campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ自動車 > 自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ランクルやジムニーよりも「HV&PHV車」! キャンプでは「ワイルドさ」より電気の「便利さ」が圧勝だった

    エコで超便利なアウトドアを楽しむことができる!

     アウトドアに行くなら、ガソリン車やディーゼル車でワイルドにグイグイ行くものだ・・・・・・という考え方も分からないでもないが、実はHV(ハイブリッド)やPHVPHEVプラグインハイブリッド)といった電動車で行けば、ガソリン車では得られないメリットが得られ、エコなアウトドアライフを満喫できることをご存じだろうか。

     ここで言うHV/PHVPHEV)とは標準装備、あるいはオプションでAC100V/1500Wコンセントが装備されるクルマを指す。アウトドアに適した車種で言えば、トヨタならRAV4 HV&PHV、CH-R HV、ホンダCR-V HV、三菱はアウトランダーPHEVなどのSUV、あるいはAC100V/1500Wコンセントが装備されているHVミニバンなどを指す。アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

     以前、HV、PHEV車で八ヶ岳や那須高原へアウトドアドライブしたことがあるが、アウトドアシーンガソリン車ではできない最大のメリット、使い勝手の良さとして、例えばアウトドアの目的地に向かう途中の高速道路バッテリーをためる走行を行っておけば、高速道路のICを下りたリゾート地の一般道や田舎道を走る際にEV走行が可能になり、きれいな空気を汚さずに、目的地のアウトドアフィールドに到着できることになる。アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

     実際、那須高原のキャンプ・アンド・キャビンズというアウトドアフィールドを訪れる際も、東北自動車道那須ICから約3.6キロの距離にあるため、多くのHV、PHVPHEV)でEV走行(条件によっては一部)が可能なのだ。

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    ランクルやジムニーよりも「HV&PHV車」! キャンプでは「ワイルドさ」より電気の「便利さ」が圧勝だった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ランクルやジムニーよりも「HV&PHV車」! キャンプでは「ワイルドさ」より電気の「便利さ」が圧勝だった


    これ気になりますね!!

    うちもHVとポータブル電源で笑



    <このニュースへのネットの反応>

    【ランクルやジムニーよりも「HV&PHV車」! キャンプでは「ワイルドさ」より電気の「便利さ」が圧勝だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日産自動車は、関連会社である株式会社オーテックジャパンから2020年9月24日(木)、人気の高まる車中泊ニーズに対応したNV350キャラバンマルチベッド」を日産の販売会社を通じて同日より全国一斉に発売することを記念して、2020年9月24日(木)~10月12日(月)までの期間、「日産のクルマで”車中泊”の旅に出よう!」キャンペーンの参加者を募集をします。

     新型コロナウイルスの感染拡大を背景に移動することへの懸念や不安があるなか、日産は少しでも安心できるクルマでの旅をお手伝いすべく、本キャンペーンを、「日産のクルマで“車中泊”の旅に出よう!」と称し、1組様限定で、「日産キャラバン」・「NV200バネット」・「セレナ」の車中泊仕様車、ならびに車中泊アイテム(寝袋、照明道具、クーラーボックス、小さいテーブル、椅子)を最大2泊3日無償貸し出しするTwitterキャンペーンとして展開します。

     昨今、コロナ禍において他人と接することなく、プライベートな時間を楽しむことができる“車中泊”の人気が高まっています。こうした需要を受け、「日産キャラバン」から、2020年9月24日(木)より、ベッドキット付き車両「NV350キャラバンマルチベッド』」が発売され、本キャンペーンでは、同車も体験いただけます。

     あなたが行きたかったアノ場所へ!いつでも、どこでも、自由気ままに泊まって、過ごせる快適な”車中泊”をご体感ください。
    応募者の中から抽選1組限定で、“車中泊仕様車”ならびに車中泊アイテム(寝袋、照明道具、クーラーボックス、小さいテーブル、椅子)を無償貸し出しするTwitterキャンペーンです。
    行き先は自由、日産の“車中泊仕様車”で、最大2泊3日の旅に出たい方を募集します。

    ・キャンペーン名:
    日産のクルマで”車中泊”の旅に出よう!キャンペーン

    ・応募期間:
    2020年9月24日(木)~2020年10月12日(月)まで

    ・応募方法:
    STEP 1 Twitterで日産公式アカウント「@NissanJP」をフォロー
    STEP 2 あなたの行きたい場所(具体的な地名でなくても可能)と「#日産のクルマ車中泊」のハッシュタグをつけて、Twitter投稿
    STEP 3 当選者に選ばれれば、いざ車中泊の旅へ!

