campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ自動車 > キャンピングカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日産キャラバンの究極くつろぎ車中泊コンセプトカーが登場! ジャパンキャンピングカーショー2022に出展

    2月10日~13日に幕張メッセのイベントで展示

     日産キャラバンガソリンエンジンモデル)は2021年10月マイナーチェンジし、より力強いエクステリアと、黒を基調にしたシックなインテリアデザインを一新。先進安全技術を装備するとともに、理想的な姿勢を維持し長時間のドライブでの疲労を軽減する「スパイナルサポート機能付きシート」も全車標準装備とした。仕事の道具のみならず、レジャーや趣味などを楽しむユーザーにも使い勝手の良いモデルとなっている。

     日産は2022年2月10日(木)~13日(日)に幕張メッセで開催される「ジャパンキャンピングカーショー2022」に、最新型キャラバンベースとした「キャラバンMY ROOM CONCEPT」と「キャラバン マルチベッド」を出展する予定だ。

    キャラバンMY ROOM CONCEPT

     新型キャラバンベースにしたMY ROOM CONCEPTは、荷室部分に素敵な部屋を載せた「どこでもMY ROOM」のデザインコンセプトモデルとして製作された。「普段の生活の中で、大切な人とお気に入りの場所で過ごす」をテーマに、さりげなくゆったりとした時間の楽しみ方の提案となる。木目とアースカラーをコーディネートした空間にはソファと大きなベッドがあり、リゾートホテルのようなリッチな空間。実物大でチェックしてみる価値があるだろう。

    ジャパンキャンピングカーショー2022に日産がキャラバンの車中泊モデルを出展

    キャラバン マルチベッド

     こちらは「オーテックジャパン」から市販されているカスタムモデルだ。荷室に跳ね上げ式のベッドシステムを備え、さらに防水性も兼ね備えた硬質素材のフロアパネルを装備。これにより、車内での休憩や宿泊も可能にするくつろぎ空間と、高い積載性を兼ね備えている。また、オプションの着脱式のテーブルも用意されており、装着することでリビングのような空間として使うこと可能。アウトドア遊びにも、テレワークの仕事部屋にも、さまざまスタイルアレンジすることができる。

    ジャパンキャンピングカーショー2022に日産がキャラバンの車中泊モデルを出展

    The post 日産キャラバンの究極くつろぎ車中泊コンセプトカーが登場! ジャパンキャンピングカーショー2022に出展 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    ジャパンキャンピングカーショー2022に日産がキャラバンの車中泊モデルを出展

    ジャパンキャンピングカーショー2022に日産がキャラバンの車中泊モデルを出展

    日産キャラバンの究極くつろぎ車中泊コンセプトカーが登場! ジャパンキャンピングカーショー2022に出展


    (出典 news.nicovideo.jp)

    日産キャラバンの究極くつろぎ車中泊コンセプトカーが登場! ジャパンキャンピングカーショー2022に出展

    これ最高のキャンピングカーですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【日産キャラバンの究極くつろぎ車中泊コンセプトカーが登場! ジャパンキャンピングカーショー2022に出展】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    秒で寝られるありがたさ! かつてメーカー謹製の「ルーフトップテント」を標準装備したアウトドア最強車があった

    この記事をまとめると

    自動車メーカー謹製の「ルーフトップテント」を標準装備したモデルがあった

    ■その先駆けとなったのが1995年に登場したマツダ・ボンゴフレンディだ

    1996年にはオデッセイに、1998年にはステップワゴンフィールドデッキが設定された

    ルーフが持ち上がってテントに早変わり

     車中泊オートキャンプなど、アウトドアクルマの相性はとてもいい。車両の純正装備としてもフックボードなどを用意していて人気だったりする。キャンプブームだから当然とはいえ、その昔もっと大胆な装備があった。それがルーフが持ち上がるポップアップルーフ仕様車だ。

    マツダ・ボンゴフレンディのフロントスタイリング

     今でもキャンピング仕様では特装車としてあるが、あくまでも専門メーカーによる改修という位置づけ。そうではなく、かつては自動車メーカーが最初からあつらえたものがあった。

