campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ自動車 > キャンピングカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     ここ最近のアウトドアブームを受け「キャンピングカーって本当に居心地が良いの?」と気になっている人もいることだろう。しかし、価格によってもちろん性能は様々だし、駐車スペースなどの条件を含めると、購入するのはなかなか難しい。そんな中で、消費者の疑問を少し解消してくれそうな動画がYouTubeで公開された。

    参考:【写真】それぞれのキャンピングカー 設備の差は?

     動画をアップしたのは、チャンネル登録者数147万人を誇る(※3月30日現在)YouTuberグループきょんくま」。3月29日に公開された動画で、きょん、くま、えいじ、ディーパー、ヘンリーの5人が「激安vs高級 キャンピングカー1泊2日生活」と題した企画を繰り広げた。

     まず5人はじゃんけんを行い、激安キャンピングカー組と高級キャンピングカー組に分かれることに。高級チームにはきょん、えいじが、そして激安チームにはくま、ディーパー、ヘンリーが乗ることとなった。激安チームは“せめて賑やかになれば”という理由で3人乗ることとなったが、これが失敗だった。車内は、大人3人が過ごすには非常に狭く、乗ってみるとメンバーたちは不満たらたら。一方の超高級キャンピングカー(価格:約1500万円)は“これぞ高級”といった内容。ベットにシャワルーム、さらにはキッチンも完備されていて、2人で過ごすには贅沢な空間だ。

     さらにこの動画はオンライン学習サービススタディサプリ」とのコラボ動画になっていて、勉強にちなんだミッションも行われた。ミッション内容は、出演者それぞれが期間内に“魚編の漢字を暗記”して、最後にテストを行うといったもの。勉強方法は高級チームが5分×10(合計50分)、激安チームは50分×1となった。

     高級チームは居心地のよい空間で小まめに勉強を行い、だいぶ集中できている様子。一方の激安チームは夕食を終えた後、深夜に50分集中するという勉強タイムを過ごした。しかし翌日の朝、テストを受けると高級チームの結果は「平均61.5点」、一方の庶民チーム「平均54.6点」だった。

     勝因は勉強方法に加え、やはりキャンピングカーの居心地の良さも影響したのではないだろうか。きょんは「昨日あなたたち(庶民チーム)が勉強していたのを覗いたけど、(深夜でヘロヘロで)死にそうだったじゃん?」と振り返っていた。やはり環境は体力という面に大きく影響するということだろう。

     軽自動車を改造したキャンピングカーと本格的な高級キャンピングカーでは、居心地が段違いだとよくわかる本動画。乗車人数や、使用用途によって適した車は違うため、全員が高級キャンピングカーを意識する必要はない。しかし、購入を考えている人は、一度動画を見てみることで、何か気づくこともあるのではないだろうか。気になる人はぜひチェックしてみよう。

    (中山洋平)

    動画サムネイルより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    キャンピングカーの居心地って本当に良いの? 1泊2日の“天国or地獄”旅で検証

    これ気になりますね!

    試してみたくなりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【キャンピングカーの居心地って本当に良いの? 1泊2日の“天国or地獄”旅で検証】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    詳細画像はこちら

    マツダ・ボンゴバン オフロード・ルックに

    スタイリッシュかつシンプル車中泊モデルとして知られる「アンナモデルE」は、埼玉県に本店があるAtoZがリリースしているバンコンだ。

    【画像】いかついスタイルが新鮮なキャンパー【6選】 全177枚

    5名乗車OKなアンナANNAシリーズはミニバンのように使える点が魅力。

    詳細画像はこちら
    AtoZの「アンナモデルE」のリフトアップカスタム車は、全長4065×全幅1665×全高1970mmというボディサイズベースマツダ・ボンゴバンで、撮影車両のOP込み価格は404万3700円。    高桑秀典

