campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ自動車 > キャンピングカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    コロナ禍以降は人との接触も抑えられる「キャンプ」が人気になっていますよね。そのなかにおいて、アウトドアに慣れていない人でも快適に過ごすことができる「キャンピングカー」の需要も高まっているのだとか。そこで今回は、悪路も走れる高い走破性を持つ最新のキャンピングカーをチェックしてきました。バンライフなどにも注目が集まる昨今、こんな旅の姿もアリなのかもしれませんよね!




     


    憧れますよね?「キャンピングカーの旅」

    気の向くままに走ってその日の寝床を決定。食事したり、シャワーを浴びたりすることもできて、就寝時は気持ちのいいベッドで。こんな素敵なキャンピングカーの旅に憧れている人も多いのではないでしょうか? 

    『キャンピングカー白書』(2021年6月発行、日本RV協会調べ)によると、国内の保有台数は2016年に10万台を突破。2020年には12万7,400台に達し、右肩上がりの増加を見せているそうです。コロナ禍による私たちの生活様式やレジャーの変化もあって、日本でもキャンピングカーの需要と生産台数が増え続けているというわけなのですよね。

    走破性と居住性を高レベルで実現した新型「EXPEDITION EAGLE



    そのようななか、キャンピングカーを企画・製造する「日本特種ボディー」が、2021年12月22日に災害現場での活用を想定した新しいキャンピングカー「EXPEDITION EAGLE」(エクスペディション・イーグル)を発表し注目されました。

    日本初の量産型エクスペディションビーグルとして、悪路を進みきる「走破性」と快適に過ごせる「居住性」の高さを両立。平時でも有事でも頼りになる1台は、近年盛り上がりつつある「バンライフ」「車中泊」といった旅の形に、新しい選択肢を示してくれそうですよね。

    【エクスペディションビークルとは?】
    険しい山道などの悪路を⾛破できる性能を持ったキャンピングカーのジャンルのひとつ。欧⽶では馴染みあるジャンルですが、⽇本では輸⼊⾞や既存車のカスタムモデルが⾛っている程度で、国内メーカーによる量産型は初めてだそうです。



    今回発表された「EXPEDITION EAGLE」は、いすゞから同社が独占供給を受けるキャンピングカー⽤シャシー「新Be-cam」をベースとしています。

    ホイール取り付けボルトを十分すぎるほど太く丈夫にしていたり、同型では最大級の発電力を誇る発電装置を備えたりと、普段使いでは余りある高機能にあらためて着⽬。走破性と居住性を高い次元で両立させることに挑みました。

    設計面では、車両後部の路面に対する切り込み具合を、通常のキャンピングカー(同社モデル⽐)の2 倍以上で確保。急な坂道でもいわゆる「尻もち」を起こしにくくなっています。また、一体化されていることが多い運転席と居住空間部分をあえて分割させることにより、車体がねじれる範囲に余裕を持たせているのも特徴です。これらによって、でこぼこが激しい⼭道や荒れ路面でも、シーンに合わせた安定した走りを維持できるそうです。

    室内空間は災害時の利用を想定した「ワイルド仕様」

    居住空間部分(シェル

    可動式ベッド


    室内は可動式ベッドにより最大4人が休めるスペースを用意。IHコンロや電子レンジ冷蔵庫などの一通りの調理機能のほか、同社の主力車種「SAKURA」から続く、真冬でもTシャツで過ごせる優れた空調や、入り口の二重ロックなどの防犯機能を装備しています。さらに、ソーラーパネルなどによる発電力の向上で余裕ある電源も備えており、「自宅レベルの快適さ」(蜂谷代表談)を実現しました。



    入り口からトイレまで外履きでアクセスできる

    また、床部分には広く防⽔パネルを敷き、入り口からトイレまでは外履きのままで行けるようされているのもポイントです。泥の付いた外履きのまま乗り降りが可能で、「災害時使⽤も想定したワイルドな仕様」に仕上げられているのです。災害時だけでなく、キャンプや旅行に使う場合も快適に過ごすことができそうな設計ですよね。




    災害復興支援団体からの意見も反映
    開発にあたって今回、災害復興を支援する一般財団法人「日本笑顔プロジェクト」とタッグが組まれたそうです。EXPEDITION EAGLEには、同団体が2020年の豪雪により高速道路立ち往生した車を救援した際に、ボランティアスタッフが仮眠を取りやすい場所がなく苦労したといった過酷な経験が反映されているそうです。

    日本笑顔プロジェクト・林代表(写真左)と日本特種ボディー・蜂⾕代表(右)

    日本特種ボディーによると、居住空間があり移動もしやすく、さらに予備バッテリーを搭載できるキャンピングカーは、災害支援で活躍できる機材として関心を集めているそうです。

