campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ自動車 > 自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンプで圧倒的なインパクト! 目立ち度MAXの「旧車SUV」5選

    インパクト抜群の旧車をピックアップ!

     このところキャンプブームになっている。コロナ禍での密を避けたレジャーとして、お一人様でのキャンプに「ソロキャン」という呼び名がついたり、ユーチューバーでもキャンプ系といったカテゴリーが人気を集めたりしている。

     もちろん、昨今のクロスオーバーSUVムーブメントもキャンプのようなアウトドアレジャーを楽しもうというマインドを生み出している。とはいえ、スタイリッシュでクーペ的なフォルムも増えているSUVは、どこか牧歌的な雰囲気のキャンプ場に馴染まないこともある。そもそもSUVが流行りすぎていて隣のサイトのユーザーと差別化できていないと感じることもあるだろう。レジャーが楽しい超個性派の旧車

     では、どんなクルマキャンプ場に行けばインパクト抜群なのか。旧車ながら今でもフレッシュなイメージインパクト抜群のモデル5台を紹介しよう。とはいえ、そのほとんどは50年近く前のモデル。市場で見つけてくることも、しっかり維持することも難易度が高いことは悪しからず、だ。

    1)ホンダ・バモス【初代 1970~1973年】

     ホンダの「バモス」というと、少し前まで新車で販売されていた軽1BOXを思い浮かべるかもしれませんが、ここで紹介したいのは初代バモス。軽トラック「TN360」のメカニズム(いま風にいえばアーキテクチャ)を利用したオープンタイプピックアップで、ミッドシップに空冷2気筒エンジンを搭載するリア駆動の軽自動車だ。レジャーが楽しい超個性派の旧車

     2人乗り、4人乗りがあったが、いずれにしてもドアはなく、転落防止のパイプがあるだけというのはユーザーを選ぶ。そのため総生産台数も3000台足らずになったという。レジャーが楽しい超個性派の旧車

    2)ダイハツ・フェローバギー【1970年】

     奇しくも、初代バモスと同じ1970年に生まれた、もう一台のレジャー軽自動車ダイハツフェローバギーだ。フェローというのは、当時のダイハツ軽自動車の中心的モデルで、このフェローバギーは、2気筒エンジンや4速MTというフェローのメカニズムをそのまま流用したレジャービークルレジャーが楽しい超個性派の旧車

     ユニークなボディはFRP製で、乗車定員は2名という割り切ったデザイン。もともとバカ売れするとは誰も思っていなかったようで、100台限定というパイクカー的な商品企画だった。それゆえに、中古車で手に入れるのは至難の業といえるコレクターアイテムとなっているが、たしかにこのスタイルキャンプサイトに乗り付ければ注目を集めること請け合いだ。レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    レジャーが楽しい超個性派の旧車

    キャンプで圧倒的なインパクト! 目立ち度MAXの「旧車SUV」5選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    キャンプで圧倒的なインパクト! 目立ち度MAXの「旧車SUV」5選



    これ最高ですね!!

    このSUVで行きたいね!!


    キャンプ用品のアフィリエイトなら、高単価ポータブル電源【PowerArQ】

    <このニュースへのネットの反応>

    【キャンプで圧倒的なインパクト! 目立ち度MAXの「旧車SUV」5選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    人気ボディカラーの限定車が復活!!

    ルノー・ジャポンは、カングーの限定車「ペイザージュ」を2020年11月19日に200台限定で発売しました。「ブルー ドラジェ」をまとうルノーカングーペイザージュは、2019年にも限定発売されて好評を得たボディカラーをまとっています。

    200台限定の「ルノー カングー ペイザージュ」

    「ペイザージュ」は風景をテーマにした限定車であり、南フランスの中でもひときわ美しくヴァカンスで人気の街サントロペの爽やかな青空、青く澄み切った海がイメージされています。

