campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ場 > グランピング

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     森野ビルは12月24日滋賀県長浜市グランピング施設「NAGAHAMAライフスタイルグランピングホテル」を開業する。琵琶湖でのアクティビティや女子旅など、6つのテーマに合わせたヴィラタイプの部屋を用意した。

    【その他の画像】

     全6棟の各部屋には、グランピングテントファイヤーピット焚き火台)、アウトドアキッチンを設置。薪割りや燃料を使わずに火起こしできるファイヤースターターを使った焚き火を体験できる。

     部屋は6つのテーマを用意。「カフェ スタイル」は韓国カフェ風の部屋で、パティシエの指導を受けながらソウルの最新スイーツをつくるか、アフタヌーンティーを楽しめるようにした。「パーティー スタイル」の部屋は、大切な人の誕生日や記念日を祝ったり、日頃の感謝の思いを伝えたり、思い出に残るような演出をスタッフが手伝う。

     「ツーリズム スタイル」は、長浜の観光地やスイーツ店などガイドブックに掲載されていないスポットをスタッフが案内し、地元住民とのふれあいをコーディネートする。「アクティビティ スタイル」は、SUPやカヌー、ブラックバス釣りなど琵琶湖アクティビティを用意した。

    ●こだわりキャンプや北欧サウナ

     「キャンプ スタイル」は、こだわりのキャンプ用品でグランピングが楽しめるようにした。キャンプ初心者にはグランピングマスターアドバイスする。「サウナ&ヨガ スタイル」は、北欧の本格的ロウリュサウナやヨガでリフレッシュできるなど、美容や健康を意識する人向きの部屋。

     夕食は、フランス料理シェフが地元食材を使って、藁(わら)焼きカルビチーズ、和牛ステーキメインに提供する。オプションで、近江牛の塊肉や地元野菜、鱒の燻し焼などが楽しめるバーベキューも用意した。

     ランドクルーザーテントキャンプ用品を搭載し、琵琶湖ほとりのプライベートグランピングスポットに設営する「王様のキャンプ」もある。キャンピングトレーラーには空調やリビング、ベッド、キッチン、シャワートイレを完備している。

    滋賀の長浜にグランピング施設がオープン


    (出典 news.nicovideo.jp)

    滋賀の長浜にグランピング施設が誕生、部屋の特徴は?

    このグランピング楽しめますね!

    これからの季節最高ですね!



    “"




    <このニュースへのネットの反応>

    【滋賀の長浜にグランピング施設が誕生、部屋の特徴は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ●仕事に役立つ調査データ

    【グランピング施設に求めるサービスレベルは?】

    消費者の傾向、若者の価値観、働き方の変化――このコーナーでは、ビジネスパーソンの働き方や企業の戦略立案に役立つようなさまざまな調査データを紹介していく。

     アウトドア総合情報サイトを運営するフォーイット(東京都渋谷区)は、19~66歳のグランピングに行ったことがある(行ってみたいと思う)全国の男女500人を対象に「グランピングに関するアンケート」を実施した。グランピング施設に求めるサービスレベルを聞いたところ、最も多かったのは「リゾートホテル/高級ホテル並みの対応」で32.0%だった。

     次いで「ビジネスホテル並みの対応」が30.0%、「ファミレス並みの対応」が16.4%という結果だった。

    ●性別で見ると?

     性別で見ると、男女ともに上位のランキング順は変わらなかった。1位の「リゾートホテル/高級ホテル並みの対応」(男性30.0%、女性34.6%)、2位の「ビジネスホテル並みの対応」(同28.2%、32.3%)は女性の方が割合が高く、グランピングでは女性の方がやや手厚いサービスを求めていることがうかがえた。

     一方で、「ファミレス並み」(同17.5%、15.0%)や「コンビニ並み」(同10.0%、4.6%)は男性の割合が高く、何か注文や要望がある場合に対応してもらえればよいと考える男性が多いことが分かった。

    ●世帯年収別で見ると?

