campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ: ソロキャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ソロキャンプ」が流行語に選ばれるなど、空前のキャンプブームまっただ中!
    キャンプの楽しみはいろいろありますが、やはり一番の醍醐味は食べることですよね。

     そこでキャンプ飯が美味しく楽しくなる、おすすめアイテムを選りすぐってご紹介。既にキャンプを楽しんでいる人も、これから始めたいという人もぜひチェックしてみてください。

    岩鋳の「南部鉄器製ホットサンドメーカー」

    「手作りおやき角」6050円(税込)
    手作りおやき角」6050円(税込)

     キャンプの朝食や小腹が空いたときにぴったりのホットサンドホームセンターなどで見かけるホットサンドメーカーは、フッ素樹脂加工が施されたアルミ製のものが多いのですが、1902年創業の南部鉄器の老舗『岩鋳』が手がけた「手作りおやき角」を使えば、絶品のホットサンドが作れます。

     その秘密は南部鉄。蓄えた熱をじんわり食材に伝える特性により、表面はこんがり、中はふっくら、絶品ホットサンドが焼けるんです。

     直火型なので、焚き火はもちろんバーナーバーベキューグリル、キッチンのガスコンロでも使えます。ふっくらした形状なのでお好みの具をたっぷり挟むことができ、目玉焼きウインナーなど、ちょっとした炒め物も作れる優れもの。キャンプで活躍間違いなしです。

    ●詳しい記事を読む⇒https://www.syokuraku-web.com/column/52616/

    燕三条キッチン研究所の「ホットサンドソロ」

    「ホットサンドソロ」4950円(税込)
    「ホットサンドソロ」4950円(税込)

     ホットサンドは手軽でいいけど、食パンを2枚使って作るのはボリューム的にちょっと重い……。そんな悩みをズバッと解決してくれるのが、1枚の食パンでホットサンドが作れる画期的なアイテム「ホットサンドソロ」です。

     燕三条のメーカークリエイターコラボにより創られただけに、発想もデザインも実にしなやかでユニーク! ソロキャンプにぴったりですね。

     使い方は簡単。食パン1枚とお好みの具をプレートにのせて、挟んで焼くだけ。パンに弾力があるので、プレートを閉じるときにパンが折れてしまうことはありません。波型のフチのおかげで、パンの端がはみ出ることなくしっかり圧着。フチの部分はカリッと、中はふんわりと焼き上がります。

    ●詳しい記事を読む⇒https://www.syokuraku-web.com/column/58733/

    キャンプに持っていきたいカセットコンロ! 岩谷産業の「タフまるJr.」

    「カセットフー タフまるJr.」オープン価格
    カセットフー タフまるJr.」オープン価格

     キャンプ飯の大敵は、風。屋外調理で火力が安定しないと、炊いたご飯に芯が残ったり、調理に時間がかかるだけでなく、ガス缶など熱源もロスが大きくなってしまいます。

     そこでおすすめなのが、『岩谷産業』の「タフまるJr.」。風に強い性能はそのままに、従来型の製品を60%まで小型化。コンパクトなのでソロキャンやデュオキャンに最適で、8インチまでのダッチオーブンにも対応。専用ハードケースも付くので、車載や持ち運びもラクラク。安定した火力でアウトドアクッキングがぐんと楽しくなりますよ。

    ●詳しい記事を読む⇒https://www.syokuraku-web.com/column/58031/

    『A&Fカントリー』のおしゃれなソロキャン道具に注目!

    プロの視点でソロキャンに最適なアイテムを厳選
    プロの視点でソロキャンに最適なアイテムを厳選

     世の中にあふれるキャンプ道具。キャンプ飯に使えそうなアイテムも、いろいろなメーカーからたくさん出ていて、何をどう選べばいいかわからなくなってしまいますよね。

     そんな時はプロのアドバイスを聞くのが一番! こちらでは国内外の優れたアウトドアキャンプ用品を輸入する「エイアンドエフ」の直営店、『A&Fカントリー』のスタッフが勧める逸品を集めました。

