campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ: キャンプ用品

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    自然体のライフスタイルを大切にするファミリーに向け、リラックス感のあるアイテムを展開する「CIAOPANIC TYPY(チャオパニックティピー)」。今では恒例となった「Lee(リー)」とのコラボレクションに新モデルがエントリー。

    ブランドが寒冷地用として生み出した名作ジャケットストームライダー”を下地に、ファミリーキャンプで活躍してくれるアウトドアグッズへと変換させたユニークアイテムデザインされました。

    Chair Cover ¥7920

    生地面とボア面とのリバーシブルになった、クルマシートにも使える幅設計のチェアカバー。背面に収納力の高いポケットが配置され、長めの設計によって足元を冷気から守ってくれます。

    Outdoor Apron ¥9900

    幅広のゴム製によるストラップで動きやすさを追求したほか、両肩にかけるオーバーオール型なので長時間の着用でもストレスフリー。他の繊維と比べて耐熱性の高いコットン素材ゆえ、焚き火の前でも気にせず使用できます。

    Gear Bag ¥6930

    キャンプギアが楽々と収納できる、横幅をワイドに仕上げた大容量のトートバッグ。開口部が大きく開くので荷物が取り出しやすく、メンテナンスフリーで汚れても手洗いできるのも魅力。

    Multi Cover ¥3960

    CB缶からペットボトル、さらには除菌ティッシュボックスまで、マルチに使えるカバー。カラビナなどが引っ掛けられるデイジーチェーンやDループを搭載。

    TissueBox Cover ¥3960

    ティッシュボックスに被せるだけで、テントサイトに温かい雰囲気を演出できるボア素材。ペグやロープなどの小物類も収納でき、ハンドルにカラビナが取り付けられるので置き場所に困りません。

    リーとしても過去に例がないというスペシャルコラボモデルは現在発売中。キャンプはもちろん自宅でも使え、毎日のライフスタイルにも溶け込んでくれるアイテムばかりです。


    (問)CIAOPANIC TYPY tel:0570-017-570 https://www.palcloset.jp/typy/

     

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Leeの名作ジャケットがアウトドアグッズに!? CIAOPANIC TYPYの家でも使えるコラボコレクション。


    このグッズ欲しくなりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【Leeの名作ジャケットがアウトドアグッズに!? CIAOPANIC TYPYの家でも使えるコラボコレクション。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Image: HUNU

    こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

    ライフハッカー[日本版]より転載:

    出勤前やランチタイム、また仕事終わりにカフェで一息つく時間って格別ですよね。毎日のコーヒーやお茶は欠かせない、という方も多いのでは?

    私はよくカフェラテテイクアウトするのですが、その際に気になるのが使用されているプラスチックカップや紙コップ。できるなら再利用できるマイカップやタンブラーを持ち歩きたいのですが、かさばるので常に持ち歩くのも難しいなと感じています。

    そんななか、姉妹サイトmachi-yaでクラウドファンディングに挑戦中の、リユースシリコンカップHUNU」を発見!

    液漏れしないの?お手入れは?気になる点をまとめてチェックしてみましょう。

    エコカップ「HUNU」

    Image: HUNU

    「HUNU」は折り畳めてポケットに収納できるエコカップで、食品グレードのシリコンと竹を素材として採用し、地球にも人にもやさしいアイテムです。

    サイズ240mlサイズ、重量約100gのエコカップスタバのS(ショートサイズがちょうど240mlなので、イメージしやすいですね。

    蓋付きなのも嬉しいポイントです。

    Image: HUNU

    持ち運びに最適

    「HUNU」の最大の特長はこのポータビリティ(携帯性)。

    シリコン素材なので簡単に折り畳み可能で、ポケットインできるサイズにまで小さくなるんです。

    これならサッとカフェに出かけたい時も手ぶらでOK、常にバッグに忍ばせておくのも便利ですね。

    耐熱バンドが秀逸!

