campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > 特集

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    AWESOME STORE(オーサムストア)「外でもお家でもアウトドアをEnjoy!IN/OUT DOOR」
    AWESOME STORE(オーサムストア)「外でもお家でもアウトドアをEnjoy!IN/OUT DOOR」

     株式会社プレゼント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堀口康弘)は、外でもお家でもアウトドア気分を楽しめる、低価格ながら機能&デザイン性に優れたアウトドアアイテムを、全国の「AWESOME STORE(オーサムストア)」店舗、およびオンラインストアにて展開しております。
    ■概要
     思いっきアウトドアレジャーが楽しめない今年の夏。オーサムストアでは「IN/OUT DOOR(イン/アウトドア)」と題し、外ではもちろん、ご自宅でもアウトドア気分を満喫できる、提案企画を展開中です!元気なカラーリングポップアップテント、本格的なキャンプでご使用いただけるテーブルチェアキャンプサイトを彩るデコレーションアイテムバーベキューに役立つグリルや食器類、さらにアウトドアレジャーにあると便利なグッズなど、様々なレジャーシーンにご使用いただけるアイテムを幅広くご用意しております。ぜひお近くの店舗、またはオンラインストアをご利用ください。
    『外でもお家でもアウトドアをEnjoy!IN/OUT DOOR』特集ページ
     https://www.awesomestore.jp/store/r/r-t210603/


    お家でもアウトドア気分を満喫しよう! 


     外出はまだちょっと…、という方にも、自宅でアウトドア気分を満喫できるグッズをご紹介!簡単に設置できるポップアップテントをはじめ、テーブルやスツールといったグッズを自宅に広げて、自宅ピクニックを楽しむのはいかがでしょうか?もちろん、外でもご活用いただけます!


    「ポップアップテント Starry NV」価格:3,828円/組立時:W150cm×D160cm×H105cm、収納時:Φ47cm
    ポップアップテント Starry NV」価格:3,828円/組立時:W150cm×D160cm×H105cm、収納時:Φ47cm

    「ポップアップテント Starry NV L」価格:5,478円/組立時:W195cm×D150cm×H130cm、収納時:Φ57cm
    ポップアップテント Starry NV L」価格:5,478円/組立時:W195cm×D150cm×H130cm、収納時:Φ57cm

    「ポップアップテント Starry NV」収納時
    ポップアップテント Starry NV」収納時

    「ポップアップ テント Mount OR」価格:3,828円
    ポップアップ テント Mount OR」価格:3,828円

    「ポップアップ テント L Mount OR 」価格:5,478円
    ポップアップ テント L Mount OR 」価格:5,478円

    「ポップアップ テント Mount OR」収納時
    ポップアップ テント Mount OR」収納時

    「フォールディング テーブル」価格:3,828円/サイズ:W55×D52×H40cm
    フォーディンテーブル」価格:3,828円/サイズ:W55×D52×H40cm

    「フォールディング テーブル」折り畳み時
    フォーディンテーブル」折り畳み時

    「折り畳みスツール Native(オレンジ、ブルー)」価格:各858円/サイズ:W30×D18×H28cm
    「折り畳みスツール Native(オレンジブルー)」価格:各858円/サイズ:W30×D18×H28cm

    「折り畳みスツール Native ブルー」
    「折り畳みスツール Native ブルー

    「折り畳みスツール Native オレンジ」
    「折り畳みスツール Native オレンジ

    「フォールディング ステップスツール L (カーキ、オレンジ)」価格:各1,408円/サイズ:W39×D32×H39.5cm
    フォーディング ステップスツール L (カーキ、オレンジ)」価格:各1,408円/サイズ:W39×D32×H39.5cm

    「フォールディング ステップスツール L カーキ」
    フォーディング ステップスツール L カーキ」

    「フォールディング ステップスツール L オレンジ」
    フォーディング ステップスツール L オレンジ

    「レジャーシート Awesome」価格:1,408円/サイズ:W240×H180cm
    「レジャーシート Awesome」価格:1,408円/サイズ:W240×H180cm

    「レジャーシート Awesome」一面に「AWESOME」の文字が敷き詰められているデザインの大型レジャーシート。
    「レジャーシート Awesome」一面に「AWESOME」の文字が敷き詰められているデザインの大型レジャーシート

    キャンプサイトで役立つ+αなアイテム!