     使い勝手抜群の『LODGE(ロッジ)』の「スキレット(鋳鉄製フライパン)」、バーベキューが数倍楽しくなる『COGHLANS(コフラン)』の「テレスコーピングフォーク」、食材の持ち運びや料理の保温にも使える『Klean Kanteen(クリーンカンティーン)』の「TKキャニスター」など。どれも長く使えて、持っていて間違いなしのアイテムばかりです。

    ●詳しい記事を読む⇒https://www.syokuraku-web.com/column/59629/

    これだけで味が決まる!『U-jack』の万能スパイス「野香」

    「キャンプスパイス 野香」110g 1280円(税込)
    キャンプスパイス 野香」110g 1280円(税込)

     キャンプで作りたい料理はあれこれあれど、塩コショウガーリックなど、いくつも調味料を持って行くのは荷物も増えるし面倒なもの。

     1本あれば味が決まるキャンパー御用達の万能調味料はいくつかありますが、今のおすすめはコレ! 多彩なアウトドア用品の企画販売を手がける国内メーカー『U-jackユージャック)』が今春投入した「野香」です。

     他の製品に比べて塩味がまろやかで、アヒージョやドレッシングおにぎり、ホットサンドなど、和洋を問わずどんなメニューにも“しっくり”。軽くて丈夫なクラフト紙のパッケージ入りで、好きな容器に詰め替えて使うのもおすすめです。

    ●詳しい記事を読む⇒https://www.syokuraku-web.com/gift/64349/

    食楽web


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ソロキャンプに最適! アウトドアで大活躍の最旬「調理道具・調味料」5選

    これソロキャンに使いたいですね!!

    ホットサンドいいですね!!



    “"


    <このニュースへのネットの反応>

    【ソロキャンプに最適! アウトドアで大活躍の最旬「調理道具・調味料」5選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    いまブームとなっている、1人でキャンプを楽しむ「ソロキャンプ」。その魅力とは何と言っても1人で自由気ままに過ごせることに尽きるのではないでしょうか。好きなときに好きな物を作り、気ままに散歩したり星空を眺めたり・・・。わくわくどきどきな初めてのソロキャンプ、不便な思いをせず快適にキャンプを楽しみたいですよね。ソロキャンプ車中泊とテントを貼るパターンとありますが、この記事ではテントを含めたソロキャンプグッズを紹介していきます。

    ソロキャンプのプロに必須道具を聞きました!
    ソロキャンプに必要な最低限の装備一覧
    タカアキ ソロキャンプ

    車で行くソロキャンプメリットは、荷物の量を気にせず積めることでしょう。何でも揃っていて快適な気温で過ごせる自宅とは違い、使い勝手が変わるキャンプ場では、キャンプ道具は一通りあった方がよいでしょう。

    とはいえ最初から一気に揃えると、財布との相談もありますし、この記事では「これだけあれば快適に過ごせるよ!」という道具をリストアップしました。

    1.テント
    2.シュラフ
    3.マット
    4.テーブルチェア
    5.ランタン
    6.小型ストーブ
    7.ナイフ&クッカー
    8.ヘッドライト

    1.【テント】モンベル ムーンライトテント
    モンベル ムーンライトテント
    モンベル(mont-bell)
    モンベル(mont‐bell)「ムーンライトテント」
    モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 1型 1122286
    モンベルのムーンライトテントを愛用しています

    その名前の通り、月明かりしかないような暗い状況でも簡単に設営することができるテントです(と言っても、そんな状況はあんまりありませんが)。

    私は以前2~3人用のモデルを使っていましたが、現在は4人用の大きなモデルを使っています。テントが大きくなると、持ち運びが大変になったり設営の手間が増えるなどのデメリットもありますが、広い空間でのびのび過ごせるというメリットもあります!