    しかしながら、一般的なキャンピングカーは、普通⾞同様に舗装した道での走行を前提とされていて、天災で破壊された道では行く手を阻まれるおそれがあります。そもそもレジャー目的の車両なので、有事を想定していない内装や装備では使⽤時に余計なストレスが発生するかもしれませんよね。

    そこで前述のような特徴を持つEXPEDITION EAGLEに期待が寄せられるというわけです。普段の行楽にもいざという時にも、頼りにもなる一石二鳥の車両と言えそうです。

    じつは「女性向け車両」も企画中
    EXPEDITION EAGLEの運転に必要な免許は、準中型相当(2017(平成29)年3月11日以前は普通自動車免許)です。

    日本特種ボディーの蜂⾕代表はTABIZINEの取材に、車格が大きいことから「女性には運転にしくにくい部分があるかもしれません」と話しますが、その一方で、キャンピングカーの近年の女性人気を踏まえて、「グループ内では女性向け車両の計画も進んでいる」とも教えてくれました。女性向けキャンピングカーといえば、運転がしやすい軽乗用車ベースのカスタムカーが人気を集めていますが、今後は頑丈さや走りやすさといった観点も選択の基準に加わるかもしれません。

    EXPEDITION EAGLEの価格は2駆が895万円、4駆が945万円(ともに税別)から。昨今の国際的な物流事情の混乱を受けて部品調達にも影響が出ているそうですが、同モデルについては2021年12月から埼玉県川口市で新工場を稼働させ、約半年の短納期を目指しています。

    災害大国・日本において、国内メーカーによる量産型のエクスペディションビークルの登場は、キャンピングカーがある生活をもっと身近なものにしてくれそうです。



    EXPEDITION EAGLE 仕様】

    ベース⾞:キャンピングカー専⽤シャシー いすゞ新 Be-cam ハイキャブ 2.0t
    駆動⽅式:2WD/4WD
    ⾞幅:1990mm
    全⾼:2990mm
    全⻑:5100mm
    乗⾞⼈数:7⼈(就寝⼈数:4⼈)
    ソーラーパネル最⼤能⼒:600W(300W モジュール×2台)
    バッテリーの種類と容量:鉛105Ah×2台〜リチウム10kW
    最低地上⾼:約170 mm(キャビン下実測)※⾞⾼上げて200mm
    ⾞両価格:2WD 895万円(オプションなし・税抜・諸費⽤別)、4WD 945万円(オプションなし・税抜・諸費⽤別)

    <標準装備>
    バッテリー×2台(鉛105Ah×2台)/バックアイカメラモニター別)/充電器(外部充電コード込み)/DC・DC コンバーター(40アンペア)/冷蔵庫 88L/電⼦レンジマルチルームバケッジドア/ダイネット換気扇/エントランスドア/ハイマウントストップランプ/2点式シートベルト 4名/室内コンセント/室内 LED 照明/キッチン LED ダウンライト/室内間接照明/ガラスシンク/清⽔タンク 19L・排⽔タンク 19L・ポリタンク式/エントランスマルチルーム防⽔パン/電圧計

    オプション装備>
    フォグライト(作業灯)/ソーラー(300W×2)/FF ヒーター/オーニング/テレビアンテナ/ナビ(パナソニック・カロッツェリア)/ETC(ナビに準ずる)/トイレラップポン/その他

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【SUV的キャンピングカー】悪路も余裕の新型登場!女性がうれしい快適装備も

    これ最高のキャンピングカーですね!
    コロナ禍で需要も高まっているのでいいアイテムですね!

    【初売り 福袋 ポイント最大40倍】LACITA ポータブル電源 大容量 車中泊 正弦波 エナーボックス 444Wh 120000mAh 400W |ポータブル バッテリー 蓄電器 発電機 小型 蓄電池 家庭 静音 ソーラー ソーラーパネル 電気毛布 キャンプ 防災 電源 在宅勤務
    【初売り 福袋 ポイント最大40倍】LACITA ポータブル電源 大容量 車中泊 正弦波 エナーボックス 444Wh 120000mAh 400W |ポータブル バッテリー 蓄電器 発電機 小型 蓄電池 家庭 静音 ソーラー ソーラーパネル 電気毛布 キャンプ 防災 電源 在宅勤務



    <このニュースへのネットの反応>

    【【SUV的キャンピングカー】悪路も余裕の新型登場!女性がうれしい快適装備も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    国内で販売されているキャンピングカーのスペックオーナーなどによるクチコミ評価を比較できる情報サイト「キャンピングカー比較ナビ」を運営するキャンピングカー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:頼定 誠)は2021年12月13日、「キャンピングカー比較ナビ」内でキャンピングカーの気になるところをアンケートしている「みんなのアンケートhttps://japan-crc.com/ccn/polls/の調査結果をお知らせいたします。



    今回は「キャンピングカーにトイレは必要?」の調査結果をお知らせいたします。

    【キャンピングカー購入意識調査概要】
    調査期間:2121/9/14~2021/12/8
    調査人数: 64名
    調査内容:キャンピングカーのトイレに関する調査
    調査結果ページURLhttps://japan-crc.com/ccn/polls/poll/4/
    発表日:2021年12月13日