    なかでもマツダ・ボンゴバンがベースの「アンナモデルE」は、狭い道でも安心して運転できるコンパクトなボディながら、就寝定員2名を実現している。

    ピックは、マルチアクションで、さまざまなモードセットできるオリジナルシート「A-SMART」を搭載している点。


    5名がゆっくり寛げるリビングモード、3人掛けのドライブモード、大人2名が就寝可能なフラットモードという3形態が基本となる。

    2m超えのベッド長 荷物はマット下へ

    写真の状態から、背もたれを倒せばフラットモードに。

    その場合のベッドサイズは、長さ2150×幅1200mm。車体後部ではそれが1360mm幅に広がる。

    詳細画像はこちら
    この状態から背もたれを倒すとフラットモードベッドサイズ2151200(~1360)mmを確保する。マット下を荷物の収納スペースにして、大人2名が眠りにつける。    高桑秀典

    また車体側面には、ベッド展開時などに便利に使えるスリムなシェルフも装備した。さらに、マットベースの下も収納スペースとして活用できるから、荷物が多くなりがちな長旅も安心だ。

    ポータブル・リチウムイオンバッテリーや18L冷蔵庫は、オプションとなっている。


    そして取材車両は、ドレスアップオプションを装着した「アンナモデルEリフトアップカスタム」。

    “遊びも旅行も日常も、いつでも僕らはちょいアゲ気分”というコンセプトで仕上げられた同車のスペックを列記すると、こういうことになる。

    車高だけじゃない、スタイリングの作り込み

    まず、足まわりから。アルミホイールがMLJのエクストリームJ 14インチタイヤTOYO TIRESのオープンカントリー165/80R14)。

    さらに、OVER TECHの40mmリフトアップキットをインストールし、オフロードテイストスタイリングを強調した。

    詳細画像はこちら
    写真は、リビングモードで、OPのテーブルセットを取り付けたところ。ドライブ時には前向きの3人掛けシートに早変わりするマルチアクションが「A-SMART」の売り。    高桑秀典

    車体は、ボディ&エンブレム塗装、テールライトスモーク、グリルガード、バーライト、ルーフキャリア(YAKIMA)、15mmオーバーフェンダーによって、アウトドアが似合う姿に仕立てている。

    1月の東京オートサロン2022ではアンナモデルEの別バージョン「ローダウンカスタム」も披露されている。こちらは“遊びも旅行も日常も、スタイリッシュに乗りこなす”というコンセプトセットアップされていた。


    AtoZのスタッフによると、スタイリッシュアンナモデルEリフトアップカスタムおよび、ローダウンカスタムは、標準のアンナモデルE(283万8000円~)以上に車中泊モデルとしての個性を楽しんでほしいのでラインナップしたそうだ。

    好みや使い方に応じて、ベストの1台をチョイスするといいだろう。


    ジャパンキャンピングカーショー2022の記事
    リフトアップで車中泊 ボンゴバンのキャピングカー、40mm車高アップがたまらない
    悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー
    キャンピングカー用「240回払」オートローンが誕生したワケ ターゲットや金利は?
    「対面ダイネット」の軽キャンパー 車中泊が広がる、新型アトレー版ラクネル JCCS2022

    ■キャンピングカーの記事
    リフトアップで車中泊 ボンゴバンのキャピングカー、40mm車高アップがたまらない
    悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー
    キャンピングカー用「240回払」オートローンが誕生したワケ ターゲットや金利は?
    遂にワーゲンバス復活 フォルクスワーゲンID. Buzz(バズ) 試作車へ試乗 後編

    リフトアップで車中泊 ボンゴバンのキャピングカー、40mm車高アップがたまらない


    (出典 news.nicovideo.jp)

    リフトアップで車中泊 ボンゴバンのキャピングカー、40mm車高アップがたまらない

    このキャンピングカーってかっこいいですね!

    欲しくなりますね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【リフトアップで車中泊 ボンゴバンのキャピングカー、40mm車高アップがたまらない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    詳細画像はこちら

    ベースキャンプに、オフロード仕様

    世界を見に行く冒険者のために用意されたエアストリームの「ベースキャンプ」に“16X”が登場。

    【画像】全長5m未満のエアストリーム【最高級トレーラー】 全64枚

    エアストリームジャパンの手により、日本初上陸を果たした。

    詳細画像はこちら
    エアストリームの「ベースキャンプ16X(2022年モデル)」は、全長4940×全幅2140×全高2750mmのトレーラー。OPを含めた撮影車両の価格は1105万5000円。    高桑秀典