    車移動など荷物の運搬に余裕がある時は、ソロキャンプでも少し余裕のある大きめのテントがおすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    2.【テント】お試し用におすすめ!キャプテンタッグ ドームテント3人用 防水 軽量・コンパクト設計 バッグ付き
    お試し用におすすめ!キャプテンタッグ ドームテント3人用 防水 軽量・コンパクト設計 バッグ付き
    キャプテンタッグドームテント3人用 防水 軽量・コンパクト設計 バッグ付き」
    4,603円〜(税込)
    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント クレセント ドームテント M-3105 ドーム型 3人用 防水
    もう1つおすすめなテント

    このテントは私がキャンプを始めた頃に使っていたテントです。

    とっても手頃な価格ですが、フルフライシートが付いているので軽い雨ぐらいなら耐えることができる、コスパのいいテントです。高価なテントと比べると防水性や重量の面ではやや劣るかな?という印象ですが、天候の良い日や低地のキャンプでは十分使えるものです。

    とりあえず「あまりお金をかけずにこれからキャンプを始めたい!」という方におすすめですが、このテントを選んでしまうと天候によってキャンプに行けなくなってしまいます。風が強い日や大雨の日はおすすめしません。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    3.【シュラフイスカ ポカラX ブリック[最低使用温度-6度]
    イスカ ポカラX ブリック[最低使用温度-6度]
    イスカ(Isuka)
    イスカ「ポカラX ブリック[最低使用温度-6度]」
    29,700円〜(税込)
    イスカ(ISUKA) 寝袋 イスカ(ISUKA) ポカラX ブリック[最低使用温度-6度] 146929
    私はイスカの寝袋を使っています。

    春~秋の3シーズンモデルのため、冬場は寝袋に毛布を足したり布団を足してしのいでいます。値段は3万円程度と値が張りますが、キャンプ以外でもお花見の時の防寒グッズとして使ったり車中泊の時にも使うなど、幅広く使用しています。

    中綿がダウンのものはコンパクトに収納できて軽く、それでいて暖かいので使い勝手が良いですね。夜寝る時に寒いと寝られないので、余裕を持った暖かい寝袋を買うのがおすすめです。私は時々、もっと暖かい寝袋を買えばよかったと思う夜があります。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    4.【マット】THERMAREST(サーマレスト) アウトドアマットレス
    THERMAREST(サーマレスト) アウトドアマットレス
    THERMAREST(サーマレスト)
    THERMAREST(サーマレスト)「アウトドアマットレス」
    5,389円〜(税込)
    THERMAREST(サーマレスト) アウトドア用マットレス クローズドセルマットレス リッジレスト クラシック チャコ
    このマットキャンプ好きな父から譲り受けたものです

    おそらく購入してから20年くらい経っていると思いますが、未だ現役です!

    このタイプマットはサッと広げてすぐに使うことができ、地面の凹凸も多少であれば気になりません。収納時はクルクルと巻けばOKという手軽さも気に入っています。収納時のサイズが嵩張るという難点はあるものの、断熱性も高く、非常にタフで頼もしいマットです!

    耐久性が高いので、一度買ってしまえばキャンプ以外のシチュエーション(避難グッズなど)でも活用できるので、一石二鳥アイテムです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    Moon Lence キャンプ テーブル アルミ ロールテーブル アウトドア ハイキング BBQ 折りたたみ式 コンパク
    テントの中でもテントの外でもテーブルがあった方が便利です

    食事のときはもちろん、テント内で飲み物を置く場所がないとカップを倒してテント中水浸し・・・なんてことにもなりかねません。

    ソロキャンプであれば、コンパクトで軽量なテーブルで十分だと思います。私はアルミ製のテーブルを愛用しています。金属の無骨な感じが気に入っています!

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    5,027円〜(税込)
    コールマン(Coleman) コンパクトフォールディングチェア オリーブ 2000033562
    ソロキャンプでは椅子も非常に重要!

    「ソロ=一人」ということで、ソロキャンプでは基本的に椅子に座ってゆっくりしている時間が多いです。そう、大人が一人でいるとなかなか子どものように野を駆け回って遊ぶ時間はないのです!

    よって、長い時間を過ごす相棒となる椅子は非常に大事なものです。椅子は着座位置が地面に近い低いタイプと、一般的な高さのタイプがありますが、これは使っているテーブルの高さと合わせる必要があります。私は持っているテーブルの高さに合わせた、一般的な高さのタイプの椅子を使用しています。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    7.【ランタン】コールマン(Coleman) ランタン ルミエールランタン
    コールマン(Coleman) ランタン ルミエールランタン
    コールマン(Coleman)「ランタン ルミエールランタン」
    【日本正規品】コールマン(Coleman) ランタン ルミエールランタン LPガス別売り 205588
    実用性と"らしさ"を味わえる一品!

