campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ自動車 > 自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    趣味車にはやっぱりハイエース最強説! 手軽に車内をイジれるモデリスタ「MRT」が面白すぎる

    嬉しい多彩な専用オプションパーツ! 自分仕様のトランスポーターがつくれるコンプリートカー

     ビジネスシーンでもレジャーシーンでも、それこそ「どんな用途に使えるか?」をあらためてリストアップしたところで、キリがないのがハイエース

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

     あえて大きく分けるとすると、ひとつは荷物を積んで運ぶトランスポーターとして役割を与えるか、一方がアウトドアレジャーや車中泊仕様(キャンパー)に仕立てるか、たいていその2つに分かれるといったところ。

     もしくはその両方を兼ね備えたいという方向になるだろう。なのだが、ハイエース初心者にとっては妄想が膨らむばかりで、ハイエースを使いこなすためのアイデアが、すぐさまいろいろと浮かぶはずもなく、ときには「宝の持ち腐れ」にもなりかねない。

     そこで、オススメしたいのが、モデリスタが用意している“ハイエース MRT”。トランスポーター派にしてもキャンパー派にしても将来的な発展を見据え、それらの原点となる架装が装備された完成車両が販売されているのだ。

    ハイエースコンプリートカー“MRT”

    「自分仕様のトランスポーターがつくれます」をキャッチフレーズに、ハイエースの内装をユーザーが好みでカスタマイズしやすいカタチで、コンプリートカー(完成車両の状態)としてモデリスタが販売しているのが“MRT”。

     MRTとはマルチロールトランスポーターを意味し、「Multi Role Transporter」の頭文字から由来するネーミング。趣味から仕事まで、マルチなユースに対して、トランスポーターの原点を追求した仕立てになっているのが特徴。モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について 原点部分となる、専用のフラットフロアやアンカーナットが標準装備され、メーカーオプション品はもちろん、MRTオプションベッドキットや補助バッテリーなどがたくさん用意されていて、外品による面倒なカスタマイズいらず。仕事でも遊びでも、ユーザーのニーズに合わせたハイエースがつくれるというワケだ。

    床仕様のType I、床+トリム仕様のType II

     そのMRTだが、ニーズに合わせて、Type I/ Type II 2つの仕様が選べるようになっている。Type Iは、使いやすさ抜群の広大なラゲッジルームがセールスポイントとなる床仕様。

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

     Type IIは、フレキシブルな使い方が可能でスマートキャンパーベースに最適な専用成形フルトリムが装備される、床+トリム仕様をラインナップ。

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

     Type I/ Type II共通で標準装備される架装は、専用ロンリュームフロア(フラットフロア)とアンカーナット、専用バックドアアルミ製スカッフプレート)の3点。ロンリュームフロアとは、塩化ビニールの一種で、防滴構造になっていて、汚れたときも手入れがとても簡単。

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

     アンカーナットはフロア16箇所(Type I、II)、トリム8箇所(Type IIのみ)あり、耐荷重は1ヵ所につき50kgで、付属のD環フック(タイダウンフック)が使えるほか、市販の8mm径のボルトサイズが使用可能。モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について


    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    モデリスタが展開するハイエース用コンプリートカー「MRT」について

    趣味車にはやっぱりハイエース最強説! 手軽に車内をイジれるモデリスタ「MRT」が面白すぎる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    趣味車にはやっぱりハイエース最強説! 手軽に車内をイジれるモデリスタ「MRT」が面白すぎる

    やっぱりハイエース最高ですね!!

    欲しくなる!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【趣味車にはやっぱりハイエース最強説! 手軽に車内をイジれるモデリスタ「MRT」が面白すぎる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    便利すぎて驚くこと間違いナシ! アウトドアでも普段使いでも重宝する「技ありラゲッジ」のコンパクトカー4選

    3ナンバーワゴン並みの荷室を持つクルマも!

