campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ自動車 > アクセサリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Image: EARTH TRAVELER TEARDROP TRAILERS LLC

    移動中の空気力学にも配慮されたカタチです。

    ルパン三世の愛車FIAT 500 (チンクチェント)」に影響を受けた、というキャンプトレーラー「EARTH T300」「EARTH T250LX」が、ニューメキシコ州で作られています。

    「T300」は100%カーボンファイバー製ですが、「T250LX」はなんと鶏の羽を元にした素材で軽さと強さを実現し、その重量はたったの136kgしかないというのです。

    Posted by EarthTraveler Teardrop Trailers on Wednesday, September 2, 2020

    軽い=牽引車の燃費も良くなり、EVでも引っ張れるのが魅力です。

    テントがせり出す拡張性

    移動中はまるでPCのマウスみたいですが、テントを開くと羽を広げたカブトムシみたいです。

    ルーフは前後共に上方向へと開き、前ルーフからはテントが引っ張られて上に伸びます。加えて両横の扉からは横方向にテントがせり出すという、自由度の高い拡張性が目を見張ります。大規模でも小規模でも、いかなるキャンピングの形態でも対応できますね。

    Image: EARTH TRAVELER TEARDROP TRAILERS LLC

    テントは日除けの端をロープで地面にペグ打ちすれば設営完了というお手軽さ。用途に合わせてトレーラーの右側だけとか、上だけ拡張しても良いですね。

    Earth Traveler 2020!! #camper #caravan #teardrop #lightweight #smart #design earthtravelerteardroptrailers.com

    Posted by EarthTraveler Teardrop Trailers on Thursday, May 7, 2020

    続いての動画では、ルーフと両側の扉がどのように開き、中の収納スペースがどれくらいあるのか、3Dレンダリングされた映像が分かりやすくなっています。

    開発秘話は苦労話だった

    このトレーラーは、開発者が「FIAT 500」に乗って旅行していた時、あまりにもテントの不便さに辟易した経験から、「小型車で牽引できてスタイリッシュなキャンパーを作ろう」と思い付いたのだそうです。軽くてコンパクトでありつつ、中は大人4人が寝られ、子供用が寝られる2段ベッドも設置できるという広さ。キッチンも取り付けられるので、ここで暮らせてしまいますね。

    Need extra storage, a sleeping space for a camping buddy, camping with a child or a pet? Check out the new Earth...

    Posted by EarthTraveler Teardrop Trailers on Monday, January 11, 2021

    EARTH T300」は1万ドル(約104万円)で、「EARTH T250LX」は3万ドル(約312万円)という価格。いずれもテントや蚊帳、内部に5つのLEDライト、クッションといった装備品が付属します。パーツモジュールなので、応相談にてカスタマイズもできるそうです。太陽光パネルを貼り付ければ、テレワークもバッチリでしょうね。

    Source: YouTube (1, 2), facebook via EARTH TRAVELER TEARDROP TRAILERS LLC via INTERESTING ENGINEERING, designboom







    (出典 news.nicovideo.jp)

    PCのマウスみたい。重さ136kgで立体的にテントが展開するキャンプ用トレーラー「Earth Traveler」

    これ最高のアイテムですね!!

    新しいトレーラーですね!!



    持ち運びにやすいポータブル電源【Jackery】

    <このニュースへのネットの反応>

    【PCのマウスみたい。重さ136kgで立体的にテントが展開するキャンプ用トレーラー「Earth Traveler」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    まるで移動式「ツリーハウス」! いま脚光を浴びるクルマの「屋根上テント」の中身とは

    キャンピングカーより快適な、ルーフテントで車上泊!!