    ランタンは大きく分けて2種類あり、暗い夜を明るく照らす照明としての役割を持つランタンと、幻想的な雰囲気を演出する役割を持つランタンがあると思います。人数の多いファミリーキャンプでは明るい照明となるランタンが必要になりますが、ソロキャンプの場合では雰囲気を演出してくれるランタンで楽しむこともできます。

    私は時々、ろうそくを使って独特な火の揺らぐ雰囲気を楽しむことがありますが、こういったランタンであればある程度明るさもありつつ、雰囲気も楽しむことができます。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    8.【小型ストーブ】ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
    ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
    ソト(SOTO)
    ソト(SOTO)「レギュレーターストーブ ST-310
    8,519円〜(税込)
    ソト(SOTO) レギュレーターストーブ
    こちらは家庭用のガスボンベも使える小型のストーブです

    組み立て、収納も簡単ですごくコンパクトになります。無骨な形はキャンプ道具として愛でる楽しさもあると感じています。実際、私は時々眺めています。

    ガスボンベの入手が簡単なこと、そして軽量・コンパクトで場所を取らないことが気に入っています。また、本体に点火スイッチも付いているので手軽に使えます。

    使用感は、小型ゆえに鍋を乗せた時の安定感はそれほどないのですが、大きな鍋を載せる機会の少ないソロキャンプではそれもあまり気にならないはずです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    9.【ナイフ肥後守定 和式ナイフ 折りたたみ
    永尾駒製作所
    肥後守定「和式ナイフ 折りたたみ
    1,580円〜(税込)
    肥後守定 和式ナイフ 折りたたみ 青紙割込
    キャンプで料理をする時は家で使っている包丁かこのナイフを持っていきます

    包丁の方が使い勝手は良いのですが、やはりナイフの方がアウトドア感があって、キャンプをしている気分になれるので好きです。使用後は油を塗っておかないと錆びるので手入れも必要ですが、そのあたりの不便さも含めて気に入っています。キャンプは時々、こういった不便さも楽しさに変わりますよ。

    料理をするならば、食器類も忘れずに!タンブラーがあると夏でも冬でも重宝します。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    10.【クッカー】島本製作所 鉄製 北京鍋 味一鉄 27cm
    島本製作所 鉄製 北京鍋 味一鉄 27cm
    島本製作所
    島本製作所「鉄製 北京鍋 味一鉄 27cm」
    島本製作所 鉄製 北京鍋 味一鉄 27cm KS01-D2710
    こだわりのアイテムの一つ!

    これは万人に薦められるものではないかもしれませんが、私の愛用品ということでご紹介します。家庭にありそうな鉄製の中華鍋です。非常に頑丈、広く浅い形状のおかげで洗うのがとっても簡単、というメリットがあります。鉄の中華鍋で料理をすると、鉄分も摂れるそうです。

    気になる点としては、重くて嵩張るので車移動の方しか向いていないところです。しかし、ソロキャンプは存分に自分のこだわりを発揮できる場所ですから、自分が好きな調理器具を持っていくのもソロキャンプの楽しみの一つだと思います。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    11.【ヘッドライト】Litom ヘッドライト USB充電式
    Litom
    Litom「ヘッドライト USB充電式」
    1,850円〜(税込)
    Litom ヘッドライト USB充電式 赤&白LEDライト 14種モード IPX6防水 超軽量 120ルーメン 角度調整
    夜の活動に最適!

    夜に料理を作っていると、ちゃんと火が通っているか確認するために手元を照らしたい時があります。そんな時に活躍するのがヘッドライトです。頭に取り付けるので照らしながらの作業がしやすいです。

    最近ではLED、内臓式の充電式電池搭載のものがあり、とても便利に使うことができます。電池がなくなったら車やバイクモバイルバッテリーから充電することができるので非常に便利です。ヘッドライトキャンプ以外でも使い道があるため、一つ持っておいて損はないはずです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    12.【その他あると便利な道具】ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450
    ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450
    ソト(SOTO)
    ソト(SOTO)「フィールドチャッカー ST-Y450」
    2,016円〜(税込)
    ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450
    BBQや焚火の際に大活躍!

