campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > シェルター タープ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    株式会社ウーリー/CULTURE BANK]ヴィンテージキャンバスによるコットンタープを資料をもとに復元、現代に蘇らせるプロジェクトを開始

    オートキャンプ文化の花開いた米国50~60年代。テントやタープに使用する上質なコットンキャンバス(帆布)は日本から納められていたものも数多くあります。明治21年からキャンバス生産を行い海外ビジネスリードしてきた株式会社タケヤリの協力を得て、現存する生地設計図をもとに当時の米国規格を復元、完成したヴィンテージキャンバスを使用してコットンタープを制作していきます。
    https://camp-fire.jp/projects/view/314358

    株式会社タケヤリ資料より、当時の生地設計も参考にしました

    50年代~60年代にかけての印刷物、実物資料を集めて制作。
    https://camp-fire.jp/projects/view/314358

    • そのこだわりは織糸一本から
    制作にあたり、生地の織糸から調べていきました。紡績方法から調査し、当時のものを復元していきます。

    詳細はクラウドファンディンページへ
    https://camp-fire.jp/projects/view/314358

    • 強度ある縫製
    力のかかる角には分厚い帆布と、コットンタープを挟み込み、生地のはぎ合わせは、巻ぬいを採用。
    詳細はクラウドファンディンページへ
    https://camp-fire.jp/projects/view/314358
    • 撥水性
    現代的な使用にも耐えるよう強力撥水機能を追加しています。

    タイガー加工と呼ばれる、協力なパラフィン加工。(かつてトラックの幌やジープの幌、自衛隊テントに使用されていました。)
    https://camp-fire.jp/projects/view/314358

    ヴィンテージの製品やカタログ資料
    資料として集めた、ヴィンテージキャンプギア。様々な年代のものを収集する中で、ポリエステルやナイロンの進化も凄まじいが、実は伝統的なコットンキャンバスもかなり優秀なのでは無いか、と考えたのがきっかけです。

    また、60年代当時の米国生地事情を調べていくと、日本のキャンバス工場に紐づいていた事を知り、その興味から老舗キャンバス工場タケヤリにお声がけさせていただきました。更に、当時の資料からモノを作るという無理な要望も受け入れていただき、共同で研究&分析し、プロジェクトを進めることができるようになりました。

    実際に当時のものを調査していくと品質がとても良いこともわかり、製品として復元し、文化資産として残していくことに価値があると確信しました。
    https://camp-fire.jp/projects/view/314358

    • 工場への支援
    コロナ禍における景気後退と共に現在工場への発注は減り、ますます工場経営は過酷な状況になっております。今この状況で日本の歴史的工場維持をサポートすることも、CULTURE BANKの重要な使命だと考えプロジェクトを立ち上げました。
    https://camp-fire.jp/projects/view/314358
    • 詳細情報
    CULTUREBANK>
    プロジェクトオーナー 山本 友弘
    米国大手アパレルメーカー・米国アウトドアメーカーのプロダクトマネージャーを経て独立、 デザイン会社 Woolly inc.を設立

    Web site: https://culturebank.jp/
    Instagram: https://www.instagram.com/culturebank.official/?hl=ja

    配信元企業:株式会社ウーリー

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    掘り起こす文化資産『CULTURE BANK』がキャンプ文化の栄えた60年代キャンバスで作るコットンタープ実現の為、支援を募る

    これ歴史があっていいですね!!