    専用ボディカラーの「ブルー ドラジェ」に加えて、ボディ同色となるフロントグリルブレードブラックフロントバンパーとリヤバンパーブラックドアミラーが装備され、カタログモデルとはひと味違ったムードを醸し出しています。

    ルノー カングー ペイザージュ」のインパ

    ベース車は、6速デュアルクラッチトランスミッションの「ルノー カングー ゼン EDC」で、価格は264万7000円です。

    キャンプマリンスポーツなどのシーンに似合いそうなオシャレなエクステリアをまとう「ルノー カングー ペイザージュ」は、200台限定となっています。

    (塚田 勝弘)

    その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! https://clicccar.com/

     

    GO OUT


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ルノー・カングーに人気の限定車が復活。アウトドアに映える爽快なブルーの「ペイサージュ」。


    これでキャンプ行きたくなりますね!!


    FXを始めるなら≪DMM FX≫!

    <このニュースへのネットの反応>

    【ルノー・カングーに人気の限定車が復活。アウトドアに映える爽快なブルーの「ペイサージュ」。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【元記事をASCII.jpで読む】

     バイク大好き女子の美環さんは「いつかソロキャンプしてみたいんです」というキャンプ未経験者。ソロキャンプホテルチェックインなどの時間に縛られることないのはもちろんのこと、大自然の中で気持ちよく過ごせるのが何より魅力的だと夢を語ります。ですが「女子が独りテントで夜を過ごすのは怖いかも」というのが悩みの種。

     そこですぐに思い浮かんだのが車中泊。「クルマなら鍵をかけられるので安全だし、冷暖房が使えるから快適に過ごせそう。せっかく免許取ったし!」と夢が膨らみます。そこで今回は、ホンダアクセスさんが純正車中泊アクセサリーラインナップしているということで、実際にそれらの純正アクセサリー一式を使って車中泊を体験すべく、キャンプ場に行ってきました!

    ※記事中の価格はすべて税込です。

    車内が簡単にベッドスペースに!
    気軽にキャンプ体験

     今回「クルマソロキャンプ」を体験する車両はHondaの「FREED+ 純正アクセサリー装着車」。3列シートのミニバンFREEDの兄弟車で、最後列シートを取り除いて5人乗り仕様としたモデルです。3列目のシートを取り除いた分、広々とした後席と荷室スペースが特徴。

     FREED+をチョイスした理由は、広々とした室内空間はもちろんのこと、2列目シートが6:4分割のダブルフォーダウン機構を採用したことで、フルフラット化を実現しているから。さらにフラットスペース下を床下収納として利用できます。これなら「荷物を全て外に出さないと寝られない」ということは避けられます。

     さらに、これから紹介する純正車中泊アクセサリーの多くが、ディーラーであるホンダカーズで購入できるということ! つまりキャンプ用品店や通販サイトを巡ることなく、クルマを買うついでに、もしくは点検に行ったついでに、クルマにピッタリの純正車中泊アクセサリーが手に入る、というわけです。

    作業はカンタン! あっという間にフルフラット

     さっそく美環さんもフルフラットにできるかチャレンジしたところ、1分程度でフルフラット化にすることができました。ここに純正アクセサリーであるラゲッジクッションマット(2万2000円)を敷くと、あっという間に横幅がセミダブルサイズほどのベッドスペースのでき上がり。

     「こんな簡単にフルフラットになって、しかも快適に寝られるなんて……。コレ、私のベッドより広いですよ。2人は寝られますね」と笑顔。

     就寝において気になるのはプライバシーです。ですが車内からクルマの窓にプライバシーシェード(4万1800円)を取り付ければ、室内は真っ暗になります。「ホントに真っ暗になりますね。これなら昼でも寝られそう! でも冬はこれでいいですけれど、夏はちょっと暑くありません?」と疑問を抱く美環さん。ですがスライドドアウインドウメッシュ(1万2100円)をあわせて使えば、後席のウインドウが網戸となり、夏でも快適に過ごせそう。

