campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ自動車 > 自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【試乗】プロを満足させられる使い勝手と性能あり! 新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    この記事をまとめると

    ■日産の商用バンのキャラバンマイナーチェンジを受けた

    グリルバンパーデザインが変わって力強さと大人っぽさを手に入れた

    ■7速ATの採用で燃費を改善し、震災用のシートが乗り心地を向上させた

    「NV350」がとれて「キャラバン」となり親しみやすくなった

     昔はキャラバンが一番人気だったよな……と懐かしく思い出したりするのは、鎧甲のようなボディパーツをまとったいかついヤツが主流になる遙か以前、サーファー達を中心にアメリカ西海岸風のカスタマイズを楽しみながら普段使いする初期の”バニング”カルチャーが上陸した1970年代後半を知ってるオッサン世代だ。

     僕が中学生だったあの時代、近所の兄ちゃんが仕事で使ってるキャラバンの荷室に週末だけ厚手のカーペットを綺麗に敷いて、近年でいうところの車中泊を楽しんでたことが忘れられない。「トヨタのヤツよりカッコイイだろ?」と、それはもう自慢げだったのだ。車中泊してるのは自分の家の駐車場だったというのに。

     時を隔てて現在。キャブオーバー型の商用バンの一番人気は、その“トヨタのヤツ”。いつの間にか形勢逆転していて、これまでのNV350キャラバンは販売台数でもハイエースに水を開けられている。それを食い止めるべく、NV350キャラバンガソリンモデルマイナーチェンジが行われた。“キャラバン”という昔ながらのシンプルな呼び名に戻しての登場である。

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

     今回のマイチェンのポイントは、わかりやすいところから述べるなら、まずはフェイスリフトグリルバンパーデザインが変わって、力強さと同時に大人っぽさを手に入れたように感じられる。

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

     インテリアにも手が入っている。黒を基調としながら全体的な質感を大幅に高めていて、乗用車っぽい落ち着いた雰囲気になった。商用バンとしてはベージュやグレーよりも砂埃などが目立ちやすいというデメリットはあるが、それよりも視覚から来る乗員の快適さを重視した結果だろう。

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

     新たに採用されたDの字型のステアリングも、乗り降りがしやすくていい。乗用車系には以前から採用されている、スパイナルサポート機能付きシートという、背骨や筋肉に負担をかけない姿勢が得られて重心も分散させる形状の、疲れにくいシートが備わったのもトピックだろう。

     先進安全装備も充実した。フロントカメラとミリ波レーダーを併用するインテリジェントエマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報、標識検知機能、インテリジェント式ふらつき警報、ハイビームアシストが、全車に標準装備となり、サポカーSワイドの対象となった。

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

     プロフェッショナルが毎日の仕事で使うクルマであり、一般の人が車中泊込みのロングドライブなどに使うクルマでもあるのだから、追従型のアダプティブクルーズコントロールが欲しいところなのだが、残念ながら今回は装備されていない。

     パワートレイン系では、2リッターガソリンエンジン130馬力/178Nmというパワートルク変わらないものの、JC08モードでの燃費0.5km/L伸びて10.5km/Lとなり、トランスミッションが従来の5速から7速へと多段化され、シーケンシャル操作での変則も可能になった。

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった


    新型で実用性と快適性が向上して人気復活なるか!

     さて、こうした変更を受けてキャラバンはどんなふうに良くなっていたのか。ここでお詫びをしなければならないのだが、ボクはこの試乗のあとに友人の現行ハイエースに乗りに行ってきたりはしたものの、先代にあたるNV350に乗った経験がない。だから先代から新型への進化の度合いをお伝えすることができない。でも良いか悪いかぐらいは判断できるだろう、と思いながら走り出したのだけど……いや、これがなかなかよかった。

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

     まず、車内が静かだな、と感じられたこと。シートの下にエンジンがあるわけだから、エンジンの音がもっと車室内に入ってきても不思議はないのだが、普通の乗用車並みとまではいかないまでも、商用バンとしてはかなり静かな部類。これには多段化されたATも、大きな貢献を果たしていると思う。

