campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > 特集

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「車中泊」好きも震撼! 究極の「走るログ小屋」が想像の斜め上すぎた

    キャンプ場で「グランピング」する? それとも「ワーケーション」?

     アウトドア車中泊ブームとなっている今、大小のトレーラーの人気も高まっている。ちょっとしたアウトドアグッズや2輪車、ボートを運ぶ程度のトレーラーから、ベッドだけでなくキッチンやシャワールームも備えたキャンピングトレーラーまでさまざまだ。

     そんななか、ログハウスメーカーの「BESS」が新たに「走るログ小屋」を10月に発売。しっかり居住性を確保したトレーラーで、庭に置いて趣味部屋やテレワークの拠点にしたり、ときにはキャンプ場にもちこんで、ちょっと贅沢にグランピングも楽しめるのだ。

    7cm厚の杉の無垢材でできた本格的なログ小屋を移動可能に

     11月21日千葉県フェスティバルウォーク蘇我にて開催されたクラシックフォルクスワーゲンイベントストリートVWsジャンボリー」会場内で、「BESS」が発売したばかりの「走るログ小屋」が初展示された。

     ログハウスの大手であるだけでなく、「ドーム型の家」など、遊び心のある住空間を提案し続けてきた「BESS」。リモートワークやワーケーション、地方移住など、人々のライフスタイルや自宅環境が見直されているなかで、新たな暮らし方の提案として送り出してきたのが、「車輪つきログ小屋」である。

    「IMAGO iter(イマーゴ・イーテル)」と名づけられたこの「ログ小屋トレーラー」は、12フィートのモデル。厚さ70mmもある国産杉の無垢材を使った本格派のログ小屋だ。

     無塗装の状態で販売され、オーナーがそれぞれセルフ塗装して好みに仕上げるプロセスまで楽しんでほしい、という趣向となっている。

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    広々とした小屋の中をDIYで好みの空間にアレンジ

     ログ小屋のサイズは壁芯で3.2m×2m、床面積でいうと6.51平米で約4畳に相当するスペースがある。無垢材ゆえ自分で棚やベッド好きなように造作できるので、リモートワークの拠点にするもよし、趣味部屋にするもよし、キャンプを中心にしたリラックス空間にするもよし。四方に大きなガラス窓があるので採光と換気にも優れている。

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

     さらに小屋内の高さは2.4mもあって一般住宅並み。「幌屋根」からやわらかな光が小屋のなかを包みこむようになっているのも嬉しい。

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」


    The post 「車中泊」好きも震撼! 究極の「走るログ小屋」が想像の斜め上すぎた first appeared on AUTO MESSE WEB.

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    重量は2tを超えるため牽引第一種免許が必要だ

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    BESSが発売した「走るログ小屋トレーラー」

    「車中泊」好きも震撼! 究極の「走るログ小屋」が想像の斜め上すぎた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「車中泊」好きも震撼! 究極の「走るログ小屋」が想像の斜め上すぎた

    これ最高のキャンプですね!
    これなら全国でワーケーションもできますね!







    <このニュースへのネットの反応>

    【「車中泊」好きも震撼! 究極の「走るログ小屋」が想像の斜め上すぎた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【元記事をASCII.jpで読む】

     いやー、晩秋から初冬にかけてもキャンプは最高っすね。虫もいないし、陽のある時間帯は適当に暖かいし。なんて言いつつそばをすすったり、コーヒー飲んだりしたらすぐ帰ってくるんですが。

     新車を買った情報2021、私は四本淑三です。今回の話題の中心といたしますのは、一人前の手打ちそば。

     原っぱで手打ちそばをすすってやろう。ただしロードスターのトランクに入る道具で。そんなことで、あれこれ買って試してたどり着いた答えのひとつが、小型バーナーシェラカップで小分けにゆでるミニマムわんこそば

     そして今回は「高出力バーナーで2Lの水を沸騰させ、一人前150gを一気にゆであげる」最終形態のざるそば。それが可能かどうか、ひとまずパワーで押し切ってみようという算段であります

     そこで活躍するのはもちろん我が愛しの

     ムカ着火ファイヤーーーーー!

