campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ自動車 > キャンピングカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンピングカーレンタル大手のキャンピングカー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:頼定 誠 以下CCKK)は、キャンピングカーのレンタルをもっと便利にするWebサイト『レンタルキャンピングカーライフ』の掲載店舗数が10月22日130店舗を突破したことをお知らせいたします。



    URL: https://carlifenavi.com/

    コロナ禍でキャンピングカーのレンタル需要が急増中
    一部の愛好家による「憧れの存在」として語られる事の多かった『キャンピングカー』ですが、近年はレジャーでの利用だけでなく、災害時やビジネスシーンでの利用、『移動可能な居住スペース』として様々な角度から注目を集めています。
    新型コロナウイルスの蔓延による休日での外出が行い辛い状況が続き、公共交通機関を利用した旅行はまだまだ警戒する状況が継続しています。キャンピングカーレンタル増加の一つの要因として、3密を避けプライベート空間を確保しながらお出かけと宿泊をセットで行えるという点が挙げられます。特に海外への渡航中止の影響で、夏季休暇やシルバーウイークなどの連休中にキャンピングカーを利用し、密を避けられる旅行を堪能する人が急増しています。

    そこで、キャンピングカーのレンタル市場が拡大した今、キャンピングカーをレンタルした事のない初心者にも気軽に身近なレンタカー店舗を見つけ、レンタルキャンピングカーに関する様々な疑問を解決できる「レンタルキャンピングカーライフ」をオープンし、2020年10月22日に掲載店舗数が130店舗を突破しました。

    ■『レンタルキャンピングカーライフ』の特徴
    ・全国のキャンピングカーレンタル店舗掲載中
    身近なレンタルキャンピングカーショップを探したい方に、便利なツールとして活用されています。
    現在全国各都道府県130店舗掲載済み、今後も随時追加していきます。



    ・利用者ニーズにあわせたこだわり検索機能
    ペット同乗の有無、乗り捨ての可否や深夜早朝にレンタルしたいなどレンタル利用者の希望にあわせたレンタル店舗の絞込み検索が可能で、ユーザーにぴったりの情報をご提供致します。

    初心者向けのお役立ち情報が充実
    キャンピングカー株式会社では、日本で最大級のキャンピングカーレンタルサービスジャパンキャンピングカーレンタルセンター」を運営しています。そのノウハウを活かし、キャンピングカーをはじめてレンタルする利用者向けのお役立ちコンテンツ集など、実際にキャンピングカーレンタルを行ってきた事業者だからこそ発信できるコンテンツを拡充しています。



    レンタル情報を掲載希望の店舗様へ
    レンタルキャンピングカーライフでは、キャンピングカーのレンタル事業を行っている店舗様の掲載を募集しています。掲載を希望される店舗様は以下メールアドレスまでご連絡ください。
    ※ご登録はレンタカー事業許可を受けている事業者様のみとなります。また、掲載登録については審査がございます。あらかじめご了承願います。

    掲載希望申込用メールアドレス: carlifenavi@camping-car.co.jp

    【キャンピングカー株式会社メディアサービス事業】
    <日本最大級のキャンピングカーの比較サイト・キャンピングカー比較ナビ>
    「キャンピングカー比較ナビ」は、これからキャンピングカーの購入を検討されている方へ向けた日本最大級のキャンピングカーの比較サイトて?す。国内・海外を含む700台以上のキャンピングカーを、価格や車両サイズ、就寝人数やオプション装備など、約60種類の項目からスペック比較ができ、どのキャンピングカーが人気かを一定期間の閲覧数を基にランキング形式で表示。気になる車両は実際にレンタルして体験することもできます。
    「キャンピングカー比較ナビ」URLhttps://japan-crc.com/ccn/





