campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ: キャンプ知識

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    普段の街中とは違ってドアの開閉もオーディオも注意! 知らずにマナー違反多発のオートキャンプ場での禁止行為6つ

    キャンプ初心者は知っておきたいクルマのマナー問題とは

     クルマをサイトへと持ち込むことができるオートキャンプ場。駐車場から荷物を運ばずに済む便利な施設だが、多くの人が利用する場所であるために、しっかりと「マナー」と「モラル」を持って対峙することが重要だ。「そんなのわかってるよ」という方も多いとは思うが、基本に立ち返ってマナーモラルを再確認してほしい。

    正しい作法その1/受付時はアイドリングをストップ

     オートキャンプ場に到着し、管理棟で受け付けを行う。そのときにエンジンをかけたままの人が意外に多い。暑い夏はエアコン、寒い冬はヒーターを入れておきたい気持ちは理解できるのだが、自然と向き合うアウトドアでは少しでも環境に対してローインパクトな行動を心がけ、エンジンを切って受け付けを行ってほしい。オートキャンプのクルマのマナー

    正しい作法その2/敷地内走行時は徐行運転を厳守

     キャンプ場からの指示に従い、指定されたサイト(区画)までクルマで移動する。そのとき、敷地内ではスロー走行が鉄則だ。子どもたちは「キャンプ場では自由で安全」という思い込みがあり、周囲を気にせず走りまわっていることも多い。オートキャンプのクルマのマナー

     テントやタープの陰から飛び出してくることもあり、悲しい事故を防ぐためにも、いつでも止まれる速度を心がけてほしい。敷地内では歩行者が優先であり、キャンパーが歩いていたら積極的に道を譲ることがマナーであり、守るべきルールでもある。

    正しい作法その3/駐車時は死角に注意するべし

     サイトにクルマを止めたり出すときには周囲をしっかりと確認すること。とくにクルマの向きを変えるため、バックで転回する際はバックモニターだけに頼らず、同行者に目視・確認してもらうことをおすすめする。オートキャンプのクルマのマナー

     観光バスがガイドさんによって後退の指示を受けているように、同行者に確認してもらいながら転回する慎重さが事故を防止することになる。キャンプ場では子どもが影から飛び出してくることを想定して運転することが事故を防止するキーポイントになる。

    The post 普段の街中とは違ってドアの開閉もオーディオも注意! 知らずにマナー違反多発のオートキャンプ場での禁止行為6つ first appeared on AUTO MESSE WEB.

    クルマのドア開けっぱなし

    ラジオ

    オートキャンプのクルマのマナー

    オートキャンプのクルマのマナー

    夜間のキャンプ場

    オートキャンプのクルマのマナー

    オートキャンプ場

    ハイエースとワンポールテント

    オートキャンプのクルマのマナー

    普段の街中とは違ってドアの開閉もオーディオも注意! 知らずにマナー違反多発のオートキャンプ場での禁止行為6つ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    普段の街中とは違ってドアの開閉もオーディオも注意! 知らずにマナー違反多発のオートキャンプ場での禁止行為6つ


    これオートキャンプ場で気になりますよね!

    せっかくのキャンプなんで楽しく遊ぶために注意したい点ですよね!

    いつもよりワンランク上の寝心地。【WAQ 2WAY フォールディングコット】

    <このニュースへのネットの反応>

    【普段の街中とは違ってドアの開閉もオーディオも注意! 知らずにマナー違反多発のオートキャンプ場での禁止行為6つ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    テントが袋に入らない! いつまで経っても火が付かない! キャンプ初心者がぶち当たる壁5つと乗り越え方

    ワンランク上のキャンプを目指すために

     キャンプを始めたのは良いものの、アウトドア雑誌やYouTube動画のようにはいかずに困っている人も多いのではないだろうか。その原因のひとつとしてサービス過剰の家電製品に囲まれて生活していくことで人間の感覚は鈍くなり、シンプルな道具で楽しむキャンプとのギャップが生まれているのも否めない事実。とくにキャンプ初心者の場合には経験しなければわからないこと、体験しなければ覚えられない感覚に戸惑うことも多い。ここではキャンプ初心者が乗り越えなければならない“5つの壁”を例に挙げ、じっくりと解説していこう。

    その1「収納袋に入らないテント撤収」の壁

     キャンプを始めたとき、最初に直面するのがテント撤収の壁だ。壁を乗り越える方法はテントを広げていくと同時にスマホを使ってどのように収納されていたかを撮影しておこう。テントは広げるのは簡単だが、じつは収納するときに苦労することが多く「使用後に袋に入らない」と困惑する人も多い。テントフライシートがどのように畳んであるのか、分割されたフレームがどこに収まっているのかを細かく記録し、自分だけの収納設計図を作っておけば、収納に慣れるまでのガイドになってくれる。