     SOTOのガソリンバーナーSOD-371「MUKAストーブ」! ガソリンを燃料とするため気化熱による火力低下がなく、寒い北海道でも年中使える。しかも掌に収まるサイズで4000kcal/hのハイパワー。特にその気はなくとも、燃え上がる炎見たさについ火を着けたくなる魔性のバーナーであります

     そんな火力が何故そばに必要なのかと言えば、まず沸騰したお湯に生麺を入れると水温が下がる。そこから再沸騰までが長いと、そばがひっつく、伸びる。だからと言って無闇にかき混ぜるとブチブチ切れる。そこは沸騰水の対流で踊らせてやるのがいい。よって火力が要るのであります

     ゆで時間は1分半から2分程度。そのうち再沸騰までは1分以内。それをアウトドアで実現できるのかどうか。

    火力は強いが風には滅法弱い

     さて、いつもの原っぱにやってまいりました。まず今回の主役、ムカのセットアップから。火力が強く、バーナーヘッドが低くて設置面に近いので、輻射熱も強い。テーブルは金属製じゃないと焦げそうです。

     そして丸いアルミホイルの鍋のようなものは、付属の風防。輻射熱から守る丸いアルミシートも付いてきます。風防の側面に、何か管が伸びていますが、これは吸気管。燃焼が始まると風防内が酸欠になるためです。ペナペナの風防に対して、こちらはしっかりとした造りでかっこいい。

     こうしたものが標準で付属するのは、ムカが風に弱いからでありますバーナーヘッドの形状は、同社のカセットボンベ用バーナー「ST-310」と同じドーム型で、これは横風に弱い。ちょっとした風でも室内の加熱時間の2倍、3倍とかかることがあります。このムカの風防はどれくらい効果があるのか。そこに一人前蕎麦の成否がかかっていると言っても過言ではありません。

    ざるそば一人前用セットアップ

     今回のセットアップは22Lのトランクカーゴに、サーモスの5Lソフトクーラーボックス、そしてトランクカーゴに入らない微妙なサイズアルミテーブル、計3つ。クルマから降り、クーラーボックスを肩にかけ、トランクカーゴを両手で抱えて運べば、1回で運搬終了という分量です。

     クーラーボックスに入っているのは、お店で買ったそば、タレ、薬味のネギとスライサー。トランクカーゴには大型のアルミコッヘル、竹ざる、ムカのガソリンボトル 。そして現地で水が使えないため、3Lのウォータージャグと2Lポットには、それぞれ水と氷水を入れて持ってきました。

     ムカ本体や着火用のガストーチなど、濡れるとマズいものはアルミコッヘルの中。これでポットやウォータージャグから水が漏れても大丈夫

     アルミコッヘルはエバニューの大鍋4L、小鍋2.8Lの2個セットで、スタッキング可能。今回は湯沸かしに2.8Lの小鍋を使い、4Lの大鍋はゆであがったそばとそば湯を分離する、ざる受けとして使います。

    ムカは火力調整の効かない暴れん坊だった

     この日の気温は9℃。風速4m/s。沸かす直前の水温を測り忘れてしまったのですが、水をくんだ家の水道水は10℃ちょっと。多分それくらいの温度だったはずの水が沸騰するまでに7分46秒。ちなみに室温で無風なら、20℃の水が6分前後で沸騰することを確認しています。風防のおかげでか、屋外でもさほどパフォーマンスは落ちていないようです。

     さて、ここでもっとも大事な再沸騰までの時間は、40秒。さすが4000kcal/h、黙って見ていたら火力調整が間に合わない程度に早い。火力調整が間に合わないと、吹きこぼれてバーナーの火が消えてしまうので要注意。実際、私は何度もやっています。

     なにしろ火力調整がやりにくい。ノブを回して実際の火力に反映されるまでのラグが大きい上に、そもそも火力の調整範囲が狭く、弱火が効かないというムカの特性もあります。おまけに燃焼中の「Run」ポジションから慌ててノブを早回しすると、勢いで消火の「Air」まで回ってしまうことも。吹きこぼれて火が消える前に、自分で消しちゃうわけです。これも私、やりました。