    そして秀逸だと感じたのはこの耐熱バンド。その名の通り温かい飲み物を淹れたときに耐熱バンドとして活躍してくれるのですが、折り畳むときには飲み口をピタッと押さえてくれるプラグ的な役割も果たしてくれるんです。

    Image: HUNU

    これならポケットやバッグに入れた時でも、カップ内の液体が漏れずに安心。ただ万が一のことを考えて、大切な衣類やバッグを汚したくない場合は手で持ち運ぶか、洗って完全に乾かしてから携帯することをオススメします。

    食器洗い機にも対応

    再利用可能、ということで気になるのはお手入れ方法。

    「HUNU」はシリコン素材ですが蓋とバンドを外せば食洗機に対応しています。1日の終わりに食器類と合わせて食洗機に放り込めるので手間いらずですね。

    Image: HUNU

    毎日使いたいものだからこそ、専用の洗剤や特別お手入れがいらないのは助かります。

    オフィスや出先でのティータイムにはもちろん、アウトドアやランニングの際にも重宝してくれそうなアイテムです。

    この「HUNU」はクラウドファンディングサイトmachi-yaにて、2,800円(送料・税込価格)からオーダー可能となっています。

    プラスチック削減への取り組みとして、マイボトル、マイバッグに続くマイカップ生活、始めてみませんか?

    >>【HUNU】ポケットに入れて、どこにでも持ち運べ運べるコーヒーカップ

    Source: machi-ya



    (出典 news.nicovideo.jp)

    水筒よりも気軽に!小さく畳める革新的なコーヒーカップ

    これ使えますね!!

    試してみたい!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【水筒よりも気軽に!小さく畳める革新的なコーヒーカップ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    THE CAMP STYLE SNAP  in ふもとっぱら@2020.10

    焚き火アウトドア料理をじっくり楽しめる秋冬キャンプはこれからが本番!!  そこで GO OUT CAMPの会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」で、おしゃれキャンパーたちのサイトをチェック!!

    ちなみに「ふもとっぱら」では、10月をGO OUT的に「キャンプ強化月間」として、期間限定で巨大看板も設置させてもらいました。

    【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

     

    愛車を繋げたレイアウトがお見事!コンパクトでぬくい、ほっこりサイト。

    OWNERTakeさん、Nagomiさん

    あいにくの天気の中、愛車とタープ、そしてテントまでを連結させ雨の侵入を防いでいたカップルのサイトがこちら。設営・撤収時にクルマからギアを出し入れする際、とても便利なレイアウトだ。

    この日はサバティカルの新作テント、ギリアがメイン。左右にそれぞれのコットを置き、中央にリビングスペースを作った小さいながらもオールインワンスタイル。暖かい空間の中で1日中過ごすことができる、寒い時期のサイトレイアウトで参考になりそう。

    キッチン・メインテーブルすべてを兼ねるブラックデザインのハレテーブル。オプションアイアンプレートを付け、焼け痕が気になる火気類を配置した。

    チェアも同ブランドで、取り外し可能なロッキンフット付きが便利。ネットで購入したムートンは、寒い時期の冷え対策に必須アイテムだとか。

    荷物置きとして使ったユニフレームフィールドラックにも注目したい。この日は室内にストーブを置いていたため、熱が当たる場所は1段上げて配置。

    タープ下には調理もできる薪ストーブを置き、キッチンを兼ねた焚き火スペースを作った。このストーブは香川発のガレージブランドアイアンフィールドギア」のタキビーキャン。天板を使えば煮込みや湯沸かしが、室内を使えばピザ焼きやオーブン料理ができる優れモノ。

    このサイトの詳細は、スナップページをチェック‼︎

     

    クセのあるギアが揃い踏み。無骨でも暖かいファミリーキャンプ。

    OWNERジェットパパさん、コダママさん、アオちゃん

    見たことのないユニークなカタチのテント、タープ下に置かれたアイアン製ギアが存在感バツグンなサイトでは、ジェットパパさんファミリーキャンプを楽しんでいた。

    誕生したばかりというラーテルワークスのテントのほか、タキビ周りはガレージブランドや作家さんからネットで購入したという、一風変わったデザインのギアがところ狭しと並んでいるのが特徴的。

    いよいよ寒さが厳しくなる時期ということで、今回はテントの中にもリビングをセット。豆炭を使い手軽にアウトドアで使えるこたつを導入。夏はフルオープンにもできる広い前室が大活躍していた。

    ジェットパパさん的ギアの選び方が決まっているそうで、硬い素材=黒、ファブリック=ベージュのアイテムを選んでいるとか。そのため自然とサイト全体にまとまりが生まれている。

    在宅勤務が増え、D.I.Y.に挑戦する時間が増えたとか。そこでランタンケーススパイスボックスを自作。OSB合板に色を塗ることで、素材がまるで模様のように見える。外側にはモールシステムのように引っ掛け収納ができるテープを取り付けた。

