campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > ベッド、マット、寝袋(シュラフ)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    株式会社ロゴスコーポレーションが展開するアウトドアブランドの「LOGOS」は、高い抗菌&防臭効果を誇り、快適に眠ることができるシュラフ「抗菌防臭 シュラフシリーズ2021年 新発売いたしました。

    「抗菌防臭 シュラフ」シリーズ

    シリーズは、銀とポリマーを組み合わせた、DuPont社の抗菌処理技術「SILVADUR(TM)」により、高い抗菌効果を長期間維持できる寝袋です。Ag+(銀イオン効果)を放出する構造で、洗濯や汗による影響もほとんどなく、50回の洗濯耐久検査においても99%の抗菌効果を実現しました。また、銀は細菌やウイルスに対し高い効果が認められているため、菌の抑制による防臭効果も期待できます。洗濯機で丸洗い可能のため、いつでも清潔に保つことができるほか、すべてのアイテムに収納袋が付いており、持ち運びに便利です。
    抗菌防臭 丸洗いシュラフ・15

    「抗菌防臭 丸洗いシュラフ・15」は、マスタードカラーが印象的な、適正温度が15℃までの寝袋です。 
    抗菌防臭 丸洗いシュラフ・10

    「抗菌防臭 丸洗いシュラフ・10」は、スタイリッシュグリーンカラーで、最適温度が10℃までの寝袋です。
    抗菌防臭 丸洗いシュラフ・5

    「抗菌防臭 丸洗いシュラフ・5」は、最適温度が5℃までの、落ち着いたブラウンカラーの寝袋です。
    同品番のアイテム連結

    それぞれ同品番のアイテムと簡単に連結できるので、親子での添い寝にぴったりです。

    「抗菌防臭シルキーインナーシュラフ」は、機能性に優れた「抗菌防臭シルキーモイスクロス」採用で、シルクのような肌触りのインナーシュラフです。シュラフの中にセットすると、サラサラとした肌触りを実現させるとともに保温性を向上させ、心地よく眠ることができます。
    抗菌防臭シルキーインナーシュラフ(ブルー)
    抗菌防臭シルキーインナーシュラフ(チャコール)


    シュラフカバーのようなアウターとしても使用可能です。また、洗濯機で丸洗いできるため、お手入れが簡単です。
    保湿性、吸水性、吸湿性に優れた シルキーモイスクロス素材を採用。 心地よい肌触りで、寝袋の中に入れて 使用すれば快眠度が向上するほか、 アウターとしても使用可能。
    洗濯機で丸洗い可能なので、 いつでも清潔に使用できる。

    抗菌&防臭機能に優れているうえ、洗濯機で丸洗いできて便利な「抗菌防臭 シュラフシリーズを、アウトドアライフでぜひともご活用ください。

    [本プレスリリースPDF]
    https://prtimes.jp/a/?f=d32114-20210225-4636.pdf

    ■製品詳細は以下のURLよりご覧ください。
    【 抗菌防臭 丸洗いシュラフ・15 】 https://www.logos.ne.jp/products/info/5176
    【 抗菌防臭 丸洗いシュラフ・10 】 https://www.logos.ne.jp/products/info/5177
    【 抗菌防臭 丸洗いシュラフ・5 】 https://www.logos.ne.jp/products/info/5179
    【 抗菌防臭シルキーインナーシュラフhttps://www.logos.ne.jp/products/info/5184

    ■プレスリリース一覧をご覧いただけます
    http://www.logos.ne.jp/press-release

    ■製品カタログはこちらからご覧ください
    http://www.logos.ne.jp/catalog/

    ■全国ロゴス店舗リスト
    http://www.logos.ne.jp/logos-shop

    アウトドアブランド LOGOS】
    LOGOSは家族が楽しめるキャンプBBQの製品やウエアを展開・発信する総合アウトドアブランドです。「海辺5メートルから標高800メートルまで」をブランドポリシーとして、大人から子供まで家族みんなが気軽に自然と触れ合える大切な時間を演出し、「Enjoy Outing!」を合言葉に屋外と人を繋ぐ第一ブランドを目指します。

    アウトドアブランド LOGOS
    LOGOS公式アプリ ioshttps://goo.gl/qoFSxL
    Androidhttps://goo.gl/qupA9f
      アウトドアLOGOS http://www.logos.ne.jp
    http://www.logos.ne.jp/global/en (グローバルページ)
    全国キャンプ場空き情報 http://www.campjo.com
    LOGOS公式チャンネル https://www.youtube.com/user/outdoorlogos

    ■画像データの取扱いに関するお願い
    掲載をご希望される場合は、お手数ですが必ず事前のご連絡をお願いいたします。
    ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

    配信元企業:株式会社ロゴスコーポレーション

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Ag +(銀イオン効果)による抗ウイルス加工「抗菌防臭 シュラフ」シリーズ 新発売!