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

     決してパワフルとはいえない直4ガソリンエンジンパワートルクの美味しいゾーンを使って走りやすいし、何より100km/h走行時のエンジン回転数は2100〜2200回転ほどと低めに抑えられるため、高速巡航時にガーガーうるさい! と感じることがない。

     ギヤ比の設定も巧みで、低速域から滑らかに加速を繋いでいくし、変速ショックも小さい。道路の勾配によってはシーケンシャル操作でギヤを一段落としたりできるようになったわけだが、そんなときにエンジンの回転が上がりすぎて喧しいと感じることもない。以前の5速ATを知らなくても、この7速ATの採用が極めて有効な変更だったことは理解できる。

     もっと重要なのは、乗り心地がいいことだ。路面がどうなってるのかはちゃんと伝えてくるのに凹凸のショックはだいぶ綺麗にやわらげられて、商用バンとは思えないくらい快適。そう、“快適”といっていいレベルにあるのだ。ぶっちゃけ、友人のハイエースとも較べものにならないくらい快適。先代に乗ったことのある同業が賞賛していたくらいだからここは大きく進化している部分なのだろうが、サスペンション周りには手を入れてないということだから、どうやらそれはスパイナルサポートシートの採用によるものと見ていいだろう。

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

     日産の社内では商用車にこのシートを採用するのはもったいないという声もあったそうなのだが、いやいや、それは間違っている。働く人達の移動こそ快適であるべきなのだ。

     試乗会の会場にはこうしたクルマを毎日の仕事に使っているカリスマ級の職人さんがふたりいらしていた。

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

     彼らは「1日仕事してクタクタになって、また疲れるクルマで帰るのは気が滅入る」みたいにクチを揃えておられた。そうしたナマの声に応えるべく開発が進められたのが新型キャラバンだ、といっていいだろう。カリスマ職人さん達が新型キャラバンをほぼ絶賛しておられたことからも、その開発姿勢がうかがえる。徹頭徹尾プロフェッショナルのためのクルマ、なのだ。

     そうしたプロフェッショナル達を満足させられる使い勝手、性能、そして快適性を持っているのだから、こうした商用バンをアウトドア系の遊びに使う人達だって充分に満足させられるはず。ウソだろ? と思ったら、ぜひディーラーで試乗してみるといい。おそらく今の段階で、このクルマを凌ぐ最良の相棒はないかも、と感じられるはずだから。

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

     さてさて、新しいキャラバンハイエースをうっちゃることができるのか──? 乞う御期待、だ。

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    【試乗】プロを満足させられる使い勝手と性能あり! 新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【試乗】プロを満足させられる使い勝手と性能あり! 新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった

    これキャンピングカーにカスタマイズしたくなりますね!




    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【【試乗】プロを満足させられる使い勝手と性能あり! 新型キャラバンに乗ったら商用バンとは思えないほど快適だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ここまで快適なら、もはや走る「ベッドルーム」! 意外な「車中泊カー」5選

    Lクラスミニバンやハイエースじゃなくても大丈夫!

     アウトドア車中泊ブームのなか、本格的なキャンピングカーではなく一般的な新車で、仮眠や睡眠のしやすいクルマを探しているひとも多いはずだ。つまり、普段はごく普通の乗用車として、週末は車内をベッドルームとして活用できるクルマであり、言い方を変えれば、災害時にも役立つ車中泊も可能な室内空間やシートアレンジ性を持っているクルマということだ。

     かつては、ホンダS-MXといった、男と女が車内で寝そべることができるのが特技で、それを大きくアピールしたような遊び心満点のクルマが一世風靡した時代もあった(筆者は当時、講談社ホットドッグプレスという雑誌のクルマ記事で”走るラブホ”と名付けたことがある)。だが、今ではそうしたところにフォーカスを当てたクルマは意外に少ないのだが(不謹慎!?)、ここでは、今新車で買える、仮眠や睡眠のしやすい、お手ごろ価格の国産車に的を絞って紹介したい。

