campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > チェア

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    スタイルや用途別にオススメのチェアを紹介

     キャンプ用のチェアは家族の人数分必要で、家族それぞれ好きなチェアバラバラで買うのではなく、同じシリーズチェアを購入することが多いだろう。ただ、体格や心地良い姿勢というの人それぞれ異なるもの。そのため、チェア選びを妥協している人もいるだろう。そこで今回は、今持っているチェアに1脚だけでも追加したくなるオシャレチェアや、焚き火に向いたものなど、個性的なこだわりチェアピックアップしてみた。「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「無段階リクライニングチェア」でリラックス

     大人も子どもも座った人が心地良く感じる角度に無段階で調整できるリクライニングチェアキャンプゆっくり過ごすひとときは、こんな椅子でくつろぎたい。

    1)ラフマ「リクライニングチェア」

     今でこそいろいろなメーカーが無段階調整の快適リクライニングチェアを用意しているが、元祖といえばラフマ。以前はコードフレームと生地をつないでいたが、現行モデルは生地に取り付けられたクリップフレームの輪っかにはめこむだけ。より簡単に生地交換でき、コードよりもへたりが少ない。クリップは樹脂製で、程良く沈み極上の座り心地となっている。背もたれを倒せば足もとが上がり、昼寝用にもちょうど良い。ただ、折りたたんだサイズはお世辞にも薄いとは言えず、ゆとりあるクルマが必要だ。「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    2)ニーモ「スターゲイズ・キャンプチェア」

     フレームシート生地を引っかけるという画期的な構造でハンモックのような座り心地を得られる人気チェア。独自のオートリクライニング機構を搭載していて、体を傾けるだけでちょうど良い角度になるのも秀逸だ。組み立てが簡単で、荷重がかかるとロックがかかってシート生地が外れるのを防ぐのもうれしい配慮。今どきのフレームを分割できる軽量チェアと似た構造だが、重量は3kg程度とちょっと重め。「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    カップルやファミリーにオススメの「ソファタイプ」

     次に紹介するのは、家族みんなで座れる座面がふかふかのソファタイプ。もし家族やファミリーで楽しむキャンパーが椅子の買い換えを考えているなら、候補のひとつにいかがだろうか。

    3)ロゴス「グランベーシック・グランプソファ2」

     グランベーシックというグラマラスでラグジュアリーなシリーズのソファ。収束タイプのベンチに発泡ポリウレタンのクッションを載せることでリビング用ソファに負けない座り心地を実現する。ベルクロでクッションをとめるので背もたれ側もすっきり美しい「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

     別売のアームクッションを使えばよりソファっぽくなるのでベランダでも活躍する。幅は121cmと親子で座るのにちょうど良いサイズだが、クッションの分だけ収納サイズは大きめだ。「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    4)オンウェー「コンフォート ローチェアプラス」

     ソロやデュオなら、一人用ソファ感覚のふかふかクッション付きローチェアが狙い目。こちらは座り心地に定評のあるコンフォートローチェアと、化繊綿をたっぷり封入したスウェード調カバーセットで、自宅インテリアフィットするデザインとなっている。座面高は約30cmで、脚を投げ出してくつろげるよう背もたれの傾きはやや大きめだ。ただしカバーは熱に弱いので、焚き火のそばで使うならカバーを取り外しておきたい。「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選


    The post 「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選

    これ魅力的ですね!!

    欲しくなりますね!!


    初めての方や女性も簡単【WAQタープテント】

    <このニュースへのネットの反応>

    【「屋外ソファ」に「揺れるハンモック椅子」! キャンプの楽しさ倍増の「技ありチェア」7選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンプチェアを選ぶ際、何を基準に選びますか? 多くの人は“座り心地”かもしれません。

    ただこの“座り心地”ですが、環境によって大きく左右されます。テーブルの高さやロースタイルといったキャンプスタイルだけでなく、料理や作業をする時、焚き火にあたる時、自然を感じながらリラックスしたい時など、シーンによっても理想とする座り心地が違ってくるから。

    そんな中、ひとつであらゆるスタイルに対応してくれるキャンプチェアDOD「スゴイッス」(オープン価格)が発売されました。

    なんと、高さや角度が調整できる可変スタイル。さらには焚き火のそばで使っても安心な素材など、さまざまなシーンを快適に過ごせる“スゴイ”椅子でした。

     

    DODの超可変キャンプチェア「スゴイッス」は一体何がスゴイのか?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    DODの超可変キャンプチェア「スゴイッス」は一体何がスゴイのか?

