campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ自動車 > キャンピングカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンピングカーを含む車中泊仕様の車と車中泊スポットのシェアサービスなど「バンライフ」のプラットフォーム事業を展開するCarstay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮下晃樹)は、車を“動く家”として働く・遊ぶ・暮らしの拠点とする新たなライフスタイル「バンライフ」の社会への浸透の加速・本格化するために、家屋内の快適かつ基本的な生活基盤を利用することができ、長期滞在が可能な車中泊スポット“住める駐車場”「バンライフステーション」の提供を本日より開始しました。同時に「バンライフステーション」運営ホストの公募を全国で開始します。

    石川県穴水町川尻に位置する「田舎バックパッカーハウス」の 初代「バンライフ・ステーション」自身の部屋は車(手前)、家屋の共有スペースや設備を利用することが可能
    「バンライフステーション」とは、主に箱型の車<バン>を拠点に、仕事と旅を両立しながら長期間、生活<ライフ>するライフスタイル「バンライフ」を送るバンライファーが、快適に長期滞在できる車中泊スポット・駐車場です。現在、Carstayに登録された「バンライフステーション」は合計12カ所です。

    「バンライフステーション」は、不動産<固定された家>と、車が動くことが“可”能な不“動産”“可動産”<車中泊仕様の車“動く家”>の融合拠点で、バンライファーは車を自身の“部屋”として駐車し、同じ敷地内または近隣の家屋のキッチンやダイニング、シャワー、洗面所、電気設備、ごみ処理、郵送物の受け入れなど、普段生活する上で最低限必要となるスペースや設備を利活用することができるため、快適な車中泊生活を送ることができます。ステーションによっては、リビング、ワークスペースなどの利用も可能です。

    車を“部屋”とした長期の拠点、別荘、リモートワーク、地域エリアの長期旅の拠点などとして利用可能。期間は2週間からで、料金は1車両・約1万円+実費(人数に応じて料金変更)から(利用期間の上限や料金は運営者によって異なります)。
    テレワーク/リモートワーク、ワーケーションの拠点としても利用可能。プライベート空間や寝床は、車中泊仕様の車。
    • 「不動産」と「可動産」がドッキングする世界へ
    これまで「Carstayステーション」「道の駅」「RVパーク」「オートキャンプ場」など、短期間または一時的に車中泊/仮眠ができる車旅人向けや、アウトドアを楽しむ施設はありましたが、長期間、旅先で“自宅にいるかのような”感覚で車を駐車して、快適な“車中泊生活を送れる”バンライファー向けの施設は国内にありませんでした。

    昨今、車のEV・自動運転化や「動くホテル」「動くオフィス」「動く家」など、車が「可動産」となる未来が近づき、自動車は移動手段だけでなく、車内や車体を改装することで用途が変化する「動くX」へと進化、車と人々の暮らしは、これまで以上に密接になることが予想されます。既存の自動車を応用して、キャンピングカー、トラックの荷台に住居のような“くつろぎ”空間を載せて旅や仕事をするバンライファー数は国内で数百人~数千人規模と推定しています。
    人が車で過ごす時間が増えると同時に、今後 バンライファーが増加、Carstayでは、現代のテクノロジーと日本の豊かな生活インフラを活かした、バンライファー向けの生活拠点「バンライフステーション」の全国的な整備が必要と考えました。

    今後、ワーケーションの“足”や“宿”としてキャンピングカーや車中泊仕様の車を走らせる人々も増え、車を別荘“動く家”として想像する人たちが多くなるとも推測していることから、「バンライフステーション」の需要が増加すると見込み、サービス開始に至りました。地震・洪水など災害時でも役立つ施設、東京に集中した人口を分散する一つの鍵となる基盤施設になるとも見込んでいます。
    既に、石川県能登地方の穴水町川尻地区では、2019年12月から、シェアハウス「田舎バックパッカーハウス」で日本初の「バンライフステーション」を開始。

    2020年コロナ禍緊急事態宣言で行き場を失った横浜の家を売却しキャピングカーに“引っ越した”夫婦が3カ月、全国を長期間車中泊旅しながら仕事と生活を送る夫婦2組が1カ月間、“動くオフィス”としてバンを改装し出張旅するバンライファー会社員が3週間滞在するなど、バンライファー向けの快適な生活基盤として役立つ施設となっています。
    滞在希望者は、名前、連絡先、滞在希望先などの必要事項を記入し応募、運営ホストに問い合わせ後、対面やビデオ会議面談を行い、入居することが可能です。(フォームはこちら:https://share.hsforms.com/1DDiqFGmFQJO3eVJtYlTbOw3jx43