     アウトドアの人気が高まるにつれ、最近脚光を浴びている「ルーフテント」。いわゆるクルマの屋根上に付けるタイプのテントになるが、これがすこぶる評判。キャンピングカー購入よりもはるかに手軽で、キャンプ地でテント設営に比べて手間がかからず、何より見た目のインパクトが高いことがその理由のようだ。

     そのルーフテントにもイロイロな種類があり「シェル型」「タワー型」「ルーフトップテント型」など、それぞれ使い勝手によって選ばれている。そこで今回は上記3タイプの特徴をそれぞれ紹介していくことにする。

    手始めにルーフテントデビューするなら「シェル型」がオススメ

     「シェル(二枚貝)型」はフタがありそれを開いて展開するタイプのテントのこと。片側を上に持ち上げることで、三角形に展開するタイプがほとんど。その形状のため、広さは他タイプほど期待できないないものの取り扱いは容易なので、使用人数が1~2人であれば何ら問題ないしオススメ。ルーフトップテントのタイプ別紹介

     写真はハイエースエブリイのカスタマイズパーツを展開しているギブソンの「グラヴィス・ルーフテント」。完全国内生産、FRPと防水生地と防水ファスナーで構成されているので、雨天時でも問題なく使える。開口部は2枚構造で防虫ネットが装備されているのも嬉しい。ガス圧ダンパー方式を採用した展開方式なので、開け閉めも容易。大人2人用サイズ

    手軽広さもあり楽ちん展開&収納の「タワー型」

     「タワー型」は4つの柱が屋根を支える長方形のテント。展開は全自動式やダンパー式、手動でハンドルを回すタイプなど、いずれも天井が垂直に上昇する構造になっている。ある程度広さがあって3人くらいなら余裕でくつろげるし、四方に網戸があって風通しもいい。また中に寝袋などを入れたまま閉じてしまうこともできるなど、収納面を含めて便利なので、ちょっとした日帰りのキャンプや、アウトドアスポーツを楽しむ時の休憩スペースとしても活用できる。ルーフトップテントのタイプ別紹介

     イタリアメーカーオートホームリリースする上蓋と底板がFRP素材で、展開方法にガス圧ダンパーを方式を採用している「エアトップカップル」や、同じく外側がFRPでハンドルを差し込み口に入れ、それを回しながら展開する「マジョリーナエアランダープラスカップル」などが該当タイプ

    家族で車上泊を楽しむなら、広さが期待できるルーフトップテント型

     ファミリーで使えるような広さのあるルーフテントがほしいなら、「ルーフトップテント型」がいい。ルーフトップテントのタイプ別紹介 通常のテントがそのままクルマの屋根の乗ったような格好になるので、他のタイプに比べて価格の割りに広さがある製品が多い。大きさがあるので、クルマに搭載できるなら4人で就寝することもできる。ニュージーランドフェルドンシェルターリリースするクロウネストレギュラーや、アメリカのスミッティビルドがリリースするオーバーランダーXLならその広いスペースを手に入れることができる。ルーフトップテントのタイプ別紹介

     いずれにしても肝心なのは取り付けるクルマと希望するルーフテントのマッチング。取り付けに関してはルーフテントの重さと大きさに対応したベースキャリアを装着してからの設置になるので、そのあたりも考えて専門店に相談すること方がいいだろう。

    The post まるで移動式「ツリーハウス」! いま脚光を浴びるクルマの「屋根上テント」の中身とは first appeared on AUTO MESSE WEB.

    ルーフトップテントのタイプ別紹介

    ルーフトップテントのタイプ別紹介

    ルーフトップテントのタイプ別紹介

    まるで移動式「ツリーハウス」! いま脚光を浴びるクルマの「屋根上テント」の中身とは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    まるで移動式「ツリーハウス」! いま脚光を浴びるクルマの「屋根上テント」の中身とは


    これ欲しくなりますね!!


    キャンプ・釣り・登山・アウトドア用品専門買取【JUST BUY】


    <このニュースへのネットの反応>

    【まるで移動式「ツリーハウス」! いま脚光を浴びるクルマの「屋根上テント」の中身とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    車に荷物を積む機会が多い方には大変便利なのがルーフBOXで、多くのメーカーから多種多様な商品が販売されています。使用用途や車に合わせて探さないと後悔することもありますので、各メーカーの特徴とルーフBOXの種類や機能などをわかりやすく説明します。

    ルーフBOXとは?
    ルーフボックス

    ルーフBOXとは、車の上に取り付けて荷物を積める予備のトランクのことです。丈夫な素材でできているものが多く、ついていなかったときには運べなかった荷物を多くルーフBOXに積めるようになります。

