campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > 特集

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    夏キャンプの「虫対策」で再び脚光! 意外と侮れない「蚊取り線香」の効能

    キャンプ・アウトドアの虫除けは殺虫よりも
    忌避効果を優先しよう

     夏季のキャンプといえば虫の存在は避けて通れないイベントのようなもの。できれば思い出づくりのエピソードとしてそれも楽しんでほしいところです。日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

     ですが刺されたり突撃されたりするのはやっぱり鬱陶しい。なるべく快適なキャンプ・野外活動のためには最低限度の虫除け対策はどうしても必要です。

     とはいっても、完全ブロックするならモスキートネットメッシュのあるタープでも用意するしかありませんが、オープンタイプのタープではランタンの灯りに虫が飛び込んでくるのは仕方ありません。虫を嫌うあまり殺虫効果が高過ぎると料理のお皿に死骸が振り続けることになりますし、ただでさえ暗がりなのですからうっかり食べてしまうことになりかねません。日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

     

    忌避効果を優先した蚊取線香こそもっと再評価されて然るべきだ

     最低限蚊やブヨに刺されないような対策を取りつつ、キャンプワイルドな楽しみを失わない虫除け対策をするには蚊取線香がおすすめです。蚊のみならず広範な虫に忌避効果がありますので、足元や風上に複数焚いて虫を寄せ付けない「結界」を作ることができます。なにより電源を必要としませんので災害時にも役立ちます。日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

     そもそも蚊取線香は日本除虫菊創業者・上山英一郎によって1902年(明治35年)に考案・発売された日本の発明品です。2本でワンセットになっているのも「ダブルコイル製法」として発案されたもので製造工程の効率化と輸送時の折損防止をも実現した優れたアイデアなのです。

     サッシや網戸、空調の普及で住宅の密閉度が上がったため蚊取線香の出番は減っていますが、虫の多い夏の野外でこそ実力を発揮するアイテムです。日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

     

    野外専用の太巻きタイプで煙・忌避成分ともに大幅アップ

     最近アウトドアへの関心が高まり野外専用の蚊取線香が各社からリリースされるようになりました。煙量が多く、高い忌避効果が期待できるため農作業や山仕事などにも助っ人となるプロ仕様ともいえる蚊取線香です。日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

     専用の携帯ホルダーで腰にぶら下げれば野外を歩いても虫除けが可能ですし、蓋によって着火した蚊取線香が被覆され防火・火傷防止など安全に使用できます。太巻きは熱量も大きいためぜひ専用ホルダーで使用することをおすすめします。日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

     蚊取線香は着火した本数と煙量が比例しますのでレギュラータイプの蚊取線香でも複数本着火したり、あるいは両側から着火したりすることで煙量を増やすことができます。キャンプ中に1本焚いても効果がないときは複数着火し置き場所などを工夫してみてください。なお、混雑したキャンプ場ではお隣に声がけするなどマナーに気を配って使用してください。


    The post 夏キャンプの「虫対策」で再び脚光! 意外と侮れない「蚊取り線香」の効能 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    日本の伝統的虫除け「蚊取り線香」は夏のキャンプで必需品

    夏キャンプの「虫対策」で再び脚光! 意外と侮れない「蚊取り線香」の効能


    (出典 news.nicovideo.jp)

    夏キャンプの「虫対策」で再び脚光! 意外と侮れない「蚊取り線香」の効能

    虫対策って重要ですよね!!

    香取線香って意外に便利ですね!!