    ジャパンキャンピングカーレンタルセンターJapan C.R.C.)サービス概要】
    Japan C.R.C.」は、東京キャンピングカーレンタルセンターをはじめ、千葉C.R.C.、新千歳空港C.R.C.、旭川空港C.R.C.、青森C.R.C.、福島郡山C.R.C.、成田空港C.R.C.、名古屋セントレア空港C.R.C.、金沢 C.R.C.、福井 C.R.C.,大阪C.R.C.、京都C.R.C.、兵庫尼崎C.R.C.、岡山C.R.C.、広島C.R.C.、山陰鳥取C.R.C.、沖縄C.R.C.をグループ傘下に収める日本最大級のキャンピングカーレンタルサービスです。はじめての方でも手軽にキャンピングカーの魅力を体験でき、行き先、用途、ご利用人数に合わせ、お好みの車種をお選びいただけます。

    JAPAN C.R.C.予約サイト: https://japan-crc.com/

    <会社概要>
    【キャンピングカー株式会社】   URLhttps://camping-car.co.jp/
    ■代表者 代表取締役社長 頼定 誠
    ■本社 東京都千代田区神田神保町1-24 ハクバビル3F

    ■設立 2009年10月30日
    ■社員数 15人(2020年5月31日現在、契約社員含む)
    ■資本金 10,000,000円
    ■事業内容 キャンピングカーレンタル事業/アウトドアメディア事業/農業IoT事業/ペットポータル事業/防災事業/防犯事業/インバウンド事業 他
    ■顧問 早稲田大学大学院 教授 根来龍之
    岩田合同法律事務所 弁護士 中村 忠司



    配信元企業:キャンピングカー株式会社

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    『レンタルキャンピングカーライフ』 掲載店舗数が130店舗を突破! 利用者の利便性向上を目指す

    これいいですね!

    確かに近くに借りれる店舗増えましたね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【『レンタルキャンピングカーライフ』 掲載店舗数が130店舗を突破! 利用者の利便性向上を目指す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    株式会社ワンズネットワーク(千葉県習志野市)は、「できるだけ多くのお客様に安心と満足と感動を提供する」ことを経営理念の一つに掲げ、レンタカー事業を主軸としながら、地域の新しい魅力発信が可能となるキャンピングトレーラー「MobiHo」( https://mobiho.jp/ )を活用した事業を展開しています。

    今回、ウィズコロナの時代に日常的に必要とされる新たな用途として、キャンプ場→商業施設へと需要創出を図り、テレワークweb会議、少人数での食事会など、時間貸しに特化した商品『MobiRoom』をリリースします。

    イオン幕張にMobiRoomはあります

    イオン幕張にMobiRoomはあります

    MobiRoom: http://www.ones-rent.com/static/mobiroom/

    第一弾として、イオン幕張店内1階にあるオークニ商事株式会社(東京都荒川区西日暮里5丁目34-2)が運営するイタリアンレストラン「PECORINO(ペコリーノ)」(千葉県千葉市美浜区ひび野1-3)店舗前にて2台の『MobiRoom』を2020年10月16日より3ヶ月間、試験的に運用開始します。

    オープン時提供価格として『MobiRoom』使用料は1台1時間550円。利用時間は11:00-21:00で、既存の「MobiHo」予約システムから予約と事前決済が可能。「PECORINO」側のメリットして、平日のビジネス利用の強化と、キャンピングトレーラーの中で食事ができるという、街の中でもファミリーアウトドア感覚で食事が楽しめるサービスで他店との差別化を図ります。今後、『MobiRoom』利用者のみが注文できる「PECORINO」が手がけるオリジナルアウトドア料理のコースや特別ランチセットなども展開予定です。

    『MobiRoom』は大人が立ち上がって歩ける充分な高さと、エアコン、セミダブルベッドにもなるソファ、テーブル、二段ベッド冷蔵庫、コンセントが備え付けられており、大人3名子供1名、もしくは大人2名、子供3名が利用できる充分なスペースが確保されています。仕事の合間にちょっと仮眠がとりたい等のニーズなどにも快適な空間で過ごすことができます。また、『MobiRoom』と同型のトレーラーを使った滞在型モデル「MobiHo」は現在、全国30ステーションにて稼働しており、キャンプ場や、カフェ、牧場や駅の敷地、美術館の敷地等、普段滞在ができない場所に設置し、特別な滞在体験をしてもらうことをコンセプトに展開中です。

    今後はテレワーク等に必要な備品なども充実させながら、ウィズコロナ時代に必要とされる商品として『MobiRoom』がさまざななシーンや状況に応じた展開ができるよう、取り組んでいきます。

    <会社概要>

    株式会社ワンズネットワーク

    所在地: 〒274-0071 千葉県船橋市習志野1-8-1

    設立 : 1995年10月2日

    代表 : 代表取締役 島 一徳

    URL  : http://www.ones-network.co.jp/

    イオン幕張にMobiRoomはあります


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ワンズネットワーク、コロナ禍キャンピングトレーラー 『MobiRoom』でレストランの食事を提供!イオン幕張店で開始

    これイイですね!!

