「車中泊」はいまや立派な「宿泊」! 翌日を快適に過ごせるための「寝床環境」の作り方6つ

当たり前の話だが快適に車中で寝られる環境作りが大事!

 最近のアウトドアブームは、今までアウトドアに興味のなかったユーザーを取り込む勢いで広がりを見せている。キャンプ場などでテントを貼ったり、コテージを利用したりするのがメジャーだが、昨今のコロナ禍では周辺の密を避けるべく気配りしなければならない状況が続いている。そうしたなか、屋外で寝泊りする楽しさを味わえる方法の一つとして車中泊が注目されている。

 車中泊をする上で最も重要なポイントと言えるのが快適な「寝床環境」だ。寝心地が悪いと寝不足になり、疲れてしまうこともある。そこで、車中泊で快適に眠るために必要な6つのアイテムを紹介したい。車中泊で快適な睡眠をしたい

1)寝袋は形状と素材がポイント

 車内で寝る場合、短時間の仮眠程度ならドライバーシートを倒して運転席で眠る人も多いが、身体が痛くなってしまい運転に集中できないことがある。睡眠をきちんととるためにも足を伸ばしてラク体勢になれる、後部座席やラゲッジルームで寝袋を活用した寝泊まりが望ましい。

 寝袋の形には種類がある。一般的に「封筒型(レクタングラー型)」と「マミー型(人形型)」があり、使用するシーズンや中綿にも種類がある。

「封筒型(レクタングラー型)」は、長方形をした上から下までの幅が同じタイプ。中はゆったりしており、寝返りを打てるなど布団に近い使い心地である。身体への密着度が低いため保温性は下がるが、ファスナーを調整することで暑いときは足下を開け温度調整をすることが可能だ。
車中泊で快適な睡眠をしたい

マミー型(人形型)」は身体の形に合わせた形状で、体温を逃がしにくく保温性が高いのが特徴である。寒い時期での使用や寒がりの人にオススメ。封筒型に比べ、軽く作られていることが多く、コンパクトに収納できるメリットもある。
車中泊で快適な睡眠をしたい

 寝袋の素材はコットン(綿)とナイロン製がある。ナイロン製はシャカシャカ音がするので気になる方はコットンがおすすめだ。中綿の種類は主に2種類、「化繊」と「ダウン」があり、ダウンは軽くて寝心地が良いが価格が高く、カビが生えやすいため保管に気を遣う。寝袋自体は比較的コンパクトに収納できる。化繊は保温性と耐久性ともに優れており、ダウンよりも低価格で購入が可能だがダウンほどコンパクトにはならない。
車中泊で快適な睡眠をしたい

 気になる価格についてだが、ダウンと化繊を比較すると化繊の方が安価。価格は使われている素材のほか、使用可能温度やブランドの有/無によっても変わってくる。仮に真冬といった厳しい環境下での使用を想定しないのであれば、例えそれなりの価格であってもそれなりの機能があるものがほとんど。なのでどのようなシチュエーションで使用するかをしっかり考えて素材を選ぶといいだろう。

2)背中が痛くならない快眠マット

 運転席よりもフラットかつ足を伸ばせるスペースが確保できるラゲッジルームや後部座席を倒して作る床は固いのが難点。そこで、寝袋とセットで使って寝床の快適さをアップするアイテムとして大切なのはマットだ。お金をかけないで揃えるなら、普段使用している布団やマットレスをそのまま積み込むのもありだ。自宅の寝心地とあまり変わらないし、何より気取った準備がいらない手軽さもいいだろう。車中泊で快適な睡眠をしたい

 キャンプ用品を使用するなら、エアーマットやローコットを使用し、その上で寝る方法がある。車内にあった大きさ選びが快適さアップの鍵になるだろう。

3)サンシェードでプライバシーを守る

 また、車中泊をする上で、カーテンやシェードも必要アイテムのひとつだ。フロントガラスはリアガラスのようにプライバシーガラスにはできないため、車内で着替えたりご飯を食べたりする時のプライバシーの確保が難しい。

 そのためフロントガラスにはサンシェード、サイドガラスにはカーテンや車種専用のシェードなどを取り付けるのがいいだろう。安価で揃える場合、量販店やホームセンターで売られている銀マットを窓の大きさに合わせて切り抜き、窓に差し込む方法もある。100円ショップでもサンシェードは購入できるため、お金をかけずに済む。車中泊で快適な睡眠をしたい

 車種専用が欲しいなら、ウィンドウズネットもオススメだ。パーツショップメーカーから発売していることもあり、専用とあって隙間が空いてしまうなどの不具合はない。夏場に窓を開けても虫が入りづらいため、窓を開けて風を取り込むことができるのも嬉しいポイントだ。

車中泊で快適な睡眠をしたい

車中泊で快適な睡眠をしたい

車中泊で快適な睡眠をしたい

車中泊で快適な睡眠をしたい

車中泊で快適な睡眠をしたい

車中泊で快適な睡眠をしたい

車中泊で快適な睡眠をしたい

車中泊で快適な睡眠をしたい

車中泊で快適な睡眠をしたい

車中泊で快適な睡眠をしたい

車中泊で快適な睡眠をしたい

車中泊で快適な睡眠をしたい

「車中泊」はいまや立派な「宿泊」! 翌日を快適に過ごせるための「寝床環境」の作り方6つ


(出典 news.nicovideo.jp)

「車中泊」はいまや立派な「宿泊」! 翌日を快適に過ごせるための「寝床環境」の作り方6つ


私もフリードをフルフラットの時に段差なくすためにバスの中にひくシートで加工してます笑





<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村