campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ: キャンプ場

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    PowerArQ Pro:オリーブドラブ
    PowerArQ Proオリーブドラブ

    グッドデザイン賞受賞のポータブル電源「PowerArQ (パワーアーク)」(加島商事株式会社福岡県筑紫野市)は、奥伊吹観光株式会社滋賀県米原市)が運営するアウトドアレジャーとスポーツの複合公園「グリーンパーク山東」のキャンプサイトにて、各種ポータブル電源のレンタル7月16日より開始いたしました。
    今年の夏休みは是非、PowerArQと一緒にアウトドア体験をしてみませんか?
    レンタル料金などの詳細は、施設へ直接ご連絡くださいませ。


    「グリーンパーク山東」



    伊吹山が一望できる自然豊かな場所、キャンプ場の宿泊施設を備えた アウトドアレジャーとスポーツの複合公園です。全長100mすべり台やアスレチックテニスコートでいっぱい遊んで、お腹が空いたら場内でバーベキュー!別荘気分でコテージにも泊まれます!
    キャンプ場名:グリーンパーク山東
    住所:〒521-0221 滋賀県米原市池下80番地1
    TEL : 0749-55-3751



    グリーンパーク山東 公式サイト


    ■レンタル期間


    2021年7月16日(金)〜2021年10月4日(月)


    ■レンタル機種


    PowerArQ コヨーテタン× 1台
    PowerArQ オリーブドラブ×1台
    PowerArQ Pro コヨーテタン× 1台
    PowerArQ Proオリーブドラブ×1台


    製品概要


    PowerArQ


    大容量でスタイリッシュ、世界基準の「安全」と「信頼」を兼ね備えたハイスペックな1台
    アウトドアはもちろん、防災対策グッズにも


    PowerArQ 左:コヨーテタン、右:オリーブドラブ
    PowerArQ 左:コヨーテタン、右:オリーブドラブ

    容量:626Wh
    カラーコヨーテタン・オリーブドラブ
    販売元:加島商事株式会社
    生産国:中国
    価格:66,000円(税込)
    流通:オンライン各店(Amazon・楽天市場・Yahooショッピング・ au PAY マーケット・SmartTap Direct)
    実店舗各店(ヨドバシカメラビックカメラヤマダ電機
    ※一部店舗にて取り扱い




    PowerArQ Pro


    PowerArQ シリーズ史上最大容量
    より多くの電化製品に使用可能で、パワーアップしたポータブル電源


    PowerArQ Pro 左:コヨーテタン、中央:オリーブドラブ、右:レッド
    PowerArQ Pro 左:コヨーテタン、中央:オリーブドラブ、右:レッド

    容量:1000Wh
    カラーコヨーテタン・オリーブドラブ・レッド
    販売元:加島商事株式会社
    生産国:中国
    価格:132,000円(税込)
    流通:Amazon・楽天市場・Yahooショッピング・ au PAY マーケット・SmartTap Direct


    ブランド概要



    冒険に、あなたらしさを


    こだわりのギアと出かけるキャンプ
    仲間や家族と楽しむアウトドア
    毎日の生活から離れ、花鳥風月に親しみ
    日常では味わえない空間や思い出を創り出す。
    初めての場所でも、馴染みの場所でも
    あなただけのひとときを過ごす事ができる。
    冒険は価値あるもの。
    さあ、一緒に駆け出そう。


    ポータブル電源 PowerArQ 公式




    PowerArQ Pro:オリーブドラブ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ポータブル電源PowerArQ「グリーンパーク山東」キャンプサイトにて7月16日よりレンタルスタート


    これキャンプで試してみたくなりますね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【ポータブル電源PowerArQ「グリーンパーク山東」キャンプサイトにて7月16日よりレンタルスタート】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【女子旅プレス=2021/07/26】岡山県倉敷市に海を望むグランピング施設「せとうちグランピング」が、2021年8月18日(水)にグランドオープンする。

    【写真】中国地方でいつか旅したい美しい風景6つ

    ◆“鉄道で行ける”海辺のグランピング施設

    新大阪、広島から新幹線・特急利用にて約1時間半。「鷲羽山下電ホテル」敷地内に開業する「せとうちグランピング」は、「自然」「貸切」をテーマにした、鉄道で行けるグランピング施設。

