campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > ファッション

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【キャンプ ファッション】『洗練と無骨の調和したルックスがソソる、スノーピークのインディゴコート』についてまとめてみた



    New Balance(ニューバランス)、Snow Peak(スノーピーク)
    がコラボってすごい!!
    参考にしてくださいね!!
    何せビジネスシーンでもって、カッコよすぎ!!笑

    【【キャンプ ファッション】『洗練と無骨の調和したルックスがソソる、スノーピークのインディゴコート』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    年末年始の連休もあり、自宅で過ごすことが増える冬。どうせまったりするなら、お気に入りの逸品をまとってより一層チルな時間を楽しみたいところ。

    そこで今回は、冬のインドアスタイルアップデートしてくれる、おしゃれアウトドア的なチル系アイテムを13個ピックアップしました!

    01. L.L.Beanのガウン。

    L.L.Bean(エル・エル・ビーン)ガウンは、表地に質の良いポルトガルフランネル、裏地には毛足が長いシェルパ・フリースを使用。洗濯機洗いOKなのがうれしい。¥12100

    (問)エル・エル・ビーン カスタマーサービスセンター tel:0120-81-2200 www.llbean.co.jp

     

    02. Mountain Researchのフリース。

    セットアップ着用がオススメのMountain Research(マウンテンリサーチ)フリース。フィッシングポケットやアジャスターなど、着心地だけでなく機能面も秀逸だ。左¥22000、右¥23100

    (問)…….リサーチ ジェネラルストア tel:03-3463-6376 https://sett.co.jp/mountain_research/index.html

     

    03. HOUDINIの巻きスカート。

    ジッパーを全開にするとブランケットになり、ボタン1つ留めすればポンチョにもなるHOUDINI(フーディニ)の巻きスカート。ユニセックスなので男性でも違和感なく着用できる。¥20900

    (問)フルマークス tel:0120-724-764 https://www.fullmarksstore.jp/category/HO/

     

    04. Alexander Lee Changのオールインワン。

    肌触りが気持ち良い、ポリエステルとポリウレタンの混紡素材で、Alexander Lee Chang(アレキサンダーリーチャン)オールインワンをメイクウエストにヒモが配されているから、パンツとしても機能する。¥24200

    (問)チャング tel:03-6804-7704 www.alexanderleechang.com

     

    05. THIS IS MADE IN JAPAN × BEAMS JAPANのどてらダウン。

    THIS IS MADE IN JAPAN(ディスイズメイドインジャパン)とBEAMS JAPANビームジャパン)がタッグを組み、日本の伝統的な室内用防寒着であるどてらを現代的にアップデートロクヨンクロスKAWADA DOWN製ダックダウンなど、圧倒的な機能性を誇る。¥42900

    (問)ビームジャパン tel:03-5368-7328 https://www.beams.co.jp/

     

    06. NORRØNAのヘッドバンド。

    ライニングにフリースを配した、NORRØNA(ノローナ)メリノウールヘッドバンド。立体感のあるスローシェ編みだから風合いが良く、機能のみならずアクセサリーとしても優秀だ。各¥4840

    (問)フルマークス tel:0120-724-764 http://www.full-marks.com/norrona/

     

    インドアに◎な機能美ウエアはまだまだ! 次ページへ続きます。

     

     

    07. TSBBQ × minoのポンチョ。

    TSBBQ(ティーエスビービーキュー)が新潟でうまれたポンチョブランドmino(ミノ)に別注。着脱しやすく、しっかり体を包んでくれるニット素材のポンチョは、難燃性のある糸を使用しているので、火の粉を気にせず焚き火バーベキューだって楽しめる。¥17600

    (問)村の鍛冶屋 tel:0256-38-5635 http://www.muranokajiya.jp/

     

    08. GAIJIN MADEのチャイナジャケット&パンツ。

    カスリ風パターンを落とし込んだGAIJIN MADE(ガイジメイド)のチャイナジャケット&パンツ。優しくドライな肌触りで寛げ、ウオッシュ加減も絶妙。左¥19800、右¥22000

    (問)ハリウッド ランチ マーケット tel:03-3463-5668 http://www.hrm.co.jp

     

    09. ACORNのソックス。

    クッションやインサレーション、スエードのアウトソールをドッキングしたACORN(エイコーン)のウールソックスサイドダブルレザーで補強し、水にも強い仕様。各 ¥7700

    (問)オッシュマンズ 新宿店 tel:03-3353-0584 https://www.oshmans-online.jp/

     