     アウトドアなどを楽しむためには、荷物がどっさり入るクルマが必要だ。しかし、デカいボディは自宅の駐車スペースや取り回しを含めて遠慮したい・・・・・・。でも、それはちょっと無理な相談というものだろうと思いきや、意外とそうではない。小柄な5ナンバサイズクルマにして、アウトドアや趣味の道具をどっさり積めるクルマがある。

     ここでは、軽自動車を除くクルマ、それも後席を畳むことなく、荷室の広さ、抜群の使い勝手の良さ実現している、積載性における下克上的なクルマたちを紹介したい。

    ホンダ・フリード+

     その筆頭が、コンパクトミニバンのフリードの3列目席を取り払った、大容量ワゴンと表現していいフリード+だ。何しろ荷室の開口部からして低く、広い。開口部地上高はなんと335mmと、ノンステップバスのステップ約300mmに迫る低さだ。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

     開口部も幅1080mm、高さ1255mmと広大(フロアの低さが開口部高に貢献)。実際に荷物を積むスペースは、デッキボードを使わない場合は、奥行1000mm、幅670mm、高さ1360mm。デッキボードを使わないと、左右のタイヤハウスが出っ張るため、幅方向は制限されるものの、奥行は3ナンバーワゴン並みで、さすが高さ方向は高全高ミニバンならではの余裕がある。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

     しかも、上下2段で使えるラゲッジルームに用意されたリバーシブルのユーティリティボード(フロア地上高730mm、フロア奥行き890mm、フロア幅1270mm、天井高975mm、耐荷重200kg)を利用すれば、荷物を上下2段に分けられ、後席格納フロアとユーティリティボードフラットにつなげて車中泊用のベッドスペースに仕立てても、下段(フロア地上高335mm、奥行き1000mm、幅670mm、高さ)のアンダーラゲッジスペースに荷物を収納できるから超便利。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

     また、ユーティリティナットを使えば、荷物の積載をより便利に確実にできる点にも注目だ。とにもかくにも、普段の買い物はもちろん、アウトドアキャンプなどの大荷物も余裕で積みこめ、使い方自由自在の魔法のパッケージを実現しているのがフリード+なのである。

    トヨタ・シエンタFUNBASE

     フリード+を紹介したからには、同種のシエンタFUNBASEも取り上げたい。こちらも、コンパクトミニバンのシエンタの3列目席を取り払い、ここだけの話、3列シートシエンタよりも座り心地のいい2列目席(後席)が奢られた大容量コンパクトワゴンというべき1台。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

     開口部地上高はデッキボード下段のローデッキ状態で530mm。世界のステーションワゴンの平均値が約620mmだから、フリード+ほどではないにしても、かなり低く、重い荷物の出し入れも楽々だ。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

     開口部は幅1050mm、高さ935mm。実際に荷物を積むスペースは、奥行935mm、幅1060mm、高さ1100mm(ローデッキ状態)。しかも、フロアをギリギリまで低く攻めたフリード+と違い、荷室フロア手前と奥に床下収納があるから、転がりやすいアイテムをしまっておくのに便利。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

     また、こちらもデッキボードによって荷室を上下2分割できるから、重いものを下段に、軽いものを上段に、という使い分けができて便利。もちろん、後席格納によって、フリード+同様、荷物の収納場所を確保した(デッキボード下段)車中泊も可能だ。小柄だけど荷室が広いクルマ4選

     とはいえ、全高がフリード+で1710mm、シエンタFUNBASEで1675mmもあるから、駐車場の全高制限などで欲しくても買えない・・・・・・という人もいるはずだ。

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    小柄だけど荷室が広いクルマ4選

    便利すぎて驚くこと間違いナシ! アウトドアでも普段使いでも重宝する「技ありラゲッジ」のコンパクトカー4選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    便利すぎて驚くこと間違いナシ! アウトドアでも普段使いでも重宝する「技ありラゲッジ」のコンパクトカー4選

    これいいですね!!