    抗菌防臭 シュラフって最高ですね!!

    シュラフもこんな時代ですね笑笑

    日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】

    <このニュースへのネットの反応>

    【Ag +(銀イオン効果)による抗ウイルス加工「抗菌防臭 シュラフ」シリーズ 新発売!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    どこでも快適に寝られる簡易ベッド

     アウトドア用の簡易ベッド「コット」。かつては“コット=重くて組み立てにかなりの力が必要”というイメージがあり、地面の影響を受けないので寝心地が良いとわかっていても手にするにはためらいがあった。

     ところが非常に軽くて組み立てが簡単なコットが登場して以降、またたく間にコットユーザーが増加。当初は家族4〜6人分のコットを入れるにはかなりの大きさのテントが必要なので、ソロやデュオキャンパーがコット派の主流。お父さんだけ、または子どもだけなど1〜2台を導入して交代で使っていた家族が多かったが、フロアレステントの台頭で今では家族みんながコットを使うファミリーが増えている。下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    1)種類や使用生地で寝心地が変わる

     コットにもいくつか種類がある。広げるだけの「収束型」は寝心地がソフトで、「フレームを組み立てるタイプ」は生地にしっかりテンションがかかっていて硬めの傾向だ。あらかじめ生地の伸びを考慮したコットは生地の張りが強く、体を横たえると沈み込むものは包み込むようなソフトな寝心地。似た構造でも使ってみるとその寝心地は別物だ。

     生地の違いも、通気性や保温性に関わるので吟味したいところ。一般的に軽くて扱いやすいポリエステルが使われているが、一部に通気性抜群のメッシュを用いた「ハイブリッド型」は暑がりキャンパーの評価が高い。コットンやポリコットン製はやや重いけれども肌触りが良いし、エアマットのように空気をいれて微妙に寝心地を調整できるものもある。下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    2)サイズ選びは使用シーンを想定して

     キャンプ用のスリーピングパッドは幅50cm以上だが、コットは60cm以上が主流。計算上はコットのほうがゆったりしているが、コットの場合、端に寄って眠ると当然だが“枠”を感じる。自然に真ん中で過ごすようになるので、60cmのスリーピングパッドよりもゆったりしている印象はない。ゆったり眠りたい人は幅70cm以上のワイドタイプを選択したほうが良いだろう。ただ、そのぶんテントは狭くなるし、収納サイズも大きくなる。バランスの見極めが大切だ。下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方


    The post 下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方


    (出典 news.nicovideo.jp)

    下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方


    これ快適に過ごせますね!!

    私も使ってますが快適です!!

    なかなか比較できないですが笑笑


    私はこれ使ってますよ!



    “"


    日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】
    “"

    こんなカバーあれば冬でも快適ですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【下が砂利でもコンクリでも安眠を約束! いまどきキャンパー必須の「コット」の実力と選び方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Image: naiatrade

    こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

    ライフハッカー[日本版]より転載:

    春の陽気を感じられる日が増えてきましたが、夜はまだまだ寒い日が続いています。流行りのキャンプアウトドアで1泊するなら、暖かくて使いやすい寝袋が欲しいですよね。

    そこでご紹介したいのが、machi-yaでクラウドファンディングを開始したばかりの「Solo QUilt(ソロキルト)」。なんと、ヒマラヤの冒険家が8年もかけて開発したプロダクトなんです。

    どんな状況でも快眠できることを謳う理由とは? さっそく、その特長や機能をご紹介していきます。

    9つの特長に注目

    Image: naiatrade

    Solo QUilt」は、上に掲載した画像にある9つの特長を備えています。

    例えば、仰向けや横向きなど好きなスタイルで寝られたり、米軍でも採用されている合成断熱素材を用いることで最低-12℃の環境にも対応できたり、etc. 過酷なアウトドアでも、快適に過ごせそうな要素がズラリと並んでいます。

    過酷な環境を知り尽くしたヒマラヤの冒険家の知見が、随所に生かされているのが「Solo QUilt」なんです。

    軽量でコンパクト。でもしっかり断熱

    Image: naiatrade

    使用されている素材は「Climashield APEX」。こちらは、軽量かつ熱効率の高い剛性断熱材で、汗や夜露などで湿気を帯びても、すぐに乾く特長を持ちます。

    Image: naiatrade

    寝袋を使うにあたり、気になるのが持ち運びが楽かどうがですよね。コンパクトに収納できる「Solo QUilt」は、その点を問題なくクリアしています。

    今回のプロジェクトでは、使用温度-4℃と-12℃に対応する2タイプが用意されています。断熱材の空気層(ロフト)を確保することで、体から発せられる熱を寝袋内にしっかり閉じ込め可能に。長時間にわたって、暖かさをキープできます。