    ・応募資格:
    1. 日本国内で有効な普通自動車免許を保有しており、運転経験が1年以上の、20歳以上の方(ご同伴者も20歳以上限定とさせていただきます)
    2. 当選された場合、旅先での“車中泊”の様子をご自身のSNSにて投稿をいただける方
    (またその投稿を日産オフィシャルSNSリツイートをさせていただける方)
    3. 事務局よりご提示をさせていただいたお願い・注意事項に対し、承諾・遵守いただけること。
    4. 貸出中に発生した一切の事故・トラブルに関し、全てご自身の責任においてご対応いただくことを了承いただけること。

    車中泊体験期間および貸し出し期間:
    2020年10月26日(月)~2020年11月30日(月)のうち、最大2泊3日
    車中泊にともなう宿泊施設使用料・移動費用(燃料代/高速代など)などの実費は当選者さま負担
    ※詳細は当選後に相談・調整とする

    ・集合および解散場所(貸し出し車両のお引き渡しおよび返却場所):
    日産自動車グローバル本社(予定)
    220-8686 神奈川県横浜市西区高島1丁目1−1

    ・当選人数:
    1組3名様まで
    ※車内で快適にお休みいただける人数の目安です。

    ・注意事項:
    イベント内容は、事前に告知することなく変更する場合があります。
    ※当選後、やむを得ず体験をお断りする可能性がございます。
    • キャンペーン以外にも、“車中泊仕様車”を体験できる期間限定の車両展示イベント開催
    日産の“車中泊仕様車” 「日産キャラバン」・「NV200 バネット」・「セレナ」を実際に体験いただける期間限定の車両展示イベントを、神奈川・大阪の全国2カ所で開催します。
    実際にその場で乗車体験いただくこともできる期間限定イベントですので、ぜひこの機会にお試しください。

    神奈川
    ・日程:2020年10月10日(土)・11日(日)
    ・場所:モレラ東戸塚 モレラパーク

    ≪大阪≫
    ・日程:2020年10月31日(土)・11月1日(日)
    ・場所:ららぽーと和泉

    ※実施有無・日時及び展示内容などは、
    予告なく変更または中止する場合がございます。予めご了承ください。

    NV350キャラバンマルチベッド」は、荷室スペースに左右跳ね上げ式のベッドシステムと硬質のフロアパネルを装備することにより、車内での快適な休憩や宿泊のためのスペースを提供するとともに、荷物の積載性を向上させたモデルです。
    ベッドは荷室全面にわたって展開できるほか、左右に独立させた2ベッド仕様での使用もできます。また、オプションの可倒式テーブルを設置すれば、ベッドをベンチにしてテーブルでの作業が可能になります。アウトドアスポーツや大きな機材を使用する趣味に、さらには、テレワークの仕事部屋としてなど、使用シーンに合わせてさまざまなアレンジが可能です。

    発売日:9月24日(木)
    製品情報の詳細はコチラよりご覧ください。
    http://www.autech.co.jp/sv/nv350caravan_multibed/index.html

    配信元企業:日産自動車株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【1組限定】日産が“車中泊仕様車”を無償で貸し出します!「日産のクルマで“車中泊”の旅に出よう!」キャンペーン ~同日より、NV350キャラバン「マルチベッド」を発売~


    これイイですね!!

    こんな企画ぜひとも応募したくなりますね!





    <このニュースへのネットの反応>

    【【1組限定】日産が“車中泊仕様車”を無償で貸し出します!「日産のクルマで“車中泊”の旅に出よう!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     電動モーターで走るEV(電気自動車)やPHEVプラグインハイブリッド車)は、走行用に大きなバッテリーを搭載しています。

    【画像】プリウスやリーフはまるで「走る蓄電池」

     もちろん重量1トンを超えるクルマを走らせるには、相応のエネルギーが必要なためなのですが、せっかくの大容量バッテリー、走るためだけでなく他のことにも使えないの? とも思ってしまいます。

     これまでと同じようにシガーライターソケットからUSB経由でスマホの充電などを行うほかに、家と同じ家庭用AC100V出力ソケット(コンセント)も備え、家電も自在に使えてしまうクルマが増えてきています。