     まずお馴染みなのが、マツダボンゴフレンディだ。そして、当時は話題になったものの、現在では少々忘れ去られた感があるのが、ホンダフィールドデッキで、初代ステップワゴンに加えて、初代オデッセイにもあった。ちなみにオデッセイ1996年で、ステップワゴン1998年にそれぞれ設定されている。また、ボンゴフレンディは1995年に登場しているので、ホンダが意識した上で登場させている可能性は高い。実際、当時も現在のようにアウトドアブームだった。

    ホンダ・オデッセイフィールドデッキのフロントスタイリング

     まずお馴染みなのが、マツダボンゴフレンディだそもそもベースはミニバンというよりも、エンジンが運転席の下にあるキャブオーバータイプのワンボックスで、ディーゼルも用意されて力強い走りが楽しめた。もちろん現在のようなクリーンディーゼルではなく、振動も黒鉛も出たが。

    マツダ・ボンゴフレンディの走行シーン

     ルーフの上に開閉式のテントを付けたのは、じつは初代デリカなどに先例はあったとはいえ、画期的だったのは事実で、仕組みとしてもかなり凝ったものだった。この部分の架装はルーフまわりの専門メーカー、サンキョウ・べバス(現べバスジャパン)が手掛けているというから当然ではある。


    先行するマツダにホンダが追従した

     注目なのが電動で開閉するルーフトップテントで、サンルーフ感覚で気軽に開け閉めができた。開けると大人ふたりが寝られるほどのスペースが出現(マイナーチェンジでさらに拡大)。フロアにはマットが敷いてあったし、サイドの布部分はファスナーで開閉できる窓のようになっていた。さらに、天井にはサンルーフ状の窓が付いていて、自然光を入れることができた。

    マツダ・ボンゴフレンディのリヤスタイリング

     ルーフへの出入りには、床というか本来のルーフにフタ状の扉が付いていて、そこから行った。上に人が寝てしまうと開閉不能になるのは仕方がないとして、荷物のやり取りなどには小さな穴を付けて対応。車内灯も付いているなど細かい配慮が行き届いており、ヒットしたのもうなづけるおもてなしぶりだ。

     気になるのは現在、壊れた場合部品が出るかということだが、若干欠品はあるものの、全体としてはほぼ供給はされている。ちなみに故障としては布の劣化と開閉モーターの不具合が出るようだ。

     一方、そのブームに追従したのがホンダで、かなりボンゴフレンディを意識したものとなっている。ただ、あくまでもグレードのひとつに過ぎなかったことから価格を抑える必要もあってか、電動ではなく、素材をFRPとすることで軽量化して手動開閉にしている。

    ホンダ・ステップワゴンフィールドデッキのフロントスタイリング

     また、サイドは網で天井に天窓が付いているのはフレンディと同じ。オリジナルの構造として、出入り口は前後ふたつ設置されていて、上に人がいても出入り可能だったし、さらにオデッセイではポップアップルーフ上にルーフレールを装備していたのはアウトドアユースではありがたかった。

    ホンダ・オデッセイフィールドデッキのフロントスタイリング

     現在では安全性や重量増による燃費への影響などがあるし、安易に装備してアウトドアキャンプブームが去ったあとどうするかという問題もあって、採用は難しいかもしれないが、あればかなり話題になる装備なのではないだろうか。

    秒で寝られるありがたさ! かつてメーカー謹製の「ルーフトップテント」を標準装備したアウトドア最強車があった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    秒で寝られるありがたさ! かつてメーカー謹製の「ルーフトップテント」を標準装備したアウトドア最強車があった

    これ最高ですね!
    今はメーカー純正じゃないけどまだまだ人気ですよね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【秒で寝られるありがたさ! かつてメーカー謹製の「ルーフトップテント」を標準装備したアウトドア最強車があった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     お笑いコンビチュートリアル」の徳井義実さんが、テンダラー浜本さんのYouTubeチャンネル「テンダラー浜本のゆる~く VINTAGE CAR LIFE」に出演。趣味のキャンプに大活躍する愛車・ハイエースを披露しました。

    【画像】こだわりカスタム 中がホテルみたい!

