campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > シューズ サンダル

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    国産アウトドアブランドの雄Snow Peak(スノーピーク)と、アウトドアブーツのマストブランドDanner(ダナー)による人気コラボから新作のシューズが登場。

    今季はダナーの人気トレイルシューズにスノーピークのイズムを盛り込み、キャンプや街で履きやすい一足となっています。

    TRAIL 2650 GTX SP ¥26400

    1990年代のスノーピークのキャンプギアに使用されていたクラシックカラーをまとったレトロアウトドアテイストがソソるこちら。

    ベースとなったのは、ダナーの人気モデル「 TRAIL 2650 GTX 」 。“トレイルトレイナー”をコンセプトに、メッシュアッパーとゴアテックスライナーの組み合わせによって軽快かつ耐候性に富んだ一足です。

    今作はそんなアクティブモデルを、キャンプタウンユースでの実用性にフォーカスしてアレンジしたスノーピークの特別仕様に。

    シューレースを外側にオフセットすることで、甲への負担を軽減しつつ、シューレースが引っ掛かりにくい構造となっています。また、シューズの着脱シーンが多いキャンプでの使い勝手を考え、シューレースを通常の丸平紐に加えて、アジスターつきのクイックレースが付属するのも嬉しいポイント

    カラークラシックカラーパープルのほか、ベーシックなブラックも揃う2色展開。

    アウトドア対応のデザインファッション目線のアレンジも加えられ、細部までスノーピークらしさが滲むスペシャルな一足は、フットワークの軽くなる温暖なこの季節に重宝すること請け合い。

    スノーピーク直営店およりスノーピーク公式オンラインストア、その他全国取扱店舗にて、2021年6月5日(土)より発売予定とのこと。


    ■スノーピーク https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

     

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ダナー×スノーピークのコラボ最新作。人気トレイルシューズをキャンプライクな一足に。


    これ欲しくなりますね!!


    トゥルースリーパー セロピロー

    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【ダナー×スノーピークのコラボ最新作。人気トレイルシューズをキャンプライクな一足に。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     

    登山靴でおなじみのキャラバンから冬の寒い時期や雪道にぴったりな『スノーキャラバン(防寒ブーツ) SHC_12M』をご紹介! モコモコで暖かい防寒機能と、滑りやすい路面をしっかりと掴んで歩けるグリップ力を兼ね揃えた防寒ブーツだ。しかも軽量設計&完全防水仕様というから驚いた。その履き心地をさっそく確かめてみよう…!


     

    小さな凹凸が地面をしっかりキャッチ! 完全防水仕様で軽い!

    アウトドア用品や登山用のシューズやウェアなどを販売する株式会社キャラバン東京都豊島区)が発売する『スノーキャラバン(防寒ブーツ) SHC_12M』(ブラック・S/M/L・希望小売価格 税抜18,000円・発売中)は、雪道でもスリップしにくい工夫が施された防寒ブーツだ。さらに、防水機能でおなじみのゴアテックスを採用しており、抜群の高機能性を誇る1足。

    今年の冬は平年並みの寒さが続いており、冬らしい天候になると言われている。積雪地域では今後も降雪が予想され、平地でも雪が降る可能性がある以上は備えておきたい状況だ。何の対策もせず、積雪で歩けなくなるのは避けたい…。

    そんなとき『スノーキャラバン(防寒ブーツ) SHC_12M』がとても便利!

    『スノーキャラバン(防寒ブーツ) SHC_12M』は、防寒ブーツだから当然冬の寒い気候にもバッチリ対応している。完全防水素材GORE-TEX®とモコモコして暖かいポリエステルウール混ボアフリースが内側に付いているから、雪の中でも暖かく、濡れる心配もなく快適に歩けるのだ。しかも、高さ23cmのハーフブーツだから足首上までしっかりカバーされる!

    もちろん完全防水仕様だから、全天候にバッチリ対応!

    1番の特徴は、滑り止めドットが付いたラバーアウトソール。無数の小さな凹凸が雪面をしっかりと掴んでくれるから、滑りにくく快適な歩きをしっかりサポートしてくれる。凹凸の高さが低いので、通常の地面でも邪魔にならず併用可能だ。

    一般的なスニーカー(メンズMサイズ)の重さ400〜500gとほぼ同じ!

    一見ゴツくて非常に重たそうな見た目だが、その心配は全くない。過酷な環境でも履ける登山靴を開発し続けたノウハウを活かし、片足約480g(Mサイズ)と一般的なスニーカーと、ほぼ同じ重量となっている…! 

     

    足を包み込むボアフリースの暖かさ。軸がブレずに歩きやすい

    商品紹介はここまでにして、実際に履いてその履き心地やグリップ力を確かめてみよう!

    面ファスナーテープベルトで足首の押さえが利くので便利!

    生地がやわらかいので比較的履きやすい。中がモコモコしている分、足全体を保温素材で包み込んだような、ふんわりした履き心地が嬉しい。

    ちなみに記者は足サイズ26cmでMサイズを履いたが、締め付けるような痛みも隙間もなくぴったりだ!

    メインの面ファスナーテープが外れないように2重で固定できる

    足首の部分に靴ヒモの代わりの「面ファスナーテープ」を採用しているから、手袋をしたままでも調整可能となっている。ただし、固定力が強いので、履く前にあらかじめ外して面ファスナーテープを剥がしておくと履きやすいだろう。履いたら面ファスナーテープで足首をしっかり押さえれば、完成。とっても履きやすくて、すぐに歩きだせる。

    ズボンの裾はブーツINできるようになっており、エラスティックコードで締めれば冷気の侵入をしっかりガードしてくれる。ゴム紐なので一度調整すれば頻繁に触る必要もない。足とブーツの一体感が歩きやすくて、とてもいい…!

