campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > ファッション

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ここ数年は空前のキャンプブームといわれており、これまでアウトドアレジャー未経験だった方がキャンプの魅力にハマってしまうパターンも増えています。特に秋は暑すぎず寒すぎず、キャンプに最適な季節といわれていますが、キャンプ場の朝晩は冷え込みが厳しいため、服装選びには十分注意する必要があります。
    そこで今回は、秋キャンプの服装選びで押さえておきたいポイントや、おすすめの服装、秋キャンプに持っていくべきアイテムをご紹介します。


    秋キャンプの服装選びで大事なこと

    キャンプの服装を選ぶにあたって大事なポイントを4つご紹介します。
    ■1. レイヤースタイルが基本
    キャンプは、日が差す日中は汗ばむ陽気になることもありますが、朝晩はぐっと気温が下がります。日中の陽気に合わせて薄着をしていくと体が冷え切ってしまいますので、必要に応じて体温調節できるよう、インナー+ミドルウエア+アウターのレイヤースタイルでまとめるのが基本です。晩秋にキャンプする場合は、ボトムスの下にもアンダーウェアを着用すると、足元の冷え対策になります。
    ■2. 肌の露出は避ける
    秋は夏に比べると虫が少ないイメージがありますが、草や木がたくさんあるキャンプ場は虫が出やすいので、虫除け対策は必須です。虫除けスプレーの使用も有効ですが、冷え対策も兼ねて、肌が露出する服装はなるべく避けた方が無難です。
    ■3. 動きやすさを重視する
    キャンプでは、テント・タープの設営やバーベキューたき火の準備などを行わなければなりませんので、なるべく動きやすい服装を選ぶのがポイントです。かがんだりしゃがんだりすることも多いので、上下ともにストレッチのきいた素材の服を着用した方がよいでしょう。
    また、キャンプ場は自然が多く残っている場所なので、舗装された道路より足元は悪くなります。今年は厚底靴が流行していますが、秋キャンプでは安全性を重視して、なるべく歩きやすい靴を履くのがベストです。
    ■4. UV対策も忘れずに
    紫外線は一年中降り注いでいますので、秋だからといってUV対策を怠るのはNGです。特にキャンプはほぼ一日中屋外にいますので、日焼け止めを使うと共に、帽子やサングラス、UVカットアウターなどでしっかり紫外線対策を行うことが大切です。


    秋キャンプにおすすめの服装とは?

    キャンプの服装選びのポイントを踏まえたうえで、おすすめの服装をトップス・ボトムスの2つに分けてご紹介します。
    ■秋キャンプにおすすめのトップ
    まずインナーですが、保温性が高く、かつ吸湿速乾性に長けたものを選ぶのがおすすめです。綿素材は保温性に優れているものの、汗をかいたときに乾きにくく、体が冷えてしまう可能性がありますので控えた方がよいでしょう。綿とポリエステルの混合素材なら、汗をかいてもさらりとしていて、体温も逃しにくくなります。ミドルウェアは、薄手で軽いのに暖かいダウンフリースなどを着用すると、動きやすさと保温性を両立できます。アウターは天気に合わせて、マウンテンパーカージャケットなど、撥水性・着脱性に長けたものを選ぶのがポイントです。山など標高の高い場所でキャンプする場合は、ダウンジャケットでしっかり防寒しましょう。
    ■秋キャンプにおすすめのボトムス
    キャンプのボトムスは、ストレッチのきいていて、かつ足さばきの良いものを選ぶのがおすすめです。ストレッチパンツストレッチデニムは歩きやすく、かがんだりしゃがんだりする動作もスムーズに行えるので、キャンプでは定番のボトムスです。ハーフパンツスカートなどを着用するときは、下に機能性アンダーウェアを着用すると、冷え対策&虫対策になります。スカートは裾がひらひらするものは避けたいところですが、逆にタイトすぎても動きにくいので、膝丈の台形スカート+機能性アンダーウェアでまとめるのがおすすめです。


    秋キャンプに持っていくべきアイテム3選

    キャンプにぜひ持っていきたいおすすめのファッションアイテムを3つご紹介します。
    ■1. 帽子
    紫外線対策にも、頭部の防寒にも役立つ帽子は秋キャンプの必須アイテムです。UV対策と防寒対策を両立させたい場合は、耳当てがついたボア加工のフライトキャップや、つばのついたニットキャップなどをかぶるとよいでしょう。
    ■2. 手袋
    真冬でもないのに手袋?と思うかもしれませんが、秋キャンプの夜は冷え込みが強く、素手でいると手がかじかんでしまいます。たき火をする場合は、火の粉が飛んでも穴があいたり焦げたりしないよう、耐火性・耐熱性の手袋を選ぶのがおすすめです。
    ■3. ネックウォーマー
    首には太い血管が走っているので、むき出しの状態にしていると体が冷えやすくなります。マフラーでも良いですが、端がほどけたり、ひらひらしたりするとバーベキューたき火をやるときに汚れる可能性が高くなるので、秋キャンプには首元にフィットするネックウォーマーが適しています。


