深い秀作。レッグバッグも付属。

    ワイルドなウッドテーブル最高ですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【キャンプオーパーツの新作テーブルは、ウイスキー樽を再利用した味わい深い秀作。レッグバッグも付属。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    月刊誌「GetNaviゲットナビ)3月号」は本日、1月24日(月)発売です!

     

    特別付録「JOURNAL STANDARD特製 鉄スキレット」

    2022年アウトドアライフスタイルの提案を強化していくJOURNAL STANDARDジャーナル スタンダード)とコラボし、鋳鉄製のスキレットを開発。フィールドでも自宅でも、食卓を盛り上げるデザインに仕上がりました。

     

    取り回しの良いスクエア型を採用し、「JOURNAL STANDARD」のロゴを中央に刻印。鋳鉄ならではの武骨な質感が、冒険心をくすぐります。

     

    シングルバーナー焚き火台などにのせて、直火で使えます。一人前にピッタリのコンパクトサイズ感で、朝食やおつまみスイーツにも最適!

     

    巻頭特集は「みんなが欲しいモノランキング」

    本誌でおなじみの評論家インフルエンサーたちに、“いま欲しいモノ”をオールジャンルでリサーチ! スティック掃除機や自動調理鍋など、独自の視点で番付してもらいました。

     

    スゴいぜ、ワークマン!

    低価格で高機能なウエアが魅力のワークマンですが、アウトドアギアも充実しています。ソロキャンプツーリング愛好家にピッタリのテントや、軽くて持ち運びやすいテーブル、72時間照らせるライトなど、“使える”アイテム勢揃い! ワークマン公式アンバサダーが厳選したギアと、春の新作ウエアを紹介します。

     

    【商品概要】

    GetNavi(ゲットナビ)3月号

    本体価格:900円+税

    判型:A4変型判

    なんと、特別付録に「鉄スキレット」が!? GetNavi3月号は「ワークマン」特集もあるよ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    なんと、特別付録に「鉄スキレット」が!? GetNavi3月号は「ワークマン」特集もあるよ

    これスキレット好きにはたまりませんね!
    エイジングしたくなりますね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【なんと、特別付録に「鉄スキレット」が!? GetNavi3月号は「ワークマン」特集もあるよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    “冬のキャンプ=寒くてツラい”というのはもう過去の話。なぜなら最近は、電源を設置した家電を使えるキャンプ場が増え、暖房器具が使えるからだ。そこで、キャンプ歴15年のキャンプライターがオススメギアを紹介! 今回はキャンプで重宝する、汚れにくい食器を取り上げる。

    ※こちらは「GetNavi2022年1月号に掲載された記事を再編集したものです。

     

    油汚れを弾くから洗い物がラクチン!

    カインズ

    HAJIKU DRY+アウトドア 3点セット

    2480円

    水と油を弾く両面撥水加工で、汚れにくさと乾きやすさを両立。軽くて割れにくい樹脂製のため、屋外でも安心して使える。電子レンジや食洗器にも対応し、普段使いにも◎。

     

    [オススメPoint]

    油が付きにくい食器はアウトドアの必需品

    キャンプ場はお湯が使えないことが多いので、油汚れが付きにくい食器が重宝します。仕切り部分が高く、汁気のある料理を盛り付けても混ざりません」(澄田さん)

     

    私がオススメします!

    キャンプ好きライター

    澄田 直子さん

    キャンプ歴15年。体力の衰えとともに暑さ、寒さが苦手に。最近は電源のあるサイトを探して行脚中。

     

    ●本記事に掲載している商品の価格は2021年11月16日時点のものです。店舗や時期によって変わる可能性があります

    これはキャンプの必需品、油が付きにくいカインズの食器


    (出典 news.nicovideo.jp)

    これはキャンプの必需品、油が付きにくいカインズの食器

    これ自宅でも使いたくなりますね!
    チェックしにいかないとですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【これはキャンプの必需品、油が付きにくいカインズの食器】の続きを読む

    このページのトップヘ