campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > クーラーBOX

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    株式会社ウエニ貿易(本社:東京都台東区、代表取締役社長:宮上昌弘)は、2021年7月20日(火)より、アメリカを代表するアウトドアブランド『WYLD GEARワイルドギア)』の日本代理店としてクーラーボックスを発売します。

    WYLD GEAR2017年に世界的に有名なイエローストーン国立公園グランドティト国立公園を有する米ワイオミング州(Wyoming)で生まれました。

    “To Make Your Adventure Last Longer”をコンセプトに、世界中を探検したいという人々の欲求を満たすギアを展開しています。過酷な状況に耐えうるタフでワイルドかつプロ仕様の機能性を持ち合わせているのが特徴です。 COOLERS
    クーラーボックス
    25Q、50Q、75Q の3 種類のクーラーボックスを展開。シーンに応じたプロ仕様のデザイン・機能性だけではなく、アメリカンなカラーリングも特徴。
    ハードクーラー50クォートは、特許取得済みのデュアルコンパートメント断熱技術を採用。
    デュアルコンパートメント構造で「ドリンクと食材」「1 日目と2 日目の食材」など、分けることができる利便性を完備。使い方は自由自在!!!
    市販のエアレーター(ブク)を付けることができる専用パーツを完備!!!
    2リットルペットボトルが縦に入る収納力!!! 余すとこなくスペースを有効活用!!!
    フタ上部にドリンクホルダーとメジャー付き。
    自由にハンドルが取り外し可能。
    大径のウィール付きでクーラーボックスに重たい荷物を詰め込んだときでも移動がスムーズ!!!
    別売りのロッドホルダーを装着すれば釣り竿を差し込むことも可能。釣りシーンでも大活躍!!!
    1 室につき1 つずつ排水口を完備!!!
    パックロットポートに鍵を取り付け可能。
    全8 色展開
    価格:¥59,400 (ワイオミングイエローのみ¥63,800)
    内寸:ロゴ正面左(ウィール)側 約H33×W21×D30cm
    内寸:ロゴ正面右側 約H33×W26×D30cm
    外寸:約H46×W71×D46cm
    重さ :約15.3 kg
    ハードクーラー75 クォートは、25クォートと50 クォートのハードクーラーを1 つにまとめた大型のクーラーボックス。
    全8 色展開
    価格:¥79,200 (ワイオミングイエローのみ¥84,700)
    内寸:ロゴ正面左(ウィール)側 約H34×W48×D30cm
    内寸: ロゴ正面右側 約H34×W23×D30cm
    外寸:約H46×W94×D46cm
    重さ:約19.8 kg
    ハードクーラー25クォートは、2リットルペットボトルが立てたまま6本入るサイズ感です。
    全8 色展開
    価格:¥35,200 (ワイオミングイエローのみ¥40,700)
    内寸:約H36×W28×D26cm
    外寸:約H46×W44×D40cm
    重さ:約9.5kgHARD COOLER 25Q

    株式会社ウエニ貿易
    「信頼」を第一に、欧米のブランドホルダー、日本の小売業のお客様とパートナーシッ
    プを築き、バッグや靴の服飾雑貨、時計などの貿易ビジネスを行っております。現在で
    は、海外ブランド品の輸入卸において業界屈指のシェアを誇っています。お取引する小
    売業のお客様は約800 社に及び、幅広い業態に広がっています。近年では、輸入卸で培っ
    てきた実績を礎に、日本正規代理店としての事業も拡大。オリジナルブランドビジネス
    においても、服飾雑貨などの各分野で着実な成長をとげています。さらに、オリジナル
    ブランドを中心とした小売事業、EC 事業を展開。「お客様第一主義」を理念に掲げ、独
    自の価値を追求した事業を推し進めています。

    配信元企業:株式会社ウエニ貿易

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    アメリカ発のアウトドアブランド『WYLD GEAR(ワイルドギア)』 2021年7月20日(火) 日本初上陸!!!