    ■キャンピングカーにトイレは「いる」派が約6割

    結果は、トイレが「いる」と答えた人が58%、「いらない」の42%という結果となりました。



    ■キャンピングカーのトイレ問題

    キャンピングカーを選ぶ際、悩みどころとなるのがトイレの必要性。限られたスペースと予算、限られた膀胱(?)のつばぜり合いはこれまでも長く議論されてきました。

    移動可能な『宿泊施設』でもあるキャンピングカーに、トイレはないよりもあった方がよいのに、なぜここまで「いらない」という人が多いのか?「いらない」派の意見をまとめてみました。

    トイレ「いらない」派の意見

    コンビニ道の駅など清潔なトイレがいたるところにあるため必要ない
    ・欧米と異なり、トイレがない場所で長期宿泊することが少ない
    ・排泄物を処理できる場所・施設が少ない。または抵抗感がある
    トイレを設置すると臭いが気になる
    ・購入する際トイレを設置すると乗り出し費用が高くなる
    トイレスペースを確保する事で車内空間が狭くなってしまう

    日本においてキャンピングカーにトイレは「いらない」と判断する方が多くなります。そこには欧米とは異なり、狭い道が多い日本独自の交通事情からくるキャンピングカーのサイズ的な事情や、清潔なトイレ24時間使える日本独自の生活環境が影響している事が見てとれます。

    とはいえ、後からやっぱりトイレがあった方がよかったと思ってもレイアウト変更するのは簡単ではないのがキャンピングカーの悩みどころ。そこで解決策として最近注目を集めているのが、「マルチルーム+ポータブルトイレ」の組み合わせです。

    ■キャンピングカートイレ問題の解決策

    マルチルーム+ポータブルトイレ」という選択
    最近ではキャンピングカー購入時に、居室の一部を多用途に利用できる「マルチルーム」を選ぶ方が多くなっています。
    様々なスペースに利用ができる「マルチルーム」を
    ・必要な時は「ポータブルトイレ」を設置し、トイレスペースとして利用
    トイレとして使用しないときには、スキースノーボードなど長尺の収納や、クローゼットとして利用
    といったフレキシブルな活用が可能です。



    様々な用途に使えるマルチルーム例

    ■注目を集める『ポータブルトイレラップポン・トレッカー

    また、トイレは臭いや、排泄物の処理が負担になります。そこで最近注目を集めているのが災害時にも活躍している『ポータブルトイレラップポン・トレッカーです。
    ラップポン・トレッカー」はもともと災害時の利用を想定しているため、水を使用しなくても利用できるように設計されており、熱圧着で臭いを閉じ込めて排泄物を処分ができるためキャンピングカー所有者から人気を集めている「ポータブルトイレ」です。「ラップポン・トレッカー」はバッテリー駆動もできるため、車外にも持ち出し可能でキャンプ時や災害時などの防災用としても活用ができるのもメリットです。



    ラップポン・トレッカー」はバッテリー駆動もできるため、車外にも持ち出し可能

    ラップポン・トレッカー紹介サイト:https://outdoor119.net/products/detail/3

    ■まとめ

    今回は永遠の課題ともいえる日本でのキャンピングカーのトイレ事情をまとめました。
    災害時の準備という観点からも「ポータルブルトイレ」を準備しておくのはひとつの選択肢としておすすめです。

    キャンピングカー比較ナビ「みんなのアンケート」では、キャンピングカーにまつわる
    様々なテーマアンケートを実施中です。

    【みんなのアンケート】(現在集計中のアンケート
    ・【キャンピングカー所有者の方へ】カーシェアに興味はありますか?
    https://japan-crc.com/ccn/polls/poll/10/
    ・キャンピングカーの保険はどこを使っていますか?
    https://japan-crc.com/ccn/polls/poll/7/
    ・キャンピングカー購入の決め手は?
    https://japan-crc.com/ccn/polls/poll/5/
    ・キャンピングカーにトイレは必要?
    https://japan-crc.com/ccn/polls/poll/4/
    ・キャンピングカーをレンタルできるの知ってる
    https://japan-crc.com/ccn/polls/poll/3/
    ・ほしいキャンピングカーの種類は?
    https://japan-crc.com/ccn/polls/poll/2/
    法人向けに「みんなのアンケート」へキャンピングカーに関わるアンケートも同時募集いたします。実際の生活者の声を情報収集したいという企業の方は以下までお問合せ下さい。
    ========================
    キャンピングカー株式会社
    アライアンス担当:関口   TEL:03-5577-6245
    ========================