    瀬戸内海国立公園の特別地域内に位置し、瀬戸大橋瀬戸内の多島美を目前に望む抜群のロケーションにあり、2020年9月から期間限定で実施した実証実験を経て、2021年4月にプレオープンしていた。
    宿泊用のドームテントは、最大4名定員のスタンダード4棟と、最大8名定員のスイート1棟があり、インテリアには地元名産のデニム、帆布を活用したこだわりのインテリアを配した。鷲羽山をイメージした鷲が羽を広げたようなデザインのパーゴラ(食事会場)も備え、“瀬戸内らしい”魅力的な空間づくりがなされている。
    食事は料理研究家・大原千鶴氏が監修。岡山産のサワラや黄ニラなど、地産素材をふんだんに活用したバーベキューを中心にとする豪華な夕食、そして翌朝は根菜とマッシュルームと大麦の食べるスープに、季節のフルーツが入ったフルーツヨーグルト、そして蒜山牛乳の朝食を用意。
    さらに、開放的な空間での料理体験をはじめ、雨天でも楽しめる「棒パン作り・バター作り」「ハーバリウム作り」等の体験企画、星空観察、無人島(釜島)ツアーホテルビーチ付近でのフィッシングなど、手ぶらで楽しめるアクティビティも充実。屋内外で楽しめるさまざまな体験を通じて、天候にかかわらず旅の思い出を増やすことができる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

    ■<せとうちグランピング概要>
    実施場所:鷲羽山下電ホテル敷地内/岡山県倉敷市大畠1666-2
    チェックイン方法:JR児島駅からグランピング利用者専用送迎バスでチェックイン
    (参考)新大阪~岡山(山陽新幹線)最速44分、岡山~児島(瀬戸大橋線)最速18分※区間最速時分

    情報:西日本旅客鉄道

    Not Sponsored 記事】

    せとうちグランピング(提供画像)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間


    瀬戸内のグランピング最高ですね!!
    行ってみたくなりますね!!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    美しい自然に囲まれた観光地やアウトドア体験で知られる、北欧フィンランド。今年は、広い空間とプライバシーへの配慮、そして大自然を兼ね備えた、休養や探検ができる場所を提供するサービスが拡大しています。そこでフィンランド政府観光局(Visit Finland)が、電波の届かない大自然の中でデジタルトックスできる、フィンランドの新リトリート・スポット6選を発表。日常生活から逃れ、自然とのつながりを取り戻せるおすすめホテルをご紹介します!

    壮大なパノラマビューが望めるデザイナーホテル
    Barö Archipelago Hotel2021年6月1日オープン

    ヘルシンキからわずか1時間のUusimaa Barsund Inkooにある、豪華なデザイナーホテル。壮大なパノラマビューが望める部屋が20室あり、フィンランド最大級の天然オークの森があるエリサーリ地区を含む、周辺群島の絶景を堪能できます。フィンランドならではのプライベートサウナとホットタブ付きのスイートルームもご用意。


    非接触型チェックイン・チェックアウトシステムデジタルフードオーダー、アプリでのアクティビティ予約などで接触を最小限に抑えられます。
    Barö Archipelago Hotelhttps://www.thebaro.fi/

    大人限定の隠れ家的なプライベート・ヴィラ
    Kuru Private Resort(2021年8月オープン

    自然に囲まれたサイマー湖畔に建つ、プライベートサウナを備えた16棟の高床のプライベート・ヴィラ。テレビフリーWi-Fiがなく、完全に外の世界から離れることができる、高級感と大自然が融合した大人限定の隠れ家的リゾートです。絶滅危惧種のサイマーワモンアザラシの貴重な姿が見られるアザラシ・スポッティング・サファリや、アイスフィッシングアイススイミング、ハイキングなど、手つかずの自然を一年を通して満喫できます。

    カヤックサファリが楽しめる国立公園内のホテル
    Haltia Lake Lodge(2021年オープン

    ヘルシンキから車で20分ほどのヌークシオ国立公園内にある、2021年夏にオープン予定のホテル。2日間に渡るカヤックサファリ体験や、専門家が案内する春のバードウォッチングツアー、吹雪を乗り切るためのシミュレーション演習などのアクティビティが楽しめます。