    すごくかっこいいブランドですね!!
    これワイルドでガシガシ使いたくなりますね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【アメリカ発のアウトドアブランド『WYLD GEAR(ワイルドギア)』 2021年7月20日(火) 日本初上陸!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    夏本番を前にクーラーボックスを新調したい! この夏、家族でキャンプを始めたいけれど、クーラーボックスは何を買えば?……そんな悩ましいクーラーボックス選びの背中を押してもらおうと、人気アウトドアショップにおすすめのクーラーボックスを聞いてみました。

    最終回となる今回は、関西の名店「Orange(オレンジ)」。おすすめクーラBEST3をカウントダウン形式でご紹介します!

    オレンジのおすすめクーラーBEST3

    アパレルにも輸入ギアにも強いオレンジは、関西屈指のアウトドアショップ。本店は和歌山で、関西を中心に店舗を展開しています。昨年の秋には茨城県古河市に「Orange古河店」をオープンし、関東進出を果たしました。

    そしてオレンジといえば、アウトドアスパイス「ほりにし」を生んだショップとしても有名。今回おすすめクーラーを教えてくれたのは、まさにその堀西さんです。

    オレンジ エリアマネージャー 堀西晃弘さん

    大人気のアウトドアスパイス「ほりにし」を開発した有名スタッフ。釣りとキャンプを愛するアウトドアマンで、二児の父。普段から実際にファミリーキャンプを楽しんでいるため、家族向けクーラーボックスを選ぶ目は確かなもの。

    03.ORCAのクーラーボックス26QT

    クーラーボックス26QT ¥52800

    ハードクーラーの最高峰とも称される「ORCA(オルカ)」。中の氷が10日間も溶けないスペックを誇り、海外YouTuberテストでも、常にトップクラスの実力を見せつけている。容量は約25Lとファミリーキャンプメインクーラーに据えるには若干心細いが、他のクーラーと併用し、当製品には絶対にしっかり保冷したい食材を入れるなど、夏の秘密兵器的に活用したい。Made in USA

    ショップのおすすめポイント

    10日間、氷が解けない保冷力が一番の魅力ですね。最強のクーラーボックスと言っていいと思います。全11色とカラーラインナップが豊富なので、サイトに合わせてお好きなカラーを選ぶことができます(写真はチャコール)。男心をくすぐる「Made in USA」もポイントです。

    アイテムページ:https://www.shop-orange.info/c/brand/b-o/orca/orca-002

     

    02.コールマンのポリライト48QT

    リライト48QT ¥6800

    コールマンの定番クーラー。クーラーボックスのアイコンとも言えるようなデザインには、王道ギアの風格が漂う。保冷力は「3日」と公表されていて、いわゆるハイエンドクーラーに比べるとスペック的には若干劣るが、約45Lの容量で1万円を大きく下回る価格はかなり魅力的。容量が大きいため、たっぷりの保冷剤でアシストできる。カラーは写真のブルーの他、レッドも。

    ショップのおすすめポイント

    大容量ながら軽いのがいいですよね。そこまでの保冷力はないのですが、コストパフォーマンスに優れたアイテムだと思います。飽きのこないシンプルデザインなので長く使えますし、どんなサイトでも違和感なく合わせることができると思います。

    アイテムページ:https://www.shop-orange.info/c/brand/b-c/gr739/coleman-703

     

    01.オレゴニアンアウトフィッターズのHYADクーラーボックス27QT

    HYADクーラーボックス27QT ¥19800

    デビュー時すぐに完売した人気クーラーが、アップデートを経て待望の再登場。従来モデルよりもフタと底が肉厚になったことで保冷能力が向上した。容量は約25.5Lで、ファミリーキャンプのサブクーラーとして最適。高性能&高価な有名ハードクーラーと同様、ロトモールド製法で作られているため衝撃に強い。