    <このニュースへのネットの反応>

    【夏キャンプの「虫対策」で再び脚光! 意外と侮れない「蚊取り線香」の効能】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドアで愛犬とストレス解消! ペットとキャンプを楽しむための「大事なノウハウ」

    愛犬と快適・安全にキャンプを楽しむためのノウハウを伝授

     今では愛犬同伴専門のホテルが多くのリゾート地に建ち並び、愛犬とドライブ旅行しやすいドッグフレンドリーな時代になっている。それでも、もっと自由に愛犬との旅を楽しむため、キャンプを選択する愛犬家も多いはず。

     しかし、何事も事前の調査と準備が不可欠。行ってみたら、愛犬とキャンプするのにあまり適していないキャンプ場だったりして、なにかと不自由を感じることもありがちなのである。テントは愛犬のスペース(寝床という意味)を余裕をもって確保できるサイズを選ぶことも重要だ。飼い主家族3名なら4人用というように!! そこで、愛犬と快適・安全にキャンプを楽しむためのノウハウを伝授しよう。キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

     基本中の基本は、初めての愛犬連れキャンプであれば近くの場所でテント設営の練習がてら、プレキャンプをしてみる、日帰りキャンプにする……というように、いきなりのお泊りキャンプは避けること(そこで愛犬対応について気づくことも多々あるはず)。環境やテント内での滞在に慣れていないと、犬は落ち着かずストレスの原因になることもあるからだ。キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    気温が安定した春や秋に出かけるのが正解

     ノウハウとしては、まずは季節。涼しい高地は別にして、真夏のキャンプ場は日陰のない場所が多く、暑さとの戦いになる。ホテルなどと違い、エアコンの設備がないため(ハンディエアコンがあれば理想)、1年中毛皮を着ている、基本的に暑がりの犬にとっては、熱中症など命にかかわる危険がある。

     また、夏は害虫の心配も多大だ。徹底した害虫対策も不可欠なのである。できれば真夏を避けた、天候や気温が安定した春や秋に出かけるのが正解だ。

     そしてテント外で愛犬が寛げる場所の設営も重要。日除けになるタープなどを用意、設置することが望ましい。キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

     キャンプ場選びも慎重に行いたい。ペット連れに対応するキャンプ場は、ペット可、ペット歓迎、そしてつい最近、南房総白浜にできた、日本を代表するドッグウエア、アパレルブランドのDOG DEPTが南房総に開業した「DOG DEPT GARDEN CAMP 安房白浜」のような、ペット同伴専門のキャンプ場がある。愛犬連れの快適度では、やはりペット歓迎もしくはペット同伴専門のキャンプ場が望ましい。ペット可ぐらいだと、犬嫌いのキャンプ客も多いはずで、肩身の狭い思いをするかも知れないということだ。キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

     理想は柵で囲まれたプライベートドッグラン付きのキャンプサイトだろう。周りを気にすることなく、愛犬をノーリードで自由に遊ばせることができる。自由なキャンプの醍醐味を、飼い主、愛犬共に存分に楽しめるのである。これはキャンプ中の愛犬の脱走防止にもなり完璧である。キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    プライベートエリア以外ではリードの着用が鉄則

     とはいえ柵で囲まれたプライベートエリア以外では、リードの着用が鉄則(当然)。キャンプエリアの内外でおしっこをしたら水をかける。うんちをしたら速やかに処理する。無駄吠えさせない。ペットNGエリアには入らない……といったマナーの厳守はもちろんだ。キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

     柵で囲まれたプライベートドッグラン付きのキャンプサイト以外では、常に愛犬から目を離さない。目を離さなければならない場合はリードフック&リードでつないでおく、といった配慮が不可欠だ。大自然の中のキャンプ場で愛犬が脱走したら大変なことになる。他人にも多大な迷惑をかけることになるので、くれくれも要注意である。キャンプにワンコを連れて行くときの注意点


    The post アウトドアで愛犬とストレス解消! ペットとキャンプを楽しむための「大事なノウハウ」 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    キャンプにワンコを連れて行くときの注意点

    アウトドアで愛犬とストレス解消! ペットとキャンプを楽しむための「大事なノウハウ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アウトドアで愛犬とストレス解消! ペットとキャンプを楽しむための「大事なノウハウ」


    これ最高のキャンプですね!!

