campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     スポーツ専門店「スポーツオーソリティ」を運営する株式会社メガスポーツ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石塚 幸男)は、総合スポーツメーカー ミズノ株式会社が開発した吸湿発熱素材「ブレスサーモ」を採用した「ブレスサーモ ダウンシュラフ」を、9月初旬より全国のスポーツオーソリティスポーツオーソリティオンラインショップで独占販売いたします。(一部取扱いのない店舗がございます。)

    イメージ画像

     ミズノ株式会社は、1906年の創業以来、より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献することを理念に掲げ、人々のスポーツシーンを支えるとともにスポーツの価値を活用した商品やサービスを提供し、日常生活にもその価値を積極的に広めてまいりました。製品開発においては、品質に徹底的にこだわり、安全で優良な製品を製造・販売してまいりました1994年に誕生した吸湿発熱素材「ブレスサーモ」においては、ほ乳類や鳥類が、自身の毛皮や羽毛が濡れると、その水分を吸って熱を出し保温するメカニズムに着目し、吸湿発熱する化学繊維を開発しました。このたび、スポーツオーソリティ限定で発売する「ブレスサーモ ダウンシュラフ」は、保温性が高いダウン(掛け布団)と吸湿発熱素材のブレスサーモ(敷布団)による温かさと快適性が特徴のセパレート型ハイブリッドシュラフです。9月初旬より、全国のスポーツオーソリティスポーツオーソリティオンラインショップで販売を開始します。 (一部取扱いのない店舗がございます。)


    ◆商品情報
    商品名 :ブレスサーモ ダウンシュラフ
    品番  : C3JSF10236
    カラ―   : ダークオリーブ
    販売価格 :本体価格27,000円(税込29,700円)
    商品コメント :
    ダウンが膨らみやすく、保温性が高いダウン(掛け布団)と吸湿発熱素材のブレスサーモ(敷布団)によるハイブリッドシュラフ。セパレート型のため、敷布団側だけを取り外すことも可能★スポーツオーソリティ限定モデル
    商品イメージ
    スポーツオーソリティ オンラインショップでの販売は、こちらよりご確認ください>
    https://www.sportsauthority.jp/shop/e/es43smubt/

    ◆「ブレスサーモ」とは
    人の肌から常に発散されている微量な水分(水蒸気)を吸収して発熱する、吸湿発熱素材です。水分が吸収される過程で発熱した空気が繊維間にとどまるため、衣服と体の間は暖かく、ドライな状態を保つことができます。

    株式会社メガスポーツ 会社概要】
    所在地  :〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-8-4 日本橋コアビル3F
    設立   :1995(平成7)年8月
    資本金  :1億円
    代表者  :代表取締役社長 石塚 幸男(イシヅカ ユキオ)
    事業内容 :
    スポーツ専門店「スポーツオーソリティ」、スニーカーを中心としたスポーツ×ファッションセレクトショップCORNERS」、アウトドアスタイルシーンからライフスタイルシーンまで既成概念にとらわれず、自由気ままに生活する人達に向けたライフスタイルセレクトショップ「OUTSIDE THE BOX」を全国展開しています。

    株式会社メガスポーツ webサイト: https://www.megasports.jp/
    スポーツオーソリティwebサイト : https://www.sportsauthority.jp/
    ◆OUTSIDE THE BOX webサイト : https://www.sportsauthority.jp/outsidethebox/
    ◆当社が提案する「フレッシュな“もぎたて”体験を楽しむキャンプ」 三木里脇もぎたてキャンプ
    https://www.sportsauthority.jp/store/mogitate_campsite

    スポーツオーソリティ公式アプリ
    スポーツオーソリティ公式アプリ」がスタートいたしました。ご登録はQRコードを読み込んでいただくか、アプリストアで「スポーツオーソリティ公式アプリ」と検索してください
    イメージ画像
                    https://www.sportsauthority.jp/app_sa/





    配信元企業:株式会社メガスポーツ

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    「ミズノ」「スポーツオーソリティ」スポーツオーソリティ限定「ブレスサーモ ダウンシュラフ」を発売!

