campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > SHOP、メーカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     ヨドバシカメラ6月3日~5日の期間、石井スポーツサッポロテイネスキー場オリンピアスキーセンター北海道札幌市)にて開催する最新のキャンプアウトドア体験・即売会イベントSAPPORO OUTDOOR CAMP STYLE2022」において、カメラフィールド撮影体験会を開催する。
     

    画像付きの記事はこちら



     同撮影体験会では、山並みを広く写す臨場感あふれる風景の撮影や、花を近くで撮るレンズワークキャンプサイトでの焚火動画撮影など、北海道大自然の中でプロカメラマンのレクチャーを受けつつ、カメラの魅力を存分に体験できる。

     会場では、キヤノンニコン富士フイルムオリンパスパナソニックなどの最新ミラーレス一眼カメラレンズが無料で貸し出されるほか、スワロフスキーツァイス・ケンコー・ビクセン・ニコンから発売されている双眼鏡の使い方に関するレクチャーも受けられる。

     「プロカメラマンと一緒にカメラ双眼鏡・自然観察撮影体験」と「星空写真家・タイムラプスクリエーターと天体観察&撮影を体験」の、二つのイベントを用意しており、ゲストは「プロカメラマンと一緒にカメラ双眼鏡・自然観察撮影体験」がプロカメラマン中西学氏と西尾豪氏、「星空写真家・タイムラプスクリエーターと天体観察&撮影を体験」が星空写真家・タイムラプスクリエーターの成澤広幸氏と、講師の渡辺一生氏。

     そのほか、「SAPPORO OUTDOOR CAMP STYLE2022」のヨドバシカメラブースでは、来場者限定でプロカメラマンがその場で写真撮影を行い、プリントした写真を写真台紙に入れてプレゼントする来場記念撮影会も実施される。

     「SAPPORO OUTDOOR CAMP STYLE2022」の開催時間は、6月3日15時20時、4日が9時30分~20時、5日が9時30分~18時

    ヨドバシカメラ、札幌で開催されるキャンプアウトドア体験・即売会にてカメラのフィールド撮影体験会を実施


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ヨドバシカメラ、北海道で「キャンプ&カメラ撮影」体験会を初開催 カメラは無料貸出

    これ魅力的なイベントですね!
    やはりカッコよく撮影したくなりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【ヨドバシカメラ、北海道で「キャンプ&カメラ撮影」体験会を初開催 カメラは無料貸出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    いろいろなアウトドアスパイスが買える自動販売機は恐らくMAX CAMPだけ
    いつでもいろいろなアウトドアスパイスが買えます
    キャンプブームで欠かせない存在になったアウトドアスパイス
    黄金比率の万能すぱいす「まっくす」の発売元が設置いたしました
    株式会社アグルス(本社:東京都大田区、代表取締役:松浦高士)は
    【食とギアの店MAX CAMP】店頭に2022年5月25日アウトドアスパイス自動販売機オープンいたします。
    2022年6月5日店舗リニューアルオープン迄は9時~19時の販売になります。店舗リニューアルオープン後は24時間お買い求めができます)

    アウトドアスパイス自動販売機設置の背景】

    食とギアの店MAX CAMPでは全国各地のアウトドアスパイスを発掘し店舗にてアウトドアスパイスの壁として販売をして参りました。



    店舗の営業時間が限られているので現状では深夜、早朝(キャンプに行く前)に思い立ったらアウトドアスパイスを買うことが出来ません。その不便を解消すべく24時間販売が可能な自動販売機で販売することに致しました。
    まっくす」が厳選したアウトドアスパイスアウトドアに便利な食品などをいろいろと販売していく予定です。

    まっくす」とは株式会社アグルスの代表取締役、松浦高士の愛称で調理師やキャンプインストクターの資格を持ち、家庭料理からアウトドア料理まで幅広く研究しております。

    アウトドアスパイス自動販売機の特徴】

    1、24時間いつでもアウトドアスパイスが買える

    キャンプに行く前、帰り道。欲しいと思ったその時がアウトドアスパイスの購入時。自動販売機なので24時間いつでも購入する事ができちゃいます。

    2、いつでも同じアウトドアスパイスがある訳ではない

    まっくす厳選のアウトドアスパイスを販売しております。その時にお勧めの商品を常に入れ替えるのでいつみても新鮮なアウトドアスパイスが買えます。

    【食とギアの店MAX CAMPの概要】


    食とギアの店MAX CAMP

    143-0016
    東京都大田区大森東2-12-8
    京浜急行大森海岸駅 徒歩2分
    京浜急行平和島駅 徒歩8分
    JR大森駅 徒歩10分

    電話番号 03-6320-2941

    リニューアルオープン
    2022年6月5日12時

    配信元企業:株式会社アグルス

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    こんな自動販売機いままでなかった!いろいろなアウトドアスパイスがいつでも買えるの自動販売機登場!