    私も犬好きなんでたまりませんね!!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【アウトドアで愛犬とストレス解消! ペットとキャンプを楽しむための「大事なノウハウ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本最大級のアウトドアWEBメディア「CAMP HACK」(運営:株式会社スペースキー)は、20~60代の2629名のキャンプをする女性に対し、今夏トレンドのキャンプ料理に関する調査を実施しました。その結果を下記の通り発表します。
    女子キャンパーの9以上がキャンプ料理を堪能!キャンプ=料理という結果に

    キャンプに行ったら料理を楽しみますか」という質問に対し、「はい」「どちらかというと、はい」と答えた方の割合は9割を超え、女性がキャンプに行った際の楽しみは「キャンプ料理」であることがわかりました。

    女子キャンパーの流行りはアヒージョ初心者は飯ごうは避けた方が無難

    あわせて「今よく作るキャンプ料理は何か」を調査したところ、1位がアヒージョ293名もの回答が集まり、簡単にできるという回答とともに選んだ理由として多かったのは、「匂いを気にしなくていいから」でした。家の中だとニンニクや油の臭いを気にして避ける方が多いようですが、アヒージョオープンエアキャンプという状況下を生かした人気料理となっています。

    一方、失敗経験のある料理は「飯ごう」の回答が671名・4人に1人となり、2位に大差をつけて1位に。今回のアンケートでは、「自宅でも料理を楽しむ」と回答する方が全体の約8割と、料理に慣れている女性が多い中、食事の基本とも言えそうな飯ごうが1位というのは意外な結果です。理由を聞いてみると、「火加減を間違えて焦げた」「水の量を間違えた」などわずかな違いで出来栄えを左右してしまう、実は難しい料理であることがわかりました。キャンプ料理初心者であれば、避けたほうがいい料理1位とも言えるでしょう。

    今夏食べたいキャンプ料理ベストを発表!「子どもと一緒に楽しめる」キーワード

    最後に「今夏やってみたキャンプ料理はなんですか?」という質問をしたところ、他に大差をつけて1位だったのが、「そうめんを使った料理(流しそうめん含む)」、続いて2位「ピザ」、3位「パエリア」がランクイン。理由を聞いてみたところ、共通していたのは「子どもと一緒にすると楽しそうだから」という回答でした。特に流しそうめんやピザ作りは1つの“アクティビティ”としても捉えている傾向が強いことがわかりました。

    今夏トレンドであることがわかった人気キャンプ料理のレシピを2つご提案いたしますので、参考にしてみてください。

    特に人気の高かった「そうめん」「ピザ」レシピをご提案

    1:メスティンで作る、冷製トマトソースそうめん


    【材料】1人分
    そうめん(1束)
    トマトジューススープ300ml、氷用100ml)
    *白だし(大さじ1/2~1)
    ミニトマト(2~3粒)
    とろろ昆布(適量)
    かいわれ大根(適量)

    レシピ
    1,製氷皿にトマトジュースを入れ、凍らしておく(キャンプの時はなくてもOK)。
    2,ミニトマトは半分に切っておく。メスティンでそうめんを茹でたら、ザルなどにあけ流水で冷やす。
    3,メスティンを洗って熱をとったら、トマトジュースと白だしを入れて混ぜ合わせる。
    4,そうめんを入れ、凍らせたトマトジュースミニトマトをまわりに浮かべる。
    5,中央にとろろ昆布とかいわれ大根をのせたら完成。

    ワンポイントキャンプテクニック
    人気のクッカー「メスティン」でそうめん料理を作ったトレンド掛け合わせレシピ。メスティンで作ればちょうど1人分作れるのでクッカーに最適。さらにアルミ製なので熱伝導率が高く時短もできます。

    2:ホットサンドクッカーをアレンジ使い!納豆と海苔の和風ピザ


    【材料】1人分
    *餃子の皮(6~9枚)
    *納豆(1パック)
    *味付け海苔(2枚)
    *ピザ用チーズ(30g)
    マヨネーズ(大さじ1)
    *刻んだ小ネギ(適量)
    *輪切り唐辛子(適量)
    しょうゆ(少々)

    レシピ
    1,ホットサンドメーカーに油をぬり、餃子の皮を重ねつつ並べる。
    2,指で餃子の皮に水をつけつつ重ねると接着する。
    3,餃子の皮にマヨネーズしょうゆをぬり、チーズ・納豆・刻みネギ・輪切り唐辛子などお好みの具材をのせる。
    4,ホットサンドメーカーを閉じ、弱火で5分~10分じっくり焼いたら完成。バーナーがあれば、表面を炙るとさらに美味になるのでおすすめ。