     世帯年収別で見ると、順序は違えど上位の顔ぶれは変わらなかった。

     例外的に年収1500万円以上の層で「高級レストラン並みの対応」を期待する人が17.3%と高かったが、コース料理のプランシェフ付きの料理プランイメージしている人が多いことがうかがえた。

     フォーイットは「全体を通して、グランピングは『キャンプ』の枠を超え、海外旅行やリゾートホテルに代わる新たな選択肢として確立されつつあることがうかがえる結果となった」とコメントした。

     今回の調査は、19~66歳のグランピングに行ったことがある・行ってみたいと思う全国の男女を対象に、インターネットで行った。期間は9月16~17日、有効回答数は500人。

    フォーイットは「グランピングに関するアンケート」を実施した


    (出典 news.nicovideo.jp)

    グランピング、「キャンプ」の枠超えた? 高級ホテル並み対応求める声が3割超

    何かグランピングって、キャンプ入門って感じですが
    今や高級ホテル並みのサービスってすごいですね!

    キャンプ入門は常設テントですかね!笑笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【グランピング、「キャンプ」の枠超えた? 高級ホテル並み対応求める声が3割超】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     アウトドア総合情報サイト「TAKIBI」を運営するフォーイット(東京都渋谷区)は、19~66歳のグランピングに行ったことがある・行ってみたいと思う全国の男女を対象に、「グランピングに関するアンケート」を実施した。グランピングで不快に思った(思うだろう)ことは何か聞いたところ、1位は「他の利用客のマナーが悪い」(35.0%)だった。

    【ランキング】グランピングで不快に感じたことは?

     2位は「部屋の掃除が不十分」(27.0%)、3位は「料理のクオリティが低い」(23.6%)、4位は「アクセスが悪い」(19.0%)、5位は「施設内の匂い」(17.6%)だった。

     約7割が何かしらにおいて「不快」に思うことがあり、一方で「特に気になる点はない」も28.8%と、1位の「他の利用客のマナーが悪い」に次いで全体の2番目に多い項目となった。また、「その他」として「トイレ(がない、汚い)」という回答が多かった。

    ●性別では2位と3位に違いが

     性別で見ると、男女ともに1位は「他の利用者のマナーが悪い」(男性33.2%、女性37.3%)だった。2位は男女で違いが見られた。男性は「料理のクオリティが低い」(同22.9%、24.6%)、女性は「部屋の掃除が不十分」(同23.2%、31.8%)だった。

     3位は2位が入れ替わり、男性が「部屋の掃除が不十分」、女性は「料理のクオリティが低い」となった。順番は2位と3位で異なるものの、上位3位は同じという結果に。

    ●年代別では?

     年代別でも気になる点に違いが見られた。「接客態度」は年代がにつれて割合は低く、「料理のクオリティ」は年代が上がるにつれて割合も高まる傾向がみられた。特に50~60代以上では10ポイント以上も割合が高く、特に料理を楽しみにグランピングに訪れていることがうかがえた。

     不快に思ったことを回答の割合が多い順に比較した。10~20代と50~60代以上では、1位が「特に気になる点はない」だった。グランピングは「ぜいたくなキャンプ」としてサービスを提供しているところも多く、施設側のもてなしが行き届いていたことがうかがえる結果となった。

     一方で、全ての年代で「他の利用者のマナーが悪い」が2位以内に入っていて、利用者のマナーの悪さが気になる人が多いことが分かった。

     今回の調査は、19~66歳のグランピングに行ったことがある・行ってみたいと思う全国の男女を対象にインターネットで実施した。期間は9月16~17日、有効回答数は500人。

    フォーイットは、19~66歳のグランピングに行ったことがある・行ってみたいと思う全国の男女に「グランピングに関するアンケート」を実施した


    (出典 news.nicovideo.jp)

    グランピングで不快に感じたこと 2位は「部屋の掃除が不十分」、1位は?

    せっかくのグランピング快適に過ごしたいですね!



    “"




    <このニュースへのネットの反応>

    【グランピングで不快に感じたこと 2位は「部屋の掃除が不十分」、1位は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドアのハイシーズンが到来! 暖かい気温につられて始めるキャンプビギナーが、これから増えてくるはず。ひと口にキャンプ場といってもスタイルは様々。ここではSNS映えする外観や、ほかにないサービスを揃える個性派なグランピング施設を3つピックアップした!