    キャンプで初心者が乗り越えるべき壁5つ

     また、現地では収納袋に戻さず、使用後のテントフライシートを大きなゴミ袋などに入れて持ち帰り、汚れを落としたあとに十分に乾燥させてから収納袋に戻すという達人の裏技も存在するので参考にしてほしい。

    その2「薪や炭に着火できずに苦労する」の壁

     キャンプメインイベントといえば焚火やBBQバーベキュー)だが、初心者にありがちなのが着火できずに苦労することだろう。その原因はいきなり薪や炭に火を着けようとすることにある。焚火やBBQ火起こしする場合、まずは燃えやすい枯れ草や細い枯れ枝、落ち葉、軽く絞った新聞紙などをベース着火剤で火を着け、少しずつ大きな薪や炭に火を移していくのが正解だ。

    キャンプで初心者が乗り越えるべき壁5つ

     火が燃え移ったなら火吹き棒(ファイヤーブラスター)や団扇を使って空気を送り込み、燃焼高率を上げることで火を大きくしていくこともお忘れなく。先日、キャンプ場で薪にホワイトガソリンを振りかけている人に遭遇したことがあるが、火事や火傷などの事故をひき起こす原因になる非常に危険な行為なので、絶対に避けてほしい。

    その3「BBQで外側が黒コゲ……中が生焼け」の壁

     焚火台や炭を使ったBBQコンロでのあるあるが「外が黒コゲ、中が生焼け」の壁。その原因は薪や炭の火力が強いうちに食材を焼いてしまうこと。薪や炭を使った調理では着火直後の火が燃え盛っている状態ではなく、ある程度の熾火になってから食材を乗せていくことが上手に焼き上げるポイントだ。

    キャンプで初心者が乗り越えるべき壁5つ

     初心者の場合、炎が上がっていないと火力が弱くなったと誤解しがちだが、じつは薪や炭が落ち着いた熾火の状態でも火力はしっかりと保持され、遠赤外線効果で食材の中までしっかりと熱を通すことができる。BBQコンロの上手な使い方は半分を薪や炭を多めに置いた焼き場、半分は炭を間引いて保温場所として分割すること。肉や魚の表面が香ばしく焼けたなら、炭の少ない保温場所へと移すことで芯までしっかりと火を入れることができるはずだ。

    キャンプで初心者が乗り越えるべき壁5つ

    The post テントが袋に入らない! いつまで経っても火が付かない! キャンプ初心者がぶち当たる壁5つと乗り越え方 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    テントのなかのイメージ

    食器のイメージ

    テントのなかでマットを人を敷く人

    キャンプで初心者が乗り越えるべき壁5つ

    キャンプ場のイメージ

    キャンプで初心者が乗り越えるべき壁5つ

    キャンプで初心者が乗り越えるべき壁5つ

    キャンプで初心者が乗り越えるべき壁5つ

    キャンプ道具を片付けたイメージ

    テントが袋に入らない! いつまで経っても火が付かない! キャンプ初心者がぶち当たる壁5つと乗り越え方


    (出典 news.nicovideo.jp)

    テントが袋に入らない! いつまで経っても火が付かない! キャンプ初心者がぶち当たる壁5つと乗り越え方

    この私も色々経験してきましたね!
    テント購入して出したのはいいですが畳み方が悪くて収納袋に入らなくて苦労しました。
    最初のファミリーキャンプで炭になかなか火をつけれなくてみんなでご飯食べれなくてみんなで困ったことありますね!
    何事にも最初は大変ですが、事前準備しとかないとですね!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【テントが袋に入らない! いつまで経っても火が付かない! キャンプ初心者がぶち当たる壁5つと乗り越え方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     キャンプを中心としたアウトドア総合情報サイト「TAKIBI」を運営するフォーイット(東京都渋谷区)が、キャンプに関するアンケートを実施した。その結果、1回のキャンプで使うお金は「5000円以上~1万円未満」が最多だった。

    【画像】結果を詳しく

     「1回のキャンプにかける予算はいくらまで?」という質問に対し、最多だったのは「5000円以上~1万円未満」(26%)だった。

     次いで「1万円以上~2万円未満」(23%)、「5000円未満」(23%)、「2万円以上~3万円未満」(18%)と続いた。「5万円以上~10万円未満」「10万円以上」はそれぞれ1%だった。

     1人でキャンプを楽しむ「ソロキャンプ」の予算は、およそ7割が1万円以内と回答。キャンプ場の入場料や食費が少なく済むことが多いためと考えられる。

     次いで多かったのは「2万円以上~3万円未満」(12%)だった。同社は「一人で自由に過ごす時間を贅沢なものにしたいと食材のグレードを上げて豪華なキャンプ飯を楽しむ人や、昨今注目されつつあるソログランピングをする人が増えていることが要因ではないか」と分析している。