     徳井さんは、のんびり楽しむアウトドア趣味が高じて手に入れた“趣味全開”なハイエースオーナー。以前もハイエースの広い車内を生かした“おじキャン車中泊”の仕方を紹介してくれました。

     今回は、ケンメリスカラインに乗るテンダラー浜本さんと富士山ふもとの絶景キャンプ場へ。ハイエースとともに浜本さんの渋い旧車ケンメリも、自然感あふれるキャンプ場とのマッチングが妙にかっこいいです。

     「カッコいいな!」「顔が(いつも見かける)ハイエースじゃないもんね」と浜本さん。徳井ハイエースは、オートバックスが手掛けるカスタムブランド「GORDON MILLER」によるマシン。「ガレージや趣味部屋の世界観をそのまま旅へ出られる」ように、外装も内装もごきげんにカスタムされています。

     ケンメリ乗りの浜本さんも「丸目ってのがいいよね!」。でも、「ケンメリも丸目だから(このハイエースに)影響与えてもうたんかな」とさりげなく“俺のがすごいマウントを取り出します。

     「いやいや、影響受けてないでしょー」と苦笑いする徳井さんを横目に、他にもそっくりポイントを見つけ続ける浜本さん。「ホイールもケンメリのワタナベに似てるよね」「ほら! オーバーフェンダーも」。浜本さんの行動、うらやましいものを見てしまったクルマ好きな人あるあるです(笑)

     内装は天然木を使用した「そのまま部屋」な雰囲気です。フラットフロアで、そのまま寝ちゃう“車中泊”も余裕です。ホントにここですごせちゃえそう。

     「木」感がお気に入りの徳井さんはほかにも、ステアリングホイールを定番ナルディ クラシックのウッド仕様にし、シフトノブまでウッド仕様に変えました。クルマバイク好き者同士で好きなカスタム話に花が咲き「あれ、俺ら何しにきたんだっけ(笑)。これをやり始めるとキリがないですね」。分かります……。

     「これ、一生持ち続けたいですね。売る気は全くない」。浜本さんと仲良くおじキャンを楽しんだ、ハイエース愛あふれる徳井さんでした。

     ファンからも「徳井さんの車、気になってたんですよね」「浜本ケンメリの影響力よww」「中ホテルみたいになっててすげぇ…」などのコメントが多く寄せられていました。

    カナブンさん)

    チュート徳井さんの愛車「おじキャンハイエース」は……


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「中がホテルみたい」 チュート徳井、自慢のハイエース「おじキャン仕様」を披露「ハイエース乗って人生変わりました」


    これ最高のキャンピングカーですね!
    乗りたくなりますね!

    日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】
    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【「中がホテルみたい」 チュート徳井、自慢のハイエース「おじキャン仕様」を披露「ハイエース乗って人生変わりました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    詳細画像はこちら

    ハイゼットトラックに、シェルを架装

    東海地区最大級のキャンピングカー専門店として知られるダイレクトカーズでは、テレビ番組の『ガイアの夜明け』でも紹介された、軽キャブコンもリリースしている。

    【画像】ハイゼットがベースの軽キャンパー4選【アマホ、アマホ2も】 全156枚

    同社初の軽キャブコンとして登場したのが、完全開放型ポップアップルーフを持ち、軽の8ナンバー登録となる「アマホ」「アマホ2」だ。

    詳細画像はこちら
    ダイレクトカーズ・アマホ2は、全長3400×全幅1480×全高1980mmというサイズ。就寝定員は3名。価格は329万円~。オプションを含んだ取材車両の価格は475万1800円だ。    高桑秀典

    モデルとも乗車定員は4名で、女性を意識したインテリアを持つ前者は、価格が439万円(2WD/ガソリン)。

    それに対し、男性を意識したインテリアを持つ後者は、価格が329万円(2WD/AT)~345万円(4WD/AT)となる。


    ここで紹介するのはアマホ2のほうで、ベース車はダイハツ・ハイゼットトラック STD SA IIIだ。

    荷台部分にシェルを架装することで、ビジネスライクな軽トラを見事に軽キャブコンに仕立てているが、アマホ同様、小さいながらも誰もがキャンピングカーと聞いて真っ先にイメージするスタイルになっている。

    見た目が本格的なキャブコンだが、ボディがどこにでも気軽に乗って行けるコンパクトサイズなので、細い道・知らない土地であっても、運転に不安を感じることはない。

    そのため、自分だけしか知らない、とっておきの場所に足を踏み入れることだってお手の物。

    アマホ2はナチュラルなボディカラーフィールドバランスよく調和するので、アウトドアでも上質な時間が流れるのであった。

    完全開放型ポップアップルーフとは?