    ■「キャンピングカー比較ナビ」について

    URL: https://japan-crc.com/ccn/

    当サイトは、これからキャンピングカーの購入を検討されている方へ向けた日本最大級のキャンピングカーの比較サイトです。国内・海外を含む800台以上のキャンピングカーを、価格や車両サイズ、就寝人数やオプション装備など、約60種類の項目からスペック比較ができ、どのキャンピングカーが人気かを一定期間の閲覧数を基にランキング形式で表示。

    【キャンピングカー株式会社概要】URLhttps://camping-car.co.jp/
    ■代表者 代表取締役社長:頼定 誠
    ■本社 東京都渋谷区代々木2-8-6 新宿駅前サウスビル 1階
    ■設立 2009年10月30日
    ■社員数 18人(2021年3月1日現在、契約社員含む)
    ■資本金 1000万円
    ■事業内容 キャンピングカーレンタル事業/アウトドアメディア事業/農業IoT事業/ペットポータル事業/防災事業/防犯事業/インバウンド事業/東京当日PCR 他

    <運営サイトURL
    ジャパンキャンピングカーレンタルセンターhttps://japan-crc.com/
    「くるまの旅ナビ」 https://kuruma-tabinavi.com/
    「キャンピングカー比較ナビ」 https://japan-crc.com/ccn/
    レンタルキャンピングカーライフ」 https://carlifenavi.com/
    ペットポータルサイト「ワンダホー」 https://pettokei.com/
    防災/アウトドアECサイト「アウトドア119https://outdoor119.net/
    「東京当日 PCR 検査」 https://tokyopcr.com/

    ジャパンキャンピングカーレンタルセンターJapan C.R.C.)サービス概要】
    Japan C.R.C.」は、東京キャンピングカーレンタルセンターをはじめ、北海道から沖縄まで約30エリアフランチャイズ展開をする日本最大級のキャンピングカーレンタルサービスです。

    レンタル予約はこちら→ https://japan-crc.com/

    フランチャイズ募集中/法人様の新規事業に!>
    ■現在展開中のエリア
    新千歳、旭川、青森、福島郡山、成田、千葉、東京八王子、豊洲、金沢、福井、長野飯田、静岡空港、名古屋空港、大阪、兵庫尼崎、京都、神戸須磨、岡山、広島、山陰鳥取島根、鳥取大山、沖縄
    はじめての方でも手軽にキャンピングカーの魅力を体験でき、行き先、用途、ご利用人数に合わせ、お好みの車種をお選びいただけます。(JAPAN C.R.C.予約サイト: https://japan-crc.com/



    配信元企業:キャンピングカー株式会社

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【キャンピングカー比較ナビアンケート調査】 キャンピングカーにトイレは必要なのか? 日本の生活環境や交通事情との関係性も

    やっぱりトイレ必要かも笑笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンピングカー比較ナビアンケート調査】 キャンピングカーにトイレは必要なのか? 日本の生活環境や交通事情との関係性も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本最大級のキャンピングカーのレンタル事業「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(以下 JAPAN C.R.C.)https://japan-crc.com/」を運営するキャンピングカー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:頼定 誠)と「MT. FUJI SATOYAMA VACATION(マウントフジ里山バケーション)https://satoyama-vacation.com/」を運営する一般社団法人エコロジック(本社:静岡県富士宮市、代表理事:新谷雅徳)は、東京C.R.C.ご利用者を対象に、期間限定でレンタルキャンピングカーとグランピング施設がセットになった極上のグランピング旅ができる「Mt. FUJIバケーションプラン」の募集を2021年11月8日(月)から始めたことをお知らせいたします。



    【Mt. FUJIバケーションプラン】登場の背景
    コロナ禍を理由にこれまでのような思い出作りができなかった方に向けて、キャンピングカーとグランピングというどちらもインパクトのある非日常体験をすることで2021年最後を富士山の麓で楽しい思い出に塗り替えてもらおうと企画いたしました。

    【Mt. FUJIバケーションプランプラン内容
    ◆料金
    99,000円(税込)
    レンタルキャンピングカーとキャンピングカーでの宿泊、グランピング施設利用付)
    ◆期間
    (1)2021年11月16日(火)~2021年11月17日(水)1泊2日×限定2組
    (2)2021年11月17日(水)~2021年11月18日(木)1泊2日×限定2組
    (3)2021年11月24日(水)~2021年11月25日(木)1泊2日×限定2組

    ◆利用人数
    1組最大4名まで(人数を追加したい場合はご相談ください)

    ◆キャンピングカーレンタル 1泊2日分
    ・キャンピングカーレンタル貸渡・返却時間
    9:0021:00
    ・キャンピングカー貸出・返却場所
    東京キャンピングカーレンタルセンター貸渡・返却場所に準じる
    https://japan-crc.com/tokyo
    ・寝袋利用人数分
    レンタカーあんしん補償付(東京キャンピングカーレンタルセンター規定に準じる)