     例えば、アウトドアシーンでこれまで使えなかった家電を使って調理したり、災害による停電時に非常用電源として活躍したり。今回は、まるで巨大なモバイルバッテリーのように使えてしまう「AC100Vコンセントがあるクルマ」を紹介します。

    三菱自動車アウトランダーPHEV

     三菱自動車の「アウトランダーPHEV」はプラグインハイブリッド、簡単に言えば「エンジンも搭載しているけれど、モーターバッテリー、外部充電端子付きでほぼEVみたいに使えるタイプ」となるクルマです。

     かつての「パジェロ」や「RVR」などアウトドア系車種のイメージが強い三菱自らしく、このクルマも多目的に使えるSUV型。そして、最大1500Wの出力が可能なAC100V電源を標準搭載します。

     この「最大1500W」はかなり重要なポイントです。一般家庭のAC100V壁コンセントも1500Wまで。つまり、持ち運べる規模の自宅の家電ならばほぼ全て使えます。例えば家で定格消費電力が大きいもの……電子レンジドライヤー、コーヒーメーカーや電気ケトル、電気ストーブ炊飯器ゲーミングデスクトップPCなども「車内で」使えるということになります。

     例えば「キャンプ場にコーヒーメーカーやホットプレートやIHクッキングヒーターを持っていく」「海から上がった後にドライヤーで髪を乾かす」「車中泊で電気毛布を使う」といった使い方などは大アリなのではないでしょうか。

     なおアウトランダーPHEVには、三菱自動車とゲヒルンが共同開発した「NERV“制式”車両」というガチ仕様も存在します。

    ホンダステップワゴン」と「Honda e」(タイプオプション

     ホンダも「ステップワゴン」などにAC100V電源コンセント装備をオプションで用意しています。

     AC100Vコンセントはセンターコンソールトレーの後方に設置。このセンターコンソールトレーにはスマホ充電に便利な急速充電対応のUSB端子も2個備わります。また、3列目にもDC12V出力のアクセサリーソケットを備えます。いろいろあって便利そうです。

     このほか、期待の100%EV「Honda e」にもしっかりとAC100V出力端子を用意します(Advanceグレード)。センターコンソールにはこのほかにUSB端子2個、DC12V出力のアクセサリーソケット、HDMI入力端子、後部座席にも充電用USB端子を2個備えます。

    トヨタ自動車プリウスPHV」など

     トヨタは、ハイブリッド車プリウス」、プラグインハイブリッド車の「プリウスPHV」などにアクセサリーコンセントとして車内に1500W対応のAC100V出力コンセントを標準搭載。車体の充電端子に差してAC100V出力の電源を取り出せる「ヴィークルパワーコネクター」も付属します。

     プリウスPHVは「EV給電モード」と「HV給電モード」という2つの給電モードを用意しています。

     EV給電モードエンジンを止めたまま、バッテリー残量が一定以下になったら給電終了というもので、主にアウトドアシーン向け。HV給電モードバッテリーが減ってきたらエンジンをかけて給電を継続する停電・災害時向け。HV給電モードは、ガソリン満タン時/一般家庭が日常使用する電力量(約400W/時)で4~5日の電力を供給可能としています。

     さらにプリウスPHVは太陽光で充電できる「ソーラー充電システム」のオプションもあります。このほか、シエンタアルファードなど家庭用電源コンセントを用意する車種/グレードも増えています。

    日産自動車リーフ」(V2H機器/外付け機器)

     国内EVの先駆者である日産自動車100%EV「リーフ」は、走行用バッテリーを蓄電池としても活用するシーンをとてもプッシュしています。

     それが、災害などで停電したときに「家まるごと」へ電力を供給する「V2H(Vehicle to Home)」です。家中ほとんどの家電に、例えば200Vのエアコンなども含めて給電できます。設備投資費はかかりますが、停電時でなくともリーフバッテリーに切り替えて、自宅の電気代を節約するといった使い方もできます。

     もう1つは移動型。こちらは屋外アウトドアシーン、そして災害時・避難所などでの利用を想定し、リーフのCHAdeMO端子からAC100V出力に変換する専用機器を介して実現します。