    ※こちらは「GetNavi」 2022年6月号に掲載された記事を再編集したものです。

     

    【その1】冬でも快適な2重構造のテントとフィンランドサウナで“ととのう”

    ぴー坊

    From P [長野]

    1万5000円

    日本アルプスの麓にある白馬村大自然のなか、本格フィンランドサウナで“ととのう”グランピング施設。全5棟のドームテントは、2重構造で外気温の影響を受けにくい高い断熱性を備え、冬でも快適だ。冷暖房も完備。

     

    住所長野県北安曇郡白馬村北城3020-45

    HPhttps://www.glamping-nagano.com/

     

    [ここがユニーク] 好みでアレンジできる自分だけのバレルサウナ

    白馬の間伐材で温めるプライベートのバレルサウナ。湧水を使った水風呂も装備し、薪からセルフロウリュへ変更できるのも魅力だ。サウナ後は、雪にダイブするのが白馬流。

     

    【その2】透明なドームテントが非日常な空間へ誘う

    藤和那須リゾート

    那須高原 TOWAピュアコテージ

    1万4300円(4名1室)〜

    日本初の透明なドームテントAURA(アウラ)」が特徴。視界を遮るものが一切なく、周囲の自然と一体化したような気分を味わえる。朝日で目を覚まし、夜は満天の星空の下で眠れる、ほかにない非日常な空間だ。

     

    住所栃木県那須郡那須町高久乙3375-85

    HPhttps://www.pure-cottages.jp

     

    [ここがユニーク] 防水性・耐久性の高いハニカム構造を採用

    透明ドームは、六角形のアクリル板を組み合わせたハニカム構造。高い防水性と耐久性を備え、雨が降っても心配ない。台風・豪雨・落雷の場合は、部屋を変更する可能性がある。

     

    【その3】森にひっそりと浮かぶモダンな球体テント

    インザパーク

    泊まれる公園 INN THE PARK 沼津

    1万7600円〜

    静岡県沼津市で30年以上に渡って愛された「少年自然の家」を現代的にリノベーション。森のなかに浮かぶ“球体テント”は、 周囲の景観とのギャップでモダンアートを感じさせる。ほかにテントとコテージの全3タイプを用意。

     

    住所静岡県沼津市足高220-4

    HPhttps://www.innthepark.jp/numazu/

     

    [ここがユニーク] 窓とクリア生地によって緑をより身近に感じられる

    球体テントの一部が開き、森をより身近に感じられる仕様。ベッドに寝ながら楽しめるよう、クリアな生地も施している。ダブル、ツイン、スイートドームの4タイプラインナップ。

    サウナ併設や透明なドームテントスタイルなどの個性派も! ちょっと変わったグランピングサイト3選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    サウナ併設や透明なドームテントスタイルなどの個性派も! ちょっと変わったグランピングサイト3選

    このドームテント最高ですね!
    グランピングで試したくなりますね!


    <このニュースへのネットの反応>

    【サウナ併設や透明なドームテントスタイルなどの個性派も! ちょっと変わったグランピングサイト3選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドアのハイシーズンが到来! 暖かい気温につられて始めるキャンプビギナーが、これから増えてくるはず。キャンプ初心者にはレストランお風呂、大型から小物までのギアをレンタルできる高規格なキャンプ場が安心。困りごとも難なく解消でき、不便なく安心して楽しめる──そんなやさしい首都圏キャンプ場を紹介しよう!

    ※こちらは「GetNavi」 2022年6月号に掲載された記事を再編集したものです。

     

    ≪レストラン併設≫タイプ3選

    【その1】四季を感じられる森に包まれたプレミアムサイト

    ホンダモビリティランド

    モビリティリゾートもてぎ

    林間サイト 9000円〜(平日)

    モビリティテーマパークモビリティリゾートもてぎ」内にあるキャンプサイト。四季を感じられる森に囲まれ、訪れるたびに異なる景色を楽しめる。サイト内で焚き火アウトドア料理を楽しめるが、隣接するホテルレストランなども利用可能。

    チェックイン:13:00〜18:00

    チェックアウト:〜11:00

    電源サイト:なし

    住所栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1

    HPhttps://www.mr-motegi.jp

     

    ↑施設内にあるカフェレストランOAK」で人気のチーズフォンデュバーガー。とろりとしたチーズジューシーな肉が好相性だ。ほかにも3軒の食事処が併設

     

