campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > ギア

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    溶接なしで作れる焚き火ギアセット。火床のメッシュは交換可能で経済的。お手軽アイアンDIYでタキビストに変身だ!

    溶接は一切不要の焚き火スタンド作り

    キャンパー必携の焚き火スタンド&ハンガーのセット。簡単に作るコツは精度の高さが必要な加工箇所をホームセンターの加工サービスを利用して済ませてしまうこと。今回、脚となる角パイプのカットと穴あけ、アタッチメントとなるアルミチャンネルカットと穴あけを加工室にオーダー。これだけで製作のハードルがグッと下がる。かかる費用は1500円ほど。もちろん、スチールカッターやグラインダーで自ら挑戦してもいい。

     

    市販品の焚き火スタンドの脚にはパイプが使われていることが多いため、ここではあえて角パイプをチョイス。X状に広げたスタンドに火床となるステンレス金網を載せ、ハトメのついた四隅と丸カンボルトを差し込むことで組み立てる。

     

    火床となるステンレス金網だが、1mで2枚分の火床が製作可能。度重なる使用で火床がヘタっても、交換できるのがうれしいところ。材料費も1枚あたり約700円と経済的。
    焚き火ハンガーは丸鋼とアイナット&ボルトを使った超シンプルなもの。溶接テクニック不要のアイアンDIYを楽しんでほしい。

    収納時の焚き火スタンド&ハンガー。コンパクトにまとまるので、キャンプ場への持ち運びもラクラク

     

    焚き火スタンド・各パーツ

     

    【主な使用道具】

    クランプ、両面ハトメパンチカッター、プライヤー、インパクトドライバードライバービット/12㎜径ドリルビット)、メジャー *ホームセンターで加工に使用した工具は除く

     

    【用意した資材】

    角パイプ(厚さ1.6×13mm角/長さ1000㎜と2000mm)それぞれ1本、アルミチャンネル(厚さ2.4×30mm角/長さ300mm)1本、丸カンボルト(M8×70mm)4本、ステンレス金網(#24/幅500×長さ1000mm)1枚、トラスネジ(M5×長さ25mm)4本、ナット(M5)4個、ワッシャー(M5)8枚、両面ハトメ(12mm)適宜、丸鋼(13mm径×長さ1820mm)1本、アイナット(W3/8サイズ)2個、六角ボルト(半ネジ/M10×長さ220mm)2本、耐熱スプレー(黒)

     

    【木取り表】

    長さ(mm) 数量 使用部位
    角パイプ(13mm角) 600 4
    アルミチャンネル30mm角) 30 2 タッチメント
    ステンレス金網(#24) 470角にカット 2 火床

    仕上がりサイズ…幅450×奥行450×高さ300㎜(展開時)
    材料費…約5000円(加工代、塗料は除く)

     

    【製作のポイント1】
    脚の組み立て

     

    【製作のポイント2】

    火床の加工

     

    【製作のポイント3】

    焚き火ハンガーの組み立て

    DIYでキャンプ家具を作ろう【1】焚き火スタンド&ハンガー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    DIYでキャンプ家具を作ろう【1】焚き火スタンド&ハンガー

    キャンプギアのDIY最高ですね!!

    私も焚き火ハンガー欲しいですよね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【DIYでキャンプ家具を作ろう【1】焚き火スタンド&ハンガー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    100年近くの歴史を誇る、スウェーデンまれのトランギア(TRANGIA)は、アルコールストーブやメスティンなど、アウトドアエキスパートから支持されるラインナップが充実!

    今回紹介するのは焚き火での使用を前提にした「オープンファイアケトル」だ。

    オープンファイアケトル ¥3080

    トランギアの既存アイテムでは、0.6L、0.9L、1.4Lの3サイズアルミケトルを用意し、いずれも一般的な“やかん”の形状だが、このオープンファイアケトルは同社のストームクッカーと同じように、取り外し式の持ち手を備えている。

    直火にかけても持ち手が熱くならず、本体のみを効率よく熱することができるのだ。フタも全て金属製なので、気兼ねなく焚き火に放り込める!

    焚き火ギア

    容量は約0.9Lと、ソロからファミリーキャンプまで幅広く使用できるサイズとなっている。

    キャンプの醍醐味である焚き火を存分に生かせるこのケトルは要チェック


    (問)イワタニ・プリムス tel:03-3555-5605    https://www.iwatani-primus.co.jp/products/trangia/index.html

     

    GO OUT WEB


    (出典 news.nicovideo.jp)

    トランギアの新作ケトル最高ですね!
    これからの季節焚き火でガンガン行けるのは最高!!
    しかも金額的に安い笑
    皆さんも参考にしてくださいね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンプ 道具】ガンガン焚き火にかけられる! 着脱式の持ち手で魅せるトランギアの新作ケトル。】の続きを読む

    このページのトップヘ