campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > 焚き火台、ストーブ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ミニマルでスタイリッシュ、しかも多機能なキャンプギアを作りたい!という想いから
    折り畳み焚火台「MINI FLAME」が生まれました!

    1. 超軽量・コンパクトで、ショルダーバッグにも入る!ソロキャンプの必須アイテム
    2. 小さいのに多機能!五徳付きで焚き火も料理も楽しめる。
    3. 組立て時間はわずか1分!消火も早くて片付け簡単♪
    4. 人体にも環境にも優しい素材を厳選!サステナブルな焚火台。

    現在は国内最大手のクラウドファンディングサイト、Makuakeにて絶賛公開中。

    ・Makuakeサイトはこちらから
    https://www.makuake.com/project/miniflame/


    折り畳み焚火台<MINI FLAME」とは?
    みなさん、キャンプでこんなお悩みはありませんか?

    ・「焚火台は大きめのがっちり構造で、重くて持ち運びが大変」
    ・「組み立てが複雑、力も必要で女性一人では扱えない」
    ・「なかなか火おこしができなくて、いつもイライラ・・・」
    ・「キャンプならではのいろんな野外料理作ってみたい」
    ・「ソロキャンプツーリングなどに使える、軽量コンパクトな焚火台があればいいのに」


    折り畳み焚火台<MINI FLAME>は、機能性がけた違い!

    折り畳み焚火台<MINI FLAME」のココがすごい

    POINT1:とにかく軽量、コンパクト

    焚き火キャンプ料理も楽しみたいけど、

    荷物が重いのはちょっと・・
    リュック一つで、身軽にキャンプに行きたい。

    荷物の軽量化を重視して、焚火台の代わりに
    シングルバーナーを利用されている方も多いのではないでしょうか?

    バーナーはもちろん便利ですが、せっかくなら焚き火
    ゆらめく炎を楽しみたいですよね。

    折り畳み焚火台<MINI FLAME>なら、ショルダーバッグにも
    楽々入るので、邪魔になりません。

    ちなみに、焚き火には「1/f(エフ分の一)ゆらぎ」と呼ばれる
    高いヒーリング効果があるそうです。

    大自然のなか、暖を取ったり、調理するだけでなく
    疲れを癒してリフレッシュまでできちゃうんです。

    POINT2フォーメーションする焚火台
    網1層で焚き火のみでも、網1層で調理器具を使っても良し、網2層でBBQでも良し。
    小さいながら、耐荷重も10Kg以上あるので、小型のダッチオーブンも使えます。

    家ではできない豪快な料理こそ、キャンプの醍醐味ですよね。
    MINI FLAMEは小型ながら、BBQ、焼き料理、煮込み料理、ダッチオーブン、何でもできちゃいます。


    また、添付のように骨組みをサイドに畳んで
    焚き火だけを眺めることも可能です。
    POINT3: 女性でも1分で組立て、片付けも簡単♪
    フレームを展開するだけだから、女子でも簡単に組み立て可能。
    パーツバラバラになることもありません。

    付属のメッシュ網は、フレームに引っ掛ければ設置完了。
    ステンレスメッシュ網の設置は、大が5段階、小は3段階的で調節可能です。
    また、フレームにほとんど火が接触しないので、本体が蓄熱しにくく、汚れにくい構造です。
    そのため、焚火台が冷めるのを待つ必要もなく、水かけ消火も可能です。

    POINT4:通気性抜群、だから燃焼効率も良い。
    全方向から空気が取り入れられ、短時間で火おこし可能。

    また、本体の冷却時間も短いため、撤収ぎりぎりまで焚き火を楽しむことができます。
    風の強い日や気温の低い時には、付属の風徐板で火力を補助します。
    POINT5:人にも環境にも優しい素材、デザインです。

    火床は地面から離れているので、地面を汚さず、傷つけません。
    ステンレスメッシュ網が細かい網目で灰が落ちにくいですが、落ちても付属のスパッタシートで受けることができます。

    なお、スパッタシートは人体に無害な炭素素材を採用しています。
    焚火フレームステンレスメッシュ網は、リサイクル可能でサステナブルステンレスを採用。

    ・野外でのBBQに。
    キャンプツーリングに。
    ・海、ビーチ、釣りに。
    ・災害時に。
    ・ご自宅の庭キャンで。

    様々な場面で活躍するのが
    折り畳み焚火台<MINI FLAMEす!