    < バンライフステーション13箇所 (2021年1月15日現在)>

    北海道】 RVパーク 知床清里町ウエネウサルみどり
    https://carstay.jp/ja/stations/hokkaido/station/5c091a8e2745855e5795160a

    千葉県九十九里浜<トトノイ古民家>
    https://carstay.jp/ja/stations/kanto/station/5f9248b66e35023fdd13ddbf

    東京都】 三軒茶屋のモテアマス
    https://carstay.jp/ja/stations/kanto/station/6001029165dd00f5c1a4c40c

    石川県】 田舎バックパッカーハウス <1>
    https://carstay.jp/ja/stations/chubu/station/5c4489671e56c84f1bb63b7c

    石川県】 ぼりちゅに邸(リバ邸能登)
    https://carstay.jp/ja/stations/chubu/station/5d7999faa9d7d30b2a29cbe1

    長野県】 しの389安曇野ステーション(camping out in the car Azumino)
    https://carstay.jp/ja/stations/chubu/station/5dc7a1f219e3133903948b44

    山梨県LivingAnywhere Commons 八ヶ岳
    https://carstay.jp/ja/stations/chubu/station/5ec78a1f92c0a60027e57751

    山梨県シェアハウス彩(リバ邸山梨)
    https://carstay.jp/ja/stations/chubu/station/5e13e44d3aadeb54cd8ff47e

    滋賀県】 ファームステイ近江
    https://carstay.jp/ja/stations/kansai/station/5ca40f43d949041f8803f514

    奈良県ゲストハウス大淀
    https://carstay.jp/ja/stations/kansai/station/5c3514564bf36a679c6a0bf8

    京都府】 京都アボガドヴィレッジシェアハウス
    https://carstay.jp/ja/stations/kansai/station/5eaeca4ea4709f0027730cf1

    大阪府】 里山ベースハナビ
    https://carstay.jp/ja/stations/kansai/station/5c076a5a2745855e57951607

    兵庫県】 古民家ステーション(播磨CASAGOYA)
    https://carstay.jp/ja/stations/kansai/station/5e6f16fbb2754ee7670f37f1
    「バンライフステーション」運営ホスト希望者は、車中泊スポット「Carstayステーション」として駐車場や空き地を登録後、24時間利用可能なトイレやキッチンなど生活する上で最低限必要となるスペースや設備を満たしていることを確認し、Carstayのホームページの問い合わせフォームなどから応募することが可能です。「バンライフステーション」のプラットフォーム仲介手数料は20%です。(問い合わせURLhttps://carstay.jp/ja/contact

    また、Carstayは株式会社リバ邸と連携し、車中泊スポット「Carstayステーション」と、“住める駐車場”「バンライフステーション」の全国的な拡大を図ります。

    Carstayでは今後も未来のライフスタイル「バンライフ」の社会浸透を目指し、事業を展開、バンライファーが快適に生活できるプラットフォームを整備・提供します。
    Carstay株式会社は「誰もが好きな時に、好きな場所で、好きな人と過ごせる世界をつくる」というミッションを掲げ、移動を基盤にあらゆるサービスを提供する概念「MaaS(Mobility as a Service)」領域で新しい旅と暮らしのライフスタイル「バンライフ」をテーマに事業を展開するスタートアップ企業です。(https://carstay.jp/

    配信元企業:Carstay株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Carstay、長期間 車中泊滞在できる“住める駐車場”「バンライフ・ステーション」全国展開、同時に運営ホストの公募開始


    これチャレンジしたくなりますね!!

    理想的な生活できますね!!