    そのため、車内を広く使ったり、アウトドアのときなどには、今まで積めなくて諦めていたものなども持っていけます。 利用すれば、その便利さのとりこになる方もいることでしょう。取り扱いをしているメーカーや、選び方のポイントを説明していきます。

    ルーフBOXをつけると、車載量が増えることでたくさんの荷物も載せられるようになります。今までは狭いスペースにどのように積み込むかを考えていたのが、スペースが増え余裕を持って積めるようになるでしょう。

    そのため、準備時間の短縮もできる上に、自分の車を見つけやすいなどのさまざまなメリットがあります。他にも、夏場は日よけになったり、遮熱効果が期待できたり、車の屋根に直接雨が当たらなくなるため雨音の軽減なども期待できるでしょう。

    ルーフBOXを探すときによくある話で、国内でよく見る3大メーカーしか見ないという人は少なくありません。今はさまざまなメーカーが研究した新しいデザインスタイル、機能、価格帯のものがでていますので、ルーフBOXを探すときの選択肢が増えるようにメーカー10選を紹介します。

    ルーフBOXメーカー1:INNO
    カーメイト ルーフボックス inno ウェッジプラス864
    inno
    カーメイト ルーフボックス inno ウェッジプラス864 360L ブラックメタリック インナーマット 付き 両開き BRM864BF
    ¥ 90,606〜
    カーメイト ルーフボックス inno ウェッジプラス864 360L ブラックメタリック インナーマット 付き 両開き
    NNOは、One Teamの精神で全ての工程を共有しながら製造し、そのほとんどを日本国内で行っているジャパンブランドです。

    INNO WEDGE 665 400Lは、大容量を収納でき、左右両開きなので荷物の出し入れや整理がしやすい構造となっています。スイングクランプを標準装備しており、ノブを回すだけで簡単に着脱ができる設計にもなっています。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ルーフBOXメーカー2:THULE
    THULE スーリー ルーフボックス TH6128 ダイナミック
    スーリー(Thule)
    THULE スーリー ルーフボックス TH6128 ダイナミック Dynamic M(800) グロスブラック
    ¥ 137,418〜
    THULE スーリー ルーフボックス TH6128 ダイナミック Dynamic M(800) グロスブラック
    THULEはアウトドアが大好きな創業者の、興味の赴くままにどこにでも荷物を持っていけるようという考えのもと、設計・開発に力を入れているメーカーです。

    THULE ルーフBOX TH6128ダイナミックは、片手で簡単に取り付けることのできる特許取得のクイックマウントシステムを搭載しています。左右両開きで荷物の出し入れもしやすく、モダンな流線型のデザインです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ルーフBOXメーカー3:Terzo
    erzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス 570L バミューダフレックス
    テルッツォ(Terzo)
    Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス 570L バミューダフレックス ブラック×グレー 両開き 折り畳みタイプ イージークランプ取付 EA570BFX
    ¥ 50,747〜
    Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス 570L バミューダフレックス ブラック×グレー 両開き 折
    Terzoは、ユーザーに喜びを与えるという理念のもとで製品開発を行なっているメーカーです。

    ORCA 380は、SUV/コンパクトカーにぴったりのサイズで、両開きで荷物も取り出しやすく、マツト調の仕上がりをしたラグジュアリー感が漂うデザインです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ルーフBOXメーカー4:パックライン
    PACKLINE パックライン ルーフボックス NX195
    PACKLINE パックライン ルーフボックス NX195
    ¥220,000〜
    PACKLINE パックライン ルーフボックス NX195
    パックラインは、ノルウェーを拠点にしているメーカーです。

    高品質、安全、デザイン性、環境対策を追及し、主にヨーロッパ自動車メーカーに採用されています。 パックライン NX 195は、収納力と空力性能を発揮するように設計されており、最新技術のNXシリーズ、車のラインに合わせたFXシリーズ、機能性、大容量を考えたFシリーズなどが揃っています。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ルーフBOXメーカー5:HAPRO
    Zenith(ゼニス) 8.6 ブリリアントブラック
    HAPRO
    Zenith(ゼニス) 8.6 ブリリアントブラック
    ¥163,900〜
    Zenith(ゼニス) 8.6 ブリリアントブラック
    HAPROは、オランダで創業したヨーロッパを代表するメーカーです。