    商品特性

    信頼の品質
    2013年設立、日本と韓国での販売実績も多く、信頼のアウトドア専門工場です。

    ラインナップ

    商品詳細
    焚火台 + 充実の付属品のセットとなります。
    製品スペック



    リターン詳細


    あいさつ
    こんにちは!当ページをご覧いただき、誠にありがとうございます
    私達は、世界6拠点(香港、東京、深セン、義烏、バンコク、LA)にて、商品開発、製造管理を行っているブランドメーカー「Campify」です。

    コロナ禍や自然災害など何かとストレスの多い現代において、大自然で豊かなひとり時間を過ごせるキャンプ
    心とカラダをパワーチャージできる、最高の贅沢ではないでしょうか。

    キャンプをもっと身軽に、もっと便利に楽しんでいただけるようにと、本商品の企画開発が始まりました。

    折り畳み焚火台<MINI FLAME>は、小型&軽量化と耐久性・機能性を同時に追求した商品なので、数々の試行錯誤を重ねましたが、長い年月を経てようやくプロジェクトを開始することができました。
    このプロジェクトにご協力いただいた皆様方に、心より感謝申し上げます。

    この折り畳み焚火台<MINI FLAME>で、みなさまの生活が今より少しでも楽しく、豊かになることを願っております。


    プロジェクト終了から最長で6か月以内にお届けいたします。
    (基本的には2022年5月末までにお届けとなります。)

    ・Makuake商品ページはこちらから
    https://www.makuake.com/project/miniflame/


    【会社概要】
    会社名:株式会社ベイモンド
    所在地:横浜市神奈川区西寺尾四丁目22番16-2号
    代表者:山田和弘
    設立:2021年10月20日
    事業内容:各種商品の販売、製造、輸出入及びそのコンサルティング

    【お客様からのお問い合わせ先】
    Naturaldrop事務局
    TEL:050-5213-2039 (平日9:0018:00
    e-mailhandream@lucent.jp.net

    配信元企業:株式会社ベイモンド

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【多機能 × ミニマル】軽量コンパクトで料理もできる!ソロキャンプの必需品〈MINI FLAME〉Makuakeで予約販売受付中!

    このミニ焚き火台いいですね!
    コンパクトで山にキャンプに最高のギアですね!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【【多機能 × ミニマル】軽量コンパクトで料理もできる!ソロキャンプの必需品〈MINI FLAME〉Makuakeで予約販売受付中!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     登山、キャンプBBQ・・・。「3密」を避けられるアウトドアへの注目が、長いコロナ禍でますます高まっている。そんな中、老舗メーカー・井上金物株式会社名古屋市)が、自社ブランドである「IRONBLOCK FIREGEARシリーズを東京で初めて発売した。

     「IRONBLOCK 吹火台(ふきびだい)2×4STOVE」(フルセットで税込み17,380円)は、たき火を気軽に楽しめる、燃えやすい「2×4材」の端材をエントツ状に組み上げることで、強力な炎が長時間持続する。端材を本体に差し込み、付属レンチで固定するだけなので、簡単にスウェーデントーチのような炎を作り出せる(屋外専用)。

     「2×4材」は、柔らかい木材で子どもでも切断できることから、キャンプDIYによる家族団らんにも、一人キャンプで獣避けに長時間安全に燃やし続けられるアイテムとしても、人気が高い。ただし、安価で扱いやすい反面、端材が多く発生してしまう廃棄処分の問題も抱えていた。今回発売される「吹火台2×4STOVE」は、こうした端材を有効活用するため、サステイナビリティーへも貢献する商品といえる。

     井上金物が東京ソラマチ(東京)の5階にオープンした「日本特種ボディー ショールーム」で1月から販売開始。「自然と親しみ 自然に備える」をテーマにしたショールームで、キャンピングカーから保存用食品までさまざまなアウトドアグッズが紹介されている。初心者が、見比べながら自分に合ったギアを取りそろえるのにもうってつけだ。

    誰もが安全で気軽に“焚火”を楽しめる「吹火台2×4STOVE」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    初心者でも“たき火”が気軽に楽しめる アウトドアグッズが東京に進出!