    アマホ2も、アマホと同じように柱のない完全開放型ポップアップルーフを採用している。

    クルマを停め、ルーフトップを大きく開ければ、いつでもどこでも見た目以上に広いプライベートエリアが現れる。

    詳細画像はこちら
    完全開放型ポップアップルーフのテントを畳んだ状態。ルーフベッドのうえにチェアを置いて過ごすのも楽しそう。ダイレクトカーズ三重県の本店に加え、首都圏のキャンパーもアクセスしやすい神奈川県厚木市ショールームオープンしている。    AUTOCAR JAPAN編集部

    高級感溢れるテント生地(ナチュラルコットン風)に設けられたメッシュウインドウをフルオープン状態にすれば、気持ちいい風が車内へ吹き込んでくる。開放的な風景を眺めながら深呼吸してみると、明日への活力を充足できるだろう。

    また、ボディサイドのレールにオプションサイドオーニングを通せば、あっという間に車両の脇のスペースがリビングに。


    ウッディな壁に囲まれた落ち着いた雰囲気の車室と合わせて、車内と車外の境界が存在しないスペースリラックスしてもいいかもしれない。

    オプションの「リアゲート」にも触れておきたい。これをつければアマホ2が、車中泊のみならず、アウトドアアクティビティも楽しめるキャンパーに生まれ変わる。


    リアゲートの中は? サイクルフックで自転車も

    ダンパー付きのリアゲートを開ければ、そこはアクティブ・ギアのためのスペース

    サイクルフックをつければ自転車を固定できるし、サイドドアから出し入れできない大きなキャンプギアをゲートから積み下ろしできる。アマホ2をパートナーとして自由でアクティブな週末を楽しむのも一興だろう。

    詳細画像はこちら
    オプションのリアゲート(リアバゲッジドア:15万9900円)を設置すれば、車体後部を趣味人のためのギア置き場として活用できる。アマホの女性的な色使いの内装に対し、アマホ2はウッディな車室に仕上げられた。    AUTOCAR JAPAN編集部

    疲れたら、横座りタイプのベンチシートベッドとしても利用できる)がある車内で休憩できる点も魅力。

    ルーフベッドサイズ2000×1200mm)にテーブルチェアを置いて、眺望のいい“天空リビング”的な使い方をし、空の広さと風を感じながら休憩するのもアリ。


    主な標準装備品は、完全開放型ポップアップルーフ、リチウムイオンバッテリー×1、シャワー、シンク、調光式ルームランプ、折りたたみベッド、折りたたみテーブル、エントランスドア(網戸)、リアルウッドといった内容だ。

    キッチンのシャワーはホースを伸ばすことで、車外で使うこともできるので、愛犬の足を洗う際などに使い勝手がいい。

    リアに広々としたラゲッジを備え、ルーフベッドを寝室にもできるアマホ2は、ユーザーアイデア次第でダイナミックな使い方を楽しめる。アウトドア好きの趣味人にとって、よき相棒となるはずだ。


    ■キャンピングカーの記事
    軽キャブコンで、男の車中泊 自転車も積める、軽キャンピングカー「アマホ2」
    女子キャンに、かわいい軽キャブコン「アマホ」 全長3.4mに、車中泊のアイデア満載
    車中泊を家族・夫婦で トイファクトリーGT 総合力で選ぶキャンピングカー
    車中泊もできる トヨタ・ヴォクシー、お気に入りカラーでカスタム

    軽キャブコンで、男の車中泊 自転車も積める、軽キャンピングカー「アマホ2」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    軽キャブコンで、男の車中泊 自転車も積める、軽キャンピングカー「アマホ2」

    軽キャン最高ですよね!!

    これで全国巡りたくなりますね!