    私もフリード+なんで乗っててよかった笑

    IMG_3956



    <このニュースへのネットの反応>

    【便利すぎて驚くこと間違いナシ! アウトドアでも普段使いでも重宝する「技ありラゲッジ」のコンパクトカー4選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    最新SUVよりも斬新ってどういうこと? アウトドアで誰よりも「ドヤれる」オシャレすぎる中古SUV3選

    短命だったけど今こそ乗りたい3台のSUV

     各メーカーから登場するクルマの中には、何代にも渡って販売される車種もあれば、1代限りで終了してしまうモデルもある。しかし、それはデビューがちょっと早すぎただけで、今ならひょっとして大化けする可能性があるかもしれない。

     特に現在、世界的に大ブレイクしているクロスオーバーモデルがその筆頭だ。アウトドアユースにピッタリなデザインや機能、走破性を持ちつつ、今見てもオシャレ!! そんな、中古車でしか手に入らないオススメの3台を紹介したい。

    1)トヨタ・FJクルーザー

     まずはヘビーアウトドアユーザーにピッタリだと思えるのが、2010年12月に日本で発売され、2018年1月に生産が終了した、トヨタの「FJクルーザー」である。アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

     もともと北米専用車として開発された、往年の名車「FJ40ランドクルーザー」をオマージュした、見た目以上に本格的なSUVクロスカントリーモデルであり、日本に導入されていない頃から、並行輸入で人気爆発。それを見て急遽、国内でも生産・販売されることになった経緯がある。アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

     レトロチックデザインを特徴とするボディは全長4635mmに対して、全幅が1905mmもあるのは、やはり北米向けだったからで(北米ではミドルサイズだが)、コンパクトに見えても、タフなフルフレーム構造のプラットフォーム、本格クロスカントリーモデルならではのパートタイム4WD、4L V6エンジンを搭載することから、車重は1.8~1.9トンに達する。アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

     現在もたまに街中で見かけるが、鮮やかなボディカラーもあり、実に目立ち、新鮮でもある。意外なことに(!?)アウトドアユースでの使い勝手も優秀で、防水&撥水処理済みのシート表皮や荷室(ワイパブルフロア)、6:4分割の後席格納時の広大でフラットスペースなど、令和のアウトドアシーンでもまったく遜色ない使いやすさの持ち主である。もしかしたら、最新のSUVよりアウトドアにオススメできるかもしれない1台だ。アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

     ただ、中古車の流通量がそれほど多くないため、現在の中古相場は139万円から429.8万円と高値安定の傾向。アウトドアやサーフ&ウインタースポーツに使われることも多いから、走行距離が少ないタマに出会えたらラッキーである(程度とは別問題だが)。アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

     なお、2010年の発売以来、2012年7月、2013年7月、2014年7月に一部改良が行なわれているが、基本部分の途中改良はない。


    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選

    最新SUVよりも斬新ってどういうこと? アウトドアで誰よりも「ドヤれる」オシャレすぎる中古SUV3選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    最新SUVよりも斬新ってどういうこと? アウトドアで誰よりも「ドヤれる」オシャレすぎる中古SUV3選

    これいいですね!!
    最高ですね!!

    こんなSUVでキャンプ行きたいなあー笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【最新SUVよりも斬新ってどういうこと? アウトドアで誰よりも「ドヤれる」オシャレすぎる中古SUV3選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    詳細画像はこちら

    どんなクルマ?

    textShigeo Kawashima(川島茂夫)
    photo:Keisuke Maeda(前田恵介)

    プリウスPHVに続くプラグインハイブリッド車として開発されたモデルが、RAV4 PHVである。

    その名のとおり、外部からの充電が可能なのがPHVの特徴だが、PHV化に合わせた変更が加えられている。スペックで最も目立つのはハイブリッドバッテリーの容量拡大である。

    詳細画像はこちら
    トヨタRAV4 PHVブラックトーン。    前田恵介

    1.59kWhのRAV4 HV(ハイブリッド)に対して、PHVは10倍以上の18.1kWh。

    しかも劣化抑制のための常用容量制限が厳しいニッケル水素から制限が少ないリチウムイオン電池への変更で、実用容量の差はさらに拡大している。

    また、E-Four(Eフォー)の後輪駆動ユニットは共通しているが、ハイブリッドシステムと一体となった前輪駆動モーターを、HVの46kW(62ps)増となる134kWの新型モーターに変更。