    <このニュースへのネットの反応>

    【掘り起こす文化資産『CULTURE BANK』がキャンプ文化の栄えた60年代キャンバスで作るコットンタープ実現の為、支援を募る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    詳細画像はこちら

    エアチューブ・フレームで自立

    キャンパー、アウトドアアクティビティの人気が高まっていることを受けて、自動車メーカーの純正キャンプグッズにも注目が集まっている。

    ここでは、シトロエン日本法人が発売した「ベルランゴ」用の純正カーサイド・タープを紹介したい。

    詳細画像はこちら
    シトロエン日本法人が独自で企画したベルランゴ用の純正カーサイド・タープ。

    日本法人が企画した「カーサイド・タープ」(エアフレーム・リビングシェルター)は、シトロエンの純正アクセサリーだ。

    独自のエアチューブ構造のフレームを採用し、付属のダブルアクション・フロア・エアポンプで空気を注入するだけで、強固な自立型タープが完成する仕組み。

    金属フレームを使っていないため、設営・撤収が素早く行える点が、大きな特長の1つだ。

    設営時のサイズは、底面が約2502500mm、高さは約1800mm。

    タープは複数のベルトで固定され、接合部の車体下部にカバーシートが付属するため、外気の侵入を緩和することができ、これからの季節に有難い。

    シトロエンの他モデルにも

    先日、実物を目にすることができたのだが、なにしろベルランゴのサイド・スライドドアにぴったりとフィットしている。

    設営後に車両を動かすことはできなく、また、タープであるため、テントのような床は付属しないが、付属の収納バッグに入れた際のサイズはわずか約340×340×530mm。重量は約9.2kgにまとまる。

    詳細画像はこちら
    ベルランゴのスライド・ドアにぴったりと装着できるように設計されている。

    アウトドアアクティビティの際に気になる収納スペースへの影響が少ないわけだ。

    実は、接合部分は汎用性を持たせているので、C3エアクロスSUV、C5エアクロスSUV、C4スペースアラーにも使用できるとあって、シトロエンオーナーなら注目したいアイテムとなっている。

    また、サイズなどを確認する必要があるものの、セダン/クーペをのぞく他社モデルの中にも使えるクルマがあるという。

    ベルランゴ純正カーサイド・タープの価格は9万5000円だ。


    シトロエンの記事
    【純正アクセサリー】シトロエン・ベルランゴのカーサイド・タープ発売 スライドドアにぴったり
    【日本限定】シトロエンC3の特別仕様車「C3インスパイアード by ジャパン・コレクション」
    【じっくり見たい】シトロエン・ベルランゴ 純正キャンプ・グッズ/BEWITHスピーカーキットも発売へ
    【あばたもえくぼ】愛すべき欠陥車 問題を抱えたクラシックカー21選

    【純正アクセサリー】シトロエン・ベルランゴのカーサイド・タープ発売 スライドドアにぴったり


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【純正アクセサリー】シトロエン・ベルランゴのカーサイド・タープ発売 スライドドアにぴったり


    これ最高ですね!!


    <このニュースへのネットの反応>

    【【純正アクセサリー】シトロエン・ベルランゴのカーサイド・タープ発売 スライドドアにぴったり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【元記事をASCII.jpで読む】

    簡単に設置できる自立式タープを買いました

     ハンヴィーを1泊2日のイベントに貸し出すため会場でソロキャンプをすることになり、これはチャンスとばかりにずっと欲しかった自立式タープを買いました。イベントの時の販売ブースや運動会のテントみたいなアレです。

     寝るだけなら米軍のテント(第29回「米海兵隊のテントで寝てみました」)があるし、車中泊でも全然いいんですけど、問題は荷物です。ハンヴィーを撮影用に使うためカーゴルームをできるだけ空けておきたい。特に、ミリタリーっぽくない衣装ケースみたいなのが映り込むと興ざめなので、絶対下ろしたいじゃないですか。それでベースキャンプ的なものとして、前から欲しかったタープを買うことにしたんです。

     昔キャンプに行きまくっていた頃は、ポールで支えたり木に括り付けたりする六角形のヘキサタープを使っていました。でも遮光性ゼロのシアン色だったもんだからタープの下は青一色。外に出ると補色残像で景色が赤っぽく見えるしセッティングも結構大変だったので、ワンタッチで組み立てられる遮光タイプに憧れてたんですよね。

