Screenshot: Traeger

手元で肉調理をコントロールできなんて、なんて未来的なんだ。

Wi-Fi搭載、音声制御機能搭載と進化系バーベキューグリルの名をほしいままにしている「Treager」が、アプリApple Watchに対応させたそうです。

Wi-Fi対応の「Treager」は、スマホアプリ操作でレシピを設定したり、温度を変えたりすることが可能だそう。設定温度になったら通知を受け取ることもできます。

Apple Watchアプリも同様のことができますが、もっとシンプルアプリでは、温度を変えたりプローブの温度をチェックしたり、調理が終わったら保温に設定しておくことができるそうです。

だから動画のように、グリルの前で肉の焼き加減を見張っている必要もなく、調理が終わったからといって慌てて食べる必要もありません。みんなが遊んでいる間に、誰かが肉奉行になることもないのです。

作る側と食べる側にわかれ、アンフェア感がでがちなバーベキューですが、このアプリがあれば参加者みんなが気持ちよく楽しめそう。お肉の焼き加減や温度管理もできるので、難しい塊肉のローストなんかにも挑戦できそうですね。



(出典 news.nicovideo.jp)

お肉の状態をリモート把握。アウトドア肉食獣のため、TraegerアプリがApple Watchに対応


これデジタルですね!!

これすごいですね!!




“"


ドラマ観るなら<U-NEXT>

<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村