campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ: キャンプ アウトドア ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    宮崎県にあるアウトドアショップ「3field」(運営会社:株式会社FOF、本社:宮崎県宮崎市、代表取締役 児玉 玲子 以下3field)がキャンプに持っていきたい醤油を創業明治十八年の地元老舗醤油メーカー「早川しょうゆみそ」(早川しょうゆみそ株式会社、本社:宮崎県都城市、代表取締役社長 早川 洋 以下早川しょうゆみそ)とコラボ
    霧島山系の豊富で美味しい地下水を使い、厳選された原料を伝統の技術で美味しい醤油と出汁をブレンドし素材を引き立てるまろやかな醤油に仕上げました。


    販売ページはこちら▼

    https://www.makuake.com/project/soy_sauce/

    キャンプに持っていきやすいコンパクトサイズ

    食材に、かけて・つけて・炊いて美味しいキャンプ醤油

    食材をシンプルに味合うかけ醤油として使いつつ、出汁を加えることで素材の旨味を引き出し、かつ煮物や炊き込みにもこれひとつで決まる多彩な醤油として仕上げました。

    キャンプ地の食材をシンプルに味合いたい。」

    そんなキャンプ好きな3fieldオーナーの発想から生まれました。

    アウトドアショップ3field(スリーフィールド)

    〒880-0832 宮崎県宮崎市稗原町63-1
    TEL:050-3579-1973

    「INとOUTとそのHAZAMAと、境界線のないフィールド」をコンセプトに、アウトドア・防災用品・インテリア雑貨を販売しております。



    【会社概要】
    株式会社FOFは主として橋梁・トンネル等のインフラ点検を行っています。インフラ点検の他に、建設業向けICT技術サービス、VR安全教育シミュレーション等を行っている事業部、アウトドア・防災用品ショップ「3field」の運営を主業務として行うデザイン部があります。

    会社名:株式会社 FOF

    Webhttps://funof.fun/
    代表者:児玉 玲子
    資本金:500,000円
    設立年:2018年6月
    所在地:〒880-0832 宮崎県宮崎市稗原町63-1

    配信元企業:株式会社FOF

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    キャンプでの使い勝手を重視したこだわりのブレンド醤油~キャンプ醤油(CAMP SOY SAUCE)~本日1月15日(土)より、「Makuake(マクアケ)」にて先行販売

    このキャンプ醤油試してみたくなりますね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【キャンプでの使い勝手を重視したこだわりのブレンド醤油~キャンプ醤油(CAMP SOY SAUCE)~本日1月15日(土)より、「Makuake(マクアケ)」にて先行販売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    いま「ぼっち趣味」なら「車中憩」! 実例3つとコツを達人が伝授

    少し時間ができたらふらっと「車中憩」でリフレッシュ

     キャンプ好きから絶大な支持を得るお笑い芸人ヒロシさん。YouTube動画やテレビ番組「ヒロシぼっちキャンプ」の影響もあり、ソロキャンプが爆発的な人気になっている。誰の制約を受けることなく自由気ままに過ごす「ひとりの時間」は何ものにも替えがたい至福のときだが、ソロキャンプに憧れを持ちながらも初めの一歩を踏み出せない人も意外と多いのではないだろうか?ソロ車中泊

     そんな人におすすめなのが「ひとり車中泊」ならぬ「車中憩」だ。テントやタープなどのヘビーなキャンプ道具を使わずお手軽に楽しめる車中憩で、「ひとり◯◯」を楽しんでみてはいかがだろうか? アウトドアに精通した並木正孝さんが楽しみ方を紹介する!

    車内で寛げる道具を載せて車中憩ドライブに出かけたい

     新型コロナウイルス感染症防止のため、蜜を避けた「ひとり焼き肉」や「ひとりカラオケ」などが話題を呼んでいるが、その延長線上としておすすめしたいのが「ひとり車中憩(しゃちゅうけい)」だ。もちろん、車中憩というからには最低限の道具が必要になるものの、テントやタープを張ることなくクルマの中で休憩するだけなので、寝袋とランタン、シンプルバーナーや家庭用のカセットコンロがあれば『大人の隠れ家』は完成する。ソロ車中泊

     ここで紹介するのはボクの個人的な楽しみ方にはなってしまうが、簡単に始められる「ひとり車中憩」の参考にしてもらえば幸いである。

    ぼっち車中憩のススメ01:マンガや小説を現地で楽しむ聖地巡礼

     マンガアニメ、映画、小説の舞台になったロケ地を巡る聖地巡礼。ボクは車中憩という移動式の秘密基地を活かして、舞台となった場所を巡りながら小説を読んでいる。石田衣良の「池袋ウエストゲートパーク」は池袋西口公園やサンシャイン60池波正太郎の「鬼平犯科帳」、「剣客商売」は両国や浅草、吉原、鐘ヶ淵など、小説の舞台になっている場所で活字を追うのは臨場感があり楽しさ倍増だ。ソロ車中泊