    これ気になるアイテムですね!
    この動画見れば魅力がわかりますね笑笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【初心者でも“たき火”が気軽に楽しめる アウトドアグッズが東京に進出!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    開催が間近に迫ったアウトドア博覧会「TOKYO OUTDOOR SHOW2022」。ファッションキャンプギアをはじめ、クルマや雑貨、食に関する事柄など、今のアウトドアを取り巻くライフスタイルに触れられる一大イベントだ。今回は、TOKYO OUTDOOR SHOW2022に出展するブランドに焦点を当てて一押しの逸品を厳選紹介!

    TOKYO OUTDOOR SHOW 出展ブランドPICKUP!!  #4  焚き火台セレクション

    朝晩の冷え込みが厳しくなる季節こそキャンプは楽しいという人は多いハズ。この時期のキャンプの醍醐味は、なんと言っても焚き火ではないでしょうか。備え付けのファイヤーピットが無く直火も禁止が多い日本のキャンプ場では、やはり焚火台が必須装備。そこで今回はTOKYO OUTDOOR SHOWに出展するブランドの中から、冬から春にかけてイチオシの焚き火台3選をご紹介!

    01. TOKYOCRAFTS(トウキョウクラフト)

    TOKYOCRAFTS「マクライト」¥9878

    人気沸騰中のトウキョウクラフトの新型焚き火台「マクライト」は、バックパックにも難なく入るスリムな長方形のデザイン(21×40cm)で、わずか794gの軽さを実現しながらも、火床が広いため、ソロはもちろん、ファミリーグループでも使える焚き火台。

    従来の軽量焚き火台に比べて火床の広さが十分に確保されているので、ストレスなく薪を組むことができ、燃焼効率が高まる「井桁型」や美しい炎が鑑賞できる「合掌型」など、自由な組み方で焚き火を楽しむことができる。付属のゴトクを使用すれば、ケトルでお湯を沸かしたり、直火で調理したりも楽しめる。

    (問)TOKYOCRAFTS https://tokyocrafts.jp/

     

    02. 燈PRODUCT(アカリプロダクト)

    煌喜(きらめき) ¥44000

    アウトドアシーンに欠かすことの出来ない燈(あかり)をコンセプトに、デザイン性、利便性、機能性などにこだわったメイド・イン・ジャパンのプロダクトを送り出す燈PRODUCTの焚き火台。

    本体はしっかりと綺麗な溶接面、カット面を演出するためにあえて黒皮無しで仕上げた美デザインな逸品。 火を入れ熱が入ると鉄が鮮やかな色になり、焚き火の楽しさを加速してくれる一度で二度おいしい仕様。 足はクロスさせたまま本体に収納でき、設営撤収もラクラク。

    (問)燈PRODUCT https://akariproduct.com/

     

    03. THE IRON FIELD GEAR(ジ アイアン フィールド ギア)

    TAKI BE ITA L SIZE ¥15070

     

    焚き火台では常識外れの3.2mmという極厚の鋼板を使ったタフ仕様ながら、収納時の厚みは1cm以下になるというコンパクトさが魅力的な「ジ アイアン フィールド ギア」の新作焚き火台。

    また、組み立ては4つのパーツを組み込んでいくだけと簡単設営なのもポイント焚き火だけではなく、料理もできるよう五徳も付属し、ヤカンや鍋が置けたり、スキレットでの料理も楽しめる。さらに、パーツの組み方によって薪おき台としても使用できるマルチな仕様となっている。

    (問)興栄企画 tel:0877-98-7797 https://tifg.jp/

     

    トーキョークラフト、燈PRODUCT、ジ アイアン フィールド ギアも出展!アウトドアの大博覧会「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022」。

    2022年1月14日(金) 〜 1月16日(日) の期間、幕張メッセで開催予定のアウトドア大博覧会「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(トウキョウアウトドアショー2022)」。トーキョークラフト、燈PRODUCT、ジ アイアン フィールド ギアのブースでは、他にも注目作が満載なので、ぜひTOKYO OUTDOOR SHOWへ足を運んでみて!!