    10. GOHEMPのフーディー&スウェット。

    GOHEMP(ゴーヘンプ)自慢のサラリとした質感が心地良いヘンプオーガニックコットンに、麻柄をキルティングで落とし込んだ。コットン中綿なので無理なく家で洗濯できる。左¥16280、右¥17380

    (問)ジュズ tel:03-6277-5573 https://www.gowest.jp/

     

    11. LOOPWHEELER × BEAMS JAPANの腹巻き。

    LOOPWHEELER(ループウィラー)と、BEAMS JAPANビームジャパン)による遊び心たっぷりの腹巻き。レトロな腹巻きを吊り編み機で製作した極上のスウェットで製作。男はつらいよの寅さんがモチーフとなっており、内側にもポケットが配されている。¥9900

    (問)ビームジャパン tel:03-5368-7328 https://www.beams.co.jp/

     

    12. ALDIESのダウンパンツ。

    撥水防風性のあるポリエステルを表地に採用して野外でも快適。ダウンパンツでは珍しくサイドバックにポケットを装備し、幅広いシーンで使えるALDIES(アールディーズ)ならではのデザインに。¥18480

    (問)アールディーズ渋谷 tel:03-6455-1377 https://aldies.shop-pro.jp/

     

    13. The Tastemakers & Co,のルームシューズ。

    ウール100%メイクしたポーランド産のThe Tastemakers & Co,(ザ テイストメイカーズ アンド コー)のルームシューズ。通気吸湿性に優れているから、裸足で履くのが気持ち良い。左¥6600、右¥6050

    (問)ザ テイストメーカーズ アンド コー tel:03-5466-6656 https://thetastemakersandco.com/

     

     

    GO OUT vol.124には、まだまだこの冬注目のアイテム&スタイルが盛りだくさん!

    ここで紹介した他にも絶賛発売中のGO OUT vol.124には、おしゃれで楽しいお部屋スタイルを過ごすためのアイテムが満載! 達人たちが買って良かったモノを始め、参考になりそうなお部屋スタイル、冬キャンプスタイルなど、快適な冬を過ごすためのアイテムを中心に役立つ内容が盛りだくさんなので、気になった人は下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニを今すぐチェック

    ■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.124 定価 ¥780

    GO OUT WEB


    (出典 news.nicovideo.jp)

    おしゃれアウトドア的CHILLウエアってかっこいい!!
    皆さんも参考にしてくださいね!
    私はツナギ最高笑!!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンプ ファッション】冬のインドアライフをより快適に。おしゃれアウトドア的CHILLウエア13選。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    年末年始の連休もあり、自宅で過ごすことが増える冬。どうせまったりするなら、お気に入りの逸品をまとってより一層チルな時間を楽しみたいところ。

    そこで今回は、冬のインドアスタイルアップデートしてくれる、おしゃれアウトドア的なチル系アイテムを13個ピックアップしました!

    01. L.L.Beanのガウン。

    L.L.Bean(エル・エル・ビーン)ガウンは、表地に質の良いポルトガルフランネル、裏地には毛足が長いシェルパ・フリースを使用。洗濯機洗いOKなのがうれしい。¥12100

    (問)エル・エル・ビーン カスタマーサービスセンター tel:0120-81-2200 www.llbean.co.jp

     

    02. Mountain Researchのフリース。

    セットアップ着用がオススメのMountain Research(マウンテンリサーチ)フリース。フィッシングポケットやアジャスターなど、着心地だけでなく機能面も秀逸だ。左¥22000、右¥23100

    (問)…….リサーチ ジェネラルストア tel:03-3463-6376 https://sett.co.jp/mountain_research/index.html

     

    03. HOUDINIの巻きスカート。

    ジッパーを全開にするとブランケットになり、ボタン1つ留めすればポンチョにもなるHOUDINI(フーディニ)の巻きスカート。ユニセックスなので男性でも違和感なく着用できる。¥20900

    (問)フルマークス tel:0120-724-764 https://www.fullmarksstore.jp/category/HO/

     

    04. Alexander Lee Changのオールインワン。

    肌触りが気持ち良い、ポリエステルとポリウレタンの混紡素材で、Alexander Lee Chang(アレキサンダーリーチャン)オールインワンをメイクウエストにヒモが配されているから、パンツとしても機能する。¥24200

    (問)チャング tel:03-6804-7704 www.alexanderleechang.com

     

    05. THIS IS MADE IN JAPAN × BEAMS JAPANのどてらダウン。

    THIS IS MADE IN JAPAN(ディスイズメイドインジャパン)とBEAMS JAPANビームジャパン)がタッグを組み、日本の伝統的な室内用防寒着であるどてらを現代的にアップデートロクヨンクロスKAWADA DOWN製ダックダウンなど、圧倒的な機能性を誇る。¥42900