     最近ではネットを検索すればロケ地や情報が簡単に手に入ることもあり、ロケ地を巡りながらの読書やタブレットを使った映画鑑賞が楽しむことができる。保温ポットにコーヒーやお茶を入れ、ラゲッジに広げたシュラフに身を任せての読書は何よりの贅沢な時間を与えてくれる。

    The post いま「ぼっち趣味」なら「車中憩」! 実例3つとコツを達人が伝授 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    銭湯

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    野点

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    海釣り

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    ソロ車中泊

    車中憩(女子)

    ソロ車中泊

    車中憩する女子

    いま「ぼっち趣味」なら「車中憩」! 実例3つとコツを達人が伝授


    (出典 news.nicovideo.jp)

    いま「ぼっち趣味」なら「車中憩」! 実例3つとコツを達人が伝授

    これ試してみたくなりますね!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【いま「ぼっち趣味」なら「車中憩」! 実例3つとコツを達人が伝授】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ブームの裏ではびこるマナー違反! テントを張る輩までいる「SA&PA」でのクルマ旅問題5選

    アウトドアブームの陰で広がる車中泊のマナー違反を考える

     キャンプブームによる愛好者の増加は喜ばしいことである反面、数多くの弊害も生み始めている。キャンプ場で大騒ぎをする、所定の場所以外にゴミを捨てる、キャンプ場の施設を破壊する……などなど、キャンプを楽しむ以前に人としてのモラル違反や犯罪行為はあってはならないことだ。車中泊マナー

     しかし、マナーに反しているのか否か、というグレーな部分として問題視されるのが「高速道路のPA・SAにおける車中泊」。ここではその問題に触れ、再考してみたい。

    グルメやサービスの充実でPA&SAがより快適に

     高速道路のPA(パーキングエリア)やSA(サービスエリア)は、利用客の休憩を目的とした施設だ。PAは駐車場トイレなどの設備が置かれ、SAは駐車場トイレのほか、レストランや給油所が設けられていることが多く、PAは15km、SAは50km間隔を目安に配置されている。車中泊マナー

     トイレや食事、給油などの施設が充実したSAは、遠方へのキャンプ場へと向かうキャンパーにとってロングドライブで疲れた体を癒し、食事や地元の食材などを調達できる重要な拠点となる。車中泊マナー

     SAで食するソフトクリームB級グルメを楽しみにしている人も多いのではないだろうか? 最近ではSAグルメと呼ばれ、その充実したメニューが大きな話題となり、SAグルメを目的としたドライブを楽しむ人も増えているという。

    安全運転のため睡眠は不可欠だが度を越した行為は迷惑千万

     しかし、アウトドアブームのなかで不届き者も現れている。不特定多数の人が利用するPAやSAはキャンパーだけのものではない。キャンプで出たゴミを捨てるのはNG行為であり、トイレをきれいに使うのは人として最低限のマナーだが、大きな問題になっているのが「車中泊」と「仮眠」の境界線だ。車中泊マナー

     キャンプブームにより人気急上昇中の車中泊だが、PAやSAで宿泊するのは違反行為になるのだろうか? 基本的に高速道路を運営するNEXCOでは車中泊を禁止事項に入れてはいないが、先にも述べたように「休憩」を取るための施設であり、事故を防止するためにも睡魔に襲われたときには積極的に仮眠を取ることも必要となる。そもそも『仮眠』とは「通常の睡眠が取れないときに少しの間にする仮寝、一時的に短時間眠ること」とされ、『睡眠』は「周期的に繰り返す意識を喪失する生理的な状態」となる。車中泊マナー

     簡単にいえば仮眠と睡眠の差は「時間」であるものの、人によって時間の差があるために境界線を引くのは難しい。そうなると、管理側でも仮眠と睡眠を区別することができず、利用する人のモラルに任せるしかないというのが現状なのだ。

    最近ではルーフトップテントを広げる強者まで現れる……

     一般的な乗用車の場合、シートを倒して眠っていれば仮眠、車中泊ができるクルマやキャンピングカーでは睡眠に見えてしまう。だが、どうせ仮眠をするならより良い条件で寝たいと思いポップアップテントを使ってしまう強者もいる。PAやSAは休憩施設であり宿泊施設ではないという概念からすれば、これもマナー違反になることは間違いない。車中泊マナー

     基本的にPA、SAでの宿泊は禁止されていないだけで認められている行為ではないことを理解し、睡眠を取る場合にはほかの利用者の迷惑にならないように心掛け、可能な限り車中泊を行わないように配慮してほしい。そしてキャンパーとしてはもちろんのこと、人としてのマナーを守って利用しよう。

