campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > ベッド、マット、寝袋(シュラフ)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドアライフを快適にする商品を続々と世に送り出している“コールマンジャパン”。同社の「トレイルヘッドコット」は、荷物置きやベンチとしても使用できるコットです。

     

    ゆったりとくつろげるサイズ感が人気を博し、ネット上からは「荷物置きとしてかなり重宝してる」「いろいろな使い方ができるので1つ持っていると便利!」といった声が。実力を確かめるべく、実際にレビューしていきます。

     

    ●アウトドアやホームパーティーで大活躍!「トレイルヘッドコット」(コールマンジャパン)

    大人数でキャンプバーベキューに出かけると、荷物の置き場所を確保するのもひと苦労…。何個もテーブルがあれば問題はありませんが、できれば持っていく荷物は少なくしたいですよね。そこで今回セレクトしたのは、様々なシーンで使える「トレイルヘッドコット」(6980円/税込)。

     

    ちなみに“コット”とは、屋外で使う簡易的なベッドのことです。普段は寝袋派でしたが、荷物置きやベンチにも使えると聞いて入手してきました。それでは、箱から取り出して広げていきましょう!

     

    折り畳んで持ち運ぶことができる同商品。スチールのガッチリとした重みを感じますが、収納ケースに入れれば意外とラクに持ち上がります。収納時の大きさはおよそ14(幅)×18(奥行)×93cm(高さ)ほどで、重量は約9kg。かなり頑丈に作られており、男性の私が使用してもフレームが折れる気配はありません。

     

    折り畳まれたフレームを広げてみたところ、約190(幅)×87(奥行)×40cm(高さ)のコットに早変わり。目的地へ到着したら、荷物置きとしてすぐに使用できます。

     

     

     

    試しに座ってみると、シートの広さに思わずビックリ。2人で座る場合でも、広々とくつろげる大きさでした。もちろんベットとしての寝心地も良く、足を“ピンッ”と伸ばして横になれます。サイドにはポケットがついているため、ドリンクスマホを入れておくのもおススメ。同商品で風に吹かれながらお昼寝すれば、優雅な気分に浸れますよ。

     

     

     

    実際に「トレイルヘッドコット」を購入した人からは、「まさに1台で何役も活躍してくれる商品です。コンパクトに折り畳めるし、家の収納場所にも困りません」「フレームが頑丈に作られているから安心して使えます」「キャンプに出かけた時はいつもコイツでお昼寝してる」などのコメントがあがっていました。

     

    ベットだけでなく、荷物置きやベンチとしても使用できる同商品。ぜひ普段のアウトドアグッズに仲間入りさせてみてはいかがでしょうか?

     

     

    【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

    荷物置きやベンチとしても使える超便利アイテム! コンパクトに折り畳める「トレイルヘッドコット」レビュー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    荷物置きやベンチとしても使える超便利アイテム! コンパクトに折り畳める「トレイルヘッドコット」レビュー

    これいいですよね!!

    コット欲しいですね!!
    寝心地快適そうですもんね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンプ コット】荷物置きやベンチとしても使える超便利アイテム!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    株式会社FINE TRADING JAPAN(ファイントレーディンジャパン)が運営する車中泊に特化したブランド「yadocari」は夏の車中泊にピッタリな『Air 寝袋』のクラウドファンディングを「Makuake」にて4月21日より開始しました。