    Image: naiatrade

    隙間風を防ぐ、ストッパーが設けられている点も見逃せません。

    心地よい暖かさを保つだけでなく、温度が上がりすぎた際には換気することも可能です。体をしっかりと外気温から守り、快適さを保つのにストッパーは大事な役割を果たします。

    ブランケットとしても使える

    Image: naiatrade

    ファスナーでパーツを分けると、ブランケットとしても使えます。羽織ったり膝にかけたりすれば、スポーツ観戦やアウトドア、災害時などにも活躍すること間違いなし。寒さをシャットアウトして、気軽に暖を取るのにも最適ですよ。

    Solo QUilt」は一般販売価格39,600円のところ、15%OFFの33,660円(消費税・送料込み)から支援可能サイズは、S/M/Lからお選びいただけます。

    ヒマラヤの冒険家が開発した寝袋で、快適な夜を過ごしてみませんか? アウトドアライフがより一層楽しくなりそうですね!

    >>ヒマラヤの冒険家が8年かけて開発!寝袋の常識が変わる「Solo QUilt」

    Image: naiatrade

    Source: machi-ya



    (出典 news.nicovideo.jp)

    米軍採用の断熱材を使用! 寒さ知らずの超本格派な寝袋が登場!


    これ魅了的な寝袋ですね!!

    持ち運びにやすいポータブル電源【Jackery】

    <このニュースへのネットの反応>

    【米軍採用の断熱材を使用! 寒さ知らずの超本格派な寝袋が登場!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドア用の折り畳みベッドは、ベッドとしてはもちろん、ベンチや荷物置きとしても使用ができます。室内だけではなく、野外でも快適な寝心地で過ごせるでしょう。この記事では、折り畳み式ベッドのおすすめの商品や選ぶポイントについて紹介します。

    アウトドアには折り畳み式ベッドがおすすめ?
    snow peak(スノーピーク)「ハイテンションコット」

    アウトドア用の折り畳み式ベッドは、通称「コット」と呼ばれ、野外でも快適な寝心地を味わえるアイテムです。ベッドとしてはもちろんのこと、ベンチや荷物置きなど、多様な使い方ができます。 折り畳み式ベッドは普段のアウトドアをより快適にするのでおすすめと言えるでしょう。

    アウトドアに折り畳み式ベッドをおすすめする理由4つ
    Campsnail「ソロキャンプ コット」

    キャンプツーリング、屋外フェスなど、折り畳み式ベッドは様々なアウトドアシーンで活躍します。では、なぜ様々なシーンで活躍することができるのでしょうか。これから、折り畳み式ベッドをおすすめする理由を4つご紹介します。

    アウトドアでのアクティビティの時は、なるべく荷物を減らしたい場合がよくあります。その点、このアイテムは折りたたんで収納ができるため、とてもコンパクトです。特に、パーツが分解されている組み立て式のベッドや、脚フレームが短いローコットタイプの折り畳みベッドは、とてもコンパクトに収納ができます。ソロキャンプツーリングなど、アウトドア時になるべく荷物を減らしたい方にもおすすめです。

    アウトドア用の折り畳み式ベッドは、専用の収納ケースが付属されています。この専用のケースに収納すると、とても持ち運びやすいのでおすすめです。特にサイズが小さなものは、折り畳んでリュックに収まるものもあるので、バイクやバッグパックでも持ち運べます。

    ベッドとして快適に眠れるのはもちろんのこと、腰をかけたい時のベンチがわりや、荷物置きなどで使用することができます。 折り畳み式ベッド1つで、多様な使い方ができるので、コスパが良いと言えるでしょう。

    アウトドア用の折り畳み式ベッドは、マットや寝袋とは異なり、寝床が地面から離れています。そのため、熱気や冷気の影響を直接地面から受けず、断熱効果があります。夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。

    アウトドア用の折り畳み式ベッドは、種類がたくさんあります。使用シーンや好みによって、軽さにこだわったもの、収納サイズにこだわったもの、高さの違うロースタイル(ローコット)、ハイスタイル(ハイコット)など、様々な種類があります。それでは、アウトドアシーンで活躍する売れ筋の折り畳み式ベッドをご紹介します。

    1:DOD(ディーオーディー)「バッグインベッド
    DOD(ディーオーディー)「バッグインベッド
    DOD(ディーオーディー)
    DOD(ディーオーディー)「バッグインベッド
    ¥12,029〜
    DOD(ディーオーディー)「バッグインベッド」
    アウトドアの時にあるべく荷物を減らしたいという方におすすめなのが、DODの「バッグインベッド」です。