    このスパイス最高ですね!
    こんな自動販売機がキャンプ場にあったら思わず買っちゃいますね!


    <このニュースへのネットの反応>

    【こんな自動販売機いままでなかった!いろいろなアウトドアスパイスがいつでも買えるの自動販売機登場!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドアブームでギア戦争激化! ホームセンターのPBが「安ウマ」っぷりがスゴイ

    ホームセンター各社がアウトドアPBに進出

     キャンプブームの波に乗り、アウトドアメーカーとは異なる他業種が市場へと参入したことで熾烈な戦いが繰り広げられています。身近な所では「ダイソー」や「セリア」などの100円ショップや作業服の販売で絶大なシェアを誇る「ワークマン」などが大きな話題になっています。ですが、忘れてはならないのが「ホームセンター」の存在です。

     DIY用品を取り扱うホームセンターは地域に密着した頼れる存在であり、おもに日用品、大工用品、ペット用品、レジャー用品などを取り扱っていましたが、最近はキャンプギアを始めとしたアウトドア用品の販売スペースを拡大しています。ホームセンターのなかには「PB」と呼ばれるプライベートブランドを展開し、高機能かつリーズナブルな価格設定はキャンプマニアたちからも一目置かれるようになりました。

     キャンプブームという追い風を受け、勢いのある他業種の市場参入により「キャンプ道具=アウドア専門店」と言う構図は成立しなくなったと言っても過言ではありません。そこで、今回は「ホームセンター」に注目し、その謎と魅力に迫ってみようと思います。

    ホームセンターは熾烈な戦国時代に突入

     ホームセンターは地域に密着した日用品を販売し、その地域に住まう人たちの暮らしを支えていることもあり馴染のあるホームセンターが全国展開をしていると思っている人も多いはず。しかし、ホームセンターは地域によって出店エリアに偏りがあり、馴染みの深いホームセンターでもじつはその地域だけの存在……という場合も少なくありません。

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

     そんなホームセンターですが、最近は合併吸収などを繰り返しながらつねに勢力図が塗り替えられているのは知られざる事実。急速に規模を拡大しているのが「DCM」と呼ばれるホームセンターの連合軍で、「カーマ」、「ダイキ」、「ホーマック」、「サンワ」、「くろがねや」、「ケーヨーデイツー」などを持つ巨大グループとして台頭し、日本全国に1400店舗を越える出店を実現しています。

     DCMグループのほかにも「カインズ」、「ナフコ」、「コメリ」、「ロイヤルホームセンター」、「ビバホーム」、「コーナン」などが各地域を支え、ホームセンターは生き残りを賭けた戦いとしてアウトドア市場に力を注ぎ始めているのです。

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    魅力的なホームセンターのアウトドア用品

     ホームセンターが展開するアウトドア用品は急速な高機能化が進み、アウトドア専門ブランドにも負けない存在感を持ち始めています。以前までは有名ブランドの商品や最低限の機能を持った行楽用品を取り扱っていましたが、最近では「PB」と呼ばれるオリジナルブランドの商品を次々とリリースし始めています。

     ホームセンターが取り扱うPB商品は有名アウトドアブランドの製品と比べても劣ることのない機能性を持ちながら、市場価格で半額から1/3程度の価格で販売されているのですから、キャンプ好きが見逃すはずはありません。その魅力は機能性だけでなくデザイン性もトレンドを取り入れたものとなり、海外の有名ブランドと引けを取らないまでに進化を遂げています。

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

     ソロテントは高い耐水性と付属部品をセットにしてアンダー1万円から手にすることができ、ハードクーラーボックスなどは人気ブランドと同様の保冷性能とデザイン性を持ちながらも、半額以下で用意されているのです。アウトドア専門店で家賃の何倍もするテントや、自宅で使っている電子レンジよりも高価な焚火台を見て「手が出ない」と諦めていた人にとって、ホームセンターのPB商品が救世主になることは間違いありません。

     最近は焚火ブームに乗るように、各ホームセンターから独自のデザインと機能性を持つファイヤーピット(焚火台)がリリースされています。新製品のなかには憧れだった二次燃焼式を採用した商品もあり、驚くことに6000円台で手に入れることができるのですからこれを狙わない手はありません。異業種とはいえDIY用品や工具、建材などにも精通したホームセンターでは使い勝手もしっかりと考慮され、取り扱う薪のサイズがピッタリと収まるサイズ感や付属品もセットされているのも大きな魅力になっています。

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    The post アウトドアブームでギア戦争激化! ホームセンターのPBが「安ウマ」っぷりがスゴイ first appeared on AUTO MESSE WEB.