    WAQ インフレータブル式マット 8cm

    <このニュースへのネットの反応>

    【Carstay、長期間 車中泊滞在できる“住める駐車場”「バンライフ・ステーション」全国展開、同時に運営ホストの公募開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Image: MINK

    大きな丸窓がオシャレ

    コロナ禍で以前より人気が出たというアウトドア。駐車スペースやお財布に余裕があれば、キャンプトレーラーを牽引して、その中で夜空を見ながら暖かく床に就く…なんてこともしてみたいですよね。

    そこでご覧いただきたいのが、アイスランドまれのキャンプトレーラーMink Camper」です。

    エアロダイナミックなボディーが未来的で、カッコ良さとカワイさが同居するだけでなく、中はふたりで寝ても広々。後部には調理に充分な広さの台所を備えているので、世界中どんな場所でも楽しいアウトドア生活を送ることができます。

    しかも、太陽光発電でエアコンやスマホの充電もバッチリ。

    極寒の地でも中は温か

    こう見えても実質重量は490kg(総重量は750kg)と軽いキャンパーなので、小さな自動車で引っ張っても大丈夫マットサイズクイーンなので大きく、2段ベッドになっているので子供が寝たり、キャンプ用品や衣類を詰め込んでもOK。外装は30mmABSプラスチックと、19mmの絶縁体アーマフレックスが使われているので、氷点下でも室内は暖かく過ごせます。

    約2.8m長のカプセル

    カプセルの長さは2,811mmで、牽引部分も含めると全長は4,116mm、幅は2,080mmで高さは1,829mmとなっています。比較的コンパクトなのに、機能的というのがイイですね。

    価格は要問合せらしく、現在は欧州で予約受付中だそうです。こういうのがあれば、外が寒くとも自粛期間にアウトドアでが満喫できそうです。欲しいなぁ。

    Source: YouTube (1, 2), Instagram via MINK via designboom



    (出典 news.nicovideo.jp)

    調理も寝泊まりも快適。未来的で可愛いアイスランド製のキャンプ用トレーラー「Mink Camper」

    このトレーラー可愛いですね!!

    1分設置1分収納の タープ テント【WAQタープテント】

    <このニュースへのネットの反応>

    【調理も寝泊まりも快適。未来的で可愛いアイスランド製のキャンプ用トレーラー「Mink Camper」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    詳細画像はこちら

    メーカー系の「ライトキャンプ」市場がさらに広がりそう

    editorTaro Ueno(上野太朗)

    リアルショー新型コロナウイルス感染拡大の影響で急遽中止となり、当初から予定されていたバーチャルショー1本化となった、東京オートサロン2021。

    昨年末のクリスマスダイハツが公開した事前情報では「タフト・クロスフィールドVer.」がリフトアップフロントガード、そしてルーフキャリアでキメた。また、軽トラシェアナンバー1のハイゼットは、軽キャンパー仕様「ジャンボ・キャンパーVer.」として大型ルーフキャリアを搭載した。

    詳細画像はこちら
    ダイハツ・ハイゼットジャンボ・キャンパーVer.    ダイハツ

    これらは、かなり思い切ったカスタムであり、アフター系で量産してもけっこうコストがかかりそうだ。

    年が明けて、ホンダのカスタマイズ特設サイトでは「フィットe:HEVクロスオーバー・カスタム」が登場。ルーフにはヤキマ(YAKIMA)製のルーフキャリア採用など、こちらの各種パーツディーラーオプションでも購入できそうな雰囲気がある。

    今後、各自動車メーカーの出展内容が明らかになるが、トレンドとして見えてきたのはクルマ主体の「ライトキャンプ」だ。

    ここ数年、キャンプブームでスノーピーク、コールマン、モンベル、ロゴス、小川キャンパルといったテントやキャンプダイニング・グッズの販売が伸びている。そこに、クルマ主体というイメージが強化されそうだ。

    ディーラー起点でメーカーもやる気に

    これまでキャンプ絡みの主体となるクルマは、キャンパー・メーカーが独自改良した、いわゆるバンコン(バン・コンバーチブル)や、キャブコン(キャブ・コンバーチブル)だった。

    自動車メーカーとしては、車両に対するメーカー保証や車検対応の観点から、キャンパーへのコンバージョンに対して慎重な姿勢を崩してこなかった。

    詳細画像はこちら
    ホンダ・フィットe:HEVクロスオーバー・カスタム    ホンダ

    だが、キャンプブームの一環として、または災害時に対する予防という観点から「車中泊」への関心が高まり、さらにコロナ禍リモートオフィスや自宅の庭や駐車場でのホームキャンプなど、ライトキャンプ感覚(ライトキャンプ)というトレンドが見えてきた。