     キャンプに必需品の「LEDライト」から「コンテナキャリー」など、あると便利なお役立ちアイテムをご紹介。それぞれキャンプサイトに映えるデザインカラーリングとなっています。


    「コンテナキャリー YEKA」価格:各2,728円/サイズ:W45.5×D38×H99cm(使用時)
    「コンテナキャリー YEKA」価格:各2,728円/サイズ:W45.5×D38×H99cm(使用時)

    「コンテナキャリー YEKA」荷物を詰めて運べるコンテナキャリー。
    「コンテナキャリー YEKA」荷物を詰めて運べるコンテナキャリー

    「コンテナキャリー NVOR 21」価格:各2,728円/サイズ:W45.5×D38×H99cm(使用時)
    「コンテナキャリー NVOR 21」価格:各2,728円/サイズ:W45.5×D38×H99cm(使用時)

    「コンテナキャリー NVOR 21」使用しない時は折り畳んでおけます。
    「コンテナキャリー NVOR 21」使用しない時は折り畳んでおけます。

    「LEDランタン」価格:869円/白・電球色の2色切り替えが可能。
    LEDランタン」価格:869円/白・電球色の2色切り替えが可能。

    「LEDランタン」電球色
    LEDランタン」電球色

    「LEDライト バルブ(レッド)」価格:319円/明るさは三段階に切り替え可能。
    LEDライト バルブ(レッド)」価格:319円/明るさは三段階に切り替え可能。

    「ボトル&タオルホルダー(ネイビー、イエロー)」価格:各165円
    「ボトル&タオルホルダー(ネイビー、イエロー)」価格:各165

    「ボトル&タオルホルダー イエロー」ペットボトルとタオルが一つにまとめられる便利なホルダー。
    「ボトル&タオルホルダー イエローペットボトルタオルが一つにまとめられる便利なホルダー。

    「ボトル&タオルホルダー ネイビー」リュックやベルトループなど、色々な場所に取り付けられます。
    「ボトル&タオルホルダー ネイビー」リュックやベルトループなど、色々な場所に取り付けられます。

    「トラッシュバッグ(Keith GR、Home YE)」価格:各319円(1枚)/サイズ:W25×D25×H38cm
    「トラッシュバッグ(Keith GR、Home YE)」価格:各319円(1枚)/サイズ:W25×D25×H38cm

    「トラッシュバッグ Keith GR」
    「トラッシュバッグ Keith GR」

    「トラッシュバッグ Home YE」
    「トラッシュバッグ Home YE」

    おしゃれキャンプは装飾で決まる!


     オーサムストアでは、SNS映えするキャンプサイト作りにもってこいなアイテムが勢揃い!単調になりがちなテントの装飾には、ガーランドが手軽でオススメです!新作のフェルトガーランドやイルミネーションライトなど、画像の他にも、様々な装飾アイテムをご用意しております。


    「フェルトガーランド Camp 21」価格:319円/サイズ:W70×D1×H9cm/サイトに飾るだけで雰囲気アップ!
    フェルトガーランド Camp 21」価格:319円/サイズ:W70×D1×H9cm/サイトに飾るだけで雰囲気アップ

    「フェルトガーランド Camp 21」隠れAS発見!!
    フェルトガーランド Camp 21」隠れAS発見!!

    「フェルトガーランド Camp 21」両端が輪っかになっているので、引っ掛けやすい。
    フェルトガーランド Camp 21」両端が輪っかになっているので、引っ掛けやすい。

    「イルミネーションプラグ 200」価格:2,838円/点灯パターン:8種
    「イルミネーションプラグ 200」価格:2,838円/点灯パターン:8種

    「イルミネーションプラグ 200」コード長さ25m
    「イルミネーションプラグ 200」コード長さ25m

    「イルミネーションプラグ 200」
    「イルミネーションプラグ 200」

    「デニムクッションカバー Tag」価格:1,078円/サイズ:W45×H45cm
    デニムクッションカバー Tag」価格:1,078円/サイズ:W45×H45cm

    「デニムプフ Tag」価格:3,278円/サイズ:Φ45×H22cm
    デニムプフ Tag」価格:3,278円/サイズ:Φ45×H22cm

    「デニムTagシリーズ」製品洗い加工をしてあるので、デニムならではのUSED感がポイント。
    デニムTagシリーズ」製品洗い加工をしてあるので、デニムならではのUSED感がポイント

    「刺繍クッションカバー Beach」価格:1,078円/サイズ:W45×H45cm
    「刺繍クッションカバー Beach」価格:1,078円/サイズ:W45×H45cm

    「刺繍クッションカバー Beach」
    「刺繍クッションカバー Beach」

    「刺繍クッションカバー Native」価格:1,078円/サイズ:W45×H45cm
    「刺繍クッションカバー Native」価格:1,078円/サイズ:W45×H45cm

    「刺繍クッションカバー Native」
    「刺繍クッションカバー Native」

    SNS映え間違いなしのバーベキューグッズ!


