ハンモックには様々な種類があります。そのため、キャンプで使うハンモックをどれにすれば良いか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。この記事ではおすすめのハンモック10選を紹介しています。自分が理想としているハンモックを見つけたい方は、参考にしてみてください。

キャンプにおすすめのハンモックとは?
KAINI「2人用ハンモック」

近年、テントに加えてハンモックを使ってキャンプをする人も増えています。ここではキャンプ用におすすめのハンモックを紹介していきます。 一口にハンモックと言っても、普通のものから折りたたみ式など様々なタイプがあります。キャンプをする際の目的や人数によってハンモックを選ぶと良いでしょう。

ハンモックには3種類のタイプがある
KAINI「2人用ハンモック」

ハンモックにはいくつか種類があるのをご存知でしょうか。吊り下げ式ハンモックハンモックチェア・自立式ハンモックなど様々な種類があります。その中で、キャンプにおすすめのハンモックもあるので紹介していきます。

吊り下げ式ハンモックというのは、一番馴染みが深いのではないでしょうか。主に木に専用の金具とロープを括りつけることで使うことができます。こちらのハンモックのおすすめの点は、荷物が少ないところです。ハンモック本体と金具やロープなどがあれば、ハンモックを設置することができます。そのため、キャンプでできるだけ荷物を減らしたい場合におすすめです。ただし、木など括りつける場所が無いと使えません。

ハンモックチェアというのは、その名の通り椅子です。普通のハンモックは寝る用途として使うことが多いですが、こちらは座る目的のハンモックです。普通のハンモック同様、吊るす形や自立するタイプがあります。 しかし、吊るすタイプは天井から吊るすことが多いので外で使用するのはおすすめしません。近年では、部屋のインテリアとして利用する人が多いです。どうしても外で使いたいという人には自立式のハンモックチェアがおすすめです。

自立式ハンモックは、吊り下げ式と違い自立することができます。そのため、木に金具とロープを用いて括りつける必要はありません。外でも使えるため、キャンプにおすすめです。 また、ロープを木に括りつける必要がないので、ロープの巻き方を学ぶ必要もありません。しかし、自立式には足が付いているのでその足がかさばります。中には折りたたみ式の物もありますが、吊り下げ式に比べ荷物が増えてしまいます。

キャンプにおすすめのハンモックには、どのようなものがあるのでしょうか。様々な商品が販売されているため、購入する際に迷うこともあるでしょう。これから、キャンプにおすすめのハンモック9選を紹介していきます。

1:WECAMTURE「蚊帳付きハンモック 2人用」
WECAMTURE「蚊帳付きハンモック 2人用」
WECAMTURE
WECAMTURE「蚊帳付きハンモック 2人用」
¥3,499
WECAMTURE「蚊帳付きハンモック 2人用」
WECAMTURE「蚊帳付きハンモック 2人用」は、蚊帳が付いているので虫が多く出るキャンプにおすすめです

特に夏場は蚊が出るので寝ている間に刺されるのを防げます。 また、大きいサイズなので2人で寝ることもできます。また、重さに耐えることもできるため寝る用途に使うのもおすすめですが、荷物置きとして利用することもできます。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

2:DD Hammock「DD Frontline Hammock」
DD Hammock「DD Frontline Hammock」
DD Hammock
DD Hammock「DD Frontline Hammock」
¥10,680〜
DD Hammock「DD Frontline Hammock」
DD Hammock「DD Frontline Hammock」はカモ柄のデザインになっています

自然に近い色合いをしているので、自然とカモフラージュしたい方におすすめです。自然とカモフラージュする色だと周りの景観を壊しません。 また、丈夫で通気性が良いので夏場汗をかいてしまう時期に適しています。また蚊帳も付いているので、虫から身を守ることができます。そのため、夏場の外での睡眠で悩むことが減ります。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

3:ロベンズナオミ「ハンモック 木枠付き」
ロベンズナオミ「ハンモック 木枠付き」
ロベンズナオミ
ロベンズナオミ「ハンモック 木枠付き」
¥1,599〜
ロベンズナオミ「ハンモック 木枠付き」
ロベンズナオミ「ハンモック 木枠付き」は、吊るし式のハンモックです

通気性が良い生地を使っているところや転倒防止木製フレームがついているところが魅力です。ハンモックの長さが大きいため、ゆったりと入ることができるでしょう。また手洗い選択が可能なため、飲み物をこぼしてしまった場合でも対処することができます。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

revir of river
¥24,800〜
revir of river「3WAY ハンモック」
revir of river「3WAY ハンモック」は足の部分が木でできています

足の部分に明るい色の木を採用していることで、温かみのあるデザインになっています。自立をするのでインテリアとして置くのもおすすめです。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

5:ゆらふわモック「ゆらふわモックマルチ」
ゆらふわモック「ゆらふわモックマルチ」
ゆらふわモック
ゆらふわモック「ゆらふわモックマルチ」
¥12,800〜
ゆらふわモック「ゆらふわモックマルチ」
ゆらふわモック「ゆらふわモックマルチ」は色のパターンが幅広い上、頑丈なところが特徴です