    そうしたなかで、デザインコンセプトとしての提案に加えて、ユーザーが新車ディーラーを通じて購入可能なライトキャンプ仕様も徐々に増えてきた。

    例えば、トヨタ系では、神奈川県のKTグループ神奈川トヨタなど)やウエインズ・グループ(横浜トヨペットなど)などがキャンパーの展示販売を始めている。

    メーカーとしても今後、クルマの電動化が進み、ハイブリッドプラグインハイブリッドでの外部給電機能の標準装備やメーカーオプションの強化、またディーラーオプションでの内外装でライトキャンプパーツの拡充を進めることになりそうだ。


    今すぐ買えるライトキャンプ・ベース車

    では、メーカーが現在、正規に全国販売している現行車の中で、ライトキャンプベース車として注目のモデルを紹介する。

    まずは、バンコン王道のハイエースだ。

    詳細画像はこちら
    日産NV350キャラバンマルチベッド    日産

    ロングバン/標準ボディ/標準ルーフでフル装備のスーパーGLを選ぶもよし。または、予算を抑えてDXベースSNSユーチューブなどで巷の情報を集めながら100円ショップグッズ活用し手軽カスタマイズするもよし。

    一部の立体駐車場での車高に対する若干の不安は残るが、空間の拡充ではワイドボディ/ミドルルーフも見逃せない。

    また、メーカーオプションでは、モデリスタの「mRTマルチ・ロール・トランスポーター)」は追加オプションも豊富だ。個人的には2017年ハイエース50周年記念に登場した、レトロ調なコンプリートカー「リラクベース」の復刻を期待したい。

    ハイエースより小ぶりなベース車としては、タウンエースがある。2020年モデルチェンジエンジンパワーアップや操縦安定性の向上もあり、キャンパー向けディーラーオプションの拡充が望まれる。

    日産もこれに対抗してきた。NV350キャラバンでは2020年9月に「マルチベッド」に加えて、11月にはプレミアムGXの特別仕様車ブラックギアも登場。それにあわせて、スペシャルサイトの「車中ライフを楽しむ人の~車中HACK」を公開している。


    王道のさらなる活用

    軽の王道はもちろん、ホンダNバンだ。

    商用車、さらにライフスタイル系での「プラススタイル」を提案したことの意義は大きい。

    詳細画像はこちら
    ホンダNバン・カスタム・サードプレイス・バン    ホンダ

    多彩なオプションパーツは周知のとおり。実用面で注目したいのが外部電源入力キット。5mのケーブル付きでオートキャンプ場の設備と接続し、エンジン停止状態でAC100V/最大1500Wが使える。

    そしてミニバンの王道はもちろん、三菱デリカD:5だ。

    ディーゼル四駆ミニバンという、唯一無二の存在で、本格キャンプからライトキャンプまで守備範囲は広い。三菱としては、そんなデリカ神話からアウトランダーPHEV、そして2020年12月発売のエクリプスクロスPHEVへの波及効果を狙いたいところだ。アウトランダーの次期モデルで搭載の新PHEVシステム搭載のD:5移植は、早くても2023年頃か? 

    また、もう1台の注目は、トヨタ・ハイラックスだ。サーファー仲間を中心に日本でレジャーユースが一気に増えてきたピックアップトラックである。今後の参考となるのが、米トヨタがアフター系自動車ショーのSEMAショーで出展した「TRDスポーツトレーラー」だ。

    ルーフテントを含めた車載キャンプグッズをけん引する形。日本では道路事情から活用に制約があるが、ハイラックス好きの新たなる提案として日本でも参考になりそうだ。

    バーチャル東京オートサロンは、2021年1月15日9時スタートである。


    トヨタの記事
    【流行はキャンプ】各社が本気 ライトキャンプ車 オートサロンでも増加 いますぐ買えるベースモデルは?
    【軽の電動化、本当に受入れられる?】遅くとも2030年代半ば義務化が確定 メーカー/消費者どう対応
    【1年越しの導入】トヨタGRスープラ 2.0Lモデル、英国で発売 258ps
    【9月からずっと1位!】12月の自動車販売ランキング トヨタ・ヤリス首位 2020年通年のトップは?