    これ欲しくなりますね!!


    人気ブランド家具・家電もサブスクライフ

    <このニュースへのネットの反応>

    【DODの超可変キャンプチェア「スゴイッス」は一体何がスゴイのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドアチェアは、キャンプBBQのくつろぎ時間や食事の場で活用されます。用途に合わせて正しく選ぶとアウトドアシーンを充実させ、楽しいものにしてくれるでしょう。この記事では、アウトドアチェアメーカー別の特徴と選び方についてご紹介します。

    Onway コンフォートチェア2

    アウトドアチェアとは、キャンプBBQなど野外での活動で活躍する椅子のことです。焚き火を見ながらのくつろぎ時間や、野外での楽しい食事の場で活用されます。 近年は、オートキャンプ人口の増加やアウトドアファッションの日常化など、空前のアウトドアブームと言われています。また、家で過ごす時間が増えたことに伴い、自宅の庭やベランダでちょっとしたアウトドア気分を楽しむ人も増えました。 この記事では、アウトドアシーンを盛り上げるアウトドアチェアについて、メーカー別の特徴と選び方をご紹介します。

    アウトドアチェアの種類は大きく分けて、ハイスタイルとロースタイルの2つあります。ハイスタイルは座面の高さが40㎝ほどの椅子で、食事や作業の際にテーブルと組み合わせて使います。自宅のダイニングチェアと同じような使い方で、背面がないものやベンチタイプのものもあります。 一方、ロースタイルは座面の高さが30㎝以下で、リラックスして座る目的の椅子です。あくまで座面の高さがポイントですので、ハイバックチェアでも低めの座面でリラックスするものなら、ロースタイルにカテゴライズされます。 また、これとは別に地面に密着した座敷スタイルの椅子もあります。

    ここからは、おすすめのアウトドアチェアメーカーの特徴と製品をご紹介します。リーズナブルな最新ブランドから老舗のハイブランド、小型の椅子からベンチまで様々なメーカーを取り上げ、どんな方におすすめなのかお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

    Coleman(コールマン)
    ¥12,980〜
    Coleman(コールマン)COMFORTSMART SUSPENSION CHAIR
    長い歴史を持つアウトドア用品メーカーColeman

    高い品質のキャンプ用品を手頃な価格で提供しているため、アウトドア初心者から上級者まで幅広い層に支持されています。その品質の高さは機能にも耐久性にも当てはまり、十分な広さと耐水性を持つテントのタフドームガソリンランタンはロングセラーです。そんなColemanが作るアウトドアチェアは、価格と機能のバランスが取れた製品ばかりです。

    例えば「COMFORTSMART SUSPENSION CHAIR」は、背もたれに通気性のよいメッシュ生地を採用し、暑い日も快適に過ごせます。また、ドリンクホルダー付きでワインボトルやカップを収納可能です。 さらに、折りたたみ式になっているため、持ち運びしやすい仕様となっています。約6kgのやや重い椅子ですが、価格と機能を考えればバランスの良いチェアと言えるでしょう。ベーシックなチェアですので、キャンプチェアを初めて購入される方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    アウトドアチェア チェア ベンチ べニア背付きベンチ 収納バッグ付き CSクラシックス UP-1047 / UP-1051
    ¥8,954~
    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアチェア チェア ベンチ べニア背付きベンチ 収納バッグ付き C
    CAPTAIN STAGは、燕三条の金属製日用品メーカーであるパール金属のアウトドア部門としてスタートしたアウトドアブランドです。

