campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > キャンプグッズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【キャンプ 道具】『【QUICKCAMP】昨年即完売した「トラッシュボックス」が新色を追加して帰ってくる!』についてまとめてみた



    薪いれたり、ゴミ入れに最高ですね!ゴミを片付けおかないと、カラスとかにいたずらされますもんね!ペグ打ちしとけばいいですよね!みなさんも参考にしてくださいね!笑笑

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【キャンプ 道具】肉厚ステンレスで冷めにくい! SOTOの新型鍋は、多人数キャンプで活躍間違いなし!! | ニコニコニュース


    さすが、SOTOやりますね!鍋とかおでんに最高ですね!みなさんもさんも参考にしてくださいね!笑笑

    肉厚なステンレスを使った大・中・小3つのポットとリッドがセットになったSOTO(ソト)の「ステンレスヘビーポットGORA(ゴーラ)」に兄貴分となる「GORA OVEN(ゴーラ オーブン)」が仲間入りする。

    SOTO「GORA OVEN」¥19800

    ゴーラ オーブンは、ステンレスヘビーポット ゴーラをすっぽり中にしまえる大型の鍋とフタのセットSOTOのダッチオーブンでいうと10インチに近いサイズ感なので、メニューにもよるが4人くらいの料理に最適なサイズだ。

    3mm厚のステンレスを使っているので強靭なのはもちろん、保温性に優れていて料理が冷めにくいので、冬キャンプでの鍋料理やおでんなどにも最適。

    ダッチオーブンのようにフタの上に炭を載せてのオーブン調理も可能。ゴーラ オーブンの中にステンレスヘビーポット ゴーラの鍋を入れてオーブン調理すれば、グラタンなどを作ることもできて調理の幅も広がる。

    また、SOTOの調理器具は、かゆいところに手が届くギミックや機能性も特徴。このゴーラオーブンのフタは、フタの他にもフライパンとして、ディッシュボードとしても使うことができる。

    底網が必要な場合は、SOTOのステンレスダッチオーブン10インチハーフ用の底網を使用すること可能。別売りの鍋ヅル(¥3080)を取り付ければ、焚き火での吊るし調理もできる。

    発売は2月21日の予定。ステンレスヘビーポット ゴーラの3種の鍋をすっぽりと中に入れてスタッキングができるのでセットで使いたいアイテムだ。

    SPEC
    外形寸法:幅340×奥行272×高さ139mm
    重量:3.87kg (本体:2.36kg、フタ:1.51kg)
    材質:ステンレス
    内容量:約5L


    (問)新富士バーナー tel:0533-75-5000 http://www.shinfuji.co.jp/soto/

    GO OUT WEB


    (出典 news.nicovideo.jp)


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新保製作所の人気薪ストーブ!実用性重視で冬キャンプも心強い



    新保製作所の人気薪ストーブを紹介しますね!金額的には高くないですが、持ち運びと保存を考えないとですね!笑ちなみにいろいろ種類があるので選択肢は多いですね!検討中のみなさん参考にしてくださいね笑


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【キャンプ 道具】オプション品が安くて秀逸! ベルモントの焚き火スタンド



    焚き火スタンドっていいですね!!
    周りに置くとこ絶対必要なんで
    とてもいいですね笑




    <ツイッターの反応>


    はらぺこ☆くまん(メタボなオッサン)
    @Harapeko_Kuman

    オプション品が安くて秀逸! ベルモントの焚き火スタンド https://t.co/cQ0HeZSOMj #スマートニュース🔥Σ(゚ω゚)ステキ

    2020-01-13 10:32:22

    (出典 @Harapeko_Kuman)

    BE-PAL編集部⛺
    @bepal_staff

    BE-PAL公式通販より、「オプション品が安くて秀逸! ベルモントの焚き火スタンド」のご紹介です。大人気、アイアン焚き火スタンドに付けるオプションはコレ!https://t.co/WkhFtCDNr9#BEPAL #ビーパル https://t.co/bH3p6vci6q

    2020-01-13 05:57:23

    (出典 @bepal_staff)


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    かつては暗い、電池消耗が激しいと言われた電池式ランタンも、今では手のひらサイズでも大光量で、1~2泊のキャンプなら十分持つLEDランタンに変貌。やけどの心配がないのでファミリーキャンプを中心に人気上昇中です。しかもスマホを充電できるモバイルバッテリー機能も珍しくはなく、今なお進化しているのはご存じの通り。

    そんなキャンプのランタン事情ですが、数年前より注目されているのが灯油を燃料とする非加圧式のランタン、通称“ストームランタン”です。

    嵐が来ても消えないのが名前の由来で、またの名を“ハリケーンランタン”といい、アメリカ1800年代半ばに誕生したと言われています。150年以上たった今でも当時と変わらぬ構造を採用しており、年々進化を続けるLEDランタンとは対照的な存在。長い間、「ランタン=明るいほど正義」という図式がまかり通っていて日の目を見なかったこのランタンが、なぜ今、注目されているのでしょう?

    元祖に比べて40年ほど後発ですが、ドイツまれのフュアーハンドベイビースペシャル276」(ジンク3600円/税別)で検証してみました。

    静かで優しい光に再注目!フュアーハンド「ベイビースペシャル276」【アウトドア銘品図鑑】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    灯油のランタンってそこまで明るくはないけど
    味があるというか、落ち着く色ですよね!!
    皆さんもゆっくりするときはいいと思いますよ!!
    試してみてください笑

    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