    このサイトの詳細は、スナップページをチェック‼︎

     

    すべてが手の届く範囲に。動線バッチリな極小レイアウト。

     

    OWNER:TTOさん

    今回でソロキャンプが2回目というTTOさん。いつもはファミリーキャンプを楽しんでいるため、ソロのレイアウトはまだ試行錯誤中だとか。この日は友人も一緒ということもあり、最低限のギアで最低限のプライベート空間を確保した。

    サイドラップを跳ね上げると前室のように使えるバンドックのソロティピー1TCをメインに使い、前室を延長する形でタープを過保護張り。どちらもポリコットン素材なので、雨でも焚き火が楽しめるのも嬉しい。

    室内は締め切ると大人1人が広く使えるほどの大きさがあるため、ここにキッチン・リビングすべてを配置。ロースタイルのイスからすべてが届く範囲でギアを並べ、カップや皿といったアイテムは端材を使った地べたテーブルを活用している。

    収納ラックなどはあえて使わず、帆布のトートバッグを収納代わりに活用しているのもナイスアイデア。オレゴニアンキャンパーのシートの上にバッグを並べ、撤収時もここに荷物を入れるだけと動線もバッチリ。

    冷え込みが厳しくなって来たこともあり、マットは8cmと厚みがあるものをチョイスし、地面からの底冷えをシャットアウト。中央のポールもランタンや荷物を引っ掛けるのにちょうどいい位置。

    このサイトの詳細は、スナップページをチェック‼︎

     

    +αの工夫で使い勝手を向上させる、セルフカスタムに注目。

    OWNER:Hさん

    30年来の友人とキャンプを楽しんでいたHさんは、夜は2人がくつろげる用のリビングスペースを確保したサイトレイアウト。テントの屋根を入れ込むような形でタープを張り、隙間からの雨の侵入を防いでいた。

    テントはDODのハップフーテントとミリタリーライクなデザイン。それに合わせ、使うギアもブラックメインにした無骨な雰囲気で統一。スームルームのタープはポリコットン製なので、焚き火ギアもタープ下に問題なく配置できるそう。

    キッチンも兼ねたテーブルは、スームルームのもので、テーブル2つと天板、ハンガーとパーツを組み合わせることで拡張できるユニークアイテム。軽くコンパクトに仕舞える点に惹かれて購入したそう。天板下のハンモック状の収納も便利そう。

    DODのベンチは座面の下も収納が付くため使い勝手バツグン。ちょうどいい幅の天板をホームセンターで見つけ、座面に乗せることで収納棚に活用している。フレームブラックがHさんの持っているミリタリーなギアと相性バツグン。

    寝室はネイチャーハイクのコットを使った快適空間。床にはホームセンターで見つけたというラグを敷いて底冷え対策もバッチリ。このテントは前室になるタープ部分の面積が広いため、ソロならこれひとつで十分なこともあるほど。

    このサイトの詳細は、スナップページをチェック‼︎

     

    秋のおしゃれキャンプサイトが豊作!

    10月のふもとっぱらには、参考にしたいおしゃれサイトで溢れていました。ここで紹介した4組のほかにも、最新のキャンプスタイルを多数掲載中! 続きはこちらよりチェックしてみて!

     

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    秋の最新キャンプスタイルを拝見! おしゃれで機能的なこだわりサイト満載 #3


    これ参考になりますね!!

    皆さんのキャンプスタイルカッコイイ!!


    アウトドア用品【L-Breath】


    <このニュースへのネットの反応>

    【秋の最新キャンプスタイルを拝見! おしゃれで機能的なこだわりサイト満載 #3】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。2017年2月にお見合いアプリで出会った男性と結婚し、2019年2月に出産をしました。これまでのお話はコチラ

    ☆☆☆

    なかなか終わりが見えないコロナ渦で、ソーシャルディスタンスもとりやすく、旅気分や非日常感も味わえるキャンプが大ブームですね。

    我が家もとうとう先日、キャンプデビューを果たしました。

    1歳半の子どもを連れて行く、初めてのキャンプは驚きと楽しさと困惑と忙しさと…、とにかくめまぐるしく過ぎました。

    そのめまぐるしさの中で、テント設営、テント泊、たき火など、たくさんの“初めて”を子どもと一緒に経験しました。

    そして、帰る車の中ではどんな形のテントを買うか?という話をするほど、すっかり魅了されてしまったのでした。

    今回は、そんな新米キャンパーの私が先輩キャンパー達に聞いたお話を元に、子連れキャンプにまつわるアレコレをご紹介します。

    子連れキャンプをしてみたいけれど、どんな感じなのかわからないという方にもおすすめです!