    手に入れやすく使いやすいアウトドア用品を、日本のキャンパーたちのために30年以上に渡って提供しています。 同社の製品は小型化とコスパの高さが魅力と言えるでしょう。BBQにもダッチオーブン調理にも使えるヘキサステンレスファイアグリルは、金属板のように折りたためる便利さで5,000円以下です。アウトドアチェアにもその特徴が見られます。

    例えばCAPTAIN STAGのソロベンチは、全てのパーツがベニアでできた15,000円以下で買える椅子です。さっと組み立てられて、しまうとコンパクトになりラクラク持ち運べます。収納バッグが付いているので片付けしやすいのもポイントです。 車に積んでもコンパクトなので、アウトドアの頻度は多くなくても、必要なときにはチェアが欲しいという方におすすめします。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    アウトドアチェアメーカー3:snow peak(スノーピーク)
    スノーピーク(snow peak)
    ¥27,478〜
    スノーピーク(snow peak) FES-185 Take!チェア ブラック
    燕三条で登山用品のメーカーとしてスタートしたsnow peakは、その高い機能性と洗練されたデザインで、今や日本を代表するアウトドアメーカーとなりました。

    全て日本製であるこのメーカーの製品は、高い耐久性と使いやすさで幅広い支持を集めています。 snow peakの製品の魅力は、デザインの美しさと機能美にあります。無骨でキャンパー心をくすぐるデザインで、収納にも棚にもなる便利さを併せ持つシェルフコンテナ25など、人気製品が多数あります。アウトドアチェアも例外ではないでしょう。

    例えば、Take!チェアは、座り心地のよさとデザインの美しさを同時に実現した椅子です。洗濯もできて丈夫な6号帆布製が体をすっぽり包み込み、竹材とアール曲線のアルミ脚は強度を維持しながら洗練された美しさを感じさせます。 屋内でも普段使いできるデザインなので、自宅でもアウトドアでも使えるような椅子が欲しいという方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    アウトドアチェアメーカー4:Onway(オンウェー)
    ONWAY(オンウェー)
    ¥18,590〜
    Onway コンフォートチェア2
    25年の歴史を持つOnwayは、独特のデザイン性の高さで定評のあるアウトドアブランドです。

    Onwayの製品は全て自社デザインオリジナル製品で、グッドデザイン賞を多数受賞しています。聖火台のような美しい焚き火台や収納力抜群のローテーブルなど、個性が光る製品の中で、アウトドアチェアは人間工学に基づいた座り心地の良さで人気です。

    例えばコンフォートチェア2は、「2時間映画を観ても疲れない」をキャッチコピーにするほど、座り心地の良さにこだわった折りたたみハイバックチェアです。太めの金属脚がしっかりと体を支え、天然竹の肘掛けは手に馴染むようにフィットします。 その安定感ゆえ4.8kgとやや重いので、持ち運んであちこちで気軽に使うというより、長期間でゆったり過ごすキャンプや自宅での普段使いにぴったりです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ヘリノックス(Helinox)
    ¥40,093〜
    Helinox サバンナ ハイバック折りたたみキャンプチェア マルチカム/コヨーテ
    Helinoxは、テントのアルミポールを製造するメーカーであるDAC社のアウトドアブランドです。

    DAC社のポールは、その強さと軽さから多くのメーカーのテントで採用され、アウトドアチェアにもその特徴が引き継がれています。同社はその高い技術力を活かし、座り心地と持ち運びやすさを同時に満たす椅子を数多く世に送り出しています。

    例えばサバンナチェアの魅力は、快適な座り心地、軽さ、耐久性が同時に実現されたことと言えるでしょう。ゆったりとした広い座面の椅子は、わずか1.8kgしかなく折りたたんで簡単に持ち運べます。この軽さにもかかわらず、耐荷重は145kgまで対応可能です。 頻繁にアウトドアチェアを持ち運びしながら使いたい方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    アウトドアチェアメーカー6:DOD(ディーオーディー)
    タキビチェア 火の粉に強い帆布生地を使用した焚き火専用キャンプチェア C1-597-KH
    DOD(ディーオーディー)
    タキビチェア 火の粉に強い帆布生地を使用した焚き火専用キャンプチェア C1-597-KH
    ¥10,980~
    DOD(ディーオーディー) タキビチェア
    マークでおなじみのDODは、タケノコテントやカマボコテントなど、ユニークな製品を作るメーカーです。