    秋キャンプの服装は動きやすさや冷え対策、UV対策を重視して選ぼう

    キャンプに着ていく服装は、朝晩の冷え込み対策や日中の日差し対策、動きやすさを重視して選ぶのがポイントです。その日の天気によっては、冬並みに冷え込みこともありますので、事前に現地の天気や予想気温をチェックし、最適な服装でキャンプを楽しみましょう。
    天気予報専門メディアtenki.jp」では、その日の予想気温に合わせて最適な服装を提案する「服装指数」を公開しています。秋キャンプの予定がある方は「キャンプ場の天気」と合わせて、服装指数をチェックしてみましょう。

    秋キャンプの服装は何がいい?寒さ対策など大事な要素を解説


    (出典 news.nicovideo.jp)

    秋キャンプの服装は何がいい?寒さ対策など大事な要素を解説

    秋のキャンプって服装重要ですね!
    朝晩はすごく寒くなるし昼はあったかいし選択重要ですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【秋キャンプの服装は何がいい?寒さ対策など大事な要素を解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アメリカ発のアウトドアブランドCHUMS(チャムス)」と、幅広いカルチャーをベースに遊び心をものづくりに反映させる「NATAL DESIGN(ネイタルデザイン)」外遊びにも最適な機能を含んだウエアを展開する「BURLAP OUTFITTER(バーラップアウトフィッター)」のトリプルコラボが今年も登場。

    チャムスの定番モデルハリケーントップ」をコラボ限定の仕様にアップデート!この秋にはアウターとして、冬にはミドルレイヤーとして、都会からキャンプまで守備範囲が広いアイテムとなっている。

    Hurricane Top PRIMALOFT ¥27500

    90年代初期のハリケーントップの形をベースにし、ミリタリーでも馴染み深い中綿素材のプリマロフトを採用したリデザインモデル。四角形のキルティングやカンガルーポケットなど、遊び心ある見た目がアウトドアウエアらしい仕上がりに。

    ファブリックには軽量かつ強度の高い「パーテックスクァンタム」を使用し、ヘビロテアイテムとしてガシガシ使えそう。裾口は風の侵入を防ぐようゴムのギャザー仕様になっているなど、実用性も考慮された機能美が随所に光る。

    カラバリは全4色で、それぞれキャンプアウトドアシーンに着たくなるラインナップにも注目。外遊びのプロたちの遊び心が詰め込まれた一着は、見た目と機能どちらも楽しめること間違いなしだ。


    (問)SCATTER BRAIN     tel:03-5300-8164     http://www.natal.jp/

     

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    チャムス×ネイタル×バーラップの人気コラボから、プリマロフト採用の限定ハリケーントップが到着!

    これ気になりますね!
    オシャレでこれからの季節最高のアイテムですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【チャムス×ネイタル×バーラップの人気コラボから、プリマロフト採用の限定ハリケーントップが到着!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンプを中心としたアウトドア総合情報サイト「TAKIBI」の運営をおこなう株式会社フォーイットは、しまむらグループアパレルブランドAvail(アベイル)でTAKIBIのロゴをつかった裏起毛トレーナーの販売を開始いたしました。

    今回で第4弾となるTAKIBI×Availのコラボ製品TAKIBIトレーナーを、全国312店舗のAvail(アベイル)にて販売しています。これまでのコラボ企画ではTシャツや帽子やトートバックエプロンなどを販売しましたが、今回は秋冬キャンプにもピッタリの裏起毛素材で背面にはサガラ刺繍でTAKIBIロゴが入ったトレーナーを販売することになりました。10代20代の若者にも人気のアパレルブランドとのコラボにより、これまでTAKIBIと接点のなかった若年層にもキャンプアウトドアに興味を持っていただく機会を創出できたらと考えています。
    発売日:2021年10月27日(水)
    販売店:アベイル全店舗 (https://www.shimamura.gr.jp/shop/avail/

    価格:1,980円(税込)
    サイズ:M、L
    カラーライトベージュ
    素材:〔本体〕ポリエステル65%、綿35% 〔リブ部分〕ポリエステル63%、綿32%、ポリウレタン5%
    しまむらグループのアベイル2021年現在全国312店舗を展開中。
    10代~40代の男女を中心としたレディース・メンズ衣料とシューズ・服飾雑貨をトータルコーディネートできるヤングカジュアルの専門店です。「今を着る」をコンセプトに、幅広いテイストファッションを、最新トレンドからベーシックまでリーズナブルに提供しています。
    TAKIBIは「アウトドアを通じ地方創生を行い、社会に貢献する」というミッションを掲げ、キャンプを中心としたアクティビティ関連情報を発信するメディアや、キャンプ施設に特化した予約サイトの運営をおこなっています。
    また地域の消費活性化や観光客誘致に取り組むため、定期的に各地方でアウトドアイベントを開催しています。