    エンジン型式はHVと共通するが、これもPHV用にトルク特性などの見直しが図られている。

    興味深いのは外部充電システムである。

    充電時間/価格差について

    外部充電の方式は、普通充電のみの対応。100V/6A、もしくは200V/16Aとなり、充電時間の短い200Vでも満充電には5時間以上掛かる計算だ。

    当然、出先での再充電は難しく、車両保管場所での充電が基本となる。

    詳細画像はこちら
    RAV4 PHVは、9インチディスプレイオーディオが標準搭載される。    前田恵介

    ちなみにプリウスPHVは、OP設定で急速充電に対応できる。急速充電スタンドの普及と急速充電必須のEV(電気自動車)を考えると、PHVは急速充電スタンドの使用を控えるべきとの考え方もあり、普通充電のみとしたのは1つの見識ではある。

    価格は装備揃えでHV/Eフォーの約70万円高。プリウスのHVとPHVにほぼ準じた価格差であり、ベース車の元値の違いを考慮するならプリウスよりも多少手頃感のある値付けだ。

    アウトドア趣味のレジャー適応で主役となるミドルSUVとしては射程距離に収まる価格設定でもあり、走りの付加価値を気に入ればエコプレミアムに傾倒していなくても狙い目となりそうである。


    どんな感じ? 内外装、演出は少

    外観を見てPHVと見当がつくのは「PHV」「PLUG-IN HYBRID」のバッヂと右リアフェンダー部にある充電用ハッチの有無、フロント・フォグランランプ形状の差くらい。

    標準系モデルガソリン/HV)には設定のない黒色ルーフの2トーン車体色なら即PHVと分かるが、PHVを選んだことをこれ見よがしにしたいユーザーにとっては外観の差が少なすぎる。

    詳細画像はこちら
    トヨタRAV4 PHVブラックトーンの前席内装。    前田恵介

    走行性能や走りの味わいで選ぶ、内容本意のモデルとして捉えて欲しいのだろう。

    余談ながら標準系にも2トーン車体色は設定されるが、オフローダー感を高めた専用フロントマスクを採用したアドベンチャー専用で、ルーフ色も白。PHVアドベンチャー同様の外装設定はない。

    内装も標準系モデルに準じている。PHVにはパッドPC的なデザインの9インチDA(ディスプレイオーディオ)が標準装着されているが、同様のものが標準系にもディーラーOPで設定されているので、内装も「これ見よがし」の演出はない。

    使いこなしたい、走行モード

    PHVをさり気なく主張するのはセレクターレバー前方に設置された2つの走行モード切替スイッチ

    1つは、HV/EV/チャージの走行モードの選択。もう1つは、HVモード/EVモードを自動で切り替えるAUTOオートモード用。

    使い分けるのが面倒臭そうだが、それぞれの走行モードパワートレインの稼働状況だけでなく運転感覚も多少異なり、上手に使い分ければより効率的な走行が可能になる。


    HVモード 上位モデルの走り

    HVモードは標準系HVに似た印象で、全体的に力感を嵩上げしている。

    低速域では電動走行を主体とするが、速度や加速の上昇に対して比較的早いタイミングエンジンを稼働。内燃機/電動の二人三脚で、HVモード選択時の蓄電量を維持するように制御。

    詳細画像はこちら
    トヨタRAV4 PHVブラックトーン。    前田恵介

    市街地や一般路では滑らかに力強く、深い踏み込みの加速では標準系HVを上回るダッシュ力を発揮。PHVが動力性能面でも標準系HVの上位モデルなのが実感できる。

    EVモードは、蓄電量が不足しない限りエンジンを一切稼働させない。アクセルを床まで踏み込んでもだ。

    また、PHVのエアコンは冷暖房とも家庭用エアコン同様に電動コンプレッサーを用いたヒートポンプ方式を採用するので、原則的にエンジンの暖機稼働も行わない。

    電動パワーの制御 その出来は?