    社の魅力は、キャンパーがワクワクするような製品とコスパの高さと言えるでしょう。広告や実店舗にコストをかけないことで低価格を実現しています。アウトドアチェアにもその特徴が見られます。

    例えば、タキビチェア焚き火に特化したユニークチェアです。火の粉が当たっても穴が空きにくい丈夫な帆布生地を採用し、風で飛ばされにくい安定性を実現したため、焚き火に近づいて温まりながら安心して使用できます。 アウトドア焚き火を頻繁にする方や、これから焚き火を楽しみたいという方におすすめします。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    QUICKCAMP アウトドア キャンプ クイックセットアップ GIコット 折りたたみ ワンタッチ コット ベッド 寝具 QC-AC190 マット
    ¥8,290
    クイックキャンプ QUICKCAMP アウトドア キャンプ クイックセットアップ GIコット 折りたたみ ワンタッチ コ
    QUICKCAMPは、スポーツ用品メーカーeSPORTSプライベートブランドで、初心者にも使いやすく買いやすい製品が数多く見られます。

    同社のコンセプトは、アウトドアをもっと気軽に楽しむことです。ワンタッチで組み立て可能なクイックテントや、乗せるだけでテーブルになるワゴンなど、気軽に使えて気軽に買える画期的なアウトドア用品を提案しています。

    その手軽さは、クイックセットアップGIコットにも見られます。6.9kgのコンパクトな物体が、組立不要のワンタッチで1m90㎝ものベンチ兼ベッドに早変わりします。また、シートにはクッション材が挟み込まれているので、野外でも快適な寝心地を実現します。 大人数のアウトドアでベンチとして使いたい方や、野外でも心地よく眠りたいという方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    BUNDOK(バンドック)
    ¥7,681〜
    BUNDOK(バンドック) ロースタイル チェア
    BUNDOKは、燕三条で1925年にスポーツ用品やアウトドア用品のメーカーとして創業した株式会社カワセの国産ブランドです。

    同社は1万円以下のテントやグリルなど、リーズナブルな製品を提供し、アウトドア初心者でも手が出しやすい価格の製品を多く手掛けています。椅子も例外ではなく、ハイブランドで数万円するアウトドアチェアも、このブランドでは数千円から購入できます。

    例えばロースタイルチェアは、1万円以下で買える椅子で、シンプルデザインと使い勝手の良さが人気です。座面の高さが約29㎝とロースタイルで、立ち座りの動作が多いBBQの準備や調理にぴったりと言えるでしょう。 アウトドア初心者の方や、BBQ用の椅子を探している方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    アウトドアチェアメーカー9:Campers Collection(キャンパーズコレクション)
    ナチュラルコット WFB-200 ベージュ
    キャンパーズコレクション
    ナチュラルコット WFB-200 ベージュ
    ¥12,000〜
    キャンパーズコレクション ナチュラルコット WFB-200
    Campers Collectionは、コスパの高い生活用品を提供する山善のアウトドアブランドで、アウトドア初心者にも使いやすい製品です。

    このブランドは、ユーザーの声を反映させた商品開発がコンセプトです。オールシーズン対応の寝袋や虫除けできるテントなど、魅力的な製品をリーズナブルな価格で提供し、ホームセンターでも購入可能にしています。アウトドアチェアも同様です。

    例えばイーネクストベンチは、幅1155mm×奥行310mmのゆったりベンチにもかかわらず約2kgと女性でも持ち運びしやすい重さとなっています。しかも、低価格なため初心者でも手が出しやすいでしょう。 アウトドア初心者の方や、大人数のアウトドア用としてベンチを買い足したい方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    リクライニングチェア 折りたたみ (FUTURA AIR COMFORT) ブラウン LFM3110 ブラウン
    Lafuma(ラフマ)
    リクライニングチェア 折りたたみ (FUTURA AIR COMFORT) ブラウン LFM3110 ブラウン
    ¥40,700〜
    Lafuma(ラフマ) チェア リクライニングチェア
    Lafuma1930年創業のフランスアウトドアブランドで、特にアウトドアチェアは「ラフマチェア」と呼ばれて世界中で長きに渡って愛されています。