    ボディサイズは、全長4940mm、全幅2140mm、全高2750mmで、車体重量は1580kg。就寝定員は2人だ。

    ベースキャンプといえば、軽量かつ小型となったボディが、ユーザーにエアストリームのまったく新しいスタイルを提案。同ブランド史上最高のアドベンチャーツールとして、どんな道でも突き進んでくれることで知られている。


    これまでは車両サイズが16フィートで、タイヤの銘柄がグッドイヤー・エンデュランスとなる「ベースキャンプ16」が定番モデルだった。

    そのラインナップに、オールレインのグッドイヤー・ラングラーを履き、3インチほどリフトアップされるなど、各部がオフロード仕様となったベースキャンプ16Xも設定されたのだ。

    エアストリームジャパンスタッフによると、車両サイズが少し大きい「ベースキャンプ20X」もバックオーダーが可能とのこと。気になる方は連絡してみてほしい。

    内装/オフロード装備/牽引について

    ベースキャンプ16Xのエクステリアは、オーストラリアなどにある過酷な悪路を突き進むイメージセットアップされており、牽引車が跳ね上げた泥・石がボディに当たってもいいようにストーンガードまで装備しているという本気ぶり。

    タフな牽引車と組み合わせることで、岩がゴロゴロしていたり、泥んこ遊びを楽しめそうなヌタヌタ状態だったりする道を通過し、より大自然の中に分け入ることができる。

    詳細画像はこちら
    エントランスは最後尾と右側面にある。室内をダイニングにした状態をリア側から撮影。フルベッドにするときは、左右のソファの間をマットでつなぐ。    AUTOCAR JAPAN編集部

    牽引車は連結検討950登録(上限1990kg)をして、そのときに算出された重量範囲内のキャンピングトレーラーであれば引っぱることが可能だ。

    まだ愛車を950登録していないという方は、すぐさま手続きし、エアストリームを購入する前に車検証に記載しておいていただきたい。


    リアのエントランスからさまざまなレジャー用品を積み込めるインテリアは、2021年から新色のグリーンが追加設定されており、カラーバリエーションは、ブルーレッドロックグリーンという3色展開となる。

    ソファをつないだダブルベットで、冒険旅行で疲れた身体を癒すといいだろう。

    親から孫まで 一生モノ以上の価値

    いつの時代にもアウトドア好きが憧れ、ステータス・カーとして認知されている「エアストリーム」は、1931年にワーリー・バイアム氏によって生み出されたアメリカン最高級キャンピングトレーラーだ。

    オールアルミ製ボディの修理/メンテナンス性のよさと内装のリフォームが可能というサステナビリティから、一生モノ以上の製品として、長きにわたって愛用するユーザーがたくさんいる。

    詳細画像はこちら
    車体前方がキッチンとなるレイアウト。2口のコンロ、シンク冷蔵庫(12V)、OPの電子レンジを装備。左に少し見えているのがユニットバスの入口だ。    高桑秀典

    その圧倒的な耐久性から、キャンピングカー界のロールス・ロイスと例えられることもあり、実際にエアストリームを購入したユーザーが愛息や愛娘とアウトドアを楽しみ、その後、孫と一緒にアメリカン最高級キャンピングトレーラーで出かけるようになったというエピソードを耳にする機会も多い。

    ベースキャンプ16Xは、給水タンク(容量83L)、排水タンク(コンビネーション)、温水シャワー、外部電源(30A)、トイレマリン110L)、ガスコンロ(2口)、FFヒーターなどが標準装備で、税込価格は960万円。


    ジャパンキャンピングカーショー2022で披露されたのは、オプションのルーフエアコン、ソーラーパネル、電子レンジ、Xパッケージを装備している仕様で、この参考出展車の税込価格は1105万5000円だ。

    孫の世代まで使える“一生モノ以上の製品”として考えれば、納得できる適正な金額ということになるだろう。


    ジャパンキャンピングカーショー2022の記事
    悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー
    キャンピングカー用「240回払」オートローンが誕生したワケ ターゲットや金利は?
    「対面ダイネット」の軽キャンパー 車中泊が広がる、新型アトレー版ラクネル JCCS2022
    車中泊は新型アトレーで 軽キャンパーに充実のADAS ミニチュアクルーズが進化 JCCS2022