    厳格な基準のTUV安全技術評価とISO11154を認証しており、車の可能性と楽しみを安心して広げられるように取り組んでいます。 HAPRO Zenith(ゼニス)8.6はHAPROのフラッグシップモデルで、左右両開きで荷物の出し入れもしやすく、独自のつまみを回して簡単な操作で取りつけられるプレミアムフィットマウントシステムもついています。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ルーフBOXメーカー6:XTREME
    XTREME ルーフボックス 370L
    XTREME
    XTREME ルーフボックス 370L
    ¥55,000〜
    XTREME ルーフボックス 370L
    XTREMEは、イタリア製でヨーロッパの安全基準であるTUVの審査に合格しています。

    デザイン性が高く、さまざまな場面や車種に対応できるように多種多様のルーフBOXを出しているメーカーです。ルーフBOX 370L XTREMEは、軽自動車のルーフにぴったりのサイズで、コンパクトなのに両開きで荷物の出し入れもしやすく、バーのサイズに合わせてネジを回して止めるだけのクイックシステムを搭載しています。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ルーフBOXメーカー7:SMONTER
    SMONTER 車用ルーフキャリアバッグ 防水 カーゴボックス
    SMONTER
    SMONTER 車用ルーフキャリアバッグ 防水 カーゴボックス
    ¥5,699〜
    SMONTER 車用ルーフキャリアバッグ 防水 カーゴボックス
    SMONTERは、ルーフキャリアバッグが知られているメーカーです。

    SMONTERルーフキャリアバッグ カーゴボックスは、520Lの収納スペースがあり、メッシュ素材で耐久性のある500デニールのポリエステルで作られています。防水設計のため車でのアウトドアなどにおいて、たくさんの荷物が積めるタイプです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ルーフBOXメーカー8:GFUN
    GFUN ルーフキャリアバッグ
    GFUN
    GFUN ルーフキャリアバッグ
    ¥5,999
    GFUN ルーフキャリアバッグ
    GFUNは、ルーフキャリアバッグが知られているメーカーです。

    ルーフキャリアバッグGFUN 425Lは、500デニールのポリエステルで作られており、表地と裏地にはPVC防水加工もしている上に、強い防水性がでるように隠れ式のファスナーにも防水加工をしています。 425Lの収納スペースがあり大容量の荷物が積め

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ルーフBOXメーカー9:Rightline Gear
    Rightline Gear 255L ルーフボックス 防水
    255L ルーフボックス 防水 軽自動車 Rightline Gear ルーフレール不要 大容量
    ¥15,900〜
    255L ルーフボックス 防水 軽自動車 Rightline Gear ルーフレール不要 大容量
    Rightline Gearは、アメリカノースカロライナに本社を置くアウトドアやレジャーなどのカー用品を製造しているメーカーです。

    キャリアを使わずにルーフに取りつけられるルーフバッグも扱っています。 レールやラックを使わずに、ストラップ4本のみで取りつけられるルーフバッグも取り扱っています。折り畳んでの収納も可能なので便利でしょう。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ルーフBOXメーカー10:Youlerbu
    Youlerbu ルーフキャリアバッグ
    Youlerbu ルーフキャリアバッグ
    ¥5,680〜
    Youlerbu ルーフキャリアバッグ
    Youlerbuは、ルーフキャリアバッグが知られているメーカーです。

    463Lと多くの荷物を収納でき、レールなどがなくても取りけることが可能な製品を取り扱っています。素材には600デニールのポリエステルを使っているので耐久性もあり、特殊なファスナーで、雨、砂、雪、風などに強い構造になっています。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ルーフBOXの選び方のポイント5つ
    ルーフレール

    今では多くのメーカーからたくさんのルーフBOXが販売されていて、選び方のポイントを知っているのと知らないのとでは、使い勝手や満足度に差が出るので、選び方を予習してから買うことが失敗しないコツといえるでしょう。 ルーフBOXの選び方には、機能性、目的、容量の大きさ、開けやすさ、価格などがありますので、そのポイントを分かりやすく説明していきます。