    Lafumaの製品すべてに共通するのが、洗練されたデザインと優雅で快適な座り心地です。鮮やかな色使いでゆったり座れるポップアップチェアや、有機的フォルムで手入れしやすいコクーンチェアなど、見た目と機能のバランスがとれた椅子ばかりです。

    中でもFUTURA AIR COMFORTは、リラックスを追求した椅子といえます。人間がリラックスすると言われるリクライニング角127度を取り入れ、クッション内部に水分がたまりにくい素材が使われています。屋内の椅子としても十分な座り心地と機能の椅子です。 アウトドア中に至福の時間を過ごしたい方や、キャンプでも自宅でもリラックスできる椅子が欲しい方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    2019 車中泊

    ここからは、アウトドアチェアの選び方のポイントをご紹介します。椅子は体を支える重要なツールであり、選び方を間違えると破損や怪我の恐れがあるため大変危険です。また、持ち運びすることを考えると、収納や組み立てやすさもポイントになるでしょう。

    まず重要なポイントが、用途に合わせた座り心地です。深くどっしりと腰掛けて焚き火を眺めながらリラックスするのか、立ち座り作業が多いBBQのようなシーンで使いたいのかなど、どんな場面でどう座りたいかを決めましょう。

    この時チェックしたいのが、座面の高さ、背もたれの高さ、肘掛けの有無、沈み込み具合です。 食事など、テーブルをともに使うなら、座面は高く肘掛けはない方がいいでしょう。逆にリラックスしたいなら、肘掛けがあり、包み込まれる座り心地のものをおすすめします。

    アウトドアシーンを盛り上げるには、好みのデザインで選ぶことも重要です。近年アウトドアファッション化し、日常生活でもアウトドアウェアやツールを愛用する人も増えています。それらを生み出すアウトドアブランドはそれぞれ全く違った個性と特色があるので、デザインチェアを使うシーンの雰囲気も左右すると言えるでしょう。

    どんなアクティビティをどのくらいの頻度で行うか考え、重さや持ち運びのしやすさもチェックしましょう。

    いくら座り心地のいい椅子を選んでも、移動が多いアクティビティではその重さや大きさが邪魔になることがあります。 歩いて移動する距離が多いアウトドアの場合は、軽量のアウトドアチェアを選びましょう。また、専用バッグが付属しているかどうかもポイントです。

    使わない時はどこに収納できるか、また収納できる大きさかどうかも選ぶポイントになります。キャンプを頻繁に行う方でも、あくまでアウトドアイベントです。日々使う家具や道具と違って、使う時以外はどこかに収納しておく必要があります。 したがって、使用時だけでなく収納場所に入るサイズかどうかもチェックしておきましょう。

    アウトドアチェアを使う人のレベルに合わせて、組み立てやすさも考慮して選びましょう。どんなに座り心地のいい椅子を購入しても、実際のアウトドアで組み立てに手こずるとその他の作業に影響します。 初心者は、ワンタッチで組み立てられるようなものやネジの必要ないものなど、簡単に用意できるものを選びましょう。

    椅子が使う人の体重に耐えられるかどうか、ベンチを何人で使うかなども忘れてはいけないポイントです。座りやすく持ち運びやすい小型のアウトドアチェアを選んでも、使う人の体重に合っていなければ破損の危険性があります。野外で破損すると直すのは困難であり、怪我しては大変です。 必ず耐荷重をチェックしてから購入しましょう。

    用途に合ったキャンプアウトドアチェアを選ぼう

    本記事では、アウトドアチェアメーカー別の特徴と選び方を紹介しました。ご覧いただいたように、アウトドアチェアメーカーによって特徴も個性もかなり異なります。したがって、用途や使う人によって使いやすさにかなり差が出ると言えるでしょう。 充実した楽しいアウトドアにするためにも、お伝えしたポイントを踏まえて、ぴったりなアウトドアチェアを選びましょう。

    アウトドアチェアメーカーおすすめ10選|種類や選び方についても紹介


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アウトドアチェアメーカーおすすめ10選|種類や選び方についても紹介

    これ気になりますね!!