    長くキャンプを楽しんでいる人の中には、時々「火起こしをしているのですが中々火がつかないので手助けしていただけませんか?」というシーンと遭遇することがあります。そんな時に活躍するのがガスバーナー

    ガスボンベに取り付けて着火すれば、燃えさかる火炎であっという間に火起こしが完了です。ヒーローになれます!

    もちろん、自分の炭に火を起こす時にも使えるので、炭を使ってBBQ焚き火をする日には持っていくと安心です。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    タカアキ ソロキャンプ

    今回は実際にソロキャンプで使っている道具を紹介しているので、リアルな意見が知れたのではないでしょうか。

    都会生活やリモートワークの日々に疲れていたら、全部自分の好きなように行動できるソロキャンプへ出かけませんか。

    大自然の中で鳥や川の音を聞きながら、自分の好きな時間を過ごすことできっとリフレッシュできますよ。

    車で行くソロキャンプにおすすめな道具をキャンパーに聞いちゃいました


    (出典 news.nicovideo.jp)

    車で行くソロキャンプにおすすめな道具をキャンパーに聞いちゃいました

    私もこれおすすめですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【車で行くソロキャンプにおすすめな道具をキャンパーに聞いちゃいました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    一人でキャンプをする「ソロキャンプ」が、少し前から注目されている。実際にしたことがある人は、どれほどいるのだろうか。


    画像をもっと見る

    ■「ソロキャンプ経験者」1割程度

    しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の6.9%が「ソロキャンプをした経験がある」と回答した。

    ソロキャンプをした経験があるグラフ


    関連記事:バイきんぐ・西村、無人島キャンプでは全裸で過ごす そのメリットは…

    ■ソロキャンプブームに乗って

    性年代別では、20代男性が一番高い割合になっている。

    ソロキャンプをした経験がある性年代別グラフ

    ソロキャンプブームに乗って、やってみたという人も多い。

    ブームに乗ってソロキャンプをしたら、とても自由で楽しかった。友達と集まってするキャンプとは違う開放感があるので、またやりたいと思う」(20代・男性)


    「昔からアウトドアが好きなので、ブームの前からときどきソロキャンプをしていた。一人だと周囲に気を遣わず、自分の時間が持てるところがいい」(40代・男性)


    ■興味はあるけれど

    ソロキャンプに興味はあるが、実行する勇気が出ない人もいる。

    アニメゆるキャン△』を観て、ソロキャンプをしたいと思った。ただ手を出すにはかなりハードルが高く、いまだに実行できていない」(20代・女性)


    お笑い芸人ヒロシソロキャンプについて熱く語っているのを観て、自分もやってみたいと思った。ただ一人では勇気がいるので、まずは友達と普通のキャンプをしたい」(30代・男性)


    ■自宅でソロキャンプ

    庭やベランダなど、自宅にいながらソロキャンプを楽しんでいる人もいるようだ。

    新型コロナの流行で外に行きにくい状況になったので、たまに気分を変えるために庭でソロキャンプをしている。自粛疲れしたときには、いい気分転換になる」(30代・男性)


    「本格的なソロキャンプをするには時間がかかるので、たまに一人でベランピング(ベランダでのキャンプ)している。家にいながらにして、アウトドア気分を楽しめるのがいい」(20代・男性)


    ソロキャンプをする勇気が出ない人は、庭キャンプやベランピングなど、自宅で楽しめるものから初めてみるのもよさそうだ。

    ・合わせて読みたい→バイきんぐ・西村、キャンプ用に山を購入 その金額に視聴者驚き

    (取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年12月11日2020年12月18日
    対象:全国10代~60代の男女3,140名 (有効回答数)

    「ソロキャンプ経験者」最も多いのは20代男性 興味があっても実行できず


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「ソロキャンプ経験者」最も多いのは20代男性 興味があっても実行できず


    これやっぱり実行って難しいですよね!!

    私も一人でキャンプの敷居高かったけどみんなでソロキャンすれば
    とても楽しいですね!!


