campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ: キャンプ自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「軽カー」でアウトドアは十分楽しめる! プロが伝授するオススメ軽自動車の選び方と推薦車種とは

    ラゲッジの広いモデルがじつは多い!

     アウトドアキャンプに乗っていくクルマと言えば、SUVや三菱デリカD:5のような“ミニバンの皮を被った”SUVが定番だ。しかし、イマドキは軽自動車でもアウトドアキャンプを楽しめる時代だ。いや、軽自動車のなかには荷物の積載力、車中泊仕様へのしやすさに優れるモデルが多数ある。そしてもちろん、アウトドアキャンプ道具でお金がかかって大変……という人にとっての経済性(車両価格、維持費)も大きな魅力となる。

     とはいえ、どんな軽自動車でもアウトドアキャンプを楽しみ尽くせるわけではない。やはり、荷物の積載性や車内のフラットアレンジ性(仮眠、車中泊、車内のお座敷化の容易性)、さらにクルマキャラクターアウトドアキャンプに似合うか、ハマるかも重要だろう。

     例えば、ダイハツ・ミライースや日産サクラといったエコスペシャル軽、ミニアリアを思わせる上質感たっぷりの電気自動車では、アウトドアを楽しみ尽くすには役不足感は拭えない。

    アウトドアにはクロスオーバーモデルがピッタリ

     では、どんな軽自動車アウトドアキャンプフィールドに似合うのか? まずはスズキ・スペーシアギア、ハスラー、三菱eKクロス&eKクロススペースダイハツ・タフトウェイクといったクロスオーバーモデルが、クルマキャラクター的にもっともぴったりではないか。

    4WDモデルなら安心だがFFでも問題なし

     たとえばスペーシアギアは最低地上高ことノーマルスペーシアと変わらない。だが、日本のアウトドアキャンプフィールドで、走破性に特化したクロカンじゃなければたどり着けないような場所はまずない。

     FFでも多くの場合、まったく問題ないのである(特殊な路面、超悪天候時は除く)。もちろん、備えあれば患いなしで、上記のクロスオーバーモデル4WDを選んでおけばより安心ではある。ここだけの話、今時の軽自動車は、4WDだと乗り心地が途端に悪くなる、なんていう過去の一部の常識はもはやなく、むしろ4WDのほうが重量増などからよりマイルドで好感の持てる乗り心地となっているクルマもあるのだ。アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    ルーフレールがあれば快適なサイトづくりが可能

     そしてアウトドアキャンプと言えば、より快適なアウトドアキャンプ環境を作り出すためにクルマの横にタープを張る機会もあるはずだが、そんなときには、例えばeKクロス、eKクロススペースに装備されるようなルーフレールが威力を発揮。アウトドアで万能な軽自動車を紹介

     その際、リヤドアはヒンジ式よりスライドドアのほうが、車内とタープの下のスペースの一体感が出て、より使いやすく快適なタープスペースを確保できたりするのである。標準装備、オプションを含め、ルーフレールの有無は、ぜひ確認したいところである。

    The post 「軽カー」でアウトドアは十分楽しめる! プロが伝授するオススメ軽自動車の選び方と推薦車種とは first appeared on AUTO MESSE WEB.

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    アウトドアで万能な軽自動車を紹介

    「軽カー」でアウトドアは十分楽しめる! プロが伝授するオススメ軽自動車の選び方と推薦車種とは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「軽カー」でアウトドアは十分楽しめる! プロが伝授するオススメ軽自動車の選び方と推薦車種とは

    これ気になりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【「軽カー」でアウトドアは十分楽しめる! プロが伝授するオススメ軽自動車の選び方と推薦車種とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    平年より厳しい暑さと予想される今年の夏。高原や山などで、涼しくおしゃれに過ごしていただきたい!ということで通常価格よりお得な価格でご利用いただけるサマーキャンペーンを開催します!当社ホームページからのご予約について、1泊2日以上&7月~8月のご利用でキャンペーン価格を適用いたします。返却日の22:00まで利用可能なので、ゆっくりお過ごしいただけます。キャンピングカーは、テント設営不要、カギがかけられて防犯・貴重品管理が簡単なので、初心者キャンプや女子キャンプにもおすすめです!