     ミリタリー好きとしては米軍払い下げのフィールドタープも気になるところなんですけど、ミリタリーキャンプのようなイベントに参加する時は別として、まずは手軽に使えるのがひとつは欲しい。というわけで、条件にぴったりだったキャプテンタッグの「クイックシェード」というタープに的を絞りました。

    ひとりでも何とか設置できましたが……

     購入したのはクイックシェードDX250UV-S」というモデルです。

     サイズ2.5m×2.5m。ほかにも一辺が2mと3mのモデルもあってちょっと迷ったんですけど、幅2.3m弱のハンヴィーの後ろに立てたいので、2.5mならちょうどいい感じです。荷物が少ないとか別の場所に置けるとかでタープの下に置かなくていい場合は、車中泊の雨除けとしても使えますし。

     組み立ては超簡単。フレームを前後左右に少しずつ広げていき、最後にプッシュボタン式のロックがカチッとはまれば展開完了です。しっかりロックされるので勝手に折りたたまれてしまうような心配はいりません。

     説明書には設営や撤収は必ず2人以上でやるようにと書かれていましたが、なんせソロなので1人でやるしかありません。でも、そのまま広げようにも、全体が動いてしまってダメでした。

     幸い脚を付属のペグで固定できるようになっていたので、1本だけ固定して残りの3本を少しずつ広げてみました。

     固定した脚の対角線の脚をぐぐーっと引っ張れば展開できるかと思ったんですが、そううまくはいきません。ある程度までは広がったものの、そこから動かなくなってしまいました。仕方ないので1ヵ所を少し引っ張ったら次は隣の脚、そしてまた隣の脚と3本の脚を順番に引っ張っていきようやく展開できましたが、やっぱりせめて2人、できれば4人欲しいところです。

     フライシートは脚の上部にベルクロで固定するだけなので、1人でも大丈夫ファサーッと掛けて順番に留めていきます。あとは脚を固定していたペグを抜いて設置位置を調整し、あらためて4本の脚をペグで固定。高さを239cm、248cm、257cmの3段階から選べるようになっているので、希望の高さまで脚を伸ばします。最後にフライシートの四隅にロープを取り付けてペグで固定すれば完了!

     というわけで、ぼっちでも設置できないことはないですが、やっぱり無理矢理な感じは否めません。時間もかかるし、変形したり破損したりする可能性もあるので、マネしない方がいいです。

     撤収はほぼ逆の手順だし少し慣れたこともあって割とスムーズにできましたけど、設置も撤収もできれば近くの人に手伝ってもらうのがいいと思います。

    スペック的にも価格的にも大満足な買い物でした

     フライシートの遮光性は期待どおり。まったく透けることなく光を遮ってくれます。

     裏側はシルバーコーティングされ、光だけでなく紫外線も99%カットしてくれます。耐水圧1000mmなので豪雨は無理でも普通の雨は全然大丈夫。実際、夜になって雨が降ったんですが、雨漏りの心配はありませんでした。

     天井の一番高い部分は4方向に口が開いていて、ベルクロを外して柱を立てるとベンチレーションになります。もう涼しい季節だったので使いませんでしたが、真夏の暑い日にはかなり効果を発揮してくれるんじゃないかと思います。

     重量は約13kgとそこそこ重いですが、キャリングケースの底にタイヤがついているので持ち運びは楽々。2ヵ所に付いているグリップも持ちやすいので、車から下ろす時も大変だと感じませんでした。こういうあたりの作りの良さは、さすが有名メーカーという感じです。

     ちなみにワタシが買った時はまさかの半額以下で、ノーブランド品と数千円しか違いませんでした。そのあたりもこれを選んだポイントのひとつです。

     それにしても、こういうのを買っちゃうとまたアウトドア熱が高まってしまいそうです。ていうか、もうすでにこれと一緒にあれこれ買い物をしちゃってるんですけどね。

    日差しにも雨にも強い自立式タープを買ってアウトドア熱が再燃


    (出典 news.nicovideo.jp)

    日差しにも雨にも強い自立式タープを買ってアウトドア熱が再燃

    これいいですね!!