    <このニュースへのネットの反応>

    【軽キャブコンで、男の車中泊 自転車も積める、軽キャンピングカー「アマホ2」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本最大級のキャンピングカーレンタル事業「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(以下 JAPAN C.R.C.)https://japan-crc.com/」を運営する、キャンピングカー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:頼定 誠)は、トヨタ自動車株式会社開発試作部(本社:愛知県豊田市)、星野リゾート アルツ磐梯(会津・磐梯エリア)と2.5Dプリント技術を活用し共同でコンセプトカー「かまくるま」(*1)を開発しました。「かまくら」をテーマに、日本デザインセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:原 研哉)によってキャンピングカーの内装に施工を施し、スキー場に訪れる前からまるで雪山で過ごしているような滞在を楽しめます。また、「かまくるま」のお披露目会を「冬スポ!!21」パシフィコ横浜会場にて2022年1月14日より16日まで予定しています。
    *1・・・「かまくら」と「車」を掛け合わせた、コンセプトカー用の造語。


    アルツ磐梯での滞在がさらに楽しくなるコンセプトカー「かまくるま」



    JAPAN C.R.C.と星野リゾート アルツ磐梯は、昨シーズン、共同で「キャンピングカー×ゲレンデ車中泊プラン」を開発・販売しました。開放的なゲレンデ直結のスペースに滞在し、快適なスキー旅を楽しめることから、多くのお客様にご利用いただき、2021-22シーズンも内容をさらに充実させて販売します。今年はさらに、スキー場への移動から滞在中まで、キャンピングカーをより楽しめる取り組みができないかと考え、スキー場への旅が楽しくなるコンセプトカー「かまくるま」の開発に至りました。コンセプトを体現する特徴的な内装にするべく、開発にトヨタ自動車が参加(協力 カシオ計算機株式会社)。トヨタ自動車の持つ「2.5Dプリント」の技術を活用し、立体感のある特徴的な内装に仕上げています。


    思い通りの内装に仕上げる、トヨタ自動車の特殊技術「2.5Dプリント」




    2.5Dプリントは、さまざまなデザイン、素材感、触感を型レスで繊細な凹凸で表現できる加飾技術です。熱で膨張するシートに対して、シート表面に温度勾配を与えることで、凹凸高さを自在にコントロールすることが出来ます。街やモビリティ内装を思い通りに、ガラッと切り替える世界を目指し、開発中です。


    スキー場に向かうのが、乗った瞬間からさらに楽しみになる「かまくるま」



    雪山や冬の象徴である「かまくら」をテーマとしたコンセプトカー「かまくるま」。日本デザインセンターによる内装やロゴデザイントヨタ自動車の持つ技術「2.5Dプリント」により、現実では固定して存在している「かまくら」が自由に動き出す面白さを表現しています。「かまくるま」に乗って、星野リゾート アルツ磐梯へ向かえば、移動から滞在まで雪山らしい雰囲気に包まれて過ごすことができます。


    <「かまくるま」デザイン担当 日本デザインセンターデザイナー・池田寛美(いけだ ひろみ)氏のコメント
    印刷物の表面に立体感を施す「2.5Dプリント」の特殊技術を活用し、キャンピングカーの中にかまくらを表現するという実験的な企画を実現することができ、関係各社の皆様には心よりお礼申し上げます。北海道で過ごした子供の頃、かまくらの中で感じた雪に包まれた温かく楽しい原体験が、今回デザインする上で重要な要素になりました。親しみあるネーミングロゴマークと雪の再現にこだわった内装デザインを通して、「かまくるま」がいつまでも皆様の思い出に残るような冬のアクティビティの一翼を担う存在になることを楽しみにしています。


    日本デザインセンターについて([www.ndc.co.jp]{http://www.ndc.co.jp})
    1959年創業のデザインプロダクション
    本質を見極め、可視化する「VISUALIZE」を掲げ、Webサイトやアプリケーションの開発、グラフィックサイン計画、展覧会のプロデュースなど多領域でデザイン活動を展開。


    雪の上にいるような寝心地のフルフラットソファを装備


    「かまくるま」のフルフラットソファは、ふかふかの雪の上にいるような感覚を再現しています。
    かふかの秘密は、1953年創業の老舗寝具メーカーこだわりの「エスカルゴマット」。体が沈み込みにくい高い反発力と、ソフトな寝心地が心身を癒します。
    商品提供:北沢株式会社
    [http://dreamace.co.jp/product/escargot]{http://dreamace.co.jp/product/escargot}