    収納サイズがとてもコンパクトで、楽に持ち運びができます。それでいて、耐荷重120kgと実用性に優れています。 ベッドの布の張りは柔らかめで、心地よく体を包み込んでくれるような寝心地が特徴です。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    2:Moon Lence「キャンプコット 第3代」
    Moon Lence「キャンプコット 第3代」
    Moon Lence「キャンプコット 第3代」
    ¥9,999
    Moon Lence「キャンプコット 第3代」
    Moon Lenceの折り畳み式ベッドは、折り畳みと組み立てがすばやくできるようになっています。

    ベッドの長さや幅も十分にあるため、ゆったりとくつろげます。 ベッド頭側の部分にはポケット付いており、スマホタブレットなどの小物が収納できて便利です。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    3:Dominant-X「折り畳み式キャンプコット」
    Dominant-X「折り畳み式キャンプコット」
    Dominant-X
    Dominant-X「折り畳み式キャンプコット」
    ¥6,099〜
    Dominant-X「折り畳み式キャンプコット」
    軽さと利便性を追求してデザインされたDominant-Xの折り畳み式ベッドは、重量1.9kgと非常に軽量です。

    少しでも荷物を軽くしたい方におすすめです。 また、工具を使用しないで組み立てることができるので、初心者の方におすすめと言えるでしょう。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    4:FLAMROSE「畳折り畳み式 迷彩キャンピングベッド
    FLAMROSE「畳折り畳み式 迷彩キャンピングベッド
    FLAMROSE「畳折り畳み式 迷彩キャンピングベッド
    ¥5,499
    FLAMROSE「畳折り畳み式 迷彩キャンピングベッド」
    FLAMROSEの折り畳み式ベッドは、使用するときは脚組を伸縮させて広げるタイプベッドです。

    パーツの取り付けが必要なく、そのまま広げて使用できるので簡単です。 体を支える脚部分は10本と数が多く、安定感が抜群です。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    5:Campsnail「ソロキャンプ コット」
    Campsnail「ソロキャンプ コット」
    Campsnail
    Campsnail「ソロキャンプ コット」
    ¥7,980〜
    Campsnail「ソロキャンプ コット」
    Campsnailの折り畳み式ベッドは、体を支える脚部分の金具が三角のような形で、耐荷重が均等に分散されるデザインになっています。

    また、布地が丈夫で、横になった時に体の沈み感がないため快適に眠れます。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    Naturehike
    ¥16,900〜
    Naturehike「アップグレード版アウトドアベッド」
    Naturehikeアップグレード版アウトドアベッドは、安定性と強度があり、寝返りによるきしみ音が低減されているところが魅力です。

    また、ベッドの高さを二段階に調節できるので、様々なアウトドアシーンに利用できるでしょう。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    7:FUTURE FOX 「2WAYコット」
    FUTURE FOX 「2WAYコット」
    FUTURE FOX
    FUTURE FOX 「2WAYコット」
    ¥15,800〜
    FUTURE FOX 「2WAYコット」
    FUTURE FOX の「2WAYコット」は、高さ38cmのハイルタイル、19cmのロースタイルの2つの高さに調節ができます。

    ベッドの生地は、北欧風のノルディック柄のデザインです。おしゃれな見た目でありながら、耐重量は200kgと実用性も高いところもおすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    8:ALPIDEX (アルピデックス)「ウルトラライトローコット」
    ALPIDEX (アルピデックス)「ウルトラライトローコット」
    ALPIDEX (アルピデックス)
    ALPIDEX (アルピデックス)「ウルトラライトローコット」
    ¥10,988〜
    ALPIDEX (アルピデックス)「ウルトラライトローコット」
    ALPIDEXのウルトラライトローコットは、ドイツのトレッキングブランドによる折り畳み式ベッドです。

    レバーを押すだけで、ワンタッチで組み立てができ、片付けも簡単です。 重量が約1.8Kgと非常に軽量なところも魅力です。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    9:NICEWAY「折りたたみベッド
    ¥8,580〜
    NICEWAY「折りたたみ式ベッド」
    丈夫でしっかりとした折り畳みベッドが欲しい方には、NICEWAYの折りたたみベッドがおすすめです。

    身体を支えるベッドの脚が10本あり、しっかりと支えてくれます。 比較的重量があり、収納時のサイズも大きめなので、車で運搬される方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    10:クイックキャンプフォーディング キャンピングベッド
    ¥5,500
    クイックキャンプ「フォールディング キャンピングベッド」
    クイックキャンプフォーディング キャンピングベッドは、ベッドの脚を開くだけで展開できるため、設置が簡単なところが特徴です。