    ブレサーモのシュラフって気になりますね!
    -5℃なんで真冬は微妙ですね!
    でもあったかそうですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【「ミズノ」「スポーツオーソリティ」スポーツオーソリティ限定「ブレスサーモ ダウンシュラフ」を発売!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    株式会社ビッグウイング(本社:大阪府大阪市城東区)が取り扱うアメリカ発のソフトクーラブランド “AO Coolers
    (エーオークラーズ)より、新モデルを発売します。(サイズ:12パック、24パック)
    2021年8月7日(土)より順次発売。

    ブランド初の「タン(TAN)」カラーを採用

    AO Coolersシリーズ随一のハイスペックなアウターで、重厚感と無骨な雰囲気が特徴的な「バリスティックシリーズ」が、アップグレードして新登場します。




    アウターの素材を1,680デニールのバリスティックポリエステル素材にアップグレードし、更にタフに仕上がっています。
    カヤックカバーに使用されるほどの頑丈さと保護力が特徴。




    軽量で、高い保護力、耐摩耗性を誇ります。PVCコーティング加工で防水性も兼備。
    程よい光沢を残し重厚感と無骨な雰囲気のデザインも特徴的です。アクティブな生活をおくる方におすすめのアイテムです。
    ※非腐食性のYKKダブルジッパー採用




    ■AO Coolers 12パック バリスティックソフトクーラー
    カラー:タン
    サイズ:幅36×高さ30×奥行18cm
    容量:11L
    価格:12,980円(税込み)
    発売開始日:8月7日より順次



    ■AO Coolers 24パック バリスティックソフトクーラー
    カラー:タン
    サイズ:幅43×高さ30×奥行25cm
    容量:23L
    価格:17,050円(税込み)
    発売開始日:8月7日より順次



    【AO Coolers(エーオークラーズ)】
    1990年に『American Outdoors Coolers』という名称にてアメリカで販売をスタートさせました。販売当初は食肉産業や水産業などの業界向けクーラーとして販売。その優れた性能がアウトドアユーザーに受け入れられ、世界規模のクーラメーカーへと成長し、今もなお進化を続けています。


    株式会社ビッグウイング
    ビッグウイングは、
    STANLEY,Snugpak,AO Coolers,KAMMOKなどをはじめとする海外ブランドから、
    自社ブランドasobitoまで、個性豊かなアウトドアブランドを展開しています。



    BIGWING https://www.bigwing.co.jp/
    BIGWING ONLINE STORE https://bigwing.shop/
    Instagramアカウント https://www.instagram.com/bigwing1995/

    配信元企業:株式会社ビッグウイング

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    驚異の保冷力とタフさを誇るソフトクーラー『AO Coolersバリスティックシリーズ』がアップグレードして新登場!

    ソフトクーラーって使いやすくて最高ですね!!
    この季節クーラーBOX何個も必要になりますね!!
    私も最近はお買い物にも使っていますね!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【驚異の保冷力とタフさを誇るソフトクーラー『AO Coolersバリスティックシリーズ』がアップグレードして新登場!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     アウトドアでの休暇に目が行く昨今。車で気楽にキャンプに出かけたいけれど、さすがにキャンピングカーはなし、狭いテントの設営もなんだか・・・という人にぴったりのテントが発売されている。車に連結できる「カプセル ポップアップ 車中泊テント」(UI・東京)だ。

     ポップアップ式だから簡単にテントを広げることができ、車との連結も簡単。4面をメッシュにもできるから、自然の風を感じて外を見ながら、虫はシャットアウト。全部カバーを閉めれば、もちろんプライバシーも守れる。

     車と連結できるだけでなく、単体テントとしても利用可能。三角テントと異なり屋根が高いので、広く感じる。さらにテントを複数購入すれば、テント同士を連結して大きな空間になるから、大家族や大人数でのキャンプにも対応できる。税込み35,000円。

    Yahooショッピング: https://store.shopping.yahoo.co.jp/vaniastore/acc0493.html

    amazonhttps://www.amazon.co.jp/dp/B0982V2LF5

    車に連結するテント メッシュで虫もシャットアウト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    車に連結するテント メッシュで虫もシャットアウト


    この虫対策いいですね!!