    TAKIBIメディア:https://www.takibi-reservation.style/media/
    TAKIBIキャンプ場予約:https://www.takibi-reservation.style/
    Instagramhttps://www.instagram.com/camp.takibi/
    TAKIBIYouTubehttps://www.youtube.com/CampTAKIBI/
    TAKIBIキャンプラジオ(Voicy):https://voicy.jp/channel/2052



    会社概要
    会社名 :株式会社しまむら
    代表者 :代表取締役社長 鈴木 誠
    事業内容:総合衣料品の販売
    住所  :埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-602-1
    URL  : https://www.shimamura.gr.jp

    会社名 :株式会社フォーイット
    代表者 :代表取締役社長CEO 吉澤 竹晴
    所在地 :東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー9階
    資本金 :10百万円 (2021年4月末日現在)
    事業内容 :パフォーマンステクノロジーネットワーク事業、インターネット広告代理事業、メディア事業、海外越境EC事業、CRO事業、サイトM&A事業、インフルエンサーDX事業
    URLhttps://www.for-it.co.jp/

    配信元企業:株式会社フォーイット

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    しまむらグループのAvailとTAKIBIがコラボ!第4弾は秋冬キャンプにぴったりの裏起毛トレーナー

    これすごいコラボいいですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【しまむらグループのAvailとTAKIBIがコラボ!第4弾は秋冬キャンプにぴったりの裏起毛トレーナー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ソトアソビを楽しくするをテーマに「good rainbow next」(次に輝く虹を求め走り続ける)の頭文字を取ったgrn outdoor (ジーアールエヌ アウトドア) 。遊び心に富んだコスパ抜群のウエアやアクセサリーを展開する人気アブランドだ。

    そんなgrn outdoorが、台湾発のアウトドアブランドFILTER017フィルターゼロイチナナ)とタッグを組んで新プロジェクト「naughty camp(ノーティキャンプ)」を発足した。

    FILTER017は、2004年に台湾とカナダデザイナーによるデザイン業からスタートしたブランドで、旬のディテールを捉えたキャンプギアからアウトドアテイスト溢れるウエアなどを多数ラインナップしている。

    日本と台湾の異なるアイデンティティを双方の視点から組み込んだノーティキャンプアイテムは、ローンチとしてまずは2種が登場しているので早速お届けしよう。

    数多のポケット+MOLLEシステムで抜群の利便性!

    TEBURA VEST naughty camp ver(サイズM~XL) ¥17600

    grn outdoorお馴染みのロクヨンクロスを採用した人気作、TEBURA VEST21をブラッシュアップ! カラーオリーブグリーンとネイビーブルーの2色展開とし、胸ポケットの一部素材をメッシュにmさらにウェビングやMOLLEシステム(面ファスナー)など追加することでミリタリー感と使い勝手を向上している。

    さらに背面のバックルには下記で紹介しているTEBURA BAGを取り付けることも可。ただでさえポケットが豊富なベストの収納力が一気に高められるのだ!

    マテリアルロクヨンならではの感触をキープしつつ、テフロンコーティングを施して撥水性と防汚性を持たせている。オールシーズン活躍するベストを最大限までアウトドア向けに仕上げた逸品なのだ。

    インナーポケットも用意。細かく仕切られているので小分けにも重宝する。

    絶妙なサイズ感! ベストと合体してユーティリティUP!

    TEBURA BAG naughty camp ver ¥6050

    こちらもgrn outdoorのショルダーバッグ、TEBURA BAG WANCANをアップデートしたもので、ポケットのサイズやステッチデザインを見直し、MOLLEシステムを採用して拡張できるようにアレンジ

    メインコンパートメント内にもフラップ状のポケットが! 両ブランドのタグが入っているのもWネームの証だ。

    サイズは縦20cm、横30cmと丁度良い大きさで、キャンプフェス、D.I.Y.、ガーデニングなど様々なシーンで活躍!

    先述したようにベストの背面にフックで引っ掛けることもできる2WAY仕様なのもポイント。素材及びカラーリングも同じだから違和感なくフィットさせらる。用途に応じてフレキシブルに対応可能。

    アパレルからインテリアまでカジュアルアイテムを取り扱い、老若男女問わず人気のある両ブランドだけに、新プロジェクトノーティキャンプは今後も目が離せない!