    キャンピングトレーラー体験したいですね!





    <このニュースへのネットの反応>

    【ワンズネットワーク、コロナ禍キャンピングトレーラー 『MobiRoom』でレストランの食事を提供!イオン幕張店で開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    車中泊スペースとキャンピングカーを含む車中泊仕様の車のシェアサービスなど「バンライフ※」のプラットフォーム事業を展開するCarstay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮下晃樹)は、新型コロナウイルス感染症などの災害・非常事態時、キャンピングカーやキャンピングトレーラーなど、モビリティ(移動体)を“インフラ”として貸し出すプロジェクト「バンシェルター」が、東京都新型コロナウイルス感染症緊急対策 新事業分野開拓者認定制度(東京都トライアル発注認定制度)に採択されたことを発表いたします。「バンシェルター」は、車での「旅ライフスタイル」を提案する株式会社CarLife Japan(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:野瀬勇一郎)と共同運営しているプロジェクトです。

    東京都では、都内中小企業者が開発した新型コロナウイルスなどの感染症拡大防止に資する新規性の高い優れた新商品やサービスの普及を支援するため、新規性や独自性など、東京都が定める基準を満たす新商品などを認定してPRなどを行うとともに、その一部を試験的に購入し、評価する「新型コロナウイルス感染症緊急対策 東京都トライアル発注認定制度」を実施しています。都内中小企業の販路開拓を支援するとともに、新商品などの普及拡大により、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図ります。

    「バンシェルター」は、コロナ禍などの災害時、Carstayのキャンピングカーや車中泊仕様の車のカーシェア「バンシェア」を主なプラットフォームとして、遊休しているレジャー用のキャンピングカーを、医療や災害現場へ派遣し、医療従事者や災害支援スタッフ等の休憩や事務作業スペースとして、無償や有償で提供するものです。今回、「バンシェルター」が災害時の“動くインフラ”として役立つことから、CarstayとCarLife Japanは本制度に申請し、東京都が採択しました。キャンピングカーなど車中泊仕様の車は、新たなインフラを建てることなく、ホテルのような滞在空間を迅速に用意することが可能で、3密や不特定多数の人との接触回避に有効です。

    今年4月15日から9月30日に実施した、2台のキャンピングカーなど車中泊仕様の車を無償で医療機関などに貸し出すプロジェクト「バンシェルター」では、東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県静岡県熊本県福岡県にある27箇所の医療機関に53台のキャンピングカー、キャンピングトレーラーを提供しました。多くの医療機関では、駐車スペースにキャンピングカーなどを配置し、PCR検査場含めた病床や診察、患者の待合室、医者・看護師など医療関係者の休憩スペースなどとして利活用しました。熊本県では、今年7月の豪雨で被災した人吉市を中心に、災害時に子供を支援する現場にスタッフの休憩・待機・仮眠スペースとして、2台のキャンピングカーを無償で貸し出しました。

    また、クラウドファンディングを介して、本プロジェクトの助成支援を全国各地の車旅、アウトドア、キャンピングカー所有者などの関係者や賛同者から合計8,024,402円の協力資金を調達しました。・CAMPFIREサイト【新型コロナ収束後の楽しみが支援に繋がる】キャンピングカーで医療現場を支援しよう:https://camp-fire.jp/projects/view/257173
    「バンシェルター」は、「バンライフ」のリーディンカンパニーとしてCarstayが社会貢献活動の一環として、最前線で闘う医療関係者を支援する目的で、同社サービス「バンシェア」を軸に、キャンピングカーのレンタル会社や保有者と共に、新型コロナウイルス感染症の早期収束に向けて支援し、再び車旅・バンライフを楽しむことができる社会を取り戻すために発足したプロジェクトです。