    電動の特徴の1つは、ペダル操作に対するトルク増減の応答遅れがほとんどないこと。そのままでは神経質なので、プログラムで俊敏な反応と穏やかな繋がりを作るのが勘所。この制御は上手い。

    電動ならではの力強い反応と、身構える必要のない運転のしやすさが、巧く融合している。

    ただし、深い踏み込みでの加速は意外と緩い。アクセルペダル・ストロークの半分くらいで、最大トルクの7割を使ってしまうような感じである。前後モーターの出力合計が174kW、馬力換算なら240ps近い出力を考えれば遅いような気もするが、PCUなどの容量から全開加速性能はNAの2L車相応に抑えているとのこと。

    もっとも、試乗チェックのために全開にしたものの、ふつうに走ればペダルストロークは半分以下。EVモードの意義からしても難点というほどではない。


    心地良いAUTOモード

    チャージモードは、蓄電量低下時に外部充電なしでEVモード復帰するための機能とすれば分かりやすい。

    駆動制御はHVモードに準じていたが、停車時も含めてエンジンは稼働。エコ的にはオマケ程度の機能だが、AUTOモード用の支援モードとしては有意義。

    詳細画像はこちら
    内装におけるPHVの識別点は、2つの走行モードの切替スイッチ。HV/EV/チャージの選択ボタン、もう1つはAUTOモードボタン。    前田恵介

    AUTOモードは、HVモードとEVモードの「いいとこ取り」である。

    十分な蓄電量がある状態ならEVモードを基本として、急加速などのパワーが必要な状況で自動的にHVモードに移行。EV時の力強く滑らかな力感と、HV時の伸びやかな加速がシームレスに繋がり、市街地から高速までとても心地よいパワーフィールを示す。

    燃費を考えるとあまり勧められないが、蓄電量が低下してEVモードに入らなくなったらチャージモードを使って復帰させるのも手である。

    最低地上高/安全装備/荷室

    その他の走行関連の機能は、HVのEフォー車に準じている。

    4WDトルク分配制御ではスタックからの脱出を想定し、前後輪のトルク分配に加えてブレーキを用いた電子制御LSD効果を強化したトレイルモードを設定。

    詳細画像はこちら
    トランク下のスペースPHV化によってこのとおり。荷室のアレンジも写真に撮ってきたので確認して欲しい。    前田恵介

    重量増は多少気になるものの、195mmの最低地上高(ブラックトーン:200mm)と合わせて他標準系に勝るとも劣らない悪路踏破性が期待できる。

    全車速型ACCや前走車追従モードを備えた走行ライン制御型LKA(レーン・キーピング・アシスト)などのトヨタセーフティ・センスの内容も共通。フットワークは重量増が利いてか沈み込みを意識する重質な味わいが深まったが、大まかにはHVに似た味わい。

    ダートランナー的な適度な硬さで、収まりと追従性のいいハンドリングを示す。

    床下収納スペースが減少しているが、それ以外のRAV4の魅力は維持もしくは上乗せ。アウトドア趣味を楽しむためのSUVらしい実用性を備えている。


    「買い」か?

    RAV4 PHVの注目して欲しいスペックの1つは、HV走行でのWLTCモード燃費。

    市街地/郊外/高速の全モードで標準系Eフォー車を上回っている。とくに、市街地モードでの上げ代が大きい。

    詳細画像はこちら
    トヨタRAV4 PHVブラックトーンの後席内装。    前田恵介

    標準系Eフォー車より210kgも重くなって不思議に思えるかもしれないが、重量増は運動エネルギーの蓄積量増に直結。加速で消費したエネルギーを回生で効率良く回収できれば、損失は抑えられる。

    効率的なHVでは、重量増は燃費のハンデにならない。要するにPHVは、回生ブレーキ効率が標準系HVから向上しているのだ。

    高速モード燃費の向上については、モーターの高出力化で電動の効率低下速度域が高まったと考えるのが妥当だろう。HVシステムそのものがグレードアップしているのだ。

    だからといってHVとの価格差を燃費で回収するのは無理。

    新型車PHV 向いているユーザーは?