    ホンダ・フリード+

     その筆頭が、コンパクトな大容量ワゴンといえる、コンパクトミニバンのホンダ・フリードに用意される2列シート仕様となるフリード+だ。

    これなら車中泊も苦にならない普通のクルマ ラゲッジボードを上段にセットし、後席をそれに続くフラットアレンジしたときのベッド長はなんと1890mm!! 限りなくフラットなフロアには、寝心地を良くするために専用アクセサリーマットレスは必要。だが、フロアボードを上段にセットした状態では幅1270mm、天井高にしても975mmもあるため、大人ふたりが横になれるし、座っても寛ぎやすい空間が確保されるのだ。

    これなら車中泊も苦にならない普通のクルマ アウトドア車中泊用の純正アクセサリーも豊富に揃っているから、自分好みの車中泊カーに仕立てられる点も楽しい。

    トヨタ・シエンタFUNBASE

     そんなフリード+のガチなライバルとなるシエンタの2列シート版、FUNBASEも、ある意味車中泊を念頭に置いたコンパクトな大容量ワゴンだ。

    これなら車中泊も苦にならない普通のクルマ 後席を倒せば、比較的フラットなフロアは2m以上になり、背の高い人でも真っすぐに寝ることができる。もっとも、カーペット敷きとはいえフロアは硬いから、マットレスは不可欠だ。シエンタFUNBASEがフリード+をリードする機能が、AC100V/1500Wコンセントの装備(HVに44000円のOP)。車内で電気ポットやコーヒーメーカー扇風機などの家電品が使え、アウトドア車中泊に大活躍してくれること必至である。

    これなら車中泊も苦にならない普通のクルマ

    ホンダ・ステップワゴン

     Mクラスボックス型ミニバンの2-3列目席フラットアレンジにおいて、フラット度がもっとも高いのがホンダステップワゴン

    これなら車中泊も苦にならない普通のクルマ よほどの高身長でなく、短時間の仮眠であれば、マットレスなどを敷かなくてもふたり同時に足を伸ばして横になることができる(日産セレナe-POWERは2列目席の座面と、背もたれのつなぎ目の段差が大きいのが残念)。

    これなら車中泊も苦にならない普通のクルマ わくわくゲートモデルであれば、両側スライドドアからだけでなく、バックドア側からも乗り降りできる楽しさ、便利さがある。

    これなら車中泊も苦にならない普通のクルマ


    The post ここまで快適なら、もはや走る「ベッドルーム」! 意外な「車中泊カー」5選 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    N-VANのスタイリング

    N-VANの後席部分

    これなら車中泊も苦にならない普通のクルマ

    N-VANの車中泊イメージカット

    車中泊のイメージカット

    ハスラーのスタイリング

    ここまで快適なら、もはや走る「ベッドルーム」! 意外な「車中泊カー」5選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ここまで快適なら、もはや走る「ベッドルーム」! 意外な「車中泊カー」5選

    これからの季節快適に車中泊もありですね!
    これ参考になりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【ここまで快適なら、もはや走る「ベッドルーム」! 意外な「車中泊カー」5選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドア女子に聞く!カスタムカーの魅力とは

    ジムニーやN-VANなど、アウトドア好きに人気の車をかわいく、レトロに変身できるパーツデザイン、制作する「ダムド」。今回は、ダムドの「MALIBUフェイスチェンジキット」で自分好みにカスタムしたN-VANに乗り、アウトドアライフを楽しむ女性にカスタムカーの魅力を伺いました!

    カスタムカーについての詳細はコチラ!

    ダムド公式HPへ

    魅力を語ってくれたのはこの2人

    三島尚子さん(左)

    岐阜県出身。週末はアウトドアとカスタムカーの先輩である夫と、登山やキャンプを楽しむ。
    Instagram:@mimiyamanobori

    ランドネあにや(右)

    ジムニーエクストレイルと車を乗り継ぎ、春夏秋冬アウトドアアクティビティを満喫する編集部員。車に乗ることが癒しの時間。

    JIMNY“ittle D”.でおじゃましました!