     ならばいっそバーナーの火力調整を諦めよう。再沸騰が始まったら鍋を熱源から浮かせて調整すればいいじゃないか。麺を入れたら鍋の取手をつかみ、再沸騰は来るのか、来ないのか、さあさあさあと腰をかがめて待つ。それで乗り切っております。

    一人前を食べてもなお虚し

     ゆであがったらそばをざるにあけ、あいた鍋にそばをもどして水で洗い、

     またざるに戻して、ポットの氷水でしめたら、出来上がり。そば湯はポットに入れて、後でちびちびいただきます。

     結果は大成功。もはやお店ですする蕎麦と大差ありません。そこにアウトドア係数がかかって、さらにおいしく感じるからたまらんわけです。

     ただ問題もないではありません。一人前のざるなんて、すぐに食べ終わってしまう。ものの2分もあればおしまい。ざるにのったそばを目の前にすると、すぐに食べなければいけないような気がして、なにか落ち着かないというか、ダラダラできない。これってアウトドアっぽくないのではないか。

     まったく小分けでゆでればまどろっこしいと言い、一人前が一度にできればすぐ食い終わるからつまらんと文句をたれる。こういう人間は一体どうしたものでしょうか。

     そうなるとやっぱアレだな。アレやってみよう。

     そんなことで、ひとまずさようなら。

    ●今回の使用ギア一覧(価格は筆者購入時のもの)

    【キャリア】 トランクカーゴ 「TC-20S」1980円
    テーブル】 FOTOCITI 「ミニローテーブル1780円(現在入手不能)
    バーナーSOTO「MUKAストーブ SOD-371 」15345円
    【燃料缶】 SOTO「広口フューエルボトル 400ml SOD-700-04 」 2640円
    ガソリンコールマン 「エコクリーン/4L 170-6760」 2910円
    【風防】ダイソーアルミ風よけ(コンロ用)」550円
    【なべ 】エバニュー 「ECA165アルミコッヘル LL」 6010円
    【ざる】小柳産業 「竹製盆ザル」 (国産) 上仕上げ φ21cm」 1870円
    【そば湯受け】サーモス「ステンレスポット2L TTB-2000-SBK」 3460円
    ウォータージャグ】岩谷マテリアルウォーターバッグ3L WWB-3MB」999
    【そばちょこ】ベルモント「チタンシェラカップ REST深型250 BM340」1920円
    【薬味スライサー】 キャプテンタッグシェラカップ調理器 UH-3011」2200円
    【箸】ベルモント「フィールドスティック BM-097」2020円
    【そばキャリアー】サーモス 「ソフトクーラー 5L ブラック REQ005-BK」 1730円

    続・愛のムカ着火ファイヤー ざるそば一人前への挑戦


    (出典 news.nicovideo.jp)

    続・愛のムカ着火ファイヤー ざるそば一人前への挑戦

    これキャンプでできるって最高の楽しみですね!







    <このニュースへのネットの反応>

    【続・愛のムカ着火ファイヤー ざるそば一人前への挑戦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     国内各地のキャンプ場は予約でいっぱいで、“ハマった”という芸能人も続々登場、特集されるアニメや雑誌も出てきて……と、ここ数年、キャンプブームが再来しています。アウトドアギア大手スノーピークの株価も鰻登りなのだとか。前回の流行は1990年代。「あの頃の夢よ、もう一度」というアウトドア業界の悲願がようやく成就したといえるかもしれません。

     そんなアウトドアキャンプの楽しみの一つで、今回のブームを牽引したのが、メラメラと揺らめく炎が美しい焚き火と熱々の野外料理の数々。かつては串に刺した肉と野菜をひたすら焼くだけだったBBQですが、今は色々な料理アイテムが豊富に販売され、焚き火や炭火の熱で美味しく調理できるレシピが揃っています。

     しかしキャンプ初心者を悩ませるのもまた、焚き火の着火なのです。これに手間取り、夕暮れ時の寒いなか白けた状態になってしまった入門キャンパーは数知れず。

     そこで今回は、アウトドア雑誌で写真撮影を担当するかたわら、海外各地の農村・漁村に居候取材を長年続け、今なお日々の生活に残る「暮らしの焚き火」を数多く体験してきた私、カメラマンの阪口が、長年の経験と試行錯誤のもとで辿り着いた「簡単焚き火ノウハウ」をご紹介したいと思います。

