campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > ランタン ライト

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    優しい灯りと炎の揺らぎによる癒し効果で人気となっているキャンドル風ガスランタン。メイドインジャパンにこだわる燃焼器具ブランドSOTOから今季新たに登場するキャンドル風ガスランタンは、キャンプはもちろんトレッキングにも最適な2WAY仕様のユニークアイテムだ。

    SOTO「Hinoto」¥6930

    SOTOのキャンドル風ガスランタン「Hinoto(ひのと)」は、専用の充てん式タンクとOD缶のどちらにも取り付けできるキャンドル風ガスランタン。

    充てん式タンクを装着すると直径38mmのシュッとした円柱形になるコンパクト設計なので、登山などテーブルサイズが小さい場合でも場所を取らず使いやすい。

    充てん式専用タンクでの燃焼時間は1~2時間。OD缶を使うバーナーでの調理中は充てん式タンクで灯りをともし、調理が終わったらOD缶に付け替えて使用するといった使い方をするにはちょうどいい燃焼時間だ。

    また、専用の充てん式タンクには、ライターガスやCB缶のほか、別売りの専用アダプターを使えばOD缶からもガスの充てんが可能となっている。

    オン・オフ、炎のサイズ調整はリング1つで操作可能。点火装置は搭載していないので、ライターなどで点火する必要がある。

    持ち運びに便利なホヤカバーも付属。発売は2021年3月2日の予定となっている。

    SPEC
    サイズ:幅38×奥行38×高さ156mm
    重量:222g
    燃焼時間:充てん式専用タンクで1〜2時間
    (タンク充てん状況や火力により変動します)
    使用容器:SOTO製品専用容器(ボンベ)(OD缶タイプ
    材質:アルミニウム、真鍮、ステンレスガラス、樹脂
    付属品:ホヤガード、保管スペーサー


    (問)新富士バーナー tel:0533-75-5000 http://www.shinfuji.co.jp/soto/

     

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    SOTOから画期的なキャンドル風ガスランタン。トレッキングにも最適な2WAY仕様。


    さすがSOTOですね!!

    これかっこいいですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【SOTOから画期的なキャンドル風ガスランタン。トレッキングにも最適な2WAY仕様。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンプでは必需品のランタンは、ただテント周りを明るく照らすだけでなく、キャンプ非日常感を演出する大切な道具でもあります。光が強く雰囲気のあるデザインのガスランタンやガソリンランタンもいいですが、持ち運びや扱いやすさを考えるとテント内でも使えるLEDランタンも捨てがたいところ。どんなランタンを選ぶかはキャンパーのセンスとこだわりの見せ所でもありますよね。

    その点、アウトドアブランドBAREBONES(ベアボーンズ)の「Railroad Lantern(レイルロードランタンLED)」(9680円)は、誰でも扱えるLEDの手軽さとクラシックデザインカッコ良さを併せ持った、いいとこ取りのランタンと言えそう。今回、新たにオリーブカラーが登場です。


    ミリタリーなオリーブカラーがレトロカッコいいLEDランタン


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ミリタリーなオリーブカラーがレトロカッコいいLEDランタン

    このレトロな感じがキャンプに合いますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【ミリタリーなオリーブカラーがレトロカッコいいLEDランタン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンプや夜間の散策、暗所での作業に欠かせないLEDランプは、今やその機能は“明るく照らす”だけに留まらず、さまざまな付加機能を搭載しているものが多くなっています。Owltech(オウルテック)の「OWL-LPB2501LA-BK」(7980円)は、LEDライトLEDランタン、さらにモバイルバッテリーとしても使うことができる“3in1”仕様。アウトドアから日常用、災害時の備えまで、幅広いシーンで活躍してくれますよ!


    LED懐中電灯兼LEDランタン兼モバイルバッテリー!しかも3つに分けても使えるぞ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    LED懐中電灯兼LEDランタン兼モバイルバッテリー!しかも3つに分けても使えるぞ

    これ便利なツールですね!!

    防災用品のアフィリエイトなら、高単価ポータブル電源【PowerArQ】

    <このニュースへのネットの反応>

    【LED懐中電灯兼LEDランタン兼モバイルバッテリー!しかも3つに分けても使えるぞ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    株式会社 TRYL(本社:東京都町田市)は、コロナで需要が高まるキャンプシーンで大活躍する人気アウトドアブランド「5050WORKSHOP」より、マグネット内蔵でモバイルバッテリーとしても使える コンパクトなハイスペックランタン「HiLUMEN mini」を ¥5,390円で2021 年 1 月下旬より発売いたします。
    株式会社TRYL(本社:東京都町田市)は、コロナで需要が高まるキャンプシーンで大活躍する人気アウトドアブランド「5050WORKSHOP」より、マグネット内蔵でモバイルバッテリーとしても使える コンパクトなハイスペックランタン「HiLUMEN mini」を ¥5,390円で 2021年1月下旬より発売いたします。

    URLhttps://trylplus.com/?pid=156908434


    HiLUMEN miniの3つの特徴

    1.1000ルーメンの明るさ
    2.マグネット内蔵かつ、大容量500mAhバッテリー搭載
    3.ハンドルアームで角度調整が可能

    HiLUMEN miniの使い方・利用シーン
    キャンプアウトドアシーンでは大活躍する1000ルーメンの明るさで、マグネットが内蔵されているので、車などに簡単に固定でき、いざという時の作業や災害時などにも役立ちます。

    ハンドルアームで角度の調節も簡単で付属のDリングとカラビナを付けると吊り下げて使うこともできます。

    LEDは3つの色温度、3段階の明るさ設定ができる上、赤色の点滅モードにすることも可能です。

    さらに5000mAhモバイルバッテリーとしても使用できるので普段使いとして大活躍する多機能ランタンです。

    【「HiLUMEN mini」製品概要】
    価格:¥5,390(税込)
    販売先URLhttps://trylplus.com/?pid=156908434
    販売店:全国のアウトドアSHOPなど