    最大14万6,600円分還元!【J:COM(ジェイコム)】


    <このニュースへのネットの反応>

    【「ソロキャンプ経験者」最も多いのは20代男性 興味があっても実行できず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:影山博之)は、2020年10月に発売した書籍『ソロキャンごはん natsucampの「ひとりキャンプで食って飲む」レシピ』を重版(今回で3刷)しましたのでお知らせします。


    キャンプ料理はこれ1冊でOK! 大ブームの調理器具を使ったレシピが盛りだくさん

    本書は、チャンネル登録者数95000人を超える人気ソロキャンプYouTubernatsucamp(ナツキャンプ)さんによる初の著書で、ソロキャンプブームの中、発売前からネット書店の「アウトドアクッキングカテゴリで1位を獲得するなど話題となりました。発売1週間で重版が決定するなど発売後も好評をいただき、このたび3刷が決定しました。
    内容はYouTubeで評判となった多数のキャンプ料理をレシピ化したものですが、そのバリエーションは多彩。テントを設営したら速攻で作れるおつまみから、がっつり肉料理、鍋料理+鍋あとのアレンジ、麺・ごはんなどの主食、朝食にぴったりなホットサンドまで、70レシピを掲載しています。
    また、メスティン(北欧生まれの飯ごう)、ホットサンドメーカー、スキレットなど、近年のキャンプで大人気の調理器具を使ったレシピを多数掲載しているので、まさに「キャンプ料理はこれ1冊でOK!」な内容になっています。


    ■簡単で手軽でおいしい。だから、家でもキャンプ気分を楽しめる

    キャンプ料理というと、バーベキューグリルで豪快に焼く料理やダッチオーブンで長時間かけて煮たりローストしたりする料理を思い浮かべがちですが、natsucampさんの作るキャンプ料理はソロキャンプ向けなので、基本的に簡単で手軽に作れるものばかり。紹介しているレシピの一部にはじっくり時間をかけるレシピもありますが、大半は20分以内で作れる時短レシピで、大掛かりな準備も必要ありません。コロナ禍の今、おうちでさっと作ってキャンプ気分を楽しむこともできるのが、ご好評をいただいている一因です。



    ■おもな内容

    PART1 設営後の一杯と食べる ズボラおつまみレシピ
    PART2 なんでもアヒージョにすれば神レシピ
    PART3 お酒がすすむ 絶品お肉料理レシピ
    PART4 体もぽかぽか 鍋&リメイクレシピ
    PART5 食べごたえばっちり 麺&ごはんレシピ
    PART6 ホットサンドメーカー活用レシピ



    ■これからソロキャンプを始めたい人に役立つコラム記事も充実

    料理レシピ以外にも、natsucampさんお気に入りのキャンプ道具、キャンプ場でラクする準備と工夫、愛用する調理道具やファッションアイテム、おすすめのお酒、思い出深いYouTube動画のエピソードなどのコラムも充実。これからソロキャンプを始めたい人にとってのお役立ち情報となるでしょう。


    【著者プロフィール

    natsucamp(なつきゃんぷ)
    大阪府出身の女子ソロキャンパー。9月15日生まれ。血液型O型。YouTubeソロキャンプの様子や簡単アウトドア料理の紹介、食べ飲みグルメ動画などを公開中。2018年の初ソロキャンプから動画投稿を始め、現在はYouTubeチャンネル登録者数が95000人を超える人気に。2019年に開催された「第1回ソロキャンプ女王決定戦」(株式会社ヴィクトリア主催)では初代女王に輝く。自ら日本酒の会を立ち上げ会長を務めるほどのお酒好き。

    [商品概要]
    ソロキャンごはん natsucampの「ひとりキャンプで食って飲む」レシピ
    著者:natsucamp(ナツキャンプ)
    定価:本体1,300円+税
    発売日:2020年10月29日(木)
    判型:A5判/オールカラー128ページ
    電子版: あり
    ISBN:978-4-05-801219-2
    発行所:(株)学研プラス
    学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/


    【本書のご購入はコチラ】
    Amazon  https://www.amazon.co.jp/dp/4058012196/
    ・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16422179/
    セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1107130383
    ・学研出版サイト https://hon.gakken.jp/book/2380121900

    [ 電子版 ]
    Kindle https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B08H4VJLL9/
    ・楽天Kobo https://books.rakuten.co.jp/rk/c04d43e49c853da99d72d3ff6c0f1189/
    honto https://honto.jp/ebook/pd_30644565.html

    配信元企業:株式会社 学研ホールディングス

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【早くも重版3刷!】「簡単に作れる」「家で作ってもおいしい」と大好評! ソロキャンプ女王のキャンプ料理レシピ本『ソロキャンごはん natsucampの「ひとりキャンプで食って飲む」レシピ』

    これ最高ですね!!


    アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】
    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【【早くも重版3刷!】ソロキャンプ女王のキャンプ料理レシピ本『ソロキャンごはん natsucampの「ひとりキャンプで食って飲む」レシピ』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     一人で気ままにアウトドアを楽しむ「ソロキャンプ」が流行りだ。大自然の中で炊事や良い景色を楽しむのはロマンがある。しかし、場所選びやテントの設営など初心者にはハードルが高く感じられることも。

     2021年2月18日ソロキャンプ入門』(JTBパブリッシング)が発売された。これからソロキャンプを始める人向けの入門ガイドだ。

     本書では、最初に購入すべきギア(道具)や使い方、限られた素材と道具で作る料理レシピ、ひとりでも安心して利用できるキャンプ場など、事前準備から実践まで、一連の流れに沿って丁寧に紹介されている。

     さらに、写真と文章だけではわかりにくいテントの設営や料理レシピは動画の解説もあるので安心だ。本書さえあれば、初心者でもソロキャンプを始めることができる。

     本書の内容を一部紹介していこう。

    1.MY SOLO CAMP STYLE 画像は焚火マイスター猪野正哉さんによる焚火の楽しみ方のページ(JTBパブリッシング提供)

     焚き火マイスターアウトドアスタイリストアウトドアコーディネーターなどキャンプのプロたちによる特集。ソロキャンプの極意やお気に入りのギアなどへのこだわりを語る。

    2.準備編 おすすめギアをカテゴリ別に紹介

     キャンプには、テント、寝袋、タープ、椅子など、ひとりでも揃えるべきギアがたくさんある。この特集では、ソロキャンプにおすすめのギアをセレクトし、メンテナンスの仕方やレンタル情報を紹介している。何から揃えようかと迷っている人は、要チェックだ。

    3.実践編 場所探しから設営、過ごし方までを予習 画像は、テントの張り方のページ。右上のQRコードから動画を見られる(JTBパブリッシング提供)

     事前準備に始まり、テントやタープなどの設営、ペグ打ちまでを予習できる特集だ。わかりづらい設営や火の起こし方は、動画付きでわかりやすく解説されるので、安心。

    4.料理編 道具別のソロキャンプレシピ 画像は、レシピカタログのページ(JTBパブリッシング提供)

     キャンプの楽しみといえば野外での食事だ。スキレット、メスティン、ホットサンドメーカーなど道具別のソロキャンプレシピが掲載されている。憧れの調理道具を使いこなすことができそうだ。

     もっと手軽に「キャンプ感」を楽しみたいという人も安心。コンビニおにぎりや缶詰を使った簡単なレシピが一部動画付きで紹介されている。

    5.事前情報編 キャンプリストルールマナー

     ソロキャンプにおすすめのキャンプ場を紹介している。さらに、安全対策やキャンプ場でのルールマナーなど知っておきたい事前情報も満載だ。

     本書を片手に準備すれば、ソロキャンプハードルは下がり、ワクワク感が高まりそう。これからの季節、自然の中へ足を踏み出してみてはいかが。


    ※画像提供:JTBパブリッシング

    BOOKウォッチ編集部
    どこに行く? 何を揃える? 初心者必携の動画付きソロキャンプ入門


    (出典 news.nicovideo.jp)

    どこに行く? 何を揃える? 初心者必携の動画付きソロキャンプ入門


    この動画付きって最高ですね!!


    アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】

    <このニュースへのネットの反応>

    【どこに行く? 何を揃える? 初心者必携の動画付きソロキャンプ入門】の続きを読む

    このページのトップヘ