そのため、子供が数人座るくらいでは全く壊れません。 また、便利な機能としてこちらのハンモックは物干しになります。ハンモックを使わないときは物干しの形にして洗濯を干すこともできるので一石二鳥です。 さらには、スタンドを90度にして付属の布ハンモックをつけるとハンモックチェアにすることもできます。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

6:GeerTop「蚊帳付きハンモック
GeerTop「蚊帳付きハンモック
GeerTop
GeerTop「蚊帳付きハンモック
¥2,999
GeerTop「蚊帳付きハンモック」
GeerTop「蚊帳付きハンモック」は利便性に優れています

蚊帳が付いているので虫が入ることもありません。スペースが広いので寝返りを打つことも可能です。また、通気性と速乾性に優れているため万が一濡れてしまっても乾くのが早いです。 さらに、収納袋があるので持ち運びが苦になりませんし、ストラップが調節可能なのでハンモックの高さと長さを調節できます。利便性と気軽さを重視す

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

7:KAINI「2人用ハンモック
KAINI「2人用ハンモック
KAINI
KAINI「2人用ハンモック
¥3,260
KAINI「2人用ハンモック」
従来の蚊帳付きハンモックは、面倒なロープの取り付けがありました

しかし、KAINI「2人用ハンモック」は蚊帳と一体型になっており、取り付けるだけで蚊帳が自動的に開くので、虫には刺されたくないけど取り付けが苦手な人におすすめです。そして、ハンモックを木に取り付ける際のカラビナは高品質アルミニウム合金D型を採用しているため、水に濡れてしまっても錆びにくいので長く使うことができます。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

LOGOS
¥29,920〜
LOGOS「3WAY スタンドハンモック」
LOGOS「3WAY スタンドハンモック」は、快適なスウィング動作が可能なところが特徴のハンモックになります

それにより、ゆったりとした気持ちで使用することができるでしょう。 座面はコットン生地を採用しており、収納バッグも付いているところも魅力です。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

9:BURTONHONEY BAKED HAMMOCK」
BURTONHONEY BAKED HAMMOCK」
BURTON
BURTONHONEY BAKED HAMMOCK」
¥7,425〜
BURTON「HONEY BAKED HAMMOCK」
BURTONHONEY BAKED HAMMOCK」は収納袋が付いているのでコンパクトにしまえます

また、その収納袋が一体型なのでそこにちょっとした小物を入れることもできます。 ベッドと違いハンモックは携帯が置きづらいですが、こちらのハンモックは収納袋に入れることで携帯を落とさずに済みます。 ポリエステルでできているので、重量は非常に軽く持ち運びに便利です。またスタイリッシュデザインなので、男女問わずに使えるでしょう。

商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

キャンプにおすすめのハンモックを選ぶときのポイント3つ
Wecamture ハンモック 蚊帳付き パラシュート

キャンプに適したハンモックは様々な種類がありますが、それらも1つ1つ個性が違いますハンモックを選ぶ際は、どのようなところに注意すれば良いのでしょうか。これから、キャンプにおすすめのハンモックを選ぶときのポイント3つを紹介していきます。

できるだけ荷物を減らしたいキャンプには、収納サイズが小さいものをおすすめします。車を使えるなら良いですが、車を使わない場合は自立式のハンモックを持っていくと、いくら収納式とはいえ足の部分があるのでかさばってしまいます。 もし行く予定のキャンプ場がハンモックを使えて、括り付ける木がある場合は吊り下げ式のハンモックをおすすめします。吊り下げ式のハンモックは荷物が少ないので、車が無い方に最適でしょう。

ハンモックの素材は、ポリエステルやズック素材など多岐に渡ります。コンパクトにかつ機能性に優れたハンモックを使用したい方は、ポリエステルタイプをおすすめします。ポリエステルタイプは通気性が良いものが多いので、夜中眠っている間に汗をかいてもハンモックの中が蒸れにくいです。

ハンモックがいきなり破けて落ちてしまわないためにも、耐荷重も重視したいところです。大人2人で寝る場合だったり、大量の荷物を乗せたい場合には耐荷重が重いものを選びましょう。

お気に入りのハンモック見つけてキャンプを楽しもう

これまで、キャンプにおすすめのハンモック10選や選ぶときのポイントを紹介しました。 ハンモックと言えどタイプや素材、耐荷重の違いなど様々なものがあります。自分がキャンプをする上で何を重視したいのかを吟味して、自分のお気に入りのハンモックを見つけましょう。

キャンプにおすすめのハンモック9選!ハンモックの選び方も解説


(出典 news.nicovideo.jp)

キャンプにおすすめのハンモック9選!ハンモックの選び方も解説


これ欲しくなりますね!!

今年はチャレンジしたいな!!




4K放送スタート!大迫力の映像サービス!【J:COM(ジェイコム)】

<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村