    • サマーキャンペーン内容


    ■適用条件
    以下の方全員にサマーキャンペーンを適用いたします。
    -当社ホームページからご予約
    -1泊2日以上で7月~8月にご利用
    -車両返却時間に「22:00まで」を選択してご予約

    ■ キャンペーン価格


    ・土日祝日:39,600円⇒33,000円!
    ・平日  :31,680円⇒26,400円!


    3日目以降も、1日あたり以下のキャンペーン価格でご利用いただけます
    ・土日祝日:23,100円/日⇒16,500円/日!
    ・平日  :18,480円/日⇒13,200円/日!

    ※出発日の9:00~返却日の22:00までのご利用にかかる基本料金です。出発時間は予約の際に9:00、10:00、11:00よりお選びいただけます。車両は22:00までにご返却ください。
    ※基本料金には、車両利用料、基本の保険料、車両クリーニング料金が含まれます。
    ※補償制度をご利用の場合は、別途料金が発生します。補償制度の利用料は、通常料金となります。補償制度について、詳しくはホームページ(https://www.couchwheels.jp/compensation/)をご覧ください。

    ■ 予約の流れ
    1.以下の「泊まり予約」ページより、ご予約ください。空き状況は、「日帰り予約」ページのカレンダーをご確認ください。
    「泊まり予約」ページ:https://www.couchwheels.jp/orvernight/
    空き状況はこちら:https://www.couchwheels.jp/bongo/
    2.メールにて、キャンペーン価格での決済案内をいたします。
    3.期限までに決済をしていただき、予約確定となります。

    ※ご予約順での受付となります。タイミングの差で、すでにご予約が入ってしまった場合は、ご利用日を変更してのご予約案内をいたします。
    ※期限までに決済をされなかった場合、自動キャンセルとなりますので、お気をつけください。

    ■ 車両受渡場所
    JR横浜線 新横浜駅より徒歩10分の駐車スペース

    ※7月より受渡し場所が変更となりました。詳細な受け渡し場所は、予約受付時にご案内いたします。
    ※配車をご希望の方はご相談ください。別途、手数料が発生いたします。

    • Couchwheelsについて

    当社は、バンライフ仕様のキャンピングカーのレンタカーを行っています。ゆっくり過ごすことができる、滞在空間としてのキャンピングカーを目指し、当社で改装した車両を取り扱っています。新型コロナウイルスの拡大により、外出する機会は減ってしまいましたが、移動できるプライベート空間があれば、3密を回避しながらおでかけを楽しむことができます。

    サービスは、アウトドア派だけでなくインドア派も楽しめるサービスを目指しており、車外だけではなく車内の滞在も楽しめる設備とセットでキャンピングカーのレンタルをしております。

    レンタルの基本料金でご利用いただけるもの】
    -バンライフ仕様のキャンピングカー
    -ポータブルバッテリーEcoFlow RIVER Max
    -モバイルプロジェクターAnker Nebula Capsule
    -アウトドアチェア(DVERG フォーディンバタフライチェア
    -カセットコンロ(Kovea Cube
    -ケトル
    -マグカップ
    -ボードゲーム
    -コーヒー ドリップパック
    -紅茶ティーバッグ
    -ミネラルウォーター 等

    ※写真撮影協力:松尾颯 @camera.hayato

    また、手軽におでかけしていただけるよう、ホームページ・SNSではおすすめの過ごし方をご紹介しています。

    ホームページ:https://www.couchwheels.jp
    Instagramhttps://www.instagram.com/couchwheels/


    -------------------------------------------------
    会社概要
    会社名 :合同会社CouchWheels
    事業内容:バンライフ仕様車のレンタルDIYサポート、製造、販売等
    代表  :室橋 奈穂
    所在地 :神奈川県横浜市港北区菊名3-3-29
    設立  :2022年2月
    URL  :https://www.couchwheels.jp
    メール :contact@couchwheels.jp

    配信元企業:合同会社CouchWheels

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バンライフ】小型キャンピングカーとキャンプグッズをセットでお得にレンタル!サマーキャンペーン開催|横浜市出発

    このレンタルセット最高ですね!
    キャンピングカーの快適さを試したくなりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【【バンライフ】小型キャンピングカーとキャンプグッズをセットでお得にレンタル!サマーキャンペーン開催|横浜市出発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    クルマキャンプの相棒として欠かせない存在であり、より個性的なアウトドアライフを楽しみたいならキャンプギアだけでなく“クルマ選び”も重要なポイントになる。本稿では専門家を魅了する三菱「アウトランダーPHEV」を解説する。

    ※こちらは「GetNavi」 2022年6月号に掲載された記事を再編集したものです。

     

    私が選びました!