    マウントフジ里山バケーション 施設利用
    チェックイン :15:00  チェックアウト:11:00
    【無料サービス
    (1)モーニングツアー(参加自由)
    (2)焚き火
    (3)高機能BBQグリルトング、お皿付き)
    (4)チェアテーブル
    (5)シャワールーム、トイレ
    (6)シャンプー、コンディショナー、ボディソープドライヤー
    (7)ドリンク(フェアトレーコーヒー、紅茶、煎茶)
    (8)富士山の水、氷
    (9)ウッドデッキAC電源付き

    【有料オプション
    (1)朝食:2200円/人(ホットサンド作り)
    (2)夕食:3300円/人(ローカルBBQ
    (3)グランピングベッド:3300円/人(オーガニックコットンマット
    (4)薪1束800円
    (5)テントサウナ:22,000円(薪付き)
    (6)E-bikeレンタル:2,000~円/人

    ■【Mt. FUJIバケーションプラン】お申し込みはこちら
    https://japan-crc.com/tokyo
    該当期間発着を指定の上、備考欄に「 Mt. FUJIバケーションプラン」とご記載下さい。
    その他、下記注意事項をご確認いただきお申込み下さい。
    グランピング施設についてのお問い合わせはこちら
    https://satoyama-vacation.com/

    ◆注意事項
    Web予約時に備考欄に「 Mt. FUJIバケーションプラン」とご記載下さい。
    ※通常寝袋はお申込人数分車載いたします。不要な場合は備考欄にご記載下さい。
    ※当プランはキャンピングカー内でご宿泊いただきます。
    ※このプランは定員制となっております。予告なく終了する場合がございますので予めご了承ください。
    ※このプランはお申込み時点では予約確定ではございません。確定後に担当者より改めてご連絡させていただきます。
    2021年11月8日(月)以降にキャンピングカーをご予約されたお客様が対象となります。
    ※他のキャンペーン・割引優待制度との併用はできません。
    ※当プランのご予約は3日前までとなります。

    「MT. FUJI SATOYAMA VACATION(マウントフジ里山バケーション)https://satoyama-vacation.com/

    四季折々の富士山と里山の景色を満喫できるプライベートグランピング施設
    田園風景に囲まれた里山で、富士山を眺めながら、ご友人やご家族とアウトドアツアー、ワーケーションを楽しむことができます。この時期は特に空気も澄んでおり、ダイナミック富士山が臨めます。
    施設ラウンジには、ラグジュアリーシャワールームとトイレが2つずつ設置してあるので、2組でも分けて安心・安全にご利用いただけます。

    プロモーションビデオhttps://www.youtube.com/watch?v=An_4SJpGIFE
    インスタグラムhttps://www.instagram.com/mt.fuji_ecotour/





    【キャンピングカー株式会社概要】URLhttps://camping-car.co.jp/
    ■代表者 代表取締役社長:頼定 誠
    ■本社 東京都渋谷区代々木2-8-6 新宿駅前サウスビル 1階
    ■設立 2009年10月30日
    ■社員数 18人(2021年3月1日現在、契約社員含む)
    ■資本金 1000万円
    ■事業内容 キャンピングカーレンタル事業/アウトドアメディア事業/農業IoT事業/ペットポータル事業/防災事業/防犯事業/インバウンド事業/東京当日PCR 他

    <運営サイトURL
    ジャパンキャンピングカーレンタルセンターhttps://japan-crc.com/
    「くるまの旅ナビ」 https://kuruma-tabinavi.com/
    「キャンピングカー比較ナビ」 https://japan-crc.com/ccn/
    レンタルキャンピングカーライフ」 https://carlifenavi.com/
    ペットポータルサイト「ワンダホー」 https://pettokei.com/
    防災/アウトドアECサイト「アウトドア119https://outdoor119.net/
    「東京当日 PCR 検査」 https://tokyopcr.com/

    ジャパンキャンピングカーレンタルセンターJapan C.R.C.)サービス概要】
    Japan C.R.C.」は、東京キャンピングカーレンタルセンターをはじめ、北海道から沖縄まで約30エリアフランチャイズ展開をする日本最大級のキャンピングカーレンタルサービスです。



    レンタル予約はこちら→ https://japan-crc.com/

    フランチャイズ募集中/法人様の新規事業に!>
    ■現在展開中のエリア
    新千歳、旭川、青森、福島郡山、成田、千葉、東京八王子、豊洲、金沢、福井、長野飯田、静岡空港、名古屋空港、大阪、兵庫尼崎、京都、神戸須磨、岡山、広島、鳥取大山、沖縄
    はじめての方でも手軽にキャンピングカーの魅力を体験でき、行き先、用途、ご利用人数に合わせ、お好みの車種をお選びいただけます。(JAPAN C.R.C.予約サイト: https://japan-crc.com/

    広報担当:つむら まの



    キャンピングカー株式会社新人広報担当「つむら まの」
    自社運営サイト「くるまの旅ナビ」やキャンピングカーに関する取材、SNS運用を通じてキャンピングカーおよびアウトドアの魅力を発信しています。学生時代はライター&レポーターとしても活動。メディア取材も積極的に受け付けています。
    早稲田大学法学部卒業。長崎県長崎市出身。