     専用機器はAESC「LEAF to 100V(コンセント3口、合計出力1500W)」やニチコン「パワー・ムーバー(コンセント3口、各口1500W、合計4500W)」などがあります。機器は30万円ほどからとちょっと高額ですが、用途を考えると、備えあれば……となり得ます。

     なお、商用EV「e-NV200」など、標準で最大1500W対応のAC100Vコンセントを備えてる車種も増えています。

     今回のポイントは「備え付けでスマートに使えること」と「(常識的な範囲の家電ならばほぼ使える)1500W対応」、そして将来的に「V2H」まで拡張できることです。

     単にAC100V出力をクルマで使うならば、DC12Vのアクセサリーソケット(シガーライターソケット)からAC100Vに変換する機器もあります。大容量バッテリーを備えたポータブルバッテリーモバイルバッテリーの大型版で、USB充電だけでなくAC100Vコンセントなども備えるもの)を導入するのも手軽に実現できる方法の1つです。

     クルマの利用シーンを楽しく広げるものとして、そして万が一の備えとして「AC100Vコンセント付き」もクルマの比較検討材料に加えてみてはいかがでしょうか。

    (掲載は車名順)

    増えてきた「家庭用コンセント」を備えた/対応するクルマ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    車内で家電が使える! AC100Vコンセントがあるクルマ5選


    これ便利ですね!!

    キャンプに使いたくなりますね!


    私はこれですが笑

    キャンプ用品のアフィリエイトなら、高単価ポータブル電源【PowerArQ】

    <このニュースへのネットの反応>

    【車内で家電が使える! AC100Vコンセントがあるクルマ5選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「車中泊」はいまや立派な「宿泊」! 翌日を快適に過ごせるための「寝床環境」の作り方6つ

    当たり前の話だが快適に車中で寝られる環境作りが大事!

     最近のアウトドアブームは、今までアウトドアに興味のなかったユーザーを取り込む勢いで広がりを見せている。キャンプ場などでテントを貼ったり、コテージを利用したりするのがメジャーだが、昨今のコロナ禍では周辺の密を避けるべく気配りしなければならない状況が続いている。そうしたなか、屋外で寝泊りする楽しさを味わえる方法の一つとして車中泊が注目されている。

     車中泊をする上で最も重要なポイントと言えるのが快適な「寝床環境」だ。寝心地が悪いと寝不足になり、疲れてしまうこともある。そこで、車中泊で快適に眠るために必要な6つのアイテムを紹介したい。車中泊で快適な睡眠をしたい

    1)寝袋は形状と素材がポイント

     車内で寝る場合、短時間の仮眠程度ならドライバーシートを倒して運転席で眠る人も多いが、身体が痛くなってしまい運転に集中できないことがある。睡眠をきちんととるためにも足を伸ばしてラク体勢になれる、後部座席やラゲッジルームで寝袋を活用した寝泊まりが望ましい。

     寝袋の形には種類がある。一般的に「封筒型(レクタングラー型)」と「マミー型(人形型)」があり、使用するシーズンや中綿にも種類がある。

    「封筒型(レクタングラー型)」は、長方形をした上から下までの幅が同じタイプ。中はゆったりしており、寝返りを打てるなど布団に近い使い心地である。身体への密着度が低いため保温性は下がるが、ファスナーを調整することで暑いときは足下を開け温度調整をすることが可能だ。
    車中泊で快適な睡眠をしたい

    マミー型(人形型)」は身体の形に合わせた形状で、体温を逃がしにくく保温性が高いのが特徴である。寒い時期での使用や寒がりの人にオススメ。封筒型に比べ、軽く作られていることが多く、コンパクトに収納できるメリットもある。
    車中泊で快適な睡眠をしたい

     寝袋の素材はコットン(綿)とナイロン製がある。ナイロン製はシャカシャカ音がするので気になる方はコットンがおすすめだ。中綿の種類は主に2種類、「化繊」と「ダウン」があり、ダウンは軽くて寝心地が良いが価格が高く、カビが生えやすいため保管に気を遣う。寝袋自体は比較的コンパクトに収納できる。化繊は保温性と耐久性ともに優れており、ダウンよりも低価格で購入が可能だがダウンほどコンパクトにはならない。
    車中泊で快適な睡眠をしたい