    環境への配慮と持続可能な活動を重視し、100%再生可能エネルギーで運営。プラスチックを一切使用せず、2023年までにカーボンマイナスを目指しているホテルです。

    Haltia Lake Lodge:https://haltialakelodge.com/en-US/nest-living
    ※予約は2021年春から

    海岸に建つミニマリストの夢のようなリトリート
    Majamaja, Helsinki(予約受付中)

    ヘルシンキ群島の中心部に位置し、まるでミニマリストの夢のような、人里離れたリトリート(日常生活を離れ、心身をリセットさせる避難所)です。


    海岸の自然が調和する木造のMajamajaデザインは、洗練された快適なシェルターとしてだけでなく、フィンランドの群島とミニマリズムの伝統をインスピレーションの源とする、自然との控えめな関わり方を提案しています。

    Majamaja, Helsinkihttps://majamaja.com/

    ラップランドの森の中の湖畔に佇むリゾート
    Sunday Morning Resort, Pyhä(予約受付中)

    ラップランドのPyhäの、プライベートな森の中の湖畔に佇むリゾート。Pyhä-Luosto国立公園や、Pyhäスキーリゾートから車で5分ほどの場所にあります。スタイリッシュで広々としたメインロッジと、古い松材を使った4つのホテルアパートメントで構成され、内装はすべてリノベーションされています。


    環境に優しい暖房システムを採用し、6エーカーに及ぶ森に囲まれているためカーボンニュートラル。電動スノーモービルや電動ファットバイクによるツアーなど、カーボンゼロエミッションアクティビティも楽しめます。

    Sunday Morning Resort, Pyhä:https://sundaymorning.fi/#2

    オーロラ鑑賞に絶好の場所にあるグラスイグルー
    Ollero Eco Lodge, Rovaniemi

    ロヴァニエミの中心部から車でわずか10分、街の喧騒から離れたOunasjoki川のほとり美しい場所で、大自然の雰囲気を存分に味わえるリトリートです。地元の伝統建築と快適さを融合させたデザインで、メインコテージ、グラスイグルー(ガラス張りのドーム状の建物)、スリーパーキャビンの3つで構成。


    オーロラ鑑賞には絶好のロケーションで、アイスフィッシング、スノーシュー(西洋かんじき)でのハイキングなども体験できます。夏の間は、釣りやパドルボード、カヤックなどが楽しめます。

    Ollero Eco Lodge, Rovaniemi:https://sundaymorning.fi/#1

    美しい湖水地方に建つ大人専用のミラーハウス
    Lake Hotel Lehmonkärki - Haasi Mirror Houses, Lahti

    アシッカラ(ラハティ地方)に位置する、フィンランドで2番目に大きな湖・パイヤンネ湖畔にある5つ星ホテルレストラン、バー、湖畔のホットタブやスパ、温泉などを備えた大人専用のミラーハウスは、湖水地方の美しい環境の中で、くつろぎのひとときを提供してくれます。


    ホテルで無料のスキーレンタルを行っており、周辺地域で楽しむスキーや、ハイキングなどの活動的なアクティビティのほか、ホテルのプライベートビーチでゆったりと過ごすのもおすすめです。

    Lake Hotel Lehmonkärki - Haasi Mirror Houses, Lahti:https://lehmonkarki.fi/en/accommodation/haasi-mirror-houses/



     
    [PR TIMES]





    (出典 news.nicovideo.jp)

    大自然の中でデジタルデトックス!フィンランド政府観光局おすすめホテル6選


    このグランピング最高ですね!!
    海外でのグランピングしてみたくなりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【大自然の中でデジタルデトックス!フィンランド政府観光局おすすめホテル6選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     近年、空前のキャンプブームが巻き起こっている。「ソロキャンプ」や「おしゃれキャンプ」といった言葉が使われるようになり、ファミリー層ならずおひとりさまや女性同士でキャンプへ出かけるキャンパーも増えてきた。

     しかしいざ、ブームに乗ってキャンプを始めようにも、初心者は何から手をつけていいか路頭に迷うこともあるだろう。

     今回は『キャンプ職業案内』(三才ブックス)の著書であり、キャンプブログの運営やキャンプコーディネーターを務める佐久間亮介さんに、初心者が心がけることやキャンプを楽しむコツについて話を聞いた。

