1日の疲れを残さず、翌日も元気に遊ぶためには良質な寝袋が不可欠です。

寝袋選びの基準が温度表記。ヨーロピアン・ノーム(EN13537、EN ISO23537)で示すメーカーが増えていますが、これは肌着をつけたマネキンを寝袋の中に入れ、マネキンの表面温度から寝袋性能を計算する方法です。ところが体格のいい欧米人向き規格のため、独自の測定温度を表示するメーカーは依然として多く、単純に寝袋の温度表記だけでは比較できないのが悩みどころ。

それに使用温度では測れないゆとりや汎用性も快眠を左右する大切な要素です。

そこでコンフォート温度5℃以下で、冬キャンプサポートしてくれると評判の最新寝袋5モデルの寝心地と魅力を探ってみました。

 

電熱ヒーター、レイヤーシステムetc 話題の最新シュラフ5つを試してみた


(出典 news.nicovideo.jp)

電熱ヒーター、レイヤーシステムetc 話題の最新シュラフ5つを試してみた

これ最高ですね!!

冬に実力発揮ですかね笑笑



“"


キャンプ・釣り・登山・アウトドア用品専門買取【JUST BUY】


<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村