     キャンプといえばバーベキュー!本格的なバーベキューグリルなどもまさかのオーサムプライスに!また、保冷バッグやおしゃれな木製食器、アウトドア用のプラスチック食器をご用意。キャンプだけでなく、ピクニックなどのレジャーにも最適です。


    7月発売予定 プラスチックアウトドア食器シリーズ  「アウトドアスプーン ※5本セット」価格:各88円 「アウトドアフォーク ※5本セット」価格:各88円 「アウトドア マグ」価格:各108円 「アウトドア ボウル」価格:各108円 「アウトドア プレート」価格:各209円 「アウトドア マルチプレート」価格:各209円
    7月発売予定 プラスチックアウトドア食器シリーズ  「アウトドアスプーン ※5本セット」価格:各88円 「アウトドアフォーク ※5本セット」価格:各88円 「アウトドア マグ」価格:各108円 「アウトドア ボウル」価格:各108円 「アウトドア プレート」価格:各209円 「アウトドア マルチプレート」価格:各209

    「ドリンクカップ 6Pset」価格:各209円
    ドリンクカップ 6Pset」価格:各209

    「ドリンクカップ 6Pset Amiable」7月発売予定
    ドリンクカップ 6Pset Amiable」7月発売予定

    「ドリンクカップ 6Pset Amiable」
    ドリンクカップ 6Pset Amiable」

    ビール/ワイングラスシリーズ
    ビールワイングラスシリーズ

    「ビールグラス Windmill」価格:539円
    ビールグラス Windmill」価格:539円

    「ワイングラス Grape」価格:429円
    ワイングラス Grape」価格:429円

    「ビールグラス Blaise」価格:495円
    ビールグラス Blaise」価格:495円

    「スキレット M」価格:649円/サイズ:W31×D21×H4cm/直火・オーブン可、電子レンジ不可
    「スキレット M」価格:649円/サイズ:W31×D21×H4cm/直火・オーブン可、電子レンジ不可

    「鋳鉄ココット S」価格:869円/サイズ:W12.7×D10×H8cm/直火・オーブン可(本体のみ)、電子レンジ・IH不可※フタはオーブン不可
    「鋳鉄ココット S」価格:869円/サイズW12.7×D10×H8cm/直火・オーブン可(本体のみ)、電子レンジ・IH不可※フタはオーブン不可

    「クックウェア Grill & Smoked Ball」価格:3,278円/グリルだけでなくスモーク料理も作れます!

    「ボックス型保冷バッグ Native 15L」価格:1,078円/サイズ:W35×D24×H25cm/容量:約15L/静止耐荷重:8kg
    「ボックス型保冷バッグ Native 15L」価格:1,078円/サイズ:W35×D24×H25cm/容量:約15L/静止耐荷重:8kg

    「クーラーボックス Freshen 30L」価格:4,378円/サイズ:W45.5×D29×H44cm、約3.3kg/容量:約30L
    クーラーボックス Freshen 30L」価格:4,378円/サイズ:W45.5×D29×H44cm、約3.3kg/容量:約30L

    木製食器で、おしゃれ度アップ!