    初心者キャンプ場のコテージで実際に寝泊まりしてみること

     まず、初心者キャンプを始める上で何から着手すればいいのだろうか。

     佐久間さんは「最初はキャンプ場で過ごす体験を通じて、アウトドアライフに触れてみること」から始めるのがいいそうだ。

    キャンプと聞くと、テントを張って自然の中で過ごすイメージを持たれる方が多いと思いますが、全くの初心者には、キャンプ場に併設されたコテージに泊まってみることをおすすめしていますね。いきなりギア(アウトドア用具)を揃えてキャンプをするのは、やはりハードルがどうしても高くなってしまいます。

     まずはコテージで自然に囲まれた空間で寝泊まりしてみて、『自然の中で生活することが苦にならないか』を確認すること。もし、虫が気になったり多少の不便さを感じたりするなら、そもそもテント泊には向いてないかもしれないので、グランピングできる施設で違うアウトドアの楽しみ方を模索するといいでしょう」

     コテージであれば、テントが不要なためペンションホテルに近い感覚でキャンプ場に宿泊できるので、初心者にとっては取っ付きやすいだろう。

    デイキャンプでは、あれもこれもやろうとしない

     キャンプ場で過ごすことに慣れてきたら、次のステップとして日帰りの「デイキャンプに挑戦してみる」ことで、自分の好きなキャンプスタイルを見つけられるという。

    キャンプ場に行けば、他のキャンパーが実践するキャンプライフが自然と目に入ってくると思います。その様子を参考に、自分がやりたいキャンプイメージしてチェアテーブルなどのギアを揃えてみる。

     そして、近場のキャンプ場へデイキャンプに出かけてみるといいでしょう。デイキャンプであれば、日帰りなので泊まるための道具は必要なくなり、比較的荷物も少なくキャンプができる。

     最初のキャンプは正直かなり疲れるので、いきなり『SNS映えするような、おしゃれで楽しいキャンプにしたい』と意気込み、あれもこれもやろうとするのはおすすめしません。焚き火、料理、自然とのふれあいなど、キャンプを楽しむ要素はいくつかありますが、まずは優先順位を決めて、できることから実践していくこと。それが、キャンプが嫌いにならず、末長く楽しむ秘訣。徐々にステップアップさせていくのが重要です」

    ◆平日でも活況のキャンプ場。ブームの背景とは……?

     より一層の盛り上がりを見せるキャンプブームだが、キャンプの仕事を日々行う佐久間さんにとっても「ひと昔前のGWや連休にファミリーで楽しむキャンプイメージから、一種のライフスタイルとして取り入れるキャンパーが増えている」と感じるそうだ。

    「現在もファミリーキャンプは主流ですが、キャンプブームも相まって、最近では週末だけでなく平日もキャンプ場が混み合っている状況です。以前のように大型連休だけキャンプ場に出かけるのではなく、季節の移ろいやロケーション自体の雄大さや美しさを楽しむようになってきていますね」

     佐久間さんはキャンプが注目され始めた背景について、次のように説明する。

    「まず、海外中心に話題となっていたグランピングが、日本でも注目され始めたことでアウトドアに興味を持つ人が増えました。

     また、芸人のヒロシさんがソロキャンプの牽引役として、多くの人にキャンプの魅力や楽しさをYouTubeテレビ番組などで伝えたことが大きい。

     そしてコロナ禍では、密にならない屋外のキャンプ場でレジャーやアクティビティを楽しむ需要が増えたことで、今のキャンプブームに拍車をかけたと考えています」

    ◆思い通りにいかないことも楽しむ心意気が大事

     キャンプを始めるからには、悠々自適に自然を満喫しながら楽しいひとときを過ごしたいものだろう。佐久間さんに、キャンプを心から楽しむコツについて伺うと「ありのままを楽しみ、自分らしく生きることが大事」とし、こう答える。

    キャンプに慣れてくれば自然に身を任せられ、心のゆとりや安らぎを得られます。キャンプ場のルールマナーを守った上で、周囲の環境を気にせず、自分の好きなように時間を過ごせるのが、キャンプの一番の醍醐味ですね。

     ただ、キャンプには不測の事態がつきもの。ギアを忘れたり、天候が急変したり……。思い描いたキャンプが実現できず、うまくいかないこともあります。そんな時は落ち込まずに、むしろ思い通りにいかないことも楽しむくらいの心意気が大切ですね」