    子連れキャンプのメリット


    広々とした自然の中で過ごす時間は何よりも魅力的。

    1.子どもにとって良い経験になる

    家を建てる(テントを設営する)、ごはんを作って食べる、暗くなったら星空の下で眠る、という“シンプルな暮らしの縮図”を体験することが出来る。

    テレビや動画、インターネットなど、簡単に手に入る情報や与えられる情報が多い普段の暮らしとは対照的に、不便なことを工夫してやってみたり、自分たちで遊びを考えたり、自ら考えて動く場面が多いのもキャンプの良いところ。

    2.子どもも思いっきり発散出来る

    室内でいる時間が増えた昨今、キャンプ場に降り立つと同時に水を得た魚のように、自然の中で思い切り動き回る子どもの姿を見て、大人たちも思わず笑顔に。

    3.大人同士の時間が取れる

    子どもが先に寝た後に、大人だけの語らいの時間ができる。

    小さい子どもがいると、夜に大人だけで外にいる機会はめっきりなくなります。私自身、初キャンプで感動したのはこの時間でした。子どもは目の前のテントで寝ているので、何かあったらすぐに駆けつけられるし、それでいて自分の目の前には“たき火”という非日常がある。なんて素敵なの!?まさに、プライスレス!

    4.大人もリフレッシュ出来る

    テントを設営したり、ごはんの準備をしたり、子どもトイレへ連れて行ったり、なんだかんだで忙しい子連れキャンプ

    そんな中、ふとした時に目に入る木々の緑やさわやかな風、きれいな空気の中で飲む淹れたてのコーヒー、満天の星空の下で静寂の中響く虫の声や木々のざわめき……。

    子連れだと、“ゆったり何もしない時間を楽しむ”というキャンプはなかなか難しいかもしれませんが、多少バタバタしていても、自分自身を日常生活から離れた自然の中に置くことで、リフレッシュ気分を味わうことが出来ます。

    5.夫婦仲が円滑に

    コロナ渦で普段とは違う暮らしが続き、ストレスも溜まり、夫婦の関係がギスギスしてしまうことが増えたけれど、“キャンプに行く”という共通の目標であり趣味が出来たことで、夫婦仲が良くなったという話も耳にしました。

    また、昨今のキャンプ人気もあり、キャンプ場は早めに予約をしておくという人がほとんど。

    2週間後や1か月後というように、少し先の予定が決まっているということも、先の見えないコロナ渦においては、日々の暮らしにハリをもたらしてくれますよね。

    子連れキャンプのデメリット


    子連れに限らずですが、なんでキャンプ用品ってあんなに魅力的なのでしょう……。

    1.初期投資が何かとかかる

    大きめのファミリー用テント、人数分の寝袋、コッフェルやガスコンロ、キャンプ用のテーブル、イス…などなど、1から一式揃えようとするとかなりの出費に。

    でも、車で行くキャンプなら、ある程度のものは家にあるものを持っていけますし、手ぶらで行けるほどレンタルが充実しているキャンプ場もあります。

    問題は、キャンプ用品そのものが欲しくなってしまって、いろいろ買いすぎてしまう場合です。「これ、買ったけど全然使っていない」というような、余計な出費をしない為にも、初めからいろいろ買い込んでしまうより、最初はレンタルや友人の持ち物を参考にするなどして、徐々に買い足していくのがおすすめです。

    2.キャンプ用品しまうところ問題

    コンパクトに畳めるものが多いキャンプ用品ですが、一式揃えるとどうしてもかさばってしまいます。車を持っているファミリーは、クルマやガレージにしまっていることが多いようです。クルマを持っていない我が家は無印のコンテナに入れて、部屋の片隅とベランダに置いています。アウトドア用のイスは、部屋で普段も使用できるようなデザインのものを選びました。

    3.子どもの荷物が多くなりがち

    オムツこれで足りるかな?」「服が汚れたり、濡れたりした時用に着替えは多めに持っていこう」「いつもの絵本とぬいぐるみブランケットもあると安心かも」と、ついつい不安から荷物が多くなってしまいがちに…。自家用車で行く場合は、事前に荷物を詰んでみることが出来ますが、レンタカーの場合は少し大きめにするか、積み込める容量を調べておくと安心です。

    4.慣れていないクルマに泣き続ける子ども

    我が家はクルマを持っていないので、レンタカーを借りてキャンプへ行っています。

    普段乗り馴れていない車にガッチリ体を固定されるチャイルドシート。寝てしまえば、何のことはないのですが、起きている時間は大泣きするかお菓子を食べているかの2択に……!