     食器を木製で揃えれば、統一感が出て一気におしゃれ度がアップ!画像の他にも、様々な形をご用意。用途に合わせてご使用いただけます。


    「アカシアウッド ラウンドプレート」
    「アカシアウッド ラウンドプレート」

    「アカシアウッド ラウンドプレート S」価格:429円
    「アカシアウッド ラウンドプレート S」価格:429円

    「アカシアウッド ラウンドプレート M」価格:759円
    「アカシアウッド ラウンドプレート M」価格:759円

    「アカシアウッド ラウンドボウル 」
    「アカシアウッド ラウンドボウル 」

    「アカシアウッド ラウンドボウル S」価格:539円
    「アカシアウッド ラウンドボウル S」価格:539円

    「アカシアウッド ラウンドボウル M」価格:1,958円
    「アカシアウッド ラウンドボウル M」価格:1,958円

    「アカシアウッド カッティングボード」価格:1,078円
    「アカシアウッド カッティングボード」価格:1,078円

    「アカシアウッド カッティングボード」
    「アカシアウッド カッティングボード

    「アカシアウッド レクタングルプレート」価格:1,078円
    「アカシアウッド レクタングルプレート」価格:1,078円

    「アカシアウッド 仕切りプレート」価格:1,078円
    「アカシアウッド 仕切りプレート」価格:1,078円

    「アカシアウッド 3連プレート」価格:869円
    「アカシアウッド 3連プレート」価格:869円

    「アカシアウッド レンゲスプーン」価格:209円
    「アカシアウッド レンゲスプーン」価格:209

    「スープスプーン」価格:209円
    スープスプーン」価格:209

    ”AWESOME STORE(オーサムストア)”とは?


    商品イメージ
    商品イメージ

    原宿・表参道店 外観
    原宿・表参道店 外観

    ■AWESOME=スゴい!
    「AWESOME STORE」は、デザイン性が高いオリジナル製品を、驚きの低価格帯で提供する、原宿発祥のライフスタイルショップです。シンプルナチュラルベースに、遊び心を加えた雑貨アイテムを多数取り揃えています。
    ■全国に店舗を展開!まだまだ増加中!
    2014年に原宿表参道に旗艦店を構え、現在では東北から九州まで、61店舗を展開。全国のお客様にお買い求めいただけるよう、さらに店舗数を増やしていく予定です。また直営のオンラインショップもご用意しております。
    2021年6月現在
    ■ストアリスト    
      https://www.awesomestore.jp/ext/storelist.html
    オンラインストア
      https://www.awesomestore.jp/
    SNS
     ・Instagram(@awesomestore_jp)
       https://www.instagram.com/awesomestore_jp/
     ・Twitter(@awesomestore417
       https://twitter.com/awesomestore417
     ・Facebook(@awesomestore.jp)
       https://www.facebook.com/awesomestore.jp/




    ※価格はすべて税込表記です。






    210603「AWESOME STORE」プレスリリース.pdf



    AWESOME STORE(オーサムストア)「外でもお家でもアウトドアをEnjoy!IN/OUT DOOR」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    こんな世の中でもアウトドアを楽しみたい!オーサムストアが提案する「IN/OUT DOOR」グッズで、外でもお家でも、アウトドア・スタイルを楽しもう!

    これ最高にうちでも外でも楽しみたくなりますね!!


    持ち運びにやすいポータブル電源【Jackery】
    “"






    <このニュースへのネットの反応>

    【こんな世の中でもアウトドアを楽しみたい!オーサムストアが提案する「IN/OUT DOOR」グッズで、外でもお家でも、アウトドア・スタイルを楽しもう!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    6道府県で11施設の運営を行う日本最大級のキャンプ場企画・運営会社の株式会社Recamp(本社:東京都目黒区中目黒、代表取締役:丹埜倫)は、キャンプのあり方を「再発見」「再定義」「再価値化」し、地域の魅力を発信する「Camp VX事業」(※1)事業を本格化しております。この度、日本を代表する合宿地のメッカである山中湖平野地区で、未活用のテニスコートやグラウンドをキャンプ場に転換し、地域の事業者とアウトドア部会を設立し運営を行う「RECAMP山中湖」プロジェクトを始動します。

    Recampが運営協力を行うLake Lodge YAMANAKAレイクロッジ ヤマナカ)がある山中湖平野地区では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、団体旅行(合宿)の自粛が相次ぎ、地域の宿泊事業者に多大な影響を与えております。
    一方、キャンプは、三密を避けることができるレジャーということでも注目され、全国的にニーズが拡大しています。
    そこで、Recampと地元の山中湖・平野旅館民宿組合・アウトドア部会(代表者:グリーンヒルニューミナミ 天野公太氏)は、未活用のテニスコートやグラウンドをキャンプ場に転換し、RECAMPの企画・集客・運営力と、富士山の眺望や元来の旅館民宿事業者のホスピタリティを掛け合わせた「RECAMP山中湖」プロジェクトを始動します。

    山中湖平野地区には、テニスコートが約2000面あります。本プロジェクトでは山中湖・平野旅館民宿組合・アウトドア部会と連携し、未活用のテニスコート・グラウンドを保有する旅館民宿の要望に応じてキャンプ場としての活用を行ってまいります。