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ビバホームPBの火起こし器

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    コメリPBのチェアとシェード

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    ホームセンターのPB(プライベートブランド)がアウトドア用品の競争激化

    コメリのアウトドアOB売り場

    アウトドアブームでギア戦争激化! ホームセンターのPBが「安ウマ」っぷりがスゴイ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アウトドアブームでギア戦争激化! ホームセンターのPBが「安ウマ」っぷりがスゴイ

    これチェックしに行きたくなりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【アウトドアブームでギア戦争激化! ホームセンターのPBが「安ウマ」っぷりがスゴイ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「今までにないワクワクを。」をスローガンに掲げる日本最大級のアウトドアWEBメディア「CAMP HACK」(運営:株式会社スペースキー)は、株式会社ジェイアール東海高島屋が運営するタカシマヤ ゲートタワーモールとのコラボイベント「CAMPER’S TRUNK」を5月25日(水)~6月7日(火)の期間にて開催いたします。


    全38店舗が参加!ポップアップは6店舗
    普段はアパレルを中心に店舗が並ぶタカシマヤ ゲートタワーモールキャンプをこれから始められる方やビギナーの方向けにCAMP HACKがセレクトしたキャンプギアのブランドセレクトショップが6店舗POP-UP STOREとして出店します。ガレージブランドからコスパ良しなブランドまで、来場者を飽きさせない多種多様な6店舗となっています。さらに、32の既存店も参画いただき、アースカラーなどのアウトドアカラーリングを中心としたアイテムを多数取り揃えていただきます。

    そのほか、1階のエントランス付近ではログハウスで有名なBESSトレーラーハウスの展示も行います。キャンピングカーやバンライフに興味がある方におすすめのコンテンツです。

    ▼CAMP HACKセレクトブランドセレクトショップ
    ONOE
    TOKYO CRAFTS
    ・DVERG
    ・YOKA
    ・OUTPUT LIFE
    ・UNBY GENERALGOODS STORE

    各社の主な商品ラインナップ

    1. ミニかまど/ONOE
    鉄をテーマに高コスパBBQコンロからテーブル焚き火台を販売している老舗ブランド

    ソロ用の小さな焚き火台「ミニかまど」。固形燃料でも小枝でも使用できる使い勝手の良さが特徴。ソロキャンプで無骨なスタイルで調理などを楽しみたい方におすすめです。

    SPEC
    色:シルバー
    組み立てサイズ125×125×115mm
    収納サイズ125×125×65mm
    価格:¥2,480

    【出店場所と期間】
    7Fローズテラス
    5月28日(土)・29日(日)・6月4日(土)・5日(日)


    2. マクライト/TOKYO CRAFTS
    昨年立ち上がったばかりながら、スマッシュヒットを連発している話題のブランド日本人に適したデザインで、機能美を感じる物作りに定評があります。
    バックパックに収まるサイズ感ながら、焚き火調理もできる質実剛健性も持ち合わせた焚き火台。今ブームの軽量系の焚き火台の中でも、注目の一品です。

    SPEC
    組み立てサイズ(ゴトク除く):W36×D40×H32cm
    収納サイズ(収納ケース除く):W21×D40×H2.5cm
    重量 本体:794g / ゴトク:135
    耐荷重 ゴトク:7kg
    火床:15kg
    材質 本体、ゴトク:ステンレス(SUS304)
    収納ケース:ポリエステル
    セット内容:本体、ゴトク、収納ケース
    価格:¥9,878

    【出店場所と期間】
    7Fローズテラス
    5月28日(土)・29日(日)・6月4日(土)・5日(日)


    3. クサビ/DVERG
    フィールドに溶け込む無骨なデザインを1つのテーマに据え、アウトドアをよりやりやすく、身近に感じさせるギアを提案しているガレージブランド
    ハンマーで打ち付けると、斧を使わずに簡単に薪割りができる楔です。持ち手部分は鉄工職人が使用している工具から着想を得て握りやすさにもこだわりがある、シンプルそうでじつは細部までこだわり抜いたデザインなのです。