    休憩を多めにとる、お気に入りの絵本や音楽、動画であやすなど、先輩キャンパーたちも苦戦している様子。はじめのうちは、移動時間の少ない近場のキャンプ場を選ぶのが良いかもしれません。

    5.子どものお世話と作業の両立

    キャンプに行く前の私の最大の不安、それは「家にいる時ですら、子どもがいると思うように作業が出来ないのに、キャンプ場でテントを建てたり出来るのだろうか?」ということでした。

    実際に先輩キャンパー一家と初キャンプに行ってみると、作業中は誰かがまとめて子どもと遊んで、他の大人が作業するという感じで、ビックリするほどストレス無く作業出来ました。

    もちろん、簡単な作業は子どもと一緒にすることで、子どもやる気がふくらみ、達成感も得られます。

    子ども同士で遊ぶことも出来るので、子連れキャンプは2家族で行くのがおすすめです。

    コロナ渦でなければ、もちろん3家族以上でも楽しいと思います。現在はキャンプ場自体が「グループは2家族まで」と制限しているところもありますので、キャンプ場の規約をチェックしてみてくださいね

    なにごとも、メリットがあればデメリットもあります。

    子連れキャンプ行ってみようかどうしようか、悩んでいる方は、まずは気軽なデイキャンプや手ぶらで参加出来るレンタルセットになったキャンプなどから始めてはいかがでしょうか。

    これから寒くなってくるので、バンガローやコテージに泊まるのも良いですね。

    普段とは違う自然の中で、新鮮な空気を吸うだけでもすごくリフレッシュ出来ますよ。

    後編の漫画は、我が家の初キャンプのお話を描きました。後編もぜひごらんください!~その2~に続きます。

    ☆☆☆

    『アプリ婚』が本になりました!

    なんと!この連載『アプリ婚』が書籍として大好評発売中!まとめてじっくり読みたい方、お友達や親御さんにお見合いマッチングアプリでの婚活を理解してもらいたい方、ぜひご覧くださいね!詳しくはコチラ

    関連画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【アプリ婚・妊娠出産編】子連れキャンプデビュー!先輩キャンパーに聞いたメリット・デメリット~その1~

    これやっぱり気になるし、参考になりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【【アプリ婚・妊娠出産編】子連れキャンプデビュー!先輩キャンパーに聞いたメリット・デメリット~その1~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    レディースアパレルを中心としたECサイト「イーザッカマニアストアーズ」などを運営している有限会社ズーティー(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:今石 雄介)は、蓄熱保温効果のある中綿を使用したイーザッカマニア冬の定番シリーズであるサニーヒートシリーズから収納袋付きで持ち運びも出来、外遊びに活躍する「サニーヒートキルティングラップスカート」を2020年10月20日に販売開始いたしました。



    冬の外遊びを快適に!


    イーザッカマニアストアーズでは寒い冬の外出や毎日の生活を快適なものにするため、防風効果のある生地を使用したボトムストップス、裏がフリース地で暖かくはいていただけるボトムスなど様々なあったかアイテムを販売してまいりました
    その中でも遠赤外線効果のある物質を中綿に使用し、着ると体の熱を放さず蓄熱するフェイクダウンシリーズサニーヒートシリーズ」はインナーアウターからトレンドのボアタイプアウターまで取り揃えたイーザッカマニアストアーズの秋冬定番の人気あったかアイテムシリーズです。
    シーズンは寒い季節の外遊びをよりいっそう快適で楽しいものにできるよう、サニーヒートシリーズから新しく「キルティングラップスカート」をリリースいたしました。
    サニーヒートキルティングラップスカートスカートとしてだけでなく、コンパクトに折り畳み付属の収納袋に入れて持ち運びも出来る仕様となっており、すべて広げると膝掛けとしてもお使いいただけることから、幅広いシーンで活用していただけるアイテムです。
    岩盤浴のようにぽかぽかとあたたまる「サニーヒートキルティングラップスカート」で寒い季節の外遊びを快適に、そしてよりいっそう楽しい冬をお過ごしください。
    サニーヒートキルティングラップスカート販売ページURLhttps://ezk.page.link/5HqK