     気になる価格についてだが、ダウンと化繊を比較すると化繊の方が安価。価格は使われている素材のほか、使用可能温度やブランドの有/無によっても変わってくる。仮に真冬といった厳しい環境下での使用を想定しないのであれば、例えそれなりの価格であってもそれなりの機能があるものがほとんど。なのでどのようなシチュエーションで使用するかをしっかり考えて素材を選ぶといいだろう。

    2)背中が痛くならない快眠マット

     運転席よりもフラットかつ足を伸ばせるスペースが確保できるラゲッジルームや後部座席を倒して作る床は固いのが難点。そこで、寝袋とセットで使って寝床の快適さをアップするアイテムとして大切なのはマットだ。お金をかけないで揃えるなら、普段使用している布団やマットレスをそのまま積み込むのもありだ。自宅の寝心地とあまり変わらないし、何より気取った準備がいらない手軽さもいいだろう。車中泊で快適な睡眠をしたい

     キャンプ用品を使用するなら、エアーマットやローコットを使用し、その上で寝る方法がある。車内にあった大きさ選びが快適さアップの鍵になるだろう。

    3)サンシェードでプライバシーを守る

     また、車中泊をする上で、カーテンやシェードも必要アイテムのひとつだ。フロントガラスはリアガラスのようにプライバシーガラスにはできないため、車内で着替えたりご飯を食べたりする時のプライバシーの確保が難しい。

     そのためフロントガラスにはサンシェード、サイドガラスにはカーテンや車種専用のシェードなどを取り付けるのがいいだろう。安価で揃える場合、量販店やホームセンターで売られている銀マットを窓の大きさに合わせて切り抜き、窓に差し込む方法もある。100円ショップでもサンシェードは購入できるため、お金をかけずに済む。車中泊で快適な睡眠をしたい

     車種専用が欲しいなら、ウィンドウズネットもオススメだ。パーツショップメーカーから発売していることもあり、専用とあって隙間が空いてしまうなどの不具合はない。夏場に窓を開けても虫が入りづらいため、窓を開けて風を取り込むことができるのも嬉しいポイントだ。

    車中泊で快適な睡眠をしたい

    車中泊で快適な睡眠をしたい

    車中泊で快適な睡眠をしたい

    車中泊で快適な睡眠をしたい

    車中泊で快適な睡眠をしたい

    車中泊で快適な睡眠をしたい

    車中泊で快適な睡眠をしたい

    車中泊で快適な睡眠をしたい

    車中泊で快適な睡眠をしたい

    車中泊で快適な睡眠をしたい

    車中泊で快適な睡眠をしたい

    車中泊で快適な睡眠をしたい

    「車中泊」はいまや立派な「宿泊」! 翌日を快適に過ごせるための「寝床環境」の作り方6つ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「車中泊」はいまや立派な「宿泊」! 翌日を快適に過ごせるための「寝床環境」の作り方6つ


    私もフリードをフルフラットの時に段差なくすためにバスの中にひくシートで加工してます笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【「車中泊」はいまや立派な「宿泊」! 翌日を快適に過ごせるための「寝床環境」の作り方6つ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    先日、オンライン配信とリアル会場にて同時開催で行われた「TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2020」。

    今回もコンテンツ満載でお届けしましたが、見どころの1つであるアウトドアカーコレクションも大きな反響を呼んでいました。

    話題の一台から、機能的なPHEV車をはじめ、アウトドア仕様のカスタムカー、車中泊仕様車、オーニングの展開などなど、会場に集結した個性豊かなクルマをおさらい!

    スズキの名車を融合した、遊び心ある軽キャンパー

    ハイエース&エブリィを中心に新車コンプリートカーの販売、カスタム車両製作を行う「T-STYLE AutoSales」さんが披露したのは、こちらの『ジムリィ』。

    17エブリィの顔をジムニーフェイスアレンジしたという、人気車種をミックスした遊び心ある一台となっています。

    ルーフテントやフラットになる後部シート、さらに収納も備えたコンパクト車中泊仕様車で、軽キャンパー人気が続く昨今のアウトドアカーシーンにジャストフィットな一台となっていました。

     

    ヴィンテージライクな顔がソソる、ランクルカスタム

    こちらは、アルミホイールブランドDEANを取り扱う「CRIMSON」と、カーショップFLEXが展開するNEWレトロなカスタムブランドRenoca(リノカ)」がコラボした『Renoca106』。

    アウトドア好きの支持も厚いランク100系ベースに、フロントマスクレトロなルックスが愛らしいランクル60風にリノベーションした一台。

    アメリカヴィンテージかつアウトドアライクな高級感ある内装もソソります。

     

