THE CAMP STYLE SNAP  in ふもとっぱら@2020.10

焚き火アウトドア料理をじっくり楽しめる秋冬キャンプはこれからが本番!!  そこで GO OUT CAMPの会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」で、おしゃれキャンパーたちのサイトをチェック!!

ちなみに「ふもとっぱら」では、10月をGO OUT的に「キャンプ強化月間」として、期間限定で巨大看板も設置させてもらいました。

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

愛車を繋げたレイアウトがお見事!コンパクトでぬくい、ほっこりサイト。

OWNERTakeさん、Nagomiさん

あいにくの天気の中、愛車とタープ、そしてテントまでを連結させ雨の侵入を防いでいたカップルのサイトがこちら。設営・撤収時にクルマからギアを出し入れする際、とても便利なレイアウトだ。

この日はサバティカルの新作テント、ギリアがメイン。左右にそれぞれのコットを置き、中央にリビングスペースを作った小さいながらもオールインワンスタイル。暖かい空間の中で1日中過ごすことができる、寒い時期のサイトレイアウトで参考になりそう。

キッチン・メインテーブルすべてを兼ねるブラックデザインのハレテーブル。オプションアイアンプレートを付け、焼け痕が気になる火気類を配置した。

チェアも同ブランドで、取り外し可能なロッキンフット付きが便利。ネットで購入したムートンは、寒い時期の冷え対策に必須アイテムだとか。

荷物置きとして使ったユニフレームフィールドラックにも注目したい。この日は室内にストーブを置いていたため、熱が当たる場所は1段上げて配置。

タープ下には調理もできる薪ストーブを置き、キッチンを兼ねた焚き火スペースを作った。このストーブは香川発のガレージブランドアイアンフィールドギア」のタキビーキャン。天板を使えば煮込みや湯沸かしが、室内を使えばピザ焼きやオーブン料理ができる優れモノ。

このサイトの詳細は、スナップページをチェック‼︎

 

クセのあるギアが揃い踏み。無骨でも暖かいファミリーキャンプ。

OWNERジェットパパさん、コダママさん、アオちゃん

見たことのないユニークなカタチのテント、タープ下に置かれたアイアン製ギアが存在感バツグンなサイトでは、ジェットパパさんファミリーキャンプを楽しんでいた。

誕生したばかりというラーテルワークスのテントのほか、タキビ周りはガレージブランドや作家さんからネットで購入したという、一風変わったデザインのギアがところ狭しと並んでいるのが特徴的。

いよいよ寒さが厳しくなる時期ということで、今回はテントの中にもリビングをセット。豆炭を使い手軽にアウトドアで使えるこたつを導入。夏はフルオープンにもできる広い前室が大活躍していた。

ジェットパパさん的ギアの選び方が決まっているそうで、硬い素材=黒、ファブリック=ベージュのアイテムを選んでいるとか。そのため自然とサイト全体にまとまりが生まれている。

在宅勤務が増え、D.I.Y.に挑戦する時間が増えたとか。そこでランタンケーススパイスボックスを自作。OSB合板に色を塗ることで、素材がまるで模様のように見える。外側にはモールシステムのように引っ掛け収納ができるテープを取り付けた。

このサイトの詳細は、スナップページをチェック‼︎

 

すべてが手の届く範囲に。動線バッチリな極小レイアウト。

 

OWNER:TTOさん

今回でソロキャンプが2回目というTTOさん。いつもはファミリーキャンプを楽しんでいるため、ソロのレイアウトはまだ試行錯誤中だとか。この日は友人も一緒ということもあり、最低限のギアで最低限のプライベート空間を確保した。

サイドラップを跳ね上げると前室のように使えるバンドックのソロティピー1TCをメインに使い、前室を延長する形でタープを過保護張り。どちらもポリコットン素材なので、雨でも焚き火が楽しめるのも嬉しい。

室内は締め切ると大人1人が広く使えるほどの大きさがあるため、ここにキッチン・リビングすべてを配置。ロースタイルのイスからすべてが届く範囲でギアを並べ、カップや皿といったアイテムは端材を使った地べたテーブルを活用している。

収納ラックなどはあえて使わず、帆布のトートバッグを収納代わりに活用しているのもナイスアイデア。オレゴニアンキャンパーのシートの上にバッグを並べ、撤収時もここに荷物を入れるだけと動線もバッチリ。

冷え込みが厳しくなって来たこともあり、マットは8cmと厚みがあるものをチョイスし、地面からの底冷えをシャットアウト。中央のポールもランタンや荷物を引っ掛けるのにちょうどいい位置。

このサイトの詳細は、スナップページをチェック‼︎

 

+αの工夫で使い勝手を向上させる、セルフカスタムに注目。

OWNER:Hさん

30年来の友人とキャンプを楽しんでいたHさんは、夜は2人がくつろげる用のリビングスペースを確保したサイトレイアウト。テントの屋根を入れ込むような形でタープを張り、隙間からの雨の侵入を防いでいた。

テントはDODのハップフーテントとミリタリーライクなデザイン。それに合わせ、使うギアもブラックメインにした無骨な雰囲気で統一。スームルームのタープはポリコットン製なので、焚き火ギアもタープ下に問題なく配置できるそう。

キッチンも兼ねたテーブルは、スームルームのもので、テーブル2つと天板、ハンガーとパーツを組み合わせることで拡張できるユニークアイテム。軽くコンパクトに仕舞える点に惹かれて購入したそう。天板下のハンモック状の収納も便利そう。

DODのベンチは座面の下も収納が付くため使い勝手バツグン。ちょうどいい幅の天板をホームセンターで見つけ、座面に乗せることで収納棚に活用している。フレームブラックがHさんの持っているミリタリーなギアと相性バツグン。

寝室はネイチャーハイクのコットを使った快適空間。床にはホームセンターで見つけたというラグを敷いて底冷え対策もバッチリ。このテントは前室になるタープ部分の面積が広いため、ソロならこれひとつで十分なこともあるほど。

このサイトの詳細は、スナップページをチェック‼︎

 

秋のおしゃれキャンプサイトが豊作!

10月のふもとっぱらには、参考にしたいおしゃれサイトで溢れていました。ここで紹介した4組のほかにも、最新のキャンプスタイルを多数掲載中! 続きはこちらよりチェックしてみて!

 

GO OUT


(出典 news.nicovideo.jp)

秋の最新キャンプスタイルを拝見! おしゃれで機能的なこだわりサイト満載 #3


これ参考になりますね!!

皆さんのキャンプスタイルカッコイイ!!


アウトドア用品【L-Breath】


<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村