    その第1期である営業を2021年7月中旬から開始することをお知らせいたします。
    なお、予約受付開始は2021年6月1日を予定しております。

    今後も、アウトドア部会と連携しながら、山中湖エリアの魅力を発信し、地域のベースキャンプとなることを目指し運営を行ってまいります。

    RECAMP山中湖のオープンを記念して、さまざまな特典を受けられる「RECAMP富士五湖周遊スタンプラリー」を開催します。

    ※1:Camp VX(バリュートランスフォーメーション)事業:事業価値転換
    テニスコートからの富士山の眺望

    山中湖・平野旅館民宿組合・アウトドア部会

      ・グリーンヒルニューミナミ 天野公太(アマノ マサモト)氏
      ・鹿鳴館  飯田慎巌(イイダ シンガン)氏
      ・五十番  長田恭一(オサダ キョウイチ)氏
      ・東照館  長田照樹(オサダ テルキ)氏
      ・三盛荘  天野三亀男(アマノ ミキオ)氏  
      ・甲斐路荘 長田光輔(オサダ ミツスケ)氏  

    ■今回の取り組みに関する意気込み

    アウトドア部会メンバーより

    アウトドア部会 部長 天野公太氏>
    地域の活性化ためにキャンプがますます盛り上がっていければいいなと思いを込めて
    この場所をアウトドア部会でまとめて、RECAMPのキャンプ場としていきたいと思います。
    ますます皆さんに活用してもらって山中湖のキャンプ場がどんどん大きくなっていければ良いかなと思います。

    <飯田慎巌氏>
    コロナ禍において既存の営業形態(合宿)での集客が厳しい中、新たな誘客の可能性があるキャンプを業界トップランナーRECAMPさんと共に携わらせて頂き、地元の活性化、新規雇用につながればと思っております。今回のプロジェクトが今後の山中湖の観光資源になるようこの苦難を乗り越えていければと思います。

    <天野三亀男氏>
    現在のところだけでなくもっとこれが広がっていき、山中湖のメッカとなればと思います。

    <長田光輔氏>
    合宿地であったが、このような状況になって改めて周りを見渡してみたところ、
    かなり自然豊かで富士山もこれだけ大きく見えて、このロケーションを生かさない手はないということで、
    多くの人に自然を満喫していただきたいのでアウトドア部会としても、RECAMPと協力し、より良いキャンプ場を創り上げていきたいと思います。

    株式会社Recamp 代表取締役 丹埜 倫(タンノ ロン)より

    山中湖村の平野という地域は、古くから合宿のメッカとして、テニスを中心にたくさんの団体を迎え入れてきた歴史があります。標高1000m近い湖畔の避暑地、地域のほぼどこからでも富士山の絶景が楽しめる、日本を代表する合宿地でありました。
    我々のグループ企業であるR.projectも同地区で合宿施設を運営しており、地元の旅館組合にお世話になってきました。
    昨今のテニス人口の減少、そしてこの度の新型コロナウイルスの猛威により、合宿で栄えた平野地域がいまだかつてない危機を迎えています。
    この状況を打開すべく、今までお世話になってきた地元のお宿さんたちと一緒に、活用の機会が減ったテニスコートなどをキャンプ場として生まれ変わらせます。
    都市部からのアクセスが良く、観光資源が豊富で、富士山目の前のフラットな地形、そして何よりも、今まで何十年もの間、合宿に訪れた団体を温かく迎え入れてきた地域の皆さんとの連携により、素晴らしいキャンプ場になると確信しています。

    ■「RECAMP山中湖」概要

    2021年6月1日(火)より予約開始!7月中旬オープン



    ・住所 :〒401-050山梨県南都留郡山中湖村平野555
    ・予約 :
    https://www.nap-camp.com/yamanashi/14585

    ・問い合わせ:yoyaku-yamanakako@recamp.co.jp



    左からサイトマップ/富士山を望むサイトイ/管理棟・焚火広場イメージ

    ■ RECAMP山中湖オープンキャンペーンについて
    RECAMP山中湖オープンに伴い、RECAMPが運営及び運営協力を行う富士五湖周辺の3つの施設を
    6月1日から11月30日までに3回ご利用いただくと、様々な特典をうけられる
    RECAMP富士五湖エリア周遊スタンプラリーを実施します!