    まずは焚き火を楽しむ場所選び

     焚き火で最初に大切なことは、「許可された場所で、ルールを守ってやる」ということです。

     この夏「焚き逃げ」という言葉がワイドショーSNS上を賑わせておりました。言葉の解釈としては「焚き火を楽しむだけ楽しんだら、片付けをしっかりせずにそのまま放置して帰ってしまう不届きもの」というところでしょうか。

     昔からそのようなマナー違反をする人々はおりましたが、ここ数年のブームによって、放置されるゴミや焚き火跡が急増したのも事実。食べ残しやプラ製品のゴミを放置する行為は問題外として、昔に比べ環境保全や美観に関する意識が高まり、ススや地面の焦げ跡など焚き火の痕跡が問題になることも増えました。

     もちろん、燃焼が終わっていない炭火などの放置は大問題。ぜったいにしないように! 焚き火キャンプ場などの許可されたエリアで、焚き火台の使用等、その場所のルールに従って行い、来た時よりも美しくをモットーに楽しんでください。

     ちなみに現在確認できる最古の「焚き逃げ」跡は、イスラエル北部フラ湖畔で発見された79万年前の狩猟採集民の野営跡ゲシャー・ベノット・ヤーコブ遺跡。もちろんそれ以前、100万年以上前の遺跡でも焚き火の痕跡は発見されているのですが、この遺跡の特徴は「人類が自力で着火した」証拠が見つかってる点。

     なんとこの野営跡からは、焼けた動物の骨やオリーブの種などと一緒に、火打ち石が見つかったのです。湖岸で温かい食事を楽しんだハンターは大事な火打ち石を忘れていったのでしょうか。そんなうっかりものが残した79万年前の焚き火跡も、しっかりと後世に残り続けます。現代のキャンパーの皆さんは、ぜひ後片付けを忘れずに!

    焚き火を楽しむのに必要なものは大きく2つだけ!

     ではいよいよ本題に入りましょう。環境配慮や安全のための道具を別にして、純粋に「焚き火の着火」のために用意するものは、大きく分けると「薪」と「着火道具」の2点のみ。

     驚くほどのシンプルさが焚き火の魅力でもあり、同時に難しさでもあります。では早速、「薪」から見ていきましょう!

    ポイント1:これがないと焚き火ができない!…でも「薪」って何だ?

     なんといっても最重要なのは「薪」でしょう。これがないと焚き火はできません。しかし、では「薪とは何か?」と聞かれて、どんなものが思い浮かぶでしょうか。実は、ここが最初の大切なポイントなのです。

     薪はただ単にその辺の樹木を伐採して適当な長さと太さに切り分けたものではありません。薪は、採掘された原油が精製されてガソリンや灯油になるのと同じく、伐採した木に手間をかけ燃料として製造されたものなのです(ちなみに「薪」という文字は「まき」とも「たきぎ」とも読むことができますが、常用訓は「たきぎ」のみだそうです)。

     この薪、多くの人はキャンプ場の売店か近くのホームセンターなどで購入すると思います。ただし、購入した薪そのままでは非常に使いにくくかつ着火しづらいのです。

    大切なのは「3種類」の薪を用意すること

     ここが最初のつまずくポイント! 薪は可能であれば3種類の太さが欲しいのです。

     よく多くのキャンプ入門書にも書いてありますが、キャンプでの火起こしは「割り箸くらい」「親指くらい」「腕くらい」の3種類の薪があると一気に進めやすくなります。

     にもかかわらず、販売されているものは、概ね腕くらいか、それよりも太いものが多い。この太さの薪では、市販の着火剤新聞紙に燈る炎の熱で着火するのは不可能なのです。もちろん細ければ良いというわけでもありません。全部細い薪では、あっという間に焚き火が終わってしまいます。そこで3種類の太さって訳です。

     ただし自前で山林を持って、好きなサイズの薪を自家製造できる人はそういませんから、購入した薪を「自分で割る」か、細い枯れ枝などを「その辺から拾う」かが選択肢となります。