    コットの下を風が通るため、冷気や熱を逃がす快適構造になっています。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    11:FIELDOOR「OUTDOOR COT T/C」
    FIELDOOR「OUTDOOR COT T/C」
    FIELDOOR
    FIELDOOR「OUTDOOR COT T/C」
    ¥8,200〜
    FIELDOOR「OUTDOOR COT T/C」
    屋外のアウトドアでは、キャンプファイヤーBBQなど、火を使う場面も多くあり、火の粉が飛ぶと、それが原因でベッドの布地に穴が空いてしまうこともあります。

    FIELDOORの折りたたみベッドは、生地に難燃性のT/C生地を使用しているため、穴が空きにくいという特徴があります。屋外キャンプ焚き火を楽しみたい方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    12:snow peak(スノーピーク)「ハイテンションコット」
    snow peak(スノーピーク)「ハイテンションコット」
    snow peak(スノーピーク)
    snow peak(スノーピーク)「ハイテンションコット」
    ¥43,450〜
    snow peak(スノーピーク)「ハイテンションコット」
    snow peak(スノーピーク) のハイテンションコットは、無駄のない洗練されたデザインで、インテリアとしてもおしゃれな折りたたみベッドです。

    高さは腰をかけるのに丁度よく、寝ている状態から靴を履くにも楽な高さに設計されています。設置方法も簡単で、折り畳まれた4本の脚を開いて、後は本体パイプに収納されたフレームシートスリーブに通すだけです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    アウトドア用の折り畳み式ベッドの選び方5つ
    snow peak(スノーピーク)「ハイテンションコット」

    これまで各メーカーの様々な種類の折り畳み式ベッドを紹介してきました。では、選ぶ際はどのようなところに注意すると良いのでしょうか。これから、アウトドア用の折り畳み式ベッドの選び方5つを紹介していきます。

    折り畳み式ベッドを選ぶ時には、耐荷重を確認しましょう。ベンチとして使用するかもしれない場合は、2人以上でも使用できる耐荷重のベッドがおすすめです。 また、注意点としては、各スペック表記の耐荷重は、静止時の重さが表記されています。就寝時に寝返りを打つことも考慮し、耐荷重は自分の体重よりも余裕のあるものを選びましょう。

    アウトドア用の折り畳み式ベッドは、地面からの高さが40cm前後の「ハイコット」と、20cm前後の「ローコット」の2種類に分けられます。 ハイコットは、適度な高さがあるのでベンチや物置として使用もしやすく、ベッド下の開きスペースに物を収納できます。しかし、高さがある分、ベッド脚の部品がかさばるので、重量が増えるというデメリットがあります。 ローコットは、ハイコットに比べて、ベッド脚の部品がかさばらないため、コンパクトに収納できるところがおすすめです。また、地面に近いので、小さなお子さまが使用する場合も安心です。しかし、ローコットは地面からの熱気や冷気の影響を受けやすいという難点があります。それぞれに良い点、懸念点があるので、使用する目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

    ベッドの寝心地は、生地の張りによって変わってきます。張りが強くピンと張られているものは、反発があるので寝返りが打ちやすく、安定感があります。 一方、張りが緩い場合や、使用されている生地が伸縮性のある場合には、身体が沈むため、包まれるように柔らかい寝心地を感じられます。

    折り畳み式ベッドには、リクライニング機能がついているものもあります。リクライニング機能がついていると、リゾートベッドのように使用ができるので、快適に過ごせます。自然の中を快適な姿勢でくつろぎたい方におすすめです。

    折り畳み式ベッドは、安価なものから高価なものまで、様々な価格のものがあります。安価でも十分に使用できるベッドもありますが、やはり高品質で高価なものは、ベッドとしての快適性が上がります。気になる折り畳み式ベッドが見つかったら、サイズ、耐荷重、重量、素材、組み立てやすさといった機能と、その価格はバランスが取れているかを確認すると良いでしょう。

    好みの折り畳み式ベッドを見つけてアウトドアを快適に過ごそう!

    今回は、いろいろな種類のアウトドア用の折り畳み式ベッドをご紹介しました。折り畳み式ベッドを選ぶ際は、自分の目的に合っているものを選ぶことが大切です。バリエーション豊富な折り畳み式ベッドの中から、ぜひ自分にぴったりなものを見つけて、快適なアウトドアライフを楽しみましょう。

    アウトドアにおすすめの折り畳み式ベッド12選|選び方のポイントも紹介


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アウトドアにおすすめの折り畳み式ベッド12選|選び方のポイントも紹介

    これ気になる12選ですね!!