    (問)ビームジャパン tel:03-5368-7328 https://www.beams.co.jp/

     

    06. NORRØNAのヘッドバンド。

    ライニングにフリースを配した、NORRØNA(ノローナ)メリノウールヘッドバンド。立体感のあるスローシェ編みだから風合いが良く、機能のみならずアクセサリーとしても優秀だ。各¥4840

    (問)フルマークス tel:0120-724-764 http://www.full-marks.com/norrona/

     

    インドアに◎な機能美ウエアはまだまだ! 次ページへ続きます。

     

     

    07. TSBBQ × minoのポンチョ。

    TSBBQ(ティーエスビービーキュー)が新潟でうまれたポンチョブランドmino(ミノ)に別注。着脱しやすく、しっかり体を包んでくれるニット素材のポンチョは、難燃性のある糸を使用しているので、火の粉を気にせず焚き火バーベキューだって楽しめる。¥17600

    (問)村の鍛冶屋 tel:0256-38-5635 http://www.muranokajiya.jp/

     

    08. GAIJIN MADEのチャイナジャケット&パンツ。

    カスリ風パターンを落とし込んだGAIJIN MADE(ガイジメイド)のチャイナジャケット&パンツ。優しくドライな肌触りで寛げ、ウオッシュ加減も絶妙。左¥19800、右¥22000

    (問)ハリウッド ランチ マーケット tel:03-3463-5668 http://www.hrm.co.jp

     

    09. ACORNのソックス。

    クッションやインサレーション、スエードのアウトソールをドッキングしたACORN(エイコーン)のウールソックスサイドダブルレザーで補強し、水にも強い仕様。各 ¥7700

    (問)オッシュマンズ 新宿店 tel:03-3353-0584 https://www.oshmans-online.jp/

     

    10. GOHEMPのフーディー&スウェット。

    GOHEMP(ゴーヘンプ)自慢のサラリとした質感が心地良いヘンプオーガニックコットンに、麻柄をキルティングで落とし込んだ。コットン中綿なので無理なく家で洗濯できる。左¥16280、右¥17380

    (問)ジュズ tel:03-6277-5573 https://www.gowest.jp/

     

    11. LOOPWHEELER × BEAMS JAPANの腹巻き。

    LOOPWHEELER(ループウィラー)と、BEAMS JAPANビームジャパン)による遊び心たっぷりの腹巻き。レトロな腹巻きを吊り編み機で製作した極上のスウェットで製作。男はつらいよの寅さんがモチーフとなっており、内側にもポケットが配されている。¥9900

    (問)ビームジャパン tel:03-5368-7328 https://www.beams.co.jp/

     

    12. ALDIESのダウンパンツ。

    撥水防風性のあるポリエステルを表地に採用して野外でも快適。ダウンパンツでは珍しくサイドバックにポケットを装備し、幅広いシーンで使えるALDIES(アールディーズ)ならではのデザインに。¥18480

    (問)アールディーズ渋谷 tel:03-6455-1377 https://aldies.shop-pro.jp/

     

    13. The Tastemakers & Co,のルームシューズ。

    ウール100%メイクしたポーランド産のThe Tastemakers & Co,(ザ テイストメイカーズ アンド コー)のルームシューズ。通気吸湿性に優れているから、裸足で履くのが気持ち良い。左¥6600、右¥6050

    (問)ザ テイストメーカーズ アンド コー tel:03-5466-6656 https://thetastemakersandco.com/

     

     

    GO OUT vol.124には、まだまだこの冬注目のアイテム&スタイルが盛りだくさん!

    ここで紹介した他にも絶賛発売中のGO OUT vol.124には、おしゃれで楽しいお部屋スタイルを過ごすためのアイテムが満載! 達人たちが買って良かったモノを始め、参考になりそうなお部屋スタイル、冬キャンプスタイルなど、快適な冬を過ごすためのアイテムを中心に役立つ内容が盛りだくさんなので、気になった人は下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニを今すぐチェック

    ■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.124 定価 ¥780

    GO OUT WEB


    (出典 news.nicovideo.jp)

    おしゃれアウトドア的CHILLウエアってかっこいい!!
    皆さんも参考にしてくださいね!
    私はツナギ最高笑!!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンプ ファッション】冬のインドアライフをより快適に。おしゃれアウトドア的CHILLウエア13選。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    いよいよ2020年スポーツイヤーの到来ですね。ナイキ、アディダス、プーマといった欧米メガブランドによる画期的な新製品の発表も楽しみですが、忘れてはいけないのが、国産スポーツブランドアシックスです。

     

    同社といえば、一流アスリートが着用する競技用のアシックスブランドはもちろん、ブランドの歴史を現代のトレンドで解釈したオニツカタイガーもよく知られていますが、実はそれ以外にも幾多の有力ブランドを展開しています。中には「え、これもアシックスだったの?」という意外性を感じるものも少なくありません。

     

    今回はそんなブランドの中から、読者にもマッチしそうなモデルをいくつかピックアップ2020年、日本が誇るスポーツブランドの底力を感じてみませんか?