    自分らしく楽しむための遊び道具のひとつ

    あにや:この深い緑のなかに、マリブの爽やかブルーが映えますね!

    三島:ありがとうございます!

    あにや:このカスタムキットの車をを購入したきっかけは?

    三島:登山やキャンプに行くのに、荷物がたくさん積めて、車中泊もできる車を探していて。そのときに、ダムドインスタグラムで、このマリブを知りました。カスタムカーは男性っぽいデザインが多い印象のなか、丸目のマリブは女性が乗っていても、かわいいデザインだなと!

    あにや:顔やボディのほか、車内も色々とカスタムしていますね。

    三島:夫にアドバイスをもらいながら、自分の使いやすい仕様に変えています。カスタムして、いざ山やキャンプに出かけると、荷物が落ちてきたり、「もっとこうしたほうがいいな」という課題が次々と見つかるんです。それを一つずつ変えていくのが、楽しさでもあります。次は車中泊用の木のテーブルを作りたいなと考えているところです。

    あにや:ところどころ、手作り感があるのもすてきです!

    三島:車も遊び道具のひとつだと思っています。自分のものは、自分らしく持って使いたい。もっとカスタムカーに乗るアウトドア女子が増えたら、うれしいですね。おなじようにアウトドアが好きな人が、どうカスタムするのか。参考にしたいし、新しい発見もありそう!

    ▲毎年「夏の大縦走」旅へと出かける尚子さん。今年は、北アルプスの立山〜五色ヶ原〜折立を歩き、最後にオートキャンプを満喫。「チングルマがいっぱい!」

    三島尚子さんのカスタムのこだわり

    こだわり①
    丸目が愛らしい“顔”にひと目ぼれ

    女性らしいデザインで丸目の車に乗りたいと思っていた尚子さん。「MALIBUのフェイスチェンジキットのこの顔を見て、即決でした。山を歩いて駐車場に戻ってきたときに、“ただいま”って言いたくなるんですよ」

    こだわり②
    使い勝手よく収納棚をDIY

    フルフラットにした後部座席部分に設置した棚は自作したもの。寝袋やテントを積む際に重宝している。天井部分には、ホームセンターで購入した鉄パイプを切って作った棚も。テント用マットがぴったりと収まる!

    こだわり③
    車中泊の夜に活躍するランタンかけ

    オートキャンプや、車で過ごす夜に欠かせないランタンを吊るせるフックを、DIYバックドアの内側に。「N-VANの荷室の壁には、ねじ穴がいくつもあるので、それを活用しながらアレンジを楽しんでいます!」

    こだわり④
    車内スペースをカスタムしてフル活用

    後部座席横の窓部分には、DIYしたウッドパネルを取り付け、フルフラットにする際に取り外すシートヘッドレストや、ボトルなどをかけて収納。色付けは尚子さん、文字デザインアイデアは旦那さんによるもの

    こだわり⑤
    自分好みのデザインにシートもカスタム

    シートカバーは、ダムドDENALI仕様のものが自分好みだったので、自分で張り替えてカスタムしました。チェック柄のほうが“山感”がありますよね!」。このチョイスは、山が好きな尚子さんならでは!

    カスタムカーについてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

    ダムド公式HPへ

     

    企画協力:ダムド

    ダムドで広がる、アウトドアの魅力!アウトドア女子がカスタムカーを選ぶ理由とは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ダムドで広がる、アウトドアの魅力!アウトドア女子がカスタムカーを選ぶ理由とは

    キャンプにはカスタムカーって最高ですね!
    欲しくなりますし、自分の使い方でカスタムしたくなりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【ダムドで広がる、アウトドアの魅力!アウトドア女子がカスタムカーを選ぶ理由とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    最大5日間「給電」が可能だと!? 新型アクアが意外とアウトドアに向いている3つの理由

    注目は進化したハイブリッドシステムだけじゃない!