    ■「かまくるま」お披露目会を「冬スポ!!21」横浜会場で開催
    日本最大級のスキースノーボード用品販売イベント「冬スポ!!21」横浜会場にて「かまくるま」のお披露目会を開催します。2.5Dプリントの技術を活かした、コンセプトカー「かまくるま」を実際にご覧いただける機会となります。
    場所:パシフィコ横浜 ホールD(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1−1)
    日程:1/14(金)15:00~19:00、1/15(土)11:00~19:00、1/16(日)11:00~18:00
    備考:入場無料、招待状不要で入場可能です。
    「冬スポ!!21」に関する詳細は[こちら]{https://www.fuyusupo.jp/event/09_kanagawa2.html}をご確認ください。
    ※かまくるまの予約開始日は近日中を予定しております。
    レンタルキャンピングカープランの詳細はこちら
    [https://www.alts.co.jp/features/campingcar/]{https://www.alts.co.jp/features/campingcar/}


    星野リゾート アルツ磐梯の紹介




    磐梯山の麓、猪苗代湖を見下ろす絶好のロケーションに位置するスキー場です。国内有数の規模のゲレンデが広がり、良質な雪と、バリエーション豊かなコース初心者から上級者まで多くの方が楽しめます。
    「星野リゾート 磐梯山温泉ホテル」がゲレンデに直結しており、宿泊をしてのんびりスキーを楽しむプランもおすすめです。
    所在地   :〒969-3396 福島県耶麻郡磐梯町大字更科字清水平 6838-68
    電話    :0242-74-5000
    営業期間 :2021年12月29日2022年3月27日
    URL    :[https://www.alts.co.jp/]{https://www.alts.co.jp/}


    【キャンピングカー株式会社概要】URL: [https://camping-car.co.jp/]{https://camping-car.co.jp/}
    ■代表者 代表取締役社長:頼定 誠
    ■本社 東京都渋谷区代々木2-8-6 新宿駅前サウスビル 1階
    ■設立 2009年10月30日
    ■社員数 18人(2021年3月1日現在、契約社員含む)
    ■資本金 1000万円
    ■事業内容 キャンピングカーレンタル事業/アウトドアメディア事業/農業IoT事業/ペットポータル事業
    防災事業/防犯事業/インバウンド事業/東京当日PCR 他


    ジャパンキャンピングカーレンタルセンター」 [https://japan-crc.com/]{https://japan-crc.com/}
    「くるまの旅ナビ」 [https://kuruma-tabinavi.com/ ]{https://kuruma-tabinavi.com/}
    「キャンピングカー比較ナビ」 [https://japan-crc.com/ccn/]{https://japan-crc.com/ccn/}
    レンタルキャンピングカーライフ」 [https://carlifenavi.com/]{https://carlifenavi.com/}
    ペットポータルサイト「ワンダホー」 [https://pettokei.com/]{https://pettokei.com/}
    防災/アウトドアECサイト「アウトドア119」 [https://outdoor119.net/]{https://outdoor119.net/}
    「東京当日 PCR 検査」 [https://tokyopcr.com/]{https://tokyopcr.com/}


    ジャパンキャンピングカーレンタルセンターJapan C.R.C.)サービス概要】
    Japan C.R.C.」は、東京キャンピングカーレンタルセンターをはじめ、北海道から沖縄まで約30エリアフランチャイズ展開をする日本最大級のキャンピングカーレンタルサービスです。


    本件に関する報道関係のお問い合わせ先
    ■キャンピングカー株式会社
    つむら まの contact@camping-car.co.jp
    TEL:03-5577-6245  Fax:03-5577-6246
    ■星野リゾート 広報
    E-mail pr-info@hoshinoresort.com
    TEL 03-5159-6323FAX 03-6368-6853




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【星野リゾート×トヨタ自動車×キャンピングカー株式会社】トヨタ自動車開発試作部×星野リゾート アルツ磐梯、 2.5Dプリント技術を活用したコンセプトキャンピングカー 「動くかまくら」=「かまくるま」を共同開発

    このキャンピングカー最高ですね!
    これならキャンプにも使えるし最高のアウトドアギアですね!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【トヨタ自動車開発試作部×星野リゾート アルツ磐梯、 2.5Dプリント技術を活用したコンセプトキャンピングカー 「動くかまくら」=「かまくるま」を共同開発】の続きを読む

    このページのトップヘ