campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ: キャンプ アウトドア 雑誌

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    夏本番がやってきて、みなさんの物欲も外遊びキブンも高まっていることかと思います。そこで6月30日 (火)発売のGO OUT最新号では、目利きたちが選ぶ「安くていいモノ」、ほぼアンダー1万円の「お値打ちアイテム」を特集!

    さらには、注目ショップの「サマースタイル」、ギア目線の「サマーアイテム」、おしゃれな「夏キャンプスタイル」まで、盛り沢山の内容でお届けします。

    ライスだけでは判断できない価値あるアイテムを選んでくるのが、ボクら流の賢いモノ選び。そんなお買い物を実践する目利きたち60人に、ほぼほぼアンダー1万円の設定で、買ってよかった良品を教えてもらいました。

    機能的でスタイリッシュ、そのうえリーズナブル。そんなお値段以上の価値を感じるお値打ち品を、こちらもほぼアンダー1万円で厳選セレクト! ウエアからギア、グッズまで思わず手を伸ばしたくなるアイテムが見つかること間違いなし!!

    ボクら好みのアウトドアファッションを提案してくれる注目ショップ20軒から、この夏イチ押しのスタイルサンプリングしてきました。ルックスにも機能にもこだわったグッドルッキンな着こなしばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

    これからの真夏を存分に楽しむためには、最新のサマーアイテムを抜かりなくチェックして早めに準備しておきたいところ。素材感やカラーリングで夏のライフスタイルを彩ってくれる、ギア的プロダクトをたっぷり集めてきました!!

    アクティブになりきれない時期が過ぎて、この夏はキャンプに繰り出すヒトも多いことかと。そんなみなさんのために、別冊ゴーアウトのTHE CAMP STYLEシリーズから、おしゃれで快適なサマーキャンプスタイルピックアップ

    ULスタイルにまつわるアイテムを世界中からセレクトし、6月上旬に大阪店をオープンさせた「ムーンライトギア」。10年を迎えた目利きショップの変遷と、いま知っておきたい実力派ブランドたちにスポットライトを当ててみました。

    下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニで、お求めください。

    ■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.130 定価 ¥780

     

    GO OUT WEB


    (出典 news.nicovideo.jp)

    安くていいモノから、サマースタイル&アイテムまで! GO OUT最新号は、6/30 (火) 発売。

    これ参考になりますね!!

    ってか、欲しいものいっぱい笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【安くていいモノから、サマースタイル&アイテムまで! GO OUT最新号】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    出版物の制作販売を行う株式会社西東社(東京都文京区、代表取締役:若松和紀)によると、今年3月以降、同社の「楽しむ!極める!キャンプ完全ガイド」の売上が急伸。昨年3~5月のAmazon売上に比べて217%の売上を記録している。



    ▼商品ページ :

    https://www.amazon.co.jp/楽しむ-極める-キャンプ完全ガイド-木村東吉/dp/4791626117/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89&qid=1592270718&s=books&sr=1-1

    ■概要

    西東社の販売する「楽しむ!極める!キャンプ完全ガイド」は失敗しない道具選びやテントの張り方など、キャンプの基本を初心者でもわかりやすく解説しているのが特徴。監修はアウトドア関連企業のアドバイザーを多く務める木村東吉氏。

    これまでも入門書として書店で好評を得ていたが、コロナ禍において密室を避けキャンプを楽しむ人が増えたため需要が拡大。緊急事態宣言のなされた4月には一旦需要が落ち着いたものの、5月以降また売上が伸びている。

    書店だけでなくコンビニでもキャンプ関連雑誌の売上が伸びていたことから、5月には一部コンビニへも送品。こちらの売上も好調だ。

    近年では自宅のベランダを利用した「ベランピング」、一人で行う「ソロキャンプ」を楽しむ人も増えているという。キャンプの道具をそろえれば、外出がままならない中でも非日常が味わえる。この夏は「キャンプ完全ガイド」を片手に思い思いのキャンプを楽しんでほしい。

    【本書概要】

    タイトル:楽しむ! 極める! キャンプ完全ガイド

    ■著者: 木村東吉・監修

    ■発行元: 西東社

    ■価格: 1200円

    ■判型・ページ数:B5変・160

    ■会社概要

    商号  : 株式会社西東社

    代表者 : 代表取締役 若松和紀

    所在地 : 〒113-0034 東京都文京区湯島2-3-13

    事業内容: 書籍、小冊子、電子出版物などの制作・販売

    URL     : http://www.seitosha.co.jp/

    ■本件に関するお問い合わせ先

    企業名:株式会社西東社 担当者名:柘植 TEL:03-5800-3120Email:media@seitosha.co.jp



    配信元企業:株式会社西東社

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    西東社「キャンプ完全ガイド」Amazon売上217%増 空前のキャンプブーム受け


    これすごい売り上げなんですね!!