    使用しているとこんな機能があったら便利だと思うときがあるため、さまざまなルーフBOXを見るときには機能性を調べることも大切です。 自動ロック機能のついているルーフBOXは便利です。車を離れる機会の多い人はどんなカギがついているかを確認しましょう。中でもフタを閉めると自動でカギがかかるタイプのものだと安心です。 また荷物の量が増えたり減ったりする人は、簡単な操作でルーフBOXを広げられるフレックス機能も大変便利です。

    スキーサーフィンが目的ならスキー板やサーフボードが積めるタイプキャンプならテントも運びたいので容量の大きいタイプというように、目的や用途をよく考えてから選ぶと後々後悔しないで長く使えるでしょう。 どれを買うか迷うときには、使用する可能性のある目的や用途をイメージしてから、さまざまなルーフBOXの特徴と照らし合わせて使いやすそうなものを選びましょう。

    ルーフBOXを選ぶには、まず取りつける車のサイズを調べて、ルーフBOXの横幅は車の屋根の横幅より小さいサイズを、車高とベースキャリアとルーフBOXの高さを足して2mまでの高さにするなど考える必要があります。

    容量の目安として、家族でキャンプに行くなどたくさんの荷物があるなら600L以上、一人でいく釣りなどの場合は300Lで十分などと用途に応じて選ぶのもポイントです。

    ルーフBOXは荷物の出し入れをしますので、開けやすいかどうかというのは選ぶときの大切なポイントです。 右開きタイプ、左開きタイプ、両開きタイプとありますが、できることなら両開きタイプを選んでおくと便利で後々後悔しないで済むでしょう。

    ルーフBOXもサイズや機能によってさまざまな価格帯があります。 予算内で選ぶことも大切ですが、適合車種が多いかどうかというのもみておくと、車を乗り換えてもそのまま使えるのでリーズナブルでしょう。 価格だけを考えるとインターネットで安く購入することを考える方もいるでしょうが、車の外部に取りつける大きなものなので、初めての場合は現物をみてから買うのもポイントです。

    ルーフBOXを取り扱うメーカーを知ろう

    ルーフBOXは多くのメーカーが多種多様な商品を取り扱っています。車でのレジャーなどが楽しくなるものなので、取り扱っているメーカー各社の特徴を知り、後悔しないようによく調べてから購入しましょう。

    ルーフBOXを取り扱っているメーカー10選|選び方のポイント5つ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ルーフBOXを取り扱っているメーカー10選|選び方のポイント5つ


    これ気になりますね!!

    キャンプ用品のアフィリエイトなら、高単価ポータブル電源【PowerArQ】

    <このニュースへのネットの反応>

    【ルーフBOXを取り扱っているメーカー10選|選び方のポイント5つ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    車のバッテリーが上がった際に、ジャンプスターターを使用すると簡単にエンジンがかけられます。ジャンプスターターは、様々なメーカーが販売しているためどれを選ぶと良いか迷うことも多いでしょう。今回は、ジャンプスターターメーカー11選を紹介します。

    そもそもジャンプスターターとは?
    ジャンプスターター バッテリー

    ジャンプスターターは、急用携帯型のバッテリーです。車のバッテリーが上がってしまってエンジンがかけられない場合に、車のバッテリーと接続してエンジンをかける事ができます。また、他にも便利な機能を有している製品もあります。

    使用方法は簡単で、ジャンプスターターの赤ケーブルクリップバッテリーの赤色端子に、黒ケーブルをのクリップを黒色端子に繋いでエンジンをかけるだけです。

    ジャンプスターターメーカーは、様々なメーカーが販売しています。メーカーや商品によって特徴が異なりますので、車に合っているものや使用する目的で選ぶことが重要になってきます。これから、おすすめのジャンプスターターメーカー11選を紹介します。

    Anker
    Anker Roav ジャンプスターター (2.8Lまでのガソリンエンジン車に対応)【最大電流400A / IPX5防水規格 / モバイルバッテリー機能 / 安全保護システム / LEDフラッシュライ
    ¥ 7,999
    Anker Roav ジャンプスターター (2.8Lまでのガソリンエンジン車に対応)【最大電流400A / IPX5防水
    アンカーは、高品質のスマートデバイス周辺機器を取り扱っているメーカーです。