    手っ取り早いのは「自分で薪割り」

     手っ取り早いのは自分で薪を割ること。なんだかワクワクしませんか?(笑)

     ただし怪我も多いので気をつけてください、ちなみに私は北海道ロケの最中に、現地で薪割りをしている際にケガをして、7針縫ってもらったことがあります。本当に、くれぐれも気をつけて……。

     とはいえ、そこまで大ごとの薪割りをキャンプ場でする必要はありません。購入した薪を指くらいの太さに割り分ける程度で十分です。

     最近の流行りは「バトニング」という方法で、薪にナイフをあてがい、ナイフブレードの背を木の棒でガンガン叩いて割っていくテクニックです。ワイルドで絵になるのが魅力なのか、キャンプYouTuberがよくやっているのを見かけます。

     ただ、私はナイフでこれをやるのはあまりオススメしません。もちろん緊急事態なサバイバルでは有効な手段なのですが、やはりナイフへの負担が大きすぎます。ホームセンターに行けば、カッコ良いアウトドアナイフよりも遥かに安い値段で、使いやすい鉈や手斧が販売されていますので、可能であればぜひこちらを使ってください。

     使い方はナイフバトニングと同じく、薪の上に鉈や手斧の刃を置いて上から叩くだけ。この方法で、ナイフよりも安全・楽チンに薪を小分けにできます。

    じつは楽しい「薪拾い」!注意すべきは…

     この薪割りよりも、ずっと簡単で楽しいのが薪拾いです。

     山に分け入って拾うのは、地面に落ちた枯れ枝です。ただし気をつけたいのは、都会暮らしの人の目には「雑然とした森」に見える山林も、日本全国全ての場所に所有者がいて、素人が簡単に立ち入れるような「森」は「労働力をかけて管理されている」ということです。

     当たり前ですが、管理者の許可なく木を伐採したり、枝を折ったりするのはNG。キャンプで立ち入りを許可されたエリア内で、地面に落ちている枯れ枝だけを採取しましょう。だいたい生きている木から折ったばかりの枝では、水分が多くて火は簡単にはつきません。

     ちなみに、この細い枯れ枝のことを「柴」と呼びます。

     桃太郎おじいさんが山へ刈りに行ったのがこれです。柴は昭和の前半までは、生活に欠かせない燃料でした。昔は手間と時間がかかり、貴重な樹木の伐採が必要な「薪」は大切な換金作物であって、自分の家で簡単に燃やすものではなかったそうで、普段は柴を使っていたそうです。

    ポイント2:ライター? マッチ? 着火剤はいるの?…「着火道具」って何だ?

     枯れ枝の柴と、割り分けた薪が用意できたら、さてこれでようやく燃料が揃いました。ここまでの一手間があるだけで、着火の失敗の90%は減ったと思って大丈夫。残すポイントは着火道具だけです。

     この着火道具についても、いくつかに分けて考えましょう。一番重要なのが火のスタートとなる「発火具」です。「ライターマッチ」がこれにあたります。時代劇の火打ち石や、古代人が木片を木の棒でグリグリやっていたのも同じですね。

     ライターが使いやすいですが、気温や天候によってはマッチのほうが良いこともありますので、両方を用意しておくと臨機応変に使えます。

     また最近の流行は、火花が飛ぶ姿が美しい現代版火打ち石「メタルマッチ」。ただしこちらは、ライターマッチと違い本体が燃焼を継続するわけではないので、火花を受けて着火する「火口」が重要となります。

    「火口」とは、これら発火具で起こった「火」を受け継ぎ最初に火が燈る重要アイテム。火口には細い麻紐や藁縄、樹皮、新聞紙なども活用しましょう。

     また最近のワイルドな雰囲気を楽しむキャンプで人気の火口は、枝をナイフで毛羽立たせたフェザースティック。これが上手に作れると、ちょっと自慢できますね。

     もちろん、火口の最初の火だけでは、薪を燃やすほどの熱エネルギーを期待できません。そこで必要なのが「焚き付け」です。ここで先ほど採取した柴や、他にも松ぼっくり、枯れ草、新聞紙、市販の着火剤などが活用できます。それぞれ特徴が違うので、なるべく大量に、バリエーションも多めに用意しておくと良いですよ。