    自動車ライター

    並木政孝さん

    元輸入車雑誌編集長である希代の自由人アウトドアにも精通し、キャンプやカヌー、バス釣りにも傾倒する。

     

    選ぶならアウトドアで活躍する機能性と個性を重視

    猛威を振るうコロナ禍の影響もあり、野外で楽しめる開放的なキャンプが爆発的なブームを迎えている。週末のキャンプ場が満員御礼の状態になっているいま、ほかのキャンパーとはひと味違うクルマを選ぶことで個性を主張するのもオススメだ。

     

    しかし、形ばかりのクルマでは意味を成さず、スタイルに伴う性能を備えていなければならない。オートキャンプ車中泊での利便性、遊び道具を満載できる積載性能、悪路の走破力などアウトドアならではの使い勝手は欠かせない。そして、キャンプという非日常だけでなく、日々の暮らしで使える快適性を合わせ持った二面性を備えたクルマを選ぶことも重要なポイントだ。

     

    尖り過ぎない実用性と快適性、そしてキャンプ使用で威力を発揮してくれる個性的なクルマ選びこそが、快適なキャンプには大切だ。それに適したモデルを紹介しよう。

     

    「現代アウトドアにピッタリなパワーソース」に“ホレ”る

    三菱

    アウトランダー PHEV

    462万1100円〜532万700円

    存在感を示すアウトランダー PHEVは、その名の通り、プラグインハイブリッドメリットを生かした1台だ。バッテリーからは最大1500Wの電気がアウトップットでき、家庭用の電気調理器や暖房器具の使用を可能とする。

    SPEC【P】●全長×全幅×全高:4711860×1745mm●車両重量:2110kg●パワーユニット:2359cc直列4気筒+ツインモーター●最高出力:133116/136]PS/5000rpm●最大トルク:19.9[26.0/19.9]kg-m/4300rpm●WLTCモード燃費:16.2km/L●EV走行換算距離:83km

    ●[ ]内は電気モーター(前/後)の数値

     

    ↑フロアコンソールとラゲッジルームの2か所にACコンセントを備え、最大1500Wの電力を供給。ホットプレートや暖房器具も使える

     

    ↑4輪の駆動力、制動力を最適にコントロールするS-AWC。ツインモーターをと呼ばれる4WD機能が快適かつ安全な走行性能を提供

     

    ↑開口部の段差をなくした広大なラゲッジスペース。多彩なシートアレンジを可能とし、フラットにすることで荷物を満載できる

     

    [ココに“ホレ”た!] 自然にもやさしいPHEVは万一の災害時でも実力発揮

    災害時にも威力を発揮するのが大きな魅力。ガソリン満タン状態なら通常の家庭で、エンジンで発電しながらV2H機器を介して約12日間分の電気を供給可能です!(並木さん)

     

     

    【フォトギャラリー(画像をタップすると拡大表示されます)】

    家電も使える未来のクルマ電気の力でキャンプを満喫


    (出典 news.nicovideo.jp)

    家電も使える未来のクルマ電気の力でキャンプを満喫

    これキャンプに使いたくなりますね!
    キャンプで電源使えるって最高ですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【家電も使える未来のクルマ電気の力でキャンプを満喫】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    なにげないドアの開閉が大迷惑! 車中泊キャンパーがやってはいけないNG行為5選

    キャンプブーム禍で一気に高まった車中泊キャンプの功罪

     新型コロナウイルスが猛威を振るい、不要不急の外出を控えることが当たり前となり、夜の歓楽街や混雑するアミューズメントパークへと足を向けることが「悪」とされてから久しい。その“言い訳“として、野外で人と接する機会が少ない「キャンプ」や「アウトドア」が急速に人気を博していったのは周知の事実。ホテルや旅館などの宿泊施設は閑古鳥が鳴いている一方、週末のキャンプ場は満員御礼という異常な事態が今もなお続いている。