    ↑「森感覚アスレチック DOKIDOKI」や「迷宮森殿 ITADAKI」など子どもから大人まで楽しめるアトラクションが充実。レーシングカートを体験できる施設もある

     

    [ここがやさしい!] 五感を満たしてくれるグランピングもオススメ

    モビリティリゾートもてぎ

    広報担当 金子くるみさん

    「心地良い森のなか、キャンプはもちろんグランピングもオススメ。夜には満天の星を眺めながら、ホテルシェフ監修のこだわりBBQを味わえます。ぜひ、極上のアウトドア体験を!」

     

    【その2】海と夕日と富士山を望む絶景キャンプパーク

    京浜急行電鉄

    京急油壺温泉キャンプパーク

    キャンプサイト(焚き火可) 6500円

    今年1月にオープンしたシーフロントキャンプ場。相模湾に沈む夕日と富士山の絶景を堪能できる。区画サイト数が少なく静かなのも特徴。別料金で、美肌の湯として有名な隣接施設の「油壺温泉」に入れる。

    チェックイン:13:00〜19:00

    チェックアウト:〜10:00

    電源サイト:なし

    住所神奈川県三浦市三崎町小網代1082

    HPhttps://keikyu-camppark.jp

     

    ↑小網代湾を一望できる「油壺温泉」。温泉成分が濃い高張性の療養泉により、治療の効果が期待できる。美肌成分のメタケイ酸も多く含む

     

    [ここがやさしい!] ポニーとも宿泊できる無二のサイト

    京急油壺温泉キャンプパーク

    広報担当 成田カンナさん

    「海、夕日、富士山を望める景色やポニーと泊まれるモンゴルサイト、波の音に包まれながら過ごせるキャンプサイトなど、ここでしか味わえない体験ができます。手ぶらでキャンプを楽しめるプランもあるので、初めての方も安心です!」

     

    【その3】広大な天然芝のキャンプ場はあらゆる動物に会いに行ける!

    秋葉牧場

    成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ

    一般/2100円

    牛やヤギ、ウサギといった様々な動物と遊べる牧場に隣接。天然の芝生を使用したサイトは、最大250組のキャンパーがゆったりと過ごせるほど広大だ。屋根付きのかまどやシャワー、トイレ、売店などを完備する。

    チェックイン:9:30〜

    チェックアウト:〜17:00

    電源サイト:あり

    住所千葉県成田市名木730-3

    HPhttps://www.yumebokujo.com

     

    ↑牧場内にあるレストランガラスハウス」の代表メニューミートソースパスタ」。ほかにもレストランカフェがある(牧場への入場は別料金)

     

    [ここがやさしい!] 充実したレンタル品でBBQやキャンプを満喫!

    成田ゆめ牧場

    広報担当 若井彩乃さん

    レンタル品が豊富なため、日帰りBBQや手ぶらキャンプが可能。最小限の荷物でフラッと寄って遊べます。キャンパー限定で、滞在中に牧場へおトクに入場できる優待券も販売しているので、活用してください!」

     

     

    ≪レストランなし≫タイプ4選

    【その1】里山の自然と清流を愛でるリバーサイドの秘密の隠れ家

    温泉道場

    ときたまひみつきちコモリバ

    フリーオートサイトプラン 4400円〜

    小魚が泳ぐ都幾川沿いにひっそりと佇むキャンプ場。河原沿いにテントを設置できるため、夏には川遊びを楽しめる。サイト内にクルマの乗り入れができ、荷物の搬出・搬入がラクなのもうれしい。

    チェックイン:13:00〜

    チェックアウト:〜11:00

    電源サイト:なし

    住所埼玉県比企郡ときがわ町本郷930-1

    HPhttps://comoriver.com

     

    フィンランド式とエストニア式の野外サウナを設置。薪焚き&セルフロウリュ(自分でサウナストーンにアロマ水をかける)と本格仕様だ

     

    [ここがやさしい!] アウトドアサウナも楽しめる静かなプライベート空間

    ときたまひみつきちコモリバ

    広報担当 馬部桃花さん

    「3つある区画サイトは、プライベート感がある落ち着いた環境です。清流が目の前ということで、アウトドアサウナと併せた利用も人気。フロントはサイトの近くなので、困りごとがあったら利用してください!」

     

    【その2】富士の大自然を余すことなく満喫!