    うちはシェルターテントか車の窓にネット貼っています。

    これなら車と一体なんで使いやすそうですね!!








    <このニュースへのネットの反応>

    【車に連結するテント メッシュで虫もシャットアウト】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    震災に備えて非常食を備蓄する家庭や、企業が防災対策グッズとして社員向けの保存食を購入することも珍しくなくなりました。

    そんな中、警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)が非常食の定番「アルファ化米」の調理法を紹介し、話題となっていたので紹介します。

    アルファ化米に缶詰を入れてみた第二弾! 今回は『焼きとりのたれ味』。鶏肉好きの私はどんな味になるのか楽しみ! と思いながら60分後、混ぜて一口食べてみると「おっ! 美味!」。自信を持ち、災害対策課員に食べてもらったところ、ここでも「意外と旨い」「イケる」と好評でした(^^)v(@MPDbousai)より引用

    この投稿には、「週末にでも試してみたいと思います!」「セットで保管しておこうっと」「アルファ化米の保存食、苦手だったので、セットで準備しておくアイデア、頂きましたー」など、ナイスアイデアだ、と称賛するコメントが寄せられていました。

    また、「いい試みかと思います。出来れば子供でも簡単に食べれそうなアレンジがあるといいですね」など、リクエストの声も届いています。

    さらには、「これ次の山行でやろう! 食べ終わった缶もアルファ米ジップロックに入れておける」「最近はmont-bellとかでこの手のパック飯入れながら食べる用(保温性がある)ファブリックケースあるよね?」など、汎用性の高さや、便利グッズを紹介する読者もいました。

    皆さんのお勧めの食べ方は何ですか?

    アルファ化米に缶詰を入れてみた第二弾!今回は『焼きとりのたれ味』。鶏肉好きの私はどんな味になるのか楽しみ!と思いながら60分後、混ぜて一口食べてみると「おっ!美味!」。自信を持ち、災害対策課員に食べてもらったところ、ここでも「意外と旨い」「イケる」と好評でした(^_^)v pic.twitter.com/krBxPtgspY— 警視庁警備部災害対策課 (@MPD_bousai) June 10, 2021
    (田中きくまる)

    画像提供:マイナビニュース


     


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アウトドアや登山でも使える!? 保存食が「おいしくなる」簡単な方法に、「週末に試します」「いい試み」「アイデア頂きます」と称賛の声

    これ便利ですね!!

    最近の保存食も美味しくなっていますが

    アレンジ大事ですよね!!





    V6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料【@nifty with ドコモ光】

    <このニュースへのネットの反応>

    【アウトドアや登山でも使える!? 保存食が「おいしくなる」簡単な方法に、「週末に試します」「いい試み」「アイデア頂きます」と称賛の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    福原遥主演ドラマゆるキャン△2」(毎週木曜夜0:30-1:00、テレビ東京系)の原作となっている、あfろによる漫画「ゆるキャン△」(芳文社)。ドラマアニメともにシーズン2まで放送されており、2022年にはアニメ映画の全国ロードショーも決定している人気作。「野外活動サークル」(通称・野クル)に所属する女子高校生たちがキャンプを満喫する日常を描いた同作は、キャンプブームの火付け役とも言われており、「読んだだけでキャンプに行った気になれる!」「でもやっぱり実際行きたくなる…!」と話題を集めている。なかなか気軽にお出かけできない今だからこそ読みたい「ゆるキャン△」の魅力を紐解いていく。

    【漫画を読む】読んだだけでキャンプ気分!臨場感たっぷりの「ゆるキャン△」第1話

    ■「ゆるキャン△」の「△」は、キャンプに欠かせないあの道具!