    ボアフリースがつま先まで入っているから普通の靴よりも格段に暖かく感じる。かなり快適だ。インソールにはNASA開発の「アウトラスト」と呼ばれる、温度調整機能のある素材を採用しているから保温性もばっちり!

    グリップ力も安定していて、普通に歩いているだけで、地面をしっかりと掴んでいるような安心感がある。滑り止めドットの引っ掛かりを感じられるほどだ…!

    雨の日には滑ることがしょっちゅうある記者だが、この『スノーキャラバン(防寒ブーツ) SHC_12M』を履いたら、足の軸がブレずに前に進む感覚があり、歩き方が安定したように感じた。これなら降雪時や雪道でも、しっかりと前を向いて進めそうだ…!

    サイズはS(24.5〜25.5cm)・M(26.0〜27.0cm)・L(27.5-28.5cm)の3サイズ展開しており、カラーブラック色のみ。同社オンラインショップほかアウトドアショップなどで発売中だ! ぜひチェックしてみて。

    雪道もしっかり歩ける『スノーキャラバン(防寒ブーツ) SHC_12M』は暖かくてとっても快適!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    雪道もしっかり歩ける『スノーキャラバン(防寒ブーツ) SHC_12M』は暖かくてとっても快適!

    これキャンプにもいいですね!!


    4K放送スタート!大迫力の映像サービス!【J:COM(ジェイコム)】

    <このニュースへのネットの反応>

    【雪道もしっかり歩ける『スノーキャラバン(防寒ブーツ) SHC_12M』は暖かくてとっても快適!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    KEEN(キーン)からキャンプやトレッキングフェスなどでハードに履きこなしたい、男心をくすぐるミリタリーテイストのトレッキングシューズが登場した。

    KEEN「RIDGE FLEX MID WP」22000

    キーンの「RIDGE FLEX MID WP(リッジ フレックス ミッド ウォータープルーフ)」は、ミリタリーブーツとキーン最先端の技術をハイブリッドアウトドアフィールドでの機動性、快適性にこだわったハイスペックライトトレッキングシューズだ。

    キーン独自の防水透湿素材キーンドライを採用した防水シューズで、速乾性のライニングを使用しているので長時間動き回っても快適。

    アウトソールには、独自開発のキーンオールレインラバーアウトソールを採用。複雑なソールパターンが大地をがっちりグリップして、全方向への動きに対応してくれる。また、踏み跡を残さず、耐摩耗性とグリップ性に優れたノンマーキング仕様になっている。

     

    KEEN「RIDGE FLEX WP」19800

    足首をしっかりホールドしてくれるミッドカットのほか、スニーカー感覚で履けるローカット「RIDGE FLEX WP(リッジ フレックス ウォータープルーフ)」もラインナップしている。


    (問)キーン・ジャパン tel:03-6416-4808 https://www.keenfootwear.com/

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    キーンの新作ハイキングブーツが画期的! 少ない力でぐにゃっと曲がる、最先端な一足。



    これキャンプでもいいですね!!

    アウトドア用品【L-Breath】

    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【キーンの新作ハイキングブーツが画期的! 少ない力でぐにゃっと曲がる、最先端な一足。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    冬になると、日常生活でもアウター含め4~5枚の重ね着が当たり前の超寒がりが初めて冬キャンプに挑戦することに。とにかく、焚き火から離れる就寝時が不安でした。
    中でも気になっていたのが、テント内での足元の防寒。

    ・テントの中でストーブは使えない
    ・でも靴下の重ね履きは血液の循環を圧迫してしまうので避けたい

    そんなわがまま含めの条件下で思いついたのが、スリーピングバッグ(寝袋)やダウンジャケットで人気のナンガが作った「TENT SHOES」(1万780円)を使うこと。

    結果は大正解。このテントシューズのおかげで初冬キャンプを快適に過ごせました。

     

    超寒がりの初冬キャンプ!ナンガの「テントシューズ」があって本当に助かった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    超寒がりの初冬キャンプ!ナンガの「テントシューズ」があって本当に助かった

    これ可愛いですね!!

    欲しくなりますね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【超寒がりの初冬キャンプ!ナンガの「テントシューズ」があって本当に助かった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ここ数年、冬の暖かシューズとして一番の人気を誇るのがザ・ノースフェイスの「ヌプシ ブーティ」です。性別関係なく、SNSでも映えるデザインと見た目以上に満足度の高い履き心地から、冬の定番アイテムとして人気をキープしています。

    その人気に追随するように、さまざまなブランドから個性豊かな暖かさが売りのモデルが登場中。

    全身を温めるには太い血管がある足首のくるぶし周辺を温めるのが効果的と言われています。冬の足元を暖かく包んでくれるファッションアイテムとしてだけでなく、足元が冷えやすい冬キャンプを快適に過ごすアイテムとしてもオススメの5足を紹介します。

     

    ヌプシブーティだけじゃない!冬キャンプにも使えるあったかシューズ5選

     


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ヌプシブーティだけじゃない!冬キャンプにも使えるあったかシューズ5選


    これ最高ですね!

    めっちゃ気になりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【ヌプシブーティだけじゃない!冬キャンプにも使えるあったかシューズ5選】の続きを読む

    このページのトップヘ