    ブランドの「クーラーパック8」というアイテムを別途用意すれば、クーラーインクーラー(クーラーを二重にするシステム)を構築できる。

    ショップのおすすめポイント

    一泊二日に最適な容量と保冷力です。スクエアなフォルムなのでクルマに積載しやすく、また見た目以上に容量も確保されています。しっかりとした作りと保冷力ながら、コストパフォーマンスに優れています。

    アイテムページ:https://www.shop-orange.info/c/brand/b-o/gr238/orgnan-098

     

    西さんがおすすめするクーラーは、ガツンとハイスペックモデルから財布に優しいモデル、そしてバランスのいいモデルと三者三様。コールマンのポリライト48QTを軸に、保冷力に優れたモデルサポートするイメージが浮かびました。


    (問)オレンジ tel:0736-20-1329 https://shop-orange.jp/

     

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    人気アウトドアショップがおすすめする、ファミリーキャンプ向けクーラーボックスBEST3【オレンジ編】

    これファミリーキャンプには大容量のクーラーBOX欲しくなりますよね!!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【人気アウトドアショップがおすすめする、ファミリーキャンプ向けクーラーボックスBEST3【オレンジ編】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドア製品の廃棄物を有効活用する新たなプロジェクトとして、廃棄テントを再利用したバッグをリリースするなど、サステナブルな取り組み“MFYR”が注目を集めている、今年創業120周年を迎えた「Coleman(コールマン)」。

    ランタンと同様に今なお人気の超ロングセラーとなっているのが、1954年に誕生して以来“スチベル”の愛称で多くのアウトドアマンから愛され続けている、クラシックデザインが魅力のクーラーボックス「スチールベルトクーラー」。

    先日、1970年代の廃盤カラー、バターナッツカラー(通称:チョコパフェ)が復刻発売されることが発表され、話題になったばかりだが、新たにセージラインナップに仲間入りとなった。

    ミリタリー風味でクールな印象のセージカラー。

    54QT スチールベルトクーラー(セージ) ¥26800

    不老長寿のハーブとして世界的にも有名なセージに由来し、灰色みの強い落ち着いたグリーンは独特な存在感を放ちながらもキャンプサイトに馴染みやすく、コーディネートしやすいカラーリングとなっている。

    2Lのペットボトルが12本収納できる大容量はファミリーやグルキャンでも重宝し、食材や飲み物をしっかり保冷してくれるので、1泊2日から2泊3日のキャンプをはじめ、シーンを問わず活躍してくれそうだ。

     

    コールマンのエコバッグが特別付録の最新号もチェック!

    また、現在発売中のゴーアウト最新号は、「コールマン」のロゴ入りエコバッグが付いた特別付録号です! マチ付きで使いやすくコンパクトに収納でき、バックパックに常備しておくことでデイリーに活躍してくれます。

    コールマン」のボックスロゴがプリントされたエコバッグは、コンビニレジ袋モチーフ。約W350×H350×D150mm+持手190mmのサイズ感で、テイクアウトお弁当などが収まりやすいように、広がりやすい大きめのマチを設けているのがこだわりです。

    GOOUTコールマン付録

    コンビニテイクアウトお弁当が斜めにならずに収納しやすく、見た目以上の収納量を実現。内側に備え付けたロゴ同色のホワイトのゴムバンドで、コンパクトに丸めて収納可能。今月号のゴーアウトでしか手に入らないリミテッド仕様の限定付録なので、みなさんお買い逃しなく!!

     

    下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニ電子書籍でぜひお求めください。

    ■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.141 特別定価 ¥890

     

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    コールマンの代名詞的ハードクーラーに、ミリタリーテイストの男前な新色追加。


    このハードクーラー最高ですね!!