    私はこれ使ってますが笑笑



    “"


    【WAQアウトドアストア】

    <このニュースへのネットの反応>

    【アウトドアにおすすめの折り畳み式ベッド12選|選び方のポイントも紹介】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンプや野外活動で活躍するのがアウトドアエアーマットです。自分にぴったりなエアーマットを選べば、野外でも快適な寝心地になり、アウトドア活動がより楽しくなります。この記事では、アウトドアエアーマットの選び方とおすすめのメーカーをご紹介します。

    MEITAN 車中泊ベッド SUV車用ベッド エアーベッド 後部座席用 

    アウトドアエアーマットとは、キャンプや野外活動で寝心地を快適にする寝具のことです。普段はコンパクトで使う時に空気を入れて膨らむため、持ち運びやすいのがメリットといえるでしょう。エアーマットがあれば、キャンプだけでなく緊急時やイベントでも活用できます。

    アウトドアエアーマットには、空気注入タイプハイブリッドタイプの2種類があります。空気注入タイプは、ポンプなどを使って空気を入れて組み立てるタイプエアーマットです。弾力性があり、コンパクトで携帯性が高いのがメリットですが、ポンプで膨らませるタイプは労力が必要なのがデメリットです。 一方、ハイブリッドタイプはウレタンフォームと空気を組み合わせたものです。インフレータブルマットと呼ばれます。自動で膨張し必要に合わせて空気を入れるため組み立ては簡単ですが、かさばりやすいというデメリットがあります。

    それでは、アウトドアエアーマットを取り扱うおすすめのメーカーをご紹介します。メーカーの特徴や魅力とともに、それぞれのメーカーのおすすめエアーマットを挙げています。情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

    コールマン キャンパーインフレーターマットW(ダブル
    コールマン(Coleman)
    コールマン キャンパーインフレーターマットW(ダブル
    ¥5,729〜
    コールマン キャンパーインフレーターマットW(ダブル)
    Colemanは1900年代から続く老舗のアウトドアメーカーで、信頼できる品質とコスパの高さが魅力といえるでしょう

    耐久性の高いテントからおしゃれなガスランプまで多岐にわたって手掛け、初心者から上級者まで幅広いユーザーに支持されています。 キャンパーインフレーターマットハイピークは、自動で膨らむ便利さと10cmもの厚さでしっかり断熱してくれる利便性があり、野外でも心地よく眠れます。エアーマット初心者から上級者まで幅広い層におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ロゴス(LOGOS) セルフインフレートベッド 72884160
    ロゴス(LOGOS)
    ロゴス(LOGOS) セルフインフレートベッド 72884160
    ¥30,800〜
    ロゴス(LOGOS) セルフインフレートベッド 72884160
    カエデマークで有名なLOGOSは1928年創業の日本のキャンプ用品メーカーです

    プロ向けでなく一般的なユーザーターゲットにした製品を提供しています。 このメーカーの製品の魅力は、高いデザイン性と品質といえるでしょう。三角形の可愛らしいナバホ柄のテントやストライプのアームチェアなど、魅力的なデザインキャンプを楽しく盛り上げてくれます。 LOGOSセルフインフレートベッドは、ブラウンマスタードおしゃれなツートーンカラーです。肌触りのよいソフトタッチ素材を採用し、寝る時はふかふかで、収納するとコンパクトになります。 他のエアーマットと比べるとやや価格設定は高めですので、品質や寝心地の良さを重視したい方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    モンベル(mont-bell)
    ¥9,900〜
    モンベル U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 150 サンセットオレンジ 1124660
    登山用品で有名なmont-bellは、1975年創業の日本のアウトドアメーカーです

    その品質の高さや店舗の多さから、登山愛好家だけでなく普段使いしたい一般ユーザーにも人気であることが特徴といえるでしょう。 そんなmont-bellのアウトドアエアーマットでおすすめなのが、U.L.コンフォートシステムアルパインパッド25です。740gと超軽量の本体は携帯性が高いので、移動の多いアウトドアや登山にぴったりといえます。 薄いマットですので、単体で使うよりテント用エアーマットの下敷きとして使いたい方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    スノーピーク(snow peak) インフレータブルマット テレコ TM-135
    スノーピーク
    スノーピーク(snow peak) インフレータブルマット テレコ TM-135
    ¥15,180
    スノーピーク(snow peak) インフレータブルマット テレコ TM-135
    国内外で根強い人気を誇るsnow peakは、1959年スタートした日本のアウトドアメーカーです