    ワンポイントキャンプテクニック
    おうち時間でキャンパーでなくとも利用者が増えたというキャンプクッカーの代表格のひとつであるホットサンドクッカーのアレンジレシピ。パンを挟むだけだとマンネリしてしまいがちですが、サンドできる利点を生かしてピザや餃子などを調理して楽しめます。
    味変で、今トレンドの「アウトドアスパイス」をかけるのもおすすめです。

    うで失敗しないテクニック公開!


    【意外と難しい水加減】
    1,お米1合(150g)に対して水190g で軟らかめに仕上がります。
    2,お米を研いだら夏場は30分~1時間、冬場は1時間~2時間程度必ず浸水させましょう。

    【正しい火加減】
    1,まずは沸騰まで弱火~中火で加熱する。
    2,沸騰が近くなったらスプーンでかき混ぜる。
    3,とろ火(可能な限りの弱火)にして25分放置。


    <調査概要>
    調査名 :女性キャンパーのキャンプ料理トレンド調査
    実施期間 : 2021年6月21日6月23日
    対 象 : 全国の20代~60代のキャンプをする女性2629名
    調査方法 : インターネット調査

    ≪CAMP HACKとは≫
    「すべての人がアウトドアレジャーを、より長く豊かに楽しめる社会を創る。」をビジョンに掲げる株式会社スペースキー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤祐輔)が運営する、日本最大級のアウトドアWEBメディア。おすすめキャンプ場、用品、料理、コツから最新スタイルまでキャンプ情報を日々配信中。
    https://camphack.nap-camp.com/

    配信元企業:株式会社スペースキー

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【キャンプ飯トレンド調査】女子キャンパーが今夏食べたいキャンプ飯ベスト3!失敗料理ランキングでは4人に1人があの料理を回答!?

    やっぱりアヒージョ最高ですね!!

    アヒージョ食べた後にスパゲティにあえたらまた美味しい!!

    飯盒苦手って、メスティン飯にしましょうよ笑笑



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンプ飯トレンド調査】女子キャンパーが今夏食べたいキャンプ飯ベスト3!失敗料理ランキングでは4人に1人があの料理を回答!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンプの醍醐味といえば美味しいご飯。そして15時おやつや食後の楽しみとして甘いスイーツがあれば更に気分が盛り上がりますよね♪ ただ、キャンプでのスイーツ作りはハードルが高いイメージがあることからキャンプではBBQカレーなどの定番料理のみ作っている…という方が多いのではないでしょうか?
    そこで今回はキャンプに欠かせない身近な調理器具の一つ、フライパンで簡単に作れるアウトドア向けスイーツレシピを3種類ご紹介します。

    青空の下、美味しいスイーツを食べて心身ともにリフレッシュしよう。

    青空の下、美味しいスイーツを食べて心身ともにリフレッシュしよう。


    チョコレートたっぷり♪『マシュマロピザ』

    最初にご紹介するのは甘くて美味しいチョコレートマシュマロをのせたデザートピザのレシピです。ホットケーキミックスを使用するため発酵等の工程なしでパパっと仕上げることができます★
    マシュマロピザの作り方~
    <材料>
    マシュマロ(大粒) 12~15個
    板チョコ 2枚
    ホットケーキミックス 150g
    ・牛乳 50cc
    オリーブオイル 大さじ1
    <作り方>
    (1)ボウルにホットケーキミックス・牛乳・オリーブオイルを加えてこねます。
    (2)まな板に打ち粉をしたら1の生地をのせてめん棒で丸く形を整えましょう。
    (3)フライパンにクッキングシートを敷き、2の生地をのせ蓋をして、弱めの中火で焼いていきます。
    (4)生地の裏面に焼き色がつき、表面がふっくらとしてきたら包丁で細かく砕いたチョコレートマシュマロの順番でトッピングします。
    (5)弱火でチョコレートマシュマロが溶けるまで更に加熱したら仕上げにガスバーナーマシュマロに焼き色をつけて完成です。

    チョコレートとマシュマロが奏でる幸せのハーモニー!