    快適なアウトドアを実現する三菱のPHEV

    三菱自動車からはプラグインハイブリッドEV(PHEVシステムを搭載した話題のミッドサイズSUVアウトランダーPHEV」。

    EVシステムによって、力強く滑らかで静かな走りと優れた環境性能を発揮するまさに次世代型のSUVです。

    ラゲッジルーム内に備えるコンセントを利用すれば、オートキャンプがより快適に。

     

    西海岸テイスト1色のハイエースキャンパー

    アメリカ西海岸のカルチャーというフィルターを通して「毎日が刺激的で遊び心あふれるデザインに囲まれ、自分らしいライフスタイルを楽しむ」ことを目指す7th E-Lifeは、『海』をテーマに内外装カスタムされたハイエースを展開。

    内装はシートカバーからベットキットまでデザインされた車中仕様に。

     

    Vクラス×オーニングでラグジュアリーなオートキャンプ!

    オーニングなどを展開するDARCHEは、メルセデスベンツVクラス270度展開するオーニングを設置したスタイルを発信。

    大きなボディから伸びるオーニングの空間は、ファミリーキャンプのリビングスペースとしても十分なほどの広さとなっていました。

    オーニングを取り付けたルーフキャリアーには、もちろんコンテナなど荷物も積載可能。大人数でのキャンプでも対応できそうだ。

     

    完全キャンプ仕様のランクル80

    ランドクルーザーをはじめ、ハイエースやUSトヨタ車の販売・カスタムを行う専門店flexdreamが提案している、ランドクルーザーハイエースクラシックカスタムコンプリートパッケージ『FD-classicシリーズよりランクル80。

    ルーフトップテント、サイドオーニングを装着したクルマ旅仕様に仕上がっています。

    「CRAFTPLUS」のウッドパーツを各部にあしらい明るくて暖かい雰囲気に。

     

    270°に広がる大型オーニングスタイル

    オーストラリアで圧倒的な知名度を誇るアウトドアギアブランド「Rhino-Rack」による、270°に広がるユニークバットウイングオーニングを設置したアウトドア仕様のハイエース

    コヨーテカラーのボディやルーフキャリアもアウトドア風味を加速させ、キャンプギアとの相性もバツグンです。

    キャリアを軸に270°に広く展開する迫力の大型オーニング。

     

    人気定番のデリカが、もっとアウトドアにフィットする一台に

    自動車ホイールブランドDELTA FORCE」は、アウトドアシーンで人気のデリカをより外遊びにマッチするカスタムを披露。

    純正よりホイールサイズを小さくすることによりどんな悪路でも車両を傷つけることなく走破することが可能に。

    アウトドアイメージしたさりげないディテールもポイント

     

    シトロエンが送る、話題のMPV

    予約開始からわずか5時間半で予約枠が埋まったほど人気沸騰中のシトロエン・ベルランゴも登場。こちらの記事でも紹介していますが、広いラゲッジスペースや随所に仕掛けられた収納スペースによってアウトドアシーンでも使い勝手◎!

    ルーフキャリアをセットすれば、ますます積載力アップ! 大人数キャンプだって対応可能に。

    アウトドア界のカーオブザイヤーが決定!「TOW Car Award 2020」発表。

    そして今回は、上記9台のうち、シトロエン・ベルランゴを除く8台から、SNSを使った一般投票によって「TOW Car Award 2020」が初開催!  2万を超える投票数(いいね!数)の中から大賞、準大賞が決定しました。栄えある第一回グランプリ・準グランプリに輝いたのは一体どの車種なのか!?

    TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2020公式サイトにて発表されているので、気になった方は、こちらからチェックしてみてください!

    沢山のご投票をいただきまして誠にありがとうございました! 並びに、2日間のご来場、ご視聴ありがとうございました


    TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2020 http://www.tokyooutdoorshow.jp/2020/index.html

     

    GO OUT WEB


    (出典 news.nicovideo.jp)

    会場に集結した、おしゃれ系アウトドアカー9台を総ざらい!【TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2020】

    やばいこれカッコイイ!!

    こんなのでキャンプ行きたいな!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【会場に集結した、おしゃれ系アウトドアカー9台を総ざらい!【TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2020】】の続きを読む

    このページのトップヘ