    ホンダの記事
    【流行はキャンプ】各社が本気 ライトキャンプ車 オートサロンでも増加 いますぐ買えるベースモデルは?
    【Nボックスをホンダが緊急調査】ユーザー・非ユーザー1000人アンケート 興味深い「価格」に関する結果とは?
    【ホンダ最後のガソリン車?】新型ホンダ・シビック・タイプR 電動化せず
    【全く新しいデザインに】新型ホンダHR-V、プロトタイプ発見 ヴェゼルの海外版 2022年登場へ

    ダイハツの記事
    【流行はキャンプ】各社が本気 ライトキャンプ車 オートサロンでも増加 いますぐ買えるベースモデルは?
    【軽の電動化、本当に受入れられる?】遅くとも2030年代半ば義務化が確定 メーカー/消費者どう対応
    【攻めてる!】ダイハツ 東京オートサロン2021に出展予定だったカスタムカー4台 驚き/トレンド融合
    【ジムニー対抗は本当に出る?】ホンダNボックス独走の軽自動車市場 2021年以降をを大予想 電動化は

    ■日産の記事
    【流行はキャンプ】各社が本気 ライトキャンプ車 オートサロンでも増加 いますぐ買えるベースモデルは?
    【見惚れてしまうフォルム】日産「GT-R50 by イタルデザイン」テストカーをニッサン・クロッシングに展示 -3/31
    【ユーザー・メリット少ない】日産ノート 燃費スペシャルにご用心 不毛な「数値」競争、いつまで続く?
    【ジムニー対抗は本当に出る?】ホンダNボックス独走の軽自動車市場 2021年以降をを大予想 電動化は

    ■三菱の記事
    【流行はキャンプ】各社が本気 ライトキャンプ車 オートサロンでも増加 いますぐ買えるベースモデルは?
    【軽の電動化、本当に受入れられる?】遅くとも2030年代半ば義務化が確定 メーカー/消費者どう対応
    【EVの敵はハイブリッド?】そもそも「EV一択」疑問 HVで技術を磨き、二次電池コスト次第で本腰を
    【使いまわしにも事情がある?】同じ車名だけど全く別のクルマになったモデルたち SUVクラウンは許せる?

    【流行はキャンプ】各社が本気 ライトキャンプ車 オートサロンでも増加 いますぐ買えるベースモデルは?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【流行はキャンプ】各社が本気 ライトキャンプ車 オートサロンでも増加 いますぐ買えるベースモデルは?


    これ可愛いですね!!

    軽キャンピングカー欲しくなりますね!!

    うちも改造しようかな笑笑



    <このニュースへのネットの反応>

    【【流行はキャンプ】各社が本気 ライトキャンプ車 オートサロンでも増加 いますぐ買えるベースモデルは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    車中泊もテントも辛い冬! ぬくぬく状態の「キャンピングカー」最強説は本当か?

    テクニックも難しいキャンプギアも不要

    「冬にアウトドアですか?」そんなハトが豆鉄砲くらったような顔をしているアナタ、キャンピングカーではそんな考えは改めた方が良いかもしれませんよ。確かに普通のキャンプでは、冬なんて正直トンでもなかったですね。押し寄せる寒波に、薄い布地のテントの中では命がけ。寝袋だけでは寒くて、奥歯がカスタネット状態でカタカタと・・・・・・睡眠どころではなくて寝不足に。

     車中泊でも気がつくと外気温が下がっていて、夜中に寒くて目が醒めてしまう事があります。普通車はキャンピングカーとは違い、断熱材がたっぷりと入っている訳ではなく、FFヒーターなどもなく、ガラス窓なども一重で、マルチシェードなどがなければ、びっしり結露するくらいに冷たいのです。キャンピングカーは冬こそ大活躍

    「眠るんじゃない!パンパンパンッ!」と映画の一場面の様な状況にならないような装備と、そんな寒いところに行くんだ、という覚悟が必要です。仮にあまりに寒いので、エコに反してエンジンをかけてヒーターをつけても、雪が降ってきた場合は、積もった雪に排気管が塞がれて一酸化炭素中毒になる恐れがあります。キャンピングカーは冬こそ大活躍

     最近はRVパークの電源で電気ヒーターを使っている人がいますが、ただでも狭い車中で、毛布がヒーターの上に被さってしまう可能性もあります。それから皆さん、ご自身が思っているよりも、往々にして寝相は良くないので、大火傷する恐れもあります。キャンピングカーは冬こそ大活躍

     冬では、ご飯をつくるにも、水は手がスパッと切れる位に冷たいし、なんでこんなに辛い思いをしてまで・・・・・・と泣きべそをかきたくもなります。

     普通のアウトドアでは上級者向けの冬シーズン。ところが、キャンカーなら、こんな苦労も、テクニックも難しいキャンプギアも不要です。まさに「寒くもなけきゃ睡眠不足にもならない! キャンピングカーは冬こそ大活躍という衝撃」という事なんです。

    The post 車中泊もテントも辛い冬! ぬくぬく状態の「キャンピングカー」最強説は本当か? first appeared on AUTO MESSE WEB.