    チョコレートマシュマロが奏でる幸せのハーモニー


    まるで夢のようなスイーツ!『ビッグプリン』

    子供の頃、絵本から飛び出してきたような大きなプリン食べてみたい!と思ったことはありませんか?こちらのレシピはそんな子供の夢を叶えてくれる一品です。完成後はお好みのサイズに切り分けてお召し上がりください。
    ビッグプリンの作り方(5人分)~
    プリン液の材料>
    ・卵 4個
    ・牛乳 2カップ
    ・砂糖 70g
    バニラエッセンス 適量
    カラメルソースの材料>
    ・砂糖 50g
    ・水 小さじ2
    ・熱湯 大さじ1
    <作り方>
    (1)フライパンに砂糖(50g)と水(小さじ2)を加え、火にかけます。
    (2)砂糖がこげ茶色になってきたら熱湯を加え、ケーキ型(15cm)の底に流し入れます。
    (3)ボウルに卵を割り入れ、泡立てないように優しく混ぜ合わせます。
    (4)フライパンに牛乳・砂糖を加え、火にかけて砂糖を溶かしていきます。
    (5)牛乳が沸騰する直前で火を止め、粗熱が取れたらバニラエッセンスと一緒に3の卵液の中に混ぜ合わせます。
    (6)5のプリン液をザルなどで漉し、2のケーキ型に流し入れます。
    (7)フライパンに耐熱皿を置き、耐熱皿の上に6のケーキ型を置きます。
    (8)ケーキ型の中央部分にまで熱湯を注ぎ入れ、蓋をして弱火で40~50分程度加熱したら完成です。

    見た目のインパクト抜群!思わず写真に収めたくなること間違いなし。

    見た目のインパクト抜群!思わず写真に収めたくなること間違いなし。


    朝ごはんにもおすすめ。『フライパンdeアップルパイ』

    手間がかかりそうな印象があるアップルパイフライパンで直接パイ生地を焼いていけば短時間で簡単に作ることが可能です。2の工程の際、お酒が得意な方は隠し味にブランデーを加えると大人な味わいに変化しますよ♪
    フライパンdeアップルパイの作り方~
    <材料>
    りんご 2個
    ・砂糖 大さじ3
    バターレモン汁 各小さじ2
    シナモンウダー 少々
    ・冷凍パイシート(丸形) 1枚
    <作り方>
    (1)りんごは縦四等分に切り、芯を取り除いたら薄切りにします。
    (2)フライパンに1のりんご・砂糖・バターレモン汁・シナモンウダーを加え、柔らかくなるまで煮詰めていきましょう。
    (3)2のフライパンを一旦洗い、水気を拭いたら常温に戻した冷凍パイシートを焼いていきます。
    (4)パイシートの裏面に焼き色がついたら裏返し、表面にも焼き色が付きふっくらと膨らむまで更に加熱していきましょう。
    (5)4の焼いたパイシートをお皿に移し、2のりんごバランスよく並べたら完成です。

    サクサク&とろとろの触感がたまらない。

    サクサク&とろとろの触感がたまらない。

    ただでさえ多いキャンプの荷物。使用する調理器具が少なければ出発前の準備、調理後~帰宅する際の片付けまでの手間を省くことができます。甘いものが好きな方や近々キャンプをする予定がある方は是非参考にしてみて下さいね

    食後のお昼寝で更に幸せ気分…★

    食後のお昼寝で更に幸せ気分…★

    【甘党キャンパー必見!】フライパンひとつで作れるアウトドア向けスイーツレシピ3選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【甘党キャンパー必見!】フライパンひとつで作れるアウトドア向けスイーツレシピ3選


    キャンプにスイーツといえば焼きマシュマロですが、
    そろそろ卒業しないとですね笑笑

    スモアもですね笑笑



    “"


    タープ TC TARP (3.2M*2.95M) 防水タープ ヘキサタープ サンシェード キャンプギア アウトドア用 日除け ポリコットン 焚火タープ

    <このニュースへのネットの反応>

    【【甘党キャンパー必見!】フライパンひとつで作れるアウトドア向けスイーツレシピ3選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンプとひと口に言っても、いろいろな方法がある。フィールドは山間や海辺など自然豊かな屋外が基本だが、テントだけではなく設備が充実したコテージやバンガローに宿泊するのもキャンプのひとつ。

    【写真】キャンプで一番人気のサイトは…!?