     もちろん純正アクセサリーですので、フィッティングはもちろんクオリティの面でも問題ナシ! これら3点を購入すると7万5900円になるのですが、クルマを買う時のローンに組み込めるのが純正アクセサリーのよいところ。たとえば4人家族で、女性はクルマで、男性はテントを貼って外で就寝という過ごし方はアリではないでしょうか。

     なお、取材は日中だったが、夜のイメージは以下のようになります。

    クルマを移動オフィスとして使う
    ワーケーションにもピッタリ

     就寝するだけが車中泊ではありません。ラゲッジマルチボード(4万4000円)を取り付けると、今度はクルマオフィスに早変わり。耐荷重は10kgとのことですから、ノートPCのほかにタブレットなどを置いても問題ありません!

     収納が減ってしまうという心配も、天井に取り付けるルーフラック(1万5400円)を使えば綺麗に片付きます。さらにフラットスペース下に濡れた荷物なども気にせず積載できるラゲッジトレイ(1万7600円)を加えたオトクな積載パッケージで注文すれば、1万1000円引きの6万6000円というから驚き。

     「これはオフィスですよ。私の部屋より快適に仕事できそう。これは住めます!」と美環さんも太鼓判。テレワークが進む時代、車中オフィスとして利用できそうです。

    3

     さらにHondaの蓄電池「リベイドE500」(8万8000円)を使えば、車内で家庭用商用電源が利用できるようになります。ノートパソコンなら65Wで約4回分のフル充電可能で、女子にはうれしいヘアアイロンなどの電熱機器も利用できます(※)。もちろん車中泊の際に電気毛布を使えば、寒い冬の車中泊も平気。さらにUSBレセプタクルを2系統用意していますので、スマートフォンタブレットを直接充電できるのも助かります。デジタルガジェットは今や仕事にもプライベートにも欠かせませんからね。最近はキャンプ場もほぼ電波のエリア内ですし、寝るときに動画を見たり、急に来た仕事に対処したりもできます。しかもFREED+ならフラットスペース下を床下収納として利用できますから、リベイドE500を下に置いておけば、場所も取りません。

    ※最大出力は500W(VA)定格出力は300W(VA)

    着替えができるようになる
    テールゲートカーテンが便利!

     車中泊で意外と困るのが着替えスペース。特に立ったままの状態で着替えることが難しいもの。そこで役立つのが、テールゲート開口時に布を吊り下げることで部屋を一つ増やせるテールゲートカーテン(2万6400円)。外からは何もみえないプライベート空間が、あっという間に完成します。水の入ったペットボトルなどを重りにすれば、カーテンの裾を固定できますから、風で飛ばされる心配はありません。

    居住空間を広げたいならタープを付けよう

     最後に、キャンプ場でノンビリとくつろげる空間を作りたいという方にオススメのアイテムをご紹介しましょう。「カーサイドタープ」と呼ばれるアイテムです。これはクルマの横やリアハッチにタープを広げて居住空間とするアイデア商品。フレームやペグを打つ作業が必要ですから、やや手間がかかるものの、開放的なプライベート空間はキャンプ気分を一気にアゲること間違いありません! ぜひチェックしてみてください。

     テントを立てる手間などがなく、満点の夜空の下で過ごせる車中泊。美環さんも「これなら安心ですし、何より快適に過ごせそう。独りで組み立てられるのもイイですね」と大満足。「車中泊、いつかやってみたいなぁ」とアウトドア心に火が付いた様子でした。特にこれからの時季、冬キャンプなどで大活躍すること間違いナシのアイテムばかり。バイクでのソロキャンプもいいですが、車中泊もオススメです!

    提供:ホンダアクセス

    Honda FREED+でソロキャン車中泊とワーケーションが快適に!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Honda FREED+でソロキャン車中泊とワーケーションが快適に!

    私もHonda FREED+やからやってみよかな!!