     それまではノンビリとキャンプを楽しんでいた人たちにとって、この危機的状況は悪夢であり、歓迎すべき出来事ではないが、キャンプをすることは自由であり、新たなファンを拒絶する理由もなければ権利もない。最近ではテントを張ることなく簡単にキャンプが楽しめる車中泊ブームとなり「キャンプブーム」を後押ししていることは間違いない。車中泊のNG行為

    お手軽な車中泊カー人気でキャンプ場でも車中泊派が増加

     車中泊とはテントの代わりにクルマを宿泊のベース基地としてキャンプを楽しむものだが、最近ではメーカー車中泊を推奨するように数多くのオプションパーツを用意し始めている。普段は乗用車として生活を支え、週末になれば手軽なキャンピングカーとして利用する二面性があり、日常と非日常を合わせ持つ車両が増えたことで、車中泊は手軽な趣味として人気を集めているようだ。確かにキャンプを始めたばかりのビギナーにとってテントやタープの設営は大きな壁となり、キャンプサイトにクルマを乗り入れるだけで宿泊ができる車中泊は手軽であり魅力的に感じることだろう。車中泊のNG行為

     しかし、簡単であるがゆえにキャンプに対しての経験値を上げることなく楽しんでしまい、マナールールを疎かにする人たちが増えているのも事実。最近ではマナールール違反が大きな問題となり、車中泊を禁止するキャンプ場も増え始めている。先ほども記した経験値という問題だが、一度でもテントで宿泊をしたことがあれば、布一枚のテントでは外の音が驚くほど聞こえ、就寝時に通常の会話をしても迷惑になることは理解できるはず。

     しかし、テント泊という経験をせずにクルマという宿泊スペースを利用してしまうことで、会話の大きさやドアの開閉音が迷惑になることに気が付かない人が増えてしまうのは当たり前のこと。車中泊のNG行為

     そんな未成熟なキャンパーが増えればキャンプ場に対してもクレームが入り、「車中泊禁止」という決断が下されるのは当然だ。車中泊をしているキャンパーが自分で自分の首を絞めていることに気付いていないのは悲しいことでもある。では、車中泊をするにはどんなことに気を付ければ良いのだろうか? ここでは車中泊において守るべき5つの基本となるマナールールについて解説していこう。

    キャンプのクルマのマナーその1:
    「キャンプ場内は徐行が鉄則」

     キャンプ場は小さな子どもが多く、テントの影から飛び出してくる可能性もあるので、必ず徐行(すぐに停止できる速度)するのが鉄則。クルマが走ることで砂埃が立てば、ほかのキャンパーに不快な思いをさせてしまうこともあり、砂埃を立てないように走る気遣いも忘れてはならない。車中泊のNG行為

    キャンプのクルマのマナーその2:
    「エンジンは極力、始動させない」

     車中泊で一番問題になるのがエンジン音だ。乗っている人間は気付かないことも多いが、エンジンの音は静かなキャンプ場では想像以上に響いてしまう。ましてや夜間に「暑い」もしくは「寒い」からと、エンジンを始動して冷暖房を使うのは絶対にNG。エンジンをかけるのは入場と退場のときだけと考えよう。車中泊のNG行為

    The post なにげないドアの開閉が大迷惑! 車中泊キャンパーがやってはいけないNG行為5選 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    ヘッドライトの点灯

    サイレントタイムのキャンプ場

    道の駅

    車中泊キャンプ

    車中泊のNG行為

    車中泊のNG行為

    リモコンキーによるドアの開閉

    なにげないドアの開閉が大迷惑! 車中泊キャンパーがやってはいけないNG行為5選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    なにげないドアの開閉が大迷惑! 車中泊キャンパーがやってはいけないNG行為5選

    今流行りの車中泊も注意が必要ですよね!
    特にこれらの季節暑いので特に注意しないとですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【なにげないドアの開閉が大迷惑! 車中泊キャンパーがやってはいけないNG行為5選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンピングカーが活況だ。思い立ったときに、どこにでも出かけられる。そして好きな場所で車中泊できるのが大きな魅力だ。キャンピングカーを購入し、アウトドアライフを満喫しているオーナーに話を聞いた。

    ※こちらは「GetNavi」 2022年6月号に掲載された記事を再編集したものです。

     

    Owner’s Profile

    高山健司さん

    会社勤務のかたわら、犬の足が空中に浮いている状態を撮影する「飛行犬写真家」として活動。関東地方を中心に飛行犬の撮影会を実施している。焦点距離300mm、f2.8が愛用レンズ

     

    ↑愛犬がイキイキと走り、空中に浮いている写真を撮影する飛行犬撮影会を実施中。開催予定は公式HPに掲載されているのでぜひご参加を! http://www.hikoken-tochigi.com/

     

    すぐに出かけられてアウトドアでも“インドアライフ”を楽しめる!