    ◆どのようなキャンプ場を選ぶべきか

     キャンプコーディネーターとして、数多くのキャンプ場を巡ってきた佐久間さん。ソロキャンプおしゃれキャンプを行うのに、どのようなキャンプ場を選べばいいのだろうか。

    ソロキャンプの場合、男性は山や川、湖など、自分が行きたいと思う自然豊かな行き先を決め、フリーサイトのあるキャンプ場(※許可されているスペースならば、どこでもテントの設営が可能なキャンプ場)を選ぶと良いでしょう。

     女性の場合は、安全面のことを考えて、まずは管理人が常駐しているキャンプ場に行くのが無難だと思います。おしゃれキャンプは、風光明媚な自然が広がるロケーションを選ぶのが鉄板です。私のオススメは湖畔で過ごすキャンプライフ

     関西方面だと琵琶湖、関東は富士山周辺の田貫湖や富士五湖周辺、東北方面には猪苗代湖など、各地域に湖畔のキャンプ場があり、自然の景色を存分に味わいながらのキャンプは最高だと思いますね。また、最近できた新設のキャンプ場は、管理棟がおしゃれな建物になっていたりと、そういうところがいいのではないでしょうか」

    ◆全員がハマる遊びではないけれど…

     他方、本格的なキャンプ場に行きたくても、車が運転できずに二の足を踏んでいる人もいることだろう。そんな場合には「公共交通機関を使って足を運べるキャンプ場に行くのがいい」と佐久間さんは言う。

    「奥多摩や飯能、成田、あとは都内にも電車とバスで行けるキャンプ場があるのでチェックしてみてください。アウトドアの定番といえば登山やハイキングも人気ですが、車を使わなくても行けるキャンプ場もあり、道具が軽くなってきたこともあってキャンプスタイルが多様化してきています」

     最後にこれからキャンプを始めようと考える初心者の人に向けて、佐久間さんからメッセージをもらった。

    キャンプ100人いたら全員がハマる遊びではありません。ブームになっているからといって、無理してキャンプをする必要はないと思います。ただ、キャンプを続けていくうちに、自分らしく楽しむコツや自然と対峙する奥深さなど、底知れない醍醐味に気付く。それこそが至高のキャンプライフを送る上で欠かせないものであり、キャンプの面白さでもあります。ぜひ一度、キャンプの世界に足を踏み入れてみてください」

    <取材・文・撮影/古田島大介

    【古田島大介
    1986年生まれ。立教大卒。ビジネス、旅行、イベント、カルチャーなど興味関心の湧く分野を中心に執筆活動を行う。社会のA面B面、メジャーからアンダーまで足を運び、現場で知ることを大切にしている

    自然に囲まれながらキャンプライフを送る佐久間さん(写真:本人所有)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    平日でも活況のキャンプ場。ブームの背景と初心者が楽しむコツ

    平日キャンプって最高ですよね!
    ソロキャンで行くならゆっくりできるので一番いいですね!!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【平日でも活況のキャンプ場。ブームの背景と初心者が楽しむコツ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    夏休みキャンプに挑戦したい♪ とはいえ、キャンプって準備がたいへんそうだし、そもそも初心者で何が必要なのかもわからない…そんな方も、意外と多いのではないでしょうか。
    そこで今回は、設備やレンタルが充実していて「手ぶら」でも利用できるキャンプ場を、関東エリアから4つ選んでご紹介します。持ち物の負担を減らして、まずは気軽にアウトドアを楽しんでみませんか?


    清流の川遊び!新鮮な夏野菜でBBQやピザ作りも/グリーンパークふきわれ(群馬県沼田市)

    東洋のナイアガラと呼ばれる「吹割の滝」にほど近い、群馬県沼田市利根町にあるキャンプ場です。森に囲まれ、川沿いに長くつくられた場内に、キャビンフリーサイト、区画サイト、バンガローが並びます。目の前には栗原川の清流! きれいな浅瀬で、こどもも大人も思いきり川遊びができます。
    こちらは農家直営のキャンプ場なので、新鮮な夏野菜を使ったバーベキューやピザ作りが楽しめるのも大きな魅力。レンタル品も豊富で手ぶらキャンプもOK、初心者の方にもおすすめですよ。また、晴れた日の夜には、高原の美しい星空が楽しめるかもしれません。
    グリーンパークふきわれ
    ■所在地:群馬県沼田市利根町大楊1098
    ■問い合わせ:0278-56-3215
    ※施設の詳細は公式サイトをご参照ください