    似ているようで違う!焚き火の「成功パターン」と「失敗パターン

     改めて焚き火に必要なものを整理すると、

    〈・そもそもの燃料である「細いものから太いものまで数種類の薪と柴」 と、 ・適切に火をつけるための「複数の発火具」、「複数の火口」、「多種揃えた焚き付け」〉

     になります。似ているようで微妙に違うのが、焚き火の着火で手間取っている初心者に多い次のようなケースで、

    〈・「買ってきたそのままの薪」 ・「ライター1個」 ・「着火剤新聞紙のどちらか」〉

     だけで着火をやっているパターンです。

     重要なポイントは、全て「多種・複数」ということ。薪も、最初に火を燈す何かも、「すぐに火がつく」ものと「火力が強い」もの、「長い時間燃える」ものという複数パターンを組み合わせることが、簡単確実な着火のためには必要なのです。

     入門書などでは、薪の組み方や着火してからの風の送り方、薪の足し方ばかり解説されていますが、意外と忘れがちなのがこの「着火の一つ手前」。燃料や着火道具を揃える手間に十分時間をかけることで、失敗は驚くほど減りますので、めんどくさいなーと思わずに、ぜひ実行してみてください。

    いよいよ焚き火の完成!

     ここまでくれば着火は目の前。実際に薪を組んでいきましょう。今回は、キャンプ入門書にも載るような定番で、一番簡単で確実な「差掛け式」でいってみましょう。

     まず、そこそこの太さの薪を一本横に寝かせ、すぐ脇に火口となる樹皮や着火剤を置きます。あとはその上に屋根をかけるように、焚き付けの枝(柴)や細めの薪を立てかけて完成です。

     着火剤に火をつければ、あっという間に柴や細い薪は燃え上がります。全体に火が回ったら、火を潰さないように太い薪を1本ずつ足していきましょう。

     あっという間に、大きな焚き火の完成です。

    組み方を変えるだけでこんなことも…

     ちなみに、使用目的に応じて、薪には様々な組み方があります。参考までに、面白い組み方を2つ紹介しますね。

     まずはキャンプファイヤーの定番「井桁型」です。

     薪を井の字型に組んでいくこの組み方は、薪の壁が作る空間が煙突効果を発揮して、炎が上方向に美しく、大きく育っていき、非常に美しい焚き火が出来上がります。

     ただし、薪の消費量が多く燃費が悪いのでご注意を。また薪同士の空間が大きいので、最初期に熱がとどまりにくく、着火の失敗が多いです。解決方法としては、一番下に薪の床を作り、3段目に焚き付けの天井を作ると良いですよ。

    一度はやってみたい!? 大がかりな「自動供給」焚き火

     もう一つは、大掛かりな「自動供給装置型」!! 

     これは1800年代後半にアメリカで出版された最初期のアウトドア雑誌「フォレストアンドストリーム」で活躍したスポーツライタージョージ・W・シアーズ(ペンネーム:ネスマック)が用いた組み方です。

     彼の著書「ウッドクラフト&キャンピング」にその組み方が出ているのですが、私の拙い英語で抜粋翻訳しますと、こんな感じです。

    焚き火の後ろに2本の頑丈な杭を打ち込み、それに沿って丸太をしっかりと立てかける。杭は少し後ろに傾斜させ、前傾を防ぐため一番大きな丸太を下に一番小さな丸太を上にして積んでいく」

     ところがこのネスマックの組み方、直径10インチクルミの丸太を使うので、じつはそのままやっては大掛かりになりすぎます。現実的にやるとすれば、通常の薪を並行に並べてから、そのすぐ脇に長めの丸太を2本、立てかけ、それをレールのように使って、下から丸いままの薪を積んでいくやり方がオススメです。

     この組み方であれば、焚き火の後ろに築かれた薪の壁は、ファイアリフレクターとして風を除け、熱を反射し、煙を上方へ逃してくれます。

     そしてここからが薪自動供給装置の真骨頂! 薪の一番下が燃え尽きると、なんと次の薪がレールに沿って自然と落ちてくるのです。これで薪がなくなって消えていたなんて心配もありません。薪が自動的にくべられる場面は、なかなか感動ものですよ。

     さてここまで見てきた、焚き火の着火方法。無事に燃焼に成功したら、炎を囲んで歓談したり、料理をしたり、ゆっくりと楽しんでください。パート2では焚き火サイドで楽しめる様々な料理レシピもご紹介します!