    キャンピングカーは冬こそ大活躍

    キャンピングカーは冬こそ大活躍

    キャンピングカーは冬こそ大活躍

    キャンピングカーは冬こそ大活躍

    キャンピングカーは冬こそ大活躍

    キャンピングカーは冬こそ大活躍

    キャンピングカーは冬こそ大活躍

    キャンピングカーは冬こそ大活躍

    キャンピングカーは冬こそ大活躍

    キャンピングカーは冬こそ大活躍

    キャンピングカーは冬こそ大活躍

    車中泊もテントも辛い冬! ぬくぬく状態の「キャンピングカー」最強説は本当か?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    車中泊もテントも辛い冬! ぬくぬく状態の「キャンピングカー」最強説は本当か?

    これ本当かな笑笑

    キャンピングカーもFFヒーターないと寒いでしょ笑笑


    3280円/月で使い放題【AQUA STYLE】

    <このニュースへのネットの反応>

    【車中泊もテントも辛い冬! ぬくぬく状態の「キャンピングカー」最強説は本当か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    国内で販売されているキャンピングカーのスペックオーナーなどによるクチコミ評価を比較できる情報サイト「キャンピングカー比較ナビ」を運営するキャンピングカー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:頼定 誠)は2021年1月5日、「キャンピングカー比較ナビ」内で人気のあるキャンピングカーの閲覧数ランキングを発表いたしましたので、お知らせいたします。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■キャンピングカー比較ナビ
    https://japan-crc.com/ccn/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ■□2020年12月キャンピングカー閲覧総合ランキングトップ10 □■
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    [ 1位] N-VAN コンポ (ホワイトハウス) 軽キャン
    https://japan-crc.com/ccn/cardata/n-vancompo/
    [ 2位] キャンパー アルトピアーノ (トヨタモビリティ神奈川乗用車ベース
    https://japan-crc.com/ccn/cardata/camper-altopiano/
    [ 3位] N ボックス + キャンパー Neoホワイトハウス)軽キャン
    https://japan-crc.com/ccn/cardata/n-box-camper-neo/
    [ 4位] ヴォクシー DAYS POP (ホワイトハウス) 乗用車ベース
    https://japan-crc.com/ccn/cardata/voxy-days-pop/
    [ 5位] トム 200 (セキソーボディ) キャブコン
    https://japan-crc.com/ccn/cardata/tom200/
    [ 6位] Puppy480 (キャンパー厚木) キャブコン
    https://japan-crc.com/ccn/cardata/puppy480/
    [ 7位] 給電くんポップアップルーフ (オートワン) 軽キャン
    https://japan-crc.com/ccn/cardata/kyudenkun-popuproof/
    [ 8位] スピナ キャルルックVer, (ナッツRV) 軽キャン
    https://japan-crc.com/ccn/cardata/spinachcallookver/
    [ 9位] 給電クン (オートワン) 軽キャン
    https://japan-crc.com/ccn/cardata/kyudenkun/
    [ 10位] D(でっかい)テントむし Wタイプ (VAN SHOP MIKAMI) キャブコン
    https://japan-crc.com/ccn/cardata/d-tentmushi-w-type/
    ※括弧内表記は製造メーカー






    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ■□ トピックス □■
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    「キャンピングカー比較ナビ」では、登録されている700台以上のキャンピングカーから2020年12月における閲覧数が上位のキャンピングカーランキングを集計しました。

    ■日常使いもできる軽キャンが人気!
    依然新型コロナウイルスが猛威を振っているなか、三密を回避できるキャンピングカーはさまざまなメディアで取り上げられているように人気&注目されています。

    今回の12月ランキングは、1位にランクインした「N-VAN コンポ」や、7位&9位にランクインの「給電クン」など、日常使いができる軽キャンが人気です。

    1位の「N-VAN コンポ」は、ホワイトハウスが手がける軽キャンパー。人気の軽自動車の使い勝手はそのままに、200万円以下という手の届きやすい車両価格と、ポップアップルーフなどの拡張性に優れた車内空間が魅力の1台です。