    満充電からの300kmドライブをしたとしても、燃料代(除充電代)の差額は800円150円/L換算)前後。

    週一のペースで70万円を回収するには18年も掛かってしまう。ならばEV走行レンジの95kmで計算すると9万km以上の走行距離が必要。

    詳細画像はこちら
    トヨタRAV4 PHVブラックトーン。    前田恵介

    言うまでもなくEVモードだけで10万km近く走れるならEVを選んだほうがいい。つまり、経済的に考えればPHVを選ぶメリットはない。

    それでもRAV4 PHVは魅力的だ。

    EV走行だけでなくHVとしての性能に優れる。SUVとして良質な走り。アウトドア趣味に使いやすいキャビンやボディワーク等々。

    高価といってもプレミアムSUVとすれば納得できる価格。

    もちろん、エコ性能やアウトドア趣味を軸脚にした価値感の上でだが。寧ろアウトドア趣味を楽しみたいからこそ、環境負担の少ないSUVを求めるユーザーには当を得たモデルといえよう。

    RAV4 PHV 試乗車スペック

    トヨタRAV4 PHVブラックトーン(プラグイン・ハイブリッド/Eフォー)

    価格:539万円
    全長:4600mm
    全幅:1855mm
    全高:1695mm
    最高速度:-
    0-100km/h加速:-
    燃費:22.2km/L(WLTCモード
    CO2排出量:105g/km
    車両重量:1920kg
    ドライブトレイン:直列4気筒2487cc+モーター
    使用燃料:ガソリン
    最高出力(エンジン):177ps/6000rpm
    最大トルクエンジン):22.3kg-m/3600rpm
    最高出力(前モーター):182ps
    最大トルク(前モーター):27.5kg-m
    最高出力(後モーター):54ps
    最大トルク(後モーター):12.3kg-m
    ギアボックス:電気式無段変速機
    乗車定員:5名


    詳細画像はこちら
    トヨタRAV4 PHVブラックトーン。    前田恵介


    トヨタの記事
    トヨタRAV4 PHVブラックトーン
    トヨタ・ランドクルーザー・プラド・ユーティリティ 3ドア(英国仕様)
    【2020年版】AUTOCAR英編集部が選ぶ「いま新車で買えるクルマ」ベスト50 中編
    【強烈なスタートダッシュ】トヨタ新型ハリアー、約4万5000台の注文 月販目標台数の10倍超え

    【プラグインの評価は?】トヨタRAV4 PHV試乗 ハイブリッド仕様との違い 充電/内装/荷室は?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【プラグインの評価は?】トヨタRAV4 PHV試乗 ハイブリッド仕様との違い 充電/内装/荷室は?

    これキャンプに行くのに最高のSUVですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【【プラグインの評価は?】トヨタRAV4 PHV試乗 ハイブリッド仕様との違い 充電/内装/荷室は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「クルマ選び」で「キャンプ」は変わる! 同じに見えるライバル車でも「違う」アウトドア向け車種の選び方とは

    夏だ、キャンプだ! クルマはどれにしよう?

     コロナ禍の影響を受ける今年の夏休みレジャーは、飛行機で遠くへ出かけるのではなく、クルマで近くへ行くのが主流となりそうな気配である。なかでも増えそうなのが、“密”を避けてのアウトドア。そしてキャンプだ。クルマで自然の中へ出かけてのんびりしようというわけである。キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

     なかには、キャンプデビューにあわせてクルマを購入する、もしくはキャンプに備えてクルマを買い換えるという人もいるだろう。今回は、そんな人のために「キャンプへ出かけるクルマ選びで知っておきたいポイント」を伝授しよう。