    遠赤外線効果であったか



    サニーヒートキルティングラップスカートは遠赤外線効果のある物質を中綿に練り込んでおり、中綿に熱が留まり蓄熱することで、まるで岩盤浴のようにじんわりとした暖かさを感じていただくことが出来ます。遠赤外線効果があるため少ない綿でもあたたかく着ていただけることから、中綿を圧縮せずふわふわのまま成型しており、軽い着心地に仕上げています。
    ウエストは5段階に調節して頂ける仕様となっており、ウエスト部分のボタンをすべてはずして広げることも出来るため、広げていただくことで膝掛けとしてもご利用いただくことが出来ます。
    また、折り畳んで付属の収納袋に入れて持ち運ぶことも出来るため、幅広いシーンでお使いいただけます。
    日常生活のおでかけはもちろん、スポーツ観戦やピクニック、公園遊びやキャンプなどのアウトドアシーンまでサニーヒートキルティングラップスカートとともに寒い冬の外出をよりいっそう快適にお過ごしください。





    SunnyHeatシリーズ
    SunnyHeatシリーズ

    サニーヒートシリーズ販売ページURLhttps://ezk.page.link/f9EA


    商品概要


    ■商品名:サニーヒートキルティングラップスカート
    ■価格:2,719円(税別)
    サイズフリーサイズ
    カラー:カーキ/ブラック


    イーザッカマニアストアーズについて


    【公式】イーザッカマニアストアーズ トップページ


    レディースアパレルを中心とした通販サイト。流行を追いつつも、それにとらわれない、オンナノコのテンションを高める様々なジャンルレディーファッションアイテムを神戸より毎日発信中です。
    楽天市場店、PayPayモール店など各種ショッピングモールでも展開しております。
    また繊研新聞社主催 第2回「ファッションECアワード」にて「フォーカス賞」(注目のECサイト)を受賞しております。
    楽天市場店:http://www.rakuten.ne.jp/gold/e-zakkamania/
    PayPayモール店:http://store.shopping.yahoo.co.jp/e-zakkamania/
    Wowma!店:https://plus.wowma.jp/user/10049259/plus/
    ZOZOTOWN店:https://zozo.jp/shop/e-zakkamania/


    アプリをダウンロードして最新情報をチェック


    ‎イーザッカマニアストアーズ公式アプリ


    イーザッカマニア公式アプリはイーザッカマニアの「今」がリアルタイムでわかるアプリです。
    ■新作/再入荷情報をいち早くお届け!
    アプリ限定クーポンやセールなどお得な情報をプッシュ通知でお知らせ!
    ■イーザッカマニアが運営するサービスやトレンドや着こなしのコツなどを発信している情報サイトなどのコンテンツのご案内
    ■最新トレンドコーデやスタッフリアルなコーディネートを随時更新
    ■公式SNSの情報も一度にチェック


    SNSをチェックして最新情報をチェック


    Facebookhttps://www.facebook.com/ezakkamania/
    Twitterhttps://twitter.com/ezakkamania
    Instagramhttps://www.instagram.com/ezakkamania_stores/


    有限会社ズーティー


    代表:代表取締役 今石 雄介
    所在地:〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通2-2-3 東和ビル5F
    URLhttps://zootie.co.jp/


    本件に関するお問い合わせ


    企業名:有限会社ズーティー
    担当者:松田・石川
    TEL:03-6434-9847
    メールアドレス:styling-lab@zootie.co.jp




    (出典 news.nicovideo.jp)

    スカートにも膝掛けにも!イーザッカマニアストアーズ蓄熱フェイクダウンシリーズ新作「携帯できるスカート」で冬の外出は快適ぽかぽかに


    これ冬キャンに最高ですね!!


    <このニュースへのネットの反応>

    【スカートにも膝掛けにも!イーザッカマニアストアーズ蓄熱フェイクダウンシリーズ新作「携帯できるスカート」で冬の外出は快適ぽかぽかに】の続きを読む

    このページのトップヘ