Coleman(コールマン)が、サステナブルな試みをスタートアウトドア製品の廃棄物を有効活用するプロジェクトで、その第一歩として、廃棄テントをバッグに生まれ変わらせている。単に環境に配慮しているだけでなく、デザインの優れたバッグが生まれているので、ぜひ注目ほしい。

このたびコールマンが立ち上げたプロジェクト「MFYR」は、廃棄物に新しい命を吹き込もうというもの。MFYRとは「Movement For Your Right」の頭文字だ。プロジェクトの第一弾は、廃棄予定のテントを再生させたバッグ。

いまのところ7アイテムが発表されていおり、上の写真は「MFYRバケツトート」。

そしてこちらが、左から「MFYRトート」と「MFYRサコッシュ」。MFYRは地球環境に配慮したサステナブルプロジェクトだが、廃棄テントを素材としたバッグは軽量で丈夫、耐久性にも耐水性にも優れている。

デザインも秀逸で、手がけたのはアウトドアブランドMonro(モンロ)」を立ち上げた森由美氏。モンロといえば、こちらの記事でもお伝えした通りコールマンとのコラボで数々の名作を生んだ。

これらの製品は、6月中旬に発売が予定されている。MFYRの今後の展開に注目だ。


(問)コールマン ジャパンカスタマーサービス tel:0120-111-957 http://www.coleman.co.jp

 

GO OUT


(出典 news.nicovideo.jp)

廃棄テントがバッグに生まれ変わる。コールマンの新たな試み「MFYR」がスタート。


テントのリサイクル最高ですね!!

これ自分でやってみたくなりますね!!



“"


アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】

<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村