    完全日本製という品質へのこだわりと、洗練されたデザインで、日本だけでなく海外でも愛用されています。 例えば「焚き火台」というジャンルを作り出したsnow peak焚火台は、逆ピラミッド美しい形状と修理の必要がないと言われるほどのタフさを兼ね備えています。 そのデザイン性と機能性の高さは、アウトドアエアーマットも例外ではありません。メーカーロゴが印字されたシンプルなフォルムのインフレーター式エアマットレスで、高いクッション性を保持し、熟睡できる寝心地を与えてくれるでしょう。 エアー注入を簡単にできる便利さと寝心地の良さがある一方で、コンパクトさは他のエアマットに劣ります。快適な眠りを追求したい方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    Sable キャンプマット ピロー
    Sable
    Sable エアーマット キャンプマット ピロー一体式
    ¥3,999
    Sable エアーマット キャンプマット ピロー一体式
    Sableは、屋内外のエアーマットを提供するメーカーです

    空気を入れると46cmもの厚さに膨らむエアベッドは、のびのびと眠れるにもかかわらず価格は1万円以下を実現しています。 アウトドアエアーマットでもコスパの高さは健在です。エアーマットを自動で膨らませると、体をしっかりサポートしてくれるサイズまで大きくなります。価格と使いやすさを考えると、キャンプエアーマットを初めて買う方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    Hikenture® キャンプマット エアマット ダブル テントマット 2人用
    Hikenture
    Hikenture® キャンプマット エアマット ダブル テントマット 2人用
    ¥7,388〜
    Hikenture® キャンプマット エアマット ダブル テントマット 2人用
    Hikenture(ハイケンチャー)は、空気ポンブが不要なアウトドアエアーマットを取り扱っています

    このメーカーアウトドアエアーマットの特徴は、携帯性と使いやすさのバランスがよく、リーズナブルであることです。低価格で広めのエアーマットを使いたい方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    ¥9,080〜
    クイックキャンプ (QUICKCAMP) 車中泊マット ダブルサイズ
    QUICKCAMPは、スポーツ用品を販売するeSPORTSが展開するアウトドア用品のプライベートブランドです

    このブランドの特徴は、初心者にやさしい設計の商品とリーズナブルな価格帯であるといえます。 例えば、このブランドのテントは全てワンタッチで設置できる仕様です。ロープを引っ張るだけで広がる作りで、1人用から大人数用まであり、少人数のものは1万円台から購入できます。 エアーマット使用初心者で、車中泊でも使用できるサイズを探している方におすすめします。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚 Mサイズ 自動膨張マットレス
    FIELDOOR(フィールドア)
    FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚 Mサイズ 自動膨張マットレス
    ¥ 9,280
    FIELDOOR 車中泊マット Mサイズ 自動膨張マットレス キャンプ アウトドア
    FIELDOORは、様々なアウトドア用品を取り扱っているメーカーです。

    おしゃれアイテムを低価格で提供しているところが特徴です。 アウトドアエアーマットは、ボタンで連結できるので、1人で使いたいときにも2人で使いたいときにも対応できます。 場面に合わせてフレキシブルに大きさを変えられるエアーマットを探している方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    キャプテンタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用品 シート エクスギア インフレーティングマット バッグ付
    キャプテンタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用品 シート エクスギア インフレーティングマット バッグ付
    ¥9,609〜
    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用品 シート エクスギア インフレーティングマット バッグ付
    CAPTAIN STAGは、日本のものづくりをリードする燕三条市のパール金属のアウトドア部門としてスタートしたメーカーです。

    大自然の中で頼りになる存在」を掲げて牡鹿(STAG)をマークとする同メーカーの特徴は、使いやすさと購入しやすさといえるでしょう。 キャンプエアーベッドは、テントマットや車中泊、急な来客用など、幅広く使用することができるでしょう。 安心できる品質と低価格の両方が揃った製品を求める方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    Intex
    ¥14,199〜
    Intex エアーベッド 電動 プライムコンフォート QUEEN
    INTEXは、エアーマットで世界的シェアを誇るアメリカメーカーです

    エアーベッドを始め、浮き輪プールなどアウドドアやビーチで活躍する製品を提供し、世界中で愛されています。 同社のエアーベッドの魅力は、快適な寝心地を追求した構造です。数千本の特殊繊維を使用し、エアーマットの形をキープすることで、体の沈み込みによる痛みを低減するように作られています。 同メーカーアウトドアエアーマットには様々なタイプがありますが、特徴的なものが電動ポンプ搭載のPRIME COMFORTです。これは、ダイヤルを回すと空気が入る仕様となっており、好みの硬さに調節可能です。 体の大きさや調子に合わせてコントロールできるエアーマットをお探しの方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    THERMAREST(サーマレスト) アウトドア マットレス ネオエアー Xサーモ
    THERMAREST
    THERMAREST(サーマレスト) アウトドア マットレス ネオエアー Xサーモ
    ¥33,000〜
    THERMAREST(サーマレスト) アウトドア マットレス ネオエアー Xサーモ
    THERMARESTは、1972年の創業以来、高機能素材やテクノロジーにこだわったアウトドア用品を提供し続けるメーカーです。

