2019年もあっという間に過ぎ去り、何かと話題の多そうな2020年になりました。年が明けても物欲まみれのボクら的にはいくつになってもお年玉が欲しいところ。

2019年も買ってよかったものや失敗したもの、買いそびれたものなど色々あったかと思いますが、今回はお買い物好きの目利き10人が選んだ、2019年ベストバイアイテムを拝見。あらゆるジャンルアンテナを張る10人のリアルに愛用して満足している逸品を教えてもらいました。

新年のショッピングの参考としてもご覧あれ!

01. COBMASTERのジェムパック。

70年代モデルベースに、機能性を現代仕様にアップデ ートしたCOBMASTER(コブマスター)バックパック。「クラシックなルックスだけど、見た目よりも軽くて背負い心地もいいんですよ。最近のキャンプでは、メインバックパックとして大活躍しています」。

山田昭一 フリーランス PR

大手アウトドアメーカーでの実績を経て、フリーランスに。「アベマTVの恋愛リアリティショー『月とオオカミちゃんには騙されない』のサイトスタイリングを担当しました。1/5から放送スタートです!!」。

 

02. UGGのミオトレーナーロー。

レザーとスエードの無骨なアッパーに、メッシュ素材のライニングを組み合わせたUGG(アグ)の機能スニーカー。「オトナっぽいスニーカーが欲しいと思いまして。あと厚底もマイブームです。カジュアル過ぎず上品過ぎないデザインもお気に入り」。

アクタガワタカトシ クリエイティブディレクター

アウトドアファッションスポーツを軸としたクリエイティブに関わる何でも屋。様々な企画に携わって いるが、本誌では『LBOT』を長期連載中。この冬もスキーキャンプマイペースに楽しんでいる。

 

03. HAMILTONのクロノグラフ9379。

名古屋で購入した80年代HAMILTONハミルトン)のヴィンテージ時計。「ルックスも好きだけど、身の丈に合っている価格帯も魅力的でした。自動巻きのモデルなので、 当たり前だけど使わないと止まります。そのため変な義務感で毎日愛用しています(笑)」。

塚原 学 Ballistics 代表

ミリタリーアウトドアモーターサイクルベースにしたタフなプロダクトを展開するブランド、バリスティクスの代表。今年は30年代フォードを購入するなど、ヴィンテージカーライフも満喫中。

 

04. BALMUDAのザ・ランタン。

キャンドルのように、暖色の灯りが揺らぐBALMUDA(バルミューダ)LEDランタン。「11月のゴーアウトキャンプ関西で購入しました。キャンプに持っていくのはもちろんですが、優しい灯りなので、家で子どもの寝かしつけをするときにも活躍しております」。

工藤 滋 Thrive 代表

ダイレクトアルパインなどのアウトドアブランドを扱う会社、スライブの代表。今冬もテレマークスキーを満喫中。「久しぶりにウエアも新調したので、ゲレンデから山まで沢山滑りたいと思います」。

 

05. CanonのパワーショットG10。

2008年リリースされたクラシカルなデザインCanon(キャノン)コンパクトデジカメ。「先日オークションサイトで入手しました。見た目の雰囲気も重厚感もお気に入りで、少し重いけど普段の街歩きから、ジブンの結婚式まで幅広く活躍しています」。

伊勢 真 kokoro オーナー

吉祥寺にある古着屋、ココロオーナー。自ら行なっているアメリカの長期での買い付け時は「売れるから仕入れるんじゃない、売りたいモノを仕入れるんだ!!」をモットーに、スタッフと一緒に日々悪戦苦闘中。

 

他にもまだまだ!No.06〜10は次ページをチェック!

 

 

06. YAMAHAのAT-1。

’69年に発売されたYAMAHAヤマハ)の125ccのトレイルモデル。「数年間、ヴィンテージのオフ車を探して回っていて、やっと納得できる1台に出会えました。子どもが小さいうちに一緒に乗りたかったので、手に入れることができてよかったです」。

相馬太河 SEAWORTHY DRY GOODS 代表

二子新地のセレクトショップ、シーワーシードライグッズのオーナー。自身がディレクションするオリジナルアイテム販売のほか、ショップ内でシルクスクリーンでプリントできる独自のサービスも展開。

 

07. belmontの焚き火台TOKOBI。

本体重量が約2kgのbelmont(ベルモント)のUL焚き火台。オプションパ ーツも揃うため拡張性も高い。「キャンプ場の薪(40cm)もそのまま置け、ステンレスメッシュの火床は燃焼もいい!! オプションアイアンプレートでピザを楽しむこともできます」。

牛田浩一 B.O.W 代表取締役

アウトドア専門のアタッシュ・ド・プレスをメインに、 撮影やイベントにも対応する“アウトドアの何でも屋”。「先日『キャンプ雑学大全』という著書を出しました。帯にはゴーアウト編集長のコメントも!!」。

 

08. Boseのボーズフレームスロンド。

アーム部分にスピーカーが内蔵されたBose(ボーズ)サングラス型オーデ ィオAR。「日本未発売のときに海外在住の友人経由で購入。スマホ連動で通話もできるけど、イヤホンもしてない状態なので、まわりからあやしげな視線を受けることも……」。

伊藤タケヒロ chi-bee デザイナー/イラストレーター

ゆるいグラフィックが人気のブランド、チービーのデザイナーイラストレーター。「今冬は約10年ぶりに再開するスノーボードが楽しみ!! ギアの進化を体験できるので浦島太郎状態です、きっと(笑)」。

 

09. Ankerのネブラカプセル2。

室内外で使えるAnker(アンカー)コンパクトサイズプロジェクター。「ガジ ェット好きなので、このスペックを見たら買うしかないと。 なにがスゴいって、Wi-Fi環境下ならこれだけでアマゾンプライムネットフリックスが見られるんですよ(要契約)」。

土屋雄麻 HALF TRACK PRODUCTS 代表/ファウンダー

外遊び界隈の、あったらいいな的なアイテムをカタチにするハーフトラックプロダクツの代表。「ネイタルデザインと一緒に企画しているイベントadventure is out there!』を全国展開したいです」。

 

10. Patagoniaのパドリングジャケット。

古着屋で入手したPatagonia(パタゴニア)90年代の名作モデル。「当時は実用性を求めて買っていたヒトたちが多かったアイテムだから、ここまでコンディションがいい古着は珍しい。日常の自転車移動はもちろん、釣り部の撮影でも使ってみたいですね」。

ミウラシュラン GMT プレス

世界中からシューズを集めるシューズインポーター、 GMTの名物プレス。様々な媒体に登場しているが、 本誌連載『釣り部』にもレギュラーで出演中。今冬も休日はもっぱら、ゆるくハシゴ酒の日々。

 

GO OUT vol.124には、買って、よかったオススメの逸品が満載!

ここで紹介した他にも絶賛発売中のGO OUT vol.124には、お買い物の達人たちが選んだオススメの逸品が満載! さらに、アウトドアブランドが送る最新テクノロジーが付加されたダウン特集や、インドアスタイルも多数紹介しているので、気になった人は下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニを今すぐチェック

■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.124 定価 ¥780

GO OUT WEB


(出典 news.nicovideo.jp)

皆さんも参考にしてください!!
ちなみに私は欲しいのなかったですがワラ

<このニュースへのネットの反応>