    荷室の広さはもちろんのこと 室内高もポイントに 

     テントでの宿泊を伴う本格的なキャンプなら、荷物はそれなりに多くなる。ただ「何人で出かけるか」というのが最初のポイントで、仮に常に2人以下で出かけるのなら軽自動車コンパクトカーでも問題ないだろう。後席を畳めばいいからだ。そもそも、大人数に比べると荷物は少なく収まる。キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

     ただし、3人以上となるのであれば荷室の広さを気にしたほうがいい。荷物が増えがちだし、さらに4人以上となると後席(3列車の3列目を除く)を畳めなくなってくるからだ。

     具体的に荷室が広めのクルマといえばSUVステーションワゴン、そしてミニバンなどが候補になってくる。ただしいずれも、コンパクトタイプになると基本的に荷室は広くないので注意。

     SUVならスバルフォレスタートヨタ・RAV4などミドルクラス以上、ステーションワゴンはスバル・レヴォーグなどCセグメント以上、そしてミニバンであれば日産・セレナトヨタ・ヴォクシー/ノア、ホンダステップワゴンなどMクラス以上であればその点安心。キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

     ちなみに、同じクラスであればSUVよりもステーションワゴンのほうが荷室は広い傾向にある。わかりやすい例が、スバルではフォレスターよりもレヴォーグメルセデス・ベンツではGLCよりもCクラスワゴンの荷室のほうが広いことだ。

     さらに注目ポイントは床面積の広さに加えて荷室天地高の高さ。高さがあれば荷物を重ねて積んだり、折り畳んだチェアやテントなどを立てて積んだりできる。だから積載性を考えれば、SUVステーションワゴンよりはミニバンが有利だ。

    最低地上高も注意したい

     多くのキャンプ場は、一般的なクルマであれば走れるように整備されている。しかし、やはり山の中にあるので時には大きな段差や斜面もあり、そこで車体を摺らないように神経を使う状況も大いにありえる。キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

     そこでこれからクルマを買うならチェックしたいのが、カタログに記載されている最低地上高だ。これは地面から車体の底までの隙間の大きさで、数値が大きいほど路面の凹凸などに強い。だからキャンプ場内やその周辺を走る時に、不整地でも気を遣わなくて済むのである。キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

     有利なのはもちろんSUV。だからキャンプSUVが便利なのだが、たとえばミニバンでも三菱・デリカD:5のように高い悪路走破性を誇るモデルがあるので積載性の高さとともに魅力的だ。

     またオーバーハングも短い方が急斜面を乗り上げる際は有利。とはいえ、そこばかり見ていても欲しいクルマから条件が離れてしまう。結局は使い方とのバランスになるだろう。

    クルマにAC電源があると非常に便利

     こだわりキャンパーなら一切の電気製品の使用を拒否するかもしれない。しかし、今どきのキャンプシーンでは電気製品があるととても便利だ。キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

     スマホタブレットの充電から始まり、ハイブリッドカーの大容量タイプならちょっとコーヒーを飲みたいときに電気ケトルでお湯を沸かしたりコーヒーメーカーも活用可能、炊飯器でご飯を炊いて食事の準備にゆとりをもつのもいいし、その気になればホットプレートだって活用できる。アイデアは無限に広がるのだ。

     できれば電流の大きなハイブリッドだとベターで、エンジンをかけずに長時間にわたって電源を活用できるプラグインハイブリッドカーだとベストである。


    キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

    キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

    キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

    キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

    キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

    キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

    キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

    キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

    キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

    キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

    キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

    キャンプに行くクルマには荷物を積む十分なスペース、余裕ある最低地上高、AC電源、車内防水対応があれば助かる

    「クルマ選び」で「キャンプ」は変わる! 同じに見えるライバル車でも「違う」アウトドア向け車種の選び方とは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「クルマ選び」で「キャンプ」は変わる! 同じに見えるライバル車でも「違う」アウトドア向け車種の選び方とは

    これ気になりますね!!

    皆さんも参考にしてくださいね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【「クルマ選び」で「キャンプ」は変わる! アウトドア向け車種の選び方とは】の続きを読む

    このページのトップヘ