    ■キャンピングカーの記事
    悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー
    キャンピングカー用「240回払」オートローンが誕生したワケ ターゲットや金利は?
    遂にワーゲンバス復活 フォルクスワーゲンID. Buzz(バズ) 試作車へ試乗 後編
    遂にワーゲンバス復活 フォルクスワーゲンID. Buzz(バズ) 試作車へ試乗 前編

    ■エアストリームの記事
    悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー
    【キャンプは豪華に】内装を一新 エアストリームの主力、フライング・クラウド ジャパンキャンピングカーショー2021
    【最高級のキャンプを】エアストリーム 日本向け最上位モデル、ついに上陸 ジャパンキャンピングカーショー2021
    【新フラッグシップ 日本へ】最高級キャンピングトレーラー、エアストリーム 2021年の動きは?

    悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー

    これ欲しくなりますね!
    トレーラーも最高ですよね!
    FFヒーターもついてて最高ですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【悪路の先へ エアストリーム「ベースキャンプ16X」登場 高級キャンピングトレーラー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    これぞ自動車メーカーの実力! キャンピングカー5台の完成度が圧巻だった【大阪オートメッセ2022】

    このまま市販してほしいほどの完成度!

     アウトドアの大ブームや災害に対する備えとして、ますます注目度が上昇しているキャンピングカー。2月11日~13日にインテックス大阪で開催された大阪オートメッセ2022にも、個性と魅力にあふれる数多くの車両が展示されギャラリーを沸かせた。

     しかし、キャンピングカーの面白さと有用性に気付いているのは、いわゆるアフターのメーカーやビルダーだけじゃない。それを証明するかのように、会場には自動車メーカーが手がけた、キャンプを筆頭とするアウトドア向きのカスタムカーが勢揃い。高いクオリティはもちろん、斬新かつ大胆なアイディア満載の、メーカー『純正』キャンパーを紹介していこう。

    三菱デリカD:5 Tough×Tough

     まずはルーフトップテントを備えた本格派なキャンプ仕様、三菱『デリカD:5 Tough×Tough』だ。市販のアフターパーツから品質や使い勝手に優れたモノを厳選し、ネーミングのとおりベース車両に備わるタフネスさを強調している。

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

     ルーフテントは『フラッグス』製で、大人ふたりが窮屈せずに眠ることが可能。加えて室内は『輝オート』のベッドキットを使うことで、十分な積載量に加えて就寝スペースを確保し、ファミリーでのキャンプや快適な車中泊を可能とした。

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

     また『タフ』の名を裏付けるのは足まわりも同様。サスペンションは『フラッグス』のキットでリフトアップし、ホイールはオフロード系カスタムの名門『ジャオス』の『アダムBL5』と、タイヤオールテレーンの『ジオランダーX-AT』を組み合わせる。ルーフ前方やボンネットなどに装着されたワーキングランプドライビングランプ、リヤのヒッチメンバーや牽引フックも実用性とワイルドな雰囲気を両立した。

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    三菱ミニキャブMiEV B-Leisure Style

     三菱の出展車両では『ミニキャブMiEV B-Leisure Style』も見逃せない。EV最大のメリットといえる給電システムを活用することで、移動式オフィスからソロキャンプまで、公私に渡って重宝する。

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

     中心となるのは電源供給装置の『MiEV power BOX』で、最大出力1500Wの大容量により、さまざまな家庭用電化製品に対応。ブースでは車内を後席とラゲッジをフラットにして座椅子テーブルノートPCを置いた今風にいえばテレワーク仕様、車外はカーサイドタープなどでデイキャンプ仕様を演出した。

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

     ガスやホワイトガソリンに頼らず調理したり明かりを灯せるのは、一酸化炭素中毒を起こす心配がなく、ビギナーにとっては安心感が高い。

    ダイハツ・アトレー デッキバン キャンパーVer.

