ハンモックは様々なメーカーから、いろいろな用途に向いているハンモックが販売されています。数多いハンモックが販売されているため、選ぶ際に迷うことが多いでしょう。今回は、ハンモックのおすすめメーカー12選や選び方について紹介していきます。

ENO ハンモック エバーグリーン

ハンモックとは、もともと南米の熱帯地方で先住民が使っていた寝具でしたが、利点が認められ帆船時代の軍艦などで利用されてきました。英語で書くとhammockとなりますが、ほかには釣床や吊床と言われます。 寝具として使われるハンモックは、丈夫な網や布の両端をまとめた形で壁や柱に縛り設置します。野外の場合は、木幹に縛り付けて吊して設置します。ハンモックの上で斜めの向きに寝ると背中は曲がりづらくなり、寝心地が良くなるでしょう。

ハンモックには、屋内での使用に適している自立式と屋外での使用に適している吊り下げ式があります。自立式のハンモックは、専用スタンドで寝床部分などを固定して使用します。壁や天井などから吊り下げなくてもいいので、場所を選ばずに設置が可能です。 吊り下げ式のハンモックは、木や柱に引っ掛けて使用します。スタンドが必要なくコンパクトなのが特徴です。ただ設置にはある程度の技術が必要になってきます。

ハンモックは様々なメーカーが販売しています。メーカーや商品によって特徴があるため、選ぶ際に迷うことが多いでしょう。特徴を知ることで自分に合った商品が見つけやすくなります。これから、ハンモックのおすすめメーカー12選を紹介していきます。

VIVERE
¥59,459〜
VIVERE ハンモック ダブルサイズ
VIVEREは、自立式ハンモックハンモックチェアの魅力的な製品が販売されています。

インテリアとしても感じの良いデザインになっていて、さらに強度や耐久性も優れています。 ダブルサイズの自立式ハンモックは、大人が2人同時に横になれるようになっています。メーカー独自の織込み製法で編まれた高級コットンを使っていますので、肌あたりが良く適度な伸縮性と強度を持っています。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

DD Hammocks
¥32,780〜
DD Hammocks DD スーパーライト ジャングル ハンモック
DD Hammocksは、人気の高いフロントラインハンモックが販売されています。

このメーカーの製品は多機能でありながら、丈夫でデザインが良いのでおすすめです。 DDスーパーライトジャングルハンモックは、重さが1,520gと軽量でコンパクトな吊り下げ式になっています。また、蚊帳が内蔵されていてアウトドアで使用するのに便利なのが特徴です。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

ENO
¥27,500
ENO ハンモック エバーグリーン
ENOは、リップストップナイロン生地を採用して強度が高く耐摩耗性に優れたハンモックを取り扱っています。

また、繊維を格子状に使っているので破れが広がりにくくなっています。 また、ENOはハンモックのほかにハンモックスタンドも販売しています。高い剛性を持ったポールになっていて、運搬しやすいところが特徴です。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

Hennessy Hammock
¥29,800〜
Hennessy Hammock エクスプローラー デラックス A-SYM クラシック
Hennessy Hammockは、世界中で特許を取得したテントとハンモックが融合した製品を開発し販売しています。

不整地や屋外で快適に使用できるのでおすすめです。 エクスプローラーデラックスA-SYMクラシックは、210デニールの強度の高いナイロンオックスフォード生地で作られた製品で、耐荷重にも優れたハンモックです。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

KAMMOK Kuhli 超軽量
KAMMOK
KAMMOK Kuhli 超軽量
¥44,421
KAMMOK Kuhli 超軽量
KAMMOKは、設営の簡単なオールインワンタイプハンモックを販売しています。

Kuhliは、超軽量で防水性の高いフライセットになっているところが特徴です。可搬性にも優れアウトドアでの使用に適しています。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

ハンモックメーカー6:タンスのゲン
タンスのゲン ハンモック 【自立式】 専用ケース付き
タンスのゲン
タンスのゲン ハンモック 【自立式】 専用ケース付き
¥6,980〜
タンスのゲン ハンモック 【自立式】 専用ケース付き
タンスのゲンは、比較的安価で販売していながら耐荷重性が高く、高さも3段階に調節できる機能を持たせているハンモックを販売しています。

ハンモックは、設置場所を問わないため、室内や屋外など様々なところで使えるでしょう。また3段階調節もついているため、目的にあわせて使用することができます。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

¥2,699〜
Unigear ハンモック パラシュート
Unigearは、軽量コンパクトアウトドア志向のハンモックを多く販売しています。

ハンモックはパラシュートナイロンを使用しているところが特徴です。また、専用ストラップがついているため簡単に設置することができます。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

Susabi
¥34,980〜
Susabi ハンモックチェア 自立式スタンド
Susabiは、ハンモックチェアを多く販売しているメーカーです。

製品は、伝統的な手法を用いて作られているため、通気性に優れています。ハンモックチェアの素材はピュアコットンを使用していて、肌触りの良くなっています。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

