campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ: キャンプ用品

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     

    アウトドアブランドFIRE BANKは、約1.5mm厚の「極厚メスティン」を発売しました。Amazon.co.jpでの販売価格は、6499円(税込)です。

     

    極厚メスティンは、自動車関連の金属加工会社が作った、取っ手付きのアルミ製飯ごうです。FIRE BANKによると、自動車業界を支えているこの金属加工会社は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で苦戦を強いられており、最新鋭の設備の使い道を模索するなかで、アウトドア業界に目を付けたとしています。そして、これまでに培ってきた経験や知識を生かし、絞り加工のなかでも特に難しいと言われるアルミ材の深絞りを厚板で実現したため、極厚メスティンができたそうです。

     

    メスティンの厚さは一般的な製品に比べて2倍以上の約1.5mm。直火でも使用可能としています。また、ハンドルに取り付けられているシリコンチューブには、2mmの極厚チューブを採用。チューブの耐熱温度は200度となっています。

     

    このほか、角や内側に成型時の跡が見られることによる手作り感や、しっかりとしたフタのはめ合いなど、細部まで作り込まれているため、無骨なギアの味わいや、一生モノとして使える完成度を感じられそうです。

     

    メスティンは、キャンプでごはんを炊くのはもちろん、お弁当箱やキャンプギア入れとしても使える幅広い用途が魅力。まだ手にしていない人は今後ずっと付き合っていくつもりで、手に入れてみてはいかがでしょうか。

     

    直火でも使えてキャンプで大活躍、日本の金属加工会社が作った「極厚メスティン」発売


    (出典 news.nicovideo.jp)

    直火でも使えてキャンプで大活躍、日本の金属加工会社が作った「極厚メスティン」発売

    極厚メスティン試してみたくなりますね!!

    どんなうまいご飯が食べれるか試してみたいな!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【直火でも使えてキャンプで大活躍、日本の金属加工会社が作った「極厚メスティン」発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     SUNGAは7月26日に、「Bluetoothスピーカー内蔵クーラーボックス」を発売した。カラーは、TANBLACKの2色で、価格は3万4800円。8月15日までは、5000円オフの2万9800円で購入できる。
     

    画像付きの記事はこちら



     「Bluetoothスピーカー内蔵クーラーボックス」は、キャンプBBQ、釣りなどアウトドアシーンで手軽に音楽を楽しめる、スピーカー搭載クラーボックス。

     Bluetooth対応なので、手持ちのスマートフォンタブレット端末をワイヤレスで接続可能で、曲に合わせてRGBカラーディスプレイがリズミカルに点灯する。

     大容量の45Lで、極厚5.5cの高密度ウレタンフォーム加工と、強固なラッチロック仕様によって、炎天下や真夏日でも保冷効果をしっかりと保てる。

     内部の仕切り板は取り外せばまな板としても使用でき、天面にはメジャー機能とカップホルダー、側面には水抜き栓を備えている。さらに、持ち運びやすい少し長めのロープハンドルも搭載する。

     サイズは幅69.5×高さ43.0×奥行き43.0mmで、重さは13kg。スピーカーの連続再生時間は約4~6時間。

    45Lの大容量で、Bluetooth対応スピーカーを搭載したクーラーボックス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    SUNGA、Bluetoothスピーカー内蔵のクーラーボックス

    このスタイル新しいですね!!
    これなら2つを一括で便利ですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【SUNGA、Bluetoothスピーカー内蔵のクーラーボックス】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    JVCケンウッドは7月27日KENWOODブランドのポータブル電源「BN-RK600」を発表した。容量626Wh(174,000mAh)のリチウムイオンバッテリーを内蔵し、39Wの小型冷蔵庫なら約13時間使い続けられる。8月中旬より発売する。同社の公式オンラインストア「JVCケンウッドストア」では、7月27日より先行販売を開始する(商品到着は8月上旬ごろ)。店頭予想価格は75,000円前後。

    アウトドアからデイリーユースまで幅広く使えるポータブル電源。防災製品等推奨品を受けており、停電や災害時の備えとして有効活用できる。出力ポートは、ACコンセント×2口、USB×3口、DC×3口(シガーソケット含む)を備える。出力はAC定格500W(100V/5A)で瞬間最大1,000W、USB出力は最大36W(5V/2.4A)、DC出力は最大120W(12V/10A)。

    容量626Wh(174,000mAh)のリチウムイオンバッテリーを内蔵し、12WのLEDライトなら約44時間、30Wの扇風機なら約17時間、39Wの小型冷蔵庫なら約13時間使い続けられる。充電は付属のACアダプターを使用するほか、別売りのポータブルソーラーパネル「BH-SP100-C」からも可能だ。

    バッテリー保護機能は、過電流、過電圧、温度、短絡に対応。折りたたみ式のハンドルを備え、持ち運びもしやすい。本体サイズはW300×D193×H192mm、重さは6.5kg。
    (リアクション)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ケンウッド、ACコンセントを備えた174,000mAhのポータブル電源「BN-RK600」