     次はダイハツのブースで注目を集めた『アトレー デッキバン キャンパーVer.』だ。昨年末に発売されたばかりのアトレーデッキバンをベースに、ラッピングを施した『GIWORKS』製ルーフテントを取り付け、車中泊を楽しめるようにカスタムしている。

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

     見た目もアウトドアを強く意識した作りとなっており、ドライビングランプ付きフロントバンパーグリル、ルーフマウントLEDバーやヘッドライトガードを装着。リフトアップした足まわりにはトーヨーの『オープンカントリーR/T』を履く。実際にそのように使うかは別として、デッキ部分をお風呂にしていたのも非常にユニークだ。

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    The post これぞ自動車メーカーの実力! キャンピングカー5台の完成度が圧巻だった【大阪オートメッセ2022】 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    N-WGNのアウトドア仕様

    N-WGNのリヤビュー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    キャラバンのキャンピングカー仕様

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    メーカーキャンパーの画像

    可動式ソーラーパネル

    キャラバンの車内

    自動車メーカーが手掛けたキャンピングカー

    これぞ自動車メーカーの実力! キャンピングカー5台の完成度が圧巻だった【大阪オートメッセ2022】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    これぞ自動車メーカーの実力! キャンピングカー5台の完成度が圧巻だった【大阪オートメッセ2022】

    これ最高のキャンピングカーですね!
    これ欲しくなっちゃいますね!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【これぞ自動車メーカーの実力! キャンピングカー5台の完成度が圧巻だった【大阪オートメッセ2022】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日産キャラバンの究極くつろぎ車中泊コンセプトカーが登場! ジャパンキャンピングカーショー2022に出展

    2月10日~13日に幕張メッセのイベントで展示

     日産キャラバンガソリンエンジンモデル)は2021年10月マイナーチェンジし、より力強いエクステリアと、黒を基調にしたシックなインテリアデザインを一新。先進安全技術を装備するとともに、理想的な姿勢を維持し長時間のドライブでの疲労を軽減する「スパイナルサポート機能付きシート」も全車標準装備とした。仕事の道具のみならず、レジャーや趣味などを楽しむユーザーにも使い勝手の良いモデルとなっている。

     日産は2022年2月10日(木)~13日(日)に幕張メッセで開催される「ジャパンキャンピングカーショー2022」に、最新型キャラバンベースとした「キャラバンMY ROOM CONCEPT」と「キャラバン マルチベッド」を出展する予定だ。

    キャラバンMY ROOM CONCEPT

     新型キャラバンベースにしたMY ROOM CONCEPTは、荷室部分に素敵な部屋を載せた「どこでもMY ROOM」のデザインコンセプトモデルとして製作された。「普段の生活の中で、大切な人とお気に入りの場所で過ごす」をテーマに、さりげなくゆったりとした時間の楽しみ方の提案となる。木目とアースカラーをコーディネートした空間にはソファと大きなベッドがあり、リゾートホテルのようなリッチな空間。実物大でチェックしてみる価値があるだろう。

    ジャパンキャンピングカーショー2022に日産がキャラバンの車中泊モデルを出展

    キャラバン マルチベッド

     こちらは「オーテックジャパン」から市販されているカスタムモデルだ。荷室に跳ね上げ式のベッドシステムを備え、さらに防水性も兼ね備えた硬質素材のフロアパネルを装備。これにより、車内での休憩や宿泊も可能にするくつろぎ空間と、高い積載性を兼ね備えている。また、オプションの着脱式のテーブルも用意されており、装着することでリビングのような空間として使うこと可能。アウトドア遊びにも、テレワークの仕事部屋にも、さまざまスタイルアレンジすることができる。

    ジャパンキャンピングカーショー2022に日産がキャラバンの車中泊モデルを出展

    The post 日産キャラバンの究極くつろぎ車中泊コンセプトカーが登場! ジャパンキャンピングカーショー2022に出展 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    ジャパンキャンピングカーショー2022に日産がキャラバンの車中泊モデルを出展

    ジャパンキャンピングカーショー2022に日産がキャラバンの車中泊モデルを出展

    日産キャラバンの究極くつろぎ車中泊コンセプトカーが登場! ジャパンキャンピングカーショー2022に出展


    (出典 news.nicovideo.jp)

    日産キャラバンの究極くつろぎ車中泊コンセプトカーが登場! ジャパンキャンピングカーショー2022に出展

    これ最高のキャンピングカーですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【日産キャラバンの究極くつろぎ車中泊コンセプトカーが登場! ジャパンキャンピングカーショー2022に出展】の続きを読む

    このページのトップヘ