    一般社団法人日本RV協会によると、キャンピングカーの国内保有台数は約12万台と右肩上がりで、過去15年間で2倍も増加しており、Carstayでは、そのほか車中泊仕様の車を含めると、全国各地で200~300万台の“バン”があると推定、「緊急事態宣言」の外出自粛を受け、活用されず放置されている“遊休状態”のキャンピングカーや車中泊仕様のバンなどの「バンシェア」登録を加速することで、今回のような緊急事態時での利用促進を図ります。・バンシェア車両登録サイト:https://carstay.jp/ja/holder
    仕事や旅をしながら生活や人生を送る新たな“ライフスタイルや車旅「バンライフ」の拠点となるキャンピングカーや車中泊仕様の車“バン”などの「モバイルハウス<動く家>」は、固定された家と同じように水・電気・ベッドなどを備えた動く快適な空間なため、場所問わず、移動させ、あらゆる状況下で、応用した利活用が可能です。

    医療分野では、診療・治療・待合・休憩・隔離向けの快適なシェルターとして有効活用することができます。東日本大震災熊本地震の際も、キャンピングカー業界が被災地に車両を提供し、復興支援に貢献した事例があり、今回も同様の支援が医療現場から求められています。

    医療機関は、キャンピングカーを移動型の医療施設として応用利用することで、緊急時の一時的利用のために新たな施設建設に莫大な投資を避けることができます。

    新型コロナウイルス感染の拡大を受け、海外では既に、キャンピングカーを“シェルター”として利活用している医療施設や、ウイルス感染から隔離するためにキャンピングカーを利用する人たちが増えています。Carstayは車中泊仕様の車を個人間で共用するカーシェアサービス「バンシェア」を展開し、従来のキャンピングカーのレンタル会社以外に、スポンサー、個人からもキャンピングカーの登録を募り、より多くの医療施設に車両提供で貢献できることから、「バンシェルター」を立ち上げました。
    Carstay株式会社は「誰もが、好きな時に、好きな場所で、好きな人と、一緒に過ごせる世界をつくる」というミッションを掲げ、“移動”を基盤にあらゆるサービスを提供する概念「MaaS(Mobility as a Service)」領域で新しい旅と暮らしのライフスタイル「VANLIFE(バンライフ)」をテーマに事業を展開するスタートアップ企業です。今後、5G・自動運転社会の到来で必要となる「快適な移動」と「感動体験」を「VANLIFE」プラットフォームの提供を通じてデザインします。2018年6月に創業。(https://carstay.jp/
    株式会社CarLife Japanは、日本をもっとクルマで旅をすることの楽しさ、そのノウハウをお伝えする企業です。2020年2月に創業。(http://kurunabi.jp/

    配信元企業:Carstay株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    モビリティによる防災インフラ「バンシェルター」東京都トライアル発注認定制度に採択


    これ最高ですね!!

    バンシェルター使えますね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【モビリティによる防災インフラ「バンシェルター」東京都トライアル発注認定制度に採択】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    バンライフスタイルDream Driveのキャンパーをレンタルいただくと、コールマンの最新アイテムが車内アメニティとして無料で付属します。
    株式会社Dream Drive」は、バンライフスタイルにカスタムビルドしたキャンピングカーのレンタルを行うスタートアップ企業です。この度、アウトドアブランド大手の「コールマン ジャパン株式会社」とのコラボレーションを実現いたしました。

    『Van Life(バンライフ)』とは、欧米で人気沸騰中のDIYでカスタムしたキャンピングカーで過ごすライフスタイルです。そんなライフスタイルレンタカーとして体験できるのがDream Driveのキャンピングカーの魅力です。さらにDream Driveでは、軽自動車からフルサイズハイエースまで、すべての車両にホテルグレードの寝具を採用し、“旅するホテルルーム”として快適な宿泊環境を実現しています。
    今回のコールマン ジャパンとのコラボレーションにより、車内で快適に過ごせるよう設計されたDream Driveのキャンパーを、車外でもより快適に過ごせるようになりました。これまで以上に、旅先での時間の過ごし方やアクティビティに選択肢を与えてくれます。
    “実際にDream Driveのキャンパーと一緒にコールマンのプロダクトを体感していただき、その優れた点に触れていただきたいと思っています。アウトドアシーンの食事やリラックスする際に、コールマンのチェアテーブルは欠かせない存在です。信頼性の高いプロダクトだからこそ、上質なキャンプを味わうことができます。“