    ここ数年、アウトドアレジャーを楽しむ人が増加中!
    そんな中でもじわじわ年々人気が高まっているのが車中泊
    旅先で旅館やホテルの心配もなければ、思い立ったらすぐ出かけられる。週末だけ都会の喧騒から離れて自分の車でゆっくりした時間を味わう…。1台の車で普段の街乗りと週末のキャンプが楽しめます。
    手軽に気軽に旅を満喫できるところが、いま流行している理由なのかもしれません。
    • ただ夏はめちゃくちゃ暑い。
    夏の車中泊で問題になるのが『暑さ』と『虫』
    暑いから換気すると虫が入ってくる。
    かと言って熱帯夜の中、締め切って寝るってかなり危険な行為ですよね。(そもそも暑すぎて眠れない…)
    エアコンをつけたままも排気ガスが車内に入り、一酸化炭素中毒のリスクがあります。
    道の駅などたくさんの車が停車している中では、周りにも迷惑をかけるのでアイドリングは勿論ダメですよ!
    でも夏は外遊びの季節。お出かけに行きたい…!
    なんとか夏の車中泊を、より良くできないか?とずっと考えていました。
    如何に快適に夏に車中泊を出来るか考えアイテムを厳選してきた中で、数多くのアイテムの中からある1つの商品と出会い、今回アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」にて先行販売致します。
    • 【体感温度-5℃】扇風機×寝袋=『 Air 寝袋 』
    足元に2つの扇風機を備えた寝袋(シュラフ)です。

    寝袋内を涼しい風が循環する事で、体感温度は気温のマイナス5度程度となります。(※1)

    寝苦しい熱帯夜では効果バツグン。車中泊キャンプなどで効果を発揮します!
    昨今、工場にお勤めの方などの間で人気を博している空調服のようなイメージです。
    暑い夏でも涼しく、心地よい眠りへ。しっかり休んで翌日もアクティブに動き回りましょう!

    ※1 風量強設定/気温25度/湿度80%での計算値。体感温度は個人差があります、目安としてご参照ください
    • とにかく超・軽量!持ち運びラクラク
    アウトドアでは持ち運びやすさがとても重要
    負担にならない軽量さ(約185g)と収納時のコンパクトさにこだわりました!
    リュックに入れてもスペースをとりません。
    また収納するとコンパクトですが、広げると約200cmになります。
    身長の高い方も心配なく足をしっかり伸ばして頂いて、ゆったりお休み頂けます。
    また内部は空気が循環し、本体は常に膨らんでいるので十分に寝返りが出来る空間に。
    • 一晩中、涼しさが続きます
    モバイルバッテリー(10000mA)に接続して使用してみると風量:強設定で約8時間動作しました
    寝袋内部にはモバイルバッテリーを収納するポケットもついており快適な風が一晩しっかり持続できます。

    モバイルバッテリーは付属しません。
    ※動作時間は使用環境で前後する場合がございます。
    ※一部のモバイルバッテリーでは動作しない場合がございます。予めご了承ください。
    Air 寝袋 』は今回クラウドファンディングでの先行販売をすることにしました。未販売の日本市場でのニーズをとらえるのが目的です。実際に頂いたお声を元に今後さらに商品の改良を行ってまいります。
    ▼受付期間 :2020年4月21日2020年6月16日
    ▼配送時期 : 6月下旬予定
    プロジェクトページ :https://www.makuake.com/project/yadocari/
    ※生産状況などで入荷時期が遅延する可能性がございます。
    ※商品デザインなど一部変更となる場合もございます。予めご了承くださいませ



    ブランドについて
    (株)FINE TRADING JAPANより2020年に誕生した『マイカーで車中泊を。』コンセプトに掲げたブランドです。
    車の寝具屋 yadocariの由来はYado[宿]+Car[車]+i[愛]の組み合わせた造語になっています。
    通勤で使っているいつもの車、休日は車中泊スタイルチェンジ
    車中泊ハードルを下げて、もっと車で過ごす楽しみを感じて頂きたいと考えております。

    配信元企業:株式会社FINE TRADING JAPAN

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【体感-5℃】夏の車中泊を快適に!扇風機×寝袋=「Air 寝袋」

    この寝袋最高ですね!!

    皆さんも夏の車中泊とかテント泊したことありますか?

    結構暑いままで寝付けないことや途中で起きてしまうことも

    ありますもんね!