    アンカーの「Roav ジャンプスターター Pro」は、LEDライトと2つのUSBポートを備えているのが特徴です。また、6.0L以下のガソリン車や3.0L以下のディーゼル車など幅広い車に対応しています。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    日立 ポータブルパワーソース PS-16000RP
    日立(HITACHI)
    日立 ポータブルパワーソース PS-16000RP ジャンプスターター カー用品 車 自動車 整備 整備用品 HITACHI モバイルバッテリー LED ライト
    ¥24,989〜
    日立(HITACHI) ジャンプスターター 充電バッテリー日立ポータブルパワーソース 16000mAh 12V車専用 P
    日立は、エネルギー事業やAI、ヘルスケアなど様々な事業を行っています。

    日立の「ポータブルパワーソースHITACHI PS-16000RP」は、安全に関する機能を多く搭載しており、ショート防止やサージプロテクト機能が含まれています。サージプロテクト機能は、大きな電流が周辺機器に瞬間的に流れることを防いでくれます。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    GOOLOO
    GOOLOO ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 10000mAh ガソリンディーゼル車 多車種対応 モバイルバッテリー LED緊急ライト搭載 持ち運びに便利 24ヶ月保証付【日本語
    ¥4,999
    GOOLOO ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 10000mAh ガソリン車 ディーゼル車 多車種対応
    GOOLOOは、アメリカや日本、カナダで製品を販売しているメーカーです。

    GOOLOOの「ジャンプスターター 12V車用10000mAh」は、シガー充電に対応しています。また、10,000mAhの大容量を持っているので、12Vのガソリンエンジンを持つ車種の4Lエンジンまで使用可能です。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    メルテックプラジャンプスターター 最大出力:DC12V/400A DC24V/600A
    メルテック(meltec)
    メルテックプラジャンプスターター 最大出力:DC12V/400A DC24V/600A リチウムイオンバッテリー:24000mAh USB1口2A LEDライト付 充電方式:AC100Vアダプター
    ¥ 20,541〜
    メルテックプラス ジャンプスターター 最大出力:DC12V/400A DC24V/600A リチウムイオンバッテリー:2
    メルテックは、車両運搬具の部品付属品や用品などを取り扱っています。

    メルテックの「ジャンプスターター MP-2」は、二輪車トラック、そして農機具にも使用可能であることや、USB端子があるところが特徴です。コンパクトサイズでありながら、2400mAhの大容量バッテリーを持ち容易にエンジンスタートできます。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    Imazing
    Imazingジャンプスターター 12V車用エンジンスターター バッテリー上がり 大容量20000mAh 超強力2500A (最大8.0Lガソリン車 8.0Lディーゼル車に対応) Type-Cポート搭
    ¥ 9,999
    Imazingジャンプスターター 12V車用エンジンスターター バッテリー上がり 大容量20000mAh 超強力2500
    Imazingは、ジャンプスターターモバイルバッテリーを販売しているメーカーです。

    Imazingの「ジャンプスターター 12000mAh 1500A」は、モバイルバッテリーとしても使用可能な2ポートのUSB端子があります。また、LEDライトを備えていて急な停電時にも照明として使用できます。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    YABER
    YABER ジャンプスターター 12V車用大容量防水エンジンスターター ピーク電流1200A 7.5Lガソリン車 6.0Lディーゼル車 緊急始動 3.0QC Type C 充電対応 モバイルバッテリー
    ¥ 6,999
    YABER ジャンプスターター 12V車用大容量防水エンジンスターター ピーク電流1200A 7.5Lガソリン車 6.0
    YABERは、ジャンプスターターやプロジェクターなどを主に取り扱っています。

    YABERの「ジャンプスターター 22000mAh」は、アウトドアで使用可能な防水機能がついています。また、応急時に使用できるLEDライトや2ポートのUSB端子を備えています。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    UTRAI
    ¥ 8,999
    UTRAI ジャンプスターター 22000mAh 大容量 車用エンジンスターター ピーク電流2000A 12V 8Lガソ
    UTRAIは、車に不慣れな方でも簡単にエンジンを起動することができるジャンプスターターを販売しています。