    読んでみよ笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【西東社「キャンプ完全ガイド」Amazon売上217%増 空前のキャンプブーム受け】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    まだまだお出掛けするには注意が必要な状況が続いていますが、気づけば季節はすっかり夏に。

    夏遊び欲が湧き始めるいま、スタイリスト岡部文彦氏が体験した様々なアクティビティの記録をまとめた“ソトケン本”が、外遊び好きの間で人気を呼んでいます。

    岡部氏をはじめ、デザイナージェリー鵜飼氏、カメラマンの杉崎J太郎氏の3人が、毎月アウトドアフィールドへ出向き、様々な外遊びを体験、研究、発表をしている、GO OUTの人気連載「SOTOKEN(ソトケン)」。

    時には都会の川でパックラフトを楽しんだり、時には童心に帰って川でガサガサをしてみたり、台風の中キノコ狩りからの野営を試みたり、素潜りでフィッシングをしてみたりなどなど。

    外遊び研究といえど、いわゆるアウトドアアクティビティの体験記とは少々趣向が違い、家の近所にある自然で遊んだり、一歩踏み込んだ山遊びをしたり、普段はなかなか体験できないようなニッチなアウトドアお届けしてきました。

    そんなユニークな発想と、あふれんばかりの遊び心で独自のアウトドアを楽しむ様子が、外遊び好きたちの心を掴んでいるようです!

     

    そして、そんな「SOTOKEN」が連載開始より100回を達成。

    6/GO OUT本誌では連載100号記念として、3人がこれまでのアウトドア紀行を振り返るダイジェスト版でお届けしていますが、ソトケンの内容を魅力をより濃く、深堀りしてまとめた一冊があります。

    それが、こちらの「SOTOKEN BOOK」。

    岡部氏が絶対に読者の皆さんに伝えたい超お気に入りの外遊びや、シーンに合わせたアウトドアスタイリングの紹介、外遊びを通して気づいた面白いアイテムの紹介などを凝縮した、充実の一冊となっているんです。

    好評につき完売となったこちらですが、現在GO OUTの通販サイトGO OUT Onlineにて再販中! しかもジェリー鵜飼氏のデザインを落とし込んだスペシャルナップサック付き。今回も完売必至のため、気になった方は早速下記販売サイトボタンよりチェックしてみて!

    SOTOKEN BOOK ¥3850

     

    GO OUT WEB


    (出典 news.nicovideo.jp)

    手に入る最後のチャンス!? 岡部文彦の“ソトケン本”が外遊びマニアに人気のワケ。

    これキャンプする皆さんには楽しいかもですね!!

    外遊びしたくなりますもんね!





    <このニュースへのネットの反応>

    【手に入る最後のチャンス!? 岡部文彦の“ソトケン本”が外遊びマニアに人気のワケ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    800_20200525_074043.JPG

     人気アウトドアブランドの便利なアイテムが大人のモノ雑誌「MonoMaster(モノマスター)」2020年7月号(宝島社)の付録になっている。通常の7月号には、はっ水加工がされたロゴスのリュック。増刊にはホグロフスの冷感機能素材タオルがついてくる。どちらも、これから重宝しそうだ。

    7月号付録は、ロゴスの全天候対応折りたためる軽量リュック

    画像は、「MonoMaster2020年7月号(宝島社)の付録。ロゴスの軽量リュック

     色は黒で、ファスナー部分は白。リュックの前面にはブランドロゴが入っている。モノトーンのシンプルデザインだから、オンにもオフにも使える。

    画像は、「MonoMaster2020年7月号(宝島社)の付録。ロゴをアップで撮影

     サイズはおよそ高さ40センチ、幅25センチ、奥行8センチとたっぷり荷物が入る大きさで、折りたたむと高さ17センチ、幅25センチ、厚さ3.5センチになる。

    リュックを折りたたんだ様子

     持ってみると、本当に軽い。重さは文庫本1冊よりも軽い約135グラムで、これなら急に荷物が増えたときのためにバッグの中に入れておいてもジャマにならなそうだ。はっ水加工がされているので、雨が多くなるこれからの時期にもうれしい。