    リリースに関するお問い合わせはこちらまで
    キャンピングカー株式会社
    つむら まの contact@camping-car.co.jp
    TEL:03-5577-6245  Fax:03-5577-6246

    配信元企業:キャンピングカー株式会社

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【1日2組限定】レンタルキャンピングカーとグランピング施設がセットになった『富士山・極上グランピング旅』販売開始 ~富士山と里山の景色を満喫できるラグジュアリーな体験を~

    これ最高の組み合わせですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【【1日2組限定】レンタルキャンピングカーとグランピング施設がセットになった『富士山・極上グランピング旅』販売開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    詳細画像はこちら

    に、2千万円 トイファクトリー・セブンシーズ

    さいたまスーパーアリーナにて開催された「アソモビ2021」に、キャンピングカー専門店のトイファクトリーが出展。

    【画像】セブンシーズ 細部まで見る【豪華キャンパー4選】 全175枚

    展示テーマは“6wheels traveler で旅する日本”で、これは4輪(クルマ)+2輪(バイシクル)=6輪でトラベルを楽しむという、トイファクトリーが提案する新しい旅のスタイルだった。

    詳細画像はこちら
    トイファクトリー・セブンシーズは、全長6990×全幅2280×全高2790mm。展示車の価格は2232万2190円。その豪華な車内に入ってみよう。    AUTOCAR JAPAN編集部

    キャンピングカーの周囲や荷室に、車載に適した小径自転車e-Bikeが置かれ、トイファクトリーのブースは“日本を遊び尽くす楽しいイメージ”で構成されていた。

    展示車両のなかで注目したのは、全長6990×全幅2280×全高2790mmというサイズを誇るSeven Seas(セブンシーズ)だ。

    ベース車はトヨタ・コースターロングボディ(Toy-Factory専用特別車両:トヨタセーフティセンス付き)で、排気量4.0Lのディーゼルエンジンを搭載。後輪駆動の6AT仕様で、8ナンバー登録となる。

    税込価格は2047万円~で、ベージュメタリック塗装、アルミホイールサイドオーニング(4m)、フロントマルチシェード、レカロシートが装着された展示車の税込価格は2232万2190円。

    2007年6月1日以前に普通免許を取得した方なら普通免許で運転でき、車検はトイファクトリーにオーダーしても、トヨタディーラーにお願いしても大丈夫なので、気軽に通すことができる。

    ハイエンド・クルーザーのような内装

    ビッグサイズセブンシーズは、乗車定員6名/就寝定員5名というスペックだが、「キャンピングカーを3~4台乗り継いできた方から、初めてキャンピングカーをご購入される方までユーザーさんはさまざまです。子育てがひと段落したご夫婦が長期の旅にご利用されるケースも多いです」と、トイファクトリーのスタッフは教えてくれた。

    「お二人でお休みになるのであれば、リビングにベッドを展開するスリープモードにすることなく、車体後部にあるキングサイズコンフォートベットルームをそのまま使っていただけます」

    詳細画像はこちら
    車体後部にあるキングサイズベッドルーム。天井ファンパワーヒーター吹出し口も備え、通年を通して快適に過ごせる。    AUTOCAR JAPAN編集部

    また、「ボディの見切りがいいので、運転はしやすいです。とはいえ、このサイズなので、お出かけした先での移動手段として自転車を活用していただくことをご提案しています」とのこと。

    その話を受けてリアエンドにあるコンフォートベットルームを確認したら、快適な安眠を約束する2062040mmサイズベッドが存在していた。

    外洋クルーザーのキャビンを思わせる、清潔な白を基調とした落ち着きのある室内空間は居心地がよかったので、そのまま車内に残っていたかったことをお伝えしておく。

    さて、このボディサイズ/価格帯になると、輸入大型キャンピングカーもライバルとなる。そこで同社スタッフに、ユーザーに選ばれる理由についても伺ってみた。


    輸入キャンパーよりも選ばれるワケ

    同じようなサイズの輸入キャンピングカーではなく、セブンシーズを選ぶ方の声は、「シンプルにご回答すると、国産の安心感とクオリティが高いという2点です。メイド・イン・ジャパンで、日本人が使いやすいように造られています」とのこと。

    大胆にして優雅な素材を随所に使用しながら、清廉な印象を持たせる特徴的なデザインインテリアは、前述の要素を上質な住空間へと仕立て上げる優れたプランニングによって、高いクオリティを実現。

    詳細画像はこちら
    最大収納サイズ1351250×800mmという、国産バスコンクラス最大のラゲッジ。夜間の荷物の出し入れに便利なLED照明を装備するほか、外気温の影響を受けない構造となっている。    高桑秀典