    UTRAIの「ジャンプスターター 22000mAh」は、各種の安全機能を持ち、耐久性能が高く30回程度のエンジン始動が行えます。耐久性が高いブースターケーブルが付属していて、大容量の2,000Aの電流が流せます。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    fcl.
    ¥32,800〜
    fcl. BEAST POWER EVO ジャンプスターター
    fcl.は、圧倒的な容量のジャンプスターターを取り扱っています。

    fcl.の「BEAST POWER EVO ジャンプスターター」は、幅広い車種に対応しています。また、ブースターケーブルを装着すると、エンジン始動が可能になります。 さらに安全機能が付属していて、ブースターケーブルプラスマイナスを間違えて接続するとエラー表示が出て使用できなくなります。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    BUTURE
    ¥8,999
    BUTURE ジャンプスターター 23800mAh大容量 12V車用エンジンスターター
    BUTUREは、安全性が高いジャンプスターターを取り扱っています。

    BUTUREの「BR600ジャンプスターター」は、様々な安全機能を持ち、10Wワイヤレス充電器の機能があるため、ワイヤレスモバイルバッテリーとして携帯電話を充電することもできます。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ¥8,599〜
    ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 防水防塵 超大容量 20800mAh
    Topdonは、1人でも簡単に行えるジャンプスターターの製品を取り扱っています。

    Topdonの「TOPDON V2000 ジャンプスターター」は、安全機能を多種備えていて、モバイルバッテリーとしての機能も豊富です。USB端子およびワイヤレス充電機能を持っています。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    Flylinktech
    Flylinktech ジャンプスターター 20000mAh 12V車用 (すべてのガソリン車・7.0L以下のディーゼル車に対応) 1500Aピーク電流 モバイルバッテリー機能 Type C充電対応
    ¥ 7,999
    Flylinktech ジャンプスターター 20000mAh 12V車用 (すべてのガソリン車・7.0L以下のディーゼル
    Flylinktechは、アウトドアやキャンピング、防災などに役立つ多機能のジャンプスターターを取り扱っています。

    Flylinktechの「ジャンプスターター ポータブル電源 大容量24000mAh」は、多くの保護機能搭載を持つ安全性の高さと、防水性能を持つLEDライトを2個搭載しているところが特徴です。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ジャンプスターターを選ぶコツ3つ
    バッテリー

    これまで、おすすめのジャンプスターターメーカーについて紹介してきました。では、どのようにジャンプスターターを選ぶと良いのでしょうか。 これから、ジャンプスターターを選ぶコツ3つを紹介します。

    ジャンプスターターを選ぶコツの1つ目は、機能で選ぶということです。ジャンプスターターは車のバッテリー上がりに対応するためのものですが、そのような事態に陥ることはあまりないと言えます。

    あまり遭遇しないバッテリー上がりの事態に備えて、使用時の安全保護機能があると安心して使うことができます。また、複数のUSBポートがついているものを選ぶと、車のジャンプスターターとしての使用以外にも、モバイルバッテリーとして使用できます。

    ジャンプスターターを選ぶコツの2つ目は、ボルトの数で選ぶということです。バッテリーの電圧は車種によって変わってきます。一般的な乗用車の場合は12Vのボルト数になります。

    その場合、使用できるのは12Vの製品となります。 ジャンプスターターは、バッテリーボルト数に合わせた製品を購入しなければ使用できない場合があるので注意しておきましょう。

    ジャンプスターターを選ぶコツ3つ目は、最大電流で選ぶということです。ジャンプスターターを使用してエンジンスタートするには、その製品の最大電流が車を起動するために必要な電流を上回っている必要があります。

    ピーク電流と表記されている数値が、ジャンプスターターの持っている最大電流値になります。車のバッテリーの値より大きな数値を持つ製品を購入しましょう。

    これまで、ジャンプスターターメーカーや選ぶコツを紹介してきました。車のバッテリーが上がった際の対策として、備えておくと良いでしょう。ジャンプスターターメーカーや商品の特徴を把握し、自分に合ったものを選んでいきましょう。

    ジャンプスターターとは?おすすめのジャンプスターターメーカー11選紹介!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ジャンプスターターとは?おすすめのジャンプスターターメーカー11選紹介!