     先日、およそ10年振りのフルモデルチェンジを果たし、2世代目へと進化したトヨタ・アクアTNGAラットフォームの採用による全体的な性能の底上げや、バイポーラニッケル水素電池を世界で初めて採用する(Bグレードを除く)など、一気に最新のメカニズムを導入したことでも話題となっている。

    新型アクアがアウトドア向けだった そんな新型アクアではあるが、装備や仕様をチェックしていくと、意外にもアウトドアレジャーにも向いているのでは? と思える装備を備えていることに気付いた。そこで今回は新型アクアアウトドアレジャー向きであることを解説していきたい。

    悪路での安心感を高める4WD「E-Four」の設定

     第一のポイントとして、新型アクアには電気式4WDシステムである「E-Four」が設定されたという点だ。先代アクアは全車2WDのみの設定で4WDは用意されることはなかったが、新型ではリヤをモーターで駆動させるE-Fourが新たに加わった。

    新型アクアがアウトドア向けだった
    ※写真は2WD

     さすがにドロドロの沼地のような悪路を、ガンガン進むような4WDではない。しかし、舗装路ではない路面を走行することも多いアウトドアレジャーでは、後輪も駆動するという点は大きな安心感につながるポイントと言えるだろう。

    ラゲッジの実用度を高める「アジャスタブルデッキボード」

     また、先代同様の美点としては、ラゲッジスペースを効率的に使うことができるアジャスタブデッキボードが設定されているという点。通常の状態だと、リヤシートを倒したときに荷室との大きな段差ができてしまう。だが、このボードを装着することで、荷室からリヤシート部までほぼフラットな空間を作り上げることができる。

    新型アクアがアウトドア向けだった

     さらにラゲッジ後端の段差も極小になるため、荷物の出し入れのしやすさが向上する点も嬉しいポイント。もちろんデッキボードの下にも空間ができるため、荷室をより有効に使うことができる。さらに4WD車を選択すると、このアジャスタブデッキボードが標準装備となる点もありがたいところだ(2WD車はディーラーオプション)。


    The post 最大5日間「給電」が可能だと!? 新型アクアが意外とアウトドアに向いている3つの理由 first appeared on AUTO MESSE WEB.

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアのリヤビュー

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    コンセント

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアのイメージ

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    新型アクアがアウトドア向けだった

    最大5日間「給電」が可能だと!? 新型アクアが意外とアウトドアに向いている3つの理由


    (出典 news.nicovideo.jp)

    最大5日間「給電」が可能だと!? 新型アクアが意外とアウトドアに向いている3つの理由

    これ魅力的ですね!!
    これでキャンプ行ったら電気製品使えますね笑笑

    これでキャンプチャレンジしたくなりますね!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【最大5日間「給電」が可能だと!? 新型アクアが意外とアウトドアに向いている3つの理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドアで「映える」ジムニーをレンタルしよう! 手軽にキャンプを楽しめるレンタカーサービス「Rodrip(ロドリップ)」とは

    行きたい旅にぴったりのクルマを選べる

    キャンプに行きたいけれど、クルマがない」「せっかくだから流行のジムニーを試してみたい」アウトドアブームの中で、移動するクルマにこだわっている人も多い。またキャンプ初心者にとっては、道具を揃えるのもひと苦労だ。そこでクルマのカスタマイズでお馴染みのダムドが、アウトドアレジャーに特化したレンタカーサービスRodrip(ロドリップ)」のβ版を公開した。

    DAMDのボディキットを装着したクルマとキャンプギアのセットレンタカーサービス

    DAMD仕様で「映え」キャンプへGO!