    これ立てるのやっぱり2人以上欲しいですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【日差しにも雨にも強い自立式タープを買ってアウトドア熱が再燃】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    カー用品等の企画・開発・卸販売を手掛ける三金商事株式会社(所在地:大分県大分市、代表取締役社長:馬 菲菲)は、おひとり様用テント「シェルターテント」を2020年8月27日(木)に全国の量販店向けに発売します。

    シェルターテント」は10秒で組み立てることができ、災害時の避難所やアウトドアでプライバシーを確保できるおひとり様用テントです。

    テント生地には遮光性・遮熱性が高い190Tシルバーコーティングを採用しているためテントの中が透けることもありません。テント内にはランタンホルダーやトイレットペーパーホルダーが付いており、アウトドアだけでなく避難所での更衣室やトイレとしても使用可能です。

    シェルターテント」は、縦置きでも横置きでも使え、折りたたみ式で持ち運びも楽に行えます。また、ジッパー式の2つの換気窓で換気できるためテント内に空気がこもらず、衛生的なプライベート空間を創出します。





    シェルターテント概要】
    メーカー希望小売価格:6,980円(税抜)
    組立時サイズ:幅約90cm×奥行約90 cm×高さ約215 cm
    折りたたみサイズ:幅約65cm×奥行約65cm×高さ約5cm
    カラーグリーン
    重量: 約3kg
    セット内容:テント本体、収納バッグ、ペグ(8本)、ロープ(長さ2.3m×4本)
    テント材質:ポリエステル(190Tシルバーコーティング)
    URLhttp://mitsukin.info/items/rs01-gr/



    【開発背景】
    近年、全国各地で異常気象による災害が増えています。避難所での生活では、プライバシーの確保が難しく、また3蜜になりやすいためコロナ禍ソーシャルディスタンスを保つのも困難です。そのような3蜜の避難所で生活する方の一助となるよう「プライバシーを確保し、ソーシャルディスタンスを瞬時に保つ」という観点から「シェルターテント」の開発に至りました。

    【今後の展望】
    三金商事株式会社は、車にまつわる生活シーンコストパフォーマンスの高い商品を、いち早く提供するというコンセプトで商品開発をしています。外部環境が大きく変わるような状況下でも、環境の変化に対応しながら市場に合わせた商品展開をしてまいります。

    【会社概要】
    会社名:三金商事株式会社
    所在地:大分県大分市碩田町3-1-35 Mitsukin bldg.
    代表取締役社長:馬 菲菲
    事業内容:カー用品、IoT関連商品アウトドア、生活家電の企画・開発・卸販売
    TEL:097-574-9906
    URLhttp://mitsukin.info/

    配信元企業:三金商事株式会社

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    おひとり様用テント「シェルターテント」を全国の量販店向けに発売。災害時の避難所やアウトドアでのプライバシーを10秒で確保。


    これいいですね!!

    自宅でもいいかも笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【おひとり様用テント「シェルターテント」を全国の量販店向けに発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドアレジャーで快適さを追求するなら、ワンランク上のグッズに手を出してみてはいかがでしょうか? ブランド史上最高級の素材と機能にこだわったLOGOS PREMIUM(ロゴス プレミアムシリーズの新型タープは要注目ですよ。

    シリーズからアレンジが自由自在で、風にも強いオールマイティータープ「プレミアム キャンパーズタープ-BJ」(3万6000円/税別)が登場! テントを設営する環境や季節などに応じて、張り方をアレンジできるタープです。


    燃えにくく自由度の高いタープでキャンプの腕を上げよう


    (出典 news.nicovideo.jp)

    燃えにくく自由度の高いタープでキャンプの腕を上げよう

    これ使ってみたいですね!!

    高いタープって最高ですね!!

    ってか、これは小川張りしないとですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【燃えにくく自由度の高いタープでキャンプの腕を上げよう】の続きを読む

    このページのトップヘ