    写真=阪口克

    お酒もご飯も進む数々…“外で美味しい”キャンプレシピベスト10!〈家にあるもので今からできる〉 へ続く

    (阪口 克)

    近年再びの広がりを見せているキャンプ。中でもブームを牽引しているのが「焚き火」だ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「うーん、火がつかない…」キャンプの定番“焚き火”…2つのポイントで楽しめる“火起こし方法”

    これ気になってしまいますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【「うーん、火がつかない…」キャンプの定番“焚き火”…2つのポイントで楽しめる“火起こし方法”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    仲間たちと語らいながら、大自然バックに味わう料理はプライスレス。より美味しいキャンプ飯を味わいたいなら、使用するクッキングツールも他のギアと同様に機能的でファッション性の高いものを選びたいですよね。

    そんな理想のアイテムGO OUT Onlineからピックしました。

    01. 【SOMABITO×GO OUT】フタに別注のロゴをレーザー刻印。

    YAMABOWL GO OUT別注

    奧京都を拠点とするガレージブランドとGO OUTがコラボ。大中小の3つがセットになったボウルをベースに、フタにはレーザー刻印で表現した別注だけのGマークプラス。それぞれに装着できるハンドル用のレザーパーツが付属しています。

    GO OUT Onlineで価格・詳細をチェック!

     

    02. 【CAPTAIN STAG】持ち出しやすい薄型軽量モデル。

    ポータブル カセットコンロ

    薄型かつ軽量なのでアウトドアフィールドに持ち出しやすく、圧力感知安全装置を搭載した屋内でも気兼ねなく使えるカセットコンロ。カセットボンベを簡単にセッティングできるマグネット式。

    GO OUT Onlineで価格・詳細をチェック!

     

    03. 【ROZA VETROV】ステンレスボディの豪華4点セット。

    SET OF FIELD DISHES

    ファミリーでの食事に最適な1.4Lの飯盒、フライパンとしても使える0.5Lのフタ、持ち運びに便利な0.7Lのフラスク、そしてロゴ入りスプーンの4点が一式に。すべて耐熱性に優れた錆びにくいステンレス素材を採用。

    GO OUT Onlineで価格・詳細をチェック!

     

    04. 【EAGLE PRODUCTS】料理を引き立てるミニマルデザイン。

    DEEP PLATE

    天然ウッドを丁寧に削り出し、温もりあふれるプレートデザイン。盛り付ける料理を引き立てるミニマルなデザインで、カレーサラダなどにぴったり。

    GO OUT Onlineで価格・詳細をチェック!

     

    05. 【DETAIL】軽量かつ衛生的に使えるチタンメイド。

    Stout Titanium Chopsticks Kit

    汚れや臭いが付きにくくて衛生的に使え、さらに軽量で持ち運びに適したチタン製の“マイ箸”。不安定な場所で転がりにくい四角型のデザインポイントで、アルミ素材のケースが付属する。

    GO OUT Onlineで価格・詳細をチェック!

     

    使いやすい実用性とフィールドで映えるデザイン性を両立したクッキングギアはGO OUT Onlineにて展開。お気に入りのアイテムを手に入れ、寒いフィールドで心温まる料理に舌鼓を打ってください。

    Photo/Sosuke Shimizu

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    キャンプの食卓をスタイルアップしてくれるクッキングギア5選【買えるGO OUT】

    これ欲しくなりますね!







