まさに「持ち家」か「賃貸」か論争! キャンピングカーを「買う」か「借りる」かの境目とは

一番大事なのは「愛」があるかどうか

 キャンピングカーは知っているけど、特殊なクルマで自分とは関係ないと思っていたという方は多いと思います。が、最近、街中でも以前よりは見かけるようになって、コロナ禍アウトドアブームもあり、「キャンピングカーってどうよ?」なんて、興味が出てきたりします。

 でも、いざ購入となると、買うべきか? いやいや、レンタルで良いんじゃない? といった、まるで「家は賃貸か購入のどちらが良いのか」議論が自分の中で繰り広げられたりします。そこで、今回は、その判断基準5つを考えてみたいと思います。

1)どのくらい活用するのか?

 キャンピングカーの使い方って、その人のライフスタイルでガラリと変わるものです。また逆にキャンピングカーでライフスタイル自体がガラリと変わる事もあります。例えば、もともとアウトドアや旅行好きで、普通車でも車中泊していた方は、それはキャンピングカーの方が安全・安心・快適なクルマ旅ができるようになりますから、クルマ旅の回数も増えるでしょう。キャンピングカーの後悔しない選び方とは

 逆に、そこそこ旅行が好きだった方でも、キャンピングカーで、それが更に劇的に拍車がかかる可能性もあります。勿体ないのは、せっかく購入しても、忙しくて滅多に乗らないとか、熱しやすく冷めやすい性格で、駐車場に停めっぱなしになっているという方です。

 こんな方は、レンタルで「必要な時に必要なだけ必要なタイプを」利用した方が良いと言えます。所詮、キャンピングカーも旅行の為のツールと考えると、クールに判断して、その時の使用目的やメンバー、場面で、毎回、好きなキャンピングカーをレンタルできるというのも魅力と言えば魅力です。

2)コスト的に考える

 キャンピングカー自体のコストもありますが、その維持費がバカになりません。各種税金や、メンテナンス代、自宅に駐車場がなければ駐車場代、交通費、ガス代、保険代など、それなりにコストがかかります。既に普通車に乗っている人は、これらのコストはかかっているので余り問題にはならないかもしれません。

 キャンピングカー(8ナンバーの場合)は、同じ排気量なら税金も安く、高速代も普通車と同じ、駐車場代も大概のキャブコンなら2m×5mのスペースに入るので(問題は高さだけ)余り変わらないからです。それでも、クルマを所有するだけでもコストはかかるので、これも①のどのくらい活用するのか? で、買うか? 借りるか? を判断する必要があります。キャンピングカーの後悔しない選び方とは

 振り返ってみて、キャンピングカーをレンタルした代金を合算したら、中古のキャンピングカーが買えた・・・・・・なんて事にならないようにしたいものです。最近では、そんなに頻繁にキャンピングカーは使わないので、自分が使わない時は人に貸して、ローン返済にも充てるという「キャンピングカーのシェアリングサービス」などもありますから、これも一考の余地がありますね。

キャンピングカーの後悔しない選び方とは

キャンピングカーの後悔しない選び方とは

キャンピングカーの後悔しない選び方とは

キャンピングカーの後悔しない選び方とは

キャンピングカーの後悔しない選び方とは

キャンピングカーの後悔しない選び方とは

キャンピングカーの後悔しない選び方とは

キャンピングカーの後悔しない選び方とは

キャンピングカーの後悔しない選び方とは

キャンピングカーの後悔しない選び方とは

キャンピングカーの後悔しない選び方とは

キャンピングカーの後悔しない選び方とは

まさに「持ち家」か「賃貸」か論争! キャンピングカーを「買う」か「借りる」かの境目とは


(出典 news.nicovideo.jp)

まさに「持ち家」か「賃貸」か論争! キャンピングカーを「買う」か「借りる」かの境目とは

これ悩んじゃいますね!!




<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村