    日本特種ボディー

    Be-Cam 1.5tモデル SAKURA

    いすゞエルフベース車両として、居住空間を積載したキャンピングカー。高山さんが購入当時は積載量1.5tだったが、現在では積載量2tのモデルのみになっている。購入時の価格は約1000万円。「愛犬たち(れあちゃん、11か月、写真左/レイちゃん、5か月、写真右)もキャンピングカーがお気に入りです」(高山さん)

     

    ↑「運転もしやすいですよ!」(高山さん)

     

    外でBBQを楽しんだあとはクルマに戻りインドアライフ

    学生時代にバイクツーリングをしていたときから、キャンピングカーに憧れていた高山さんがキャンピングカーを購入したきっかけは、犬を飼い始めたこと。愛犬と色々な場所へ旅をしたかったという。

     

    「この時期(3月下旬に取材)でもクルマに犬を置いていくとなると窓を開けておかなくちゃならない。購入した理由としては、人も犬も快適に過ごせる移動空間が欲しかったからです」(高山さん)

     

    キャンピングカー、さらにトラックベースとして居住空間を積載する“キャブコン”タイプグレードアップ。普段と変わらない生活が送りたいと考えたためだ。

     

    「以前はトヨタ・ハイエースの後部にベッドを設置して旅をしていたのですが、やはり自由度はキャブコンタイプのほうが上。いまでは外でBBQを楽しんだあと、このクルマに戻って普通にインドアライフを送れる。人も犬もゆっくり過ごせます」(高山さん)

     

    キャンピングカーの魅力を聞いた。

     

    「思い立ったときに出かけて、好きな場所に行ける。途中で行き先変更も自由。停められるスペースさえあれば、車中泊だってできます。GWや夏休みには北海道や九州にも行きます。犬と一緒に安心して長旅に出かけられるのもキャンピングカーがあるから。もっと旅を楽しみたいですね」(高山さん)

     

     

    高山さんこだわりのポイントはココ!

    [Point 1] 家庭用エアコン装備で夏も冬も快適空間!

    入口上に取り付けられたエアコンは家庭用のもの。人も犬も車内で快適に過ごすためには欠かせない存在だという。電子レンジテレビも備え、自宅と変わらない生活が送れる。

     

    [Point 2] バッテリーは鉛からリチウムイオンに換装

    高山さんが特にこだわったのが使用電力を賄うバッテリーリチウムイオンに交換したことで、丸2日エンジンをかけなくてもエアコンが運転できるそうだ。費用は50万円弱。

     

    [Point 3] 敷いたまま収納できるバンクベッドは特注品

    もうひとつのこだわりがベッド。通常は運転する際に敷いていた布団を片付けてベッドを収納しなければならないが、オーダーして布団を敷いたままでも跳ね上げればOKな仕様に。

     

    [Point 4] 荷物が多いとき活躍するリアキャリアを用意

    飛行犬撮影会実施時や、長期のドライブの際に取り付けるリアキャリア。夫婦と愛犬2頭なので車内に余裕はあるが、それでも収まらなければ雨に濡れても平気なアイテムを積載する。

     

     

    【フォトギャラリー(画像をタップすると拡大表示されます)】

    「アウトドアでもインドアライフ」を実現!? 移動も宿泊も自由自在なキャンピングカーの魅力をオーナーに聞いた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「アウトドアでもインドアライフ」を実現!? 移動も宿泊も自由自在なキャンピングカーの魅力をオーナーに聞いた

    これ気になりますよね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【「アウトドアでもインドアライフ」を実現!? 移動も宿泊も自由自在なキャンピングカーの魅力をオーナーに聞いた】の続きを読む

    このページのトップヘ