    開催期間:2021年6月1日(火)~2021年11月30日(火)
    ※先着500名様まで

    < 参加方法 >
    1. 対象の施設(SUMIKA CAMP FIELD、レイクロッジヤマナカ、RECAMP山中湖)を予約
    2. 周遊ラリー参加ご希望の方には、フロントにてスタンプカードをお渡し
    3. 期間内に対象施設に行き、スタンプを獲得
    4. 3回目の施設では施設ごとの特典あり
    5. 3つスタンプが溜まったスタンプカードはテントサイト無料券として利用可能

    ※どの施設からもスタートできますが、6月にSUMIKA CAMP FIELDご利用の方にはステッカープレゼントします!

    < 限定特典 >
    左:レイクロッジステッカー/右 SUMIKA ステッカー
    ・6月にSUMIKA CAMP FIELDを利用した方にはSUMIKAステッカープレゼントスタンプカードと一緒にお渡しします)
    ・7月にレイクロッジヤマナカを利用した方にはレイクロッジステッカープレゼント
    ・8月にRECAMP山中湖を利用した方にはRECAMPステッカープレゼント



    < 3回目来場特典 >
    サウナテント体験イメージ
    SUMIKA CAMP FIELD :サウナテント体験(要予約)
    レイクロッジヤマナカ  :薪割り体験 or マイテントサイト看板作りイベント参加(予定)
    RECAMP山中湖    :焚火料理体験参加(予定)

    スタンプが3つたまったスタンプカードはテントサイト無料券として利用ができます(2021年11月末まで)





    < 対象施設>
    SUMIKA CAMP FIELD
    https://www.nap-camp.com/yamanashi/13903
    レイクロッジヤマナカ 
    https://www.nap-camp.com/yamanashi/13955
    RECAMP山中湖 (7月中旬より営業開始)
    https://www.nap-camp.com/yamanashi/14585

    ■ 株式会社Recamp 概要
    ・代表取締役:丹埜 倫
    ・住   所: 東京都目黒区中目黒3-3-2 EGビル8階
    ・資本金  :1億3,383万円(資本準備金含む)
    ・設 立  :2019年4月
    ・事業内容 :キャンプ場の企画開発運営
    https://www.recamp.co.jp/

    配信元企業:株式会社 Recamp

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    日本を代表する合宿地のメッカにて、地域の次の産業を作る「RECAMP山中湖」を始動。2021年7月中旬オープン

    これキャンプ場の新しい形ですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【日本を代表する合宿地のメッカにて、地域の次の産業を作る「RECAMP山中湖」を始動。2021年7月中旬オープン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「生原酒ボトル缶」で知られる日本盛と、アウトドア総合メーカーのモンベルのタイアップ商品「日本盛×mont-bellオリジナルちょこ付きクージーと生原酒ボトル缶セット」がネット上で注目を集めている。

    日本盛の主力商品と、保冷・保温効果を高めるモンベルのクージー、そして日本文化を象徴する「おちょこ」を組み合わせたこの商品。昨年4月から7月、10月の3回にわたって限定販売し、いずれも完売しているほどの人気ぶりだ。

    そして第4弾となる2021年5月17日には1000セットの商品を販売し、わずか40分で完売。なぜこんなにも好評なのか――。会社ウォッチ編集部は20日、日本盛の広報担当者を取材した。

    社長同士が「一緒に何かできたらおもしろい」

    日本盛とモンベルのタイアップ2019年6月、「日本盛 生原酒 200mlボトル缶 mont-bellデザインボトル」から始まった。

    日本盛の広報担当者によれば、日本盛の森本太郎社長とモンベルの辰野岳史社長は昔から親交があり、「一緒に何か取り組みができたら、おもしろい」と考えていたという。

    商品タイアップの経緯について担当者は、

    「弊社商品の『生原酒ボトル缶』は、リキャップができて、軽くて持ち運びに便利という特性があります。お客様からは『アウトドアシーンでの飲用に非常に適した商品』とのお声があり、バーベキューキャンプお花見花火大会など屋外で楽しんでいただくことが多いです。
    そこでモンベルさんに商品をご紹介したところ、モンベルさんの商品開発コンセプトにも合致することから、『生原酒ボトル缶』のモンベルデザインボトルを発売することになりました」