    ブランドコンセプト:5050WORKSHOP(フィフティフィフティワークショップ

    海・山などアウトドアはもちろん、普段使いでも活躍する気の利いたアイテムをお届けする 5050WORKSHOP。あらゆるフィールドで あなたのライフスタイルを豊かにするアイディアを提供するブランドです。

    株式会社TRYL(トライル)について
    株式会社TRYLは、グローバルな視点で未来に先駆け、今までにない新しいコトに挑戦し
    常に進化し続ける企業を目指しています。

    【会社概要】
    会社名:株式会社TRYL(トライル)
    所在地:東京都町田市つくし野1-28-6
    代表者:福原正之
    設立:2000年7月7日
    URLhttps://trylplus.com
    事業内容:
    玩具・アウトドア用品の企画販売、Jリーグプロ野球・その他グッズ企画生産および販売


    【お客様からのお問い合わせ先】
    株式会社TRYL(トライル)
    TEL:042-706-1355
    e-mailinfo@trylplus.com

    【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
    株式会社TRYL、商品部、倉田直弥
    TEL:042-706-1355
    e-mailinfo@trylplus.com

    プレスリリースはこちらよりダウンロードできます。
    https://prtimes.jp/a/?f=d67459-20210121-7804.pdf

    配信元企業:株式会社TRYL

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    マグネット内蔵!モバイルバッテリーとしても使えるコンパクトなハイスペックランタン「HiLUMEN mini」を発売

    これ便利ですね!!
    しかもこの金額って最高ですね!!

    うちはこれ使ってますが笑笑



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【マグネット内蔵!モバイルバッテリーとしても使えるコンパクトなハイスペックランタン「HiLUMEN mini」を発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Photo: 島津健吾

    こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

    ライフハッカー[日本版]より転載:

    昨今、アウトドアを楽しむ人たちが増えてきていますよね。私もブームに乗り、アウトドアチェアから大型バッテリーと多くのものを買い揃えてきました。

    照明だけはまだ購入しておらず、LEDランタン「Prometheus-II」が姉妹サイトmachi-yaでクラウドファンディングを実施中と聞き、試してみることに。

    特に、明るさを重点的に検証してみました!

    5つの特長

    Photo: 島津健吾

    1. 耐衝撃・難燃

    2. 防塵・防水(IP-54)

    3. 最大連続点灯時間150時間

    4. 明るさ:最小50lm~最大1500lmを5段階

    5. 光の色:3種類

    アウトドア仕様だけあり、 耐衝撃や防水性能は高く、屋外でも安心して使えます。また、最大連続点灯時間は、150時間! 1日12時間点灯したとしても、およそ13日間使える計算です。アウトドアだけで使うのはもったいないので、自宅の間接照明、災害時の照明など、さまざまなシーンで活躍させちゃいましょう。

    小さくて軽い。持ち運びが簡単

    Photo: 島津健吾

    Prometheus-II」を初めて見た時は、その小ささに驚きました。サイズは、102cm×102cmの正方形で、LEDチップが合計25個装備されています。重量は、500mlペットボトルよりも軽い420g。これだけ小さく軽いにも関わらず、1500ルーメンもあり、小型照明としては十分な明るさです。

    背面のスイッチでオンオフ、明るさの調整

    Photo: 島津健吾

    充電ポートやボタンなどは、全て背面に装備されています。ワンタッチで、スイッチのオンオフの切り替えができます。ただボタンを押した、押していないの感触がわかりづらいので、暗い場所だとボタンを探すのが手間でした。

    明るさは5段階、色は3段階に調整

    Image: Hirase International Trading

    光の色は、3種類に調節可能。色で部屋やアウトドアサイトの雰囲気も大きく変わりますので、3段階も変更できるのはありがたいところ。

    Photo: 島津健吾

    今回、自宅の中で使ってみましたが、一番多用したのは黄色光でした。暖かい光で、寝室で大活躍でした。

    6畳の部屋を明るく照らすライト

    Photo: 島津健吾

    偶然なことに、「Prometheus-II」を借りたタイミングで自宅の階段の電気が切れたので、廊下の照明として使ってみました。まず、バッテリー150時間続き、好きな場所に置けるのは助かりました。さらに、LED照明なのに光の広がりがあったのも良いところ。LEDは直線的な光が特長で、広がりが少ないのですが「Prometheus-II」は光が周辺にも広がり、優しい雰囲気を作り出せています。

    Photo: 島津健吾

    障子を挟んでライトを当てると、間接照明を使ったようなちょうどいい明るさに。毎日ライトをつけたまま寝ていました。

    また、部屋の中を照らすと、部屋全体を照らしてくれました。アウトドアのときでも、テント1つ分は照らしてくれるでしょう。パワーがありながら小型というのは心強く、持ち運びで荷物のスペースも取りません。

    Photo: 島津健吾

    Prometheus-II」は、machi-yaでクラウドファンディングを実施中。一般販売価格16,000円のところ、30%OFFの11,200円消費税、送料込み)から支援が可能です。冬が開けた後は、アウトドアの季節が到来します。みなさん、ライトの準備はできていますか?

    >>LEDランタン:Prometheus-II

    Source: machi-ya



    (出典 news.nicovideo.jp)

    耐久性・持久性抜群のLEDランタン「Prometheus-II」の実力とは?


    これコンパクトなLEDランタンいいですね!!


    日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】

    <このニュースへのネットの反応>

    【耐久性・持久性抜群のLEDランタン「Prometheus-II」の実力とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