    <このニュースへのネットの反応>

    【キャンプの食卓をスタイルアップしてくれるクッキングギア5選【買えるGO OUT】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    シェルターの中などの狭い場所でも調理可能なコンパクトストーブやクッカーは、これからの寒い時期にこそ重宝します。また金属製の食器ならば冷めた料理を直火にかけて再加熱したり、焚き火のそばで飲み物を温めながら楽しむようなシーンにも便利。

    今回は、食欲の秋をアウトドアで存分に楽しむための、機能美的なクッキングギアを6つピックアップしました。

    01. JETBOIL(ジェットボイル)

    STASH ¥19250

    シリーズ最新作で高い熱効率はそのままにクッカーとバーナーを改良し、 JETBOIL(ジェットボイル)史上最軽量の200グラムを実現したコンパクトストーブ。可愛くもシュールイラストが描かれた、OD缶そっくりな小物入れも付属する。

    (問)モンベル・カスタマー・サービス tel:06-6536-5740 https://www.montbell.jp/

     

    02. SEATOSUMMIT(シートゥーサミット)

    DELTA LIGHT BOWL SET SMALL ¥880、LARGE ¥1100

    SEATOSUMMIT(シートゥーサミット)の既存クッカー「アルファポット」と「シグマポット」にぴったり収納できる2Pのボウルセットで、容量はスモールが800mlと730ml、ラージは1000mlと900ml。口につけても安心なBPAフリーフードグレード素材を使用。

    (問)ロストアロー tel:049-271-7113 https://www.lostarrow.co.jp/store/

     

    03. WYLD GEAR(ワイルドギア)

    TUMBLER 20OZ 各¥3520

    今季、日本初上陸を果たした気鋭のギアブランドWYLD GEAR(ワイルドギア)が手掛けるタンブラー。真空二層断熱構造で保温冷性に優れ、本体部分は持ちやすいようにラバー処理が施され、底面にはボトルオープナーまで装備と多機能を誇る。カラバリも全12色と豊富。

    (問)ウエニ貿易 tel:03-5815-5722 https://wyldgear.jp

     

    04. OUTDOOR EDGE(アウトドア エッジ)

    CHOWPAL ¥3960

    フォークスプーンナイフロック付き)・缶切り・栓抜き・マイナスドライバーマルチレンチ(4サイズ)と計7つの機能を搭載したOUTDOOR EDGEアウトドア エッジのカトラリーセット。強度を確保しつつもかなり薄くつくられており、重ねて収納した際の美しさは特筆ものだ。

    (問)スライブ tel:044-789-9328 http://thrive-japan.com

     

    05. WOLF & GRIZZLY(ウルフ アンド グリズリー)

    COOK SET ¥22000

    湯切り付きの蓋や調理皿、まな板などが一緒になったWOLF & GRIZZLY(ウルフ アンド グリズリー)のクッカーセットは形の違う調理皿を組み合わせることで蒸し・焼き・煮る・炒めるなどあらゆる調理が楽しめる。付属のレールシステムは別売の「グリルM1」と組み合わせて使用する。

    (問)エイアンドエフ tel:03-3209-7575 https://www.aandf.co.jp

     

    06. Coleman(コールマン)

    GRILL BASKET COOKER ¥3480

    バスケット状の本体に肉や魚介類、パンなどを挟み、焚き火グリルにかざして、食材を型崩れさせずに両面をキレイに焼くことができるColeman(コールマン)の焼網。ハンドルが取り外せるので、使わない時はコンパクトに収納可能だ。

    (問)コールマン ジャパン カスタマーサービス tel:0120-111-957 https://www.coleman.co.jp

     

     

    GO OUT vol.145は秋冬キャンプにピッタリな最新ギアが盛りだくさん!

    絶賛発売中のGO OUT vol.145「秋の、アウトドア目線。」では、ファッションからキャンプまで、秋アウトドアアイテム&ギアたちを大特集。おしゃれアウトドア極選アイテムてんこ盛りでお届けします!!

    今月も内容盛りだくさんでお届けしているので、気になった人は下記販売サイト、もしくはお近くのコンビニへ急げ!

    ■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.145 定価 ¥850

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    食欲の秋を楽しむための、機能美クッキングギア6選。

    このキャンプギア欲しくなりますね!
    秋だからというより機能的にほしい笑



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【食欲の秋を楽しむための、機能美クッキングギア6選。】の続きを読む

    このページのトップヘ