    The post ブームの裏ではびこるマナー違反! テントを張る輩までいる「SA&PA」でのクルマ旅問題5選 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    車中泊マナー

    車中泊マナー

    車中泊

    車中泊マナー

    BBQ

    アイドリング

    車中泊マナー

    車中泊マナー

    車中泊マナー

    車中泊マナー

    車中泊マナー

    トイレ注意書き

    車中泊マナー

    サービスエリア

    車中泊マナー

    車中泊マナー

    ゴミ箱

    ブームの裏ではびこるマナー違反! テントを張る輩までいる「SA&PA」でのクルマ旅問題5選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ブームの裏ではびこるマナー違反! テントを張る輩までいる「SA&PA」でのクルマ旅問題5選

    この光景私もみたことあります。
    道の駅で車の横にテント張って寝てる人やBBQしている人など
    すごく気になりますね!笑笑



    “"






    <このニュースへのネットの反応>

    【ブームの裏ではびこるマナー違反! テントを張る輩までいる「SA&PA」でのクルマ旅問題5選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    犬を飼っているなら、ぜひキャンプにも同行させたいところですよね。普段の生活では感じることのできない大自然やきれいな空気、非日常の体験を楽しく感じるのは私たち人間だけでなくペットも一緒です。でもそもそもキャンプ場に犬を連れて行ってもいいのでしょうか。
    もし犬を連れて行ってもOKだとして、周りのキャンパーさんに迷惑をかけないために、どのような準備をすればいいのかなど、気になることがいくつもありますよね。そこで今回は、愛犬とキャンプを楽しむためのコツを、分かりやすく解説していきます。

    愛犬とのキャンプ体験を楽しむためのノウハウを学びましょう

    愛犬とのキャンプ体験を楽しむためのノウハウを学びましょう


    ペットOKのキャンプ場を選ぶこと

    まず大事なことはキャンプ場選びです。ペットを連れて行ってもいいのか、それともNGなのかの判断はキャンプ場によって違います。まずはペットOKのキャンプ場を探すことから始めましょう。ペットOKのキャンプ場でも、ペット不可エリアが設定されていることもあるので、どの範囲でOKなのかも調べておくとよいでしょう。
    おすすめなのが、ドッグフリーサイトのあるキャンプ場です。ドッグフリーサイト内ではリードを外すことが許されており、愛犬が自由に行動できます。それほど多くはありませんが、そんな素敵なキャンプ場もありますので、まずはドッグフリーサイトのあるキャンプ場をファーストチョイスにしましょう。
    ドッグフリーサイトが近くにない場合や予約が取れない場合には、ドッグランが併設されているキャンプ場がおすすめです。そのようなキャンプ場には犬を飼っている人が集まることが多く、ペットと一緒にキャンプを楽しむことに寛容で、トラブルになりにくいというメリットがあります。
    避けたいのはペットOKでも、隣のテントサイトとの距離が近すぎるキャンプ場です。隣のキャンパーさんが犬を苦手としていたら、お互いに居心地が悪くなってしまいます。スペースに余裕のあるキャンプ場を選ぶようにしてください。

    キャンプ場を選ぶ基準はペット可になっていること

    キャンプ場を選ぶ基準はペット可になっていること


    愛犬とキャンプに行くときに持っていくと便利なアイテム

    愛犬と一緒にキャンプをするなら、いくつか用意しておいたほうがいアイテムがあります。どのようなアイテムがあると便利なのか見ていきましょう。
    ● 犬用フードボウル(シェラカップでもOK)
    ドッグフード
    リード用のペグ
    ● ドッグコット
    ● 犬用虫よけスプレー
    ワクチン接種証明書
    意外と忘れがちなのが犬用のフードボウルです。キャンプ場に到着して、ドッグフードを入れる容器がなくて困ることがあるので、忘れずに荷物に入れておきましょう。ドッグフードは食事の回数分に小分けにしておくと便利です。
    リード用のペグも用意してください。キャンプ場は意外とリードを括り付けられる場所がなく、ペグがないとリードを離すことができません。また、愛犬が落ち着ける場所を確保するためにドッグコットがあると便利です。
    アウトドアですので犬用虫よけスプレーも必要です。あまり匂いがきつくなく、なおかつ舐めても害のないものを選んでください。またキャンプ場に行くなら、ワクチン接種も必須です。キャンプ場によってはワクチン接種証明書の提示が必要になるので、合わせて持っていきましょう。