     複数人で行う「デュオキャンプ」や「グループキャンプ」では、5000円以上~2万円未満の割合が一番多かった。「キャンプを手軽に済ませたい」という人がいる一方、キャンプと併せて周辺の観光を楽しむ、こだわりの料理を準備するなど「友人や恋人と過ごす時間を充実させるために予算をかける」という人も一定数いるため、予算の振り幅が大きいようだ。

     また、デュオキャンプとグループキャンプの予算感が近いことから、同社は「グループキャンプテントを持ち寄り、2人1組で楽しむスタイルが主流になっているのでは」とも推測している。

     「ファミリーキャンプ」の予算は「1万円以上~2万円未満」(29%)、「2万円以上~3万円未満」(29%)がそれぞれ最多となり、合わせるとおよそ6割が「1万円以上~3万円未満」と回答した。

     一方で「1万円未満」と約3割が回答し、「交通費がかからない近場でキャンプする」「無料キャンプ場を選んでいる」といったファミリーも一定数いると予想される。

     調査は2021年12月14日に全国の18~65歳、男女500人を対象にインターネット上で実施した。

    キャンプ1回あたりで使うお金は?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    1回のキャンプでかける予算はいくら? ソロキャンプは「1万円以内」が最多

    この予算って気になりますね!
    やっぱりソロキャン1万位内にはおさめたいですよね!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【1回のキャンプでかける予算はいくら? ソロキャンプは「1万円以内」が最多】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     俳優の岩城滉一さんが12月25日、自身のYouTubeチャンネル#51TV」を更新。“新しい”岩城流ソロキャンプの様子を披露しました。

    【画像】愛車の軽トラでキャンプするぞーとウキウキの岩城さん

     岩城さんは最近お気に入りの愛車「スーパーキャリイ」にいろいろ積んで念願のソロキャンプを敢行。ヒロミさんから奪い取った(?)テント付きトレーラーもいよいよ大活躍だよとウキウキです。

     「テントからやっちゃいますか」と慣れた様子でトレーラーキットオプションの専用テントを展開します。これ簡単そうでいいなー。近年のキャンパーやアウトドアな人に人気、いつもの家電もガッツリ使えるAC100Vコンセント対応の「大容量ポータブルバッテリー」(蓄電池)もしっかり持参して、「キャンプっぽくないかもしれないけれど、こういうのもスマートでしゃれてるでしょ」。

     AC100Vで1000W超の出力が可能な高性能ポータブルバッテリーなので、持参した家電のトースターを使うのも問題なし。ピザトーストをとろりと焼いてパクリ。う、うまそう~! 「時間をかけて火を起こして焼くのもいいけれど、こういうのも便利でしょ」。

     コーヒを淹れ、マシュマロを焼いて「ウマいね」「最高だね」。「やっぱり焚火がなかったらアウトドアにならないよね」と夜は火を起こしてのんびりと過ごします。

     そのまま寝るのかなと思いきや……、何とプロジェクタースピーカーを出して「ガチな映画館」まで作っちゃいました。「星空シアター、いいでしょー?」。こうして自然の下で映画を楽しみながら岩城流ソロキャンの夜は更けていきました。

     アイデアセンス次第でここまでかっこよく楽しそうになるなんて……! オフィスワーカーの人も、近年普及するテレワークやワーケーション+遊びのお手本にいかがですかー?

     ファンからも「焚き火眺めながらウイスキーでも飲んだら旨そう」「楽しそう~」「ポータブル電源は便利で良い」などのコメントが多く寄せられていました。

    カナブンさん)

    岩城滉一流の“新しい”ソロキャンプとは……


    (出典 news.nicovideo.jp)

    岩城滉一の「70歳ソロキャン」がかっこよすぎの世界 焚火を眺めて映画館まで設けてのんびり「最高だね」

    これ最高ですね!
    かっこよすぎですね!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【岩城滉一の「70歳ソロキャン」がかっこよすぎの世界 焚火を眺めて映画館まで設けてのんびり「最高だね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    テントはレンタルにすべきだった! ファミリーキャンプを始める人が買うべき道具とは

    家族4人で楽しむことを前提に参考例を紹介

     猛威を振るい続ける新型コロナウイルス。その影響もあり、家族単位で楽しめるファミリーキャンプが注目を集め、これからキャンプを始めようと考えている人も多いのではないだろうか。そこで今回は、4人家族を前提にキャンプ初心者が最初に買うべきアイテムと予算について考えてみたい。

    一番重要に思えるテントの購入は後まわしでもOK!

