87d4dea1d7

当然ことだが、人によって所有したい車のタイプは異なる。通勤や買い物にしか使わないという人もいれば、アウトドアが目的という人もいる。あるいは仕事でたくさんの荷物を扱うという人もいるだろう。

そうしたさまざまなニーズに応えることができるモジュラー式の電気自動車ドイツのEVスタートアップが開発している。10通りのデザインに対応する「eBussy」だ。

レゴのように組み立て式

fa3c18c
eBussyの構想は「レゴ原理」に基づく。モジュールの組み替えで車のデザインを変えられると言う仕組みだ。

eBussyのベーシックはフォルクスワーゲンのミニバスを彷彿とさせる細長い躯体。フロント部分はクラシックモダンが混ざったようなデザインで、主に後部のモジュールを変えることでデザインを変えられる。

どんな車が可能かというと、まずワーゲンバスのようなバン。座席を3列並べられるスペースがある。それからフロント座席以外を荷台にした軽トラ風や、ピックアップトラック様のデザインもる。

座席を2列設けて残る部分を荷台にしたり、キャンピングカーとして使ったりとかなり自由自在だ。車高も変更でき、オフロードヤンピングカーも選択肢の1つとして提供される。

ソーラー発電モジュールも

8839b8958
eBussyはEVなのに加えて、ソーラーモジュールも用意されている。ソーラー発電をフル活用すれば1日200キロ走行可能で、大容量バッテリーを搭載した場合の航続距離は600キロを超えるという。日常使いには有り余るほどのスペックだ。

また、各ホイールハブに20馬力のモーターを搭載することで、トルク737lbt-ft(1000Nm)というパワフルさも備え、バンやキャンピングカーとして安心して使える。資材を乗せるなど軽トラックとしてハードな使い方もできそうだ。

eBussy2021年発売予定で、価格はベースモデルが1万5800ユーロ(約195万円)〜、キャンパーバンが2万8800ユーロ(約360万円)〜となっている。

eBussy

 
d48cd1ec5



(出典 news.nicovideo.jp)

ピックアップやキャンピングバンなどデザインは10通り! 独のモジュラー式EV「eBussy」が画期的

これ実際のってみたいですね!!





<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村