    テントなどレンタル品が充実し、道具要らずで楽しめるキャンプ場も増えており、“キャンプ=特別な道具が必要”ということもない。自由に、よりカジュアルに楽しむことができるようになった昨今のキャンプ事情をみていこう。

    ■レジャーキャンプの王道、オートキャンプ

    もともとは車を使ったキャンプのことを指す言葉だが、現在は「テントを張る場所まで自動車を乗り入れられる」という意味で捉えられることがほとんど。

    オートキャンプの一番の魅力はテントに車を横付けできるので、荷物の搬入・搬出の手間が少ない上、必要に応じて車から荷物を取り出すことができる点。さらに、急な悪天候に見舞われた際、車にすぐに避難できるのもポイントだ。

    一方で車をテント設営場所まで乗り入れできないキャンプ場もあるので、利用する前にホームページなどで確認するようにしよう。

    ■テント泊だけがキャンプじゃない!バンガロー・ロッジ・コテージで快適キャンプ

    キャンプ場によってはバンガローやロッジ、コテージを備えている施設もあり、それらに宿泊するのもキャンプの楽しみ方の一つだ。バンガロー、ロッジ、コテージにはそれぞれ特徴がある。

    ■まずは日帰りのデイキャンプから始めるのもおすすめ

    アウトドアを手軽に楽しみたい人は日帰りのデイキャンプも一手。宿泊しない分、寝具などを持参する必要がなく、荷物は最低限でOK。もちろん通常のキャンプ同様、テントやタープを設営し、屋外でより快適な空間を作るのも楽しいもので、日帰りながらキャンプ気分を楽しむことができる。普段自宅ではなかなかできないBBQなどを楽しみたい人にもおすすめのレジャーだ。

    ■ラグジュアリーにキャンプ気分を楽しむグランピング

    ここ数年で一躍話題になり、新たな施設も続々と増えているのがグランピング。魅力的な、華やかなといった意味を持つ「Glamorous」と、「Camping」を組み合わせた造語で、直訳すると魅力的なキャンプという意味。キャンプに必要な道具一式、食材などを施設側で用意してくれるほか、ベッドやソファなど快適な居住空間を完備している。つまり、テント泊においてキャンプ初心者が不便、難しいと感じる点をサポートしてくれるというわけだ。ホテルに併設しているケースも多いが、宿泊する場所がテントやトレーラーハウスというだけで、気分は完全にアウトドア焚き火BBQなど屋外ならではの楽しみを、ホテルに宿泊する気軽さで楽しんでみよう。

    ■もはや出かけない!おうちキャンプでリフレッシュ

    新型コロナウイルスによる外出自粛を機に、話題になったおうちキャンプ。自宅でキャンプ料理を楽しんだり、庭やベランダでキャンプ道具を使うことで、自宅にいながら日常と違う時間を過ごせるのが魅力だ。キャンプをこれから始めたい人は、まずは自宅でも使える道具を購入してみて、おうちキャンプで活用してみるのもいい。キャンプ道具は災害時など緊急用に使えるものも多いので、そういった場合のシミュレーションにもなるはず。


    開放的な屋外に宿泊するのがキャンプの醍醐味


    (出典 news.nicovideo.jp)

    テント、ロッジ、グランピング…初めてキャンプをするならどれを選ぶのがいい?


    これ悩んでしまいますね!!








    <このニュースへのネットの反応>

    【テント、ロッジ、グランピング…初めてキャンプをするならどれを選ぶのがいい?】の続きを読む

    このページのトップヘ