     

    [01]

    80年代のミッドテク感がよみがえる!

     

    ASICS Tigerアシックスタイガー

    GEL-PTG MT

    実売価格11880

    オニツカタイガーブランドが使われていたのは1977年まで。アシックスへの社名変更後の1980年代、同社は「αGEL」をはじめとした画期的なテクノロジーを採用したスポーツシューズを次々送り出しました。そんな時代の名作を現代によみがえらせてたブランドアシックスタイガーです。

     

    なかでも「GEL-PTG」シリーズは「ゲルライトシリーズと並び、すでにストリートでも定番の地位を確立しつつあります。ほどよいミッドテク感と、現代のトレンドに合わせてアップデートされたカラーリング、そしてかすかに脳裏をよぎる“ブカツ”の思い出……。アシックスならではの提案といえるでしょう。

     

    [02]

    ビジネスのための”走れる”靴

    ASICSアシックス

    RUNWALK

    実売価格1万9800円

    アシックスポーツ工学研究所の設立以来、アシックス日本人の足型データを集め続けてきました。その膨大なデータが活かされているのは、スポーツシューズだけではありません。ビジネスシューズであるランウォークの誕生は1994年ですが、2018年には銀座にブランド初の旗艦店もオープンするなど、ここ数年活発な動きを見せています。

     

    フォーマルなルックスからは想像できない機能性がランウォークの魅力。ビジネスシューズとしての上質さと「αGEL」やゴアテックスなどの機能性を兼ね備え、ビジネスシーンの強い味方となってくれます。

     

    [03]

    誕生のきっかけは五輪だった

    ASICSアシックス

    PEDARA

    実売価格2万6400円

    1983年から展開されているウォーキングシューズブランド、ペダラ。アシックス創業者の鬼塚喜八郎氏が1976年モントリオールオリンピック開会式で、ブレザートレーニングシューズという日本の選手団の服装に違和感を覚えたのがきっかけで、開発がスタートしたそうです。

     

    1986年にはビジネス向けのワラッジなどのサブブランドも誕生。最近ではこちらもアシックススポーツ工学研究所で培われた知見と技術をベースに「履きやすさ」「歩きやすさ」を追求。一度試すと忘れられません。

     

    [04]

    スウェーデン生まれのサスティナブルなアウトドアブランド

    Haglofs(ホグロフス)

    explore-goretex-surround

    実売価格2万8240円

    1914年、スウェーデンで小さなバッグメーカーとして誕生し、時代を経て同国を代表するアウトドアブランドの一つとなったホグロフス。1995年からはシューズにも参入。ブランドの原点でもあるデイパックとともに高い評価を得ています。

     

    アシックス2010年にホグロフスを子会社化し、本格アウトドアブランドとして大切に育成してきました。サスティナブル先進国スウェーデンまれのブランドだけあって、リサイクル素材の使用に熱心に取り組むなど、環境への配慮も万全です。

    ビジネスシューズからアウトドアまで。あなたの知らない意外な「アシックス」4選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    皆さんもアウトドアからタウン、ビジネスまでのシューズを見てくださいね!!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンプ ファッション】ビジネスシューズからアウトドアまで。あなたの知らない意外な「アシックス」4選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【キャンプ ファッション】年末年始の寒さはダウンで乗り切る!真冬を快適に過ごすための大人ダウン10選



    今更ですが寒い時はダウンですね!
    今年は新しいダウン購入されましたか?
    まあ、毎年はないでしょうが購入時に参考にしてくださいね!!

    本年は皆様に大変お世話になりました。
    来年は記事の投稿内容を増やしていきたいと思いますので
    皆様のコメントをどんどんいただけるように頑張って参りますのでご支援ご協力お願いします!!

    ではこれからガキ使が始まりますので、皆様良いお年を!!
    来年も皆様と一緒に笑って過ごせるように・・・

    【【キャンプ ファッション】年末年始の寒さはダウンで乗り切る!真冬を快適に過ごすための大人ダウン10選】の続きを読む

    このページのトップヘ