    SPEC
    サイズ:19.5×3.0×2.1cm
    素材:鉄(硬化熱処理鋼)
    重量:600g
    価格:¥6,930

    【出店場所と期間】
    7Fローズテラス
    5月28日(土)・29日(日)・6月4日(土)・5日(日)


    4. L-TABLE/YOKA
    「休日を最高のものにする」をテーマにウッド材のファニチャーを中心に展開するアウトドアブランド。最近ではテント焚き火台など総合ブランドへの展開を見せているので、出店中のラインナップが気になるブランドの1つ。
    お得意のウッド材を使った大きめサイズテーブル。収納時は各パーツが板になっているのでコンパクトに収納できる優れもの。

    SPEC
    組み立て時サイズ:W900 x D600 x H300 mm(1台)
    重さ:4.8kg(1台)
    カラーナチュラル
    価格:¥31,900

    【出店場所と期間】
    7Fローズテラス
    6月4日(土)・5日(日)


    5. COMPRESSION GARDEN SOFA/OUTPUT LIFE
    “家のモノを外に持ち出す” というコンセプトを基にデザインだけに偏らず、機能を持ち合わせたインテリアキャンプギアブランド
    生地に防滴加工が施されたインドア・アウトドアにかかわらず使えるクッション材の弾力が特徴なローソファ。包み込まれるようにリラックスしたい方にはもってこいのアイテムです。

    SPEC
    膨張寸法:幅80×奥行70×高さ62cm(背もたれ高さ45cm)
    座面寸法:幅48×奥行48×高さ17cm、
    収納寸法:直径29×高さ72cm
    重さ:約9kg
    材質:張材:ポリエステル100%(PVCコーティング)
    中材:ポリウレタン
    背部芯材:EVA
    備考:ウォータープルーフ(屋内、屋外使用可能)、両サイドドリンクホルダー、ポケット付き
    価格:¥13,200

    【出店場所と期間】
    7Fローズテラス
    5月28日(土)・29日(日)・6月4日(土)・5日(日)


    6. AS2OVのRECLINING LOW ROVER CHAIR/UNBY GENERALGOODS STORE
    「鞄も人も中身が大事!」をコンセプトに、鞄と鞄の中身、そして新しい趣味にも通じるアイテムに出逢える場所の提供しているセレクトショップ。近年ではアウトドアに注力した独自のバイイングセンスで業界内での評価も高いショップです。
    4段階にリクライニングができるロータイプチェア。座面や背面にクッション性を持たせたリッチな仕様です。さらに防水性や防汚性にも優れた、キャンプでガシガシ使い倒せるギアです。

    SPEC
    サイズ:W500 × H250 × D350
    重さ:約2.9kg
    耐荷重;80kg
    価格:¥24,200

    【出店場所と期間】
    3Fローズテラス
    5月28日(土)~6月5日(日)

    購入特典!スペシャルガチャも用意
    そして、5,000円(税込)以上お買い上げ頂いたお客様への購入特典として「ソロキャンプ」をテーマにしたCAMP HACKオリジナルカプセルトイもご用意。全6種のラインナップの中からガチャをまわすといずれかが当たります。ラインナップはすべてブランドに協力していただいた現行モデルになります。

    ■実施日時
    5月28日(土)・29日(日)
    6月4日(土)・5日(日)
    ■場所
    7階ローズテラス
    ■対象店舗
    既存テナント 約60店舗
    POP UPテナント 13店舗
    ガチャ条件
    上記対象テナントにて税込5,000円以上お買い上げ頂いたお客様に限る
    レシート合算不可(1回のお買上で税込5,000円を超える必要あり)


    タカシマヤ ゲートタワーモールについて≫
    「毎秒、ときめく。」をコンセプトに、お客様の毎日に気持ち高まるコト・モノを提案する、株式会社ジェイアール東海高島屋が運営する名古屋駅すぐ近くのショッピングモール(専門店)。ジェイアール名古屋タカシマヤ百貨店)やタワー駐車場棟とは各階で接続、レストラン街やホテルオフィスとも隣接し、名古屋駅上に魅力ある立体都市を構成しています。
    住所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−3 B1~8F JRゲートタワー
    営業時間:10時21時
    https://www.jr-tgm.com/


    ≪CAMP HACKとは≫
    月間550万UU(2022年4月現在)に閲覧されている日本最大級のアウトドアWEBメディア。主に都市圏在住のファミリー層を中心とユーザー属性が特徴。おすすめキャンプ場、用品、料理、最新スタイルまでキャンプ情報を日々配信中。ストア展開やコラボグッズイベント開催などWEB以外の展開も積極的に行なっています。
    https://camphack.nap-camp.com/