    欲しくなりますね!!

    アウトドア用品ならL-Breath


    <このニュースへのネットの反応>

    【アウトドアチェアメーカーおすすめ10選|種類や選び方についても紹介】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    大阪に本社を構える企業「ハック」では、デザインと機能性を備えたアウトドア用品専門ブランドMontagna」を展開中。折りたたみチェアだけでも数種類の商品が揃っていますが、特に注目を集めているのが大きな日除けつきの「サンシェード・アームチェア」です。SNSでも、「ユニークな形で面白い!」「1年中使えるアイテムだね」といった声が続出。便利な機能の数々をさっそくレビューしていきましょう。

     

    【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

     

    ●日除けつき折りたたみチェア「サンシェード・アームチェア」(ハック)

    キャンプ場でのんびりくつろぎたい時は、自分の体に合ったアウトドアチェアを持っていくことに決めている私。今使っているチェアもなかなかお気に入りなのですが、座面が少し窮屈な点が気になっています。次はもっとゆとりのあるチェアが欲しいと考え、以前から気になっていたブランドMontagna」をチェック。珍しいデザインの「サンシェード・アームチェア」(3480円/税込)を購入してきました。

     

    ハリのある丈夫な生地とスチール製のパイプによってつくられている同商品。折りたたんだ状態では約16(幅)×16(奥行)×98cm(高さ)ほどの大きさで、持ち運びに便利なベルトつきの収納ケースも付属しています。

     

    ケースから取り出して組み立ててみると、約78(幅)×66.5(奥行)×96cm(高さ)と大きめのチェアに。右側のひじ掛けにはドリンクを置けるポケットもついていて、リラックスタイムに最適です。

     

    さらに背もたれの裏にあるパイプを伸ばせば、太陽を遮れるサンシェード(日除け)が登場。サンシェードは最大130cmまで引き上げられるため、自分の座高や太陽の高さに合わせて自由に調節できますよ。試しに座ってみたところ、布地がしっかりしていて腰に負担のかからない座り心地。座面と背もたれには十分な広さがあり、ゆったりくつろぐことができました。

     

     

    購入した人からも、「日除けと一体型なのがすごく助かる!」「組み立ても簡単で気軽に使えます」「耐久性も高くてすごく頼もしい」といった声が上がっている「サンシェード・アームチェア」。冬でも隙のない日差し対策を心掛けて、健康的なアウトドアを楽しみたいですね。

     

    ※価格は商品購入時のAmazon実売価格です。

    高さ調節可能な日除けつき! ゆったりくつろげるアウトドア用折りたたみチェア「サンシェード・アームチェア」レビュー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    高さ調節可能な日除けつき! ゆったりくつろげるアウトドア用折りたたみチェア「サンシェード・アームチェア」レビュー


    これ新しいチェアですね!!


    ここだけの現金還元!Y!mobile正規代理店「ヤングモバイル」!

    <このニュースへのネットの反応>

    【高さ調節可能な日除けつき! ゆったりくつろげるアウトドア用折りたたみチェア「サンシェード・アームチェア」レビュー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    カインズへ足げに通って、リラックスチェア探していましたが、
    出会えないので、ネットで注文、店舗で受け取りしてきました!

    ヘリノックス風のチェアを探していたのでやっと手に入れました!!

    やっぱりコンパクトが一番!!

    IMG_5444


    中身はこんな感じですね!!

    まさにヘリ○ックスですね笑

    IMG_5445

    IMG_5446

    骨組みはこんな感じですね!!

    IMG_5447

    ちょっと、隣のヘリノックス見えちゃってますが笑

    IMG_5448


    チェアの布かけたらこんな感じですね!!

    IMG_5450

    せっかくできたのでヘリノックスと並べてみました!!

    やっぱりいいですね!
    コスパ最高です!!






     

    このページのトップヘ