    と話す。

    「生原酒ボトル缶」はそのまま飲むことはもちろん、料理酒として使用することもできる。

    日本盛はモンベルとタイアップを始めた19年からアウトドア、特に「キャンプ」に重点を置いた飲用啓発を行っている。担当者は、その背景を次のように話す。

    「きっかけの一つに、2019年は第3次アウトドアブームが盛り上がり始めた時期というのがあります。それまでは『日本酒を飲む人』の市場で消費者やマーケットを取り合っているような状態でした。
    そこで市場の縮小を防ぐため、『お酒は飲むけど、日本酒は飲まない人』という層へアプローチを検討。お酒を飲む機会が多い、キャンプをはじめとしたアウトドアにおける飲用啓発に力を入れるようになりました」

    日本盛ではモンベルとのタイアップのほかに、キャンプフェス(音楽ライブなどのキャンプイベント)への出店、ボトル缶のキャップを使った「キャップ飯」の提案、キャンプ場でのサンプリングSNSを使ったキャンプに関するキャンペーンといった取り組みをしている。

    「生原酒ボトル缶」なぜ誕生?

    そもそも、「生原酒ボトル缶」はどのような経緯で開発されたのだろうか。

    「生原酒ボトル缶」は2015年2月に誕生。開発のきっかけは「日本盛 酒蔵通り煉瓦館」(西宮市)や阪急西宮北口駅の改札内(2021年5月31日まで)で行う蔵元直送生原酒の量り売りで購入者から寄せられた、「日本酒ってこんなにおいしかったんだ」という驚きの声だった。

    購入者の声をもとに、生原酒を身近に楽しめる環境を目指す「生原酒の一般化」へのチャレンジが始まった。しかし生原酒は、品質を安定化させる加熱殺菌や希釈を行っていないため、劣化しやすく、品質管理のハードルが高い。そこで劣化要因である紫外線や酸素を防ぐため、遮光性と密閉性に優れたボトル缶を容器に採用した。

    容量はモンベルとのタイアップで使用した200ミリリットル(ml)のほか、360mlがある。小さい容量になっている理由を担当者に聞くと、

    「容量は『本格的なおいしさをいつでも、どこでも、手軽に』というコンセプトに準じて設定しています。小容量だからこそ手軽に欲しい分を飲めるうえに、様々なシーンで利用できる携帯性の良さを発揮します。また、幅広い層のお客様がトライアルしやすい面もあります」

    と説明する。

    「持ち運びできる生原酒」という新しい可能性を切り開いた日本盛。今後の商品展開について聞くと、

    「違いの分かるユニークな商品開発を意識しています。美味しさ、楽しみ方、シーン、用途、健康など、切り口は様々ですが、お客様にとって新しい気づき・価値の提供ができればと考えています」

    と話した。

    人気を博した「日本盛×mont-bellオリジナルおちょこ付きクージーと生原酒ボトル缶セット」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    キャンプでも「生原酒」が飲める! 日本盛とモンベルのコラボ商品、人気の理由は?


    このコラボ最高ですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【キャンプでも「生原酒」が飲める! 日本盛とモンベルのコラボ商品、人気の理由は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    合同会社エッグ総研は(本社:鳥取県米子市、代表社員:高下 士良)が運用する「山陰キャンピングカーレンタル」はキャンプが好きなジムニー乗りkonatsuのYouTubeチャンネルkonatsu camper」とコラボし、キャンピングカーで過ごした2日間を5月28・29日20時~全編、後編の二夜連続でプレミア公開します。



    【山陰キャンピングカーレンタル×konatsu camper】
    山陰で活動する「キャンプが好きなジムニー乗りkonatsu」と山陰エリアでキャンピングカーのレンタル事業を展開している「山陰キャンピングカーレンタル」がタイアップ
    初めてキャンピングカーの旅をするkonatsuから伝わる、運転のドキドキ感や車内のワクワク感、キャンプ好きならではのキャンプ飯など、キャンピングカーと共に詰め込まれた時間をYouTubeで公開します。



    プレミア公開日時】
    5月28日20時
    5月29日20時

    YouTubeチャンネル
    konatsu camper
    https://www.youtube.com/channel/UC45719SGDSX528ZcMe0g_4Q
    ←こちらのYouTubeチャンネルから“5月28日20時~と5月29日20時~”プレミア公開します。