    このポータブル電源気になりますね!!
    しかもケンウッドってとこが最高ですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【ケンウッド、ACコンセントを備えた174,000mAhのポータブル電源「BN-RK600」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    東京渋谷区に拠点を置くアウトドアセレクトショップNicetimeナイスタイム)は、キャンプギアからアパレルまでこだわりぬかれたアイテムを取り揃えている。

    そんな同店がBallistics(バリスティックス)と開発を進めていたという逸品が登場し、大きな話題に。すでに品薄状態のヒットアイテムとなっている。

    Nicetime×Ballistics/mouncol case ¥28600

    そのニューアイテムは、サンゾクマウンテンの焚火台、マウンコル(Mouncol)用の専用ケースだ。今回コラボしたバリスティックスと言えば、タフなギア用ケースを作ることで有名なブランドで、様々なアイテムリリースしている。

    負荷のかかりやすい底面には心材も追加して補強済み!

    この焚火台ケースも上部なコーデュラナイロンを使用し、内部にはウレタンを内蔵して焚火台をしっかりガード

    さらにケース内部にはターポリン材の脱着式インナーケースも付属し、灰や水などで汚れるのを防いでくれる。デッドスペースになりがちな火床部分に炭やトング、鉈など焚火周りの道具を同梱できるのがうれしいところ。

    ウンコル焚火台は脚をセパレートして2段階の高さに設定できるのだが、ケースの底部には余った脚を収納できる専用ポケットが備えられている。

    また、カバーの裏側は手袋やファイヤーブラスター着火剤などが入れられるメッシュポケットになっているのもアイデアだ。

    サンゾクマウンテンのマウンコルにはオルテガ柄にカットしたナイスタイムコラボ仕様もあり、同店の大人気アイテムとなっているが、重量約7kgとちょっと重いのが難点……。

    かさばりやすいこの焚火台をスムーズに持ち運べるようになるのはありがたい。

    カラーブラックコヨーテウルフグレーの3色展開で、ストラップも同色系でまとめて落ち着きのある色合いに。

    Wネームの証として両ブランドのタグが配されている。

    発売から約半月ほどだが、すでに品薄状態となっているマウンコル専用ケース。見つけたら即ゲットがおすすめだ。


    (問)ナイスタイム マウンテン ギャラリー https://www.haveanicetime.jp/fs/hant/1230073-124620

     

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    あの焚火台の専用ケースが人気沸騰。痒いところに手が届く、バリスティクス×ナイスタイムのコラボ品。

    この焚き火台最高ですね!!
    ワイルドでオシャレですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【あの焚火台の専用ケースが人気沸騰。痒いところに手が届く、バリスティクス×ナイスタイムのコラボ品。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新鋭ブランド「VERNE(ベルン)」といえば、ソロ用のトレッキングテーブルで知っているアウトドアマンも多いことだろう。しかしここにきて人気急上昇なのが、ゆったりサイズフラットテーブル美しいデザインに加えて、付属品の何もかもが無駄にならない、考え抜かれたシステムが評判だ。

    組み立て方法すらスタイリッシュ。

    VERNE FLAT TABLE(ベルン フラット テーブル)¥34100

    こちらが感度の高いキャンパーの間で話題となっている、ベルン製テーブル。脚の角度と長さ、そして天板とのバランスが秀逸で、純粋にテーブルとして美しい。しかし当製品の魅力はビジュアルだけではなく、気の利いたギミックが見事に散りばめられている。

    天板は3分割で、中央の天板に脚が埋め込まれている。それ以外にメッシュ素材の収納バッグと、ウェビングの施されたショルダーストラップ、そしてポール2本が付属する。これらの付属品をよく覚えておいてほしい。

    天板の組み立てワンタッチで、脚のある天板に2枚の天板をはめ込むだけ。脚は中央の天板を少々揺らすだけで組み上がるようになっている。天板のサイズは50×101cm、高さは40cmだ。テーブル単体の重量は3.1kgで、付属品を含めると3.6kgになる。

     

    収納バッグもストラップも活用できる。

    先ほど見た収納バッグのショルダーストラップは、写真のようにデイジーチェーンとしても利用できる。2本のポールが付属するのはこのためだ。

    さらにメッシュの収納バッグを広げて天板の下に吊り下げれば、網のラックが完成。テーブルとしての使用時に、遊ばせておく付属品がまったく存在しない。

    またベルンのVST(Verne System Table)シリーズ内で他製品とパーツの互換性があるので、テーブル周りを自分好みに拡張していくことも可能だ。

    現在、品薄状態が続くほどの人気作となっているため、再入荷の際はお見逃しなく。

    SPEC
    展開サイズ:W50×D101×H40cm
    収納サイズ:W18×D101×H2.3cm
    重量:3.6kg


    (問)UNBY GENERAL GOODS STORE https://www.unby.jp/c/brand/unbyselect/VERNE

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    どこをとっても無駄のない、新鋭ブランド「VERNE」のテーブルに注目。

    このテーブル最高のアイテムですね!!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【どこをとっても無駄のない、新鋭ブランド「VERNE」のテーブルに注目。】の続きを読む

    このページのトップヘ