     

    外遊び好き必見のアウトドア・ファッションブランドが、TOKYO OUTDOOR SHOW 2022に大集結!!

    アウトドア大博覧会「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022」では、ここで紹介したブランドの他にも、外遊び好きにはおなじみのおしゃれアウトドア的な人気ブランドが多数出店!  注目作や人気のギア、2022年春の新作もひと足お先にお披露目されたりとお楽しみ要素盛りだくさんなので、気になった人はこちらからチケットをお買い求めください!

    出展ブース一覧へ>>

    <イベント概要>

    開催日
    2022年1月14日(金)9:00〜19:00  ※ビジネスデイ。一般公開は致しません。
    2022年1月15日(土)9:00〜19:00(一般公開日)
    2022年1月16日(日)9:0018:00(一般公開日)

    会場
    幕張メッセ (日本コンベンションセンター)  国際展示ホール11  (千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

    入場料
    TOKYO OUTDOOR SHOW 2022 入場券 1/15(土)  ¥1,500
    TOKYO OUTDOOR SHOW 2022 入場券 1/16(日)  ¥1,500
    TOKYO OUTDOOR SHOW 2022 + TOKYO AUTO SALON 2022 入場券1/15(土)  ¥3,000
    TOKYO OUTDOOR SHOW 2022 + TOKYO AUTO SALON 2022 入場券1/16(日)  ¥3,000

    チケットのご購入前、ご来場前に、必ず新型コロナウイルス感染防止対策ガイドラインをご確認ください。

    イベント公式サイト http://tokyooutdoorshow.jp

     

    同じ幕張メッセの同日程で「TOKYO AUTO SALON」も開催!

    TOKYO OUTDOOR SHOW 2022は、同日程・同会場で行われる世界最大級のカスタムカーイベントTOKYO AUTO SALON2022(トーキョーオートサロン)」との併催となります。

    トーキョーオートサロンは、国内外の自動車メーカーやカスタムショップなどによる個性豊かな車両が並ぶカスタムカーの祭典。新車の発表やパーツの販売、デモランなどが行われ、車好きでなくても楽しめる一大イベントとなっています。

    TOKYO OUTDOOR SHOW 2022」と「TOKYO AUTO SALON 2022」、両イベントに入場できる共通チケットもご用意しておりますので、ぜひチケットページよりお買い求めください(※TOKYO AUTO SALONチケット所有者は入場自由となります)。

    TOKYO AUTO SALON 公式サイト https://www.tokyoautosalon.jp/2022/

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    イマ欲しい、おしゃれで機能的な焚き火台3選。

    これ実物みたくなりますね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【イマ欲しい、おしゃれで機能的な焚き火台3選。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    CAMPOOPARTS(キャンプオーパーツ)の大ヒット製品「TENTO暖炉」がリニューアルを敢行。2021年初頭に1/2サイズが発売されて話題になったが、今回のリニューアルはそれらラインナップすべてに共通する、設置方法を簡単にする工夫だ。

    TENTO暖炉【両面ガラス無し仕様】 ¥69800

    バイオエタノールを使用することで煙が出ず、気軽にテントインストールできることでヒットした「TENTO暖炉」。ガラスの有無やサイズの違いによって何気にラインナップが豊富なシリーズだが、最新版は全製品においてリニューアルが施されている。

    大きな改良点が、脚への本体の設置方法。従来モデルは本体の底面にある穴に、脚の突起をうまくフィットさせる必要があり、本体の重さもあって困難に感じる人も多かった。それが今回のリニューアルにより、脚を広げて「ほぼ乗せるだけ」でOKに。