    U-NEXT

    <このニュースへのネットの反応>

    【Honda FREED+でソロキャン車中泊とワーケーションが快適に!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    詳細画像はこちら

    荷室長3050mm 車中泊にぴったり?

    text&photo:Hidenori Takakuwa (高桑秀典)

    昨今のアウトドア人気を追い風として、日産が去る11月10日に、「日産NV350キャラバン」の特別仕様車「プレミアムGXブラックギア」を発売した。

    これに伴い東京都・豊洲では、その実車を展示し、キャンプブームにおけるクルマの楽しみ方を訴求するコンテンツ“車中HACK”の発表会が開催された。

    詳細画像はこちら
    日産NV350キャラバンの特別仕様車「プレミアムGXブラックギア」の“車中HACK”発表会が、東京都・豊洲で開催された。    高桑秀典

    これは、「車中HACK BOOT CAMP」と名付けられたイベントで、アクティブユーザー層に車内での様々なアクティビティを通じて、新たなアウトドアライフの魅力を感じてもらうもの。

    日産でチーフ・マーケティングマネージャーを務める山本聡氏は、キャラバンについて「これぞプロ仕様として、職人さんにハードツールとしての圧倒的な性能をアピールしてきた。その一方で、スノボ、サーフィン、釣り、キャンプ車中泊といったシーンでもキャラバンが活用され、とくに近年は車中泊の需要が伸びている」と紹介。

    そのうえで、新発売された特別仕様について、「新型コロナウイルス感染症の流行で、3密を避けて余暇を楽しみたいというニーズが増え、クラス最長となる3050mmの荷室を誇るキャラバンをプライベートユースに振り切った仕様にした」と説明した。

    ボディカラーは、専用色となる新色のステルスグレーをはじめ、ブリリアントホワイトパールファントムブラックの3色を設定。

    エクステリアは「ブラックギア」の名のとおり、黒をベースにしたダークグレーメタル調グリル、ドアミラー、ドアハンドルなどを採用。フォグランプやドアミラーには見る者にスポーティな印象を与えるオレンジ色の加飾が施されている。

    ブラックギア 内装は黒基調

    インテリアNV350キャラバン初となるブラックを基調とし、ピアノブラック調加飾付きステアリングのみならず、フロアマットなどもブラックで統一。

    エクステリア同様、エアコンの吹き出し口をオレンジ色とし、運転席および助手席のシートオレンジ色のダブルステッチを施し、それらをいいアクセントにしている。

    詳細画像はこちら
    車中泊テーマにした「泊」のブース。日産NV350キャラバンの荷室長を活かした車内泊スペースが誕生。    高桑秀典

    今回、日産は、車中泊キャンプに出かけるユーザーが増え、こうした需要が高まっていることを受けて4名のYouTuberとともに車中活用法(ハックする着想=思い通りに操るアイデア)を開発。

    インフルエンサーとなったのは、世界放浪10年目で、現在、恋人とともに自作のキャンピングカーで日本一周を目指しているBappa Shota氏。

    飯テロキャンプ料理動画を公開しているALPHA TEC氏。

    全国の道の駅を知り尽くした車内泊のスぺシャリストとして多数のメディアで活躍している浅井佑一氏。

    ロードレーサーを引退し、キャンピングカーで車中泊をしながら気の向くままに自転車ライフを満喫しているMIHO氏という顔ぶれだ。

    働く、楽しむ、食べる、泊まる

    ブラックギア」を含むNV350を題材に、大人気YouTuberである4名のインフルエンサーが、それぞれ、職・楽・飯・泊を提案。

    そこに、キャンプテレビ番組などでもお馴染みとなっているお笑いコンビバイきんぐ」の西村瑞樹氏(バカ鍋で知られるキャンプ芸人)、釣り好きとして有名なタレントの水野裕子さんらが加わり、生徒役としてジャンル別の楽しみ方を学んだ。

    詳細画像はこちら
    食べるをテーマにした「食」のブース。アウトドアアクティビティのイメージが広がる。    高桑秀典

    また「車中HACK BOOT CAMP」では、車中泊におけるモラル/マナーも提案され、魅力的なクルマリリースし、アウトドア人気を力強く支える日産の想いも窺い知れた。