    【今回ご紹介したキャンピングカーについて】
    今回konatsuが乗車したキャンピングカーは「セレンゲティ4WD」。抜群の走行性能を誇るハイエース/ロングワゴンGL/2700ccをベースにした、キャブコンの中でも決して大き過ぎない車種です。
    スタイリッシュコンパクトながらも、最大7人(大人5+子供2)までの就寝が可能な大容量設計。
    もはや車中泊の域を超えた高級感溢れるインテリアゆとりのリア2段ベッド、広々としたエントランスは、泊まる楽しさと快適な旅を可能にします。
    アウトドアはもちろん、車中泊を目的としたアーバン利用でも活躍するハイクラスキャンパーです。長期間の旅行でも安心のキャンパー装備!
    エンジン停止状態でも使用できるFFヒーターをはじめ、サブバッテリー、走行充電システム、家庭用100Vコンセントを使用できるインバーター、外部充電器、キッチンギャレー、冷蔵庫MAXファン地デジ液晶TV、カーナビETCバックモニターミラーサイドオーニングテントなどなど充実の装備内容になっています。



    ■山陰キャンピングカーレンタル概要
    「山陰キャンピングカーレンタル」はキャンピングカー専門のレンタカー店です。
    鳥取県米子市にある営業所を拠点に鳥取空港鳥取駅倉吉駅米子駅に出雲空港、出雲駅松江駅などご相談じ応じて配車サービスを行っています。

    ■合同会社エッグ総研(EGG RESEARCH INSTITUTE G.K.)概要
    【事業内容】
    ソフトウェア開発Web業務系,スマホ系,組込系)
    ・AI・IoTに関する研究開発事業
    ・マーケティング等のビッグデータ分析事業
    ・キャンピングカーレンタル事業


    住所:〒683-0805 鳥取県米子市西福原4丁目11-31
    電話:0859-36-8883(お問合せ・ご予約)
    URLhttps://sanin-campingcar.com/






    配信元企業:合同会社エッグ総研

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【コラボ企画】山陰キャンピングカーレンタル×konatsu camper 人気ユーチューバーkonatsuがキャンピングカーをレンタルして過ごした2日間を5月28・29日2夜連続でプレミア公開!!


    これ行ってみたくなりますね!!

    レンタルしてみよかな!!


    まとめて預けて選んで洗う!宅配クリーニング保管|サマリーポケット

    <このニュースへのネットの反応>

    【【コラボ企画】山陰キャンピングカーレンタル×konatsu camper 人気ユーチューバーkonatsuがキャンピングカーをレンタルして過ごした2日間を5月28・29日2夜連続でプレミア公開!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「頑張らない」が大正解! コスパ最高の「手ぶらキャンプ」のススメ

    キャンプはリーズナブルでも用品の購入は……

     宿泊料金が1泊2日で1サイト5000~6000円のキャンプは、ホテルや旅館に比べると非常にリーズナブル。とはいうものの、キャンプ用品をすべてそろえるためには、15~25万円はかかってしまいます。一度にこれだけの出費はちょっと厳しいですよね。手ぶらキャンプ

     そこで上手に活用したいのが、キャンプ場の用品レンタルです。場所によってはレンタルを行っていないところもありますが、充実しているキャンプ場なら手ぶらで行っても十分に楽しめてしまいます。今回は、無理せず気軽にキャンプデビューするための「手ぶらキャンプ」活用術を紹介しましょう。

    キャンプ場のレンタル事情

     用品のレンタル事情はキャンプ場によって異なります。レンタルを行っていないところもあれば、主要な大物用品のみを貸し出しているところもあります。

     代表的な用品のレンタル料金は、4~6人用テントなら20005000円、タープは1500~4000円、シュラフであれば5001000円が一般的です。

     ですから普段からBBQを楽しんでいる人は、BBQグリルテーブルチェアなどは持参して、テントやタープ、シュラフレンタルするといった利用方法が可能です。手ぶらキャンプ


    The post 「頑張らない」が大正解! コスパ最高の「手ぶらキャンプ」のススメ first appeared on AUTO MESSE WEB.

    手ぶらキャンプ

    手ぶらキャンプ

    手ぶらキャンプ

    手ぶらキャンプ

    「頑張らない」が大正解! コスパ最高の「手ぶらキャンプ」のススメ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「頑張らない」が大正解! コスパ最高の「手ぶらキャンプ」のススメ


    これがんばらないのがいいですね!!

    まずはレンタルで楽しみながら、

    ハマったら揃えていくことがいいですね!!


    為替取引を始めるなら≪DMM FX≫
    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【「頑張らない」が大正解! コスパ最高の「手ぶらキャンプ」のススメ】の続きを読む

    このページのトップヘ