    これ参考にしてくださいね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【【体感-5℃】夏の車中泊を快適に!扇風機×寝袋=「Air 寝袋」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンプギアのなかでも、一度買ったらなかなか買い替える機会が少ないモノのひとつがシュラフ。でも今年登場のモンベル新作「シームレスダウンハガー900」シリーズ(3万7000〜6万5000円/税別)を見たら、思わず腰を浮かせる人は多いかも。

    クッションあるいは羽毛布団と見紛うふっくらとした質感、縫い目がないのにダウンが偏らない革命的な新構造。暖かさと携帯性にこだわるユーザーなら、思わず買い替えを検討したくなるかもしれません。

    シームレスなのに偏りなし!モンベルの新型寝袋は革命的!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    シームレスなのに偏りなし!モンベルの新型寝袋は革命的!

    さすがモンベル!!

    欲しくなる!!
    私もマット使ってるけど最高ですもんね!!

    皆さんも参考にしてくださいね!!

    ってか、今日は寝袋で寝よかな笑



    <このニュースへのネットの反応>

    【【新型 寝袋 シェラフ】モンベルの新型寝袋は革命的!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ogawaが高さ調節可能なコットを発売! ogawa製ということで安心感がある上、さまざまなテントサイトに対応できる使い勝手を持ち合わせる。幅が71cmというワイドな仕様で、体格のいいキャンパーも安心だ。

    25cmと42cm、2つの高さに簡単調節。

    ハイ&ローコットワイド ¥21780

    ローの状態にすれば高さは25cm、ソロテントでも無理なく使える。ローコットとしてはちょっと高めなので、テントによっては天井が窮屈になる可能性もあるが、反面、腰を掛けてくつろぐには快適な高さだ。

    高さの調節は、脚の差し込み口を変更するだけというシンプルなもの。パーツを加えることなく調節できる手軽さは大きい。

    ハイの状態だと高さは42cm。起き上がりやすいコットであるばかりでなく、ファミリーキャンプでのベンチ利用にも適している。耐荷重はたっぷり120kg、大人2人が腰掛けてもまったく問題ない。

    テントサイトにogawaの品質とオリジナリティを。

    伝統の感じられる、ogawaのロゴが光る。ogawa製のコットは、アウトドアコットの世界では定番ではないかもしれないが、だからこそテントサイトオリジナリティを演出できる。それでいて品質は折り紙付きだ。

    さまざまなコットが入り乱れるアウトドア界に、颯爽と登場した期待のニューフェイス。コットの購入を考えている読者は、ぜひ選択肢に加えてほしい。

    SPEC
    使用時サイズ:191×71×高さ42/25cm
    収納時サイズ:19.5×59×17cm
    重量:約5.2kg
    素材:ポリエステル
    耐荷重:120kg
    カラーチャコールグレー
    付属品:収納袋


    (問)キャンパルジャパン tel:0800-800-7120 https://www.store-campal.co.jp/

     

    GO OUT WEB


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ありそうでなかった! ogawa発、高さが調節できる画期的コット。

    さすがogawa最高ですね!!

    ぜひ試したいですね!!笑


    アウトドアも!スポーツも!ワークマンがいい!

    “"

    <このニュースへのネットの反応>

    【ありそうでなかった! ogawa発、高さが調節できる画期的コット。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    株式会社ロゴスコーポレーションが展開するアウトドアブランドの「LOGOS」は、バルブを開くだけで簡単かつ快適なエアマットが完成する「セルフインフレート」シリーズ2020年より発売いたします。


    【 セルフインフレートシリーズhttps://www.logos.ne.jp/products/search?sSearchWordID=100

    シリーズは、バルブをひねると自動的に膨らむ「セルフインフレートシステム」を採用した、アウトドア用のマットやクッションの全5種類です。やさしい色味のグリーンとあたたかみのあるブラウンリバーシブル仕様で、使用シーンや気分に合わせて使い分けが可能です。圧縮すればコンパクトになり、収納バッグが付いているため、持ち運びもラクラクです。

