campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > キャンプグッズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    冬と言えばコタツ!ぬくぬくのコタツ布団の中に足を入れ、ご飯や昼寝、なんだったら1日中ここで過ごしたくなるほど至福の空間。

    そんなコタツキャンプ場で手軽に使えるテーブルが発売されたんだとか!キャンプ好きならずともチェックしたいアイテムです!

    手軽にセット可能な、豆炭コタツ専用テーブル。

    アウトドア豆炭こたつ ¥43780 (W/H約90×H約40cm)

    こちら、焚き火や薪ストーブといった”火とアウトドア”を専門にした埼玉のショップ「iLbif(イルビフ)」と、高知県アウトドア・ファニチャーメーカー「SO9(エスオーナイン)」が共同で作製したというオリジナルテーブル

    アウトドアでの利用を前提に設計されたコタツですが、使用するのは「ミツウロコ」の豆炭こたつ燃焼器具(¥16720)というもの。パーツとしては別売りですが、この器具を天板と脚の間に挟むだけと、簡単にセットできるような作りになっています。

    そのため、キャンプ場にはテーブルコタツ用布団、豆炭こたつ燃焼器具の3点があれば、いつでもどこでもコタツで暖が取れる、というもの!

     

    他バリエーションにも注目!

    ソロこたつ ¥36080 (W80×D45×H39cm)

    実はこのテーブル、ソロ〜2人で使うのにちょうどいいスクエア形も展開アリ。こちらはくぼみにコタツキットをはめる構造。

    そのほか八角形デザインテーブルブラックカラー展開もあり、すべてウレタン塗装加工のオプションが選択可能。

    ウレタン塗装を施した天板は、水にも強くよりグレードアップした使い心地が味わえるそう。

    自分好みでコタツデザイン・塗装が選べるので、手持ちのギアに合わせたセレクトができるのは嬉しい限り!

     

    手軽すぎる豆炭コタツが買わなきゃソン!

    昔から使われてきた”豆炭”は炭とはは異なり固形燃料の一種。火力が安定している上、火付きもスピーディー、煙も少ないといいことだらけなんです!

    しかも、豆炭4〜5個あると20時間以上は暖かさが続くため、この豆炭を使ったコタツなら電源不要で1日中温まることができる、という優れもの。一度キットを揃えてしまえば、リーズナブルにコタツを楽しむことができるんです。

    テーブル自体は通常のテーブルとしても使用可能。増えてしまいがちなテーブルですが、こうして年中活用できるなら買ってソンなし!

    自宅でコタツが使えない、なんて人もキャンプでなら夢のコタツが手に入るかもしれない⁈


    (問)イルビフ https://ilbf.jimdo.com/

     

    GO OUT WEB


    (出典 news.nicovideo.jp)

    本格的なキャンプこたつ!?
    って、いいんですかね!笑
    でもカッコイイ笑

    <このニュースへのネットの反応>



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【キャンプ 道具】ハイとローだけでなく、ザ(座)の高さにできる画期的テーブル』についてまとめてみた



    さすがモンベル!考えられてますね!わたしも店舗よく覗きにいきますもんね!忙しい時はサイトだけですが!みなさんも一度見てくださいね!笑笑

    <関連する画像>




    (出典 web.goout.jp)

    <ツイッターの反応>


    choichirow takaoka
    @choichirow

    ハイとローだけでなく、ザ(座)の高さにできる画期的テーブル|BE-PAL https://t.co/Od9oK5GFsB

    2020-01-19 21:35:16

    (出典 @choichirow)

    BE-PAL編集部⛺
    @bepal_staff

    BE-PAL公式通販より、「ハイとローだけでなく、ザ(座)の高さにできる画期的テーブル」のお知らせ。3段階に高さを調整できる、モンベルのマルチフォールディングテーブル※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。… https://t.co/3JXDsC3cut

    2020-01-19 12:36:19

    (出典 @bepal_staff)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【キャンプ 道具】『失敗しない焚き火台選び!ユニフレーム「ファイアグリル」がコスパ最強!』についてまとめてみた



    やっぱり最高ですね!わたしも使っていますが、鉄板までそろえてるのでいつでも使えます笑笑たまに焚き火台で飯盒でごはんも炊いてます!笑笑

    <関連する画像>




    (出典 617mi5y4.user.webaccel.jp)

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    <ツイッターの反応>


    BE-PAL編集部⛺
    @bepal_staff

    売れているのには理由がある。安くて使いやすくて片付けも楽ちんな焚き火台。『失敗しない焚き火台選び!ユニフレーム「ファイアグリル」がコスパ最強!』 https://t.co/kbA62fSwJe#BEPAL #ビーパル https://t.co/mhZP0lxh8l