    ※写真はイメージです

    ※写真はイメージです


    森の中でのんびり!設営済みテントで手ぶらキャンプ/上郷・森の家(神奈川県横浜市)

    都心から車で約1時間。横浜自然観察の森や、金沢市民の森、金沢動物園に隣接した、自然豊かな研修・宿泊施設です。
    アウトドアフィールドでは、横浜市の中にあるとは思えない豊かな自然の中でグランピング、キャンプバーベキューが楽しめます。キャンプ泊に必要なアイテムバーベキュー用品がセットになったプランなどがあり、手ぶらでキャンプグランピングが楽しめますよ。テントは事前に設営されているので、初心者キャンパーも安心! 都会の喧騒を忘れて、森の中でのんびり過ごしてみるのはいかがでしょうか。
    上郷・森の家 
    ■所在地:神奈川県横浜市栄区上郷町1499-1
    ■問い合わせ:045-895-5151
    ※施設の詳細は公式サイトをご参照ください

    ※写真はイメージです

    ※写真はイメージです


    充実の公園でキャンプ!アスレチック、じゃぶじゃぶ池、滑り台/RECAMP しょうなん(千葉県柏市)

    千葉県柏市の「手賀の丘(てがのおか)公園」内にあるキャンプ場です。自然林を生かした園内には、無料で遊べるフィールドアスレチックがあります。例年であれば夏季には「じゃぶじゃぶ池」も登場。水の流れるすべり台がついていて、暑い夏に大人気です。また、恐竜の背中を滑る「恐竜すべり台」は、絶好のフォトスポットになっていますよ。
    キャンプ場は設備・レンタル品や周辺施設が充実しているので、初心者キャンパーやファミリーにおすすめです。また公園内は全面禁煙なので、小さなお子さんも安心ですね。手賀沼SUPや地域の特色を生かした体験イベントなども随時開催されています。
    RECAMP しょうなん
    ■所在地:千葉県柏市片山275(手賀の丘公園内)
    ■問い合わせ:​予約前の問い合わせはメールにてお願いします。
    ※施設の詳細は公式サイトをご参照ください

    ※写真はイメージです

    ※写真はイメージです


    焚火キャンプや快適コテージ!お得なセットプランも要チェック/PICA 秩父(埼玉県秩父市)

    埼玉県秩父市の「秩父ミューズパーク」内にあるキャンプ場です。場内にはレストランや入浴施設も完備。木々に囲まれたセットアップテントサイトでバーベキューや焚火を楽しむもよし、スタイリッシュなコテージで自然を満喫するもよし。スタイルに合わせて選べますよ。
    コテージにはさまざまなタイプがあり、わんちゃんと楽しめるコテージ、ピザ窯付きのコテージ、星空観察用のグッズを備えたコテージも! また、テニスや長瀞でのラフティング、大人気のアウトドアパークなど、周辺施設も充実しています。お得な宿泊セットプランもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね
    PICA(ピカ) 秩父
    ■所在地:埼玉県秩父市久那637-2(秩父ミューズパーク内)
    ■問い合わせ:0494-22-8111(PICA秩父フロント
    ※施設の詳細は公式サイトをご参照ください

    日本各地には魅力的なキャンプ場がたくさんあります。レンタルを賢く利用して、身軽にアウトドアを楽しんでみてはいかがでしょうか。
    ※外出の際は、手洗い、咳エチケット等の感染対策や、『3つの密』の回避を心掛けましょう。
    新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出の自粛を呼び掛けている自治体がある場合は、各自治体の指示に従いましょう。
    ※お出かけの際は、各施設、イベントの公式ホームページで最新の情報をご確認ください。

    ※写真はイメージです

    ※写真はイメージです

    初心者におすすめ!レンタル充実のキャンプ場【関東編】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    初心者におすすめ!レンタル充実のキャンプ場【関東編】

    レンタルのある手ぶらキャンプ初心者に最高ですね!!




    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【初心者におすすめ!レンタル充実のキャンプ場【関東編】】の続きを読む

    このページのトップヘ