    犬用のフードボウルやドッグフードは忘れないようにしましょう

    犬用のフードボウルやドッグフードは忘れないようにしましょう


    キャンプ場で愛犬と過ごすときに気をつけるポイント

    ペットOKのキャンプ場であっても、犬と一緒にキャンプを楽しむには、いくつか気をつけなくてはいけないポイントがあります。どのような点に気をつければいいのか、詳しく見ていきましょう。
    ● しつけをしっかりしておき無駄吠えをさせない
    まずはしつけをしっかりとしておくことです。飼い主の言うことを聞かない状態であればキャンプ場に連れて行くのはNGです。キャンプ場は犬好きの人ばかりが集まっているわけではありませんので、少なくとも無駄吠えをしないでいられるくらい、きちんとしつけておきましょう。
    ● サイト内でおしっこなどをさせない
    愛犬とキャンプに行くときに悩ましいのがトイレ問題です。原則としてサイト内では愛犬にフンもおしっこもさせないようにしてください。仕方なくしてしまった場合には、おしっこした場所には水をかけて、フンはきちんと片付けましょう。トイレシートを用意するのもおすすめです。
    ● 食べ物はクーラーボックスで管理する
    食べ物が目の前にあったら、本能的に食べてしまう可能性があります。バーベキュー用に買った高級食材を盗み食いされたなんてこともありますので、愛犬と食材の距離を離しておくことと、犬に触れられないように、使っていない食材はクーラーボックスで管理しましょう。
    ● 暑さ対策と寒さ対策をしっかりと行う
    犬は「暑い」や「寒い」と口に出すことができないので、気がついたら体調を崩しているということもよくあります。夏場は暑さ対策、冬場は寒さ対策をしっかりと行いましょう。ペットテントがあると日よけや風よけになって便利です。寒がりの犬には服を着せてあげるのもOKです。

    キャンプ場のマナーをきちんと守って周りの人に迷惑をかけないこと

    キャンプ場のマナーをきちんと守って周りの人に迷惑をかけないこと


    しっかりと準備をして愛犬とキャンプを楽しみましょう

    愛犬とキャンプを楽しむためには、どれだけ準備をするかにかかっています。いつもの散歩の延長でキャンプ場に連れて行ったら、キャンプ場がペットNGだったり、ペットOKでも行動範囲が限られていたりして、まったく楽しめなかったということもあります。
    長時間の車移動で愛犬が体調を崩してしまうこともあります。いつもとは違う環境に身を置くことになるので、興奮しすぎてしまう犬もいれば、ストレスを感じておとなしくなってしまう犬もいます。これは実際に経験してみないとわかりません。
    あまり元気がないようなら、キャンプ場の周りを散歩させてみたり、テント付近に愛犬が過ごしやすいエリアを作ってあげたりしてみましょう。それでも楽しめてないようなら、無理にキャンプに連れ出さないほうがいいかもしれません。
    犬にも人間と同じようにキャンプに対する適正があります。まずはしっかりと準備をしたうえで、適正があるのかという視点でチェックしてください。キャンプを楽しんでいるようであれば、徐々に遊びの種類も増やしていき、もっとアウトドアを満喫しましょう。

    愛犬がキャンプを楽しんでいるか、適正があるかをチェックしましょう

    愛犬がキャンプを楽しんでいるか、適正があるかをチェックしましょう

    愛犬とキャンプ場に行こう!ペットと一緒のキャンプを成功させるコツ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    愛犬とキャンプ場に行こう!ペットと一緒のキャンプを成功させるコツ

    これ最高ですね!
    私もキャンプ場で脱走してきたので遊んでましたが笑笑
    やはり可愛いですよね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【愛犬とキャンプ場に行こう!ペットと一緒のキャンプを成功させるコツ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     「この5つを覚えれば大半の状況に対応できる」という、ロープの結び方の図説が見やすくて参考になると話題です。キャンプや釣りはもちろん、ゴミ出しなどいろいろと応用が利きそう。

    【画像】ほかの結び方

     イラストを描いたのは、Twitterユーザーmssn65さん。物とロープをつなぐ基本の「もやい結び」や、棒状の物を縛る際に便利な「巻き結び」をはじめに、簡単かつ使い道の幅広い結び方を解説しています。

     木や杭をロープでつなぐ際に重宝する「ふた結び」と「自在結び」、巻き付ける回数で強度を調整できる「完全結び」も解説。見るだけでは忘れてしまいそうなので、手近なヒモなどで練習しておきたいところです。

     Twitterでは「全部試して覚えたい」「自在結びは引っ越しで重要」などと話題に。ボーイスカウトや船舶資格試験の思い出を懐かしむ人も多いようです。

    画像提供:mssn65さん

    簡単で使途の多い結び方を厳選して紹介


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「ロープの結び方」解説ツイートが参考になると話題 「もやい結び」や「巻き結び」など5種類を分かりやすく図説

    このロープワーク覚えたくなりますね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【「ロープの結び方」解説ツイートが参考になると話題 「もやい結び」や「巻き結び」など5種類を分かりやすく図説】の続きを読む

    このページのトップヘ