    ジャレッド カンピョン(Dream Drive ファウンダー)
    https://www.dreamdrive.life/

    【付属するコールマン製品】

    ・リラックスフォーディングベンチ

    コンパクトフォーディンチェア

    フォーディングリビングテーブル 120

    配信元企業:株式会社Dream Drive

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    キャンピングカーレンタルのDream Driveがコールマン ジャパンとのコラボレーションを発表。車内アメニティに無料で最新Coleman(R)製品が付属!

    これキャンピングカーについているの助かりますね!!

    これなら自分で準備しなくても大丈夫ですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【キャンピングカーレンタルのDream Driveがコールマン ジャパンとのコラボレーションを発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンピングカー、車中泊用の車両をレンタル事業展開をする「RV-Village」(運営会社:有限会社ラムタス)は所在地の大阪府四條畷市が新型コロナウイルス感染症対策として市内で利用できる「なわてみんなで頑張ろう商品券」を配布するにあたって利用可能な「取扱店舗」として登録されました。
    令和2年10月1日~令和2年12月31日までの期間でキャンピングカーレンタル利用代金のお支払に対してこの商品券を利用する事が可能となります。
    対象期間が秋の行楽シーズンと重なるためキャンピングカーを利用したことのない人にとっても快適にご利用頂ける季節です。

    ハイエースワゴンをベースにしたキャブコンタイプ
    <初めてキャンピングカーを使うと言うユーザーが多い為、車内装備はシンプルに使い勝手の良い様にオリジナルで改良しております>


    新型コロナウイルス感染症の流行により、これまでの旅行スタイルが大きく変わろうとしております。これまではより早く目的地に到着するために、飛行機新幹線、より手頃な価格で移動できる高速バス深夜バスでの移動など他人とソーシャルディスタンスを取りにくい手段での移動が特に問題なく行われていたが、新型コロナウイルス感染症が拡大するにつれてその様な移動手段を避け、安全で安心な移動手段を求める動きが顕著に表れております。そこで注目されているのがキャンピングカーでの旅行スタイル普通車と違い移動能力+車中泊能力を兼ね備えたキャンピングカーで旅行すれば、公共交通機関や宿泊施設を利用せずに出来るだけ人と接触を避けられると考えられて需要が拡大しております。
    オプション品のレンタルも充実しており手ぶらでキャンプが楽しめます>
    コンパクトな軽キャンピングカーは最近はやりのソロキャンプに利用されています>

    RV-Villageは、キャンピングカーレンタル店として手軽に利用出来る「軽キャンピングカー」から小型トラックをキャンピングカーに改造した本格的な「キャブコン」と呼ばれるタイプまで多彩な車種をレンタルしている。
    その他、オリジナル車両の製作やキャンピングカー専用品の販売・取付・修理・車検などキャンピングカーの一連の流れを自社で行っている。
    キャンピングカーの利用が初めての方にも使いやすく、不具合の発生しにくいようにと独自の改善をしており顧客目線のサービスを展開している。
    これまでもアメリカニュージーランド北海道も含めて季節を問わずにキャンピングカーで旅をしてきているオーナーによるサービス初心者の方でもキャンピングカーの旅の楽しさを体験する事が出来る。

    配信元企業:有限会社ラムタス

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    なわてみんなで頑張ろう商品券を利用してレンタルキャンピングカーで密を避けた旅行を楽しもう!


    これ最高の商品券の使い方ですね!!





    0円でんき



    <このニュースへのネットの反応>

    【なわてみんなで頑張ろう商品券を利用してレンタルキャンピングカーで密を避けた旅行を楽しもう!】の続きを読む

    このページのトップヘ