    モダンな佇まいの中に日本らしい繊細さや美意識を感じさせるこの空間で、人は特別な時間に包まれるのだ。

    ラグジュアリーでありながら華美すぎることがないプライベートスペースにて洗練された時間を楽しめるセブンシーズで、美しい日本を再発見しつつ、素晴らしき旅を楽しんでみてはいかがだろうか。

    剛力彩芽さんに、バーデン・カーサが

    アソモビ2021では、船舶免許を持つなど積極的にアウトドアアクティビティにチャレンジしている、モデルで女優の剛力彩芽さんが「アソモビ2021アンバサダー」に就任したことが発表された。

    その会場にトイファクトリーの藤井昭文代表取締役が登場。アンバサダー就任の副賞としてキャンピングカー1年間無料レンタル権が贈呈され、トイファクトリーの「バーデン・カーサ・ホームスタイルエディション」の特大キーが藤井代表から手渡された。

    詳細画像はこちら
    アソモビ2021アンバサダーに就任した剛力彩芽さん。トイファクトリー・バーデン・カーサ・ホームスタイルエディションの1年間無料レンタル権が贈呈された。    高桑秀典

    また同社は、三重県いなべ市と包括連携を結び、遊休地を再整備。ペットと過ごせる新たなキャンプ施設「やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-」を7月15日オープンさせた。

    この施設は、ペットと過ごせるアウトドア体験だけでなく、防災時にも役立つことを目的として整備されている。

    藤井代表は、「ここ最近、災害が多いので我々のクルマが役に立つといいです。遊びのシーンだけでなく、有事の際にも使っていただけるようにしていきます」とコメント

    三重県いなべ市の日沖靖 市長とともにアソモビ2021のオープニングセレモニーに登壇し、いつ起こるか分からない非常時に備えるだけでなく、平時からキャンピングカー/キャンピングトレーラーを有効活用することで、その価値を最大化し、市民の安全に寄与するという“防災”の新たな形を披露した。


    ■キャンピングカーの記事
    【バスコンで車中泊】全高3m級 豪華キャンピングカーは、車内も荷室も広々
    【車中泊のお供に】スズキ純正カータープ スペーシア・ギアで検証
    【キャンプは、充電で悩まない】トヨタ・カムロードで車中泊 20cm長いヴォーン
    【軽キャンに、2段ベッド】ホンダNバン 4人で車中泊できるキャンピングカーに

    【バスコンで車中泊】全高3m級 豪華キャンピングカーは、車内も荷室も広々


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バスコンで車中泊】全高3m級 豪華キャンピングカーは、車内も荷室も広々

    バスコンの中広いの最高ですね!
    動く自宅ですもんね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【【バスコンで車中泊】全高3m級 豪華キャンピングカーは、車内も荷室も広々】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    気がつけばとんでもない請求額に! 購入したら意外と使わなかった「キャンピングカーの装備」10選

    沢山あるからこそ難しいキャンピングカーの装備選び

     アウトドアブームの影響を受けて高い注目を集めているキャンピングカーですが、購入時に注意したいのが車両本体は400万円なのにフルオプションを選んだら600万オーバー!? なんてことが現実に起きてしまうこと。そこで今回はキャンピングカーのオプション装備について考察し、場合のよっては「じつはそれほど重要ではない」と思われる装備に迫ってみたいと思います。だったキャンピングカーのオプション装備

    キャンピングカーにはどんなタイプがあるのか?

     ひとくちに「キャンピングカー」と言っても、形状やベース車両によって多くの種類が存在します。一般的にはトラックの荷台部分にキャビンを載せた「キャブコン(トラコン)」、ハイエースキャラバンなどのミニバンをベースに使った「バンコン」、バスベースの「バスコン」。そして今人気の軽自動車ベースの「軽キャン」やシャーシ以外をフルオリジナルで製作した「フルコン」、車体の後部に備えたヒッチメンバーで牽引する「キャンピングトレーラー」に分けられています。だったキャンピングカーのオプション装備

     キャンピングカーはアメリカが発祥の地とされ、幌馬車での移動を「自動車」に置き換えたものです。広いアメリカでは大型のキャンピングカーやエアストリームなどのトレーラーを使うことが日常的ですが、日本では駐車場や維持費の問題、狭い道路の関係から軽キャンパーやバンコンが主流になっているようです。だったキャンピングカーのオプション装備

    クルマ旅のスタイルに合わせて不要な装備は断捨離するべし!