    就寝時の快適さを重視する製品が特徴で、体温を逃さず、その熱を利用して体を温める独自の技術も保持しています。 例えばNeoAir Campe Duoは、春秋用のアウトドアエアーマットです。収納時はコンパクトでありながら、広げると大きくなるため、2人でも広々と使えます。修理キットが付属しているので、アウトドア中のトラブルも安心です。 他のエアーマットよりやや強気の価格設定ですので、高い技術力や快適性を重視する方におすすめです。

    商品詳細はオリジナルサイトでご覧ください。

    Tomight  車中泊エアーマット

    ここからは、実際にアウトドアエアーマットを選ぶ際のポイントをお伝えします。例えば、寒い地域で使うなら厚手で断熱性の高いものの方が快適ですし、移動が多い場合は携帯性を重視してコンパクトで薄手のほうが便利であるといえます。このように、用途によって選ぶべき製品は異なります。 実際に使う場面を想定しながら、これから紹介するポイントを参考になさってください。

    まずは、使う人数や使う場面をイメージして選びましょう。アウトドアエアーマットは、シングルサイズダブルサイズなど様々なサイズがあります。大きなサイズはゆったりと使えますがその分持ち運びも大変ですので、使用人数を考えましょう。 また、薄手のものもあれば厚手のものもあります。快適な寝心地の良さを追求するなら厚みのあるものがおすすめですが、シートとしても使いたい場合や携帯性を重視したい場合は薄手のものがぴったりです。

    使いたいシーンイメージして、素材や寝心地とコストを考えてみましょう。 例えば寒い地域でアウトドアを楽しむ場合は、高い断熱性能を兼ね備えた製品がおすすめです。ただ、断熱性能が高い製品は価格が上がることもあるので、本当に必要な機能かどうか検討する必要があります。 また寝心地の良さを追求した製品は、研究開発や素材にコストがかかり、価格が高めになっていることも少なくありません。他の寝具と併用する場合には不要なこともありますので、どういった使い方を想定するのか考える必要があります。 また、天候の変化が激しい地域で使いたい場合は耐水性のある生地がおすすめです。車中泊メインの場合は柔らかい生地の方が寝心地の良さを確保できます。

    持ち運びやすさを重視するのか、寝心地の良さを重視するのかという点も考えましょう。厚手でふかふかの素材は寝心地よい製品ですが、収納時もサイズが大きくなる傾向があります。一方、薄手の製品は一枚だと使いにくいですが携帯性は高いといえます。 登山など移動の多い場合は携帯性に優れたコンパクトな製品がおすすめですが、テントや車中で使用する場合は厚手のタイプがおすすめです。

    エアーマットの機能の中では、特に空気の入れ方に注意して選びましょう。アウトドアエアーマットには空気を自動で入れるものと手動で入るものがあります。自動空気入れは組立時に便利ですが、組み立てに時間がかかるものや空気の量を調整できないものもあります。購入前に製品の詳細をチェックしましょう。 また、手動で空気入れする製品を購入する際は、専用のポンプが付属しているかどうかがポイントです。現地に到着してからポンプがなければ使用できませんので、事前にチェックしましょう。

    アウトドアエアーマットには、厚手の単体で使えるものと薄手の重ね使いできるものがあります。用途に合わせて選びましょう。 薄手のエアーマットの機能は様々ですが、寝具と併用して断熱性能を高めるものや、テントの中に敷いて浸水を防ぐものなどがあります。製品によって特徴が異なりますので、どんな用途で使いたいのかを明らかにして選ぶのがおすすめです。

    お気に入りのアウトドアエアーマットを選ぼう

    アウトドアエアーマットの選び方のポイントメーカー別おすすめの製品について、ご紹介しました。マットレスは健康を左右する重要な役目を果たします。体にフィットするものや用途に合うものを選べば、野外でも快適な寝心地を得られ、アウトドア活動がより楽しくなるでしょう。 お気に入りのエアーマットを見つけて、アウトドアをもっと楽しみましょう。

    車中泊にも使える!アウトドア用エアーマットのメーカーおすすめ11選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    車中泊にも使える!アウトドア用エアーマットのメーカーおすすめ11選



    これ参考になりますね!!


    WAQ インフレータブル式マット 3cm

    <このニュースへのネットの反応>

    【車中泊にも使える!アウトドア用エアーマットのメーカーおすすめ11選】の続きを読む

    このページのトップヘ