    株式会社スペースキーとは≫
    「もっと自由なアウトドアを、すべての人へ。」をビジョンに掲げるアウトドアに特化した業界最大のインターネット企業(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤祐輔)。CAMP HACKの他に、登山メディアYAMA HACK、釣りメディアのTSURI HACK、自転車メディアCYCLE HACK、総合アウトドア情報・実例写真共有アプリsotoshiruを運営しています。
    https://www.spacekey.co.jp/


    ≪お問い合わせ≫
    株式会社スペースキー ブランディングチーム 濱松
    03-6809-0971
    info@spacekey.co.jp

    配信元企業:株式会社スペースキー

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    CAMP HACKが名古屋のタカシマヤ ゲートタワーモールをジャック!

    このアイテムの実物見に行きたくなりますね



    “"


    <このニュースへのネットの反応>

    【CAMP HACKが名古屋のタカシマヤ ゲートタワーモールをジャック!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドアショップ・アルペンアウトドアーズが、近年オリジナルブランドAlpen Outdoorsの開発に力を入れています。毎回即完する人気テントシリーズAOD」の最新モデルなど、2022年春も期待のギアが登場しました!

    完売テントの後継モデルほか、Alpen Outdoorsの新作ギアに注目!

    アルペンオリジナルブランドのAlpen Outdoorsに新作が続々誕生。注目は、2021年3月に限定発売され、短期間で即完したAOD-1の後継モデルである、AOD-3。夏キャンプも快適に過ごせる2ルームテントとして誕生したAOD-1を改良し、より涼しく快適にアップデート

    今回はその機能性を堪能するべく、AOD-3を持って、湖畔キャンプへ。そして、AOD-3の利便性を高めてくれたのは、Alpen Outdoorsのタープ。2ルームテントとの連結を想定して作られていて、4人分のチェアも大きいテーブルもすっぽり入る、広い日陰スペースが完成。

    この夏は、こだわりの機能をフルに搭載したAlpen Outdoorsのギアを持って、快適なキャンプを過ごしたい。

    【Alpen Outdoors/AOD-3】涼しい+広い=快適。4シーズン遊べる仲間。

    AOD-1の後継モデルとして誕生したAOD-3。入り口のサイドに窓を2つ追加し、フロントとバッグの入り口とメッシュ部分を拡大したことで、圧倒的な涼しさを実現。
    天井ルーフを外すと、日の光と風が入り込む、開放的な天井窓が出現する。
    AOD-3より、風や雨の吹き込みを抑えるマッドスカートを追加。保温性が増すのでオールシーズン使えるようになった。7月上旬発売予定。

    【Alpen Outdoors/タープ】2ルームテントとの相性◎!! マルチなタープ。

    計12カ所のフックとテープ、2枚の生地によりさまざまなアレンジができるので、多種多様なテントと連結できる。
    本体生地は難燃性、遮光性、撥水性を兼ね備えた機能性素材を採用。火に強いので日差しを避けつつも、焚き火を楽しむことができる。
    付属のデイジーチェーンは計3本。べルト式で長さの調整も可能。意外と場所を取るランタンの設置にひと役買ってくれるはず。7月上旬発売予定。

    人気の焚き火ギアも充実!

    Alpen Outdoors/ファイヤーサイドテーブル

    着脱式の天板と折り畳み式のフレームセット。天板は熱したダッチオーブンバーナーも直置きできる強靭なステンレス製。フレームは天板を外すと薪置きに。5月下旬発売予定。¥7689

    Alpen Outdoors/フォールディングファイヤーピット

    開いて置くだけで設営完了オールステンレスシンプルかつタフな構造。空気穴は最大限に燃焼を促しつつも、灰が落ちにくいようにデザインされている。5月下旬発売予定。¥10989

    アルペンアウトドアーズの公式インスタにて、新作の発売日やキャンペーン情報など随時更新しているので、要チェック

    Photo/Fumihiko Ikemoto Styling/Ryosuke Ito Text/Yuna Nagahama(EditReal)


    (問)アルペンアウトドアーズフラッグシップストア 新宿店 tel:03-5312-7682 https://store.alpen-group.jp/alpentokyo/CSfTokyoTop.jsp


    The post Alpen Outdoorsが放つ注目の新テント「AOD-3」と、湖畔キャンプ。 first appeared on GO OUT.

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Alpen Outdoorsが放つ注目の新テント「AOD-3」と、湖畔キャンプ。

    これ気になりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【Alpen Outdoorsが放つ注目の新テント「AOD-3」と、湖畔キャンプ。】の続きを読む

    このページのトップヘ