¥7,980〜
LifeFair ハンモック 自立式スタンドセット
LifeFairは、寝返りが打てるハンモックを取り扱っています。

自立式ハンモックスタンダードは、工具不要で組み立てられ、シンプルな構造で耐荷重性も高くなっています。また、広めのデザインになっているため、安心してくつろぐことができるでしょう。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

Wecamture ハンモック 蚊帳付き パラシュート
Wecamture
Wecamture ハンモック 蚊帳付き パラシュート
¥3,499
Wecamture ハンモック 蚊帳付き パラシュート
Wecamtureは、パラシュート生地を採用しているハンモックを取り扱っています。

軽量で耐久性に優れている製品を取り扱っているため、アウトドアでの使用を考えている方におすすめのメーカーです。 ハンモックは、耐荷重性が高く2人用の幅広さが特徴的です。固定用のカラビナもセットになっていながら重量は1,350gと軽量です。持ち運びしやすい収納袋もついています。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

VASTLAND(ヴァストランド) ハンモック 自立式 スタンド
VASTLAND(ヴァストランド)
VASTLAND(ヴァストランド) ハンモック 自立式 スタンド
¥6,980〜
VASTLAND(ヴァストランド) ハンモック 自立式 スタンド
VASTLANDは、デザイン性の高いハンモックを販売しています。

インテリアとしても使える商品があるためおすすめです。 ハンモックは、スタンド付きの折りたたみハンモックで収納袋がついています。アウトドアだけではなく、チェアベッドとしても使用することができます。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

¥44,203
La Siesta(ラ シエスタ) JOKI ハンモックチェア
La Siestaは、ハンモックチェアを多く扱っていて、その中には吊り下げ式で場所を選ばずに設置できる製品もあるので、アウトドアでの使用をしたい方にはおすすめのメーカーです。

Lily JOD70-77は、生地がコットンで肌触りの良い子供用のハンモックです。サイズは座面の幅が70㎝あり、ゆったり座ることもできます。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

キャンプハンモックの選び方4つ
Wecamture ハンモック 蚊帳付き パラシュート

自分に合ったハンモックの選び方は、使う人数や利用シーンによって異なります。事前に使用する目的をしっかりと決めておくことが大切です。 これから、キャンプハンモックの選び方を4つ紹介します。

キャンプハンモックの選び方として、サイズで選ぶことが大事です。ハンモックサイズにはシングルサイズダブルサイズファミリーサイズの3種類があります。シングルハンモックは幅が約140cm~150cmになっており、1人用なのでコンパクトなところが特徴です。ダブルハンモックは幅が約160cm~170cmになっており、2人用なのですがゆったりと1人で利用するのにも適しています。 ファミリーハンモックは1番大きく、幅が約180cm以上のハンモックになります。子どもと一緒にハンモックを使いたい方におすすめのサイズです。利用したいシーンに合わせてハンモックサイズを選びましょう。

キャンプハンモックの選び方として、素材で選ぶ方法があります。ハンモックの生地のタイプには、クロスタイプネットタイプの2つがあります。クロスタイプデザイン性や安定感が高いので室内利用に向いていますが、濡れると乾きにくいのが難点です。ネットタイプは身体にフィットして寝心地が良く、濡れても乾きやすいので屋外利用に向いていますが、ボタンなどが引っ掛かりやすいので注意しておきましょう。

キャンプハンモックの選び方として、形状で選ぶ方法があります。自立式のハンモックは室内で使いやすく、場所を選ばないことがメリットです。吊り下げ式は木や柱などが無いと設置できませんが、持ち運びやすいためキャンプに向いています。 自室で使う場合やスペースが狭い場所でハンモックを楽しみたいときは、ハンモックチェアが向いています。横にはなれませんが、ゆりかごのように使うことができます。使用する場所や目的を考慮して選びましょう。

キャンプハンモックの選び方として、持ち運びやすさで選ぶ方法があります。持ち運びやすさで大事なのが重量になりますので、布地がネットタイプやパラシュートタイプになっているハンモックがおすすめです。また設置方法も自立式のハンモックよりも、吊り下げ式の方がコンパクトで持ち運びやすくなっています。

用途に合わせてハンモックを選ぼう

これまでハンモックのおすすめメーカーや選び方について紹介しました。ハンモックは使う用途によって、適したサイズタイプがあります。さらにアウトドアで使うのか、室内で使うのかによって使用する種類も変わってくるでしょう。 寝るために使うのか座って使うのかも大きな選択肢になります。このように自分がどのようにハンモックを使いたいかを考えて、適したハンモックを選ぶと良いでしょう。

ハンモックのおすすめメーカー12選|キャンプ用ハンモックの選び方も紹介


(出典 news.nicovideo.jp)

ハンモックのおすすめメーカー12選|キャンプ用ハンモックの選び方も紹介


私もそろそろ挑戦したいです!!

先輩方教えてください笑笑





<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村