    なおブラックギアの発売に合わせ、日産では、キャンプブームにおいて注目されている車中での楽しみ方を訴求するコンテンツ「Presented by NISSAN CARAVAN Premium GX BLACK GEAR“車中HACK”」を、ウェブ上に公開している。


    ■日産の記事
    【ハイエースだけじゃない】日産NV350キャラバン 車内泊にぴったり? 特別仕様車「ブラックギア」の使い方
    【新型フェアレディZ妄想ドライブ 前編】3.0Lツインターボは400psオーバー 車体、大幅改善の可能性
    【仕様向上しつつ値下げも】日産リーフ 改良新型、イギリスで発表 グレード展開・装備見直し 競争力強化
    【一般にもオープン】インフィニティ・ラウンジ、日産本社ギャラリーに開設 3列シートSUV「QX60モノグラフ」展示中

    【ハイエースだけじゃない】日産NV350キャラバン 車内泊にぴったり? 特別仕様車「ブラックギア」の使い方


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ハイエースだけじゃない】日産NV350キャラバン 車内泊にぴったり? 特別仕様車「ブラックギア」の使い方

    これ最高ですね!!

    キャンプに使いたくなる車ですね!!

    BIGLOBE WiMAX 2+のギガ放題なら、1年契約&自動更新なし★

    <このニュースへのネットの反応>

    【【ハイエースだけじゃない】日産NV350キャラバン 車内泊にぴったり? 特別仕様車「ブラックギア」の使い方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ランクルやジムニーよりも「HV&PHV車」! キャンプでは「ワイルドさ」より電気の「便利さ」が圧勝だった

    エコで超便利なアウトドアを楽しむことができる!

     アウトドアに行くなら、ガソリン車やディーゼル車でワイルドにグイグイ行くものだ・・・・・・という考え方も分からないでもないが、実はHV(ハイブリッド)やPHVPHEVプラグインハイブリッド)といった電動車で行けば、ガソリン車では得られないメリットが得られ、エコなアウトドアライフを満喫できることをご存じだろうか。

     ここで言うHV/PHVPHEV)とは標準装備、あるいはオプションでAC100V/1500Wコンセントが装備されるクルマを指す。アウトドアに適した車種で言えば、トヨタならRAV4 HV&PHV、CH-R HV、ホンダCR-V HV、三菱はアウトランダーPHEVなどのSUV、あるいはAC100V/1500Wコンセントが装備されているHVミニバンなどを指す。アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

     以前、HV、PHEV車で八ヶ岳や那須高原へアウトドアドライブしたことがあるが、アウトドアシーンガソリン車ではできない最大のメリット、使い勝手の良さとして、例えばアウトドアの目的地に向かう途中の高速道路バッテリーをためる走行を行っておけば、高速道路のICを下りたリゾート地の一般道や田舎道を走る際にEV走行が可能になり、きれいな空気を汚さずに、目的地のアウトドアフィールドに到着できることになる。アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

     実際、那須高原のキャンプ・アンド・キャビンズというアウトドアフィールドを訪れる際も、東北自動車道那須ICから約3.6キロの距離にあるため、多くのHV、PHVPHEV)でEV走行(条件によっては一部)が可能なのだ。

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    アウトドアに行くならハイブリッドカーがいい理由

    ランクルやジムニーよりも「HV&PHV車」! キャンプでは「ワイルドさ」より電気の「便利さ」が圧勝だった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ランクルやジムニーよりも「HV&PHV車」! キャンプでは「ワイルドさ」より電気の「便利さ」が圧勝だった


    これ気になりますね!!

    うちもHVとポータブル電源で笑



    <このニュースへのネットの反応>

    【ランクルやジムニーよりも「HV&PHV車」! キャンプでは「ワイルドさ」より電気の「便利さ」が圧勝だった】の続きを読む

    このページのトップヘ