    このカラーリングも男前で欲しくなりますね!!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【コールマンの代名詞的ハードクーラーに、ミリタリーテイストの男前な新色追加。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    初夏を迎え、ファミリーキャンプのハイシーズンが到来! 家族の水分補給や食材の保管など、クーラーボックスの重要性がグッと増す季節です。

    そこで人気のアウトドアショップ4店に、おすすめのクーラーボックスを紹介してもらいました。第2回となる今回は、アウトドアギアの使用感を実際に体験できるショップAlpen Outdoors(アルペンアウトドアーズ)」の港北ノースポートモール店。おすすめクーラBEST3をカウントダウン形式で発表します!

    アルペンアウトドアーズ港北ノースポートモール店のおすすめクーラーBEST3

    スタッフからレクチャーしてもらいながら、実際に店内でテントを張ってみることもできるアルペンアウトドアーズ港北ノースポートモール店。「今年からファミリーキャンプやってみたい」という方にも安心の体験型ショップです。センスよく展示された店内の品揃えは、なんと5万アイテム

    そんな同店を代表して、こちらの記事でもお世話になった犬塚さんにおすすめのクーラーを教えてもらいました。

    アルペンアウトドアーズ港北ノースポートモール店 犬塚智仁さん

    職業柄、短日の休暇が多く、仕事終わりにそのままキャンプ場に向かってキャンプをしているとのこと。ここ最近は、季節の音をキャンプ場で聴くのが最高の楽しみだそうです。好きなギア、ランタンに囲まれたキャンプは至福の時間なのだとか。

    03.スタンレーのクーラーボックス15.1L

    クーラーボックス 15.1L ¥12980

    大きなハンドルが目を引くスタンレーのハードクーラー。歴史と信頼のあるスタンレー製だけあって、保冷力と耐久性は十分。家族全員分の食材やドリンクを入れておくには物足りない容量だが、2Lのペットボトルも横向きに入り、350mlの缶なら21本も収納できる。40L~の大型クーラーをメインに、ドリンク用のサブクーラーとしてチェア横に置いて活用したい。

    ショップのおすすめポイント

    ド定番のクーラーボックス! 非常に軽い上に、フタには便利なゴムバンドがついていて、ウォータースポーツを楽しむシーンでも活躍します。見た目もお洒落ですし、お弁当を入れてピクニックや海遊びをするのにおすすめ。丁度いい大きさ、重さです。

    アイテムページ:https://store.alpen-group.jp/f/dsg-110850-

     

    02.コールマンのホイールクーラー60QT

    ホイールクーラー60QT ¥8980

    約56Lと、たっぷりの容量を誇るクーラーボックス。保冷力も約3日と頼もしく、家族4人の一泊キャンプで余裕をもって使うことができる。中身を一杯に入れればかなりの重量となるが、ハンドルとホイールによって移動もラクラク。女性でも難なく持ち運べる。カップホルダー付きのフタは汚れを掃除しやすい素材を採用するなど、利便性も隙なしだ。

    ショップのおすすめポイント

    ホイール付きのクーラーで、重いドリンク類をびっしりと入れても安心です。大人数でのBBQ食材やお酒、飲み物を入れてキャンプをするにはもってこいの商品!フタにロックがないのでお子様が飲み物を取り出しやすい、家族全員にとって使い勝手のいいモデルです。 価格的にもお手頃です。

    アイテムページ:https://store.alpen-group.jp/f/dsg-81108-

     

    01.ロゴスのハイパー氷点下クーラーL

    ハイパー氷点下クーラーL ¥10890

    使わないときは薄くコンパクトになる、ロゴスのロングセラー。ソフトクーラーという位置づけではあるが、ボディは衝撃から内部を守るシェルプロテクト構造だ。容量は20Lと、ファミリーキャンプではサブクーラーのポジションとなるが、道中はコンパクトにしておけるので、現地で購入した食材を入れるのに最適。表面のシルバーカラーも保冷力に一役買っている。