    (問)naughty camp特設ページ https://grn-outdoor.com/html/page35.html

     

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    grn outdoorが新たな試み。国境を越えた新プロジェクト「ノーティーキャンプ」とは。

    このアイテム最高のキャンプアイテムとファッションですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【grn outdoorが新たな試み。国境を越えた新プロジェクト「ノーティーキャンプ」とは。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    季節は秋。過ごしやすくなってきた今だからこそ、キャンプバーベキューなどアウトドアを思いっきり楽しみたいですよね。

    【写真ギャラリー】秋冬に買っておきたい3着!詳しい画像はこちら

    そこで、今回は「ワークマン」のアウトドアにおすすめな秋アイテムを徹底解説します。

    お値段もお手頃でおしゃれな商品ばかりですよ。

    ユーティリティー MA-1タイプジャケット 1,900円(税込)

    まず紹介するのが、この秋新発売されたジャケットです。

    トレンドのミリタリーテイストに実用性をプラスしたシリーズで、撥水、撥油、防汚など多彩な機能を搭載しています。

    外側はしっかり汚れや水をはじいてくれる頑丈な素材ですが、内側は総メッシュで蒸れを防いでくれるため、寒くなったり暖かくなったりと寒暖差の激しい秋に最適です。

    ポケットがたくさんついていて、さまざまなものを収納できるのも魅力。

    キャンプなどのアウトドアでは貴重品のほか、小型ナイフなど細かいものを入れておけるポケットは大変便利です。

    色はカモフラホワイトブラッククロスレッド、アーミーグリーンの4色展開。サイズはM~3Lがあります。

    今回は肌なじみがよく、コーディネートもしやすいアーミーグリーンのMを選びました。色はグリーンというよりカーキといった方が近いかもしれません。

    生地はしっかりしていますが、しっかり伸縮性もあり、アウトドアで激しく動いても問題ありません。

    下にレギンスパンツなどぴったりしたものを合わせると、スタイリッシュに着られます。

    トレンドのミリタリージャケットが、1,900円という驚きの価格で手に入ってしまうワークマンには脱帽です。

    マルチに使える必見シャツ

    デニム長袖シャツ 980円(税込)

    サラッと羽織れて一枚あると便利なデニムシャツも、ワークマン980円という驚きの価格で手に入ります。

    カラーは濃い目のネイビー、薄手のブルーがあり、今回は明るい印象のブルーを選びました。

    サイズはS~3Lまであり、小柄な女性用から男性サイズまでカバーしています。

    身長162cmの筆者は今回はMサイズを選びましたが、ちょうどいいサイズ感でした。

    LやLLなどにして、オーバーサイズで着てもいいかもしれません。

    薄手なので季節の変わり目にさっと羽織るのに取り入れやすいです。

    デニムジャケットは生地が厚くて重い印象ですが、こちらは普通のシャツのように軽くて伸縮性もあり動きやすいです。

    Tシャツの上に羽織ってアウターにしたり、この上にさらにジャケットを重ねてミドルインナーのようにしたりと、さまざまなコーデに使いまわせます。

    一枚あると便利なデニムシャツです。

    肌ざわり最高!ちょうどいい1枚

    ユーティリティー 撥水フリースインナーベスト 1,500円(税込)

    秋と冬の移行期に活躍しそうなフリースベストの紹介です。

    寒くなってきたけど、まだダウンジャケットや厚手のコートを着るほどでもない。そんなときにちょうどいいのがフリースベストです。

    厚手のフリース素材で胸やお腹は温かく守ってくれるのに、袖がないので温かくなりすぎないちょうどいい保温性のベストです。

    カラーブラック、テラコッタ、ダークグリーンの3色展開。どれも秋の自然に馴染む落ち着いた色です。

    今回は肌なじみがよく、明るい印象のテラコッタを購入しました。サイズはM、L、LLとあり、今回はMを選択。

    普段Mサイズの筆者ですが、窮屈すぎずちょうどいいサイズ感でした。

    裏も表もフリース素材で、肌ざわりが最高です。表地と裏地の毛足の長さが調整されているそうです。

    左胸にはファスナー付きポケットつきで、貴重品を入れるのにぴったりです。

    テラコッタとブラックのバイカラーおしゃれな、アウトドアでも一目置かれるベスト、おすすめです。

    秋のファッションが楽しくなる「ワークマン」のアウトドアウェアを紹介しました。

    アウトドアでも日常使いにも、さまざまなシーンで使えるものばかりですよ。

    【ワークマン 秋】秋色で気分が上がるアイテムばかり


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ワークマン】秋に買いたい「おすすめファッションアイテム」3選!アウトドアにも最適♪

    このアイテム最高ですね!
    秋にちょどいいファッションしたくなりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【【ワークマン】秋に買いたい「おすすめファッションアイテム」3選!アウトドアにも最適♪】の続きを読む

    このページのトップヘ