    ワークショップリゾート

    森と湖の楽園

    オートキャンプエリア 2980円〜

    タレント清水国明さんがオーナーを務める、緑豊かなサイト。周りには富士の森林が茂り、常にマイナスイオンを感じられる。ニジマスのつかみ取りやトレッキングなど自然を舞台にした体験が好評だ。

    チェックイン:13:00〜

    チェックアウト:〜11:00

    電源サイト:なし

    住所山梨県南都留郡富士河口湖町小立5606

    HPhttp://www.workshopresort.com

     

    ↑広い園内に隠された宝物を、謎解きで探していくリアル宝探しゲーム。基本は4人参加で料金は4000円。5人以上は追加料金が発生する

     

    [ここがやさしい!] アウトドア未体験者も満足のエンタテインメント満載!

    森と湖の楽園

    広報担当 菊谷啓太さん

    「都心から約100分で行け、河口湖インターから15分と好立地。オフシーズン以外の土曜日は、ワークショップに参加できる宿泊プランも用意しています。アウトドア未体験者でも、楽しめる内容をラインナップ!」

     

    【その3】余計な手を加えずシンプルな“豊かさ”を表現

    無印良品

    無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ

    オートキャンプエリア 2750円

    環境破壊に結びつく設備は造らず、自然の起伏を生かした無印良品らしいシンプルさが特徴。標高1300mの高原にあり、日本百名山浅間山、四阿山、草津白根山を望める。周囲2kmのバラギ湖も眺望できるなど、自然の“豊かさ”を楽しめるのが魅力だ。

    チェックイン:13:00〜18:00

    チェックアウト:〜12:00

    電源サイト:なし

    住所群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原

    HPhttps://www.muji.net/camp/tsumagoi/

     

    ↑週末や夏休みを中心にアウトドア教室を開催。石窯で一瞬にして焼くため、生地がカリッと焼き上がってチーズがとろりと溶ける絶品ピザに

     

    [ここがやさしい!] 雄大な自然を舞台に多彩な遊びができる!

    無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ

    支配人 渡瀬達生さん

    「高原サイトからは四阿山とバラギ湖が広がる絶景を一望。また、バラギ湖畔では釣りやカヌー、湖畔を周回するサイクリングコースなど気軽に自然に親しむことができます。冬には違った遊びが盛りだくさん!」

     

    【その4】西湖と森林の静かさが疲れた心身を癒してくれる

    ピカ

    PICA富士西湖

    テントサイト 600円(1人あたり)〜

    富士五湖のひとつ、西湖のほとりで過ごせる爽やかフィールド。たくさんの森林に囲まれた静かな環境が、都会の喧騒を忘れさせてくれる。バス停から徒歩1分というアクセス公共交通機関を利用しやすい。

    チェックイン:13:00〜19:00

    チェックアウト:〜12:00

    電源サイト:あり

    住所山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068-1

    HPhttps://www.pica-resort.jp/saiko/

     

    ↑西湖では早朝と午後にカヌーツアーを実施。専門講師がサポートしてくれるので初心者でも安心だ。期間限定プログラムでSUPも楽しめる

     

    [ここがやさしい!] カヌーや釣り、MTBなど湖畔でアクティブに!

    PICA富士西湖

    広報担当 米山実里さん

    テントサイトからモンゴルのゲル(移動式住居)をモチーフにしたパオ、トレーラー、コテージまでとレベルに合わせて好みの宿泊スタイルを選べます。また釣りや、カヌー、MTBなどのアクティビティも豊富!」

    最低限のキャンプギアだけでお手軽アウトドア! ビギナーにやさしいキャンプ場セレクション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    最低限のキャンプギアだけでお手軽アウトドア! ビギナーにやさしいキャンプ場セレクション

    このお気軽キャンプ初心者には最高ですね!
    私も初めてのキャンプは、ほぼレンタルでした笑笑



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【最低限のキャンプギアだけでお手軽アウトドア! ビギナーにやさしいキャンプ場セレクション】の続きを読む

    このページのトップヘ