     ファミリーキャンプを始めるにあたり、まずは手に入れるべきキャンプ道具を考えていこう。雑誌やメディアでは「キャンプテント」と指南されることも多いが、キャンプ道具のなかでテント選びは難易度が高いギアでもある。経験を積んでいくうちにテントを買い替えている人も多く、ここでは無駄な出費を抑えると同時にテント選びを学ぶためにも、キャンプ道具のレンタル専門店やキャンプ場のレンタルテントを利用することをおすすめする。

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

     または、キャンプ経験者にお願いしてテント泊を経験させてもらい、自分が不満に感じる部分や快適と思える「基軸」を養ってから、マイテントを選んでも遅くはない。それでも自分のテントキャンプをしたいと思うのなら、家族4人が使用できるベーシックなドームテントで3万円から6万円程度の予算を覚悟しておこう。

    初めてのギア選びはチェアとテーブルから

     まず初めに選ぶべきアイテムチェアだ。一般的にキャンプでは折り畳み式のチェアが主流となるが、座り心地の良いものを選ぶのが重要なポイントになる。キャンプではチェアに座る時間が長いこともあり、座り心地や快適性を妥協してはならない。ヘリノックスなどの人気アイテムは1万円オーバーとなるものも多いが、有名アウトドアブランドであるコールマンのチェアなら2000円程度から手に入れることができ、4脚を揃えるとなれば最低予算は8000円が目安となる。

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

     チェアと同時に揃えたいテーブルだが、これもピンからキリまでが揃うキャンパーを迷わせるギアである。安定性や信頼感を考えれば、アウトドアブランドテーブルに軍配が上がる。形状は折り畳み式やロールタイプなどがあり、安定感なら折り畳みタイプコンパクトさならロール式がおすすめだ。価格としては5000円前後から1万円程度で手に入れることが可能。

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    快適な睡眠を左右する寝袋&マット選びも大事

     次に欲しいアイテムシュラフ(寝袋)。気温が上がった春からキャンプを始めることを考えれば、夏、秋までの3シーズンに対応するものがおすすめだ。価格的には8000円前後で手に入れることができる。形状的には封筒型やマミー型などが存在するが、これは自分の好みに合ったものを選んでも問題はない。ブランドによっては子ども用もラインアップされているので身長に合わせて選ぶのも良いだろう。予算的には4人分で3万2000円

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

     シュラフと同時に手に入れておきたいのがスリーピングマットである。地面からの冷気を遮断し、快適な寝心地を提供してくれるマットテント泊のマストアイテムであり、マットの性能によって快適性は大きく左右されてしまう。最近はマットの断熱性能を示すR値(R-Value)が表示されるようになっているので、手に入れる際の目安にしてほしい。

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

     R値は大きいほど断熱効果が高く、オールシーズン用としてはR4前後がスタンダードとなる。形状としてはインフレータブルの膨張式エアマットやウレタンフォームなどがあり、価格的には3000円前後が標準価格。家族4人分で1万2000円が目安になる。

    キャンプ感を演出できる焚き火台は5000円から

     キャンプメインイベントといえばバーベキューと焚火だが、最近では有名アウトドアブランドだけでなく、ホームセンターでもオリジナルブランドの焚火台が販売されている。焚火を楽しみながらBBQも味わうことができるアイテムを選んでも5000円程度からとリーズナブル。BBQコンロや焚火台はハイエンドモデルを選ばなくても十分に楽しむことができるのだ。

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

     そのほかに小物として網やトング、火傷防止の革手袋、着火剤、食材を入れる保冷バッグを揃えるのであれば、本体とは別に5000円程度の予算を用意しておこう。その場合、100円ショップトングや網、着火剤、金串、保冷バッグ)やワークマンなどの作業着専門店(革手袋)を賢く利用することで、予算を押さえることができるはずだ。

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    The post テントはレンタルにすべきだった! ファミリーキャンプを始める人が買うべき道具とは first appeared on AUTO MESSE WEB.

    キャンプしているイメージ

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    キャンプで設営したイメージ

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    初心者が揃えたいキャンプギアと予算

    LEDランタン

    テントはレンタルにすべきだった! ファミリーキャンプを始める人が買うべき道具とは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    テントはレンタルにすべきだった! ファミリーキャンプを始める人が買うべき道具とは

    私もこの意見に賛成ですね!
    いきなりテントの購入ってリスクありますよね!
    いろんなテントを使って吟味すればいいと思います。



    “"




    <このニュースへのネットの反応>

    【テントはレンタルにすべきだった! ファミリーキャンプを始める人が買うべき道具とは】の続きを読む

    このページのトップヘ