     コロナ禍の影響もあり、今やアウトドアキャンプが空前の大流行中だ。密を避けて大切な人と楽しめるキャンプは確かに魅力的。大自然を満喫できるレジャーは、日頃のストレスを解消する最高の癒やしなのだ。しかしアウトドア初心者となると、クルマもギアもそれに見合ったものを持っていない方が多い。とはいえ、年に数回しか出掛けないであろうレジャーのためにクルマやギアを新しく買いそろえるのは気が引ける。では、アウトドアにぴったりに仕上げたクルマとギアを好きなように選んでレンタルできるならもっとキャンプが身近になるのでは? そんな夢のようなレンタルサービスが「Rodrip」だ。

    DAMDのボディキットを装着したクルマとキャンプギアのセットレンタカーサービス

    クルマと必要なギアを選ぶだけで超簡単!

     利用方法も簡単というのも魅力のひとつ。ホームページから5分で予約できるというレンタルの流れは以下の通り。

    1.旅のプランを選ぶ:キャンプに行きたいであるとかスノーレジャーを楽しみたいなど、旅のプランを考えて選択する(現在はβ版のためキャンププランのみ)。この画面で日程や人数を選ぶ。

    DAMDのボディキットを装着したクルマとキャンプギアのセットレンタカーサービス

    2.乗りたいクルマを選ぶ:次の画面に進むと希望の日程でレンタルできる車両が出てくるので、その中からお気に入りの1台を選択する。ダムドのボディキットを纏ったクルマレンタルできるのが最大の魅力。ジムニーシエラがベースの「little D」、N-VANベースの「MALIBU」や「DENALI」が乗って走って楽しめるということになる。

    DAMDのボディキットを装着したクルマとキャンプギアのセットレンタカーサービス

    3.アイテムも選ぶ:キャンプなどで必要なアイテムを選択。コールマンのパワーハウスLPツーバーナーストープやシュラフポールテント、チェアテーブル、タープ、焚き火台など、キャンプで必要なギアが豊富に用意されているので、必要なものだけチョイスする。

    DAMDのボディキットを装着したクルマとキャンプギアのセットレンタカーサービス

     予約が完了したら後は当時クルマを指定の場所に取りに行くだけ。レンタルしたアイテムクルマに積み込まれているので、手軽に旅に出られるというワケだ。

    ボディキットもキャンプもお試しで!

     車両の引き渡し方法についてもイマドキのシステムを採用している。クルマに到着したらサポートへ電話しリモートで鍵を解錠。スタッフと直接面会する必要はない。また、返却時も電話のみ。面倒な手続きがないというのも気軽だ。もちろん通常のレンタカーと同じなので、キズのチェックガソリン満タン返しなどはあるが、当日の煩雑さは大幅に減っている。

    DAMDのボディキットを装着したクルマとキャンプギアのセットレンタカーサービス

     現在はまだお試しのβ版期間ということで、車両は1泊2日で1万8000円~。ギアのレンタルを含めても3万5000円くらいが目安と考えよう。アウトドア初心者のお試しキャンプと同時にダムドのボディキットが気になっている方の試乗機会としても、ぴったりのサービスである。なお、本格稼働は2022年を目指しているとのことだ。

    【詳しくはこちら】

    Rodrip(ロドリップ) https://rodrip.jp/

    The post アウトドアで「映える」ジムニーをレンタルしよう! 手軽にキャンプを楽しめるレンタカーサービス「Rodrip(ロドリップ)」とは first appeared on AUTO MESSE WEB.

    DAMDのボディキットを装着したクルマとキャンプギアのセットレンタカーサービス

    DAMDのボディキットを装着したクルマとキャンプギアのセットレンタカーサービス

    DAMDのボディキットを装着したクルマとキャンプギアのセットレンタカーサービス

    アウトドアで「映える」ジムニーをレンタルしよう! 手軽にキャンプを楽しめるレンタカーサービス「Rodrip(ロドリップ)」とは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アウトドアで「映える」ジムニーをレンタルしよう! 手軽にキャンプを楽しめるレンタカーサービス「Rodrip(ロドリップ)」とは

    自動車ごとレンタルするキャンプもいいですね!!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【アウトドアで「映える」ジムニーをレンタルしよう! 手軽にキャンプを楽しめるレンタカーサービス「Rodrip(ロドリップ)」とは】の続きを読む

    このページのトップヘ