    これからの季節気をつけたいですね!!

    私はポータブル電源にこの機能ありますが笑笑


    防災用品のアフィリエイトなら、高単価ポータブル電源【PowerArQ】

    <このニュースへのネットの反応>

    【ジャンプスターターとは?おすすめのジャンプスターターメーカー11選紹介!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    荷物を積む予定がなくても装着する価値あり! クルマの「野生化」ならルーフラックがオススメだった

    クルマの雰囲気も変えるルーフラック

     アウトドアの流行りもあって、クルマに取り付けるルーフラックが人気だ。どちらかといえば実用面で装着されることが多かったパーツだが、最近ではSUV系の車種を中心にカスタムパーツとしても注目を集めている。

     屋根の上に荷物を積むならルーフボックスもあるが、ルーフラックが選ばれるポイントは車内やルーフボックスに入りきらない、長尺モノや大きいモノを搭載できる点。キャンプの時のテント、タープ、テーブルアウトドアスポーツの時のスノーボードやサーフボードなどを手軽に積んで出かけることができる。ルーフラックの種類

     ルーフラックは金属パイプで構成された無骨な骨組の形状なので、荷物を載せなくてもラギット且つワイルドデザインクルマの持つイメージをガラリと変えてアドベンチャーな感じにできる。荷物を載せることができて、クルマもカスタムできるのは魅力だ。

    長尺モノ搭載に向いている無骨でシンプルなラダータイプ

     ルーフラックはラダー形状とバスケット形状があってどちらも人気。ラダー形状だと荷台部分だけのようにシンプルで、荷物を搭載していない時はバスケット形状より高さが低くなり、軽さをウリにする製品が多いので着脱がしやすい。カーメイトのINA520ルーフデッキ140INT507BKスタンダードラック110などは、無骨でシンプルなラダー形状なのでサーフボードや、スノーボードなどの長尺モノを搭載するのに向いている。ルーフラックの種類

    荷物の固定がしやすく、フェアリングパーツが魅力のバスケットタイプ

     逆台形でフタの無いバスケット形状のルーフラックは、ラダー形状のモノと比較して製品ごとに形状が異なるが、基本バスケット形状なので荷物の固定がしっかりとされる。風切り音を低減させるフェアリンパーツを備えて、このパーツペイントしてカスタム感を楽しむおもしろさもある。ルーフラックの種類

     細身のデザインでルーフスペースを有効に使った車両向きのヤキマ・スキニーウォーリア。メイン20Φのスチールパイプを採用したテルッツォ・ルーフバスケットワイドロングEA 312などは、荷物搭載性はもちろん雰囲気ある佇まいに仕上げられることで人気が高い。ルーフラックの種類

    荷物搭載はカーゴネットやバンジーコードが必須

     ルーフラックはアウトドアで使った後の汚れたままのキャンプ用品や乗れたままのテントなどをそのまま搭載でき、車内に入らない大荷物だって対応OK。ただし、積載には必ず荷物の固定用にバンジーコードやカーゴネットを使ってしっかり固定する必要がある。ルーフラックの種類

     ちなみにブランドとしてはスーリー、イノー、テルッツォ、ヤキマ、カートなどが人気。他にも国内&海外ブランドの製品がカーショップネットで取り扱いされている。

    The post 荷物を積む予定がなくても装着する価値あり! クルマの「野生化」ならルーフラックがオススメだった first appeared on AUTO MESSE WEB.

    ルーフラックの種類

    ルーフラックの種類

    荷物を積む予定がなくても装着する価値あり! クルマの「野生化」ならルーフラックがオススメだった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    荷物を積む予定がなくても装着する価値あり! クルマの「野生化」ならルーフラックがオススメだった

    これ便利ですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【荷物を積む予定がなくても装着する価値あり! クルマの「野生化」ならルーフラックがオススメだった】の続きを読む

    このページのトップヘ