     しかし、軽キャンやバンコンといってもキャンピングカーは決して安いものではありません。車両本体価格は250〜400万円が当たり前となり、贅沢なオプション装備を選べば600万円を越えてしまうなんてこともあるのです。もちろん、贅沢な装備は憧れのキャンピングカーとしては嬉しいものですが、自分のキャンプスタイルを把握することで、それほど必要のない装備が「宝の持ち腐れ」になってしまうことも少なくありません。だったキャンピングカーのオプション装備 仕事をリタイヤし時間に束縛されず日本全国を旅する人には必要でも、大型連休に数日だけ使用するのであればオプション選択肢も違ってきます。また、便利なオートキャンプ場をメインに使用するのであれば、不必要になってしまう装備も存在します。キャンピングカーを手に入れるのであれば「フルオプション」に飛びつかず、自分のキャンプスタイルに合わせてしっかりと吟味することをおすすめします。

    【コレ必要!? なキャンパー装備01/トイレ】

     装備していれば便利そうでも、使用後に苦労するのが常設トイレ高速道路の渋滞や女性との同行で役立つトイレですが、通常のドライブと同じく道の駅サービスエリアコンビニを上手に使えば使用頻度は多くないはず。だったキャンピングカーのオプション装備 小さなお子さんがいる場合には、簡易トイレを使うことで代用できます。また、トイレを常設するキャンピングカーを所有するオーナーのなかには、帰宅したあとに汚水の処理や清掃が面倒なので「使ってません……」という意見も聞かれます。

    【コレ必要!? なキャンパー装備02/シャワールーム】

     汗をかいたとき、自分だけのシャワールームは大きな魅力ですが、車内スペースを取られるシャワールームは利用価値が高いといえません。また、温水を作るためには給湯器を取り付けることになり、水を使うための貯水タンクのスペースも必要になることを覚えておきましょう。だったキャンピングカーのオプション装備 キャンプ場近くの温泉や地元の銭湯などを利用するもの楽しみのひとつであり、最近では温水シャワーを備えたキャンプ場も増えています。

    【コレ必要!? なキャンパー装備03/キッチン】

     車内スペースの大きなバスコンやトラコン、フルコンであればキッチンも魅力的な存在ですが、最低限のスペースに申し訳程度に備えたキッチンは意外と使いづらいもの。簡易コンロを置いただけのものはお湯を沸かす程度のものでしかありません。だったキャンピングカーのオプション装備 オートキャンプ場を利用してBBQ焚き火を楽しむ人であれば、小さなキッチンは重要な装備には成り得ないということです。また、キッチンでの水まわりはシンクの下に給水用と排水用のタンクが必要になり、給水や汚水処理にも手間が掛かります。キャンプ場利用の場合なら、キャンプ場の洗い場を利用する方がラクという意見もあります。

    【コレ必要!? なキャンパー装備04/冷蔵庫】

     ドライブ中に冷えたドリンクを飲むことができ、食材を保冷できる冷蔵庫は便利な存在ですが、日本国内で自動販売機の無い道はほとんどありません。キャンプ場の近くにはスーパーコンビニ道の駅もあるはずなので通常のクーラーボックスでも十分に対応できるはずです。だったキャンピングカーのオプション装備 最近では電化製品の進化により、DC12V電源が使用できる冷蔵・冷凍・保温のクーラーボックスの人気が急上昇中で、オプション冷蔵庫よりも利便性は高そうです。備え付けではないのでキャンプサイトへの持ち運びもできる使い勝手の良さも大きな魅力です。

    【コレ必要!? なキャンパー装備05/電子レンジ】

     長期間を車中泊で過ごす人には便利でも、BBQを楽しみたい人には絶対的な存在にならないのが電子レンジです。高出力の家電製品を使用するためサブバッテリーの装備なども必要となり、オプション価格を引き上げる要因のひとつになっています。だったキャンピングカーのオプション装備 また、電子レンジを装備するためには専用のキャビネットが必要で、居住スペースが豊富なキャンピングカーを除けば、車内のスペースを圧迫する原因にもなります。


    The post 気がつけばとんでもない請求額に! 購入したら意外と使わなかった「キャンピングカーの装備」10選 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    トレーラーに設置したTVモニター

    NUTS RVのフラッグシップ「ボーダーバンクス」

    発電機

    あると便利だが居住スペースを規制するキャビネット

    だったキャンピングカーのオプション装備

    居住スペースを高めるポップアップルーフ

    だったキャンピングカーのオプション装備

    だったキャンピングカーのオプション装備

    だったキャンピングカーのオプション装備

    だったキャンピングカーのオプション装備

    豪華絢爛なバスコンのベッドルーム

    だったキャンピングカーのオプション装備

    だったキャンピングカーのオプション装備

    だったキャンピングカーのオプション装備

    だったキャンピングカーのオプション装備

    気がつけばとんでもない請求額に! 購入したら意外と使わなかった「キャンピングカーの装備」10選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    気がつけばとんでもない請求額に! 購入したら意外と使わなかった「キャンピングカーの装備」10選

    これ気になりますよね!
    キャンピングカー欲しくなる装備いっぱいですね!

    コストパフォーマンスのいいスポーツ・アウトドア製品を探しているなら【デカトロン】
    “"


    <このニュースへのネットの反応>

    【気がつけばとんでもない請求額に! 購入したら意外と使わなかった「キャンピングカーの装備」10選】の続きを読む

    このページのトップヘ