    ご覧のように、四方の脚が本体をはみ出る構造となったため、脚を視認しながら設置できる。テントサイトの設営は何かと時間がかかるので、1つのアイテムが時間を短縮してくれるだけでもありがたいものだ。

    本体正面のロゴもリニューアルされた。躍動感のある新ロゴは、アウトドアで浮き立つ心を代弁しているかのよう。その他、側面にネームプレートが追加されたそうだ。

    また2021年初頭に追加された「着火マン等の挿し込み口」「火力調整レバー」は最新版でも健在。

    SPEC
    サイズ:W600×D200×H500mm
    ※取っ手を加えるとW690mm
    重量:約12kg
    専用ケース付き(キャンバス生地)
    made in japan

    バイオエタノールを購入するランニングコストはかかるが、それは薪とそれほど変わらないコスト。煙突穴のないテントを愛用しているキャンパーは、この冬の新ギアとして検討してほしい。

    購入はこちらのブランド公式サイトで。


    (問)キャンプオーパーツ https://www.campooparts.com

     

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    キャンプオーパーツのテント暖炉がリニューアル!! 設置がより簡単に。

    このテント暖炉いいですね!
    冬キャンに最高ですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【キャンプオーパーツのテント暖炉がリニューアル!! 設置がより簡単に。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    いい意味でレイジーなアウトドアブランドDOD(ディーオーディー)」が、斬新すぎるアウトドアギアをリリース! なんとロケットストーブを利用した「足湯」で、寒いフィールドで極楽のくつろぎを提供するアイテム。ぜひとも体験してみたい、気になる新製品だ。

    ロケットストーブで湯を沸かす感心アイデア。

    ロケットサブマリンフットバス!! ¥24200

    アウトドアの好きな場所で足湯が楽しめる、斬新にもほどがあるギア。キャンプ用のシンクにお湯を入れて……と独自に足湯をするキャンパーは存在したが、当製品はガチで薪を使ってお湯を沸かすスタイル。よくもまあ思いついただけでなく、製品化にこぎつけたものだと感心してしまう。

    熱源はロケットストーブロケットストーブのボディが水に沈んでいる状態で、薪を燃やすことでお湯を沸かす。使用する水は10L程度で、公式サイトによると「外気温3℃の環境下で(中略)30分で水からお湯(約40℃)」に湯沸かしできたとのこと。

     

    煙突部分を利用して酒のお燗も。

    煙突部分には遊び心たっぷりの温泉マークが。またゴトクが付属し、本来のロケットストーブらしい使い方もできる。

    煙突が長いからか、煮炊きに利用できるほどの火力ではないようだが、日本酒のお燗やホットドリンクの保温ぐらいなら問題なし。足を暖めつつ、体の内部からも暖を取れる。

    専用の収納袋が付属し、当製品の一式だけでなく火起こしセットなども携帯OK。重さこそ全体で約9.2kgとヘビー級だが、厚さ12.5cmにコンパクト収納が可能だ。

    SPEC
    展開サイズ:約W33.5×D63×H56cm
    収納サイズ:約W33.5×D63×H12.5cm
    重量(付属品含む):約9.2kg
    本体材質:ステンレススチール

    自分用に買うのもいいが、キャンプ仲間へのプレゼントにしても面白い。購入は全国の取扱店、もしくはDOD公式オンラインストアログインが必要)で。


    (問)DOD https://www.dod.camp/product/q1_903_sl/

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アウトドア用の足湯!? ロケットストーブを応用した斬新ギアを発見。

    足湯しながら熱燗最高ですね!
    確かに斬新アイテムですね!

    ツイン焚火コンロ 『わんこ』 ロケットストーブ 防災セット | アルミアタッシュケース付き
    ツイン焚火コンロ 『わんこ』 ロケットストーブ 防災セット | アルミアタッシュケース付き





    <このニュースへのネットの反応>

    【アウトドア用の足湯!? ロケットストーブを応用した斬新ギアを発見。】の続きを読む

    このページのトップヘ