    ショップのおすすめポイント

    ロゴスの名作クーラーボックス! キャンプ界の王様とも言える保冷剤「氷点下パック」がジャストフィットし、なおかつ保冷力も非常に強い商品です。保冷力が強いにも関わらず、使用しないときには非常にコンパクトになるのが魅力! キャンプ以外でも、お子様とのちょっとしたお出かけに便利だと好評です。

    アイテムページ:https://store.alpen-group.jp/f/dsg-53169-

     

    以上、犬塚さんのおすすめクーラーは、メインありサブありとメリハリの効いたラインナップ。共通しているのは「子どもと過ごすときに使いやすいクーラー」であること。キャンプだけでなく、BBQや公園ピクニック、日常的なショッピングでも活躍しそうなアイテムが目立ちました。


    (問)アルペンアウトドアーズ港北ノースポートモール店 https://store.alpen-group.jp/outdoors/overview/kohoku/

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    人気アウトドアショップがおすすめする、ファミリーキャンプ向けクーラーボックスBEST3【アルペンアウトドアーズ編】

    これからの季節クーラーBOX必須ですよね!!

    特に2泊3日とかなら本当に選ばないとダメですよね!!

    うちもクーラーBOXとポータブル冷蔵庫と併用しています!




    欲しくなりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【人気アウトドアショップがおすすめする、ファミリーキャンプ向けクーラーボックスBEST3【アルペンアウトドアーズ編】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンピングカーの愛好家や車中泊キャンパーにおなじみのブランドDOMETIC(ドメティック)」は、高性能な車載冷蔵庫で評価されている。そんなドメティックがこの夏、ハードクーラーに参戦。デビュー作とはとても思えない、ハイスペックハードクーラーに仕上がっているようだ。

    新鮮イエローが眩しい35Lモデル。

    トロール アイスボックス 35L​ ¥41800

    スウェーデンに本拠を構えるドメティックだけあって、センスのいいミニマルなデザインハードクーラーには珍しくイエロー(Mango Sorbet)が採用されており、テントサイトで絶妙なアクセントになりそうだ。

    もっと硬派なカラーを望む場合は、 他の2色を選択すればOK。そちらは記事末のギャラリーに載せておくのでチェックを。

    分厚いPU断熱材により、保冷力は申し分ない模様だ。容量の約25%のロックアイスを入れ、40℃±2℃の環境で8時間後に残る氷は95.5%とのこと。また有名海外ブランドのハイエンドモデルと同様、ロトモールド(回転成形)によって作られているため本体にもフタにも接合部はなく、衝撃に強く、耐久性に優れている。

    フタには「Deep freeze lid seal」という技術が採用され、密封性は十二分。ラッチはラバー製で、硬そうな印象を受けるが「片手で操作できる」とアナウンスされている。

     

    連泊やファミリーに最適な55Lモデル。

    トロール アイスボックス 55L​ ¥50600

    こちらは連泊キャンプファミリーキャンプに最適な大容量モデル。ハイエンドクーラーで50L台半ばのサイズオルカの58QTくらいなので、このサイズで洗練デザイン、確かな保冷力のハードクーラーが欲しい場合は、貴重な選択肢となる。

    さきほどの35Lモデルにある「Mango Sorbet」は、このサイズにはラインナップされず、もう1色は「Slate」。こちらも下のギャラリーチェックしてほしい。

    サイズとも発売は7月15日(木)の予定。


    (問)阿部商会 tel:03-6860-4182(平日10~17時) https://abeshokai.jp/dometic

     

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アウトドア冷蔵庫でおなじみ「ドメティック」からクーラーボックスが登場! タフで保冷力も抜群なハイスペック作。

    このクーラーボックス最高ですね!!

    このカラーかっこいい!!




    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【アウトドア冷蔵庫でおなじみ「ドメティック」からクーラーボックスが登場! タフで保冷力も抜群なハイスペック作。】の続きを読む

    このページのトップヘ