    画像は、「MonoMaster2020年7月号(宝島社)

    増刊の付録は、ホグロフスの冷感機能素材タオル2枚セット

     
    画像は、「MonoMaster2020年7月号増刊(宝島社)の付録

     「MonoMaster」7月号増刊の付録、ホグロフスの冷感機能素材タオルは、濃いブルー1枚と鮮やかなオレンジ色1枚が専用の収納ボトルに同梱されている。水に浸して振ると、ひんやりとして気持ちがいい。散歩やゴルフキャンプなどアウトドアで首や額などに巻くと暑さや熱中症対策になる。

    画像は、「MonoMaster2020年7月号増刊(宝島社)

     増刊は、セブン-イレブンセブンネットショッピング限定発売で、誌面内容は通常の7月号とほぼ同じだが、一部掲載していない記事がある。

     特集は、「男心をくすぐる こだわりの調理器具」。包丁、フライパン、炊飯釜といった"三種の神器"のおすすめから、自宅で燻製が楽しめる燻製器、イタリア製の本格パスタマシーン、プロ仕様のソースパン、ドイツ伝統のマルチナイフなど、機能性とデザイン性を兼ね備えたキッチンツールを紹介している(p.11)。

     大の料理好きという俳優の升毅(ます・たけし)さんが教える簡単つまみレシピも掲載されている。中でもピーマンマヨネーズで炒め、明太子とあえる「明太ピーマン」は、料理初心者でも簡単にできそうだ(p.28)。ほかに、酒場好きとして知られている俳優の角野卓造さんが、もはや「こだわりしかない」家飲みの流儀を紹介したコーナーもある(p.30)。

     ステイホームをきっかけに料理に目覚めたなら、要チェックだ。



    BOOKウォッチ編集部
    おしゃれで高機能!ロゴスのリュックやホグロフスの冷感タオルがついてくる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    おしゃれで高機能!ロゴスのリュックやホグロフスの冷感タオルがついてくる

    これやばいですね!!
    欲しくなりますね!!

    付録目当てに買っちゃいますか?笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【おしゃれで高機能!ロゴスのリュックやホグロフスの冷感タオルがついてくる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     お笑い芸人イモトアヤコが22日に更新した自身のアメブロで、おすすめの漫画を紹介した。

     この日、イモトは「少女漫画大好き後輩」とお笑いタレントの中村涼子に薦められたという、漫画家信濃川日出雄氏の『山と食欲と私』(新潮社)を紹介。

     同漫画は新潮社ウェブコミック配信サイトくらげバンチ』にて連載されており、1人で登山をすることが趣味の主人公・日々野鮎美が、登山をして山頂で食事をするエピソードを基本に、登山での人との出会いや、職場や日常の生活などが描かれている。中村のブログでは、2人がキャンプを始めるきっかけになった漫画として触れられていた。

     イモトは仕事以外で「テント泊したい欲 キャンプ飯食べたい欲など なかった私がこれを読み アウトドアに関する欲を大いに刺激され 気付けばマイテントやらマイランタンなどを買い漁ってしまった」と告白。さらに「兎にも角にも、出てくるご飯の旨そうなこと」と同漫画の感想を述べた。

     続けて、「來るべくアウトドアシーズンに向け 漫画をお供に とりあえず今は 買い揃えたキャンプグッズをニヤニヤ愛でたいと思います」と報告し、「また今度キャンプ道具もぜひ見てちょ」と呼びかけてブログを締めくくった。

     この投稿に読者からは、「キャンプ行きたくなってきたな~」「私もこの漫画好きです!」「読んでみたくなりました」「キャンプグッズ、めちゃくちゃ見てみたいです!」などのコメントが寄せられている。
     

    ▶︎動画:ナスD、“夢のアマゾン川”を前に気絶…! ぶっ倒れたまま朝を迎えた壮絶映像

    イモトアヤコ、キャンプにハマるきっかけとなった漫画を紹介「ご飯の旨そうなこと」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    イモトアヤコ、キャンプにハマるきっかけとなった漫画を紹介「ご飯の旨そうなこと」

    これ参考になりますね!!

    この漫画読んでみよ!!笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【イモトアヤコ、キャンプにハマるきっかけとなった漫画を紹介】の続きを読む

    このページのトップヘ