    さらにホワイトハウスからは「N ボックス + キャンパー Neo」(3位)、「ヴォクシー DAYS POP」(4位)の2車種がランクインしています。

    2位にランクインした「キャンパー アルトピアーノ」は、「トヨタモビリティ神奈川」のモデル

    ポップながらもアウトドアテイストをしっかり感じさせるボディカラーや、本格的な車中泊ベッドとしても使えるリアシートなど、ライトに使えるキャンパーとしての魅力が詰まった1台です。オプションである電源ユニットシンクなどを搭載すれば、快適なキャンパーバンとして活躍が期待できます。

    さらに4WDマニュアルミッションが選択可能となっており、走りにこだわりたい人にもオススメの車となっています。



    一方、キャブコンは、セキソーボディ「トム200」(5位)、キャンパー厚木の「Puppy480」(6位)が人気。キャブコンならではの快適装備と、扱いやすいサイズで、街乗りのしやすいモデルランクインしています。

    コロナ禍では、日常使いを犠牲にすることなくレジャーや車中泊ができるモデルが注目されています。比較的低価格のモデルも多いミニバンベースや軽キャンは、今後も需要があると予想されます。

    最新の総合ランキングはこちら https://japan-crc.com/ccn/viewrank/
    ※常に順位が変動いたします

    ■「キャンピングカー比較ナビ」について
    当サイトは、これからキャンピングカーの購入を検討されている方へ向けた日本最大級のキャンピングカーの比較サイトです。国内・海外を含む700台以上のキャンピングカーを、価格や車両サイズ、就寝人数やオプション装備など、約60種類の項目からスペック比較ができ、どのキャンピングカーが人気かを一定期間の閲覧数を基にランキング形式で表示。気になる車両は実際にレンタルして体験することもできます。



    URL: https://japan-crc.com/ccn/

    【キャンピングカー株式会社概要】URLhttps://camping-car.co.jp/
    ■代表者 代表取締役社長:頼定 誠
    ■本社 東京都千代田区神田神保町1-24 ハクバビル3F
    ■設立 2009年10月30日
    ■社員数 12人(2020年8月1日現在、契約社員含む)
    ■資本金 1000万円
    ■事業内容 キャンピングカーレンタル事業/アウトドアメディア事業/農業IoT事業/ペットポータル事業/防災事業/防犯事業/インバウンド事業 他
    ■古物商許可公安委員会 東京都公安委員会
    ■古物商許可証番号 第 303311704973号

    ジャパンキャンピングカーレンタルセンターJapan C.R.C.)サービス概要】
    Japan C.R.C.」は、東京キャンピングカーレンタルセンターをはじめ、八王子C.R.C.、千葉C.R.C.、新千歳空港C.R.C.、旭川空港C.R.C.、青森C.R.C.、福島郡山C.R.C.、成田空港C.R.C.、静岡空港C.R.C.、名古屋セントレア空港C.R.C.、金沢C.R.C.、福井C.R.C.,長野飯田C,R.C.、大阪C.R.C.、京都C.R.C.、兵庫尼崎C.R.C.、岡山C.R.C.、広島C.R.C.、山陰鳥取C.R.C.、鳥取大山C.R.C.、沖縄C.R.C.をグループ傘下に収める日本最大級のキャンピングカーレンタルサービスです。はじめての方でも手軽にキャンピングカーの魅力を体験でき、行き先、用途、ご利用人数に合わせ、お好みの車種をお選びいただけます。



    JAPAN C.R.C.予約サイト: https://japan-crc.com/

    リリースに関するお問い合わせはこちらまで
    キャンピングカー株式会社
    経営統括:吉田 contact@japan-crc.co.jp
    TEL:03-5577-6245  Fax:03-5577-6246

    配信元企業:キャンピングカー株式会社

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    2020年12月の『キャンピングカー人気ランキング』を発表 コロナ禍で日常使いできる”軽キャン”が人気!


    普段使いも最高ですね!!

    これいいですね!!

    1分設置1分収納の タープ テント【WAQタープテント】

    <このニュースへのネットの反応>

    【2020年12月の『キャンピングカー人気ランキング』を発表 コロナ禍で日常使いできる”軽キャン”が人気!】の続きを読む

    このページのトップヘ