    タイトル横についている三角の記号「△」は、キャンプには欠かせない道具・テントを表現した記号で、声に出して読む際、「△」は発音しない。原作単行本では、黄色やオレンジや緑色など巻ごとに違った色のテントのイラストが描かれており、ファンの楽しみの一つとなっている。

    女子高生が純粋にキャンプを楽しむ様子を描いた同作は、タイトルのとおりその“ゆるさ”も魅力の一つだが、作中に散りばめられた“キャンプ愛”も、読者の心を掴んでいる理由の一つだろう。道具・グルメ・観光スポットなど、キャンプアウトドアの魅力を余すことなく描き切っている。

    単行本1巻第2話では、キャンプに興味を持ち始めた女子高生各務原なでしこが野クルの部室を訪れ、テントについて学ぶ場面が描かれている。便利な「ワンタッチテント」の紹介や、「自立式テント」と「非自立式テント」の違いにも触れたあと、実際に学校の中庭で手順を追って組み立ててみる場面などもあり、キャンプ初心者にも優しい内容だ。

    その他にも、薪の無料配布に関する情報や寒いときにカイロを貼るべき場所など、アウトドアに役立つ知識が満載で、本作をきっかけにキャンプにハマる人が続出しているのも頷ける。

    ■アツアツラーメン、餃子鍋…今すぐ食べたいキャンプグルメ

    ゆるキャン△」を語る上で欠かせないのは、何と言ってもキャンプならではのグルメ。単行本1巻第1話では、“ソロキャン”を愛する女子高生志摩リンキャンプ場で出会ったなでしこカレー味のカップラーメンを振る舞うシーンがある。寒い冬の夜のキャンプ場で一からお湯を沸かして作ったアツアツのラーメンに目を輝かせ、口いっぱいに頬張るなでしこ。市販のカップラーメンにもかかわらず、何だか特別なものに感じられ、読者の空腹感とキャンプ欲を刺激する。

    さらに単行本2巻第4話では、なでしこカップラーメンのお返しに手料理を振る舞う場面も描かれている。「切ってぶちこんで煮るだけだもん!!」と言いながら準備を進め、出来上がったのは唐辛子の効いた真っ赤な担々餃子鍋。真冬の冷たい空気のなか、食べるたびに体の芯からポカポカとあったまっていく描写は、まるで自分も真冬のキャンプ場にいるかのような錯覚に陥るほどだ。

    カップラーメンや餃子鍋など、作るのが難しいメニューではなくとも、キャンプならではの空気感なども相まって特別な一品に感じられ、読者からは「今すぐキャンプに行きたい!」「飯テロ…!」といった声が相次いだ。

    ■絶景!アウトドアの醍醐味

    ゆるキャン△」の作中に登場するキャンプ場や観光地は、実在する場所がモデルとなっており、聖地巡礼ができるのもこの作品の醍醐味だ。

    単行本1巻第1話では本栖湖の湖畔でのキャンプが描かれているが、本栖湖から見える富士山は千円札の絵にもなっているというほどの絶景。キャンプの途中、なでしことリンが富士山と夜空に浮かぶ月を眺める場面は、ファンからも「名場面!」「感動せざるをえない」と絶賛の声が集まった。

    単行本11巻第58話では、なでしこが奥大井湖上駅のキャンプ場を目指す道中、アプト式列車に乗る場面が描かれる。ここでは、車窓から見える風景が魚眼レンズを覗いたかのようなアングルでコマいっぱいに描かれ、臨場感たっぷりに表現されている。

    他にも、アプト式列車と機関車の合体の場面や、大きな吊り橋を見上げる場面でもこの魚眼レンズのような描写は使用されており、漫画ならではの表現でまるで自分もそこにいるかのような迫力を感じられる。

    道具やグルメや絶景など、さまざまな角度からキャンプの魅力を教えてくれる「ゆるキャン△」。アニメドラマも原作に忠実に作られており、きっとどの回を観てもキャンプの魅力に気づけること間違いなし。気軽に外出できない今だからこそチェックしておきたい一作だ。


    「ゆるキャン△」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【漫画】今さら聞けない!「ゆるキャン△」の「△」って何? "読んだだけでキャンプ気分"と話題の作品の魅力に迫る



    これ最高ですね!!

    △テントですね!!

    アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】
    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【【漫画】今さら聞けない!「ゆるキャン△」の「△」って何? "読んだだけでキャンプ気分"と話題の作品の魅力に迫る】の続きを読む

    このページのトップヘ