    2020-01-17 09:26:54

    (出典 @bepal_staff)

    aob(アオバ)
    @aob212

    失敗しない焚き火台選び!ユニフレーム「ファイアグリル」がコスパ最強! https://t.co/yGWDktEmo2

    2020-01-17 09:01:31

    (出典 @aob212)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Aladdin(アラジン)の石油ストーブブルーフレーム」をモチーフとした「ポータブルガスストーブ」にシックなブラックカラーが登場した。

    Sengoku Aladdin「ポータブル ガス ストーブ ブラック」¥36300

    コンパクトレトロな外観とカセットボンベで使える手軽さから、一時期は入手が困難なほど人気となった「Sengoku Aladdin(センゴクアラジン)」の「ポータブルガスストーブ」。

    レッドイエローなどこれまでのポップカラー展開とは違って、クールスタイリッシュブラックカラーは、男前なキャンプサイトにも映えそうなカラーに仕上がっている。

    ブラックカラーは、アラジン公式オンラインショップアラジンダイレクトショップ」限定で販売中。アラジンダイレクトショップでは、黒を基調としたスタイリッシュな「ブラックシリーズ」として、他にもグラファイトトースターブラックカラーで登場しているので、今後のブラックシリーズの展開にも期待だ。

    他にも、センゴクアラジンといえば、カセットガス式の新型コンロ「ヒバリン」のビームス別注カラーも見逃し厳禁!


    (問)日本エー・アイ・シー tel:0120-88-3090 https://aladdin-aic.com/

     

    GO OUT WEB


    (出典 news.nicovideo.jp)

    さすがアラジンですね!!
    かっこいい!
    皆さんもどう思いますか笑

    <このニュースへのネットの反応>



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【キャンプ 道具】UCOの焚火台、SOTOのテーブル、イワタニのバーナー…キャンプ道具一式を、実際にキャンプしながらレビューしてみた。オススメの収納方法もあわせてお届け! | ニコニコニュース


    キャンプ道具一式ですね!みなさんも参考にしてくだい。笑

     今回紹介したいのは、をさしみさんが投稿した『キャンプ初心者が購入した道具 ~Tools purchased by camping beginners~』という動画です。

    投稿者メッセージ動画説明文より)

    ソロキャンプを始めるために一から道具を揃えました


     ソロキャンプのために道具を揃えたという投稿者のをさしみさん。どんな道具を使っているのか、一式を紹介する動画を投稿してくれました。

     まずはUCO(ユーコ) の焚火台。すごく気に入っているそうです。

     手のひら2枚分と省スペースなため、市販の薪2、3本でいっぱいになり薪の消費量が少ない点も助かるとのことでした。

     次はSOTO(ソト)のポップアップソロテーブル。袋から取り出して開くだけであっという間にコンパクトテーブルに。芸人のヒロシさんが使っているので真似したそうですが、「すごい良い商品だと思います」と投稿者さん。薄くて軽くて使いやすいと3点揃っています。

     まな板snow peakのもの。

     中に包丁が収納されています。雰囲気があってすごく気に入っているそうです。ただし重さと厚みがあり、意外とスペースを取ります。

     次はイワタニのジュニアコンパクトバーナーカセットガスで火が起こせます。朝は薪で火を起こしてホットサンドを作るのが手間なので、朝によく使っています。

     トング100均のもの。焚火台が小さいからこのトングで薪が扱えるので、その点でもいい焚火台だそうです。

     ナイフスウェーデンモーラナイフ。主に薪割りに使っているそうです。

     こちらはUZIPALの火吹き棒セット。最初は団扇や紙で仰いでいましたが、やはり火吹き棒を使うと良かったそうです。

     セットで笛とファイヤースターターが付いています。しかし火を点けるのは難しく、「自分にはまだレベルが高い道具だったんで火吹き棒だけで良かったかな」と話す投稿者さんに、「強めに擦るとやり易いよ」とコメントアドバイスがありました。

     点火にはSOTO(ソト)のフィールドチャッカーを使っています。定番なだけあり、持っていると良い商品だそうです。

     アルミホイルも持っていきます。

     焚火台の中に敷くと片付けが早くなるそうです。

     ノコは安かったのでAmazonで買いました。

     カバーが場所をとるので外して使っています。開いた後は左手を添えた部分がストッパーになるのですが、普段はカバーをつけないとグラつくそうです。

     以上の道具を、このようにコンテナに収納しています。

     コンテナに収納していない道具としてはsnow peakのチタンシェラカップなどがあります。動画後半も寝袋などキャンプ道具の紹介は続きます。興味を持たれた方はぜひ続きを動画でお楽しみください。

    ▼動画はこちらから視聴できます

    キャンプ初心者が購入した道具 ~Tools purchased by camping beginners~

    ―あわせて読みたい―

    冬キャンをもっと楽しむぞ! “キャンプグッズじゃない”けど超役立つ、キャンプに持って行きたいアイテムたちを紹介

    ソロキャンプのランタン比較。一番明るいのは? 一番使いやすいのは? 並べて考察してみた!



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