    【(高密弾力)55セルフインフレートマット・SOLO】
    【(高密弾力)55セルフインフレートマット・DUO】
    バルブを開けば自動で空気が注入される。
    バルブを開けば自動で空気が注入される「セルフインフレートシステム」を採用した1人用マットリバーシブル仕様なので、シーンや気分に合わせて切り替え可能。持ち運びに便利な収納袋付き。
    リバーシブル仕様で気分に合わせて切り替え可能。
    従来モデルよりも厚みが増した超厚55mmでクッション性が高く、寝心地抜群。
    超厚55mmで地面の凸凹も気にならない。

    SOLOマットの両サイドには連結可能なボタン付きがついており、拡張して親子の添い寝にもぴったり。
    連結可能なボタン付き


    【セルフインフレート マルチクッション】

    バルブを開けば自動で空気が注入される「セルフインフレートシステム」を採用した2WAYクッション。リバーシブル仕様なので、シーンや気分に合わせて切り替え可能。座布団としての役割も果たすうえ、二つ折りにしてボタンロックすれば枕としても使用できる2WAYタイプのクッションです。持ち運びに便利な収納袋付き。

    【セルフインフレート まくら

    バルブを開けば自動で空気が注入される「セルフインフレートシステム」を採用したクッション枕。リバーシブル仕様なうえ、高さ最大12cmなので、お好みの高さに調節し、シーンや気分に合わせて使用可能。

    【セルフインフレート ざぶとん】
    バルブを開けば自動で空気が注入される「セルフインフレートシステム」を採用したクッション座布団リバーシブル仕様なほか、約25mmの厚みで地面の凹凸を気にせず使用できる。地面の凹凸が気にならないため、ピクニックお花見などに便利です。

    組立て簡単かつ快適な使い心地で、リバーシブル仕様なのでシーンや気分によって使い分けできる「セルフインフレート」シリーズを、アウトドアライフだけでなく、ご家庭でもぜひともご活用ください。


    [本プレスリリースPDF]
    https://prtimes.jp/a/?f=d32114-20200323-7111.pdf

    ■製品詳細は以下のURLよりご覧ください。
    【 セルフインフレートシリーズhttps://www.logos.ne.jp/products/search?sSearchWordID=100

    ■プレスリリース一覧をご覧いただけます
    http://www.logos.ne.jp/press-release

    ■製品カタログはこちらからご覧ください
    http://www.logos.ne.jp/catalog/

    ■全国ロゴス店舗リスト
    http://www.logos.ne.jp/logos-shop

    アウトドアブランド LOGOS】
    LOGOSは家族が楽しめるキャンプBBQの製品やウエアを展開・発信する総合アウトドアブランドです。「水辺5メートルから標高800メートルまで」をブランドポリシーとして、大人から子供まで家族みんなが気軽に自然と触れ合える大切な時間を演出し、「Enjoy Outing!」を合言葉に屋外と人を繋ぐ第一ブランドを目指します。

    アウトドアブランド LOGOS
    LOGOS公式アプリ ioshttps://goo.gl/qoFSxL
    Androidhttps://goo.gl/qupA9f
    アウトドアLOGOS http://www.logos.ne.jp
    http://www.logos.ne.jp/global/en (グローバルページ
    全国キャンプ場空き情報 http://www.campjo.com
    LOGOS公式チャンネル https://www.youtube.com/user/outdoorlogos

    ■画像データの取扱いに関するお願い
    掲載をご希望される場合は、お手数ですが必ず事前のご連絡をお願いいたします。
    ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

    配信元企業:株式会社ロゴスコーポレーション

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    バルブを開くだけで簡単&快適なエアマットが完成!「セルフインフレート」シリーズ 新発売!

    このシリーズいいですよね!!
    私もまくら使ってますが、新発売されてもっとよくなってるんでしょうね!!

    しかもマットの超厚55mmって最高ですね!!
    寝心地良さそう!!

    単純に欲しい笑


    【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンプ 道具 LOGOS】バルブを開くだけで簡単&快適なエアマットが完成!「セルフインフレート」シリーズ 新発売!】の続きを読む

    このページのトップヘ