Image: LOGOS

思いもよらないふたつのデバイスがニコイチになった!

電気式カイロなのに光るライトで、スマートフォン充電だってできちゃう、不思議な組み合わせのガジェットが、アウトドア総合ブランドLOGOS(ロゴス)より登場しました。

その名は「野電 あったかパッド(USB蓄電)」。たとえばキャンピング時に夜はライトとして、寝るときにはカイロとして使うことができます。それに充電式なので何度でも繰り返し使えて、寒い季節のスポーツ観戦でも、窓際のテレワークや閑散としたオフィスでも活躍しそう。

Image: LOGOS

それに持ち手として使える革ベルトがあるので持ち運びも便利。ハンドバッグのようにも持てますし、本体に斜めに横断するように付け替えることも可能です。

サイズは幅24×奥行14×高さ3.7cm、重さは410g。そして価格は5,900円とかなりお手頃。秋冬のキャンプやピクニックだけでなく、寝室の常夜灯や湯たんぽ代わりと、用途は幅広そうです。

もし買われた際は、気に入っても低温火傷にはご注意くださいね

Source: LOGOS via MdN DESIGN INTERACTIVE



(出典 news.nicovideo.jp)

冬に備えて電気式カイロとライトになる「野電 あったかパッド(USB蓄電)」はどう?

これ欲しいですね!!

早く冬キャン行きたいな笑


【FIREBIRD】iPhoneが蘇る基板修理サービス【PR】

<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村