北風がピューイと吹き、首都圏の山では雪が降る季節になってきました。朝夕、西の空に浮かぶ富士山も、冬の深まりとともに青い姿から、白い雪のベールをまとった姿へと変わってきています。

◆幻想的なダイヤモンド富士の季節

まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

 その富士山、この時期に楽しみなのがダイヤモンド富士です。世界で一番の登山者数を誇る高尾山山頂からは、毎年冬至前後、今年2019年12月20日(金)~24日(火)の夕方16時16時15分頃、富士山山頂に夕陽が沈んでいく光景を見ることができるんです。

 麓から山頂への途中までケーブルカーを利用でき、歩行時間はゆっくり歩いても約1時間。山なので登りはありますが、道も整備されているので、登山が苦手という方も散歩気分で行けます。

 今年はちょうどお休みの土日に見られるので、その幻想的な光景とともに、予想以上のギャラリーの多さにびっくりするかもしれません。ただしラクに登れ、大勢の人と一緒になって街の延長線気分で見られますが、そこは山。日没とともに寒さは強まり、当然暗くもなるので、しっかりとした防寒とライトの携帯は忘れずに!

◆手軽に本格エスプレッソ

 さて、そんな寒い季節のアウトドアを楽しむ際に、是非携帯したいモノとして、ちょっと面白いモノを見つけました。それは「ワカコ/ナノプレッソ」(9400円+税)という携帯型のエスプレッソマシンです。

 エスプレッソというと、カフェで頂く、グゥゴゴゴォーと大きな音とともに圧力を掛けて抽出する大型の専用マシンでつくるものを思い浮かべるでしょう。また家庭であればコーヒー豆を入れて全自動で抽出、最近であればコーヒーの粉が1杯ずつ小分けにパックされたカプセルセットして抽出して頂く、小型のコーヒーマシンを使っている方も多くいるでしょう。

 一杯で25~30mlと少量ながら、濃厚な味わいは満足度の高いもの。表面にクレマと呼ぶシルクのようなきめ細やかな泡が浮き、飲む際に唇や舌に触れる感覚はエスプレッソならでは! 砂糖を加えて苦み、コク、甘みを楽しむのもありです。ドリップコーヒーとは違った、ちょっとスペシャルコーヒーです。

◆屋外でも5分でエスプレッソが味わえる

 そのエスプレッソを、本体に備わったピストンを押して圧力を掛けるだけで、野外でも手軽に頂けるのが「ナノプレッソ」です。でも、全自動ではないので必要な手順はあります。その手順が、コーヒーをドリップする手順同様に、美味しいエスプレッソを頂くための儀式のように思えて、私にとっては楽しい時間に思えます。

 手順は、まず本体内の小さなフィルターに極細挽きしたコーヒーの粉をセット。その際に標準装備されているスクープと呼ばれる軽量スプーンの腹で、強く押し込みます。カフェで働くバリスタさんがエスプレッソを淹れる際に、フィルターに詰めたコーヒーの粉をギューッと押し込む、タンピングと呼ぶ作業と同じです。このタンピングをしないと圧力を掛けて抽出する際に、ムラができて味わいに影響してしまうので、重要です。

 次に本体下部のウォータンクとカップを外し、タンクに湯を注ぎ、本体に再びセット。最後に本体中央にあるピストンロックを外して、押すだけ。だいたい8回のピストンで圧力が充填。注ぎ口からエスプレッソが抽出されます。初めて抽出した時、注ぎ口からピストンに合わせてトロッ~とエスプレッソが出てくる様子を見て、思わず「おぉっ~本格的!」と声を出しながらニンマリとしてしまいました。ここまで、約5分。やっぱり手軽です!

バーナーで湯沸かしすればさらに美味

coffeegeek via Pixabay

 もし手間を惜しまない、いや手間を掛けてでも美味しいエスプレッソを飲みたいという人は、セットするコーヒー豆を、直前にポータブルのミルで挽けば、一層香りも味わいも深みが増します。

 また注ぐ湯は、保温ボトルに入れてきた湯でもなんとかなりますが、私が経験した限りでは湯温が低くなっていて、濃厚芳醇なエスプレッソのはずが、あっさり薄味になってしまいがちです。そもそもエスプレッソは、ちょっとぬるめの70℃くらいに抽出さるもの。この「ナノプレッソ」だと、60℃くらいの印象なので、注ぐ湯が冷めていると、「アイスコーヒーか!?」なんてことにもなってしまいます……。

 では、どうするか? アウトドア用のバーナーで、その場で湯を沸かすのです! やっぱり面倒……ですかね……。でも、その場で湯沸かしした方が、断然美味しいのです。それにバーナーに火を点し、ゴォーと音を鳴らしながら湯を沸かしていると、案外気分が盛り上がるんですよ。しかもその湯で抽出したエスプレッソを味わってみれば、そこが近くの公園や土手であっても、「アウトドアしてるなぁ」って、しみじみするんです。こういう時間、普段忙しくしている人程、満足度が高くなると思います!

LUM3N via Pixabay

 イタリア発祥のコーヒーエスプレッソ。細かく挽いたコーヒーの粉に、水蒸気で圧力をかけて短時間に素早くコーヒーを抽出することから、英語の「エクスプレス(EXPRESS)」、つまり「急行」と同じ意味を持つ、イタリア語の「エスプレッソESPRESSO)」が語源になったと言われています。さらに「エスプレッソ」には、「特別」や「あなたのため」という意味もあるとか。

 今年の冬は、高尾山からダイヤモンド富士を見たり、見晴らしのよい公園を訪れ、面倒くさがらずに、是非バーナーで湯を沸かして「ナノプレッソ」でエスプレッソを抽出、味わってみてくさい。きっと「特別」な「あなたのため」だけの時間になるはずです。

 ちなみに、高尾山以外でも12月中にダイヤモンド富士を見られるスポットは「ダイヤモンド富士」国土交通省関東地方整備局で確認できます。

まちゃー / PIXTA(ピクスタ)


(出典 news.nicovideo.jp)

いいですね!
実に羨ましいです!
コーヒーはいれますけどエスプレッソまでは
いかないですね!
朝のコーヒーはいいですね!景色もこれなら最高です!
行ってみたいなぁ!!

<このニュースへのネットの反応>